プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
前途波高し。
2015/10/28 [Wed]12:21
category:放言
 安倍総理の肩を持つわけではないが、朝日や毎日新聞の報道はひど過ぎる。しかも安保法案が成立したにも関わらず、何時までもいつまでも、執拗に反対の報道をしている。報道の使命は両論併記の上、判断は読者に任すべきではないか。
先に韓国の朴大統領の訪米に際し事実無根の強制連行による従軍慰安婦問題を大きく報道するくせに、、ベトナム戦争で韓国兵による強姦被害にあい妊娠した女性が大統領に損害賠償を求めたのに大統領も黙視したが、毎日新聞はこの重大事件を一行も書いてない。
その点、「週刊新潮」、「週刊文春」の記事の方が事実の裏側を書いてあるので、遥かにはるかに面白いし役に立つ。
特に、「週刊新潮」のコラム、藤原正彦の『管見妄語』、櫻井よし子『日本ルネッサンス』、高山正之の『変見自在』は価値観の違いはあるだろうが、私はリーダー必読n文章だと思っている。残念なのは、「週刊文春」の『今週のバカ』がいつの間にか消えたことだ。テレビでは、『たかじんのなんでも言って委員会』が本音で意見を述べあうので人気があった。

週刊誌によると、第三次安倍内閣の大臣に、パンツドロボー常習犯の高木毅を復興相に、暴力団事務所に出入りしていた森山裕を農水相に、違法政治資金を受け取った元プロレスラーの馳浩を驚くことに文科相に起用し、総理は記者会見で『一億総活躍内閣』と胸を張って、新アベノミクスとして①GNP(国民総生産)600兆円、②希望出生率1・8、③介護離職者ゼロと語った。一億というが、80歳を超え死期の近ずく私たちに何をせよと言うのか。
私は口癖のように「精神復興」を叫び、日本で最も中庸で格調高い雑誌「文芸春秋」の11月号で、特集『日本再興の鍵は教育にあり』とあるが、総理は子どもがいないので教育の重要性を、頭でわかっても体には染付いない。
その証拠に、カネ即ち経済と経済の効率化の話が主である。
私の予感では安倍内閣は長くないような気がする。安保法制はモタモタしながらも国会を通貨したが、新内閣の顔ぶれに対する野党攻勢。と党内の不満分子の動きに加え総理の肉体的精神的に身が保てないのではないか?
こころせよ!”好事魔多し”

  COMMENT(2)
学業に貴賎なし。
2015/10/26 [Mon]10:32
category:放言
 少し時期を逸したが、最近暗いニュースの多いなか、大村智、梶田隆章両先生のノーベル賞受賞ほど痛快なことはない。
それはネ、二人とも旧帝国大学の出身ではなく、戦後、旧専門学校から格上げしたいわれる駅弁大学に、大村先生は山梨大学、梶田先生は埼玉大学の入学だからである。
特に、朝日、毎日新聞は紙上では学歴社会の反対を叫びながら共に、同社発行の週刊誌「週刊朝日」「サンデー毎日」には、高校の大学合格率を載せて学歴を煽っている。有名な評論家・作家の曾野綾子女史は、ある週刊誌に『学校なんて、どうでもいい』と書いている。
 私も約20年間学習塾をして思ったことは、卒業生をみていると、社会に出ての所謂(いわゆる)成功と成績は全く関係ない。
私は生徒に、太陽は遊べ!遊べ!と照り、月は勉強してお休みといっている。従って昼、暇な時は公園や運動場で遊べといってきたし、勉強も中学までは基本的な学問だからしっかり勉強しなさい。英語が嫌ならカネ儲けて英語のできる人を雇えばよいし、数学も同様だが、国語だけは借り物と言うわけにはいかないので、しっかり本を読みなさいと言ってきた。
また、10分間テストには、故事諺や論語も書いてきた。約800名の卒業生が一人として社会に迷惑をかける者が居ないばかりか、各界で活躍し、難関の医師に40人がなった。また経営者として辣腕を仏っているものも数人いいる。
曾野綾子女史の夫で作家・元文化庁長官だった三浦朱門氏は子どもの頃、不良だったそうだ。
 ところが最近どうだろう。本を読むどころか、猫も杓子もスマホに熱中しているがこれでは日本の先行きが危ない。
社会は、勤労者や百姓、漁師、大工や左官屋といろんな職業で成り立っている。大工の工具にノコギリもあればカンナやヤットコがあるように、いろんな才能が必要だ。職業に貴賎なしといわれているが、私は物を作る生産者が最も重要ではと思っている。

