プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
「脱原発」は絵空事?
2014/03/31 [Mon]11:09
category:放言
From: 岩田 収司 [mailto:gp001001548@vir.bbiq.jp]
To: 春木  聡; 小野 晃; 井原 等; 諏訪 吉信; 西垣義治; 牟田 郁二; 谷口 賢一朗
Subject: Fw: 私はなぜ  ―ロバート・ストーン
----- Original Message -----
From: 大橋 武郎 To: 大橋 武郎
Subject: 私はなぜ  ―ロバート・ストーン
皆様 へ 大変興味深く、重要な 大橋武郎
私はなぜ、原発支持に転向したのか ―自らの眼で確かめ、自らの意思で決断せよ!-  ロバート・ストーン(映画監督)

ロバート・ストーン監督制作の『パンドラの約束』は、アメリカではCNNのプライムタイムに放映されるなど、注目を浴びております。日本での4月の上映が待たれますが、月刊『致知』1月号にインタビュー記事が掲載されておりますのでご紹介します。(「意見・判断」連載28)(添付ファイル)

「ラジオ・ビキニ」でデビューしたストーン監督は、反原発、環境保護を訴える作品を一貫して制作してきたのですが、なぜ今回、正反対の考えに転向した作品をつくったのでしょうか。
一番大きな影響を与えたのは、環境保護運動のパイオニアであり、アメリカでは知らない人がいないくらい伝説的な人物である、スチュアート・ブランウン氏が、原発支持に転向したことであるといいます。映画には、彼が登場してその考えを説明します。
核廃棄物問題についても、電力の80%を原発で賄っているフランスですが、発生した廃棄物は、1メートル四方で長さ10メートルほどの燃料棒となり、バスケットボールのコートくらいの広さの貯蔵所に収められているといいます。
フィンランドの大げさな廃棄物処理場をみて、「廃棄物の出口がない原発」という観念に短絡して取りつかれた小泉元首相ですが、是非この映画を見てこういう事実を知って戴きたいものです。それでも未だ誤った自説を変えないとしたら、知的誠実性、もしくは知的誠実性が問われます。
1月18日のこの通信でご案内したように、原発は化石燃料発では言うまでもなく、太陽光発電に比べても5倍も安全なのです。(単位発電量当りの死者)
最も安全な原発ですから、普通の頭で考えれば、推進すべし、ということになるはずですが、「脱原発」などというバカ気た主張がまかり通っているというのは、異常としか言いようがありません。自分の眼で確かめに加え、自分の頭で考えることが大事ではないかと思います。 マス・コミが余り伝えていませんが、原発支持への転向は、世界的な流れの中で起こっていることでもあります。
国際的な科学者の組織「放射線の正確な知識のための科学者連合」(Scientists for Accurate Radiation Information)(SARI)が、我々の「放射線の正しい知識を普及する会」(Society for Radiation Information)(SRI)とほぼ期を同じくして結成されたのはその何よりの証です。

平成26年1月6日
「放射線の正しい知識を普及する会」事務局長 茂木弘道






テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
たのいい晩餐会。
2014/03/27 [Thu]11:21
category:放言
 昨晩、80歳台の0さんを中心に、Kさんと私、70歳代のKさん、60歳台のただ一人の女性・Nさんの五人で,粋な割烹で飲み会をした。
 男性の四人は、あるロータリークラブのチャーター・メンバーで気心の知れた刎頸の友 であった。シャブリ負けまいと談論風発し、知人の消息や悪口に花を咲かせるとともに、寂びれゆく黒崎の街を憂いながら・・・・。した。未熟者ばかりだから人の悪口ほど楽しいものはない。時間の経つの早いこと。二次会行ったが、メンバー最年長の私は身体がきつくなり、一滴も飲めないKさんの車で送ってもらって帰宅した。着いて時計をみたら驚くことに、10時10分であった。2.3年前まで「斗酒尚辞せず」午前様であった。まさに「隔世の感」だ。
 心持ち背も低くなったし、心は灼熱のように燃えているのに、アッチの方は完全にドコ吹く風、不随意筋になってしまった。“汲まぬ井戸は涸れる”といわれるように、恐らく完全に筋萎縮症になっているだろう。座って立ち上がるときは、人の肩が要る。
 私より5歳下のやじうま根性さんは、私に心に燃えているとは尊敬に値する。私のは悲しいことに、コンニャク、アワビ、干し柿のようにぶら下がったママだと嘆いている。
秦の始皇帝は、不老長寿と性力の維持の薬を求めて、臣下を紀伊半島の突端まで探し求めたのは有名な話だし、世界三大美女・楊貴妃は勢力絶倫の若者を添い寝させたのは人口に膾炙(かいしゃ)している。

杖こそ付かないが、階段を上るのいいが、下りは覚束ない

高田浩吉の歌にあるように、“器量良いとて自惚(うぬぼる)な!どうせ一度は散る花よ”  

テーマ:生活向上のために - ジャンル:ライフ

  COMMENT(5)
古いネタで恐縮。
2014/03/25 [Tue]11:55
category:放言
#1・70歳で男女二卵性双子を産んで最高齢者出産・世界新記録、インドの話
 インドの全国紙、タイムズ・オブ・インディアがこのほど伝えたところによると、インド北西部ウッタル・プラデッシュ州ムザファーナガ郡ドカド村に住む、当年70歳の女性、オムカリさんが、同郡の病院で、男女二卵性・双生児を出産した。母子とも産後は順調。自然分娩だったのか、人工受精だったのか、出産に至る過程は明らかにされていない。オムカリさんには既に二人の娘がいる。世界的に見て、最高年齢出産・新記録である。高齢者出産の事例としては、日本でも60歳で女子を産んだ例(2001年)があるが、ブラジルでは65歳の女性が自然分娩で男子一人を設け(2005年)、スペインでは66歳の女性が人工受精で男女二卵性・双生児を産んだ(2001年)のが、従来の最高記録だった。
#2・夫の不倫相手と邪推して、恋敵(?)にワラ人形を送り続けていた妻に500万円の賠償命令

 日刊スポーツなどの報道によると、「自分の夫を寝取られた」と邪推して、その不倫相手とニラんだ、夫の会社の女同僚に、呪いの象徴であるワラ人形を、2004年6月から一年半、送り続けた妻に対し、岡山地裁は6月30日、500万円の損害賠償金の支払いと、謝罪文の送付を命じた。この妻も、”恋敵(?)”の女同僚も、ともに40代の女盛りで、これは”恋敵(?)”の夫の女同僚の方から「不倫の事実はなく、クドいイヤがらせで、精神的に傷ついた」という民事訴訟を起こされていたものである。ワラ人形を送り続けた妻は、夫の携帯電話機に、その女同僚と仲睦まじい写真が保存されていたのを見て、不倫と邪推したモノだが、岡山地裁は”冗談半分のツウ・ショット”で、不倫の事実はなかった、と認定している。妻は”恋敵(?)”の自宅にも、勤務先にもワラ人形を送り続けたほか、無言電話も数百回かけている。この呪いの象徴、ワラ人形は、その昔、五寸釘で”憎き相手”の家とか、鎮守のお宮に打ち込んだ、といわれるが、いまはソコまでやった例はない。ワラ人形は金物屋などでも置いていないが、インターネット上にはワラ人形通信販売の広告が載っている。
#3・総経費2億4千万円で、宇宙結婚式参加カップルを募集
 ロケットで飛んで、宇宙船に乗りこみ、宇宙遊覧旅行とシャれこむコトも、”夢ではなくなった”今日、我が国でもファースト・アドバンテイジ、ロケットプレーン・キスラー・ジャパン両社が協力して、一組、総経費しめて2億4千万円の「宇宙結婚式」への参加カップルを募集している。この「宇宙」新婚志望カップルは、まず米国などでNASA(航空宇宙局)におけるのと同様の訓練を受けたのち、ロケット機で”お星さまの世界”まで約一時間、宇宙空間に達したところで、わずか(?)5分間で結婚式を挙げる。もちろん「宇宙結婚」証明書は発行され、宇宙服姿の新カップルの記念写真も撮られる。2億4千万円のナカには、宇宙式場から地上にむけた生中継TV放送代、日本に帰国したからアトの披露宴代も含まれているそうだ。
(R・H)    2008,06,30 (月)
古いネタで恐縮。昨日は、やじうま根性さん!長々と面白いコメントありがとう。

