プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
魅力ない岡田執行部。
2015/01/31 [Sat]12:07
category:放言
 民主党代表選挙に、岡田克也、細野豪志、長妻昭の三氏が立候補してご存知のように、決選投票の結果岡田氏が代表にになった。今度ほど無気力で盛り上がらない代表選は初めてだった。
岡田代表は、安倍第二次内閣でライバルの石破茂氏を内閣に起用したように、対立候補の細野、長妻両氏を副代表、政調会長に起用した。
週刊誌によると、岡田は”割り勘と臆病と石部金吉”と評していたが、飲み会でも金一封を出すことはほとんどないし、食事会でもコンビニ弁当だという。合理主義も見事だが、”水清くして魚すまず”の例えのように清濁併せ呑む雅量がなければ指導者として不適格者と思う。さりとて一時の小沢一郎のようなカリスマ性もない。恐らく石橋叩いても渡らないのではないか。また週刊誌は、細野は八方美人で確たる信念もポリシーもなく、長妻は厚労相時代、権力をかさにきて、官僚を押さえつけ威張り散らかし、堪りかねた官僚が、官房長官に大臣の更迭を願ったとの逸話があるという。
安倍内閣に綻びが出掛かりチャンス到来だが・・・。いずれにしても、この岡田執行部では魅力がなくデクの棒で、政権はおろか衰退するだろう。
先日の長妻氏と安倍総理との質疑応答を聞いててもそう思った。

 今朝9時からNHKで話題のトマ・ピケティ氏の『21世紀の資本』の分かりやすい解説が座談会形式であった。頭の固いわたしでもよく理解できた。

来週、大々的に教育問題を書く予定。
  COMMENT(5)
北九州市長選雑感。
2015/01/30 [Fri]17:08
category:放言
 年末から体の調子が悪く、選挙期間中入院していた。その間、選挙情報の神様の原田進さんがコメントを頂くものと思っていたが、残念ながら入っていなかった。
共産党を除く各政党や大企業の推薦を受けているので当然だが、
北橋健二さんの三選・大勝おめでとうございます
公約の実現を力強く宣言されていましたが期待します。


