プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
中国の野望。
2013/11/29 [Fri]13:54
category:放言
皆様 へ 御参考迄に
         大橋武郎   NPO法人百人の会

尖閣どころか沖縄領有まで狙う中国 メディア総動員で「日本が盗んだ」 

中国の出版社が出した「琉球本」「尖閣本」や、沖縄に関するニュースを伝える中国系新聞。中国政府による“洗脳”は着実に進んでいる

 沖縄県・尖閣諸島を連日、脅かす中国公船。習近平体制がスタートしても圧力は一切収まらないが、尖閣10+ 件だけに目を奪われていると足下をすくわれかねない。危険な大国はすでに別のターゲットも定め、深く静かに行動を起こしている。

 「沖縄は中国のもの」-。メディアを総動員して国民を教育、尖閣はおろか沖縄本土までねらっているというのだ。
 東京・池袋。JR池袋駅北口を出ると、中国語が書かれた無数の看板が目に飛び込んでくる。中国人が経営する飲食店や雑貨店が集まる都内有数の中華街だ。その一角に在日中国人向けの書店がある。

『尖閣本』は、今一番の売れ筋ですよ」  中国出身の店主は、たどたどしい日本語でこう話す。

ヒットしているのは『釣魚島是中国的』で、訳すと「魚釣島は中国のもの」。尖閣の領有権を主張する中国政府の言い分を中・英・日本語でまとめたものだ。

 同書をはじめ、新刊コーナーには中国領であることを前提とした尖閣10+ 件の地図など、中国製書籍が所狭しと並ぶ。先の店主は「日本が尖閣10+ 件を国有化した9月以降ハイペースで出されている」と説明する。

 中国の出版事情に詳しい早稲田大・現代中国研究所の鄭成主任研究員は「1990年代以前は、国営ばかりでしたが、最近は民間の出版社も作られ規制が緩くなってきた。

しかし、いまだにほとんどすべての著作物に政府の検閲が行われる。出版物の内容も政府の意向が働くケースがある」。政府の意向が反映されていない書籍は皆無なのが現実という。

 驚かされるのは「尖閣10+ 件本」の横に、沖縄領有権の正当性を訴える『琉球是中国的』と題した書籍も並んでいることだ。同著はノーベル賞候補にもなった中国人作家、鄭義氏のもので、琉球王朝が清国と朝貢関係にあったことなどを指摘し、中国と沖縄の歴史的な関係を紹介。

 地元住民による在沖米軍基地の反対運動を取り上げ、「琉球群島の人民の反日反米感情が高まっている」「(沖縄県民が)中華の大家族に帰りたがっている」など、仰天する見解を綴っている。

 沖縄の領有権を主張する書籍は複数出版され、先の店主は「実際にそう考えている中国人は多い」と証言する。 こうした認識が浸透するのは、もちろん、中国共産党の戦略の“成果”といえる。

『胡錦濤・中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ)の著書で知られるジャーナリストの宮崎正弘氏は「共産党の情報戦略の一環で、世論を形成して実効支配にまで持ち込む。

チベットやウイグル侵攻の際も使った手法で、他国の領土を侵略する際の常套手段。沖縄に権益を広げたい中国共産党がメディアを使って、国民の間に『沖縄=中国』という意識を植え付けている」と警告する。

 宮崎氏によれば、人民解放軍は、世論誘導やメディア操作などの手法を研究した『超限戦』という軍事専門書をテキストとして使用。軍部内には、実際に情報戦の専門部署もある。

「官製の反日デモが起こるたびに『回収琉球(琉球を取り戻せ)』と書かれたプラカードが大量に出回る。『日本が中国から沖縄を盗んだ』という考えを国民に浸透させる意図がある。ある日突然、中国政府が公然と沖縄の領有権を主張してもおかしくない」(宮崎氏)

“洗脳”を駆使して沖縄本土まで狙う中国。情報戦への備えが急務だ。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
猪瀬都知事の詭弁。
2013/11/27 [Wed]15:44
category:放言
 昨年12月の都知事選の前、医療法人徳洲会グループから5千万円を受け取った問題で猪瀬知事は、26日都庁で、記者会見し徳田毅議員との間で交わした「借用書」を公開し、個人的な借入金だったと強調したが,
子供だましのような詭弁だった。誰が考えてみても分かるように、5千萬とは大変な金額だ。産経新聞に猪瀬都知事との主な一問一答が載っているが、まさにウソからウソの綱渡り、茶番だ。答弁に行き詰まると「信じていただくしかない」との発言。
常識てきに考えても、事業を起こすとか家を建てる以外、5千万円のお金がいるものか。これは完全に都知事選挙の費用だ。しかも記者会見で見せた借用書も捺印も返済期限ま書いてないし、A4版1枚に日付と名前、金額が記入されているだけで、報道陣から「最近作ったのではないか」と疑う質問に、知事は「間違いなく原本」「信用していただくしかない」と応じたそうだがまさにペテン師だ。
 事が発覚して慌てて徳田議員と口裏合わせて書いたものと思われる。周章狼狽したとみえて、借用書に絶対不可欠な捺印、返済期限が書かれていない。
 産経新聞に掲載された猪瀬知事の主な一問一答を読むとカネの使途は一言も発言せず、シドロモドロの発言は小学生でも信用しないだろう。
借りたのが都知事選の前だけに、万人、都知事の弁明を信用しないだろう。

 秘密保護法案は主権国家に必要だが、あと一週間か十日間、国民に衆知徹底するまで待てなかったのか。自公が圧倒しているだけに、何時でも法案を通すことができるではないか。摩訶不思議なのは、みんなの党の渡辺代表の一挙手一投足だ。野党の纏まらないガンの原因の一つは、彼の自己顕示欲にあるような気がしてならない。
政界では、自民党渡辺派といってるそうだが、まさに至言だ。“当たらずとも遠からず”。

テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(4)
格調高いコメント。
2013/11/26 [Tue]12:14
category:放言
 「翁の後輩」、「やじうま根性」、「原田進」、「田中治療院・田中安子」なかでも「翁の後輩」氏の“黒崎の昔と今”や、格調高いコメントは一読に値する。「やじうま根性」氏のむかし総会屋でならした情報も一興が。原田氏は選挙情報通だけあってNHK始めマスコミに詳しい。田中さんは、女性らしい気取らない素直な文章に好感だ。韓ドラばかり見ないで、俳句や短歌に目を向けると伸びるような気がする。

 月刊『文藝春秋』に連載された渡辺淳一の『天上紅蓮(テンジョウグレン)』[(平成21年8月号~22年12月号連載)が、単行本になったら読みたいと思っていたが迂闊にも、2011年に単行本になっていた。やっと手に入ったので、昨晩から読み始めたが、約60冊の資料を基に書かれたもので、なかでも角田文衛の「待賢門院璋子の生涯」に触発されたのが,書く動機になっていたそうで、些細な個所は著者の想像だが、大筋は史実に近いと思われる。
当時、最高の権力者であった61歳の白川法皇と、その寵愛を一身に受けた14歳の璋子(たま子)との恋は、大らかな平安時代とはいえ、貴族文化を灰にしまうほどの烈しい紅蓮の炎であった。特に驚くのは、愛しい璋子を法皇の孫である鳥羽天皇の中宮(后)にしたことである。「源氏物語」でも分かるように、奈良・平安時代は性には自由で、両親の一人が違ったら兄妹でも結婚できるほどののどかさであった。
 
 最近、年の差結婚が茶の間を賑わしているが、白川法皇には逆立ちしても及ばないだろう。
出生率の低下で日本の未来を危ぶむ声が大きいが、考えてみたら、チョット触ったりHの話をすると、セクハラと騒ぎ過ぎるため、男性が萎縮しまったのではなかろうか。私も平安時代に生まれたかったナア! (T) 

テーマ:こころのままに - ジャンル:その他

  COMMENT(2)
首長選挙で、自公民、推薦また支持の候補の敗北。
2013/11/25 [Mon]10:57
category:放言
 自民・公明が勝ちすぎて油断したのか、さてまた天狗になったのか、最近の主な市長選挙は、自・公に加え民主が相乗りして支持または推薦しても大敗するか、勝つても辛勝すれすれである。
神奈川県川崎市でも自・公・民が推薦した現職の候補が、ダブルスコアで無所属新人に大敗している。昨年総選挙後の主な市長選でも敗北または苦戦している。神戸市の場合でも、まさに氷面を踏む思いで辛うじて勝ったのである。
 福島市でも無惨な敗北を喫し、郡山市、いわき市、二本松市、広野町でも大敗を喫し、福島県内の首長選挙は全廃である。この理由は、人それぞれであろうが、私は、自民単独でも圧勝し、ねじれが解消したのだからだから思い切って初志を貫徹し、中韓の顔色を伺って、未だ靖国参拝しないことに加え、昨日このブログで述べたように、強烈な反日指導者・江沢民の銅像を、自分の選挙区・和歌山第3区に建立しようとした売国奴・二階俊博を自民党の役員に抜擢したことである。
商店街を閑古鳥が啼くよう衰退させた張本人・小泉純一郎がまたぞろ息をふっかえし、また各地で勝手なことを喋っているようだが、資源が少ない日本では、原子力発電は必要悪だ。安倍総理は怯(ひる)むことなく信念をとおすべきだ。

十年前まで長い文章が書けたのに、ワンフレーズしか書けなくなった。最近コメントも格調高くなった。従ってコメントをお読み下さい。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
江沢民を告訴。
2013/11/24 [Sun]09:43
category:放言
江沢民氏に逮捕状 中国メディア、黙殺 当局、国内への影響で苦慮2013.11.22 11:05 [中国]
 
北京=川越一】21日付の中国各紙は、スペインの全国管区裁判所がチベット族虐殺に関与した容疑で江沢民元国家主席ら5人に逮捕状を出したニュースを黙殺した。20日の記者会見で「強烈な不満」を表明した中国外務省も、インターネットの公式サイトに逮捕状に関するやり取りを掲載しなかった。チベット族の主張に基づいて出された今回の逮捕状に関し、当局は国内に影響が広がらないよう苦慮しているとみられる。

 一方、外務省報道官は20日の会見で、今回の措置が中国・スペイン関係に悪影響を及ぼす可能性があると警告したが、中国の華僑向け通信社、中国新聞社によると、スペインの華字紙、欧華報はすでに昨年来、スペイン国内の反中感情が高まっている状況についてたびたび懸念を示していた。欧華報によると、2008年ごろから経済危機に陥ったスペインで失業者が600万人を一時突破する中、料理店や雑貨店などを営む中国系移民が増加。08年5月に約2万人だった中国系の登記者数は今年5月には倍増したという。

 同紙は7月、「スペイン政財界は中国人の投資を呼び込もうとしてきたのに、スペイン社会は中国人が中国に帰ることを求めている」とし、不況に苦しむスペイン国民の間で中国系への風当たりが強まっていると指摘。また、4月にはスペインのテレビ局が中華料理店の「人肉」使用を暗示する番組を放送し、中国系移民らによる抗議デモに発展したという。
上記の記事は、インターネットの記事を複写したもので、中国に気兼ねしてか産経新聞以外一行も載っていない。私の記憶によれば、江沢民が来日した際、天皇に対して実に失礼な発言をして顰蹙(ヒンシュク)をかったものである。彼は強烈な反日思想の持ち主でしられれている。日本に馬鹿な政治家がいるとみえて、自分の故郷に、彼の銅像の銅像建立を計画をした者がいた。(さすが実現しなかったが。)   (T)

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
世論の恐ろしさ。
2013/11/19 [Tue]11:25
category:放言
19日に、「産経新聞・FNN 合同世論調査 主な質問と回答」が発表された。
その中で私が特に気になったし、政財界に大きな波紋を呼び起こしたと思われる点を紹介する。
韓国は外交や経済活動の相手国として信頼できるか。   信頼できる  16,8
   信頼できない  82,7  他 13,9