テーマ:どうでもいいこと - ジャンル:その他

  COMMENT(6)
ハングリー精神の勝利。
2014/03/24 [Mon]12:19
category:放言
 私の予想通り、鶴竜が優勝し横綱に間違いなくなるだろう。
先の場初所までは、勝ったり負けたりパットしなかったのに、なにを自覚したのか、先場所からは一心発起して見違えるような相撲になった。
その点、日本の力士は根性がない。特に稀勢の里、琴奨菊は怪我が多かったとはいえ、丈夫な体に恵まれながら情けない。琴奨菊は勝ったことがほとんどない白鵬に勝ち、白馬富士を下し辛うじて勝ち越し、今日ぐらいは鶴竜に勝かと期待したのに裏切られた。言い古された言葉だけれど“ハングリ精神”の有無が勝負か。
これで三横綱全員がモンゴル人に占められた
悲しいことに、国技といわれた相撲も柔道も、日本人の手から離れた
残念なことに、将来の横綱と目されていた遠藤も負け越した。

 注目の大阪都実現を目指す大阪市長選挙は、投票率.23.6%。白票約45000,白票含む無効票67、500。
橋下徹の目論みの大惨敗だ。「たかじんの委員会」で人気を取り、大阪府知事、市長選で圧勝し維新の会を設立し代表になった頃までは、まさに騎虎の勢い、天馬を征く勢いだったのに、・・・・。
今回の市長選の敗北は、彼の逆上(のぼ)せた天狗の鼻をへし折ったといえよう。
私は、桜ヶ丘高校のバスケットボール部の体罰で、生徒の自殺で、彼はクラブを解散させたどころか、入試を取り止めさせたのには驚いた。まさに横暴で思い上がった態度といえよう。彼は「たかじんの委員会」では体罰容認の発言を繰り返し述べていた。私は体罰は必要悪で、問題は教師の冷静さであると、このブログで何度も書いた。
彼に必要なのは、「稔るほど頭を下げる稲穂かな」

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

  COMMENT(3)
予想が実現か?“小(柔)よく大(剛)を制す”
2014/03/22 [Sat]20:39
category:放言
 2,3日前に、私は着物姿の綺麗どころのお姐さんを目の保養のため大相撲を見ているが、鶴竜が優勝して横綱になるかもしれない。そうなれば横綱3人ともモンゴル人で占められる。日本の国技が恥ずかしい。稀勢の里、琴奨菊はいい身体をしていながら根性がない。それが、なにを開眼したのか、鶴竜は先々場所までは、勝ったり負けたりの成績でパッとしなかったのに、今や横綱が目前。恐らくなるだろう。 
琴奨菊もやっと目覚めたのか、ほとんど勝ったことのない、昨日は白鵬、今日は日馬富士に勝った。やればできることを証明した。
 私の父は、身体は小さかったが、“小(柔)よく大(剛)を制す”の言葉どうり、福岡師範の相撲部の主将をしていたが、口癖にスポーツは最後は頭脳だ。ただ練習が烈しいので学業が疎かになるのだと云っていた。
昨日の「翁の後輩」のコメントの内容の深さに敬服した。特に、近代・現代の日本史、世界史の造詣の深さに敬服したと驚きに驚いている。
また久し振り、田中治療院の女らしい優しいコメントも嬉しかった。私は、本人に文章が素直でてらいがないし、その上、感受性があるので、韓ドラばかりに熱中せず、俳句か短歌を勉強したらモノになるよと忠告している。

 先のブログで、籾井勝人の発言に、久し振り溜飲が下がったと描いたが、籾井氏と同時にNHKの経営委員になった埼玉大学客員教授・長谷川三千子女史、ベストセラー「永遠の0」を書いた作家・百田尚樹氏は共に愛国心に溢れ、歯に衣を着せぬ辛辣な発言や文章には、私は感服している。
 
 昨晩、1997年に書かれた瀬戸内寂聴『孤高の人』を読んでいたら、共産党委員長・宮本顕治の妻になった作家の宮本百合子は、ロシア文学者の湯浅芳子とレスビアンで同棲しロシアまで旅行する仲であったのに、湯浅を振って宮本に走ったと書いてあった。若気の至りで共産党に入党した私は、党の指示で、早稲田大隈講堂であった百合子の講演会に行ったがドップリ肥えて話も上手くなかったし、彼女が書いた『播州平野』も面白くなかった。、

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

  COMMENT(2)
集団自衛権。
2014/03/22 [Sat]12:06
category:放言
皆様 へ
      極く当たり前の内容ですが、 大橋武郎
Subject: Fw: 真悟の時事通信(平成25年8月4日号)
集団的自衛権  No.876 平成25年 8月 4日(日)
八月四日の朝、NHKの「日曜討論」では、「議論本格化、防衛大綱の見直しは?集団的自衛権行使は、政府と専門家が討論!」ということだ。
それをちょっと観た場面で、集団的自衛権に関して、丸顔のヒゲの「専門家」が、「この国の形は、戦後七十年間定まってきたのです。それを憲法解釈で変えようとするべきではなく、憲法改正ですべきです」と言っていた。

馬鹿馬鹿しくて観るのをやめた。時間の無駄だ。 また、こういう馬鹿議論を延々と放映することは、国民を愚民とみなしていることであり、NHK、無礼であろう。
この問題に関する「討論」は、まず内閣が「集団的自衛権を行使する」と決断して総理大臣がその旨宣言し、その上で、国会で、また、NHKをはじめとするメディアでなすべきである。
その時には、政府の閣僚は、正々堂々と我が国家存立のためには、集団的自衛権を行使しなければならないのだと主張し、反対論があるならそれを論破すればよい。

国防に関しては、こういう明快な前進が必要なのだ。左翼的なことを言っておれば知的で良心的とされる戦後的閉鎖社会(日本の大学)から出てきた者のご高説を延々と聞く必要はない。
但し、政府が、集団的自衛権行使を決断する場合、その従来の定義を訂正し、改めて明確にしなければならないだろう。
従来の定義は、「集団的自衛権は持っているが行使できない」という内閣法制局の結論を導くための定義だった。
つまり、従来、集団的自衛権とは、 「他国が攻撃を受けている場合に、『自国が攻撃を受けていないにもかかわらず』自衛権を行使する権利」 というように政府は説明していた。
これは「行使不能」を説明する為の定義である。
何故なら、この定義では、集団的自衛権は、まるで、「関係のないところにちょっかいを出しに行く権利」であるかのような説明ではないか。
そうではなく、集団的自衛権とは、「他国に対する攻撃が、『自国に対する攻撃であると判断される場合』に自衛権を行使する権利」である。
そして、この権利こそ、相互に依存しつつ助け合って生きている人間存在を前提にして、家族という集団を成り立たせ、国家という共同体を存続させる為に一番必要な権利なのだ。
例えば、父親と母親は、幼い子どもに対する攻撃を自分に対する攻撃として子どもを守ろうとする。そのとき親は、「自分が攻撃を受けていないにもかかわらず」、子どもを守ろうとするのではない。
親にとっては、子どもを守ることと自分を守ることは不可分一体なのだ。
この親子の関係からくる防衛のあり方。 これは説明するまでもなかろう。人間存在の本能である。 そして、この本能が、集団的自衛権の原型である。
政府は、NHKの「討論番組」にノコノコ出て行って「昨日の学者のご高説」を聞くのではなく、速やかに集団的自衛権の定義を改めてその行使を決断し、その上で、堂々と番組に出て国民を説得し国家の将来を語られよ。
それから、「防衛大綱の見直し?」  これに関して、一点だけ指摘しておく。
それは、「専守防衛という訳の分からん防衛方針を捨て去るべし!」 ということ。
この「専守防衛」は、我が国内を「戦場」にする防衛思想である。つまり、敵が我が国に上陸して初めて発動される防衛行動のことを専守防衛という。
馬鹿言え。 これは、敵を我が国に誘致する亡国の思想であり防衛ではなく、その反対ではないか。
我が国内が「戦場」になった時は、とっくに我が国が崩壊している時である。つまり、既に防衛できなくなった時である。
専守防衛によれば、昭和二十年八月の時点でいうならば、制空権と制海権がなくなり、東京と大阪が丸焼けになり、広島、長崎に原子爆弾が投下され、いよいよ本土に敵が上陸してくる直前が「防衛」の発動と言うわけだ。
こんな防衛思想を放棄せずして、我が国の防衛はない。
仮に有事の際、専守防衛の原則に基づき、始めから我が国内を戦場として防衛戦争をしようとする軍司令官がおれば、速やかに軍法会議で外患誘致の国家反逆として死刑に処して排除すべきである。
西村真悟事務所
◎上記の記事は少し古いがが、現在集団的自衛権問題が、侃々諤々国会で議論されているので敢えて紹介した。

