FC2ブログ

プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
スポンサーサイト
--/--/-- [--]--:--
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相、総辞職してください
2018/04/30 [Mon]15:48
category:放言
  『安倍首相、総辞職してください』<
  無職 岩田利子(87)  (横浜市西区) 毎日新聞「みんなの広場」に掲載からの転載

”森友問題から始まり、加計、防衛省日報問題など、よくぞここまで国民をだまし続けてきたものです。
安倍晋三首相は「徹底的に調査をし、うみを出し切る」と語っていて、あぜんとしました。「安倍さん、うみを出し切ってほしいのはあなたの方なのですよ」と言いたいです。ここに来てなお、自分とは関係ないと言い張る強気。首相の地位を守るためには何をしてもいいとばかり、周りが見えなくなっているのでしょうか。
犠牲者まで出ているいるというのに、まるでひとごとです。居ても立ってもいられない私は、杖をつきながら先日国会前のキャンドルデモに行ってきました。国会前は、怒れる市民で埋まっていました。
しかし、大勢の市民たちに負けない数の警備に愕きました。無言でキャンドルを掲げたつ市民たち。私たちの行動が、この国を変える力になればうれしいです。「私のためにこれ以上、迷惑はかけられません」と潔く総辞職し、誠意を見せてください。”

◎岩田さん、貴女の気持ちが痛いほどよく分かりますが、現下の政治情勢では貴女の願いは”百年河清を待つ”ようなものです。
何となれば、与党・自民党、公明党は蜜にたかるアリのように権力亡者に溢れ、野党には、天下国家を語るビジョンのない有象無象があつまり、四分五列の状態が悲しい哉、私の目に映る。このブログの感想が天草の田中さんから来ているが、後日紹介する。くsspan>



スポンサーサイト
スポンサーサイト
  COMMENT(1)
2018/04/27 [Fri]20:11
category:放言
「国民はうんざり」=希望の四分五裂に―小池都知事4/27(金) 16:42配信
時事通信

 希望の党特別顧問の小池百合子東京都知事は27日の記者会見で、同党が分党や民進党との新党結成などにより四分五裂することについて「大変残念だ。何を目的に前回の選挙を戦ったのか、もう一度自問自答する必要がある」と批判した。  
また、知事は「希望はとてもポジティブな言葉だが、発信されたのはネガティブな話ばかり。これでは希望どころではなく、(国民の)皆さんもうんざりするのではないか」と述べ、自身が代表を退いた後の党の対応を痛烈に皮肉った。

◎小池都知事を希望の党の代表にすべきだった。彼女の排除の意見は間違いではなかった。玉木代表は線が細すぎる。少々議員が減っても毅然として初心を貫くべきであったと私は思う。  

<南北首脳会談>「朝鮮半島の完全な非核化」目標 共同宣言

4/27(金) 18:02配信
毎日新聞


板門店宣言」に署名する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と韓国の文在寅大統領=AP
 【ソウル米村耕一】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は27日、軍事境界線のある板門店(パンムンジョム)の韓国側施設「平和の家」で会談し、「完全な非核化により、核のない朝鮮半島の実現という共通の目標を確認した」とする「板門店宣言」に署名した。宣言では1953年から休戦状態にある朝鮮戦争の「終戦」を今年中に目指すことや、両国に米国や中国を交えた多国間の枠組みで、平和体制の構築を協議する方針も示した。
◎今回の南北首脳会談にしても、近く行われる米朝首脳会談にしても、明らかに金正恩委員長の戦略戦術の勝利だと思う。


 
  COMMENT(0)
不惑の年
2018/04/26 [Thu]15:27
category:放言
山口達也 被害女性に涙で謝罪「苦しんだ日々思うと言葉にならない」
4/26(木) 14:33配信
スポニチアネックス


