プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
顎は政治家の命
2013/06/28 [Fri]08:11
category:放言
『小泉純一郎元総理の長男、孝太郎クン(32歳)の”ある夜の出来事”、銀座高級クラブの熟女ホステスと飲んで食べて、それから・・・・』
 
 2000年代なかばまで五年余りも自民長期政権を維持した小泉純一郎元総理(68歳)は今や”カリスマ的政治家”の一人として崇められ(?)、そのアトを継いだ次男、小泉進次郎衆院議員(30歳)は”次代・保守政界のホープ”視されているが、今週、写真週刊誌、フライデー(講談社刊)がデカデカと取り上げたのは、父弟に比べると、影が薄く、芸能界でもバイ・プレーヤー役しかやっていない長男の俳優、孝太郎クン(32歳)の方である。フライデーのカメラマンが一部始終、シャッターを切って撮り、組み合わせ写真にして公表したのは、孝太郎クンが、都心・赤坂にある自分のマンションに連れ込んで、一夜を過ごした銀座、高級クラブBの熟女ホステス、R子さん(推定30代なかば)との”ある夜の出来事”だった。

 孝太郎クンとR子さんとのデート第一幕は、赤坂の韓国料理店。ここで御二人は焼き肉をしこたま召し上がり、焼酎ロックを飲み交わして、カラダもすり寄せて気分を盛り上げたのち、深夜零時すぎ、すぐ傍の孝太郎クンのマンションに入った。さうがにフライデーも、マンション内でのベッド・シーンなどは撮影していないが、R子さんが孝太郎クン”邸”から”御帰還”あそばされる姿は、パッチリ撮っている。ナンと翌日の夕方だったそうである。

 フライデーの報道によれば、孝太郎クンは高級クラブ、Bには一週間一回ぐらい顔を出すそうで、そのたびに支払う一回の飲み代は4-5万円。大半、ツケで、アトからまとめて払うらしい。孝太郎クンに、他の愛人(?)がいるかどうかは、ツマビラかでないが、オッパイ美人の肉感派、R子さんが最高の”お気に入り”であるコトは間違いない。孝太郎クンは日大経済学部中退で、身長177センチ、体重68キロ、胸囲93センチの”格好のよい”男性だが、意外にも映画やテレビで主役に抜擢されたコトが、ほとんどと言ってよいほど無い。
(R・H)
路頭に迷う自見庄三郎ー自民党に復党願いが表面化して信用と評判を失った。こんなことは、水面下で密かに画策することだ。民主党内閣で二期も大臣をしながら、その上、大恩人の亀井静香を追い出して国民新党の代表を務めながら、こともあらうに、自民党に復党願い出すとは正気の沙汰ではない。“武士は食わねど高楊枝”といった矜恃やプライドが全くない。パソコンで自見庄三郎を検索してみてご覧。ー非難囂々たる四面楚歌に驚く。天下の難関・九大の医学部を卒業したのだから頭は悪くないが、社会的常識がない。
最近の政治状態に臍(ほぞ)を噛んでいるのは、舛添要一ではなかろうか。1,2年前まで次の総理にふさわしい人物のトップに舛添の名が挙がっていた。自民党を離党しなかったら、今頃、舛添内閣が誕生しただろう。悲しいことに政界を引退するらしい。陰の声では、当八幡から衆議院に出馬の噂もちらほら。
“顎は政治家の命”を証明したのは、上記の小泉進次郎だ。   (T)


















テーマ:2013参議院選挙 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(4)
甲論乙駁の議論を!
2013/06/26 [Wed]14:13
category:放言
 昨日、選挙プランナー田代三郎さんからの新情報に感謝。私のブログを足場に、右から左まで甲論乙駁、議論が巻き起こることを期待する。
私は、第183通常国会は昨日閉会したが、安倍総理の問責決議案が可決した関係で重要法案が廃案になった。与野党問わず、喫緊の課題は出生率の低下による人口の大幅減ではないか。そう遠くない将来、江戸時代末期の5千萬人になる。私は死んでいるからよいが、孫曾孫の時代は想像しただけで慄然となる。   (T) 
 『日韓両国の男女、どちらが美人か?、世界的な美男美女限定”出会い”サイト、韓国人に軍配をあげる、7万会員のネット投票の結果』