いわゆる慰安婦問題に関する「河野談話」には、日本の官憲が女性を強制的に慰安婦にしたと受け取れるyぷな記事がある。それを裏付ける公的資料が見つかっていない中で、河野談話を見直すべきだと思うか
   思う 55,0  思わない 27,5  他 17,5>
消費税に関して来年4月から8%に引き上げる方針に賛成か
   賛成  52,2  反対  44,9   他2,9法律通り平成27年10月に消費税率を8%から10%に引き上げることに賛成か   賛成  26,4   反対  65,6   他  8,0
どの政党を支持するか 自民党 38,8(前回42,0)  民主党 6,2(5,1) 日本維新の会 5,3(5,0)
 みんなの党 3,5(3,5)  公明党 3,5(3,9)  共産党3,1(3,9)  
 社民党 1,2(1,1)  生活の党 0,7(0,7)  その他の政党 1,1(1,1)
 支持政党なし 36,4(33,3)
 
恩を着せるわけではないが、朴ク恵韓国大統領の反日発言は余りにも異常だ。歴史認識がなさ過ぎる。
朝鮮合併にしても、欧米と違って武力で制圧したのではない。当時の政治団体からの要望に応えたものだ。しかも植民地から資源資産を一方的に収奪したのでなく、50校ぐらいしかなかった小学校を1000校に増やし、禿げ山に植林し、道路、鉄道、港湾などインフラを整備したのだ。感謝されても恨まれることはないはずだ。
近く伊藤博文を暗殺した韓国の英雄・安重根の銅像を建立する模様だが、伊藤博文は合併に反対だった、彼が暗殺されたから合併されたのだ。  (T)                                                                                                                                                                                                                                                            
  COMMENT(3)
女もいろいろ。
2013/11/18 [Mon]15:21
category:放言
『ウオン安の韓国にダチ(男ホスト)買いに行く日本のオバさまたち』

 世界金融危機による打撃がヒドかった国の一つにアゲられている韓国では、100円=1500ウオンという異常な円高・ウオン安の為替相場が続き、日本から年末ー年始の観光客が殺到している。あの国の史跡、景観を見て歩く純粋な観光客もいるが、首都ソウルなどで、国際的に割安となったブランドもの漁りを目的とする”不純客”も多い。

 それに、かてて加えて、男性客なら韓国へ行ってカジノに行ったり、オイシい焼肉をタラフク食べて、夜は妓生(キーサン)をあげて韓国酒を飲む遊客が少なくない。日本の旅行社のナカには、ソウルの歓楽街などを会場とする忘年会、新年会ツアーを組んで、二次会も手配している業者がいる。異常な為替相場のセイで、往復の航空運賃を入れても、韓国での宴会の方が、お安くつくとか。

 最も衝撃的だったニュースは、主として日本の中年女性が、”ヨンさま”のような、韓流ハンサム男を求めて、ソウルなどに繰りこんでいる、という韓国日報の報道である。わが大和の国のオバさまたちは、円高・ウオン安を好いことにして、極上のナムジャダチ(略称・ダチ、男性ホストのこと)を求めて、朝鮮海峡を渡って来る、という。

 さすがに、この方は我が旅行社もツアーを組むワケにも行かず、オバさまたちは、前もってインターネットなどで、ダチの代理・仲介業者(日本に出張員がいることもある)を探しあて、日程調整のうえ、お好みのダチと韓国で”密会”するらしい。韓国日報によると、ダチのお相手料は一夜、5万円(75万ウオン)で、うち2万円(30万ウオン)は手数料として仲介業者が徴収し、ダチ自身の”手取り”は3万円(45万ウオン)だ、という。

 韓国日報はその一方、ソウルの高級風俗街、江南から美女ホステスが合法的もしくは非合法的に渡日し、東京・赤坂、新宿などのコリアン・バー、クラブなどで働き、アッチも含めて、日本で稼ぎまくっている、と報じている。コリアン・バー、クラブのマダムたちは、十年前のアジア通貨危機の際と同様、安く美女ホステスを”本場”から引き抜く好機だとして、ソウルまで出張、面接し、多額の”手付け金”を手渡しして、引き抜きを確実なモノにしていると、いわれる。
(R・H)    2008,12,24(水)

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  COMMENT(2)
「筆おろし」とは。
2013/11/16 [Sat]19:26
category:放言
『アキバ族に人気の”筆おろし”指南書、貧富の格差は恋愛格差に連動する』

 東京の秋葉原、大阪の日本橋といえば、若者のタマリ場として超有名だが、アキバ族、ニッポンバシ族に最近、よく売れている本が”童貞・脱出”教示本、”筆おろし”指南書だと、多くの軟派ニュース通信が伝えている。アキバ族、ニッポンバシ族には、定職がなく、ブラブラしているニート族や派遣社員が多く、彼らの大半が案外、童貞だから「売れる」というのである。

 著者名「三葉」で、11月下旬、売り出された「30歳の保健体育」という、童貞むけセックス学(?)教科書は、秋葉原で飛ぶように売れ、重版をかさねている、という。インターネットによる書籍通信販売業者の最大手、アマゾンでも、この本が受注数トップを占めている。「30歳の保健体育」は、野外プレーやブッカケを”外道”として排斥し、マトモなデートの仕方や、キッス、実技まで、”正道”を、わかりやすく説明しているだけで、際立って特異な叙述はない。

 やはりベストセラーになった新書「中年童貞」の著者、渡辺伸さん(35歳)は、みずから立ち上げた全国童貞連合の会長だ。彼の話によれば、同連合の会員、約500人の半分以上が、年収200万円以下のニート族、派遣社員である。「30代終わりまでにパートナーを見つけないと、40代の”独身男”は”愛のアクション”への衝動が起こらなくなる」と、渡辺さんは言う。