自宅マンションで女子高校生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が、強制わいせつ容疑で書類送検した「TOKIO」の山口達也(46)が26日、都内で緊急会見を行った。上下黒のスーツに白いシャツ、黒ネクタイ姿で登場。約30秒間、深々と頭を下げた。会見はじめに同席した弁護士が、ジャニーズ事務所が山口を無期限謹慎とすることに決定したと発表した。
書類送検されたことの報告が遅れたことについて説明。事件があったのは2月12日、警察から事情を聞かれたのは3月末だったという。「1カ月だったので、記憶を起こすまで…。自分も怖かったですし、事務所の誰に相談すればいいのか分からなかった」と釈明した。
事件が明るみになるまでの期間「情けなかった」と唇をかんだ山口。また、相手側の女子高生に対しても「彼女もつらい思いを1カ月して…。警察の人にも事情を聞かれ、思い出して、苦しむ日々を送っていたと思うと言葉にならない」と謝罪し、涙を見せた

◎”40にして惑わず”不惑の年といわれたのは、人生50時代の教訓。人生100時代の山口達也は48歳にしては許されることではないが、若造の不祥事。彼を擁護するわけではないが、2月の事件が今頃発覚して記者会見になったのか不思議でならない。ただ悪かったのが、相手が未成年であったことと、加害者が有名人であったことだ。私が男だから分かるが、男はスケベーな生き物だ。先の福田前次官が1対1で女性記者と飲んだのも、今日報道された林芳正文科相が個室で、美人のインストラクターからヨガの指導を受けたのも、どうも妖しいと疑われても仕方がない。

  COMMENT(0)
嫁探しのお願い。
2018/04/25 [Wed]11:33
category:放言
昨日のブログに大きく加筆しました。
一作日ブログで書いたように、今は亡き親友(朝日新聞論説委員)で、慈恵医大を卒業し、東京東大和市で循環器科内科医院を開業しているご子息が嫁を探しています。研究と開業の準備等業務が忙しく婚期が遅れ現在55歳です。
必要とあれば身上書を取り寄せます。心当たりのお方はTEL:093-612-6669までご一報頂ければ幸甚です。
私の婚期を遅れた孫も、婚カツで素晴らしい男性を見つけ、昨年11月結婚した話を母親に話しをしました。結婚ばかりは、縁ですから何処に幸せがあるか分かりません。
 テレビの"新婚さん、いらっしゃい”でも分かるように、最近の結婚は婚カツか、出来ちゃった婚が多く、見合いは、昔とちがって纏まらないようです。また核家族の時代になって、世話する人も少なくなりました。

自民・森山裕国対委員長、内閣不信任案提出なら「解散も選択肢」

 自民党の森山裕国対委員長は25日午前、野党が内閣不信任決議案を提出した場合の対応について「出されれば解散も内閣の一つの選択肢だろう」と述べ、衆院解散・総選挙の可能性に言及した。(産経新聞)
米  政治のゴタゴタにはうんざりした。良くも悪くも早く決着つけてもらいたい。



  COMMENT(0)
住めば都
2018/04/24 [Tue]12:52
category:放言
アジア初!北九州市が世界調査対象都市に

「OECD」、経済協力開発機構が世界で行う調査の対象に、北九州市がアジアで初めて選ばれました。国連は、貧困や飢餓の撲滅、教育、エネルギー対策などの向上を目指し、SDGs「持続可能な開発目標」として、17の目標を掲げ、OECDが、世界の都市や地域で調査をしています。北九州市とOECDは、23日、この調査対象に、北九州市が、アジアで初めて選定されたと発表しました。公害を克服した「環境モデル都市」として、取り組む姿勢が評価されたということです。OECDは、7月から北九州市で調査を行い、2020年に報告書を作成するとしています。(九州朝日放送)