  昨年末の総選挙で三倍に躍進して意気軒昂の共産党が、政党はもとより企業団体の"檄”も推薦もない三原朝利さんに負けたとは、「驚、き桃の木、山椒の木」だった。
 三原朝利さんの健闘を称えるべきだと思うし、彼の出馬は、”船頭多くして山に登る”の喩えのように、のんびりムードの北橋さんの陣営に緊張感をもたらし、大勝の勝因になったと思う。またその向う見ずな蛮勇と行動力と勇気に絶賛のエールを送る。今後の活躍を祈る。
 ただ残念なのは、総選挙の直後とはいえ、投票率が猛烈に低かったことだ。
  COMMENT(0)
衝撃的大事件
2015/01/29 [Thu]10:40
category:放言
 政府が、後藤健二さん救出に全力を尽くしているのに、水をさすようで気が引けるが、もちろん人命尊重は重大だが、私は名古屋大学の女子学生の「殺してみたかった」という単純な理由で、過去例を見ない斧という残虐な、老婦人殺害に重大な衝撃をうけた。
名古屋大学といえば、旧帝国大学(北から北大、東北大、東大、名大、京大、阪大、九大)の一つで名門大学である。
私は大局的観点からいうと、大げさだが歴史的事件だと思う。何となれば、天下の最高学府に学ぶ女子学生が、上記の簡単な理由で尊い命を奪うとは言語道断を通り越して唖然となった。
その上 本人の自供によると、高校時代にも、同級生の男子に毒を飲ませ未だ後遺症に苦しんでいるというではないか。
京都の青酸カリ殺人の筧千佐子容疑者も、福岡県で屈指の名門進学高校の出身者であった。
子が親を、親が乳飲み子を、友達をいじめで自殺に追い込み、恋人をチョットした諍いで殺し、何と殺伐の世の中になったものか。戦前は貧しかったし教育水準も低かったが、こんな無残な事件は殆ど起こらなかった。
学校教育とは、知識、知恵、教養、人格とは何か。教育の本質が問われる。
20数年間、塾をした関係した経験で言うと、親の願いは、少しでも良い高校や大学に進学させ、できたら医者に、一流企業や公務員に就職させたいのである。
 昨日も述べたように、悲しいかな、欧米の物質文明に毒され、武士道の精神を放棄し、究極はカネ・かね・金なのである
  COMMENT(0)
イスラム国に想う。
2015/01/28 [Wed]10:18
category:放言
 イスラム国による誘拐殺人事件で、政界・メディアを始め上や下にと大騒ぎをしている。
よくよく考えてみると、北朝鮮による拉致問題、子が親を殺し親が乳飲み子を虐待死させ、昨日は女子大生が、殺してみたかったとの理由で知人の老婦人をナタで殺害事件が起こった。
ただイスラム国の事件の恐ろしいことは、これが成功すれば、海外で働く日本人や旅行者に、第二、第三の事件が起こることだ。
ずぶの素人の私が感じるところでは、国内もさることながら国際的の貧富の拡大が、宗教の旗の下に結集し武力行使して、不満やストレスを発散しているのが、イスラム国でありアルカイダのような気がしてならない。
ある有名な学者は『文明の衝突』と位置ずけたが、私は、欧米の文明社会への貧困社会の挑戦ではないだろうか?不可能かもしれないが、格差社会が少しでも解消しない限、りこのような事件は続くだろう。
目を転じて国内をみると、アベノミクスは拝金主義で物質文化の謳歌である。もちろん経済の安定と豊富は当然だが、明治維新後、『和魂洋才』といわれたように、武士道の精神の上に、欧米の文化を取り入れるところ、安倍総理は『洋魂洋才』でアメリカのプラグマチィズム(拝金・物質文明)の信奉者のような気がしてならない。何故お金も大切だが、それよりももっとモット大切なものは『私たち心だ』と宣言しないのか。
総理就任を心から祝い期待したのに、騎虎の勢はどこへやら、最近では己の延命だけに終始しているように思うのは私だけでしょうか。

順次、民主党代表選挙、北九州市長選挙の雑感を書く予定。
摩訶不思議なことは、入院中2日間アクセスが100を越したことだ。
  COMMENT(3)
無事、退院。
2015/01/27 [Tue]16:13
category:放言
入院したのは。
CRP定量  正常値  0,00~0,3に対し渡しは、1月.8日 12,90 薬を飲んで一週間後も数値が変わらず、あわてた主治医、のF先生は即入院の宣告し止む無く入院。
インターネットで調べてみると、その数値が高いのは、体内のどこかに炎症があるからだと・・・。その炎症は、瑕疵(傷)か、腫瘍か、ガンの恐れとのことであった。
入院後、数値は次第に下がったものの5,85と高数値。それを調べるべくエコー、MRで内臓全体を調べた後、胃カメラ、直腸内視鏡と、至れり尽くせりの検査。
その結果、前立腺の肥大と膀胱に怪しげな影があり、腸にポリープが2個あり、1個は削除。組織を切り取って産業医大に送り良性か悪性化を調べてもらう。その結果は10日後、膀胱については専門医に紹介するとのこと。
85歳までも生きていることだし、死ぬのは怖くない。怖いのは管を通され苦しんで死ぬことだ。主治医に尊厳死や自然死を願っている。
入院中、5冊本を持ってン行ったが、新聞、週刊誌の関係で結局、瀬戸内寂聴の『烈しい生と美しい死を』を読み上げただけであった。
作家・曾野綾子女史は、産経新聞。「小さな親切、大きななお世話」の中で”高齢者の病気のよさは「治らない」ということだ。だから薬の病院に通う必要もなくすぐ死ぬこともない。”
 
