プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
幽霊がでた。
2014/11/30 [Sun]08:48
category:放言
 尖閣列島漁船衝突事件を、中国におもねって隠蔽し、福島原発事故の処理を誤まるどころか混乱に導き、福島第一原発元所長故吉田昌郎氏から「馬鹿野郎」呼ばりされ、民主党を大敗させただけでなく、本人も東京18区で相手候補に1万票以上の差で破れ辛うじて比例区で復活当選した菅直人が、25日都内のホテルで政治資金パーティを開いた。その名も笑わせることに、『菅直人の復活に期待する会』である。この手のパーティは取材自由なのに、非公開であった。逆説的にいえば、 自民党大勝利の恩人ではあるが、私には、菅直人の再起は、幽霊が出てきたような感じがしてならない。
その会場に法政大学教授(元北海道大学教授)・山口二郎、ら民主党応援団が入り、驚くことに、先日不出馬を表明した仙谷由人やテレビでおなじみの朝日新聞編集委員・星浩も入ったと、あるメディアが報じていた。願わくば、政治に刺激をあたえ活性化のために野党が130~150議席をとってほしい。

 昨日、黒崎ひびしんホールで八幡南高校吹奏楽部のOB・OG吹奏楽団第一回演奏会にに家内といった。月に僅か1.、2回の練習で見事な演奏で爽やかだったし気持ちも良かった。
隣の大ホールでは、三原朝彦大決起集会があっていた超満員だった。
帰りになじみの店で食事したが、町中、京都の筧千佐子容疑者の話でもちきりで、彼女は穴生に住んでいたとのこと。悪事千里を走る
  COMMENT(1)
選挙と水素水及び高倉健・筧千佐子。
2014/11/29 [Sat]09:38
category:放言
 来る総選挙は、世論調査を見るまでもなく、自公の圧勝は間違いない。それは野党に、カリスマ性のあった小沢一郎も没落するし、一時超人気の橋下徹も衰退するし、第三極の花・渡辺喜美は沈没し,指導力のある指導者がいない上、各党ばらばら。石原慎太郎、平沼赳夫の体制内政党に期待したいが、石原はご老体。期待は辛うじて田母神俊夫か?気になるのは、過去自民党内は、反主流派がいてお互い切磋琢磨、研を競っていたが、今や安倍・麻生の独走体制。歴史をみても、権力は必ず腐る。安倍・麻生のためにも長期政権を維持ためにも、反対勢力は絶対不可欠ではないか。
 沖縄基地反対、原発再稼動反対運動の陰に共産党がいるが、テレビ討論を聴いてても独占資本反対一本やり、柔軟性がない。下部党員が頑張っているが票が伸びず、革新勢力が強かった福岡県で共産党県議ゼロ、社民は気息奄々(きそくえんえん)

福岡第九区、十区の選挙情勢を知りたい関係者は、情報通の原田進氏のコメント参照されたい。
 

昨日、高倉健の最後のロケ地長崎平戸で追悼式で市長が追悼述べ、日本中が高倉健一色だったが、出身高の名門東筑高校は、方や京都の筧千佐子容疑者の出身校で成績はトップクラスとのこと。頭が良いだけに知能犯。学校も同窓生もこの事件でてんやわんやの困惑状態。
高倉健は仲間市から八幡香月の池田小学校五年のとき転校してきた。当時池田小は小さい学校で一学年一クラスで、家内と机を並べて勉強していたそうである。家内や友達が腹立てるのは週刊誌やテレビが美談ばかり取り上げるが、クラス会の葉書を出しても返事も寄越さないし、電話をかけても居留守をつかうと同級生の中で評判が悪いそうだ。
家内はメディアが中間のことばかりを取り上げるとカンカン。

昨日、前回水素水の効用を書いたが、詳しい説明会があった。
私は半年前から友人のMさんから雨の日も風の日も毎日、大ボトルを一本か二本届けて下さるから家中みんな飲んでいる。これを飲んだら水道水は飲まれない。人間の病気の原因の多くは、活性酸素それを退治するのが水素とのこと。
この水素水を飲みだしてトイレが近くなったと尋ねたら新陳代謝が活発になったからとのこと。 水素水のことに関しては、アイム興産(℡093-621-6385)寺田まで
  COMMENT(1)
シルバー川柳
2014/11/27 [Thu]10:35
category:放言
 コレは同級生で東大を出て、建設省を定年退職し平成22年1月、改定しK君が編集した『亦楽(エキラク)メモ』より 
 「なってみりゃ あの年寄りは 偉かった」  「昔とは 父母もいませし 頃をいう」
「昔酒 今は病院 はしごする」   「ついにきた 俺も 週休七日制」
「あこがれの 自由手にして 知る孤独」   「呼吸して いるかと夜中 起こされる」
使わぬと 退化し使うと 老化する」   「使えます 相手代われば 何時だって」
「若い頃 見ていたポルノ誌 もう効かず」   「体力と 気力落ちても 欲落ちず」
「ケイタイの 機能に知能 追いつかず」   「徘徊と 言われぬように 犬を連れ」 
「徘徊と 噂が立って 散歩やめ」   「養老院 あれが名妓の なれの果て」
「すらすらと 嘘が言えます ボケてない」   「人の名を 思い出せずに アイウエオ」
「ど忘れへ ヒントを探す アカサタナ」   「昼寝して 夜眠れぬと 医者に言い」