旧八幡市歌の2番に”焔延々 波濤を焦がし 煙もうもう天に漲る
         天下の壮観 我が製鉄所”
五市合併するまでの八幡市時代小学校の運動会では、国歌と校歌と一緒に八幡市歌を歌ったものだった。長い教員生活をして多くの校歌をオルガンで弾いてきた母は、この市歌はメロディといい文言といい最高だと絶賛していた。現在、新日鉄協力企業の社長から引退しているHさんは、この歌を公害の歌<と冗談で言っていたが、Oさん,,K さん、今は亡きIさん,Sさんたちと飲んだとき、必ず最後はこの歌を歌ったものだった。市歌の文言にあるように、七色の煙と煤で喘息児童が多く、、洗濯物は外に干せないほど、また洞海湾は真っ黒な死の海であった。この公害に目をつけ取り組んだのが谷伍平市長だった。また遠賀川河口堰を造ったのも彼だった。どんな渇水時代でも断水することはなかった。
 北九州市は公害を克服した世界の唯一の模範都市であるけれど、高齢化率および人口減少率は政令都市中最高である。
”住めば都”というけれど、海に面し山に囲まれ、地震や風水害が極端に少ない。その上、魚介類や野菜果物が豊富で新鮮で美味しい。span>

  COMMENT(0)
ハニートラップ
2018/04/23 [Mon]13:24
category:放言
福田前次官のセクハラ問題で福田氏を、擁護するわけではないが、官僚として最高の次官まで登り詰めた人間が酒の席とはいえ、あんなエゲツナイ言葉を吐くものだろうか。言われた記者にも落ち度があったような気がする。もちろん、よほど聖人君子でない限り、例え地位や名誉が付いてもスケベー心があるが、毅然とした女性には下ネタ(猥談)の話は、は言えないし言わないものだ。
私の独断と偏見で勘ぐると、女性記者は美人かどうかわからないが、色仕掛けで特ダネを取ろうとしたのではないか?。福田氏は次官まで登り詰めるまで、海千山千の苦労を潜り抜けてきているだろうが、こんな素人の小娘の意図が見抜けなかったとは、自業自得である。情けないね。
男には、”据え膳食わぬは男の恥”!といって都合のよい言葉があって、女の誘惑には脆いものだ。
ハニートラップといって、美女をだしにスパイ活動をした例は枚挙に暇はないが、最近では元総理・橋本竜太郎が中国の美女に、ハニートラップされたことは生々しい。

>
4/23(月) 13:13配信
時事通信
立憲民主党など6野党は23日、森友・加計学園問題など政権の一連の不祥事を受け、政府・与党への攻勢を強めた。
退職金、最大5300万円=セクハラ疑惑の福田次官-財務省
セクハラ疑惑で更迭に追い込まれた財務省の福田淳一事務次官に対する任命責任があるとして、麻生太郎副総理兼財務相の辞任などを要求。午後の参院決算委員会は欠席し、審議拒否を継続した。
菅義偉官房長官は記者会見で、麻生氏について「国民の厳しい視線が注がれている財務省の陣頭指揮に当たり、信頼回復に努めてほしい」と述べ、辞任を否定した。
◎今は亡き親友の子息で、慈恵医大を卒業し東京東大和市で循環器科を開業し。現在55歳の未婚・独身で嫁を探しています。心当たりのある方はご一報頂けると幸甚です。研究と開業で配偶者探しの時間がなく今日に至っています。

 