入院中、イスラム国の日本人誘拐殺人事件があった。これに関する私見は明日述べる予定。
  COMMENT(2)
休みのお知らせ。
2015/01/18 [Sun]16:21
category:放言
明日から検査入院をするため、一週間程度ブログを休みます。 あしからず。

体内の炎症の場所及び性質検査のため。
  COMMENT(0)
北九州市長選。
2015/01/17 [Sat]08:52
category:放言
昨日(16日)、産経新聞に載った『北九州市長選』に関する記事を私見を交えず原文のママ転載する。次の通り。
大見出し「単独のはずが・・・」自民党員渦巻く不満 
 各党”相乗り”現職優位に
本文  北九州市長選挙は25日投開票に向け、3候補が舌戦を繰り広げている。中でも3選を目指す現職の北橋健治氏(61)=自民推薦=は、民主党系市議会会派や労働組合からも支援を集め、戦いを優位に進めている。ただ、自民党員の間には、「自民党単独推薦」を受けたはずの北橋氏が、実際は相乗りの選挙戦を展開していることに、不満がくすぶっている。
「国とのパイプを強固にするために(自民党の単独推薦を受けること)決断した。これからも会派を超え、市民党として頑張ることは当然で、どうか皆様方のお力をお借りしたい」
(略)北橋氏の言葉を裏付けるように、壇上には自民党の松山政司県連会長(参議員)と民主党の野田国義県連副会長(参議員)が隣り合って座っていた。加えて公明党市議や連合福岡幹部ら保革を超えたメンバーが、壇上から激励のあいさつをした。。松山氏は終了後、産経新聞の取材にこう漏らした。「こういう出陣式は経験がない。自民党単独推薦のはずなんだけどね・・・」
「自民党単独」という条件で推薦を認めた麻生太郎副総理兼財務相は、相乗りの構図への不満を周囲に語っているという。麻生氏は、北橋氏の出陣式には欠席した。
(略)一方、衆議員秘書の三原朝利氏(37)は、出陣式で「健全なる保守という信念を胸に、郷土愛を見つめ直す」と語り、応援する西川京子前衆議員は、「北橋氏のどこが『単独候補』なのか、自民党をバカにするのもいい加減にしてほしい」と憤る。
私見では、佐賀県知事選挙での自民党の敗北の影響は?
  COMMENT(0)
”あれから60年”
2015/01/16 [Fri]15:12
category:放言
パロディ、綾小路きみまろ『あれから40年』に、あやかって。
    『あれから60年』 
  ○元気溌剌、ジョキングしていた、あれから60年、今じゃ杖に車椅子。
 ○ むかし黒々の髪、あれから60年、今じゃ鬘(かつら)で外出。
○ ”おーい”と呼べばあなた”の頃から60年”、おーい”と呼べば”なんば用事ね”
○ 夫婦喧嘩は一晩寝れば仲直り、あれから60年、喧嘩すれば無言の行。
 ○むかし一緒に寝た仲が、あれから60年、今じゃ部屋がべつべつ。
○ むかし青雲の志(こころざ)、あれから60年、今じゃポックリを願う