 渡辺伸説でも、「恋愛格差」と「貧富の差(身分格差)」とは、密接な関係があり、労働政策研究・研修機構
 <<25-29歳の男で配偶者がいる割合い>>(1)正規社員=34・7%。(2)非正規社員=14・8%。
(R・H)
『筆おろし』とは、セックス未経験者の男性が経験豊富の女性とセックスすることである。
経験のない男性が始めてセックスすること。童貞喪失。経験豊富なお姉さんが童貞君を食べちゃうこと。
鹿児島にあった旧制七高では、コンパのあと酒の勢いで集団で遊郭にいった。当時、遊郭は田舎にあったためドイツ語で遊郭のことをドルフといっていた。私は大学の予科のコンパのあと、みんなで渡れば恐くないと集団で、新宿二丁目に行って童貞を失ったが、天下の大秀才の一高生や早稲田の学生が集団で来ていた。格調高い翁の後輩さん、情報通の原田さん、昔総会屋のやじうま根性さん、素直な文章の田中さん!。コメント有り難う。(T)

テーマ:笑えるグッズ - ジャンル:お笑い

  COMMENT(3)
ギャンブルの怖さ。
2013/11/15 [Fri]09:46
category:放言
『女性に多いギャンブル依存症、パチンコ、パチスロにはまって、我れを忘れていないか、どうかを試す10条件(問題)・・・・』
「パチンコやパチスロにはまり過ぎて、一年で600万円も借金を重ねる主婦がいます」と、このほどNHKの「あさイチ」で、小林考司アナンサーはギャンブル依存症の”怖さ”を解説した。ギャンブル依存症”患者”は、由来、オトコよりもオンナの方が多いとされ、小林アナの質問に答えるカタチで、精神科医、岩崎正人博士(日本医大講師)は、ギャンブル依存症の初期”患者(?)か、どうか、見きわめる次の10条件(問題)をあげ、うち 5問 に対して「その通りです」と答えれば、間違いなくその女性は、ギャンブル依存症の初期”患者(?)”だと、述べた。
1)イヤなことが起これば、その度にパチンコ屋、パチスロ屋に行く。
(2)パチンコ、パチスロのことが、頭から離れない。
(3)パチンコ屋、パチスロ屋などに日に一回は行っている。
(4)夫などから「ギャンブルを止めろ」と、注意されても、止めることが出来ない。
(5)パチンコ、パチスロなどに注ぎ込む”おカネ”が、日ごとに増えて行く。
(6)なにか他のコトで損したとき、その損をギャンブルで取り戻したい、と思う。
(7)ギャンブルにはまって、仕事や職場、家庭内などの人間関係に影響が出て来る。
(8)パチンコやパチスロをやりたくて、平気で嘘をつく。
(9)パチンコ代やパチスロ代に使うため、夫をはじめ、他人の”おカネ“に手を出す。
(10)パチンコ代やパチスロ代に充てるため、万引き、盗みなど、違法行為をやる。
(R・H)

テーマ:パチンコ・パチスロ - ジャンル:ギャンブル

  COMMENT(0)
綸言汗の如し。
2013/11/14 [Thu]10:41
category:放言
大橋武郎 From: NPO法人百人の会 共同通信、
朝日新聞のデスクが改竄した捏造記事で御注進とは・・・・・・。歴史学の基本の問題だ。共同通信は麻生氏に謝罪せよ。


青山繁晴、麻生太郎副総理の憲法改正に巡ってのナチス発言撤回にについて、 「あの発言の何が問題なのか?」麻生氏「真意、理解してもらえた」 辞職を否定 2013年8月2日12時11分 

麻生太郎副総理兼財務相は2日、憲法改正をめぐりナチス政権を引き合いに「手口に学んだらどうか」などと発言したことについて「誤解を招いた点は撤回すると言ったので、真意を十分に理解してもらえたと思う」と述べ、国際社会から理解を得られるとの認識を示した。

麻生氏は1日に発言を撤回。この日の会見では「狂騒の中でナチスが出てきた悪(あ)しき例として我々は学ばないといけないと言った」と改めて釈明した。批判声明を発表した米国のユダヤ人人権団体に陳謝する考えは「ない」とも強調。野党からの閣僚・議員辞職要求についても「辞職するつもりはない」と否定した。


閣僚らは会見で発言撤回に理解を示した。甘利明経済再生相は「物事をやさしく説明しようとして誤解を招いてしまったのではないか」。他の閣僚も「憲法議論は平静にやってほしいという趣旨。賛成だ」(谷垣禎一法相)、「麻生氏の説明を信じたい」(山本一太沖縄・北方相)と語った。
 
「綸言汗の如し」とは、天皇、皇帝の発言は、汗のように元に戻らない。従って、権力の立場ある者は慎重に言葉を選んで発言すべきだ。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(5)
東アジア波高し。
2013/11/13 [Wed]10:42
category:放言
『今月中旬以来、済州島沖など、黄海などで”中韓海戦”が激化、韓国の排他的経済水域(EEZ)に多数に中国漁船が侵入、密漁(?)、一週間で中国漁船、約30隻を韓国海洋警察が拿捕!』

 今月中旬以来、我が九州に近い済州島沖など、黄海上で、韓国と中国との”海戦”が激化している。韓国海洋警察は11月15日以来、一週間で、韓国が主張している排他的経済水域(EEZ)で、船籍を偽装し、国際法を犯してまで密漁(?)操業していた中国漁船、約30隻を拿捕(ダホ)したが、韓国側も若干ながら負傷者を出している、と発表した。

 以上は韓国側の新聞、テレビ、ラジオや、中国のインターネット”新聞”、環球時報などを参考にして、わがサーチナ通信が報じてきたニュースで、韓国側のソウル新聞などは、EEZは国際法でハッキリ韓国の”占有海域”と認められている水域なので、韓国・国内法によって被拿捕・中国船長らを、厳正に裁くべきだ、という強硬論を展開しているという。サーチナ通信によれば、”中韓海戦”の模様は以下のとおり。