  COMMENT(1)
習近平さんへ。
2015/10/23 [Fri]14:50
category:放言
  『習近平よ、「反日」は朝日を見倣え』   高山正之
*「朝日の凋落」を知っていたあの国家主席
*白人がいまだに怖がる「日本軍の実力」
*「危ない韓国機」を庇う朝日の見識
*ノルマンディで「中国が外された」!
*原発事故「GE社の欠陥」を隠した朝日の大罪
*最高裁が認めた?「正しい不倫」
*朝日のお家芸「書かない嘘」って何?
*「京都を守ったのは米国人」とは嗤わせる
*米が「イスラム国」を潰せない本当の理由
*朴槿恵に「旭日旗は韓国のためになる」を教えよう
*米国が隠し続ける「サダムの毒ガス」
*タイタニックに乗っていた中国人の悪行
*米国人が好む「馬鹿げた訴訟」を煽る朝日の根性
*全て「ナチスのせい」にする国が歴史の優等生?
*「アジアの性被害者」を量産した米国人の破廉恥
*「大女優李香蘭」の死も朝日の手にかかると・・・・・

上記は「週刊新潮」連載の超辛口コラム(変幻自在)から

  COMMENT(0)
日本と地球への不安。
2015/10/21 [Wed]15:08
category:放言
 昭和一桁生まれの私と同じ年代即ち戦中派の人間の話題は、日本の未来の不安で持ちきりだ。
私の子ども頃は、台風と言えば二百十日、二百二十日と相場は決まっていた。それが今では温暖化?の影響で年中台風が来ている。
その上、国土が火山山脈の上にあるとはいえ4年7ヶ月前の東日本大震災のあと、、肌に感じる地震が全国各地で頻繁に起きている。専門家にいわせると東京で、肌に感じなくとも器械に感じる地震が10分に1度の割合で起きているそうだ。
今夏の異常な暑さと水害の続発は天変地異といっても過言ではない。
驚くべきは、米航空宇宙局(NASA)ハンセン教授がかねてから警告しているように、北極海の氷は数年後解けてしまうだろうとのことだ。考えただけでゾットする。自然の脅威の前には人間は無力に等しい。
 目を転じて人間社会をみると、何と空しい争そいをしていることか。シリヤへのロシヤの空爆、イスラム国を中心とする中東の紛争。アジヤでは70年前の出来事に、日本は何度も謝罪しているのに、いつまでも、しつこく反日を繰り返す中国、韓国にウンザリする。
国内では、安保法制に「戦争法案」、「徴兵制法案」と国民を不安に煽る共産・民主党をはじめ野党の無責任な対立に憤りを感じる。
もちろん、安倍内閣の独断専行にも大いなる怒りを覚えるが・・・。
広告で見たが、財政破綻はギリシャの次は日本と?いわれるように、雑誌『新潮45』”医学の発達で国は破綻する”とあった。いま、病院は老人で溢れている。老人の私が言うのも何だが、これでは国家財政が維持できるはずがない。ただ国民の一人として言いたいのは、年金や医療や介護にメスを入れる前に、国会議員や地方議員の定数や歳費の削減に、果敢に大英断を下してもらいたい。

  COMMENT(1)
韓国の良心
2015/10/19 [Mon]16:50
category:放言
 韓国の朴大統領の妹の朴クンリョン氏(61)が4日夜に配信された日本のインターネット番組で、「日本の首相が替わるたびに謝罪を求め、隣人を責めるのは第三国から見て恥ずかしいことだ」と述べ、歴史問題を蒸し返す韓国政府の姿勢に疑問を呈した。
 50年前に父、朴チョンヒ元大統領が成し遂げた日韓に国交正常化による日本からの援助が韓国の経済発展にとって「決定的だった」ともし、元慰安婦女性らの支援は自国が責任を持つべきとの認識を示した。
冒頭、日本の印象について、「マナーや礼儀正しさ、相手への配慮など、日本には韓国にはない長所がある。韓国も礼儀の国といわれたが、今は当てはまらない。日本から学んで礼儀正しい生活してほしい」と現在の韓国社会に注文をつけた。最後に、番組を視聴した日本のネットユウーザーに向け「、韓国では、日本を非難する二ュースばかりが溢れるが、大半の国民は私と同じ考え方を持っていることを分かっていただき、もっと韓国を好きになってほしい」と訴えた。、