高齢で家族に運転を止めさせられ、手足をもぎ取られたような毎日である。不便でしかたがない

図書館はバス通い。バス停から自宅まで1キロたらずが、2.30分それもモタモタ歩き。
歳をとると、背は低くなるし前立腺肥大で2.3時間おきにトイレにいき、遠い姻戚の高僧が色紙に書いてもらった

「今はただ 小便管になりにけり 起つも起たぬも 古(いにしえ)の夢」

を実感している。
友人のR・Kこと林理介さんが亡くなってネタに乏しく、ブログを書くも止めようと何度か思ったが、熱心な愛読者もおり、止めたらボケがくるのではないかと、私の健康の源ではと書き続けている。
腰から下は衰えたが、知識欲、食欲、色欲だけは旺盛で、毎晩本を読み、酒とご飯が美味しく、美しい熟、老にかかわらず女性を見ると心がときめく。
僅かばかりの国民年金が減らされいるが、幸せは、息子夫婦と孫の三世帯が、貧しいながら健康に暮らしていることだ。
 選挙情勢については、情報の神様・原田進氏のコメントを参照されたい。
  COMMENT(2)
「総選挙の行方」とその他。
2014/11/26 [Wed]11:08
category:放言
 『比例代表、どの党に投票しますか?』の産経新聞の世論調査に。(%)
自民党 42..0  民主党 12、.7  維新の党 7、.6  公明党 4、.8  次世代の党 0、8  みんなの党 0.9  
共産党 5..4  生活の党 0.8  社民党 2.0  その他の政党 8.9  わからない 14.3
以上の数字みても分かるように、あくの強い小沢一郎のようなリーダーが出ても野党は惨敗だろう況やや今のリーダーに於いてお哉!。。NHKはじめ、各新聞社の世論調査と大同小異、ほぼ変わらないが気になるのは、解散「適切でない」が7割超。
自民党幹部でさえ投票率は55%前後ではと懸念していたが、地方選挙では50%以下もあるが、前回の60%割れが初めてで、全部60%を越していた。前にも述べたように、政治に関心の強い私でさえも今回の選挙の意義と焦点が分からない。(太鼓叩いて笛吹けども)投票率は、恐らく50~55%ではないだろうか。自民党の敵は野党ではなく投票率である。
昨日、公私ともども大恩人のOさんから水素水を作る器械を頂いた。
早速、インターネットで水素水の効用を調べてみると
一,老化を防ぐ 二、血液サラサ 三、ダイエット 四、デトックスといって体内の老廃物の除去 五、美容  六、記憶力のアップ   水素は分子の中で一番小さいので水が浸透しない内臓や皮膚に染みとおる性質がある。

昨日書いた筧千佐子容疑者の件に補足。
今朝の新聞によると、警察も証拠固めに苦労しているようだが、結婚していた4人と交際していた2人が死んだのは厳粛な事実である。女房に死なれて寂しかっただろうが、暴飲も暴淫もせず、真面目に働いて溜めた命の次の金や建物を、美人でもない女性に70台の大の男が6人も、僅か1,2年の付き合いで名義を替えるものだろうか。弁や色気もさることながら、下司(げす)の勘繰りだが、セックス・テクニックに加えモチモノが抜群に良かったのではないか?

妻に先立たれた夫の哀れさが偲ばれる


  COMMENT(3)
総選挙の行方etc
2014/11/26 [Wed]08:59
category:放言

  COMMENT(0)
犯罪の陰に女あり。
2014/11/25 [Tue]09:24
category:放言
 21日(金)の毎日新聞によれば、京都の夫殺人事件の筧(かけい)千佐子容疑者は佐賀県多久市生まれ、父親の転勤で北九州市に転居。東筑高校に進学、卒業後、大手銀行に就職した。
旅行中に知り合った大阪府貝塚市の男性と24歳のとき結婚、2人の子に恵まれた。夫と印刷会社を経営するが、1994年に夫が急死、負債を抱えて2003年に自宅や工場を差し押された。
その後、高齢男性と3度の結婚や交際を繰り返した。結婚、交際した男性のほとんどが死亡している。