(1)韓国のEEZに侵入してきた中国漁船は大船団を組み、互いに連絡をとりながら乱獲しているフネが多く、韓国旗を掲げたりして偽装しているモノが少なくない。
(2)11月16,17両日だけで、韓国海洋警察は、密漁(?)中の中国漁船26隻を拿捕した。
(3)11月19日早暁、午前3時ごろ韓国側、済州(島)海洋警察の大型警備艇は、乗組員18人を数える中国漁船を、EEZ内で密漁していた疑いにより拿捕した。同漁船が拿捕されたコトを知った付近で乱獲(?)中の中国側、大漁船団は互いに無線で連絡をとり合って、午前5時ごろ、拿捕現場ちかくの水域に集結し、計、約25隻で、逆に韓国側・警備艇を包囲、威嚇して、被拿捕・中国漁船を奪い返そうとした。韓国側は付近海域に警備艇14隻、ヘリコプター2機を急派して、済州(島)海洋警察の大型警備艇を支援し、さらに中国側漁船、2隻を拿捕した。この”海戦”で韓国側も海洋警察官が数人、負傷した。韓国側が見たところ、中国側・漁船の乗組員は鉄カブトをかぶり、手にオノ、ヤリなどを持って”武装(?)”していた。
(R・H)
   2011,11,21(月)
遠交近攻ー日中韓ー東アジアの波高し。

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
日に日に死が近づいてくる。
2013/11/12 [Tue]10:28
category:放言
 図書館で2001年発行の近藤啓太郎と安岡章太郎の対談の『齢(よわい)八十いまなお勉強』を見つけて読んでいる。近藤は1920年三重県で生まれ東京武術学校を卒業。画家で作家。1965年「海人舟」で、第35回芥川賞受賞。日経に連載された「白閃光」は大きな話題を呼んだ。2002年死去。
一方安岡も1920年高知県で生まれ、慶応大学を卒業東後8年間、脊髄カリエス病床に臥し、1953年、「悪い仲間」 「陰気な愉しみ」で第29回芥川受賞。2013年92歳老衰のため死去。

 日に日に老いが進み、毎朝、髪に櫛をいれると、髪の毛が数十本櫛に区ついている。背も縮んだような気がする。
近くを20分散歩しているが歩くのが覚束ない。毎日図書館に行っているが、三階までは用心て手摺りを伝って上がっているが、下りはエレベーターを使っている。何といっても驚くのは、一週間の経つことの早いことだ。
死ぬのは恐くはないが、転んで足の骨を折り寝たきりになって家族に迷惑をかけるのが心苦しい、今月の始め亡くなった姪は、本人が主治医に、延命治療はしないでくださいとお願いしたが、医師も最低の治療はしていた。
死ぬのもエネルギーがいるとみえて、危篤と宣言されて約二十日間、意識はないが生きていた。
先日亡くなった島倉千代子さんは、死の三日前レコーディングしたそうだ。見事な職業意識だ。(T)

テーマ:心のつぶやき - ジャンル:心と身体

  COMMENT(1)
島倉千代子の死を悼む
2013/11/10 [Sun]15:47
category:放言
『ヒツギや骨壺に生前使用の携帯電話を入れたり、墓石にその番号を彫り入れるのが一傾向、米英加豪』

 このほど米NBC放送が伝えたところによると、アングロサクソン文化の影響下にあるアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどの国々で、近親者が逝去する場合、ヒツギや骨壺の中に、故人が生前、使用していた携帯電話を入れたり、お墓の故人名の下に愛用ケータイの電話番号を彫り込むのが、ひとつの傾向になりつつある。この傾向は、5,6年前から顕著になり、40-50代の”働き盛り”で亡くなった人や、生前、IT産業に携わって来たエンジニヤーなどに、ケータイ所持の”あの世”行きを望むケースが多いらしい。(英米などには、いぜん火葬せずに、土葬を希望する人が少なくない)

 もちろん”あの世”へ行っても、お墓の下から遺族や知り合いと交信できる、という故人の遺志にモトズくことが多い。しかし、遺族側にとっても、なにか故人と連絡できるような”妄念(?)”にとりつかれるコトが少なくないらしい。”あの世”まで持って行った故人のケータイの電源を切るコトなく、墓石の下の携帯電話料を一定期間、払い続ける遺族も間々ある、という。

 イギリスの「年を取るにつれ心配」(Age Concern)という団体が、最近、60歳以上の高齢者に、予想される自分の葬儀で「ナニをやって欲しいか?」を、アンケート調査したところ、「ヒツギにケータイを入れてほしい」が「愛用ベッドとともに火葬して欲しい」と並んでトップだった。他は、「本当に死んでいるのか、どうか、再確認してくれ」、「ハダカで火葬して欲しい」、「自宅の庭に埋葬しくれ」、「ヒツギに入れ歯も入れてくれ」などが上位を占めた。(R・H)    
2008,12,20(土)
今月始めに67歳の姪を見送り、その翌日、再開発の同士のYさんの 野辺の送りを見送った。一昨日は、美空ひばりと並ぶ名歌手・島倉千代子さんの訃報に接した。生者必滅・会者定離とはいえ、別れることは断腸の思いいだ。
私は、幼い頃、腺病質で病気ばかりして、主治医から二十歳まで生きれるかどうかといわれたそうだ。そのため早生まれなのに一年遅れて入学したほどである。それが平均年齢を過ぎまで、馬齢を重ねて今日まで大きな病気もせずに生きてきた。82歳の妹とあと何年生き、どんな死に方をするかと囁きあっている

テーマ:思うことをつれづれに - ジャンル:心と身体

  COMMENT(3)
島崎千代子の死を悼む。
2013/11/09 [Sat]16:04
category:放言
『母親との折り合いがマズい家庭の子ほど、セックスの初体験年齢が早い、母手ずくりの朝飯を食べるか、どうかがカギ』

 家庭の仲がギクシャクし、とくに母親との折り合いがマズいウチの子ほど、年わかくして異性を求める」ーーーこうしたショッキングな結論が、厚労省の委託で行われた日本家族計画協会常務理事、北村邦夫医師らによる国民性生活調査の結果、打ち出された。母親との仲がウマく行っているか、どうかは、中学生時代、母手ずくりの朝飯を、チャンとウチで取っているか、どうかで、分かるそうである。