  COMMENT(1)
勝谷氏の講演を聞いて。
2015/10/16 [Fri]09:59
category:放言
 昨晩(15日)、Mさんに誘われて小倉リーガロイヤルホテルであった、勝谷誠彦氏の『日本と世界の政治と経済』という演題の講演を聴きにに行った。
勝谷氏は、往年「たかじんのそこまで言って委員会」の常連コメンテーターとして活躍し、本音で赤裸々にズバズバ語り、視聴者に絶大な人気を博していたが、最近急テレビから姿を消し、その後案じる意味もあってか、会場は満員であった。
講演の後の質疑応答で、Mさんが、「委員会から姿を消した理由を」を尋ねたら、ニッコリ笑っただけで明確には質問には応えなかった。
講演の内容の骨子は、耳が遠くてよく聞こえなかったが、経済はモノを売ってナンボの世界だから、日本も世界も人口が減少している異状では、販売先は次第に減少し、究極的には景気は良くなるはずがない。
また、中東の戦争のスライドを見せながら、世間は平和、平和と叫んでいるが、世界の普通の大学で、戦争学を教えないのは日本だけだとも、憲法9条は空理空論だとも言っていた。
ただ、委員会で喋っていたような迫力はなかった

  COMMENT(0)
秋のよなg
2015/10/13 [Tue]10:56
category:放言
 10日に発売された「文芸春秋」十一月号は、特に読み応えのあるエッセイばかりだったが、中でも大特集『日本再興の鍵は教育にあり』その中でも、全政治家、教育者及びオピニオンリーダーたちに読んでもらいたい記事は、池上彰と佐藤優との対談・『新・教育論』-教育の究極の目的とは何か・受験科目しか勉強しない弊害・大学の大衆化失われた多様化・英語教育は日本を植民地化する・義務教育を充実させ格差解消をー。

昨日12日、家内と妹とその孫28歳のギャルと、黒崎の音楽家・宮吉秀一氏が演出するコンサートに行き、彼が作詞・作曲した創作オペラ・「花尾城の物語~地域の伝承に基づいて~」『紅梅姫』を鑑賞した。文化不毛な黒崎で、これだけ大掛かりをなオペラを上演する苦労に絶大な拍手を贈りたい。ことのほか痺れたのは、ソプラノの旋律だ。
その感動を胸に、4人で焼き鳥屋で呑みかつ食い、妹の孫と腕を組み、カラオケの店に行き、年寄り3人は懐メロを歌い、若いギャルは我々の知らない歌を熱唱し、夜の経つのを忘れるほど、秋の夜長を愉しみ、若いエネルギーを吸収することができ、長生きの冥利に溺れた。












た。
  COMMENT(1)
春画ブームの到来
2015/10/11 [Sun]12:15
category:放言
     空前のブーム到来!『春画』~秋の夜長、江戸エロスに耽る~
 旧熊本藩城主・細川家に伝わる秘蔵の「永青(えいぜい)文庫」の公開展覧会で、それまで猥褻(わいせつ)だとタブーだった「春画」に火が点いた。
公開後、9月のシルバーウイーク中、押すな押すなの盛況で、連日3000人を超える入館者で、反響は大きく若い女性から年配の夫婦まで客層は様々で男女の比率はほぼ同じだったそうだ。特に若い女性に人気があるのは、男性が植物系で女性が動物系の増加が原因か?2009年バルセロナで開かれた「ピカソと春画」展も大反響を呼び、2013年に大英博物館で開かれた「春画」展は、ガーディアン紙を始めマスコミは最高ランクの展覧会と絶賛し、3ヶ月の会期中約8万8千人が訪れ、55%が女性とのこと。
春画は高価のため、豪商の奥方の快楽や、若いお妾さんの性の手ほどきや娘の結婚の荷物に、画家に書かせたのが起源だと思う。
男女とも、局部が極端に大きく描かれ着物を着ているのは、電灯もなく暖房もないからと思われる。何れにしても大袈裟にに描かれて面白い。現代で、はさしずめインターネットのアダルトというところか。
約50年前の「小説新潮」に、千人切り列伝?が連載され、名優・森繁久弥や歌手のディックミネや名脇役で有名な殿山泰司の名が出ていたが、平安時代の源氏物語の光源氏というところか。昔はどの業界にも良くも悪くも豪傑がいたが、大物が少なくなった。
今は亡き親友が70歳のとき、前立ガンの手術で男性の機能を取ってしまったが、心の若さを保つために、ネットでエッチ画像を見るといっていたが、82歳まで元気だった、むべなるかな。人間には自然治癒力があり、それにはホルモンの分泌が必要だとは常識だ。三段論法でいうと、最高は男女の交わりだが、相手が死別したり相手がいない場合は話たり、握手するだけでもホルモンが分泌するという。
男は人畜無害の身体になると、口スケベーになる。すると悲しい哉、ド・スケベーと罵(ののし)るのは家内。られるのは私である。それも人生、これも人生。