以下、独断と偏見でこの事件を推理する。

筧千佐子の出た東筑高校は大学進学率を誇る名門校で、彼女は、中学では偏差値65以上恐らくトップクラスに成績であったと思われる。ほとんどの生徒が大学進学する中、就職したところから性格に偏屈さが背景にあるのではないか。
テレビや新聞で見る限り、そう美人と思われないし、平均寿命が延びたとはいえ、69歳とは女ざかりを過ぎた熟女である。世が世なら老女である。騙されて殺された男性はオンナ遊びもせず、コツコツ真面目に働いて貯めた財産だろう。70歳台は衰えたとはいえ性欲は充分にある。完全に彼女に色仕掛けに迷わされものではないか。彼女は頭が良いだけに、5人の不審死にシッポも出さず、オトコを騙す色気の演技も抜群であったと思われる。町医者に気づかれないように微小な青酸カリを混入し、殺すとはまさに、犯罪の陰にオンナあり。入手先は印刷所を経営した際、少しずつ溜めたのではないだろうか。何れにしても、
「男やもめにウジが湧き、女やもめに花が咲く」とはよくいったものだ。
  COMMENT(2)
機を見るに敏。
2014/11/23 [Sun]16:59
category:放言
いま東大卒95歳の、俳人・金子兜太『私は死ぬ気がしない』-荒々しく、平凡に生きる極意ー斎藤史子著『慈愛の人・和気広虫ー清麻呂を支えた才女ー』を併読している。和気清麻呂は道鏡の皇位即位を防ぐため、宇佐八幡宮の神託を奏上したことで有名。

 『機を見るに敏』
突然の解散で、政界は右往左往、再選を目指して節操を曲げ、離合集散・合従連衡の姿は見苦しい。
何度もこのブログで延べたように、個々には問題ががあっても、自公が勝つことはほぼ間違いない。自公が勝つとというより、野党が自滅するからである。今こそ、世界日報に連載していた『青山昌史の目』が読みたい。
野党第一党n民主党は政権交代の功労者・小沢一郎の復党を拒み続ける原理主義者・岡田克也や枝野幸男、一方で橋下徹と新党を目論む前原元代表と党内は四分五列。
哀れはみんなの党。渡辺元代表の多額の政治資金をめぐって分裂,昇竜の勢いがあった党も消滅の様相。
本音を語ってその上,市職や日教組の粛清に英断を下し、国民に人気を博した橋本徹も、国政か市政かハムレットの心境を、またも任期途中の投げ出しかの批難を恐れて、国政出馬を断念した。それでなくても一時の騎虎の勢は影を潜め支持率は10%以下。
哀れはみんなの党と同様、小沢一郎の生活の党、自分独りだけでよいからと、党員に民主党復党を勧めたたという。
一時は側近に、二階俊英、野田毅、小池百合子、渡部耕三と多士済々であったのが今やたった一人。まさに、「奢る平家は久しからず」哀れ惨憺!!。
85歳人生の先輩として安倍総理に警告。国民は消費者同様浮気者だから、調子にのぼせないように一に謙虚、二に謙虚、三、四がなくて五も謙虚。

  COMMENT(1)
いま何故、総選挙なのか。
2014/11/22 [Sat]16:44
category:放言
 任期を2年残し、自民単独でも295席、自公で326議席。やろうと思えば何でも出来るはずなの、にこの年末の忙しいときに、しかも、財政緊迫の折、700億も使って、何故、選挙をしなければbならないのか合点がいかない。
自民党の幹部でさえ、投票率は前代未聞・未曾有の55%前後になるのではないかと懸念している。
いまの野党の体たらくでは自公の圧勝はほぼ間違いない。
選挙委員会に希望したいのは、立候補者の得票数、投票率に加え、白票数をぜひ発表して頂きたい。
何となれば、投票したい政党も人物はいないが、さりとて棄権もしたくないという政治不信の人が多いのではないか。
安倍、麻生氏ら自民、政府の幹部はジバン、カンバン、カンパンが安定している者は、枕を高く寝られるだろうが、下々の兵卒は、突然の解散で上や下への大慌てだろう。
今回の選挙を識者は、「野党殲滅解散」  [勝てるとき解散」  「今のうち解散」  「勇者が国を思い踏み切った解散」  「迎合・棚上げ解散」  「幸せの黄色い解散」  「女性ではなく自分が輝く解散」  「上から目線で目くらまし解散」  「有権者をだます 朝三暮四解散」と命名した。

一昨日、約1年ぶりアクセスが100の大台に乗った。これは偏(ひとえ)に、原田氏の選挙情報のお陰か?一読されたい。

センバツ21世紀枠の推薦校に、、私の家のまん前で、娘も孫も通い、開校以来奨学会の世話をした県立八幡南高校が、選ばれた。県高野連の宮崎繁樹会長は推薦の理由として。
「公立高校として学業と 部活を両立し、限られた時間内で有効な練習を続け他校の模範となった」と語っていたが、私にいわすれば、名門・東筑・小倉と違って歴史も伝統もない無名の高校が選ばれたことは、私の母校の小倉高校が選ばれるより嬉しい,
校門の前にいて毎日みる生徒の姿は、成績は今一歩だが、素直で礼儀正しく勤めた業でm評判だった。