[閉じる]皆様 へ
      極く当たり前の内容ですが、 大橋武郎
Subject: Fw: 真悟の時事通信(平成25年8月4日号)
集団的自衛権  No.876 平成25年 8月 4日(日)
八月四日の朝、NHKの「日曜討論」では、「議論本格化、防衛大綱の見直しは?集団的自衛権行使は、政府と専門家が討論!」ということだ。
それをちょっと観た場面で、集団的自衛権に関して、丸顔のヒゲの「専門家」が、「この国の形は、戦後七十年間定まってきたのです。それを憲法解釈で変えようとするべきではなく、憲法改正ですべきです」と言っていた。

馬鹿馬鹿しくて観るのをやめた。時間の無駄だ。 また、こういう馬鹿議論を延々と放映することは、国民を愚民とみなしていることであり、NHK、無礼であろう。
この問題に関する「討論」は、まず内閣が「集団的自衛権を行使する」と決断して総理大臣がその旨宣言し、その上で、国会で、また、NHKをはじめとするメディアでなすべきである。
その時には、政府の閣僚は、正々堂々と我が国家存立のためには、集団的自衛権を行使しなければならないのだと主張し、反対論があるならそれを論破すればよい。

国防に関しては、こういう明快な前進が必要なのだ。左翼的なことを言っておれば知的で良心的とされる戦後的閉鎖社会(日本の大学)から出てきた者のご高説を延々と聞く必要はない。
但し、政府が、集団的自衛権行使を決断する場合、その従来の定義を訂正し、改めて明確にしなければならないだろう。
従来の定義は、「集団的自衛権は持っているが行使できない」という内閣法制局の結論を導くための定義だった。
つまり、従来、集団的自衛権とは、 「他国が攻撃を受けている場合に、『自国が攻撃を受けていないにもかかわらず』自衛権を行使する権利」 というように政府は説明していた。
これは「行使不能」を説明する為の定義である。
何故なら、この定義では、集団的自衛権は、まるで、「関係のないところにちょっかいを出しに行く権利」であるかのような説明ではないか。
そうではなく、集団的自衛権とは、「他国に対する攻撃が、『自国に対する攻撃であると判断される場合』に自衛権を行使する権利」である。
そして、この権利こそ、相互に依存しつつ助け合って生きている人間存在を前提にして、家族という集団を成り立たせ、国家という共同体を存続させる為に一番必要な権利なのだ。
例えば、父親と母親は、幼い子どもに対する攻撃を自分に対する攻撃として子どもを守ろうとする。そのとき親は、「自分が攻撃を受けていないにもかかわらず」、子どもを守ろうとするのではない。
親にとっては、子どもを守ることと自分を守ることは不可分一体なのだ。
この親子の関係からくる防衛のあり方。 これは説明するまでもなかろう。人間存在の本能である。 そして、この本能が、集団的自衛権の原型である。
政府は、NHKの「討論番組」にノコノコ出て行って「昨日の学者のご高説」を聞くのではなく、速やかに集団的自衛権の定義を改めてその行使を決断し、その上で、堂々と番組に出て国民を説得し国家の将来を語られよ。
それから、「防衛大綱の見直し?」  これに関して、一点だけ指摘しておく。
それは、「専守防衛という訳の分からん防衛方針を捨て去るべし!」 ということ。
この「専守防衛」は、我が国内を「戦場」にする防衛思想である。つまり、敵が我が国に上陸して初めて発動される防衛行動のことを専守防衛という。
馬鹿言え。 これは、敵を我が国に誘致する亡国の思想であり防衛ではなく、その反対ではないか。
我が国内が「戦場」になった時は、とっくに我が国が崩壊している時である。つまり、既に防衛できなくなった時である。
専守防衛によれば、昭和二十年八月の時点でいうならば、制空権と制海権がなくなり、東京と大阪が丸焼けになり、広島、長崎に原子爆弾が投下され、いよいよ本土に敵が上陸してくる直前が「防衛」の発動と言うわけだ。
こんな防衛思想を放棄せずして、我が国の防衛はない。
仮に有事の際、専守防衛の原則に基づき、始めから我が国内を戦場として防衛戦争をしようとする軍司令官がおれば、速やかに軍法会議で外患誘致の国家反逆として死刑に処して排除すべきである。
西村真悟事務所
上記の記事は少し古いがが、現在集団的自衛権問題が、侃々諤々国会で議論されているので敢えて紹介した。
西村慎吾氏は、翁の後輩氏と原田進氏がコメントで述べたように、民社党委員長・故西村栄一氏の長男である。
私は、約40年前、彼の愛国の熱血漢に共鳴して手紙を出したら彼の著書『海洋アジアの日出づる国』が恵贈された。
私は、約40年前、彼の愛国の熱血漢に共鳴して手紙を出したら彼の著書『海洋アジアの日出づる国』が恵贈された。
20日、偶然、参院予算委員会の様子を見ていたら、民主党徳永エリ議員からNHK会長・籾井勝人氏がネチコネチコ、会長就任時の発言について追及されていたが、私はブログで彼のその発言は、建前の発言の多い中久し振り本音の発言を聞いたと絶賛した。  (T)


テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
ささやかな憂国。
2014/03/20 [Thu]11:37
category:放言
 18日、中国北京市第一中級人民法院は、日中戦争時に強制連行され過酷な労働をされたとして、中国人被害者や遺族の計37人が2月下旬、旧三井鉱山と三菱マテリアルを相手に損害賠償と謝罪を求めて提訴していた訴訟を受理した。
日中国交正常化及び平和条約締結に際し、すべて解決済みなのに今頃になって訴訟するとは、国際法条的にみても不法だと思われる。私は100%中国が勝だろう。恐らく燎原の火のように中国全土に広がり、収拾がつかなくなり、払えなく、また払わないと、私は賠償として、中国内にある日本企業の施設を差し押さえ、没収するような気がしてならない。
条約で解決したのみならず
ODAで多額の援助や借款をしているのだ。
韓国にしても、朝鮮併合で多額の投資を除いて、戦後からだけでも多額の援助しているにもかかわらず、反日運動に憂き身をやつしている。まさに“歌を忘れたカナリヤ”ではなが、恩を忘れたどころか、恩を仇で返す不法モノだ。これだけバカにされるのは、所詮、憲法で軍隊を放棄しているからだ。
こんなドブに捨てるようなカネがあったら、消費税を上げることも、年金を下げることもなかった。
どこの馬の骨かわからない私でさえも、これだけ日本の将来を憂いているのだ。

夜8時半に寝ると、午前1時ごろトイレで目が覚める。朝方5時頃再び眠って7時に目が覚め8時まで本を読む。
1時から5時までは童謡、文部省唱歌、軍歌を口ずさむかブログの想を練る。
夕べは枕元に、和田萃(あつみ)著「古代天皇への旅ー雄略から推古まで」 合田道人著「伝え残したい童謡の謎」 岩井志麻子著「私小説」を交互に読んだ。

昨日は「翁の後輩」「九州西安建築設計有限公司・原田進」 「やじうま根性」さんから読み応えのあるコメントを頂いて嬉しかった。最近、八幡駅前の「田中治療院」からのコメントがないのが寂しい。


テーマ:憂国 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(7)
NPO法人「百人の会」より
2014/03/19 [Wed]17:08
category:放言
From: 岩田 収司
To: 西垣義治; 諏訪 吉信; 井原 等; 小野 晃; 春木  聡; 谷口 賢一朗
Subject: Fw: 眞悟の時事通信
From: 大橋武郎 To: 大橋 武郎
Subject: 眞悟の時事通信
皆様 へ
至極尤もなコメントだと思いますが、皆様は如何思われますか ? 
正にその通りだと思います。 岩田
From: NPO法人百人の会
Subject: 眞悟の時事通信(平成25年8月8日号)
国益への感受性を磨け
平成25年 8月 7日(水)  西 村 眞 悟>
国滅びるときの状況は、国家民族共同体の存立の要件に関する感受性の鈍化であろう。 その感受性は、我が国を取り巻く内外の情勢を本能的に感じることから研ぎ澄まされる。
しかしながら、現在の状況を眺めるとき、マスコミの論調も政治家の意識も、我が国存立に関する感受性が欠落していると思われる事例が連続しているように思える。
つまり、国が滅びる方向に傾斜していると憂う。  その事例を二つ挙げてみる。
(1)まず、原発再稼働について

