プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
天変地異に訴訟。
2016/10/27 [Thu]09:37
category:放言
【真実を探して「大川小津波訴訟」判決】遺族ら 勝訴も残る不満「原因究明されていない」 

 「なぜ我が子が亡くならなければならなかったのか。真実の究明を続けたい」-。東日本大震災の津波で児童・教職員計84人が亡くなった石巻市立大川小の津波訴訟。遺族らは勝訴を喜ぶ一方、多くの子供たちが犠牲となった原因が明らかにならなかったことや、同市が津波の資料を廃棄するなど不適切な対応をとったことについて責任が問われなかったことについて不満も出た。判決後の会見ではそれぞれの思いが交錯した。(産経新聞)

 子を失った親の悲しみや苦しみは痛いほど分かるが、今回の判決は非常識ではないだろうか。もちろん、カネに替え難いだろうが、予想もつかない天災地変の自然災害だ。咄嗟の災害で教師も動転したものと思われる。誰が好き好んで教え子を死の淵にやるものか。医療事故でもそうだが最近直ぐ訴訟したがる。だから早く手術すれば良くなる病気でも同意書を求める。
弁護士が少ないというので、文科省は法科大学を創った関係で、今では弁護士が余り、鵜の目鷹の目で訴訟事件を探している。
これが私立幼稚園や学校だったら間違いなく倒産だ。日本は火山帯の上にあるのだから、何処で地震や津波があってもおかしくない。昔から弁護士は山といえば、川といい、黒を白と云う口舌の徒といわれている。一方、裁判官は一般社会から隔離され常識に欠けるといわれている。何れにしても困った世の中になったものだ。

  COMMENT(0)
想定外の大差。
2016/10/26 [Wed]12:58
category:放言
 産経新聞だけが24日(月)の紙面に、福岡6区の補欠選挙の結果の解説を地方版に大きく載っていた。
私は早くから鳩山優勢と予想していたが、かくも大差がつくとは想定外であった。共に自民党公認を申請していたが、(特に福岡県連は蔵内に推薦を決定)党本部の独自の世論調査で鳩山優勢と出ていた関係からやむを得ず、当選した方に追加公認に決定した。
従って、鳩山対蔵内の戦いではなく、鳩山対自民党福岡県連の戦いの様相を呈してきた。
古賀誠とタッグを組んで蔵内を応援してきた麻生副総理は、敗戦の挨拶で「自民党は腐っても鯛、散っても桜」と言ったそうだが、いずれにしても、自民党福岡県連と麻生太郎、古賀誠は赤恥をかいたことは間違いない厳粛な事実だ。
噂によると、謙の父親の勇夫は次期、福岡県の県知事選に出馬の意向のようだ。(文中敬称略)

 昨日、N君から旧制小倉中学35期の同期通信ともいうべき『八十路通信』第79号が送られてきた。それによると、網膜はく離の手術で右目は焦点が定まらず、左目は0,1でメガネの上に天眼鏡で辛うじて本や新聞を読むそうだ。苦労して通信を書くとはご苦労さまです。私も同様特にルビは見えない。その上、歩くのが困難で300メートル歩くのに20分以上かかり苦労している。この歳になると大なり小なり体に異常があるものだ。中間にいるY君は殆ど聞こえないし、小倉にいるY君も耳が遠く、細君は痴呆症で施設に入り、昼と夜の食事は外で摂るそうだ。

  COMMENT(0)
哀れ1自民党福岡県連。
2016/10/24 [Mon]11:07
category:放言
 東京10区の若狭勝の当選は戦う前から分かっていたが、問題は福岡6区の補欠選挙だ。何となれば、若狭は東京都蓮を敵を回して小池百合子を単独で、応援して圧勝させた義侠心に多くの都民の感動が残っていたからだ。
何度もこのブログで予想したように、鳩山二郎の圧勝だ。それは鳩山は弔い合戦の上、蔵内謙の父親の強引さに反感があるからだ。日本は古来、源義経時代から判官贔屓という国民性が根強く、自民党福岡県連が締め付ければ締めるほど、鳩山に同情が集まったと筆者は考える。哀れなのはこんな単純なことが分からず、選対本部長を引き受けた麻生太郎副総理と、血判状まで書いて応援した自民党県議団の一同の錯誤だ。また何度も応援弁士をした黒い噂のある山本幸三の演説は逆効果でなかったか。先の原田進のコメントによると、鳩山には武田良太、蔵内には大家智志の他県内の有力議員がついたが、負け方が情けないほど惨憺たるものであった。
 今後、麻生対二階・菅との確執、福岡県連と党本部との確執に火種に火が点く恐れが出てきた。
安泰、長期政権と思われた安倍内閣に、想定外の綻びが出てくる恐れがある。
哀れなのは民進党だ。東京の惨敗は仕方がないにしても、自民分裂の選挙というのに、鳩山対蔵内の陰に埋没してしまった。
 昨晩の鳩山の挨拶は素晴らしかったが、NHKの解説は、残念ながら建前ばかりで新味に欠けていた。(文中敬称略)