  COMMENT(1)
高倉健と麻生太郎
2014/11/21 [Fri]10:18
category:放言
 右寄り新聞で知られる産経新聞でさえ高倉健の死を、「日本映画が生んだ最後の大物スターが逝った。寡黙で、折り目正しくく、ストイックで情に厚い・・・。役の上でもプライベートでも、古き良き日本人の体現者だった」と絶賛したし、各地に献花台が設けられその死を悼む声が巷に満ち溢れ、中国外務省報道官は、記者会見で、中国でも人気の彼の訃報に哀悼の意を表した。
政界で安倍総理と並んで最高の実力者・麻生副総理と高倉健との共通点は川筋男であることだ。

 川筋気質(かたぎ)とは、英彦山に端を発し筑豊を流れ玄界灘に注ぐ遠賀川周辺の男意気のことである。
その男意気とは、「人生劇場」の歌にあるように、喧嘩早く涙もろく、義理人情に厚く、高倉健の初期の作品「日本侠客伝」を地にゆくような性格である。
一方、麻生太郎は、小学3年までは飯塚で育ち、かの川筋特有のベランメー調は、初の衆議院選出馬の際、地域の青年と酒を酌み交わすうちに覚えたものと思われる。
しかし、答弁や演説で「酒やご飯をたらふく飲み食いし糖尿病になった治療を、なぜ我々が負担しなければ?」また、「面白く答えますと問題になりますので、つまんなく答えさせていただきます」とか「ロシアも頭のよいやつは背が小さい」とプーチンを褒めた笑い話もあり、当意即妙に「情けは他人(ひと)の為ならず、巡り巡って己が為」
彼の曽祖父・太吉は遠賀郡岡垣村麻生郷の出で、日尾(しゃかのう)炭鉱の再建で財をなし、代議士になりその立場を利用して麻生財閥の基礎を築いたといわれ、吉田茂の政治資金の大スポンサーでその恩義に、三女・和子を多賀吉に嫁がせたといわれている。この多賀吉は「沈黙は金」とばかりに当時にあった立会演説会はすべて県会議員の野見山清蔵がもち議会では一言もしゃべらなかった。ライバルは母の従兄弟で、東大出身、沖縄県知事から鳩山一郎の友愛会の幹事長・渕上房太郎であった。
流石、マンガ太郎といわれるだけあって、誤読は多かったものの話は面白く上手かった。姻戚に元総理に妻の義父鈴木善幸をはじめ、橋本竜太郎、宮沢喜一、岸晋介、鳩山由紀夫と多士済々である。たった一つの私の不信は、赤字だらけにした元北九州市長・末吉興一を日本一の名市長と褒め内閣参与にしたことだ。 (文中敬称略)
  COMMENT(3)
中韓と靖国参拝
2014/11/20 [Thu]16:42
category:放言
中韓米の靖国参拝批判、6割超「納得できない」 内閣支持率50%台回復 【産経FNN合同世論調査】
産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が4、5両日に実施した合同世論調査で、安倍晋三内閣の支持率は52・1%となり、昨年12月14、15両日に行った前回調査に比べて4・7ポイント増え、50%台に回復した。不支持率は32・5%(前回38・7%)だった。
 いつまで安倍首相に続けてほしいかも併せて聞いたところ「次の衆院選まで」が最多の38・4%で、これに「できるだけ長く」(35・6%)が次いだ。「早く辞めてほしい」は11・5%だった。
安倍首相が昨年12月26日、靖国神社に参拝したことについて「評価する」とした回答は38・1%、「評価しない」は53・0%だった。
 評価するとした人の74・0%が「戦争の犠牲者に哀悼の意を示した」ことを理由に挙げた。評価しない人の理由は「外交的配慮に欠ける」が61・9%に達した。
ただ、首相の靖国神社参拝を中国や韓国が非難していることに対しては「納得できない」が67・7%を占め、「納得できる」(23・3%)を大きく上回った。米政府が「失望した」とする声明を出したことにも約6割が「納得できない」と回答した。また、靖国神社とは別に無宗教の国立追悼施設をつくることに否定的な意見が多かった。
 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)移設問題では、同県名護市辺野古(へのこ)に移設する政府方針を53・6%が支持した。
 昨年12月27日に辺野古での埋め立てを承認した仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事の判断を評価したのは56・5%で、評価しない(33・3%)を上回った。
 東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)で選ばれる新しい知事像については「2020年の東京五輪開催に積極的な人」が85・5%に達した。「安倍内閣と方向性が一致する人」も52・5%に上った。
上記の記事はかなり古い。悪しからず。
  COMMENT(1)
高倉健の死で花盛り。
2014/11/19 [Wed]10:00
category:放言
 