この先、原発が再稼働しなければ、我が国の電気料金は相次いで値上げされていき、家計や企業経営への重大な打撃となることは必至である。
そこで原子力規制委員会は、六月十九日に福島第一原子力発電所事故を教訓にした新たな規制基準を決定し、それは七月八日に施行された。
そしてさっそく、全国の電力各社は新基準に基づく原発の再稼働の許可を申請した。
この再稼働申請の際のテレビの画面は、平身低頭して申請書を提出する電力各社の幹部の姿と、それを無愛想に礼もせずに受け取る規制委員会の姿を映していた。
それを見て、規制委員会とは「何様か」と思ったものだ。  彼らはまるで尊大に電力各社に対処することが「正義」を体現している姿とでも錯覚しているのであろうか。
原子力規制委員会には、新基準を作った以上、速やかに再稼働申請を審査し、適合しておれば一日でも速く再稼働を認めるべき任務がある。
何故なら、再稼働が遅れ電気料金の値上げの連鎖が起こると、家計と企業の力が衰えて、我が国家衰退への傾斜が進むからである。
これこそ、日本弱体化を願い、尖閣を奪おうとする中共の一番喜ぶことである。
しかるに、あれ程尊大に再稼働申請書を受け取っていた規制委員会が、国民生活に直結する原発の再稼働に関して、何時になったら審査を終えるのか、全く伝わってこない。
彼らは、自らの仕事が国家と国民の明暗を分けかねないということが分かっているのか、さらに、仕事をしているのかしていないのか、さっぱり分からない。
マスコミも、放射能については安全な線量でも危険なようにしつこく報道するが、規制委員会が仕事をしているのか否かについては問題意識がなく報道せず、のんきなものである。
これは、例えば国際マラソンの中継のように、今再稼働審査は何処まで進んでいるのか、障害があるのか、何時結論が出るのか、逐一報道してもよいほどの重大問題である。
生活保護費が少し削減されても報道するのならば、全国民と全産業に深刻な影響を与える電気料金値上げに直結するこの問題をもっと報道してしかるべきである。
さらに之に関連して、原子炉の下に活断層があるか否かについてはよく騒ぐが、活断層が有るか否かは、その専門家でも曾て建てられていた工場の基礎杭を活断層と思い込む程分からないのだ。
問題は、活断層が動いたとしても、工学的観点から原発の安全性が確保されているか否かの判定であろう。
日本の技術では、都会の高層マンションも原発も、下の活断層が動いても安全性は保たれる。だから大都市に人は安心して密集して住んでいるのではないか。
こういうことに言及せずに、原発の下に活断層があるか否かだけが騒がれる。数センチ動く活断層でも活断層なら原発は全て不可で良いのか。
この一種の思考停止が如何に電気料金値上げ、国力低下、国家衰亡につながるか、鬼の首を取ったように、活断層があるかないかで騒ぐ専門家もマスコミも意識していない。

(2)沖縄のアメリカ海軍HH60救難ヘリの墜落について

この度、沖縄で墜落したHH60救難ヘリの四人の乗組員は訓練飛行中であった。墜落して、一人は死亡し三人は重傷を負って病院に収容されている。
日本政府と沖縄県の対応は、HH60の墜落に対してアメリカ軍に「厳重抗議」である。本日(七日)は、外務省高官がアメリカに行って国務省次官に「厳重抗議」したと報道されている。

一体、「厳重抗議」だけでいいのか。
このHH60救難ヘリは、二年前の東日本大震災の被災現場に急行し確実に救難活動を実施している。この活動が緊急時に可能なのは平素に日々訓練に励んでいるからである。
さらに彼らのこの訓練は、現実味をおびてきた尖閣に対する中共軍の侵攻に対処するためのものであり、訓練自体が中共軍の侵攻を抑止している。
従って、抗議する前に、不幸にして異境で殉職したアメリカ軍兵士への追悼とその家族とその部隊の仲間に対するお悔やみ、そして負傷者の速やかな回復を祈ると、何故、日本政府は、特に防衛大臣は、一言、言わないのか。
中共の中華帝国主義というべき露骨な軍備増強と武力による威嚇に対して、アメリカとの同盟とその沖縄におけるプレゼンスが、現在の我が国にとって如何に重要であるか、防衛省、外務省そして政治家とマスコミは考えた事があるのか。
時あたかも、中共の脅威に対する日米共同機動展開訓練が始まったばかりなのだ。この訓練は、昨年の民主党政権時代には、民主党の言う「政治的理由」で行われなかった。
しかし、本年六月、アメリカ西海岸でアメリカ軍と陸海空の自衛隊の水陸両用共同訓練が実施された。
海上自衛隊の輸送艦に乗り組んだ陸上自衛隊西部方面軍の水陸両用戦専門部隊が強襲揚陸訓練をし、海上自衛隊の護衛艦艦上でアメリカ軍のオスプレイの着発艦訓練が行われ、イージス艦「あたご」による対地上陸支援艦砲射撃も実施されている。

沖縄で訓練に励んでいるアメリカ軍も、これら日米共同訓練に連なる部隊であり、この各訓練が総合されて沖縄そして尖閣が守られているのである。
よって、我が国の総理大臣と防衛大臣は、これら総体としての日米両軍の訓練の意義を踏まえて、この度のHH60救難ヘリの訓練中の不幸な事故に対するコメントを発するべきである。そうでなければ、いざとなったときに、取り返しがつかない。
最後に、八月の六日は、広島に原子爆弾が投下された日であり、九日は長崎である。
この日に当たり、我が国に二度と再び原子爆弾が投下されることがないようにするには、何をなすべきか、切実な問題として深思すべきであろう。
 何故なら、我が国周辺の中共も北朝鮮も、共に核兵器を保有し、公然と我が国に対する核攻撃のあり得べきことを公言しているからである。
  この中共と北朝鮮の核を如何に抑止するかに取り組まずして、ひたすら核保有を誇示する相手に対して「核廃絶」だけを訴えるのは無責任ではないか。
西村真悟事務所
今回の記事はいかがでしたか?


テーマ:憂国 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
安倍総理、お前もか。
2014/03/18 [Tue]12:30
category:放言
 今朝早朝、私の携帯に友人で正義感に燃える熱血漢のMさんから電話があった。
それは、維新の会の山田宏議員の質問に答え、長く官房副長官を務めた高齢の石原信雄氏が、各省庁を調べても衛生管理についての指示はあっても強制連行の事実はないと証言しているのに、安倍総理は『河野談話を継承する』との発言に、その腰抜け振りに怒り心頭に発した模様である。気骨があると思われた安倍でさえこの調子なら、後は推して知るべしである。今後、選挙に投票しないと憤慨していた。“さもありなん”
私も昨日のブログで、「気骨のある安倍総理に期待したのに、最近腰抜けになりつつあり気懸かりだ」と書いたばかり。
 2.3日前、ジャーナリストしている友人から定期的に投稿している『世界日報』に【青山昌史の目(3月14日付け)が送られてきた。元政治部長しただけあって格調高くコピーして政治に関心のあるか多に配りたいのだが、可成りの長文と変型と、私の能力ではA4一枚にまとめるのが無理なので、右代表で三原代議士に届ける。内容の大見出し中見だしを紹介する。「安倍政権と集団的自衛権」 「首相、憲法解釈変更に強い意欲」 (中国の海洋進出などに対抗、「双務性」向上へ) 『将来不透明な米抑止力』
青山昌史氏は、岡山一中、海兵予科、復員後一中に復学、六高、東大法学部を経て朝日新聞常務、現在に至る。
目の保養に、和服姿の綺麗どころのお姐さんを拝顔するために大相撲を視るのだが、国技というのに日本人はダラしないな。稀勢の里も琴奨菊も根性がない。鶴竜は、ヒョットしたら横綱になるだろう。そうなれば三人の横綱は、みんなモンゴル人とは情けない。
大変贔屓にしていた魁皇は、友綱部屋から独立して浅香山部屋をおこしたが、今後の活躍を祈るや切。

テーマ:歴史捏造「従軍慰安婦」 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(6)
自分の国は自分の手で守ろう。
2014/03/17 [Mon]10:52
category:放言
驚愕」 日本政府が韓国というドブに捨てた日本国民の血税23兆円。 これだけの金を韓国にやっていたなんて、とても日本人として信じられません。
恩も何も有ったもんではない。正にこれが韓国、韓国人なんですね!
在日韓国人に対する「生活保護」を打ち切って欲しいですね。
政府は改めて考え直して欲しいです。
  「驚愕」 日本政府が韓国というドブに捨てた日本国民の血税23兆円。これに、技術提供費用を加えると天文学的金額になる。
皆様 へ  全く呆れた話です。 From: NPO法人百人の会
Subject: 「驚愕」 日本政府が韓国というドブに捨てた日本国民の血税 (堪忍袋の緒が切れて、さすがに日本人も激怒!)