○むかしエッチ、あれから60年、共に筋萎縮症。

付け加えたいことがあれば,コメントにご投稿ください。お待ちしています。(私は85歳)
19日から一週間、留守しますのでブログは休みます。 
  COMMENT(1)
拉致問題と橋下市長の横暴。
2015/01/14 [Wed]11:01
category:放言
大阪都構想 協定書決定?
大阪府・大阪市2月議会で可決?か。 5月17日、住民投票実施
昨年10月に府市議会で、自民、民主、共産、公明の、「住民サービスの低下は火を見るより明らかだ」と否決され、微修正のうえ再度提案、公明党の寝返りで可決が予想されるという。
問題は橋下徹市長が、住民投票で否決されたら”政治家を辞める”と啖呵というか捨て台詞を吐いたことである。
これは住民への脅しではないか。傲慢さにも程がある。
「たかじんのそこまで言って委員会」では、”歯に衣を着せぬ”本音で語り人気を呼び、府知事選では圧勝し知事になるや、府行政に英断を下し多くの国民を熱狂させた。次第にあがる人気に溺れ、謙虚ならば、「稔るほど頭を下げる稲穂かな」となるところ天狗になって、教育委員会法では、教育に行政は介入できないのに、大阪桜ヶ丘高校事件では禁断の実を食ってしまった。彼は教育の荒廃の火種をつくったと言っても過言ではない。
  拉致家族の悲願
 北朝鮮に拉致されて37年。横田めぐみさんの父・滋さんは82歳、母・早紀江さんは78歳。
この両親はじめ拉致家族の苦しみ察するに余りあり。この間、政府は小泉総理が訪朝して数人を連れ帰っただけ。
歴代内閣は無為無策、何一つ、死に物狂いで解決しようとしたのか疑わしい。
昨日、拉致家族代表・飯塚繁雄さんに、山谷担当相は解決方針・対応は未定と述べたそうだが、彼女では埒(らち)が明かない。安倍総理が先頭にたって陣頭指揮すべきだが、彼の頭の中は、アベノミクスス即ち金・かね・カネで一杯で、拉致問題解決に真剣に取り組むように見えないのは、私の僻(ひが)みだろうか。

  COMMENT(2)
安倍総理、即時退陣せよ!
2015/01/13 [Tue]10:17
category:放言
昨日、約半年振りにアクセスが100を突破した。正確にいうと、今朝12j1時まで139のアクセスになる。
滋賀、沖縄に次ぎ自民党王国、佐賀県でも知事選で敗北した。
3日前、体の調子が悪くマッサージに行ったが、マッサージ士の田中さんは、幼いときからお金の苦労をしたことのなく世襲3世の安倍総理や麻生副総理には、庶民の苦悩なんか分かっちゃいない。
自民党には入れたくなかったが、さりとて野党もだらしなく、止むやむを得ず自民党に投票したが、真に庶民を代表する政党や政治家がでたら必死で応援すると云っていたが、私も全く同感である。
安倍総理!奢(おご)る勿れ!!
総選挙で大勝以来、総理は逆上(のぼ)せているように、私の目に映ってしかたがない。それに鉄ついを下した表れが、今回の佐賀県知事の選挙の結果だ。
先に何度でも述べたように、最近の世相の荒廃は、アメリカのプラグマチィズム即ち物質文明・金銭謳歌の影響だ。
今こそ、物や金以上に大切なモノがあることを、総理が、先頭に立って実践垂範すべき秋(とき)だ。
「昭和維新の歌」にあるように、”ああ人栄え国亡ぶ”にならないよう官民あわせて注意すべきではないか。
総裁選や総理就任の騎虎の勢、即ち戦後レジュウムの改革や靖国参拝はどこえやら、すっかり陰を潜めr国家百年の大計どころか、最近は自己の保身に汲々としか見えない。
最近の官邸すじの情報としては、今年戦後70年の政府公式発表は、かねてから問題になっていた村山談話や河野談話を踏襲すると云う。腰抜けになったものだ。
即時、安倍内閣の退陣を要求する。