 昨日の宇都宮の自爆死にしても、最近特に多い殺人や自殺にしても、道徳心の衰退と格差の拡大による閉塞感ではないか。この世の別れを目前にして、日本の未来が心配になってきた

今日から畏友のOさんがイタリアに旅たった。元気のよいのが羨ましい。お気をつけて!

  COMMENT(0)
スポーツマンの死
2016/10/21 [Fri]12:53
category:放言
ラグビー元日本代表で日本代表監督も務めた、神戸製鋼ラグビー部の平尾誠二ゼネラルマネジャー(GM)が20日午前、亡くなった。53歳だった。同部の教え子たちは悲しみに暮れた。

 彼は、伏見工業高校3年のとき主将として全国制覇を成し遂げ、同志社大学では82年度から大学選手権では3連覇。神戸製鋼では7連覇を達成し(ミスター・ラグビー」と称された平尾誠二さんが53歳の若さで亡くなった。

 彼の死で思い出すのは、私より1歳上の昭和3年生まれの従兄弟・横山昭の46歳という若過ぎる死である。嘉穂中学から当時、黄金時代だった明治大学ラグビー部にスカウトされ学部3年の時に主将になり、オール・ジャパンのメンバーに抜擢された。練習場が世田谷にあり2,3回見に行ったことがある。博多平和台であった、オール九州と明治との試合に、昭の父・寿と私の父と3人で応援に行った。100メートル11秒前後の速さで球を握ったら必ずトライしたことを思い出す。
相撲取りでもそうだが、一般的にはスポーツマンが早死にのようだ。限界まで鍛えないと相手に勝てないし記録もでない。
そして鍛えるだけ鍛えて急に止めるからではなかろうか。

先の田中さんのコメントによると、かなり腰が悪いようだが、トラック一杯の荷作りと、移転先での跡片付けの無理がきたようようです。歳が歳ですから気長に養生してください。その点、私は歩くのは遅いが動くのと頭には不自由はしていません。

  COMMENT(0)
二人からのコメント。
2016/10/20 [Thu]10:01
category:放言
約2年ぶりに、選挙の神様・原田進氏からコメント2篇と、生まれ故郷の天草に帰った田中安子さんからのコメントを紹介する。  (原文のママ)
解散

 東京発、衆議院が来年1月解散、2月総選挙の可能性が現実的になりそうです。マスコミ各社もその方向で進んでいるみたいです、理由は新聞等で書かれているとうりです。また、北九州市議選挙も来年1月末に行われるので、私も忙しくなりそうです。市議選挙の件でいろんな人から情報戦略を聞かれますが、おいおい書くつもりですが、近頃私の予想もあたらないから、悪しからずね。   【 | 原田進 #- [ 編集]

福岡6区補欠選挙
 福岡6区、俵先生の言う通り、自民蔵内会長の思い上がり、息子を思う親心はわかるが、世間を馬鹿にしている、また蔵内の息子を担ぎ出したのが、参議院の大家らしいが、鳩山二郎に衆議院の武田が後ろに着いているのが面白くなく武田に対抗すべく、蔵内に声を書けた所、蔵内がホイホイと載ってきたようです、大家と武田のけんかに蔵内が利用されたようです、大家と武田、両者、昔は仲がよく金儲けの話しをしていたが、金の話で揉めて、今や犬猿の仲であるようです。
URL   | 原田進 #- [ 編集