日本が1965年以降に「韓国というドブ」に捨てた血税一覧! 「日々佳良好」より転載
永久保存版! 韓国というドブに日本が捨てた税金一覧!これでも韓国は日本に「恩はない」と言えるの?
現在も在日韓国人には「生活保護」と称して年間1600億円を施し中!
日本政府が韓国というドブに捨てた日本国民の血税、

●1965年日韓基本条約締結(経済協力金)8億ドル+α
●その後も懲りずに日本政府はじゃぶじゃぶと韓国に援助し、現在の価値に換算すると総額23兆円になる。
その他、技術提供は厖大で金額にすると驚く数字になる。

昨日の「たかじんの委員会」、日本側・韓国側それぞれ4人ずつの論客の論争は、久し振り見応えのあるテレビであった。
上記のように、これだけ莫大な援助しながら竹島を実効支配され、反日教育され反日運動で日の丸を焼かれてバカにされ、長い間、政府は何故こんなに弱腰なのか。久し振り気骨のある安倍総理に期待したのに、最近腰砕けになりつつあり気懸かりだ。
これも所詮、自分の国は自分の手で守る気迫が国民に薄いからだ。それには先ず憲法を改正し軍隊をもつべきと考える。

テーマ:愛国心 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
寂聴、最後の書き下ろし。
2014/03/14 [Fri]15:30
category:放言
瀬戸内寂聴尼までケータイ小説執筆、ユカリとヒカリの愛の物語
 日本の若者たちはIT時代下、本の活字ではなく、携帯電話によるケータイ小説を愛読する方向に傾斜しつつあるが、我が国きっての婦人作家で、二年前、文化勲章を受章している瀬戸内寂聴さんも、ひそかにパープルというペンネームで、「あしたの虹」と題する連続ケータイ小説を、4ヵ月間、ケータイ・サイトに執筆・連載していたコトがわかり、若者たちの”ケータイ小説ブーム”を、いちだんと加速化させている。

 超ベストセラー「現代語訳・源氏物語」の著者らしく、寂聴さんのケータイ小説「あしたの虹」の主人公、女子高校生、ユカリの恋人は、眉目秀麗なヒカリ。ふだんは何事にも冷たくあたるユカリが、ヒカリにだけは一途な恋を捧げるストーリーが、美しく哀しい。このケータイ小説は全巻マトめて今月中に毎日新聞社から出版される。

 御年86歳の寂聴さんにとって、ケータイ小説という新ジャンルへの挑戦は大変な冒険だった。最初は原稿用紙にタテ書きし、これをヨコ書きに直し、いまの若者の”通用語”を取材して、書きなおしたこともあった、という。寂聴さんは「あしたの虹」の執筆を、ズッと秘密にしていたが、9月24日、第三回・日本ケータイ小説賞授賞式の席上、同実行名誉委員長として、自らこのことを発表した。同ケータイ小説賞は、北海道居住で、kikiというペンネームの23歳の女性が受賞し、賞金200万円も授与された。
[(R・H)    2008,09,25 (木) 
平安時代の有名な女流作家といえば、紫式部『源氏物語』、清少納言『枕草子』、和泉式部『式部日揮』、赤染衛門『栄華物語』、歌人・道綱の母である。
瀬戸内寂聴は60代から平安時代にどっぷり浸かり、和泉式部については小説も書いている。著者不明?の『蜻蛉日記』は何度も読んでいると本にも書いている。
彼女の『源氏物語』の現代語訳は、文豪・与謝野晶子、谷崎潤一郎、円地文子が書いているが、平成8年の12月から6年半かけて全十巻が完成した。
学校の教科書に早くから取り上げられている清少納言の『枕草子』は、歯切れがよく、きびきびして、、気持ちもよく千年後の今読んでもしゃれた気の利いたエッセイだけど、90歳寸前の彼女にとって気持ちが重かったが、講談社から久々の断っての依頼で、引き受けたものの加齢と体調で3年が過ぎ、平成24年10月、92歳で「枕草子」をモデルにした『月ノ輪草子』が完成した。いつ読んでも歯切れはよいし、実に爽やかだった。年齢からみて最後の書き下ろしではなかろうか。敗戦までの日本は男尊女卑の時代だったが、平安時代は女性もについては、伸びのびと大らかで人生を楽しんだ模様。  (T)

テーマ:読書感想 - ジャンル:小説・文学

  COMMENT(0)
中韓に媚びるな!
2014/03/13 [Thu]12:53
category:放言
皆様 へ      菅官房長官の発言は当然の事です。 大橋武郎
From: NPO法人百人の会

From: 髙岡昭一 菅義偉官房長官の「日本の立場捨ててまで韓国や中国と首脳会談する必要ない」に98%賛成
あなたは菅官房長官の「韓国・中国と首脳会談する必要なし」という発言対して日本国民の99%が賛成だ。

文化日報 菅義偉官房長官「日本の立場捨ててまで韓国や中国と首脳会談する必要ない」2014年01月03日 17:00

日本政府報道官の菅義偉官房長官が「日本の立場を捨てて韓国、中国と首脳会談する必要はない」という見解を明らかにした。
菅長官は3日、読売新聞編集委員と持った対談で「中・日、韓・日関係は過去の問題もあるから日本が戦略的に耐える必要がある」という指摘を受けてこのように話した。

日本政府がこれまで持続的に首脳会談を促し、東北アジア葛藤の原因は対話に応じない韓国と中国にあるという論理を繰り広げたのとは相反する立場だ。

日本の安倍晋三総理は昨年12月30日、放送された日本テレビの娯楽番組に出演して「日本も自信を回復したが、中国や韓国も経済成長が続き自信を持っている」とし、「成功した国家間の関係というものは様々な課題があるだけに会って話す事が重要ではないのか」と明らかにした。

菅長官はまた「特に中国は訪日観光客が急速に増加しており、自然に交渉を行って時期になれば首脳会談をすれば良いという考え」と付け加えた。

ソース:文化日報(韓国語) 「日本の立場捨てながらも韓・中と首脳会談必要ない」 http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2014010301070132056002
菅官房長官の「韓国・中国と首脳会談する必要なし」という発言をどう思いますか 3日、菅義偉官房長官が「日本の立場を捨ててまで韓国や中国と首脳会談を行う必要はない」と発言しました。

あなたは菅官房長官の「韓国・中国と首脳会談する必要なし」という発言をどう思いますか。 実施期間 2014/01/10~2014/01/16

■99% 賛成
■1%反対
■0%その他
■0%よく分からない



テーマ:憂国 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
中韓の内政干渉。
2014/03/12 [Wed]10:21
category:放言
中韓米の靖国参拝批判、6割超「納得できない」 内閣支持率50%台回復2014.1.6 12:03
【産経FNN合同世論調査】

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が4、5両日に実施した合同世論調査で、安倍晋三内閣の支持率は52・1%となり、昨年12月14、15両日に行った前回調査に比べて4・7ポイント増え、50%台に回復した。不支持率は32・5%(前回38・7%)だった。
いつまで安倍首相に続けてほしいかも併せて聞いたところ「次の衆院選まで」が最多の38・4%で、これに「できるだけ長く」(35・6%)が次いだ。「早く辞めてほしい」は11・5%だった。

安倍首相が昨年12月26日、靖国神社に参拝したことについて「評価する」とした回答は38・1%、「評価しない」は53・0%だった。
評価するとした人の74・0%が「戦争の犠牲者に哀悼の意を示した」ことを理由に挙げた。評価しない人の理由は「外交的配慮に欠ける」が61・9%に達した。

ただ、首相の靖国神社参拝を中国や韓国が非難していることに対しては「納得できない」が67・7%を占め、「納得できる」(23・3%)を大きく上回った。米政府が「失望した」とする声明を出したことにも約6割が「納得できない」と回答した。また、靖国神社とは別に無宗教の国立追悼施設をつくることに否定的な意見が多かった。

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)移設問題では、同県名護市辺野古(へのこ)に移設する政府方針を53・6%が支持した。
昨年12月27日に辺野古での埋め立てを承認した仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事の判断を評価したのは56・5%で、評価しない(33・3%)を上回った。
東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)で選ばれる新しい知事像については「2020年の東京五輪開催に積極的な人」が85・5%に達した。「安倍内閣と方向性が一致する人」も52・5%に上った。
NPO法人百人の会

テーマ:歴史捏造「従軍慰安婦」 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
中国進出企業の危機。
2014/03/11 [Tue]19:14
category:放言
From: NPO法人百人の会  中国国家ぐるみの妨害工作 撤退できない日本企業 2012/11/13 01:10更新

日系企業が中国を撤退しようにも労働争議で妨害工作を受ける可能性がある(共同)
  日本政府が沖縄県・尖閣諸島を国有化して以降、対立が続く日中関係。 中国本土での日系企業に対する大規模デモは落ち着いたかに見えるが、水面下では不気味な動きが広がっている。
 専門家は日系企業に勤務する中国人労働者の暴発を警戒、「工場や社屋を不法占拠し、日本人経営者を拉致する可能性もある」と危ぶむ。