  COMMENT(0)
2018/04/21 [Sat]11:19
category:放言
  トランプ大統領との日米首脳会談に向けての出発時同様、帰国でのタラップでの総理夫妻は国内の政治情勢から、嘘でも神妙にすべきなのに、にこやかに笑顔で手を振っていた。果たして会談は笑うほど手放しで喜んでよかったものか。バッカでなかろうか?
確かに北朝鮮の核問題や拉致問題については、一定の成果はあったものの経済摩擦は置き去りになったままであった。
鉄鋼、アルミニュームの輸入制限は、欧州と韓国は除外されたものの、中国と、トランプとゴルフ仲間で親友を自慢していた安倍総理の日本は制限され悲喜交々だ。
”行きはよいよい帰りは怖い”の言葉通り、安倍総理と麻生副総理共に訪米中、福田次官はセクハラ発言で責任とって、辞表を提出したが、j本来ならば、酒の席上での発言は無礼講のはずだ。特に下ネタの話は聖人君子を除き一般男子の常識だ。  政界はテンヤワンヤの大騒ぎ。そもそも、セクハラにしてもパハハラにしても不倫にしても、体罰やいじめにしても、少し行き過ぎた。、最近、世間もマスコミにしても、騒ぎ過ぎて男は怖気てきて溌剌さと勇気がなくなってきた。これでは未婚が増えるはずだ。
 日本の不幸は、最近特に、自民党に自浄能力がないことと且つ、健全野党がいないことだ。終わったことだが、小池百合子が党首であるべき希望の党が勢力を伸ばしていたらと悔やまれる。
この際、離党覚悟で石破茂か立ち上がるか、思い切って小泉進次郎を選ぶべきとかんがえる。
 麻生副総理も、九州男子で川筋男として潔く辞め、ご子息にバトンタッチして世代交代をしたら”男の花道”晩年を飾ることになる。


最後に、『文芸春秋』五月号、総力特集『安倍忖度政治との決別』を一読されることをお勧めする。
  COMMENT(0)
波乱万丈
2018/04/19 [Thu]08:27
category:放言
こんにちわ
何時も勉強になる プログ 読ませてもらってます。でも政治の事は 余り良く分かりませんが 阿部総理も 何時までも はぎれが悪いですね。森友学園の事等 何時まで 議論 してる のでしょうかね。もっと大事な日本国を守る仕事が あるはずなのに 自分達の権力の意地の張り合いばかりの様な気がします。近頃 国会討論を聞いているのが バカバカ しくて 見る気がしません。俵さんのプログを見て 何時も勉強してます。

;">;(原文の"ママ)>【2018/04/17 12:32】 URL | 田中 安子 #- [ 編集]
上記は私の意見と異なり、田舎の小母さんの純朴な素直な意見である。
安倍夫人昭恵さんの非難を書いてきたが、心の中ではでは気の毒なと同情もしてきた。さぞかし話題の火中の人だけに、緊張し硬くなっていると思いきや、アメリカへの出発の飛行機のタラップで、嬉しそうに笑いながら手を振っている夫人の様子をテレビで見て猛烈な憤りをu覚えた。
今朝の報道では、福田淳一事務次官と米山隆一新潟県知事の辞任が報道されたが、唄にもあるじゃないか、”男はみんな狼だ”行動するかしないか、言うか言わないかは別として、100%に近い男性はスケベー心を持っている。飲みごとの終わりは必ずといってよいほど下ネタで終わる、ただ福田次官は腑が悪かった。森友問題改ざんで、メディアが鵜の目鷹の目でネタを探している真っ最中でワナにかかった。
米山知事は、本邦最高の難関の東大医学部を卒業しその上、弁護士の資格を持っているというではないか。男は特に、腰から下には人格はないといわれてきたが、それを証明された。日本では”英雄色を好む”と妾を持つのを甲斐署があると褒められた過去もあった。不倫を絶賛するわけではないが、最近の日本は世知辛くなってきた。
span>

  COMMENT(0)
支持率急落
2018/04/16 [Mon]09:07
category:放言
この週末に行ったNNNの世論調査で安倍内閣の支持率は26.7%となり、第2次安倍政権発足以来、最低を更新した。
安倍内閣を支持すると答えた人は前月より3.6ポイント下落して26.7%となった。内閣支持率が2割台にまで落ち込んだのは第2次安倍政権発足以来、初めてのこと。
森友学園や加計学園の問題に対して安倍首相はどう対応すべきかについては「責任をとって辞任する」が最も高い34.8%、「真相究明と再発防止に全力をあげる」が31.7%だった。
また、安倍首相が加計学園の獣医学部新設を初めて知った時期について、愛媛県の職員が作成した文書より安倍首相の国会答弁の方が信ぴょう性が高いと答えた人は8.6%にとどまった。