  COMMENT(1)
「物質文明」への挑戦
2015/01/11 [Sun]16:41
category:放言
 学者や文化人誰もが述べないけれ、ど私の直感ではイスラム国は欧米の物質文明への挑戦ではないだろううか。
日本でも戦前は貧しかったけれども、親を殺したり、赤ん坊を殺す親など皆無に等しかった。
終戦直後は食べるコメもなく、戦争で焼け残った家では着物を持って農家に行き食べ物と物々交換をして辛うじて生きてきた。昭和40年ごろまでは欧米に追いつき追い越せとばかりに我武者羅に働いてきた
50年には追いつき追い越し、アメリカに次ぎ世界第二の富裕国(現在第三位)になった。
、豊かなるに比例して心は荒み、昔は想像できなかった凶悪犯罪やオレオレ詐欺や少しいじめにあって自殺する柔な子、価値観の変動から出生率の低下etcが続発した。
悲しいことに、安倍総理始め与党はアベノミクスの成果を謳歌し、野党も追随し、誰一人として物質文明の弊害を追求し、精神の高揚即ち道徳の重要性を声高らか訴える政治家も文化人もいない。
左右にとらわれず、常識的かつ良心的な雑誌と定評のある『文芸春秋』でさえも、「素晴らしき高度成長時代」の特集を組み、物質文明を謳歌し、精神復興の重要性を一片も述べていない。
ただ1人、脚本家・倉本聡の”北の国から見た欲望まみれの日本人”が私の心を動かした。
歴史を少し勉強した方はご存知のように、世界を制覇し栄耀栄華を誇ったローマ帝国が衰退し滅びた原因は道徳の頽廃であった。
  COMMENT(1)
僧侶、医師、警官、教師。
2015/01/09 [Fri]20:18
category:放言
このほど千葉県市原市の飲食店で働く36歳の熟女が、同県いすみ市にある天台宗寺院の75歳になる老住職を、甘言好餌をもって誘い出し、強引なセックスにおよんだとして、千葉地裁において、比叡山の天台宗総本山に対し、慰謝料350万円の支払いを求める損害賠償請求の訴えをおこした。熟女の訴えによると、彼女が二年二ヵ月前、老住職を訪ね、結婚運について相談したところ、「アンタの肉体には悪霊が宿っている。ワシがおハラいしてやる」といって、千葉市内のホテルに連れ込み、「カラダの関係を持てば、しぜんと悪霊がワシに移って、我が精力で退治できる」といって、セックスした。その後、約一年間、老住職は「アンタは業ぶかく、まだ悪霊が残っている」と言い張って、セックスを数回、続けたが、結婚運に恵まれないばかりか、熟女は逆に湿疹症に悩まされている、というのである。

天台宗の和尚にからむセックスがらみの訴訟は、もう一件ある。岡山市に住む30歳代の熟女が、やはり同じころ、岡山県美咲町にある天台宗寺院の中老住職をを相手取って、岡山地裁で、慰謝料支払いをふくむ損害賠償の訴えをおこした。この熟女はフトしたことから、三年ほど前から中老住職と不倫関係におちったが、彼に妻子がいることが分かり、彼女から別れ話を切り出した。しかし、中老住職はこれに応ぜず、セックスの際に撮った熟女の全裸写真を、電子メールで公開し「やっぱりカラダの関係を続けている方がよい」と、ヤンワリ脅し続けたという。熟女は既に何回も、この問題を法廷に持ち出し、昨年春には岡山簡裁が、中老住職に対し、罰金80万円の支払い命令を言い渡している。