今朝のテレビはどのチャンネルを見ても高倉健のことで花盛り。

 21日解散12月14日、投票の政治は影を潜め、、主役を高倉健に乗っ取られた観の様相を示している。
昨日の高倉健の出身高・東筑は、マスコミの取材で付近の道路は車でごったがえし、校長室や事務室は記者に占められ執務に大影響とのこと。美談ばかりではなく、高倉が通った池田小学校は当時八幡の片田舎で、純朴な気風が漂い、年に1、.2ど同窓会を開いていがその都度、彼に手紙を出し電話をかけたけたが、返事すらないとのこと。
「稔るほど頭(こうべ)を下げる稲穂かな」ではなく、「稔るほど頭を上げる稲穂かな」とは影の声。
インターネットを検索すると、絶賛の嵐で特に敬服したのは、結婚、離婚し死亡た江利チエミの命日には必ず墓参をした律儀さである。
ただ一つ不思議なのは、天下の暴力団・田岡組の頭と親交がありながら文化勲章を授与されたことである。友人・日高康さんは白蓮と結婚・離婚で有名になった伊藤傳衛門の曾孫だが、伊藤と高倉との関係?は。

 やっと原田進さんの出番が来たようで、来月の投票日までコメントを書くそうで、北九州の情報通としてその意見は万鈞(ばんきん)に値する。乞うご期待。


2,3日後書く予定の「麻生太郎論」「橋下徹論」のため資料探しと勉強する。
  COMMENT(4)
名優・高倉健の死を悼む。
2014/11/18 [Tue]15:06
category:放言
 北九州市八幡の香月 ・池田小学校が生んだ天下の名優・高倉健が、10日に亡くなり今日のテレビは、その死を悼む追悼番組の様相を呈している。当時池田小は、児童数60人足らずで共に机を並べ家内は折尾高女、彼は東筑中学に進み、離れ離れになったが、家内の話では大人しくこんな天下の名優になろうと想像も付かなかったいう。彼の従兄弟で元県議・日高康氏は、私と親しく、彼プロダクションの社長として彼を支えている。
     謹んでご冥福をいのる。  
 
 昨晩、先に亡くなった青山昌史氏の美貌の妻・由紀子さんから電話があり「青山が死んだ翌日親友が死に、初七日の日に別の親友が亡くなり、人の命の果敢なさと無情を感じます。貴方もお体に気をつけてください」と。

先日、「若松物語」という小冊子をもらったが、それによると、若松は、作家・火野葦平、「石炭の神様」と呼ばれた奉仕の人・佐藤慶太郎、若松から近代日本の礎を築いた安川敬一郎、天下の大親分・吉田磯吉の葬儀には、雪が降っているにも関わらず,約2万人の人が参列し、臨時列車が出た<そうだ。
コムシティの倒産で困っていた私を陽になり陰になり支えてくれたドーワテクノス・会長の小野晃氏のご尊父も若松の出身とのこと。

今晩のNHKの歌謡コンサートは、天下の名作曲家・古賀政男の特集である。楽しみだ。

私の3期先輩の小倉中学32期有志の会でつくる『同期通信』に寄稿した駄文をまとめ、平成15年に『ああ紅の血は燃える』-私の時事放言ーを読んでみたら心身ともに若々しく、文章もしっかりしているのに驚く。逐次このブログで紹介する。

  COMMENT(2)
解散?に想う。
2014/11/15 [Sat]16:53
category:放言
  昨日、書いた『文は人なり」は、数週間前から暖め資料を集めた自信(愚作)である。
週刊誌二誌に載った5人の評論と居つき寛之の『親鸞』を読み、つくずく考え思い出したのは、中学時代歌った三上卓海軍中尉の作詞作曲した『青年日本の歌』別名(昭和維新の歌) の一部を紹介する。
   権門上に奢れども、国を憂う誠な、し
     財閥富みを誇れども、社稷(しゃしょく)を思う心なし。
  ああ人栄え国亡ぶ、盲(めしい)たる民世に踊る、
     治乱興亡夢に似て、世は一局の碁なりけり。
 
 近く安倍総理は解散総選挙をするとのことだが、上は国会議員、下は市町村議員、首長及び一部の特権階級と大企業の経営者とその恩恵にあずかる人を除き国民の大多数は指導的立場の政治家はできもしない美辞麗句を述べず、襟を正し、議員定数及び歳費を削減し不条理な政務調査費を全廃すべきだと思っている。