 その裏では目下、第18回党大会を開催中の共産党の影がチラついているというから穏やかではない。
「小日本は出て行け!」。今年7月、商業都市・上海に近い江蘇省南通市で過激なシュプレヒコールが上がった。地元住民ら5000人以上が大規模な抗議デモを引き起こしたのだ。
 標的になったのは大手製紙会社、王子製紙の現地工場。デモ隊は暴徒化し、工場を占拠した。

「工場廃水をめぐる地元住民の反対運動が発端だったが、従業員が待遇への不満を爆発させ、それに根強い反日感情が合わさって過激化した。中国でも最大規模のプロジェクトだったが、このデモのために事業計画の見直しを迫られた」(経済アナリスト)
 ここ最近、日本企業の現地法人や工場が中国人従業員の標的になるケースが急増している。
 中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰氏は「市民の権利意識が急上昇したのが要因で、集団となって経営陣に賃上げや待遇改善を要求している。圧倒的な数の力にモノを言わせる『民』の力が台頭している」と背景を説明する。

 2010年には、広東省仏山市にあるホンダの部品工場が長期ストで操業停止に追い込まれ、約30%の賃上げを余儀なくされた。
 相次ぐ賃上げで人件費は高騰し、「上海周辺はタイの3倍の雇用コストがかかるまでになっている」(同)。

安い労働力というメリットが薄れ、尖閣問題も加わり、日系企業のなかではベトナムなど周辺国に新天地を求める動きが出始めている。だが、この現象を黙って見ていないのが共産党だ。

『第二次尖閣戦争』(共著、祥伝社新書)などで知られ、中国の労働問題に詳しいジャーナリストの青木直人氏は「労働集約型産業の日系企業の中国撤退が始まりつつあるが、問題はそれがスムーズに行くかということ。引き際を間違えると、大きなトラブルになる」と警告する。
 中国商務省のデータでは、今年1~9月の日本の対中直接投資は56億2000万ドル(約4440億円)に上る。欧州連合(EU)27カ国の48億3000万ドル、米国の23億7000万ドルをしのぎ、日系企業への依存度はかなり高い。
 そんな“お得意様”をみすみす手放すはずはなく、いざとなれば国家ぐるみで妨害工作に出るというのだ。

「日系企業に撤退されると、税収のほか雇用の受け皿もなくなる。中国政府はすでに阻止する方策を打ち、企業内に『企業党委員会』という中国共産党の組織を配置した。ここで企業内部を監視し、撤退の動きを察知すれば、労働者を動員して大規模な労働争議を起こす構えでいる」(青木氏)
 反日感情に染まる中国人労働者を巧みに誘導するという。

『愛国無罪』の名のもとに1000人単位の中国人労働者たちが暴走を始める可能性がある。工場や会社を占拠し、経営者や工場長の拉致監禁などの暴挙に出る。現地駐在員たちは命の危険もある」(同)

不動産バブルの崩壊が囁かれ、経済成長率も鈍化するなど、ほころびが見え始める大国。われわれは無事に逃げ出すことができるのか。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
二人の政治家の没落。
2014/03/10 [Mon]16:47
category:放言
 著明な二人の政治家(小沢一郎・橋下徹)の没落か?
 私は誰から非難・反論・攻撃れようと、いやされればされるほど、熱烈な小沢一郎と彼の資金団体・陸山会に入会するほど狂信的的な支持者であった。そして彼の元から自民党に去って行った野田毅、二階俊博、小池百合子。、民主党では菅直人、岡田克也、前原誠司、枝野幸男を始め反小沢の連中は、ヘドを催すほど嫌いであった。
それが一転、反小沢になったのは、修身斉家治国平天下といって、まず身を修め家庭を大切に平和にしてから政治をすべきだという意味だが、糟糠の妻に三行半を突きつけられ、何とと驚くことに、彼の選挙区が壊滅的被害にありながら半年以上も地元に帰らなかったという。蛇足だが、彼は拉致家族救援のバッチもつけていない。
可哀相に、維新の会、みんなの党、結いの党、古巣の民主党からも袖にされて孤立無援。この際、代表を田村亮子に譲って引退したら如何なものか。

橋下徹については「たかじんの委員会」で、歯に衣を付けず本音で堂々と喋り、市長になるや怠け者退治に英断を下し、名古屋の河村市長とともに拍手喝采、尊敬していたが、今回、大阪都構想実現のため、辞表を出し選挙するとは言語道断、人気に胡座(あぐら)をかいた政治の私物化といっても過言ではない。

日本共産党は日本共和党と改称すべし
日本共産党がジワリジワリ人気を集めている。戦前の日共”地下”党員でプロレタリア文学作家、小林多喜二の名作「蟹工船」はベストセラーになっている。インターネット上では、志位日共委員長が若者たちから、モテハヤされている。マスコミ各社の世論調査でも、日共への支持率は、正統・社会民主主義を唱える社民党に対するソレより高い。

しかし、戦前、小林多喜二時代の”武装共産党”や、終戦後、山村工作隊や”血のメーデー”を指導していた”革命前夜の共産党”とは、いまの日共のイメージは違う。最近、衰えたとはいえ、穏健路線で議会に多数の議席を持っているフランス共産党などが”お手本”のようだ。やはりモデル視されていたイタリア共産党は、ソ連崩壊後、まず左翼民主党と改称し、ついで他の左派勢力と大同団結して、民主党の名を名乗るようになったが、これに異を唱える不満派は、再建共産党の名で別に活動している。

そこで、いっそのこと、日本共産党の名を変えたらどうか、という議論が出ているのだ。インターネット通信のMSN産経ニュースには、大月隆寛・札幌国際大教授が「日本共和党と改称されては、いかが?」と提案している。大月教授らによると、”代々木の共和党”と、大見得を切れば、さらに人気も沸く、というのだ。そもそも、日共は戦前から天皇制反対、マルクス・レーニン主義的・共和制を、呼号していた政党でしたネ!
(R・H)    2008,06,22 (日)

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
百花繚乱ーコメント
2014/03/09 [Sun]20:01
category:放言
中韓米の靖国参拝批判、6割超「納得できない」 内閣支持率50%台回復        御参考迄に

  皆様へ                大橋武郎
NPO法人百人の会
中韓米の靖国参拝批判、6割超「納得できない」 内閣支持率50%台回復  【産経FNN合同世論調査】
 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が4、5両日に実施した合同世論調査で、安倍晋三内閣の支持率は52・1%となり、昨年12月14、15両日に行った前回調査に比べて4・7ポイント増え、50%台に回復した。不支持率は32・5%(前回38・7%)だった。
 いつまで安倍首相に続けてほしいかも併せて聞いたところ「次の衆院選まで」が最多の38・4%で、これに「できるだけ長く」(35・6%)が次いだ。「早く辞めてほしい」は11・5%だった。

 安倍首相が昨年12月26日、靖国神社に参拝したことについて「評価する」とした回答は38・1%、「評価しない」は53・0%だった。

 評価するとした人の74・0%が「戦争の犠牲者に哀悼の意を示した」ことを理由に挙げた。評価しない人の理由は「外交的配慮に欠ける」が61・9%に達した。
 ただ、首相の靖国神社参拝を中国や韓国が非難していることに対しては「納得できない」が67・7%を占め、「納得できる」(23・3%)を大きく上回った。米政府が「失望した」とする声明を出したことにも約6割が「納得できない」と回答した。また、靖国神社とは別に無宗教の国立追悼施設をつくることに否定的な意見が多かった。

 沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)移設問題では、同県名護市辺野古(へのこ)に移設する政府方針を53・6%が支持した。
 昨年12月27日に辺野古での埋め立てを承認した仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事の判断を評価したのは56・5%で、評価しない(33・3%)を上回った。
 東京都の猪瀬直樹前知事の辞職に伴う都知事選(23日告示、2月9日投開票)で選ばれる新しい知事像については「2020年の東京五輪開催に積極的な人」が85・5%に達した。「安倍内閣と方向性が一致する人」も52・5%に上った。

先に、元気だった公認会計士・小宮さんの突然の訃報を書いたばかりだったが、今日は、小宮さん同様、むかしロータリークラブの同士で小宮さん同様、公認会計士・岩崎さんも亡くなった。共に私より年下。自然の摂理とはいえ、年々歳々寂しくなる。
価値観の相違だろうが早く死んだ者が勝ちだな。
いまネシャポットあかね著『安楽死を選ぶ』ーオランダ「よき死」の探検家たちーを読んでいるが、我が国でもポックリ寺が大繁盛だという。