 世界最大のインターネット”検索”業者、Google が伝えるところによると、デンマークに本部を置く世界的な美男美女限定”出会い”サイト、BeautifulPeople.com が、このほど同サイトの登録会員、約7万人に対し、ネット上で、「日本人と韓国人と、一般的にどちらが美人だと、思うか?」と質問、投票させたところ、「男女とも、韓国人の方が日本人より綺麗に見える」という答えが多数を占めた、と BeautifulPeople. com が発表した。BeautifulPeople. com は2001年、創設され、”先輩”会員たちの厳しい審査によって、美男美女と認められた人しか入会、登録できない仕組みで、同サイトが発信するニュースや新会員紹介欄などによって、会員たちはインターネットを通じ、国境を越えた”おつきあい”が出来る。今回の日韓両国男女・比較の内訳は、次のとおり。

(1)日韓両国の男性を比べると==18%が韓国人男性、15%が日本人男性の方が「美しい」と答えてきた。その差、3%。あとは中立か無効。
(2)日韓両国の女性を比べると==29%が韓国人女性、28%が日本人女性の方が「美しい」と答えてきた。その差、1%。あとは中立か無効。


 この結果について、BeautifulPeople. com の常任マネージャー、クレッグ・ホッジ氏は「韓国人は男女とも美容に熱心で、美容整形外科(医)は世界で一、二を争うほど優れている」と、コメントしている。この美人に関する日韓両国男女比較は世界に流され、米国などでは、韓国人男女・美人説を、そのまま信じて良いモノか、どうか、ネット上で大論戦がおこっている。なお同サイトは十二ヵ国語でホームページを開設しており、毎年、世界各国、数十万の若い男女が写真と履歴書を送って入会を志願するが、審査が厳しく、その20%ぐらいしかパスしない、という。今年初めにも、クリスマス休暇で旅行し、毎日美食攻めにあって、身体が肥満化したという理由で、約5000人の男女会員が退会を勧告された。
(R・H)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
サッカー場建設反対。
2013/06/26 [Wed]10:36
category:放言
 昨日は、田中さん、原田さん「やじうま根性」の他、久し振り「黒崎一の美人妻」さんからサッカー場建設反対のコメントをいただいた。美人妻は誰か分からないが、独断と偏見で想像すると、保守系の有力者の奥さんではないだろうか?。
私の記憶に誤りがなかったら、6年半前の市長選の北橋さんのマニフェスト(選挙公約)の一つに、ハコモノは作らないとあったはず。
 街を歩いてご覧。出生率低下で老人たちばかりがウヨウヨしているではないか。五市合併の当時、105万あった人口が今では80万人台。そう遠くない時代恐らく70万人台になるだろ。
 故吉田茂元総理が言った「曲学阿世の徒」といわれる有識者による諮問委員会が賛成したからといっても、政府を始め多くの諮問委員会のメンバーの多くは、イエスマンばかりではないか。
 昨年の秋、議員定数削減の署名運動も五市と別れたと悪条件の中、アットいう間に法定得票数を集めながら、市議会は、歳費をチョットだけ下げてお茶を濁されただけで終わった。

『今でも使ってみたい”武士語”のトップは「かたじけない」、NTTレゾナントの調査結果』NTTレゾナント株式会社は、このほど大手インターネット網、Gooの協力を得て、同リサーチのモニター1152人に対し、「今でも使ってみたい”武士語”」を、”ネット投票”してもらったところ、首位には武士が謝意を表すため、よく使う「かたじけない」が選ばれた。「今でも使ってみたい”武士語”」のベスト10は、次のとおり。

(1)かたじけない、(2)面目ない、(3)しばし待たれよ、(4)・・・・・でござる、(5)参上つかまつる、(6)いざ、出陣!、(7)けしからぬ、(8)よきに、はからえ、(9)いと、おかし、(10)お主(オヌシ)。
(R・H)