  COMMENT(0)
第3次安倍内閣への不信。
2015/10/09 [Fri]14:07
category:放言
第3次安倍内閣に批判高まる  
  安倍晋三首相は7日に行った内閣改造・自民党役員人事で、首相官邸に側近議員を集めた。官房副長官に、党総裁特別補佐として靖国神社に首相の代理で玉串料を奉納してきた萩生田光一氏を起用。交代した首相補佐官2人の後任は首相に近い柴山昌彦、河井克行両氏とした。萩生田氏の後任の総裁特別補佐には下村博文前文部科学相を充て、党とのパイプ役とする。
  萩生田氏は首相の出身派閥の細田派で、拉致問題などで首相と行動を共にするなど首相の信頼が厚い。官僚人事を一元管理して「官邸主導」の象徴とされる内閣人事局長も兼務する。柴山氏は、首相が幹事長時代の2004年に行った公募で衆院埼玉8区補選の公認候補となるなど関係が深い。河井氏も首相執務室を度々訪れていた。思想面で首相の盟友とされる衛藤晟一氏も首相補佐官に留任した。
  首相は閣僚人事でも気心の知れた人物を重用。加藤勝信1億総活躍担当相は、義父の加藤六月元農相が首相の父・安倍晋太郎元外相の側近だった関係から家族ぐるみの付き合いだ。第1次政権の退陣後も首相から離れず、返り咲きを支えた。
  首相が「政権の骨格」と呼ぶ麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官、甘利明経済再生担当相、岸田文雄外相の4人は第1次政権でも閣僚を務め、「四天王」と呼ぶ声も。このうちの一人は留任について「首相から明確な言葉はなかった。『あうん』だった」と距離の近さを語る。
  政権の中軸を首相に近い人材で固め、円滑な意思疎通や安定を優先した人事だ。菅氏は8日の記者会見で「首相との近さより、政策実現に必要な人材を適所で登用した」と説明したが、党内では、第1次政権で首相批判の決まり文句だった「お友達内閣」との表現で不満を漏らす議員も増え始めている。【高本耕太】
.
 以上はヤフーの記事より。今朝の毎日新聞の世論調査によれば、今回の内閣改造を評価しないが47%、評価するが22% は当然の結果である。猛烈に腹が立ったのは、政治資金法違反でさんざん問題になり、国立競技場建設に関し重大なミスを起こした下村前文科相をこともあろうに、自民党総裁特別補佐に起用したことである。またも”お友達内閣”である。
福岡11区選出の山本幸三氏は、パーティで、二階総務会長が、彼は安倍総理総理の三本の矢の立案者であるし、岸田派が強力に推薦しているので、絶対大臣になるだろうと祝辞を述べたそうだが、残念ながら涙を呑んだ。、


明日12日15時から黒崎ひびしんホールで創作オペラ  「花尾城の物語 『紅梅姫』」¥3000がある。。  私は、家内と妹とその孫と行く予定。
  COMMENT(0)
3j次安倍内閣発足
2015/10/08 [Thu]07:42
category:放言
安倍首相、「一億総活躍社会」実現へ「年内の早い時期に対策」
フジテレビ系(FNN) 10月8日(木)4時50分配信

7日、第3次改造内閣が発足し、安倍首相は、新たに掲げた「一億総活躍社会」の実現に向けて、年内のできるかぎり早い時期に、第1弾の対策を打ち出す考えを表明した。
安倍首相は「この内閣は、未来へ挑戦する内閣であります。一億総活躍という輝かしい未来を切り開くため、安倍内閣は新しい挑戦を始めます」と述べた。
7日に発足した改造内閣では、馳文部科学相や丸川環境相、河野国家公安委員長ら9人が、初入閣した。
また、処遇が注目されていた石破地方創生担当相も留任した。
石破地方創生担当相は「(地方創生は)1年やそこらじゃ、できるものではなかったですよね」と述べた。
内閣改造の狙いについて、安倍首相は会見で、GDP(国内総生産)600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロの3つの目標の実現に向けて、「内閣の総力を挙げて、大胆な政策を進める」と述べた。
また、新たに掲げた「一億総活躍社会」の実現に向けて、新設された担当相のもと、国民会議を立ち上げ、年内のできるかぎり早い時期に、第1弾の対策を打ち出す考えを示した。