テーマ:生きてきた証しとして - ジャンル:ライフ

  COMMENT(2)
産めよ!殖やせよ!
2014/03/07 [Fri]16:39
category:放言
#1・愛国主義デモ鎮静化のため胡錦濤主席みずから北京大訪問、もっと「勉強せよ」と訴える
 5月5日の胡錦濤・国家主席の訪日に始まって、西側諸国との外交関係調整の日程がツマっている中国首脳らは、チベット騒乱と北京五輪との関連で”炎上”している”憤青”(憤怒する青年)たちの愛国主義デモの鎮静化に、懸命になっている。政府系英字紙、Chaina Dailyなどの報道によれば、3日には、胡主席みずから北京大学のキャンパスを訪れ、学生たちに『愛国主義の精神を大学での勉学や、北京五輪推進の現実主義的な行動に転化して欲しい。もっと勉強しなさい』と訴えた。
 愛国主義は過激な排外主義の温床でもあり、5月1日にも、、学生を中心にした若者たちが、北京,瀋陽、重慶、福州、長沙の5都市で、フランス系・大手スーパー『カルフール』目当てに抗議行動を強行した。しかし、2日以後は殆ど行われていない。これは、政府・党の指示により、多くの大学で学生の校外活動が禁止され、キャンパスや寮などで、勉学に励むよう、厳命がくだされた結果と見る向きが多い。

韓国の有力紙、朝鮮日報の中国特派員が伝えるところによると、愛国主義デモの”主力部隊”である20歳前後の大学生は、鄧小平政権以後に展開された”一人っ子政策”で生まれ育った”甘えっ子”(中国の俗語で”小皇帝”もしくは”お姫”)で、忍耐心と協調性がない反面、必要以上に時流に”付和雷同”するという。鄧小平氏のブレーンだった周瑞金・元「人民日報」副編集長らは『偏狭な愛国主義』を、中国の発展を阻害する”毒薬”だ、とキメつけている。
#2・セックスに自信がない夫が7割、午後7時以前の帰宅でないと”多子化”は望めない
 日経新聞の系列誌、日経WOMANが、このほどサラリーマンを中心にした夫族、約300人に面接調査したところ、そのナンと7割が『セックスに自信がない』と洩らしていたコトが分かった。これと殆ど同時に、明治安田生命福祉研究所が20代、30代の”人妻”ら約7000人に対し、サラリーマンである夫の帰宅時間とセックスとの関係をアンケート調査したところ、午後7時までに帰宅する夫ほど、セックスに”熱心”で、2人以上の子供をもうけているコトが分かった。

日経WOMANの調査による夫族のセックスに対する自信度は、次のとおり。(1)あまりセックスに自信がない=55・8%。(2)どちらかと言えば、セックスに自信あり=28・1%。(3)まったくセックスに自信がない=11・6%。(4)まあまあセックスに自信がある=4・5%。

また明治安田生命福祉研究所の調査による「夫の帰宅時間(前の項)と、現実に”生んだ”子供数(ウシロの項の人数)」との関係は、次のとおり。(1)おうむね午後7時までに帰宅する場合=2・33人。(2)おうむね午後7時ー同8時に帰宅する場合=2・17人。(3)おうむね午後8時ー同9時に帰宅する場合=0・11人。(4)午後9時ー同10時に帰宅する場合=0・10人。(5)おうむね午後10時以後の”深夜帰宅”の場合=0.09人。

なお”共稼ぎ"夫婦は、家事、育児等がるので、ほとんどの妻が夫より先き、午後6時半までに帰宅している。
(R・H) 2008,05,05 (月)
先のブログで、4月8日でサポートが終了するので以後、「生前告別式」続行するかどうか二者択一と書いたら、奇特な有志からノートパソコンを寄贈するので、止めないで欲しいとの申し出があった。
その暖かい義侠心に富んだ申し出を受け続行することにした。

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

  COMMENT(4)
本音で語ろう。
2014/03/07 [Fri]14:35
category:放言
皆様 へ 広島原爆被爆者の貴重な体験です。是非参考にすべきものと思います。各位 !! 私は広島に落とされた原爆のあの真っ黒い煙の真下にいて、多くの仲間と「なんだろう?」と言いながら首が痛くなるまで長時間仰ぎ見ていた。
だから、原爆の塵をモロに多量に浴びた事だろうと思う。
場所は、広島から約20キロ程度離れた竹原という陸上戦闘の訓練地だった。

江田島から呉に上陸し、竹原に向かう途中で、ピカッと光ったあと、爆風がほほを打ったが、あまり気にしないで演習地に着いて空を見上げたら、真上に黒い雲がもくもくと急速に拡さしていた。

演習が終わって、江田島に帰ったら、特殊爆弾が広島に投下された、という情報が知らされたので、あの黒い雲が原爆が投下されて生じた雲だった事を知った。
終戦後、蚊に刺されても化膿するので、病院で検査を受けたところ、白血球が常人の半分しかない、というので白血球を増やす薬を飲んだら全快し、化膿しなくなった。
私は80歳を超えているが、心筋の収縮力が加齢により弱くなっているというので、血圧降下薬を飲んでいるが、それ以外に病気ひとつしないので、海軍時代の仲間から「貴様は特に元気だ」と言われている。
(竹原に行ったのは海軍の同期生でも、極く少数の200名位で、殆どはかなり離れた江田島にいた)

だから私は「原爆の塵を一杯受けたから、却って元気になった」などと良く言っているが、以下に書かれているように、ガンをはじめ様々な障害は、一般人に比べむしろ少ない位なんだろう、と思っている。

よほど、長時間多量の被爆があった場合は知らないが、今の原発の被爆など気にしなくてもいいのでは無いかといつも思っている。
私がこの話をすると決まって「子供が心配」という返事が返ってくるが、下記の本を読み正しい知識を持ってから考える事だと、つくづく感じるこの頃である。


皆様 へ 原発及び放射線の問題に関する極めて重要な資料です。
放射線・原発問題の決定版! 『原発安全宣言』(渡部昇一・中村仁信著)
福島原発事故以来、放射線問題は科学に基づく議論ではなく、放射能恐怖をあおる反核・反放射線ヒステリーに世が席巻されてきた。放射線絶対悪、1ミリシーベルト以下の放射線量でなければならないなどという文字通りの迷信が跋扈してきた。東大教授が涙を流して言おうとどうしようとこれは正真正銘の迷信である。
なぜなら、人はカリウム40という放射性元素を体内に取り込んでいて、4000ベクレルの内部被曝=その外部放射を行っているのだ。その放射線が無くなると生命は死滅する。放射線のおかげで生きている人間が、放射線絶対悪をわめくなどということは造物主への反逆そのものである。
日本を代表する知の巨人というべき渡部昇一教授は、原発事故以来放射線問題に対する探求を幅広い見地から精力的に行い、世の誤った風潮に対する警鐘を鳴らしてきた。 放射線医学の権威である中村仁信元大阪大学教授は、国際放射線学会(ICRP)第3委員会員も務めた専門家である。
本書では、知の巨人と放射線医学の権威が、放射線問題の重要ポイントをあまさず論じている。対談なので非常に分かりやすくなっているが、大事な点については、「解説」コラムで図表、データを示して説明されており、根拠が明確に示されている。「解説」は26に及ぶ。
主な内容は次の通りである。

第1章;原発を止めた放射能恐怖
第2章:広島・長崎のデータを使わない反原発論者
第3章:国連はいっこくも早く「除染をやめよ」と警告している
第4章:これからの原発と代替エネルギー


特に第4章で主張されている広島・長崎のデータのことは重要である。被曝生存者が20万以上おり、その追跡調査が可能なため、多くの内外の学者のよって追跡調査分析が行われてきたのである。その結果が示すものは、瞬間被曝100ミリシーベルト(時間当たりにすれば数倍以上になる)以下の場合、ガンをはじめ様々な障害は、一般人に比べむしろ少ないくらいで、決して多くはないことが確認されているのだ。遺伝への影響にしてもニール博士の詳細な調査によってそれがないことが確証されている。にも拘らず、1ミリシーベルトの除染だ、年間で50ミリシーベルトにもならないのに子供への影響が心配だとか何とか脅されて未だに福島は避難解除がなされていないのである。

是非この書を多くの方々に読んでいただき、原発事故とその放射線問題の実際がどのようなものか知っていただきたい。それを全ての政治家に伝えていただきたい。マスコミにこの真実を取り上げさせるようにして頂きたいと願うものである。
『原発安全宣言』(渡部昇一・中村仁信著)(遊タイム出版)(定価:1200円)

平成25年8月25日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道拝





テーマ:日本を憂う - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
止めるか、休むかー二者択一。
2014/03/06 [Thu]10:02
category:放言
皆様 へ    御参考迄に From: NPO法人百人の会
尖閣どころか沖縄領有まで狙う中国 メディア総動員で「日本が盗んだ」 
中国の出版社が出した「琉球本」「尖閣本」や、沖縄に関するニュースを伝える中国系新聞。中国政府による“洗脳”は着実に進んでいる
沖縄県・尖閣諸島を連日、脅かす中国公船。習近平体制がスタートしても圧力は一切収まらないが、尖閣10+ 件だけに目を奪われていると足下をすくわれかねない。危険な大国はすでに別のターゲットも定め、深く静かに行動を起こしている。