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  COMMENT(3)
韓ドラの人気。
2013/06/24 [Mon]15:35
category:日記
『反韓流デモと韓流ファン集会と、ドチラが勝つか、双方とも韓流スターが絡み合い?』
 10月15日、手に手に”日の丸”の小旗を掲げて、東京・八重洲から銀座の繁華街を練り歩いた、韓流ドラマ偏重のフジ・テレビや、そのスポンサー「花王」を弾劾(?)するデモ隊は総勢600人ぐらいで、その前にあった反韓流デモに比べ小規模だったが、我が国で”ヨン様”と並んで人気がある韓国人女優スター、キム・テヒ(金泰希)=31歳、ソウル大卒=を誹謗(ヒボウ)するプラカードなども押し立てていたため、銀ブラの”キム・テヒ様”ファンのオバさま方と、各所で論争(?)が展開された。”キム・テヒ様”は、日韓両国間で、その領有権問題が沸騰している日本海上の孤島、竹島(韓名・独島)問題で、ハッキリ「韓国領だ」と主張して、ヨーロッパなどを講演しまわっているインテリ女性だ。その”キム・テヒ様”が、近くフジ・テレビから連続放映されるドラマ「僕と大スターとの九十九日間」では、日本のイケ面男優、西島英俊(40歳)と共演するコトになっており、そのキム、西島共演を宣伝するブラ下がり広告板が東京地下鉄(メトロ)の全車両に垂れ下がっているのも、一部・超(?)右翼市民のご機嫌を損ねているらしい。

 しかし他方、我が国オバさま方の韓流スター熱は”冷める”ところを知らず、韓国アイドル・グループ「SS501」のリーダー格で、やはり長身、イケ面のキム・ヒョンジュン(金賢重)=25歳=を迎えて、10月16日夕、埼玉県越谷市のレイク・タウン・アウトレットで開かれたイオン・グループ主催の韓流ファン大集会は、開会の数時間も前から韓流女性たちが列をつくって入場を待ち、午後6時すぎトーク・ショーが始まって、キム・ヒョンジュンが舞台に現れるや否や、数千人の観衆から拍手と歓声が飛び交った。約20分間、食文化を中心にして、日韓両文化の近似性を述べたてたキム・ヒョンジュンの熱弁に、韓流女性たちはウットリし、わざわざ群馬県から駆けつけた50歳の韓流主婦は「身も心も元気ずけられました」と、語っていた。
(R・H)
このブログに時々コメントを頂くと共に、私も時々鍼や按摩をしてもらう、八幡駅前の田中治療院の田中安子さんは、韓ドラにはまって、患者さんがいないときは、3時間でも4時間でも観ているそうだ。
一度見始めると、理屈なく面白くて、完全に病み付きなるそうだ。  (T)

テーマ:韓国時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  COMMENT(5)
政治は一寸先は闇。
2013/06/24 [Mon]10:03
category:放言
 祝す!東京都議選ー自公は、圧勝どころか全勝である。野党も共産党とみんなの党がやや善戦したぐらいで、民主党始め野党は惨端した。自公も大勝利を手放しでは喜べない。
と言うのは、投票率が43,5%という史上2番目の低さの上、最近の首長選挙では、与党が推薦または支持した候補の多くが敗退していることだ。それにデフレ対策にカネをばらまき過ぎていることだ。
お読みになった方はご存知のように、政治の裏情報に詳しいHさんの昨日のコメントによると、麻生さんと末吉さんで、官僚に市長候補がいないかと物色しているそうだ。適当な人材がいたら、北橋さんは苦戦するだろう。何となれば、彼は“まゆみちゃん”“まゆみちゃん”と猛烈な人気でもてとるというのが街の声。それに加えてサッカー場建設が命とりになるかも?。 (T)
『「島原の乱」のカリスマ的少年指導者”天草四郎”は、遣欧使節だった千千石ミゲルとポルトガル美女との混血児だった、名シナリオ作家、市川森一氏が定説をヒックリ返して断定、新大作「幻日」を世に問う』”

