プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
凜として
2015/07/31 [Fri]09:39
category:放言
仲俊二郎『凜として』ー近代日本女子教育の先駆者・下田歌子ー

私はむかし南条範夫『妖傑下田歌子』林真理子『ミカドの淑女』を呼んだことがある。
 その本によると,歌子は天性の美貌と女の武器を最大限に利用して伊藤博文、山県有朋、井上馨、大隈重信をはじめ多くの明治の顕官を色気で誑(たぶら)かし、美子皇后(昭憲皇太后)の女官となり、その命を受け、女子教育の桃天女塾を開き、後に華族学校、学習院女子部に合併し初代科長に就任し、華族や政府高官の子女の教育に励んだ。
明治天皇、美子皇后に、死ぬまで親任の厚かった歌子が妖婦、姦婦と非難されたのは、社会主義者、幸徳秋水、堺利彦の主宰する『平民新聞』の捏造記事である。新聞を売らんがためと弾圧を防ぐためである。
歌子の写真がこの本の表紙に載っているが、知的で端整な絶世の美貌の持ち主であり、多くの男性の心を奪ったであろうことが伺える。
歌子は現岐阜県恵那郡、岩村藩士平尾じゅう蔵の長女として産声を上げ幼名を鉐(せき)と名付け、歌子は美子皇后陛下から賜ったものである。曽祖父も祖父も父も儒学を修める漢学者で国学者で勤皇派であった。
歌子は、幼少から家にあった漢学、国学の書を全部読み短歌にも通暁(つうぎょう)した。
「芸は身をたすく」ではないが、その学問が皇后陛下の目に留まり次第に世に出ることになった。急な出世に”出る杭は打たれる”の例え通り嫉妬と妬みで、あること無いこと面白半分、「平民新聞」は針小棒大に報道した。さしもの報道で、学習院院長・乃木希典は女学部科長の座を罷免したが、陛下の親任は揺るがず、実践女学校の経営に邁進し、愛国婦人会を結するなど八面六臂の活躍をした。
その間、イギリスに留学しヴィクトリア女王とも親しく謁見することができた。
個人的には、平尾家から下田家に嫁ぎ、ガン病の貧乏剣士に嫁ぎ不幸な家庭生活を送った。
この『凜として』で汚名を吹き飛ばし名誉回復が出来たのではないか。
この歳になると、30分経つと目が霞み字が見えなくなる。先日、夏目漱石の『こころ』を読むのに悲しいことに、2週間掛かった。
  COMMENT(0)
無念!残念!
2015/07/28 [Tue]07:24
category:放言
無念!残念!  初の甲子園を目指す八幡南高、29年振りの甲子園を目指す小倉高の敗退

 八幡南高の選手諸君は死力を尽くしよく頑張ったし、監督の采配も見事であった。また炎天下生徒諸君の一糸乱れぬ応援も小倉に勝るものであった。創立61年を迎え記念すべき一日だった。
大学進学率はいま一歩だが、生徒は真面目で素直で実直、公務員試験で日本一になったことががある。夏の試合で県大会に駒を進めたのは、約30年前一度出たことがあるが、一回戦で久留米商業に破れた。今年春の大会では、九州から一校推薦されたが残念ながら本番では選に漏れた。その悔しさが今回の活躍の原動力になっのではないか。次期部員の活躍を祈る。私事で恐縮だが、校門の前に拙宅があり、開校以来同校の教科書を取り扱っている。


 小倉高校は私の母校で、戦前は、北九の五市はもちろん豊前、筑前はもとより下関からも天下の秀才が集まり、50番以内は超難関の旧制高校に合格し、150番以内では難関の陸軍士官学校、海軍兵学校に合格していた名門校であった。
甲子園には、私の期で初出場、一回戦で東京高師付属中学に破れ、今は定番になっている甲子園の砂を持ち帰った第一号である。元住金の社長をしていた中村為昭君は二塁手として出場した。その翌年福島一雄君を擁して二年連続全国制覇を成し遂げた。