昔は政治家は井戸塀になるといわれ、有名な女優・細川ちかこを愛人にもつ大日本精糖のオーナー社長・藤山愛一郎は、おだてられて政界に出たもののむしりとられて丸裸になった。情けないことに、いまや地方議員は高給とりのサラリーマン化してしまった。『先憂後楽』身をもって、議員定数・歳費を削減し政務調査費を返上する気骨のある議員はいないのか。
 総選挙は自民党が、多少減っても圧勝するのではないか。なんとなれば野党には、、かっての小沢一郎ようなアクの強いリーダーもいないし、一時人気絶頂の橋下徹も評判を落としつつあり、花があった渡辺」喜美も翳を潜め、硬骨漢で知られる石原慎太郎も引退の模様。然るに野党第一党の民主党には国民を引き付ける人材なし。。
 さりとて安倍総理も就任ときの勢いは影を潜め、「文芸春秋」12月号>によると、アベノミクスは失敗の恐れさえ出てきたという。北朝鮮による拉致被害者の救済もおぼつかない。
 独り気を吐くのは、安倍同様、世襲三世・大財閥で、マンガ太郎こと麻生副総理だ。国会答弁や講演をきいてて面白いが、果たして下々の庶民の苦しみを肌で感じているのか疑わしい。日本の最高の権力者の今日、もうボツボツ漫画を卒業して、先にあげた5人のエッセイを読んだら如何なものか。
  COMMENT(2)
[ 文は人なり」。
2014/11/13 [Thu]15:39
category:放言
<価値観は人それぞれだが、私はもし週刊誌を取ったら、次のコラムが面白いし役立つと思うから推奨する。
著者については、個別に、インターネットやメディアを基本に紹介する。
『週間文春』ー 哲学者・適名収「今週のバカ」 評論家・コメンテーター・ 宮崎哲弥「時々砲弾」  『週刊新潮』ー数学者、文学者・藤原正彦・「管見妄語」ジャーナリスト・櫻井よしこ「日本ルネッサンス」 ジャーナリスト・高山正之「変見自在」
『適菜収』
1975年山梨県に生まれ早稲田大学哲学科卒業、宗教家・美濃部稲造、作家・三島由紀夫に心酔。
著書に、呉智英との共著「愚民文明の暴走」 「バカを治す」 「ゲーテの警告」 「ニーチェの警鐘」その他多数。
内容および文体は硬軟併せもち、ある時は読む人の心を和らげ慰め、ある時は、正義感を目覚めさせ怒りを奮い立たせてくれる。
『藤原正彦』
史上最高で日本人の心をゆすぶっったん200万を越す超ベストセラー『国家の品格』をあらわした。
山岳を主な作家・新田次郎と同じ作家の藤原ていの間に生まれ東大理学部数学科に学び、アメリカミシガン大学研究員として留学。帰国後、御茶ノ水大学教授、現名誉教授。
彼は、道徳教育の導入や遅まきながらの日本歴史の必修化に賛同したものの、小学校からの英語教育には猛反対。
一に国語、二に国語、三、四がなくて五に、算数(数学)といっている。昔から<読み書きそろばん>といったように、渡井は教授の意見に大賛成。
『櫻井よしこ』10月25日、小倉のホテルであっった女史の『国の幾重』の講演に感銘をうけ、その様子をブログに書いた。
かねてより女史を、金美鈴とともに憂国、愛国の烈女と尊敬し、黒々と豊富な髪、若々しい美しい知的な笑顔に惚れ惚れしていた。彼女はベトナム野戦病院で日本人の両親の間で生まれ、ハワイ大学歴史学部を卒業。現在、国家基本問題研究所理事長。オーストラリアの男性と結婚したが3年で離婚。
私が驚くのは、毎週、毎週国内外の情報と私見を格調高く書いていることである。 
『高山正之』 
東京都立大卒業後、産経新聞入社、テヘラン支局長として、イランイラク戦争を現地で取材。アジアハイフェー踏査隊長としてアジア各国を歴訪。帰国後、同新聞の夕刊に「異見自在」を連載、好評を博す。故R・Hこと林理介氏の文章・内容とよく似て柔軟で変幻自在だ。 
『宮崎哲弥』
人気番組「たかじんのそこまで言って委員会」の準レギュラーとして有名で、1962年福岡県久留米の生まれ。小学時代は不登校、中学時代は懐にナイフを持つ名うての不良。久留米工大付属高校を経て早稲田、慶応に学び、右寄りの評論家・西部遇(すすむ)の知遇で評論家になり今日に至る。
  COMMENT(0)
人口減少の恐ろしさ。
2014/11/12 [Wed]19:15
category:放言
技術者出身の経済評論家、大前研一氏、四十四年後の日本は総人口のナカで最多数層は80歳以上の”超老人国家”になり消滅(?)と警告、”産業国家”として生き残る道は、積極的な外国人移民の受け入れ以外、無いと警鐘