 鎖国”を強行した徳川三代将軍、家光の大権力にソムいて北部九州などの切支丹(キリスト教徒)が起こした「島原の乱」(1637-同38年)のカリスマ的・少年指導者”天草四郎”(本名・益田時貞、推定1620-同38年)は、当時の日本カトリック教会所属の武士で、遣欧使節にも選ばれた千千石ミゲル(別称・ドン・ミゲル)と、ポルトガル人美女との混血児だった。これは、NHKの大河ドラマ「黄金の日々」などのシナリオを書いて有名な、長崎県生まれの作家・脚本家、市川森一氏(70歳)が、「長崎地名考」など、長崎市などに残されていた古文書など、数十点を読んで下した断定で、市川氏はこれをモトにして歴史小説「幻日」という新作を、ちかく講談社から世に問うと、東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは報じている。

 従来、”天草四郎”の生まれ、育ちについては「切支丹大名、小西行長の遺臣、益田甚兵衛の息子」というのが定説だったが、彼は実のところ甚兵衛の”養子”で、日葡(ポ)混血児だった証拠としては、”天草四郎”の髪の毛が赤かったこと、ポルトガル語が生まれながら巧みだったことなど、古文献に出ている、という。当時、長崎にはポルトガル人の高級プロフェッシオナル・ガールが多数おり、その一人と千千石ミゲルとの間に”できた子”で、すぐ益田家に”養子”に出されたという説もある。

 市川氏の推論では、”天草四郎”は最初の根拠地、島原半島から討って出て、まず”多民族都市(?)”長崎を占領、要塞化して、勢いを九州全域に拡げ、切支丹・自治州(?)、九州を打ち立てる作戦だったが、頼みにしていた”母の国”ポルトガルの支援がほとんど無かったため、島原半島での決起だけで、北部九州・切支丹は”玉砕”した、という。   (R・H)

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
権力者のほしいまま。
2013/06/22 [Sat]19:52
category:放言
 今朝の『産経抄』を要約すると、サッカーが国技ともいうべきブラジルで、来年行われるサッカーW杯反対デモに、全国100万人以上が参加し、政府は今さら、大会を返上するわけもいかず、窮地に陥っている。
数日前もブラジルは日本に、3-0で破りW杯優勝候補のナンバーワンといわれ、ブラジルでの開催に国民総挙げて歓迎するものと思った。ところがここにきてにわか反対の声が高まり、競技場建設に多額の公金を使うことに「W杯より学校を」 と反対だそうだ。
この近年、ブラジルはBriksといって経済成長著しく国民の2割が貧困そうから中間層に移ったという。今回のデモに裕福な大学生が多いらしい。
ブラジルと反対に、北九州市はサッカー場に88億円かけて建設するらしい。北橋市長及び市会議員さんに告ぐ!それこそ国情が違うとはいえ、「サッカー場より大切なことがありゃしませんか」  (T)
『”近ごろの若者”は元気がない、日本の将来が心配だ、Wowowの全国調査で”老人党”の3分の2が表明』


 このほどインターネット通信のナリナリ・ドット・コムが伝えたところによると、民間衛星放送のWowowが今月はじめ、「”近ごろの若者(男子)を、どう思うか?」というテーマで、任意抽出した全国、65歳以上の”老人”約1000人(男性が主)に世論調査したところ、その約3分の2の”老人”が「”今の若者”には元気がなくて、日本の行く末が心配だ」と、返答してきた。このWowowの調査は、来月から同局が電波にのせる連続テレビ・ドラマ「結党!、”老人党”」放映にともなうモノで、ここに登場する”元気者”の”老人”と、最近とみに”若い世代”に多く見られるようになった”草食系男子”とを、比較する資料にされる。


 Wowow調査による、65歳を超す”老人”たちの”近ごろの若者”観は、以下のとおり。

(1)”老人”たちへの問い・”近ごろの若者”に”元気がある”と思うか?
答え=「ぜんぜん元気がない」16・5%、「あまり元気がない」57・5%(両返答を合わせて、否定的な答えが74%)、「すこし元気がある」24・0%、「元気がある」2・0%(両者あわせて、コウ定的な答えが26%)。
(2)”老人”たちへの問い・”近ごろの若者”の”草食系男子”化から、何を感じとるか?
答え=「日本の将来に不安を感ずる」44・8%、「不甲斐なさに怒りさえ感じる」36・0%、「仕様がない」30・5%、「カツを入れてやりたい」22・8%(複数回答あり)。
(3)”老人”たちへの問い・若い男性の生き方として、”草食系”と”肉食系”のドチラを望むか?
答え=「”草食系”のままでよい」29・0%、「”肉食系”になって欲しい」71・6%。