こんにちわ


 やっと涼しくなり 気候が良くなると 何処か兄夫婦と温泉でもと思っておりましたが、温泉何処ろか歩く事もままならず 家の中も杖に頼って歩くあり様です。痛さは治る何処か 痺れと痛さが増すばかりで寝ても 座っても 歩いても 動くたびに もめん針で チクチク刺されるな痛さで たまりません。この痛さが何時まで続く事やら 恨めしいです。この痛さがもう2ケ月も続いてます。病院にも行ってますが中々治らず 11月7日に熊本まで 甥が連れて行ってくれる事になりました。早くこの痛みから逃れたいです。】 URL | 田中 安子 #- [ 編集]
  COMMENT(0)
怪物現る
2016/10/17 [Mon]12:24
category:放言
 普通日曜日は、NHKののど自慢を見て、13時前から”新婚さんいらっしゃい”に切り替え終わった後。囲碁はビデオに収め、「そこまで言って委員会」を聞くところだが、生憎プロ野球パ・リーグ・クライマックスシリーズ~札幌ドーム  日本ハムXソフトバンクの試合があった。ソフトバンクにとって三連覇にむけての一縷の望みをかけた大一番!
初回、2本のホームランでソフトバンクが4点をたたき出し、楽勝と思い、15時から始まる『たけしTVタックル』-ミサイル発射ー核実験 北朝鮮VS日本の対応を見終わって、野球にチャンネルを替えて驚いた。何と7対4でソフトバンクが負けているではないか。
日本ハムは投手リレーが成功しその後得点を与えなかったうえ、着実に得点を重ね逆転していた。9回には怪物・大谷投手が、日本プロ野球史上最速の165キロで投げ、三者凡退に討ち取り勝利をものにした。
大谷選手を初めてみたが、柔和な優しい顔をして、投げてよし、打ってよし、守ってよしの選手とは想像も尽かない好男子。
アメリカで大活躍しているイチローに匹敵する選手になるだろう。メジャーに引き取られたくないものだ。夕方5時半からは『笑点』とニュースを見て読書しながら就寝。

 今日発表の共同通信の世論調査によれば、福岡6区の補欠選挙は鳩山次郎が、自民党支持者の7割、公明党の8割、民進党の2割とって圧勝するだろうとのことである。私はこのブログで早くから予想したとおり。その際、書いたように弔い合戦の上、蔵内謙の父親の強引さにさに鳩山に同情が集まったようだ。血判を押して応援した県会議員、麻生副総理、古賀誠、山本幸三大臣など応援した連中は赤っぱちをかくだろう。

  COMMENT(2)
安倍総理の危機。
2016/10/14 [Fri]14:10
category:放言
 党内外も1強他弱とはいえ、安倍総理は自信過剰が目に余る。しかも喋りすぎ。しかも接続詞が多く、例えば、質問者が”イエスかノウの一言でお答え下さい”というのにダラダラ応える。話しをするのは猛烈にエネルギーがいるのに・・・。
第一次安倍内閣は健康で辞職したぐらいだ。現在でも答弁の合間、合間に煎じ薬らしきものを飲んでいるようだから、人事(ひとごと)ながら身体が心配だ。エネルギーの自己管理を老婆心ながらお勧めする。

 私は毎週、「週刊文春」と「週刊新潮」を丹念に読んでいるが、アベノミクスは失敗しつつあると書いてある。
私もアベノミクスは、ヒト、モノ、カネに偏重しすぎて、全て利益、合理化、金儲け一辺倒で、掛け声の割りには景気は好転せず、殺人や自殺の多発に見られるように、ヒトの命が粗末にされすぎている。
 ヒトの問題にしても、インサイダー疑惑の山本幸三や人格欠如の鶴保庸介、前内閣の下着泥棒の高木毅、政治資金疑惑の下村博文の各氏の大臣起用、極め付きは、疑惑のデパート・森元総理の五輪組織委員会長就任だ。
経済はメンタルの面が強いのに、黒田日銀総裁はタヌキが腹立てたように暗い。これでは景気がよくなるはずはない。全ては人だ。
 総裁任期延長論の声も上がり、まさに順風満帆だが”好事魔多し”

「きみき」さんコメント有難うございます。今後もよろしくお願いいたします
  COMMENT(1)
福岡六区の選挙戦
2016/10/12 [Wed]11:13
category:放言
 文芸春秋九月号掲載の『戦前生まれ115人から日本人への遺言』を三度も読むうち、人生観というか世界観が変わった。
今まではどちらかというと、ウルトラ保守、右翼であったが今では、右寄りでも左寄りでもなく、冷静に且つ客観的にみるように心がけするようになった。第2次予算案が11日、決定したがそれまでの審議を聞いていたが、質問する野党も、応える政府側の答弁も私には空しく想われた。家庭や企業だったら倒産と想われる国家の赤字財政に頬かぶりして、てめえーの定員も歳費も削減するどころか使途不明の政務調査費を取っている。なかでも安倍総理はキューバ訪問に際し債務の一部を免除し新たな援助と借款を約束している。アベノミクスにしてもデフレからの脱却の一点張りで自画自賛し、道徳の復興も生命の尊重も一言も触れていない。
大変酷な皮肉な言い方をすると、彼に子供がいないから”後は野となれ山となれ”と、子々孫々の未来よりも生きている現在が大切と疑いたくなる。