次の自民党の総裁に誰がふさわしいかは、小泉進次郎議員が石破元幹事長を上回り初めてトップとなった。

108票差、西宮市長に石井氏 元民主党衆院議員、自公推薦候補ら破る
神戸新聞NEXT
今村岳司・前兵庫県西宮市長(45)の辞職に伴う同市長選は15日投開票され、無所属新人で元衆院議員の石井登志郎氏(46)が、元兵庫県議の吉岡政和氏(43)=自民、公明推薦=ら無所属新人の5人を破り、初当選を果たした。石井氏と吉岡氏はわずか108票差で、結果判明は16日未明までもつれ込んだ。投票率は37・52%で、2014年の前回選挙より1・11ポイント上がった。
新聞記者への暴言騒動の末に今村氏が辞職し、選挙戦では市トップの信頼回復が論戦のテーマに浮上。待機児童の解消策や、「文教住宅都市」を発展させるまちづくりの手法などが争点となった。

 石井氏は09~12年、当時の兵庫7区(西宮、芦屋市)選出で旧民主党の衆院議員を1期務めた。旧自治相などを歴任した石井一氏(83)は伯父で、養子になっている。


  COMMENT(0)
愛想がついた
2018/04/15 [Sun]10:37
category:放言
4/14(土) 18:50配信
毎日新聞
<国会前デモ>安倍政権退陣迫る 森友・加計問題で3万人

森友学園を巡る財務省の公文書改ざんや、加計学園の獣医学部新設計画について当時の首相秘書官が「首相案件」と発言したとされる文書が見つかった問題を受け、安倍政権に退陣を迫る集会が14日、東京・永田町の国会議事堂前で開かれ、約3万人(主催者発表)が周辺を埋め尽くした。

 集会は三つの市民団体の共催。野党の国会議員や市民団体関係者がマイクを握り、「安倍晋三首相は真相を解明してうみを出し切ると言うが、出すべきうみは首相自身だ」などと政権を批判した。
参加者らは「安倍政権は退陣を」「あたりまえの政治を」と書かれたプラカードを掲げて「捏造(ねつぞう)隠蔽(いんぺい)許さない」などと声を上げた。
家族で参加した東京都練馬区の会社員、小山俊典さん(43)は「政治に参加する大切さを4歳の長男に教えたくて来た。政治を私物化して証拠を出されても認めない、きちんと答えない政権に子どもの未来は託せない」と話した。【向



小泉元首相、安倍3選「難しいな」=森友・加計対応をばっさり14(土) 17:36配信
時事通信

小泉純一郎元首相は14日、秋の自民党総裁選で安倍晋三首相が3選する可能性について「まあ、難しいだろうな。信頼がなくなってきてね。何を言っても言い逃れに取られちゃう」と述べ、3選は厳しいとの見方を示した。

◎「首相案件を記載された文章が財務省に続き、農水省からも発見され官邸は苦境に陥っている。悪いことは重なるもので、普段なら酒の場で冗談で言った言葉が、政治問題化してきて麻生大臣は苦境に陥っている。政治の混乱の原因は、安倍一強で、体制内に油断と驕りが出たに違いない。さりとて野党に政権を担う逸材は見当たらない。せめて探すととするなら、橋下徹か、猛反対がある,小池百合子ぐらいかなと私は思う。石破茂は私の目には優柔不断そうに見える。フランスのマクロン大統領のように、思い切って超若返り小泉進次郎を総理にすべきではないか。
  COMMENT(0)
野党一致
2018/04/14 [Sat]10:29
category:放言
野党、安倍首相退陣へ全力=「五大疑惑」を徹底追及
4/13(金) 18:31配信
時事通信