  COMMENT(5)
異例の報道
2015/07/26 [Sun]11:50
category:放言
今朝の『産経新聞』の地方版一面トップに、異例の
『小倉vs東筑 名門対決熱く』

「北九州同士負けられない」
政財界OBら応援合戦 
産経新聞の報道によれば、、開始予定より90分ほど前の午前11時過ぎ。試合会場の小郡市の野球場には、、すでに両校の応援団が到着し入り口付近で、小倉は全員900名、東筑は1.2年500名を待機していた。
両校とも体格が優れた選手ばかりがそろっているわけではない。「守りの野球」で、県大会を勝ちあげてきた。
東筑の香野幹冶副校長は「野球に限らず、部活動も進学実績も何でも、よきライバルです。やはり、小倉との対戦は、いつもより気持ちが入ります」と語った。

  COMMENT(0)
寂しい哉!悲しい哉!
2015/07/24 [Fri]16:50
category:放言
寂びしからずや!また一人消えてゆく。
 昨日23日、中学35期幹事・野口周一君から  『八十路通信』が贈られてきた。
それには山田昌之君の訃報の知らせと、本人の網膜はく離の手術の状況が記されていた。
山田君には、恩師の妻、女流俳人の第一人者・杉田久女について書いたブログを印刷して送ったところ、たどたどしい字で書かれたお礼の葉書が送られてきた。兼ねてからガン治療の闘病生活を送っていたとは知っていたが、こんなに早く亡くなろうとは大ショックだ。先に親しかった志田昌人君、山重幸君が死に、この歳になると親しき同級生の死は精神衛生じょう良くない。
山田君は中学3年から海軍兵学校予科入学、終戦で復学し明専(現九工大)卒業後、貿易会社に就職し社長になり、定年後千葉県に住み、同期会には必ず出席し彼の従兄弟が黒崎で医院をしている関係で度々拙宅にも立ち寄り囲碁を打った。
山君は中学2年から陸軍幼年学校に進み、敗戦後清水高等商船学校を経て船長で定年、茨城県に住み水先案内人として働き、度々拙宅に泊まり酒を酌み交わしながら夜を徹して天下国家を憂いたものだ。また志田君は3年から予科練に入隊し敗戦後家業の建設業を継いだ。共に軍国少年だった関係から世情に悲憤慷慨をしたものだ。
泉下の三君の冥福を祈る。
昨日会ったOさんは、最近亡くなった大企業の社長のKさん訃報を誰にも知らせず、お悔やみに行くのも断われたという。私も家族や会社にも知らせるなと遺言していると言っていた。私の妹も、延命治療はするな。葬式は家族葬と子どもにいっているそうだ。 

  COMMENT(0)
若さと健康と美貌のために。
2015/07/23 [Thu]15:35
category:放言
”一夜限り”の経験がある女性71%

我が国のブログの一つ、「ウィークリー女子まぐ」が、インターネットを通じ、このほど女性読者に対し、任意で「”一夜限り”の経験があるか、どうか」を問い合わせたところ、2235人から回答があり、ナンと71%の1597人が「その経験がる」と、答えて来た。「そんな経験はない」と答えて来た女性は、29%の638人に過ぎなかった。”一夜限り”のパートナーとしては、古いボーイフレンド、先輩、仕事相手などをあげるケースが多く、”一夜限り”の場所としては、ラブホテルのほか、自宅あるいはパートナー側の家を挙げる場合が大半だった。”一夜限り"のキッカケは、二次会などの”楽しい”トークからである。

また、同様、女性ブログのファネットの調査では、回答者1012人(平均年齢・33歳)で、”彼氏がいる女性”でも、その”彼氏”がいない場合、32・7%が”一夜限り”の浮気をした、と答えて来た。”彼氏のいない女性”は、その42・2%が”一夜限り”の”恋”を経験済みだった。