福岡六区の補欠選挙が始まった
およそ二ヶ月前、このブログで鳩山二郎と蔵内謙では、鳩山が有利と書いた。その理由として父・邦夫の弔い合戦であること。第二は蔵内の父親が、東京都議会のドン内田に似て強引なこと。先の県知事選立候補しようとして財界の猛反対を受け断念したといわれたこと?
 選挙は蓋を開けないと分からないが、今、時の人・小池都知事が11日、鳩山の応援に来て久留米で演説をした。お忍びで二階幹事長も鳩山の応援に来たそうだ。余程油断しないか、蔵内が現ナマを打ち込まないかぎり鳩山の圧勝だろう。
それこそ失礼ながら、負けた麻生副総理と古賀誠と、血判をついて応援した県会議員の顔を見てみたい。
。、
  COMMENT(0)
世知辛い世の中。
2016/10/08 [Sat]11:19
category:放言
<電通新入社員>「体も心もズタズタ」…クリスマスに命絶つ>
 「仕事も人生も、とてもつらい。今までありがとう」--。昨年のクリスマスの早朝、東京で1人暮らしの高橋まつりさんから静岡県に住む母幸美さん(53)にメールが届いた。あわてて電話し「死んではだめよ」と話しかけると、「うん、うん」と力ない返事があった。数時間後、高橋さんは自ら命を絶った。
8日土曜日の毎日新聞に、彼女の昨年10月13日から12月20日まで12回のSNS上の書き込みや友人らとのやり取りの一覧表が載っているが酷いものだ。
 
 何度も警鐘を鳴らしているように、最近頓(とみ)に自殺や殺人などが増え、生命が軽んじてて来ているように思えてならない。戦中派の一人として想うのは、戦前は確かに貧しかったし、いじめも激しかったが、心にゆとりと落ち着きがあった。いじめや貧乏ぐらいで自殺する者は居ないし、簡単に人を殺すような者もいなかった。また戦後も欧米に追いつき追い越すまでは、必死で働いて自殺するような者も人を殺す、なかでも親やわが子を殺すような不届き者は皆無だった。
 こんな風潮になったのは、アメリカのヒト、モノ、カネのプラグマティズム(実用主義)の蔓延と、私の独断と変見でいうと、安倍晋三のアベノミクスだと思う。確かに新築の家は建つし、一家に車は一,二台と豊かになったが、反面、カネ、モノ謳歌の心が荒む、人命軽視の世知辛い世の中にもなった。国立大学医学部教授している私の甥も言っていたし、テレビでも言っていたが、大学での基礎学問の研究や文系の学科の予算が大幅に削られているそうだ。
そのくせ、文科省は、金持ちの子供が通う小学生にも補助金を出すという。
先日、ノーベル賞もらった大隅良典氏も歴代のノーベル賞授章者も口をそろえて述べていたように、これは基礎研究の賜物だと。最近、採算と目先の利益追求に血眼になっている。これでは早晩二流国か三流国になり人口減少に拍車がかかるだろう。

  COMMENT(0)
頑張れ!北九州!
2016/10/06 [Thu]10:45
category:放言
 北九州市は、幸運にも昨日の台風18号の直撃から免れた。
今年になって何度も台風に見舞われ、悉く九州上陸の恐れがあったが、不思議と進路を東に向きを変え、北九州市を素通りした。今回もやや北を通り、強風はあったものの被害は殆どなかった。