 技術者の出身ながら、若松区出身の経済評論家として名高い大前研一氏は、SAPIO最近刊号)に寄稿し、いまのように我が国で”少子高齢化”の傾向が進めば、四十四年後の2055年、日本国の人口中、最多数を占める層は男女とも 80 歳を超える”超老人国家”化し、明治維新以来、続いた”産業国家”日本のイメージは衰滅しているだろう、と警告した。大前氏の“老人国家”化必至説は、各種人口統計、同推計から導き出した同氏の推論で、この”産業国家”消滅から日本を救い、いぜん”産業国家”日本として”生き残る”ためには、近隣諸国から導入する外国人の日本への移民を、積極化させる以外に手がない、とも警鐘を鳴らした。大前氏がこの際、参考として挙げたのは、東南アジアの中心的な”産業都市国家”シンガポールの例で、大前氏は元からの住民(大多数が華人系)による”少子高齢化”の結果、1970年前後には人口300万人台に減ってしまったが、その後、技術者、専門家、熟練工等を外国から高給で優先的に受け入れる等の、斬新(ザンシン)な移民政策を打ち出し、実行したため、人口は400万人台になった、と述べている。大前氏によれば、シンガポールにける女性の特殊出生率(女性一人が一生涯で産む子ども数)は2008年、1・29で、日本、韓国等よりも低いが、新移民政策を取ったため、2010年の一人あたり国民所得は3万7220米ドル(293万円ぐらい)と、されている。(R・H)
  COMMENT(1)
「やじうま根性」さんに応えて。
2014/11/11 [Tue]14:48
category:放言
 「やじうま根性」さんのいうとうり。
年をとると、月日の経つのが早いこと。もうすぐジングルべル、ジングルベルが町中を鳴り響くし、「年の初めのためしとて、終わりなきy世のめでたさよ」の歌が聞こえてくる。
歳はとりたくないものだ。歩くのが遅くなるし、人の名前が、しかも有名人の名前さえ咄嗟に出なくなりアレ、コレの連続だ。
車の運転は止めさせられ、図書館にはバス。時たま、上品で美人の老婦人に出会うと胸がときめき、色気はあるのだが、肝心なモノが不随意筋になり、まさに情けないことに人畜無害になってしまった。
なによりも、かによりも、前立腺肥大で尿漏れをすることが多く、家内や嫁に臭いくさいといわれ外出や講演会etc
にはカミおむつは欠かせない。 
数年前まで高かった中性脂肪や肝機能も正常になり、視力も歳の割りには満点と折り紙がついた。
昨晩、五木寛之の『親鸞』上巻を読み終えた。心が清清(すがすが)しく爽やかになったが、一面、

現代の仏教が葬式仏教に成り下がりカネ儲けになっていることに義憤を感じる。 

 何といっても長生きして寂しく悲しいことは、同年齢及び年下の知人友人がなくなることだ。
  COMMENT(0)
出る杭は打たれる
2014/11/08 [Sat]12:36
category:放言
 『出る杭は打たれる』メディアの資料を基に、私なりの意見を述べてみる。過ちにはご寛容を。
「小淵優子」
 小淵恵三元総理の急逝のあと後援会から、急遽担ぎだされ衆議院議員に当選。
優子は、祖父・光平・代議士、、父・恵三・総理と世襲三代めの代議士。当選早々、同じく世襲三代(太吉・太賀吉、母方の祖父・吉田茂)目の麻生太郎内閣で、内閣府特命担当大臣(男女共同参画・少子化)に抜擢され、メディアはどこに目が付いているのか、末は初の女性総理かともてはやした。
安倍総理も身体検査もせず、経産相に起用したのが運のつき、出るは出るは、遂に大臣を辞めさざるを得なくなった。
後援会の諸氏も一挙に代議士ではなく、かわいい子には旅をさせ、地方議員から勉強させるべきだった。
素人でも分かるように支出が、収入を大きく上回るとは、叩けば埃のの出ない者はいないとはいえ可哀想だが、許されない。
『小沢一郎』
 2,3年前まで、カラスが鳴かない日があっても、小沢一郎の名前が出ない日がなかった。「奢る平家は久しからず」の諺どお、りそれが最近トント名前が出なくなった。古巣の民主党からも、維新の党、みんなの党、次世代の党からも暖かい手はさしのばれず、沖縄県知事選では、哀れ共産、社民が推薦する候補を推薦した。
産経新聞の首都圏500人世論調査では、小沢の生活の党の支持率はほとんどゼロに近い。し、最近金城湯池といわれた岩手県でも彼の推薦候補が負け続けている。不肖、私も知人友人からどんな猛反対があっても狂信的に支持し、一時は彼の資金団体「陸山会」に入会したほどだった。
この衰退の原因は、東日本大震災に即時見舞いに行き復興に力を注ぐべきところ、1年経ってやっと重い腰を上げたこと。第二は、糟糠の妻に三行半をつきつけられたこと。第三は、拉致被害者救済の青いバッチを付けていないこと。
『自見庄三郎』
 小泉純一路の郵政改革に反対し、西川京子という刺客に破れ、辛うじて亀井静香の国民新党比例区で当選しながら、、亀井を裏切り、党の代表になり二期大臣をした。大臣病にとりつかれ宣伝カーには、元郵政大臣と書くほどだった。演説が長く、私が後援会の最高幹部になつたのは、彼の先輩として演説の止め係と応援演説tだった。
今回落選して、自民党に復党願いをだいたようだが、敵対した党の大臣を二期もしたのだから無理だろう。