 北村医師らは2008年9月1日現在、全国で16-49歳の男女、約1500人に対し、性交渉・初体験の年齢をアンケート調査した結果、その平均は19・0歳と出た。問題はセックス初体験年齢と家庭状況との関係で、とくに母親に対し「この世に生んでくれ、育ててくれた女性」と、感謝の気持ちを持っている人の、性交渉・初体験の年齢は上記・年齢より、やや遅く、平均、19・7歳だった。

 反面、母親を嫌い「ウットーしい存在」と見て来た人たちのセックス初体験年齢は、ズッと早く、平均、16・0歳だった。母親に対する好悪のバロメーターは、母手ずくりの朝飯を家庭で一緒に食べて来たか、どうかで、仲よく同じテーブルで、食べていた人ほど、セックス初体験年齢が遅かった。中学生時代、家庭内において取っていた朝飯摂取度と、セックス初体験年齢(後ろの項の数字)との関係は、以下のとおり。

(1)毎日、母手ずくりの朝飯を食べていた人=19・4歳。
(2)おうむね母がつくる朝飯を食べていた=18・3歳。
(3)あまり家庭で朝飯を食べなかった=18・1歳。
(4)家庭で全く朝飯を食べずに、外食で間に合わせていた=17・5歳


 当然、共働き家庭の子の”性の目覚め”も早くなるが、北村医師らは「中学生時代など、早い時期にセックスを経験するコトは、自覚と責任をトモなわないので、良いコトではない」と言っている。
(R・H) 2009,01,13(火)
最近テレビに出ないので気になっていたところ、昨日の突然の訃報に接しまさに驚天動地、驚いた。美空ひばりが動なら、島倉千代子は静、戦後最高の歌手の一人を失った。インターネットにでた紫色の着物姿の島倉千代子の艶(あで)やかな姿に抱きしめたいほどの色気があった。何れテレビで特集があるだろうから。ビデオに収めしっとり偲びたい。(T)

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  COMMENT(4)
中国の野望。
2013/11/08 [Fri]09:27
category:放言


From: NPO法人百人の会 ・ 大橋武郎 尖閣どころか沖縄領有まで狙う中国 メディア総動員で「日本が盗んだ」 2012.11.30

 中国の出版社が出した「琉球本」「尖閣本」や、沖縄に関するニュースを伝える中国系新聞。中国政府による“洗脳”は着実に進んでいる
沖縄県・尖閣諸島を連日、脅かす中国公船。習近平体制がスタートしても圧力は一切収まらないが、尖閣10+ 件だけに目を奪われていると足下をすくわれかねない。危険な大国はすでに別のターゲットも定め、深く静かに行動を起こしている。
「沖縄は中国のもの」-。メディアを総動員して国民を教育、尖閣はおろか沖縄本土までねらっているというのだ。
東京・池袋。JR池袋駅北口を出ると、中国語が書かれた無数の看板が目に飛び込んでくる。中国人が経営する飲食店や雑貨店が集まる都内有数の中華街だ。その一角に在日中国人向けの書店がある。
『尖閣本』は、今一番の売れ筋ですよ」  中国出身の店主は、たどたどしい日本語でこう話す。
ヒットしているのは『釣魚島是中国的』で、訳すと「魚釣島は中国のもの」。尖閣の領有権を主張する中国政府の言い分を中・英・日本語でまとめたものだ。

同書をはじめ、新刊コーナーには中国領であることを前提とした尖閣10+ 件の地図など、中国製書籍が所狭しと並ぶ。先の店主は「日本が尖閣10+ 件を国有化した9月以降ハイペースで出されている」と説明する。

中国の出版事情に詳しい早稲田大・現代中国研究所の鄭成主任研究員は「1990年代以前は、国営ばかりでしたが、最近は民間の出版社も作られ規制が緩くなってきた。
しかし、いまだにほとんどすべての著作物に政府の検閲が行われる。出版物の内容も政府の意向が働くケースがある」。政府の意向が反映されていない書籍は皆無なのが現実という。
驚かされるのは「尖閣10+ 件本」の横に、沖縄領有権の正当性を訴える『琉球是中国的』と題した書籍も並んでいることだ。同著はノーベル賞候補にもなった中国人作家、鄭義氏のもので、琉球王朝が清国と朝貢関係にあったことなどを指摘し、中国と沖縄の歴史的な関係を紹介。
地元住民による在沖米軍基地の反対運動を取り上げ、「琉球群島の人民の反日反米感情が高まっている」「(沖縄県民が)中華の大家族に帰りたがっている」など、仰天する見解を綴っている。
沖縄の領有権を主張する書籍は複数出版され、先の店主は「実際にそう考えている中国人は多い」と証言する。 こうした認識が浸透するのは、もちろん、中国共産党の戦略の“成果”といえる。
『胡錦濤・中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ)の著書で知られるジャーナリストの宮崎正弘氏は「共産党の情報戦略の一環で、世論を形成して実効支配にまで持ち込む。
チベットやウイグル侵攻の際も使った手法で、他国の領土を侵略する際の常套手段。沖縄に権益を広げたい中国共産党がメディアを使って、国民の間に『沖縄=中国』という意識を植え付けている」と警告する。
宮崎氏によれば、人民解放軍は、世論誘導やメディア操作などの手法を研究した『超限戦』という軍事専門書をテキストとして使用。軍部内には、実際に情報戦の専門部署もある。

「官製の反日デモが起こるたびに『回収琉球(琉球を取り戻せ)』と書かれたプラカードが大量に出回る。『日本が中国から沖縄を盗んだ』という考えを国民に浸透させる意図がある。ある日突然、中国政府が公然と沖縄の領有権を主張してもおかしくない」(宮崎氏)“洗脳”を駆使して沖縄本土まで狙う中国。情報戦への備えが急務だ。
原田進さんのコメントの情報通に驚くと共に、「翁の後輩」氏の格調の高さに敬意を表す。今後のコメントに期待する。

テーマ:「ならず者国家」中国 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
役人天国
2013/11/06 [Wed]19:04
category:放言
『あれだけ”悪事(?)”を犯しても上級公務員は退職金が三、四千万円、”法と道”に外れた消防監も警視も皆、”懲戒免職”ではなく”依願退職”、お上の御慈悲か・・・・』
 