上記は、2008年2月4日に送られて来たもので、少し古いが瀬戸内寂聴さんも、本人もさることながら、寂庵にくる婦人の約70%は一人以上の男性経験があるとある本に書いている。
昭和20年の後半、、医師で作家のキノ・トールさんは、結婚二回説を唱え、若い時は年上の女性と中年以降は若い女性と。昭和23年頃まで発行された格調高い月刊誌『改造』の実験記事で、”閉経直前若い男性と関係すれば閉経が延びる”と書いてある。京都大学名誉教授・大島清氏は数多くのの書物の中で、健康と美容と若さにはセックスが最高だが、老いて出来ない場合手を繋ぐだけも良い。やもめの場合は、茶飲み友達をつくり話し合うだけでもホルモンが滲み出ると書いている。今は亡き産婦人科の友人は使わない膣は廃用性萎縮症で小さい疳子も入らなく治療に困ったと言っていたが、寂聴氏もその著書『生と性』のなかで、長い間孤閨を保った友人に好きな彼氏が出来たが、”いざ鎌倉”という段になったのに、痛くて泣く泣く別れたと書いてある。
  COMMENT(1)
白鵬に制裁を!
2015/07/21 [Tue]10:52
category:放言
 昨日の大相撲を見た方はご存知のように、相撲道に著しく反する、大変不愉快、見苦しい試合があった。
 それは白鵬と逸ノ城との相撲で、横綱が逸ノ城に勝ったものの終わった直後、逸ン城の顎にアッパーカットを加えたことだ。
前回の初日に敗れた腹いせと思われた行動でとの意見もあるが、思い上がりも甚だしい。、品位と品格を重んじる横綱としては、相撲道だけでなくスポーツマンシップとして絶対許せない。本来ならば、「稔るほど頭を下げる稲穂かな」の諺のように謙虚であるべきなのに・・・・・。
『満員御礼』が連日続く人気絶頂のときではあるが、相撲協会は「泣いて馬讒(ばしょく)を切る」の故事にちなんで、出場停止など厳しい処分を断固すべきと考える。
今場所、例え白鵬が優勝しても賜杯はやるべきではない。

  COMMENT(0)
道徳心の荒廃。
2015/07/20 [Mon]08:02
category:放言
去る12日、愛知県日進市で高校3年の少年による殺人事件が起きた。
殺伐たる事件が続発し、反面、一見デフレから脱却し景気はよくなったが、反比例するかのように人々の心は荒んだ。
 国会討論ても、マスコミ報道を見ても、まして文化人の発言にいたっては凶悪犯罪の増加に憂う言葉はひと言もない。
私のささやかな歴史認識では、国家の衰亡や滅亡は、ローマ帝国の滅亡に見られる如く道徳心の荒廃にある。
この原因はいろいろあると思うが、遠因はアメリカに押し付けられた憲法で、義務より権利を求める風潮で、近因は、これまたアメリカからの影響でプラグマチィズム(・物質文明)の蔓延で、カネ・かね・金の実利のみを追い求める文明の謳歌だ。格差は拡大し、教育界においては、偏差値の普及で人間の価値を偏差値で計っていることだ。その著しい例は、朝日新聞と毎日新聞だ。新聞紙上では、偏差値教育・学歴社会の反対を叫びながら一方では、同社が出している週刊誌では、高校の大学合格率を載せ偏差値教育を煽っている。ジキルとハイド二重人格、言行矛盾も甚だしい。私は約20年間、塾をし約800人の卒業生を出して思うことは、社会での一般的な成功は成績や進学した高校に関係ないことだ。数学や英語の勉強は出来なくとも、クラブ活動で汗水を流し掃除をコツコツ真面目にする児童・生徒を大切にする教育をすることだ。

甚だ残念且つ怒りを覚えることは、安保関連法案に猛反対を叫んでいても、、国会議員誰一人として主客転倒、道徳の頽廃を嘆き憂う人が居ないことだ。
この日本に警鐘を乱打する