麻生太郎、、橋下徹についても書きたいが紙面がないので次回。
  COMMENT(3)
美人薄命
2014/11/05 [Wed]17:19
category:放言
 今朝早朝、青山昌史夫人から[ 主人が老人性肺炎で急逝した] との電話に、びっくり仰天飛び起きた。
彼は、岡山一中、ー旧制六高ー東大法学部ー朝日新聞 最初の赴任先が八幡で、旧制小倉中学の同級生で、福高ー九大ー西日本八幡支局に勤めた親友・吉原好明君を、八幡市記者クラブに、東京農大予科をレッドパージで退学になり、職がなく、本の行商し、時間に暇ある私はしょっちゅう遊びにいき碁やマージャン、オイチョカブで遊び、ある時は天下国家を語り、みんなで渡れば怖くないとばかり、酒を飲んでは遊郭のある白川町にしけ込んだものだった。
特に親しくなった青山君に、彼女を世話したが纏まらず、彼は、門司市長の美人秘書と結婚、披露宴に出席した思い出がある。
 彼は四角四面の真面目な男で、西部本社の編集局長から代表に、東京本部代表兼常務に栄進。珊瑚礁詐欺事件では、広報担当取締役としてふかぶか頭を下げる写真が数週間前の週刊誌に載っていた。
また、(世界日報)に寄稿した文章を、几帳面に毎回必ず送られ私は駄文を送ったものだった。流石、政治部長経験者の文章だけあって見事なものであっxたた。
ある時、島倉千代子「人生いろいろ」、天童よしみの「珍島物語」を作詞作曲ンた故中山大三郎を連れてきて、小倉の喫茶店で小倉代表時代の彼の朋友と歌ったことがある。
 
 記者クラブで親しくなった林理介君は名古屋大学出身で朝日では主に、外国特派員が多く度々社長賞をもらっていた。私の父が媒酌人をしたが、実質的は、私が世話をした。
彼は、私のブログの原稿のスポンサーで、退職後も日本記者クラブの会員を続け、世界の新聞やラジオで日刊紙が報道しない記事を私のブログに送ってくれた。しかも、硬軟併せた内容で。
 吉原君とトップを競った辻紀君も福高ー九大で朝日新聞九州総局長からスポーツニンポン社長になった。美人薄命の言葉通り、4人とも惜しまれながら早く死に、一寸先は分からないが、ボンクラで貧乏で
do・sukebe- な私だけが健康だとは、神は何と無慈悲なことよ!。
 正義感の強いこの親友たちは、今回の朝日の売国的報道に草葉の陰で嘆き悲しんでいるだろう。
  COMMENT(1)
13回忌の法事。
2014/11/04 [Tue]16:48
category:放言
 
 文化の日、家内の姉の13回忌の法事が鞍手郡の田舎の佛厳寺であった。
息子3人、娘2人に、孫、曾孫に私ら夫婦に家内の姉,総勢25人が一堂に集まり、和気藹々のうち故人を偲んだ。これも仏様のお陰だ。
遥々東京から3人、佐賀から3人が駆けつけ、一族郎党が久闊(きゅうかつ)を叙し、楽しく思い出を語ることは楽しいものだ。
法事のあと、脇田温泉、楠水閣で懇親会。故人の長女の挨拶の後、私は3分間、故人の思い出を語った。
故人は末の娘が2歳のころ、主人を亡くし女の細腕で造り酒屋を経営し、5人の子どもを育てた。
終戦直後の荒波のなか、孤軍奮闘したが我に利あらず、造り酒屋を手放し、息子2人は酒屋をしていたが、規制改革や、大企業の攻勢の前に涙をのんで廃業。
しかし、5人の兄弟、姉妹が元気に仲良く母親を偲ぶ姿に瞼が熱くなった。思えば、故人の還暦の祝いの2次会で、クラブにいき、歌を歌い長男が優勝、弟が2位、私が3位で賞品をかっぱらった思い出が蘇った。

  COMMENT(0)
山高ければ谷深し。(追加)
2014/11/01 [Sat]13:49
category:放言
昨日,11月1日の報道によれば、日銀は金融政策決定会合を開き、市場への資金供給量を現行の年間60兆~70兆から80兆に拡大する追加金融緩和を5対4の僅少さで、決めた。
こんな重大な問題を僅かの差できめるとは、菅官房長官も麻生副総理兼財務大臣も甘利経済財政担当大臣も、来年10月の消費税の値上げに関係ないと延べているが、私は安倍総理に迎合した臭いがプンプンである。
なんとなれ、ば安倍総理が、黒田東彦氏を日銀総裁に任命した恩返しのような気がする。
何よりの証拠は、一時東証株価が800円を超したからである。反面、木内登英・審議委員は「金融緩和策よってによってが追加的措置によって強化されれば副作用がプラス効果を上回り、経済の安定をむしろ損ねてしまう」と懸念している。 
 

終戦から昭和3,40年ごろまで、国際収支に一喜一憂し株価に大きく変動したものだところが、貿易収支はこの8月まで26ヶ月間連続赤字、海外からの受け取り利息や配当で辛うじて黒字を計上している有様。その上、財政赤字は世界でダントツ。それこそ破綻を免れているのは、外国からの借金がないからである。今回の日銀の措置で恐ろしいのは、ハイバーインフレといって不景気のなかで物価が暴騰することである。

 産経新聞は『今回の日銀追加緩和は、劇薬 バブル懸念』と書いている。
休み明けの4、日、5日、反動で株価は大きく下がるだろうが、恐ろしいのは。<山高ければ、谷深し>の言葉通り、暴落である。

近く『出る杭は打たれる』という題で3人の政治家を論評する予定。
  COMMENT(0)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