池袋の宮城宅矢さん。コメントありがとうございました。産経新聞の談話室にも投稿しました。急変し今日は天から地に下り驚きのことと思います。上記は2008年に、R・Hさんから送られたもので、温泉での破目をはずすスケベーは、坊主(牧師)、医師、警官、教師といわれてきたが、それもそのはず、地域社会で立場上、抑圧された反動だろう。スケベーでない男はいないし、商人や中小企業の経営者も輪をかけてスケベーだがさっぱりしているとは、温泉の仲居さんやホステスの話。
  COMMENT(1)
心のルネッサンス。
2015/01/08 [Thu]12:36
category:放言
 夜中目が覚めたら、糸島の高校生の祖母殺人という痛ましい事件を思い出して不憫で眠れなかった。
子どもの夜泣きに腹を立てて殺す親、親の忠告に切れる子、いじめにあって直ぐ自殺する児童生徒、子どもを生まない若人、世はまさに世紀末の様相を呈している。
戦前は貧しかったかったが、親や子どもを殺すバカ者はいなかったし、いじめにあったぐらいで自殺するか弱い子どももいなかった。懐が豊かになるに比例して、心は荒み我慢や辛抱が出来なくなってきたのではないか。
世はまさに安倍総理を先頭に政治家、財界、文化人、ジャーナリストが ”一犬吠えれば万犬吠ゆ”の例えどおり猫も杓子もアベノミクスの大合唱。一言で云うなら金・かね・カネと叫んでいるように聞こえてくる。カネの亡者。物質文明の弊害ではなかろうか。
もちろん「恒産なければ恒心なし」の諺があるように経済の安定は必要だが、一人ぐらい、アメリカのプラグマティズム(実用主義・物質万能主義)を脱却し、精神のルネッサンス即ち精神復興を叫ぶ政治家はいないのか。慨嘆に耐えない。
昨日の民主党代表選挙を聞いていても、「負け犬の遠吠え」のように聞こえてならない。アベノミクスに正面から立ち向かうには、精神復興しかないと私は思う。
飛躍するようだが、諸悪の根源の一つは憲法だが、もう一つは忍耐力の欠如ではないか。
熱はなく血圧も正常だし、寝ても寝ても眠たいし、腹に力が入らない。元気を出したいと思っているが、好きな酒が美味しくない。新聞の訃報欄は、私の年代の方が次ぎから次に鬼籍に旅立っていると報じている。
オギャーと生から死への道を歩むといわれ、仏教でいう生老病死は、生きとし生ける人間の宿命であり煩悩である
仏教に、定命(じょうみょう)という言葉あり。
  COMMENT(2)
2015/01/05 [Mon]13:14
category:放言
 爆笑2時間半ー漫談家・綾小路きみまろ、涙と笑いの苦節60年。
 下積みの時代、クラブやキャバレーで司会した歌手大集合同窓会の様相をしめしていた。
出席していた 大物歌手も司会をしていたきみまろを覚えていなかった。ただ犬童よしみは彼に励まされて今日があると言っていた。驚いたのは演歌の大御所で美人の伍代夏子とドサ周りをしていたことだ。彼が陽の目をみたきっかけは努力もさることながら、発想だ。テレビを見た方はご存知の通り、漫談を吹きこんだテープを2000本か3000本貸し切りバスのウグイス嬢に渡したことだ。
人間不思議なもので、個人的に言われたら腹が立つが「あれから40年」で分かるようように世代全体に非難すると大爆笑なのだ。最後は”あれから40年”の歌と踊りで幕を閉じた。

 2日の民放、3日のNHKの新春大笑い寄席で漫才で大人気の宮川大助・花子が出場していないので、心配してインターネットで検索してみたが、何もかいていない。花子は5年前胃がん、大助は数年前軽い脳梗塞は買いてあっただけ。
”歳よりの冷や水”であってほしい。
  COMMENT(1)
いずこも同じ冬の夕暮れ。
2015/01/04 [Sun]10:32
category:放言
日英両国に老人の”遊びの場”、27人の老人をダマし計・1億円を詐取した金髪カツラ美人は72歳だった
偶然にも時を同じくして、日英両国に、中高年層むけの”遊びの場”が生まれ、孤独になりガチな老人たちを喜ばせている。日本側は、京都に復活しようとしている、1950-60年代風の「歌声喫茶」が人気を呼んでいるコトだ。イギリス側は、ランカシャー州都、マンチェスターに、中高年層・専用の”遊園地”が完成し、ココに多数、配置された遊戯具に、老人たちが群れをなして、集っているコトである。
京都新聞によれば、「歌声喫茶」を企画、開店しようとしているのは、京都市中京区の「京都ホテル・オオクラ」。フォークソング歌手の”ばんばひろふみ”さん、小泉陽子さらを招き、約2時間、コーヒーなどを飲みながら、参加者全員で、”古き良き時代の歌”を何曲も合唱する。ホテル側は、3月2日午後2時から、大宴会場で定員250人(参加費・一人3500円)。一回だけの予定だったが、参加希望の中高年層が続出したので、定員を300人に増員。それでも「歌いたい」と言って来る老人が引きも切らないので、もう一回、同日午後4時半から同じ「歌声喫茶」の催しをする。