 長期不況の日本で、あい変わらず特権を行使し、厚遇されているのは、お役人らしい。現職の国家、地方両公務員とも、民間企業より高い給料をもらい、安い家賃の公務員アパートに住み、衣食住とも得しているのみならず、なにか”法と道”に外れた”悪事(?)”を犯して辞めざるをえなくっても、お上の御慈悲か、”懲戒免職”とはせずに、他のお役人と同様、”依願退職”とし、タンマリ退職金を貰い、年金をチャンと頂けるのである。

 東京消防庁・新宿消防署長の増子信仁・消防監(56歳)は、妻と子二人の父親でありながら、無類のパチンコ”狂い”で、新宿繁華街のあるパチンコ屋に連日、通っているうち、大サービスしてくれ助言までしてくれる、20歳代後半の女子従業員と”深い仲”になり、連夜、彼女のアパートに立ち寄るようになった。その後、約半年たって、彼女に元気いっぱいの若い”新恋人”できて、オジサン”消防監に”別れバナシ”を持ち出したが、増子・消防監は未練タラタラで、彼女の部屋に通い続けた。この夏・某日、白昼、彼女トコロに忍び入ると、ナンとそこに20代の”新恋人”がいるではないか。カーッと
(R・H)大橋武郎 2011,11,24(木)
名古屋の河村市長のように、思い切った大英断を下す政治家が国会でも地方自治体でも出ないものか。
 選挙が近づくと、どの候補者も、選挙民に諂(へつら)って調子のよいスローガンを掲げるが、当選するや否や、豹変し己の身の保全に血道をあげる。口では立派なことを云っている共産党でさえ、国会でも地方議会でも、定数削減には猛反対している。

テーマ:危ない公務員 教諭編 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
権力は必ず腐る。
2013/11/05 [Tue]09:43
category:放言
『麻生総理がまた「低迷」を「テイマイ」と読み違え、毎日新聞が「日本を劣化させる小人マンガ脳首相」と酷評』

 麻生太郎首相は1月6日午後、衆院本会議で、日本経済の現状に関する答弁のナカで、「低迷」(テイメイ)をまたもや「テイマイ」と読み違えた。
国会で「テイマイ」呼ばわりしたのは、昨年12月の参院財政金融委員会における発言についで、二度目。麻生首相はすぐ読み違えに気ずき、「テイメイ」と言い直したが、広い本会議場は失笑のウズに包まれた。

 一方、毎日新聞は同日ずけの紙面に、同社編集委員、牧太郎氏の連載エッセー「大きな声では言えないが・・・」を載せ、そのナカで、麻生首相の資質問題を取り上げ、彼は「無礼、無知、無能、無愛(情)」の最低”四無首相”と酷評し、さらに「あの”小人マンガ脳”世襲首相の下では、日本はいよいよ劣化するのみだ」と、嘆いた。麻生内閣は総理自身を筆頭にして、閣僚の半数以上が世襲議員という、日本近代史上、異例の内閣である。
(R・H)   2009,01,07(水)
上記の記事は、見たらわかるように、R・H氏が死亡前即ち約4年まえ、送られたものである。
現在、麻生氏は村上正邦氏と同様、飛ぶ鳥を射落とすほどの、自民党の最高の影の実力者である。
昔の話を掘り返して書くのは、忸怩(じくじ)たる思いだが、権力者は絶えず批判をしていないと必ず腐れてしまう。勇気を振るって紹介した次第である。

テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
中国の野望。
2013/11/04 [Mon]19:00
category:放言
From: NPO法人百人の会  大橋武郎
尖閣どころか沖縄領有まで狙う中国 メディア総動員で「日本が盗んだ」
 2012.11.30

中国の出版社が出した「琉球本」「尖閣本」や、沖縄に関するニュースを伝える中国系新聞。中国政府による“洗脳”は着実に進んでいる
沖縄県・尖閣諸島を連日、脅かす中国公船。習近平体制がスタートしても圧力は一切収まらないが、尖閣10+ 件だけに目を奪われていると足下をすくわれかねない。危険な大国はすでに別のターゲットも定め、深く静かに行動を起こしている。
「沖縄は中国のもの」-。メディアを総動員して国民を教育、尖閣はおろか沖縄本土までねらっているというのだ。
東京・池袋。JR池袋駅北口を出ると、中国語が書かれた無数の看板が目に飛び込んでくる。中国人が経営する飲食店や雑貨店が集まる都内有数の中華街だ。その一角に在日中国人向けの書店がある。

「『尖閣本』は、今一番の売れ筋ですよ」 
中国出身の店主は、たどたどしい日本語でこう話す。
ヒットしているのは『釣魚島是中国的』で、訳すと「魚釣島は中国のもの」。尖閣の領有権を主張する中国政府の言い分を中・英・日本語でまとめたものだ。

同書をはじめ、新刊コーナーには中国領であることを前提とした尖閣10+ 件の地図など、中国製書籍が所狭しと並ぶ。先の店主は「日本が尖閣10+ 件を国有化した9月以降ハイペースで出されている」と説明する。
中国の出版事情に詳しい早稲田大・現代中国研究所の鄭成主任研究員は「1990年代以前は、国営ばかりでしたが、最近は民間の出版社も作られ規制が緩くなってきた。
しかし、いまだにほとんどすべての著作物に政府の検閲が行われる。出版物の内容も政府の意向が働くケースがある」。政府の意向が反映されていない書籍は皆無なのが現実という。

驚かされるのは「尖閣10+ 件本」の横に、沖縄領有権の正当性を訴える『琉球是中国的』と題した書籍も並んでいることだ。同著はノーベル賞候補にもなった中国人作家、鄭義氏のもので、琉球王朝が清国と朝貢関係にあったことなどを指摘し、中国と沖縄の歴史的な関係を紹介。
地元住民による在沖米軍基地の反対運動を取り上げ、「琉球群島の人民の反日反米感情が高まっている」「(沖縄県民が)中華の大家族に帰りたがっている」など、仰天する見解を綴っている。

