FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドが世界を制覇する
2006/05/02 [Tue]08:07
category:放言
 ITの技術の世界の最高峰はインドというのは、現代人の常識である。
 世界の患者がインドの治療を受けに殺到している。
医療先進国といえば、誰しも米英独仏に加え日本を思い浮かべだろう。ところがである、猛烈な勢いでこれら先進国に追いつき、しかもその治療費、手術費、入院費たるや、先進国の二十分の一から五分の一の激安のため、旅行社がお膳立てして、毎日、全世界から“医療航空便”が飛んで来る有様。医師がイギリスの植民地であった関係から英語を話し、近代療法と伝統的な療法の併用が高い評価を受けている。
 世界の鉄鋼王も、インド人ラクショミ・ミッタル氏(55)である。
そう遠くない数年のうち、工業技術の面でも世界を席巻するだろう。
その理由を、超超ベストセラー『国家の品格』からと私の独断と偏見
から述べてみる。
 同書によれば、インドの算数・数学教育は素晴らしく、日本の小学校では、九九の暗算だが、インドでは「十九×十九」まで暗記させ、徹底的に基礎学力に力を入れる。だからどんな田舎のみすぼらしい店の店員でも素早く正確に計算できる。
 その点、文科省は無駄なパソコンや英語の導入で、それでなくても短い授業時間を浪費している。
 これからは、私の意見。恐らくユニークと思う。
それは、インドがイギリスの植民地であった時代、資源は収奪され、綿製品の売り込みのため、インドの織り姫の指を切ったことは、少し歴史を学んだ者の常識である。多大な被害を受けながら、どこかの國のように、怨みつらみを述べるでなく、過去に恬淡(てんたん)とし、未来志向が今日(こんにち)のインドの発展の原動力だと思う。

テーマ:ドイツ生活 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tawara777.blog48.fc2.com/tb.php/137-2ef611a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。