 数日前、文科省の全国統一テストの成績の発表があったが、残念ながら、北九州市の成績は全国平均の以下であった。私は末吉市長時代から何度か、警鐘を鳴らしてきたが、未だその悪習はなおらない。
というのは、北九州市の小中学校の入学式が、福岡市や近辺の市町村の比べて大変遅いことだ。特に中学では、小学校の卒業式が3月18日前後にあるのに、中学の入学式は10日か11日。青春の希望に燃え、且つ遊び盛りの少年を20日間あそばせている。これも何度もこのブログで紹介したが、娘のいる岐阜県可児市は、小さい都市ながら毎年、東大に4,5人合格している。小学校の卒業式が3月24日前後、始業式も入学式も5日前後で、式は午前中で午後から授業だ。北九州市も可児市の爪の垢dも飲んだらどうか?4月早々の1日の勉強は100万ドルの価値がある。ネットで統一テストの結果を調べてみたら、北九州市でも色々努力はしているようだが平生往生だろう。また毎年全国のトップクラスは、秋田、福井、山形、青森、富山の裏日本の県が占めている。
 
 
またサッカーのッギラヴァンツ北九州の本拠地として、市は約100億円かけてスタジアムを建設しているが、毎回チームはビリかドンツー、これでは市民の税金が泣き出す。しかも維持費が1年に数億円というではないか。チームの大奮起を促す!span>

  COMMENT(0)
ピンピンコロリン
2016/10/04 [Tue]10:31
category:放言
お久し振りです
 やっとインタネットが出来る様になりました。10/1のプログに書かれてた様に 私も延命治療は御免です。自然が一番 呼吸が止まったからと言って 電気ショックの 心臓呼吸や 人工呼吸など入れられるのは まったく必要ないと思います。 元気で長生きは良いけど 寝たっきりで長生きするのは 寝てる本人も その家族も大変な事は数知れないものです。私も父 母 夫 と亡くなる前 経験しましたので 苦しむのはもう御免です。だから自分自身の時は絶対に延命治療はしてもらいたくないものです。子供のいない私は甥が私の最後は見てくれる事になってますが、甥や姪には延命治療は絶対 しないでと頼んでます。田舎に帰って来て老後を楽しむつもりが、コバルトの後遺症で今は歩く事も ままならず 苦しんでますが 何とか歩ける様に懸命に努力してます。元の様に歩けるようになったら 不便な田舎ですが 何処かの温泉や兄夫婦と共に 旅行もして見たいです。今の私の願いです。【2016/10/02 11:19】 URL | 田中 安子 #- [ 編集](原文のママ)

今日から都議会での質疑応答が始まった。生憎、国会でも論戦の真っ最中というのに、民放各社は悉く、都議会の模様を中継している。それもそのはず、安倍政権が長く、答弁に新鮮さがなく言行不一致の美辞麗句が多く飽きあきしてしている。
一方、攻める野党も、建前ばかりの揚げ足取りのマンネリにウンザリだ。
 かくなる上は、一日も早く小池新党を立ち上げ国民の目線にたって、政界に新風を吹き込んでもらいたいものだ。
国民の多くは、このままでは国家財政の破綻を肌で感じている。そしてピンピンコロリンと終末を願っている。
現在、文芸春秋9月号『戦前生まれ115人から日本への遺言』を再度読んでいる。各界の論客だけに感銘を受ける。

  COMMENT(0)
生老病死。
2016/10/01 [Sat]10:25
category:放言
 横浜市神奈川区にある大口病院で、共に88歳になる入院患者が2名が中毒死した事件を連続報道されている。
 この件について、大いなる非難、反論、叱責を覚悟の上で私見を述べてみたい。
そもそも、厚労省の指示?で入院患者は原則として、3ヶ月で退院か転院を強制させられる。転院を受け入れる病院は少なく、さりとて家庭での看病の苦労は並々ならぬものがあると聞く。
 何となれば、少子化と核家族や共働きの関係で、看病できる家族も少ない。
 『生老病死』は、生きとし生けるものの宿命だが、全快する目途もなく寝たきりになって、穴という穴に管をつけられ、食べ物は遺漏といって胸から流し込まれ苦しみながら、且つ、家族に迷惑をかけ、死んでいくのは忍びないし、御免被りたい。
作家・遠藤周作氏の奥さんが随筆のなかで、余り苦しむので管を除けてやったらニッコリ笑ってと死んでいった。こんなことなら、延命治療はしなかったらよかったと、書いてあったのを読んだことがある。
 私も願わくは、どうせ一度は死ぬのなら、上記の大口病院のようなところで、界面活性剤を点滴に入れてもらい,愉しい思い出だけを思い出しながら、,ニッコリ微笑み、眠るが如く死んでいきたいものだ。
しかも驚くことに、自宅で死んだら司法解剖するそうだ。おちおち死にもされない。

  COMMENT(0)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