沖縄の領有権を主張する書籍は複数出版され、先の店主は「実際にそう考えている中国人は多い」と証言する。 こうした認識が浸透するのは、もちろん、中国共産党の戦略の“成果”といえる。
『胡錦濤・中国の新覇権戦略』(KKベストセラーズ)の著書で知られるジャーナリストの宮崎正弘氏は「共産党の情報戦略の一環で、世論を形成して実効支配にまで持ち込む。
チベットやウイグル侵攻の際も使った手法で、他国の領土を侵略する際の常套手段。沖縄に権益を広げたい中国共産党がメディアを使って、国民の間に『沖縄=中国』という意識を植え付けている」と警告する。
宮崎氏によれば、人民解放軍は、世論誘導やメディア操作などの手法を研究した『超限戦』という軍事専門書をテキストとして使用。軍部内には、実際に情報戦の専門部署もある。

「官製の反日デモが起こるたびに『回収琉球(琉球を取り戻せ)』と書かれたプラカードが大量に出回る。『日本が中国から沖縄を盗んだ』という考えを国民に浸透させる意図がある。ある日突然、中国政府が公然と沖縄の領有権を主張してもおかしくない」(宮崎氏)
“洗脳”を駆使して沖縄本土まで狙う中国。情報戦への備えが急務だ。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
いのち短し恋せよ乙女。
2013/11/02 [Sat]08:07
category:放言
『世界で最も「性の自由」がある国はフィンランド、日本は43位、儒教の東アジアは最下位
世界で最も「性の自由」がある国はドコか?。逆に言えば、世界で性関係に、最も「フシダラ」な国はドコか?』


 このほどイギリスの大衆紙、デーリー・メールが報じたところによると、米ブラッドレー大学の心理学担当、デーヴィッド・シュミット教授らは、上記のような問題意識の下、世界48ヵ国、約1万4000人の成人男女に対し、次の3点などを中心に面接調査し、点数制で総合した結果、下記のような、興味ぶかい順位表が出来あがった。もっとも、この調査では、中露印ならびにインドネシアのような人口過密国、政治的不自由国や、おそらくより以上に性関係が乱れている、と思われる一部北欧、米州諸国等は除かれている。

 結論として言えることは、キリスト教徒が圧倒的な欧米、オセアニアの白人国家がより性関係に寛大であり、儒教の伝統が強い東アジア諸国は性関係に対するシガラミが強く、「性の自由」度では最下位に並んでいる、ということである。ちなみに、日本は43位だった。

<<面接対象者に対する主な質問>>(1)これまでベッド・イン(お寝んね)したことがあるパートナーの数と快感度?。(2)「一夜かぎりの関係」を持った回数と快感度?。(3)むこう5年間、ベッド・インするであろうと、予想されるパートナーの数?。

<<「性の自由」度の国別・番付け>>
(1)フィンランド(2)ニュージーランド(3)スロベニア(4)リトアニア(5)オーストリア(6)ラトビア(7)クロアチア(8)イスラエル(9)ボリビア(10)アルゼンチン(11)イギリス(12)ドイツ(13)エストニア(14)オランダ(15)モロッコ(16)スイス(17)セルビア(18)フィジー(19)ブラジル(20)チェコ(21)オーストラリア(豪州)(22)アメリカ(23)フランス(24)トルコ(25)メキシコ(26)スロバキア(27)ペルー(28)カナダ(29)イタリー(30)ポーランド(31)スペイン(32)ベルギー(33)コンゴ(34)ギリシャ(35)ウクライナ(36)ルーマニア(37)フィリピン(38)マルタ(39)ポルトガル(40)レバノン(41)ボツワナ(42)エチオピア(43)日本(44)香港(45)ジンバブエ(46)韓国(47)バングラデシュ(48)台湾。
(R・H)   2009,01,06(月)
今日(11月2日)から12月15日まで、北九州市立文学館で『恋と革命に生きた女たち』展が開かれ早速行ってきた。登場人物は、瀬戸内寂聴女史が伝記小説に描いた方ばかりで次ぎの通り。
岡本かの子「かのこ撩乱」、高岡智照尼「女徳」、伊藤野枝「美は乱調にあり」 「諧調は偽りなり」、三浦環「お蝶夫人」、管野須賀子「遠い声」、金子文子「余白の春」、平塚雷鳥「青鞜」、湯浅芳子「孤高の人」私は、上記の寂聴の伝記小説は悉く読破した。

テーマ:毎日を楽しむ♪ - ジャンル:ライフ

  COMMENT(8)
弾圧を強化する中国。
2013/11/01 [Fri]11:19
category:放言
 一昨日(29日)、友人の0さんの『お・も・て・な・し』の心で、Ku,Kaさんと女性のNさんの5人で政治の話からHの話まで話が尽きず愉しい放談会であった。2次会はカラオケのあるスナックにいき、それぞれ持ち歌を2,3曲歌った。特筆は、長い付き合いがありながら、一度も聴いたことがなかったKaさんの歌声であった。“能ある鷹は爪を隠す”の故事にあるように上手なのに驚いた。また彼は酒は一滴も飲まない上、温かい親切心が旺盛で、中古のベンツで、私とNさんの送り迎えまでしてくれて、涙が出るほど嬉しかった。

 ご存知のように、嬉しいことに最近、私のブログのコメントが百花繚乱の花盛り。
特に、ペンネーム「翁の後輩」、「九州西安建設設計有限公司原田進」、「やじうま根性」氏らのコメントに感謝している。敗戦までの話には、私もうっすらと知っているが参考になる。

 北京天安門前で起きた車両突入事件で、中国政府は、新彊ウイグル自治区在住の男とその妻、母の3人が乗っていたと発表した。ウイグル地区では、反政府のデモや小競り合いが日常茶飯事のように、頻発に起こっているという。私が心配するのは、この事件を口実に弾圧を強化し、無実のウイグル人を逮捕するのではないか。チベットを侵攻し、数百万とも素千万ともいわれるチベット人を殺害したように、ウイグル人を殺害するような気がする。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(4)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