 第2次安倍内閣発足に総理は、戦後レジューム(体制)からの脱却、憲法改正、靖国参拝を声たからかに打ち上げ、私は物凄く期待したが、靖国参拝は一度だけ。残りの二つは道半ば。デフレ脱却も確かに多少の成果はあったものの反面、心の荒廃は進み血生臭い犯罪は多発している。これはカネ・モノの物質文化の謳歌と成果主義即ち利益優先の結果だと思う。
昨日の記者会見でも、精神ルネッサンス即ち精神復興を何故、言わなかったのか。また安保法制の議決に協力した健全野党から一人大臣に起用すべきだった。硬派の産経新聞の愛読者の家内でさえも、安倍総理がテレビに出ると、見たくないとチャンネルを切ってしまう。安倍さん、何故かお分かりか!

  COMMENT(0)
2015/10/05 [Mon]12:27
category:放言
 拉致議連、靖国参拝の会、日華議連、日韓議連etcの会長や役員をし、保守本流で気骨と反骨精神があり、私は陰ながら尊敬し敬慕していた平沼赳夫氏が、次世代の会を退会し園田博之氏と共に、自民党に復党したことに落胆した。
郵政法案に反対し、小泉元総理から対抗馬をたてられ自民党を脱党し、太陽の党、立ち上がれ日本、維新の会を経て次世代の党の代表に就任しながら、今回離党し自民に復党したことに『平沼!お前もか』と残念でならない。先に松沢成文参議院議員が離党し、藤井孝男前代議士が離党し自民党からの出馬を目指し、昨年8月結党時には23人いた議員がいまや僅か5人風前の灯。
折角、政権交代しながら、尖閣列島漁船追突事件、東京電力原子力発電所事件の対応で国民の信頼を失い、その上今回の安保法制法案の審議を通じて、共産党に振り回され対案も出せず、机上の空論に国民に愛想が尽かされ支持率は低下したままである。願わくば、大地に足をつけた国民の目線の政党に成長してほしい。
 「権力は必ず腐る」とは政治の必定だが、哲学でいうアフヘーベン即ち正・反・合が不可欠だが、日本の現在の不幸は一党他弱、自民党の中は、安倍の一人勝ちだ。安倍は呵呵大笑、独走するし腐るだろう。
健全野党として、次世代の党は絶対必要だが、「長い物には巻かれろ」の国民性は自民の独り勝ちを許し、健全野党を育てなかった。

 一時、我が世を歌い、飛ぶ鳥を射落とす勢いの小沢一郎が、側近が一人去り二人去り、糟糠の妻にも三行半をつけられ、とうとう共産党の軍門に下ってしまった。
過去にもこのブログでも書いたように、多くの知人友人からの批判にも拘らずず、熱烈且つ狂信的に小沢信奉者だった私を裏切った。どんな事情があるにせよ、過去の経歴と思想からみて恥ずかしいと思わんのだろうか。

  COMMENT(6)
中国経済のゆk
2015/10/02 [Fri]16:13
category:放言
『 崩壊へ向かう中国経済』
 今の中国では、消費・生産・金融、そして不動産や株式市場、経済ありとあらゆる領域において大不況の冷たい風が吹き荒れている。国民経済を支えてきた「支柱」の一つ一つが傾いたり、崩れかけたりするような無残な光景があちこちで見られているのである。
中国経済はただ今、壮大な崩壊へ向かっている最中である。


 以上は9月24日の産経新聞に載った石平氏のコラム『China Watch』の一節である。石平氏は、世界的に日本の東大以上の北京大学哲学部卒業後、神戸大学大学院文化学研究科博士課程終了。民間研究機関を経て評論活動。平成19年日本国籍を取得。
上記の結論に至った資料は、悉く中国政府の発表した資料に基づいたものである。

 私が杞憂(心配)するのは、中国も韓国も、国内の失政で国民の不満が蓄積すると、過去の例にあるように、反日運動に目を向けさせることだ。早速、二人の日本人を逮捕し一人を拘束している。今後、中国に進出している日本企業に累に及ぶような気がする。少し飛躍するが、平和安全保障条約が役立つのではないか?
  COMMENT(1)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