 立憲民主党など野党6党は13日、国会内で合同集会を開き、学校法人の森友、加計両学園や自衛隊日報などに関する五つの問題を「重大疑惑」と位置付け、徹底的に追及する方針を確認した。  安倍晋三首相は虚偽答弁などで国民の信頼を失っているとして、政権を退陣に追い込むため全力を挙げることでも一致した。  
6野党が問題視する「五大疑惑」は、(1)森友学園への国有地格安売却と財務省文書改ざん(2)加計学園の獣医学部新設(3)自衛隊海外派遣部隊の日報問題(4)裁量労働制データや過労死事案をめぐる厚生労働省の対応(5)前川喜平前文部科学事務次官の授業への文科省の対応―の五つ。6党は、各問題で政権による隠蔽(いんぺい)、改ざん、捏造(ねつぞう)など不適切な行為があったとみて、追及を強化する。
集会で民進党の桜井充参院議員は加計問題に関し、「首相の政治の私物化だ。衆院解散・総選挙を求め、われわれが与党になって、この国を変えていくという思いで戦いたい」と主張。また、森友問題を継続的に追及してきた共産党の辰巳孝太郎参院議員は「天網恢々(かいかい)疎にして漏らさず。悪事を働けば必ず報いを受ける」と述べた。 


安倍内閣、次から次にボロが出て、世紀末的様相を呈してきた。
  COMMENT(0)
詭弁から詭弁
2018/04/12 [Thu]14:48
category:放言
昨日の午後から夕方まで半日、国会討論を視聴した。なぜ午後からかというと、午前中は与党、自民党と公明党の質問で八百長くさく、その上、応答に緊張感も薄く面白くないからである。
ところが、野党の質問のテーマが悉く同じで、切り口も大同小異,
斬新さが全くなかった。それ以上に国民を愚弄したのは、安倍総理の答弁であった。質問時間は応答を含めての時間のためか、だらだらと、質問の内容と不要な答弁を、時間稼ぎか繰り替えしていた。行った行かない、言った言わないは第三者がいるか、テープがない限り、証拠がないから水掛け論に終わってしまう。
ただ昨日のテレビを聞く限り、安倍総理の答弁は、どんなに贔屓目でみても詭弁から詭弁の綱渡り。すなわち、ウソからウソのような気がしてならない。早く真実を述べて身を軽くした方が身の為だと思うが、如何なものか。
野党は野党で、答弁の内容が想像つくような問題を執拗に聞いていたが、時間のロスである。野党の各党、組織を挙げて徹底的に調査すると共に、自民党内の不満分子や公明党に手を差し伸べて、証拠を掴んで質問べきと思うが・・・・・。

森友学園問題などで安倍政権が苦境に立たされる中、安倍晋三首相が出身派閥の自民党細田派と、総裁3選を支持する麻生派と二階派を軸とした党内基盤の維持に腐心している。一方、自民党内では総裁選を控え、首相と距離を置いて「様子見」する動きが広がり始めた。
首相は12日の麻生派パーティーに駆け付け、麻生太郎副総理兼財務相と握手して結束をアピール。「麻生さんとしっかりタッグを組みながら公約を必ず実行していく。そのことで責任を果たす」と述べ、政権運営への意欲を強調した。
麻生氏も「政策のど真ん中で政権を支えていく」と応じた。ただ首相も麻生氏も財務省の決裁文書改ざん問題に「極めてゆゆしき話」(麻生氏)などの表現で触れざるを得ず、「安倍1強」の陰りは隠せない