  COMMENT(4)
安全保障観蓮法案の是非。
2015/07/17 [Fri]08:21
category:放言
昨日(16日)テレビで、安全保障関連法案の衆議院本会儀で通過の様子を固唾を飲んで見守った。
反対討論をした岡田民主党代表の演説は、迫力のある見事なものであった。
国民に「戦争法案」と誇張して不安に陥れる共産党はともかくとして、三年間政権を担った経験のある民主党の代表にしては、世界情勢に対する、時代錯誤も甚だしい。
ミサイルを開発し核を保有し日本人を拉致した北朝鮮。また中国は、南シナ海での岩礁を埋め立て飛行場建設,尖閣列島への船艦の不当進入、軍事費の増大、人権弁護士の逮捕、チベットへの侵略と虐殺等、何があるか分からない情勢の中で”備えあれば憂いなし”、国民の生命・財産と自由を守るため集団的自衛権は必要不可欠だと思う。
政府も与党も、中国を刺激するのを恐れて、脅威の実態を国民知らせなかったきらいがあるし、安倍総理も喋りすぎだし謙虚さに欠ける。
民主・共産党の煽動に加え、朝日・毎日の左寄りの報道で、今日の平和は憲法九条だと思っている国民が多い。
何度も口が酸っぱくなるほど言うが、新憲法発布の時、私は共産党東京南部地区のオルグをしていて、小田急沿線で、『軍隊無き国家は国家でない』と党本部の資料を下に演説した。当時社会党委員長・鈴木茂三郎も渋谷駅前で全く同様な演説していた。、

台風11号の被害者にお見舞い申しあげます。
北九州は昭和28年の大水害以降、不思議と大きな台風が逸れている。地震もほとんどなく、4日前の大分を震源とする夜中2時の地震も、多くの方が気がつかないほどであった。10分足らずで山や海に行け、玄界灘の魚は新鮮で美味いし、島郷の野菜もこれまた新しく旨い。まさに北九州は住めば都、天国だ

  COMMENT(0)
ビックリ仰天。
2015/07/15 [Wed]11:24
category:放言
 7月16日号の『週刊新潮』に、ノンフィクション作家・工藤美代子の特集『「寛仁殿下」が「信子妃」に家庭内暴力というひどい嘘』を見て、ビックリ仰天。それは、信子妃が兄妹とはいえ、麻生太郎副総理に”瓜二つ”全くソックリであることだ。
 寛仁殿下がその66年の生涯を閉じられたのは、3年前の平成24年6月だった。私をはじめ多くのの人が不思議に思ったのは、祭主が妃殿下でなく、長女の三笠宮彬子女王であったことだ。
 去る7月号『文芸春秋』に彬子女王の特別手記が掲載され、女王は『母には三笠宮両殿下にお詫びしてほしい」ー父、寛仁殿下の死がもたらした三笠宮家との劇的な和解。そして十年前に家を出た母への願いー

 過去メディアで、お二人の長い別居の原因は、寛仁殿下のドメスティック・バイオレンス即ち家庭内暴力だと散々言われもしたし、、たたかれてももしたが、今回の工藤美代子の文章によれば、信子妃の虚言癖によるものだ。例えばよくいわれる尾てい骨折もゴルフで転倒したものだし「幽閉」の事実はない。工藤美代子の著作を約十冊読んだが、実に綿密に丹念に調査して書いてある。今回も彬子女王を始め多くの方に面談し、彼女の説を信用してよいだろう。
信子妃の顔写真と三笠宮家の紛争に関心のある方は是非、『週刊新潮」7/16号をお読みされたし