「沖縄は中国のもの」-。メディアを総動員して国民を教育、尖閣はおろか沖縄本土までねらっているというのだ。

東京・池袋。JR池袋駅北口を出ると、中国語が書かれた無数の看板が目に飛び込んでくる。中国人が経営する飲食店や雑貨店が集まる都内有数の中華街だ。その一角に在日中国人向けの書店がある。

『尖閣本』は、今一番の売れ筋ですよ」  中国出身の店主は、たどたどしい日本語でこう話す。

ヒットしているのは『釣魚島是中国的』で、訳すと「魚釣島は中国のもの」。尖閣の領有権を主張する中国政府の言い分を中・英・日本語でまとめたものだ。

同書をはじめ、新刊コーナーには中国領であることを前提とした尖閣10+ 件の地図など、中国製書籍が所狭しと並ぶ。先の店主は「日本が尖閣10+ 件を国有化した9月以降ハイペースで出されている」と説明する。

中国の出版事情に詳しい早稲田大・現代中国研究所の鄭成主任研究員は「1990年代以前は、国営ばかりでしたが、最近は民間の出版社も作られ規制が緩くなってきた。

しかし、いまだにほとんどすべての著作物に政府の検閲が行われる。出版物の内容も政府の意向が働くケースがある」。政府の意向が反映されていない書籍は皆無なのが現実という。

驚かされるのは「尖閣10+ 件本」の横に、沖縄領有権の正当性を訴える『琉球是中国的』と題した書籍も並んでいることだ。同著はノーベル賞候補にもなった中国人作家、鄭義氏のもので、琉球王朝が清国と朝貢関係にあったことなどを指摘し、中国と沖縄の歴史的な関係を紹介。

地元住民による在沖米軍基地の反対運動を取り上げ、「琉球群島の人民の反日反米感情が高まっている」「(沖縄県民が)中華の大家族に帰りたがっている」など、仰天する見解を綴っている。

沖縄の領有権を主張する書籍は複数出版され、先の店主は「実際にそう考えている中国人は多い」と証言する。 こうした認識が浸透するのは、もちろん、中国共産党の戦略の“成果”といえる。

『胡錦濤・中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ)の著書で知られるジャーナリストの宮崎正弘氏は「共産党の情報戦略の一環で、世論を形成して実効支配にまで持ち込む。

チベットやウイグル侵攻の際も使った手法で、他国の領土を侵略する際の常套手段。沖縄に権益を広げたい中国共産党がメディアを使って、国民の間に『沖縄=中国』という意識を植え付けている」と警告する。
宮崎氏によれば、人民解放軍は、世論誘導やメディア操作などの手法を研究した『超限戦』という軍事専門書をテキストとして使用。軍部内には、実際に情報戦の専門部署もある。

「官製の反日デモが起こるたびに『回収琉球(琉球を取り戻せ)』と書かれたプラカードが大量に出回る。『日本が中国から沖縄を盗んだ』という考えを国民に浸透させる意図がある。ある日突然、中国政府が公然と沖縄の領有権を主張してもおかしくない」(宮崎氏)
“洗脳”を駆使して
現在使っているこのパソコン、2014,4,8でサポート終了のため使用できないそうである。実に長い間、使用したのでこれを機会に、休むか止めるかにする。

テーマ:生きてきた証しとして - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
沖縄問題の早期解決を。
2014/03/05 [Wed]14:28
category:放言
中韓米の靖国参拝批判、6割超「納得できない」 内閣支持率50%台回復2014.1.6 12:03<
産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が4、5両日に実施した合同世論調査で、安倍晋三内閣の支持率は52・1%となり、昨年12月14、15両日に行った前回調査に比べて4・7ポイント増え、50%台に回復した。不支持率は32・5%(前回38・7%)だった。

いつまで安倍首相に続けてほしいかも併せて聞いたところ「次の衆院選まで」が最多の38・4%で、これに「できるだけ長く」(35・6%)が次いだ。「早く辞めてほしい」は11・5%だった。
安倍首相が昨年12月26日、靖国神社に参拝したことについて「評価する」とした回答は38・1%、「評価しない」は53・0%だった。

評価するとした人の74・0%が「戦争の犠牲者に哀悼の意を示した」ことを理由に挙げた。評価しない人の理由は「外交的配慮に欠ける」が61・9%に達した。

ただ、首相の靖国神社参拝を中国や韓国が非難していることに対しては「納得できない」が67・7%を占め、「納得できる」(23・3%)を大きく上回った。米政府が「失望した」とする声明を出したことにも約6割が「納得できない」と回答した。また、靖国神社とは別に無宗教の国立追悼施設をつくることに否定的な意見が多かった。

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾=ぎのわん=市)移設問題では、同県名護市辺野古(へのこ)に移設する政府方針を53・6%が支持した。
昨年12月27日に辺野古での埋め立てを承認した仲井真(なかいま)弘多(ひろかず)知事の判断を評価したのは56・5%で、評価しない(33・3%)を上回った。

沖縄の基地問題で騒いでいる連中の7,80%は県外の人たちであるという。しかも、アゴ・足つきといわれているそうである。沖縄にはさして大きな産業がないだけに、県民の多くは、本音では基地は賛成といわれている。
反対運動の背後には、中国及び左翼がいるのではないか?

 

テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
老少不定ー花の命は短くて、
2014/03/04 [Tue]16:54
category:放言
 昨日3月2日、家内の姉の33回忌に行って帰ったところ、親友の0さんから℡があって、寺田圭吾氏が二月末に亡くなったそうだが知っているかとのこと、ビックリ仰天。時々お会いしていたが顔色はよいし安心していた。毎朝、夫婦で瀬板の森公園を1時間散歩するなど、健康管理には気を付けていた模様だが、人の寿命なんて一寸先は何が起こるか分からない。市役所定年退職後は温厚な人柄で、絵を描き、碁を打ち時々ゴルフするなど優雅な晩年を送っていたようだった。美しい奥さんを残して無念ではないだろうか。謹んでご冥福を祈る。
私も84歳まで生きると、知人がドンドン死んでいく。しかも多くは私の年下だ。
今年の初盆は親戚を含めて十数人。

幼少の頃、腺病質で病気ばかりして、主治医から二十歳までの命と宣告され、4月1日まで早生まれだったが、一年遅れて入学したほどだった。しかも小学5年生の夏休み肋膜炎を患い、2学期、3学期は全休した。勝ち気の母は、1年遅れて入学したのでこれ以上遅らせる訳にはいかないと校長、担任に圧力をかけて6年に進級した。
その上驚いたことに、当時、難関中の難関校の小倉中学に受験させたのに、担任は、これまた正気の沙汰かと驚いた模様。首尾よく入学したものの、287人中、256番。5年を休んだので、成績の善し悪しは云わないと言っていた父は、夏休み中特訓できたわれた。その甲斐あって2学期は、104番上がって252番だった。

テーマ:生きてきた証しとして - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
山本文郎氏の死を悼む。
2014/03/01 [Sat]16:08
category:放言
 去る26日、温和な山本さんがなくなった。
実は2011年、1月28号の『週間朝日』「70歳からの愛とセックス」の特集があった。
根がスケベーな私は、面白い記事なので、何時か役立つかもしれないとコピーして保存していた。こんなに早く役にたつとは?こんなに早く利用できるとは思わなかった“惚れる気持ちに年なんて関係ない”
「もう年だから、色恋なんて・・・」
とあきらめていませんか?  どうぞ見習ってください。68歳で24歳年下の成田常也さん(64)と結婚した内海圭子さん(88)と、73歳で31歳年下の由美子さん(45)と再婚したフリーアナウンサーの山本文郎さん(76)、2組合わせて55歳年下婚というご夫婦。高齢&年の差婚ならではの幸せや悩みをとことん語ってもらいました。友人・知人の全員、異口同音に、アッチの方は大丈夫かと必ずたずねてくる。お気の毒なのは、折角、幸せを掴んだ由美子夫人だ。山本氏との推定4,5年の新婚生活だ。
週間朝日に載った嬉しそうな美しい婦人の写真が脳裏に焼き付いている。
渡辺淳一の『愛ふたたび』にあるように、アレがダメなら、優しい愛の言葉と指や唇があるサ。

パソコンの字が小さくて誤植や返還ミスが実に多いのが悩みのタネ。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:その他

  COMMENT(2)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