  COMMENT(0)
口裏あわせ発覚
2018/04/10 [Tue]10:48
category:放言
「本件は、首相案件」と首相秘書官 加計めぐり面会記録
朝日新聞デジタル
獣医学部新設をめぐり、愛媛県が作成したとされる記録文書
 ;">学校法人「加計(かけ)学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画について、2015年4月、愛媛県や今治市の職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際に愛媛県が作成したとされる記録文書が存在することがわかった。柳瀬氏が面会で「本件は、首相案件」と述べたと記されている。政府関係者に渡っていた文書を朝日新聞が確認した。  
style="color:#333333">
経緯を知る愛媛県の関係者は、朝日新聞の取材に対し、「加計学園の誘致交渉を進める中、国への要望を行う過程で、様々な国の関係部署に状況を説明するため、配布した文書である可能性は否定できない」としている。現在、経済産業審議官を務める柳瀬氏は昨年7月25日の参院予算委員会で、この面会について「私の記憶する限りはお会いしていない」と複数回、答弁している。
◎ 先に佐川答弁は八百長臭いと書いたが、昨日の国会で理財局長が口裏あわせを認めた。
週刊新潮4/5号で、憂国の女史・桜井よしこが、森友学園よりも憲法改正に真剣に取り組めと述べているが(私も聡思うが).モタモタしているのは、寧ろ政府のようだ。
またも鹿児島で惨忍な事件が起こった。過去、口が酸っぱくなるほど書いたが、アベノミクス三点は、金、金ばかりである。”恒産なくして恒心なし”というように、経済は重要だ。しかし一点だけに精神の復興を絶対に入れるべきだった。孔子に弟子の子貢が、国家存亡の危機に何から捨てればよいかと尋ねたところ、孔子は第一は軍隊、第二は食物、と答えた。弟子は食べ物がなくなったら死ぬではないかと尋ねたら、孔子は、何れ人間は死ぬのだからと応えたという。。それが「政治は信なくんば立たず」の語源である。

  COMMENT(0)
安倍内閣の黄信号
2018/04/07 [Sat]13:11
category:放言
かすむ「働き方改革」 安倍政権の最重要法案のはずが…

 政府は6日、残業時間の上限規制などを盛り込んだ働き方改革関連法案を閣議決定し、国会に提出した。政府・与党は6月20日までの今国会での成立を目指す。だが、陸上自衛隊に続き航空自衛隊からも「不存在」としていたイラク派遣部隊の日報が見つかり、野党は真相究明を主張。財務省の決裁文書改竄も含め、与党は公文書管理の問題への対応に追われ、安倍晋三首相が掲げた「働き方改革国会」の看板はかすんでいる。(産経新聞)

 週刊新潮3/9号”疑獄の門が開いた「森友改竄」の「アベゲート」”。週刊朝日3/20号「安倍首相が怯える財務省の逆襲」。週刊文春4/5号「安倍政権「暗黒支配」と昭恵夫人の嘘を暴く」。
上記のように、週刊誌の大見出しによると、悉く安倍総理は四面楚歌である。保守的で安倍内閣に好意的な産経新聞でさえも改竄問題が露見していご内閣に批判する記事が散見するようになった。そもそも森友問題が問題化して長すぎる。政府もウンザリしているだろうが、国民もウンザリしている。
幕引きをしてもらいたい。それには、多少の犠牲者を出しても佐川証人は真実を語ることだ。素人の私が聞いても、佐川氏の発言は官邸とグルになっているように思えてならない。特に麻生副総理は、九州男子らしく且つ川筋の男らしく、佐川氏に責任を擦り付けることなく、潔く副総理兼財務大臣の職を辞任することだ。それが男の美学というものだ。 

一昨晩7日の土曜日、病気療養中のKさんが途中報告方々、仲のよいOさんKさんと4人で、すき焼きを囲んで懇親会をした。少し痩せてはいたが、顔色は良く意気軒昂なのにホットした。軽くカラオケに行き、八幡市歌を斉唱して散会し、KAさんの車で帰った。約半年振りの黒崎での飲み会で物凄く嬉しかった。KUさんの一日も早い、完全全快の早からんことを祈る。や切!/span>