マンチェスター・イーブニング・ニュースによれば、この古きイギリスの街に出来た、中高年層むけ”遊園地”は、その名も、ズバリOld Peoples Play Area(老人遊園地)。遊戯具としては、マッサージ・マシーン(機械)、ローラー・スケート、草スキー、レッグ・ペダリング(足腰強化器)や、”ギッコン・バッタン”などが、備え付けられている。いくつかの遊戯具は、車イスに乗ったままでも、楽しめるようになっているらしい。お天気の良い日、お爺さんや、お婆さんが、この「老人遊園地」に集まって、ハシャいでいるそうだ。

さて、こちらも、お婆さんの話だが、派手な洋服を着て、厚化粧に、金髪のカツラをかぶって、実際の年齢より、三、四十歳わかく見せて、老いた男性にセックス・サービスし、10都府県で、27人の老人男性から、計1億円以上を詐取した、72歳の”怪女”の辣腕ぶりである。この”怪女”は、前橋市大友町の無職、早川悠基子といい、これら各都府県の結婚相談所などをヘメグり、ココに相談にやって来た60代や70代の”独り身”老人男性に、ハナシを持ちかけ、サービスして、詐欺を繰り返していた。悠基子が、いつも老男性をタラしこむセリフは「不動産を差し押さえられそうだから、チョッとおカネを貸して」などの決まり文句。31日、新潟県でも同じ手口で、老人から103万円を詐取して、ついに警察の御用となった。
以上は、林さんが元気なとき送られてきたもので、京都の筧容疑者事件にソックリだ。
 東京でも”うたごえ喫茶”ならぬ”懐メロ喫茶・懐メロカラオケバー”が人気を集めているという。
 老人は、オレオレ詐欺の被害者みても分かるように、カネをもっている。
  COMMENT(2)
寄席と読書の寝正月。
2015/01/03 [Sat]12:05
category:放言
  田中安子さん、やじうま根性さんの励ましのコメントありがとう。
元気を出そうとしてもお腹に力が入りないし、酒も飲みたくない。
『生老病死』は人間の性(さが)とはいうものの歳は取りたくないものである。男性の機能がなくなるのは当然としても、悲しいことに色気すらなくなる。。
 古歌に”正月は墓場への一里塚、嬉しくもあり、悲しくもあり”
60歳以上の誰もが、ボケて寝て切りで体中に管や注射針を通され、苦しい思いをしてまで、長生きしたくないとほとんど人言っているし、ぽっくり寺や地蔵が大繁盛しているのに、自然死や尊厳死の法案を提出しないのは、どういう訳かとの声は巷に満ち満ちている。その上、財政にも大きく寄与する一挙両得ではないか。
昨日も今日も午前中は読書か、ブログを書き、午後は、昨日は民放で、今日はNHKで漫才・落語の寄席ものを楽しんだ。

 瀬戸内寂聴が山田詠美との対談の中で、山田書いた『学問』を文学史に残る名著だと絶賛したので早速、図書館から借りて、昨晩読み終わった。題名が題名だけに至極硬い本だと期待したのに驚いた。小学2年の女の子がオナニーを覚え、男女4人の子どもが性に目覚める過程をつぶさに、これでもか、これでもかと執拗描いたものだ。
雑誌で、山田詠美の黒人とのセックス描写の小説を読んで嫌気がさした上、文体も私の性(しょう)に合わないので、食わず嫌いで読む気がしなかった。
明日からは、内館牧子の源氏物語異聞『十二単衣を着た魔女』を読む予定。





  COMMENT(1)
2015/01/01 [Thu]13:18
category:放言
あけましておめでとうございます。
   雪が舞う寒い新年です。
   好きな酒も飲めなくなりました。
   遠からずお迎えが来るのではと思います。
   思う存分良く働きよく遊び心残りはありません。
   頭と指が働くかぎり精一杯ブログを書きつずけるつもりです。  
   旧に倍してアクセス頂きますよう伏してお願いいたします。
       平成27年元旦
           生前告別式拝
  COMMENT(4)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