  COMMENT(0)
一寸先は闇だ。
2015/07/13 [Mon]15:25
category:放言
 
 『好事、魔多し』株価は上がるし、党内に敵なく順風満帆と思われていたのに、昨今の各メディアの世論調査では、内閣支持率は、不支持率が支持率を上回っていることだ。
ここに来て急に人気が落ちたのは,自民党推薦の憲法学者の集団自衛権の憲法違反、安倍親衛隊三人の暴言に端に発し、道徳教育の総本山・文科省の下村大臣の罷免に全力を尽くすべきだと思うのに、放任したことだ。これは断固許せない。民主・共産党は、これを追及しないで、「安保関連法案」を「戦争法案」と国民を煽動したが、的外れもはなはだしい。何故対案を示してじっく本音で現実的に討論をしないのか。権力は腐ると云われていて、謙虚さが不可欠なのに、安倍総理の議会対策は唯我独尊の誹(そし)りを免れない。質問以上に、あのダラダラ答弁するのに聞き飽きた。嫌気さえ感じる。
ただ一つ救われるのは、本来ならば、哲学でいう正・反・合の理論で、自民党の不人気で、野党第一党の民主党の支持率が上がらなければならないのに、依然として一桁に留まっていることだ。岡田さん、枝野さん!国民に迎合することなく国家百年の計をたてるべきではないのかな?。。野党がこんな体たらくでは、政治の活力のために、自民党の中に党内野党が必要なのに「黙して語らず」気骨の無さが夥しい。安倍さん!「政界は一寸先は闇」はご存知か。

  COMMENT(1)
熱い!暑い!
2015/07/10 [Fri]14:44
category:放言
 熱い!暑い!焼け付くような暑さ。今朝、家の周りを10分間散歩したら汗ビッショリ、
その上、日に日に老いを覚え、僅かの散歩に息切れするし腿が痛くなる。
昨日”ヤジウマ根性”さん!おもろいコメント有難う。今後もドシドシ、コメントを待っています。

     シルバー川柳(古希・喜寿・傘寿篇)
△古希近し ラブストリーの 幕開けだ  △古希迎え 社交ダンスで 若返る
△古希迎え リバイバルらぶ 有頂天  △古希過ぎて 故障かくせぬ 蝶つがい
△古希過ぎて 嫉妬もされぬ 朝帰り  △古希も過ぎ 才女と言われ まだ独り
△古希古希と 骨が鳴るなり 高齢者  △古希過ぎて 涸れたおっぱい 湯に浮かぶ
△来て見れば 古希もそんなに 悪くない  △人間を 後期や前期に 仕分けるな
△70歳 オレの村では 青年部  △70台 悪くないなあ 天高し
△喜寿だけど 恩師の前では 女子高生  △喜寿迎え 余生は妻と 成り行きに
△傘寿でも 女でいたい 紅をさす  △八十路でも 女であった 夜道が怖い
    

『新亦楽(えきらく)メモ』より
  COMMENT(1)
無題ー徒然な一日。
2015/07/08 [Wed]11:59
category:放言
 昨日7月7日、(たなばたの日)Mさんに誘われて、小倉リーガーホテルで開かれた『日本の歴史に学ぶ会北九州主催第17回セミナー
テーマ;『日本の過去と未来』   講師 西川京子
に行って驚いたことは、過去華々しい経歴があったものの、現在無冠の西川京子氏の講演に大広間の会場が超満員であったことだ。老人特有の難聴で所々しか聞こえなかったが、要は清少納言や紫式部に見られるように文化の香り高く世界に冠たる識字率、質素で礼儀正しく明治時代来日した外人が異口同音に褒めた日本が、今日のように道徳が乱れた状態になった原因は、自虐史観の教育とアメリカに押し付けられた憲法と家族制度の破戒だと解断言していた.。私も全く同感であった。
 思えば、平成17年、西川京子は、小泉内閣の郵政改革に反対した自見庄三郎の刺客として熊本から移籍し当選。厚労省、文科省の政務・副大臣を遍歴したが、一方、落選した自見は参議院議員として返り咲き民主党内閣で二期大臣を務め、国民新党の代表になったものの情勢判断ミスからか?世間から忘れされようとしている。

”禍福はあざなえる縄の如し”