  COMMENT(0)
2018/04/04 [Wed]13:45
category:放言
今年は冬から春を飛び越して初夏が来たようで、自宅の前八幡南高校の桜も咲いたと思ったらもう散り始め早くも緑の芽が吹き出ている。桜の花をじっくのり愛でる暇なし。
桜の句で思い出すのは、「敷島の大和心を人とわば 朝日に匂う山桜ばな」また子供の頃”花は桜木 人は武士”と歌い潔さの尊さを知らず知らず洗脳されたものだ。良寛の”散る桜 残る桜も 散る桜” 一茶の”桜花 何が不足で 散りいそぐ”
百人一首に”久方の光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ” 西行は”願わくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ”と詠んだ。
今年は異常気象のようで、晴天が連続13日も続き、桜の花びらも心なしか例年に比べて青白いようだ。89歳ともなると日に日に老いを感じ、来年桜の花を観ることができるかどうか怪しいものだ。
老婆心というか、年寄りの冷や水というか、最近人口減少と財政の赤字が気にかかる。私の生きているうちは何とか持てても、子や、孫の将来が心配で夜もろくろく眠られぬ。日本の将来もさることながら、地元北九州市は全国の政令都市中、高齢化率、人口減少率ともに最高というではないか。これは産業構造の変化に寄るものの、市長はじめ北九州選出の国会議員、県議、市議が先頭に立って企業誘致をすべきである。北九州市は、新日鉄住金、三菱化学の企業発生の地だ。ロボットの安川、便器のTOTO、,地図のゼンリン及び自動車産業を表にだして企業誘致すべきではと思われる。
北橋さんも出陣の公約どおりなら来年で退陣。逆転の発想で、その後任に、全国に悪名を轟かせた八幡高校出身の舛添要一氏を当てたら話題性に富むだろう。また名誉市民に、緑ヶ丘幼稚園から引野小学校から引野中学2年まで在学した世界的なITの孫正義氏に就任してもらったら如何なものか。実現すれば世界で脚光を浴びるだろう。(共に猛烈に困難だが) 

  COMMENT(0)
誕生日自祝
2018/04/01 [Sun]19:58
category:放言
今日4月1日は、私の89歳の誕生日。
よくぞ、こんなに大きな病気もせずに、災害にも遭わずに長生きしたものだ。元気な身体に産んでくれた両親と、幸運に恵まれた神仏に深く感謝申し上げたい。聞くところによれば、幼いときは、腺病質でしょっちゅう熱を出し、早生まれなのに1年遅れて入学し、主治医の小児科の医師は父に「この坊やは長生きして二十歳までの命だろう」と宣告したそうだ。小学5年2学期、肋膜炎を患い2,3学期、学校を休み6年に進級し、事もあろうに、当時九州一の難関校といわれた小倉中学に受験させられた。幸いなことに大東亜戦争が始まったばかりで紙がなく、入学試験は算数の口頭試問と体操の懸垂だけだった。まぐれで合格したものの、1学期の定期考査は287名中256番で、夏休み中、父に徹底的にしごかれ、2学期は104番上がった。戦争は日に日に激しくなり3年からは学徒動員で、陸軍造兵廠に24時間2交代で働き、4年の時、爆撃の疎開ため日田の山奥に行き私たちは、浮羽郡吉井町の旧料亭に宿泊した。8月15日敗戦になって帰校したものの本も教科書もなく、あっても進駐軍の命令で黒塗りであった。また命令で学区制が替わり6・3・3・4になった。私は4年から鹿児島の七高を受けたが失敗し、5年で卒業し、早稲田第一高等学院と東京農大予科を受け、早稲田は落ち農大に進んだ。敗戦直後の東京は赤色ブームに明け暮れ、純朴な田舎者の私は、調子に乗り共産党に入り、農大全学委員長と世田谷区学生対策部キャプに祭上げられた。逆上せているうち学部進学のじきになり、学生運動を恐れた大学は私をパージにした。
止むを得ず帰省したものの職もなく、両親の伝手で、学校図書館に図書を売り始めると同時に生徒用の副読本やワークブックETCを売り始め一時は八幡地区の小中学のテキストを総なめにしたほどよく働きよく遊んだ。京都の出版社・新学社の取引先で売上高日本一になったこと度々であった。流石、89ともなれば、それこそ”ハ・マラ・メ”と、身体のあちこちにガタがきて、早く迎えが来ないかなあと待ち遠しい毎日である。>

  COMMENT(0)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。