「栄枯盛衰」世の無情を感じるのは私だけだろうか。

我が世を謳歌していた安倍内閣の支持率が激減しているが、私は世論の意見と異なり、文科省のウソつき下村大臣を罷免しないことが原因だと思っている、
昨日、親しき友人Oさんから興膳克彦『安川電機創立百周年記念小説』「至誠天に通ずー安川第五郎の生きかたー」 「明専の三上人」

[?続きを読む?]
  COMMENT(2)
拉致の早期解決に決断を。
2015/07/04 [Sat]11:16
category:放言
 今日4日は、拉致問題再調査報告の日であるが、またも、北朝鮮は「包括的調査を誠実に行っているが、今しばらく時間がかかる」と報告延期の申し出があったが、安倍総理は、岸田外相、山谷拉致問題担当相に北朝鮮への働き掛けを強化するように指示しが、拉致家族の心中を察すると生ぬるい。そもそも、再調査を約束しただけで制裁を緩めた。自民党は今回の延期にx制裁の再発動や強化を求めたたが、政府特にヘナチョコ腰抜け外務官僚は、「制裁強化は対話の扉を閉じてしまう可能性がある」と反対した模様である。
安倍総理は第二次安倍内閣 誕生にあたって何と言ったか。
昨日の国会討論を聞いていても、野党は百田発言を蜂の巣をつついたような騒ぎをし、安保法制に血道をあげても、拉致問題の報告には、お座なりな質問にすぎなかった。
アメリカ、ドイツ、フランスだったら特殊部隊を使ってでも救出しただろう。
食糧危機をはじめとする経済危機を考えると、現状では単なる時間稼ぎに終わるだろう。恐らく解決は不可能と思われる。

過去、北朝鮮は八人の拉致被害者の消息は、死亡とその墓はダム決壊や大水害で流されたとのウソの報告を言い続けてきた。
今日の午後、黒崎ひびしんホール『かがやきコンサート』¥500があり、二弦の帯金真理子さんが出演するので家内と行く予定。
  COMMENT(0)
ネットの楽しさ
2015/07/02 [Thu]11:55
category:放言
 去る24日、不世出の名歌手・美空ひばりの命日に当たり、美空ひばり『歌は我が命』 「熱唱30曲」をインターネットで聴いた。
彼女の音階は、7とも8ともいわれ幅広く,裏声に見られるような音質の豊かさだ。名曲「悲しい酒」で涙を流したかと思えば、「柔」でたくましさを表現する。聴衆を感動させる情感も持っている。
30曲のなかで感動したのは、軍歌3曲の『戦友』だった。聴きながら自然に涙が溢れ出した。
自分の持ち歌はともかく古い歌から他の人の歌まで、民謡からシャンソンまで歌うとは、記憶力の良さに驚かされる。

 インターネットでは、童謡からクラシックまで、鬼籍に入った美空ひばり、東海林太郎、藤山一郎、霧島一郎、越路吹雪etc
までリアルタイムで生々しく聴くことがができる。また最近亡くなった米朝さんの落語も楽しめる。
6月30日、NHK歌謡コンサートで歌って痺れたソプラノ歌手・鈴木慶江さんの「夏は来ぬ」「浜辺の歌」も再度聞ける。ヴァイオリンの千住真理子さんの”赤とんぼ””椰子の実””浜辺の歌””夕焼け小焼け”のソロ演奏も聴くことができる。
一時重病だった芹洋子さんの”四季の歌” ”坊がつる賛歌”に心が躍る。
漫才・漫談にアクセスすると死んだ横山ヤスシや現役で超人気の綾小路きみまろさんもでて笑わしてくれる。印税の終わった本もよめるし、囲碁や将棋をすることができる。こんな便利な文明の利器を使わない手はない。その上ボケ防止に役立つ。
10日前だったか、笑えぬ喜劇は、多くの高齢者が、ポルノに検索して法外な請求に驚き、各地の生活保護センターに泣きついていると報道されていた

  COMMENT(0)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