(R・H)   2009,7,10

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

  COMMENT(1)
故人を偲ぶ。
2013/06/21 [Fri]17:23
category:放言
昨日、今日は尊敬する谷さんの命日が二十日だったことを突然思い出して、家内が止めるのを振り切って墓前にお参りした。
90歳というのに、上品で若々しく美貌のご夫人から命日は記憶通り20日だが、今日は21日だと言われて二度ビックリしたと同時に、記憶力の良さを自慢した私も、日時を混同するほどボケてきたのかと慄然となった。
谷伍平元北九州市長・美術館館長は、市立病院の下足番の小母さんの給料が、医師のそれより高いと言うほど労使関係が乱れたのを正常化し、水飢饉に備えるため、遠賀川に河口堰を漁民の反対を説得して完成した。お陰で北九州市は、どんなに雨が降らなくとも給水制限はなくなった。しかも谷さんは、人情に厚く義理堅く清潔感漂う政治家でもあった。
『アジアの名優”健さん”がヒッソリと、長年の共演者、大原麗子さんの霊に墓参』


 傘寿目前の今日まで、独身を守っている”アジアの名優”高倉健さん(79歳)が、ヒッソリ独りで、かつて何度も共演したことがある”深いカゲがある女優”、大原麗子さんのお墓参りに来ていたことが、そのとき案内した麗子さんの弟、大原政光さん(61歳)の口から明らかになった。大原麗子さんは二十五年前、演歌歌手、森進一さん(63歳)と別離して以来、ズッと東京・世田谷の自宅で、独り暮らしをしていたが、昨年8月上旬、連絡がないのを心配して彼女宅を訪れた弟、政光さんによって、死後約二週間の孤独死・遺体となっていたのを、発見された。麗子さんは享年、62歳。東京・北烏山の妙寿寺の墓地に葬られている。

 高倉健、大原麗子という当代の二大スター間には、とくに「恋人だった」というウワサはなかったが、気が合い、よく一緒に映画、テレビで共演している。1965年、その”怨み節”でも有名な映画「網走番外地・北海編」を皮切りに、同83年の映画「居酒屋兆治」では元恋人役、同77年の”健さん”テレビ・ドラマ初出演作「あにき」では兄妹役、同92年のテレビ・ドラマ「チロルの挽歌」では夫婦役を、共演した。
 政光さんの話によると、”健さん”が妙寿寺にある麗子さんの墓に参ったのは、そろそろ木枯らしが吹き始めた昨年10月末。麗子さんの実弟、政光さんだけが付き添い、シーンと静まりかえったお寺の墓地で、”健さん”は彼女のお墓の周りを綺麗に掃除したのち、墓前で両手を合わせて、ズッと頭を下げていた。この間、約30分。広い墓地には、”健さん”と政光さん以外に、人影はなく、静寂が続いていた、という。

 この8月3日、大原麗子さんの一周忌法要が、この妙寿寺で営まれ、生前、”姉妹”のように仲が良かった浅丘ルリ子さん(70歳)、NHK大河ドラマ「春日局」で彼女と共演した若村麻由美さん(43歳)ら女優たちは参列していたが、”健さん”の姿はなかった。人目に立つのを嫌う”健さん”が捧げた献花が、静かに、地味に、しかしまぶしく輝いていた。
    (R・H)   2010,8,4(水)送られものである。

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
美しい花には棘がある。
2013/06/20 [Thu]07:11
category:放言
 またも、瞞されて老後の大金?をむしり取られた。このご時世そんなに甘い話があるはずがない。
新聞・テレビでこれだけ大々的に、注意を呼びかけているのに、まだ“オレオレ詐欺”に瞞される老人が後がたたない、瞞す方が悪いのは当然としても、ここまできたら、瞞される方がもっと悪い。
今回の安愚楽牧場の投資詐欺は、利息3%に欲に駆られた事件であるが、驚いたは被害額が4300億円と多額である、銀行利息が0に近いため美味い話に飛びついただろうが、この世知辛い世の中にそんなに甘い話があるわけはない。驚くのは、老人の高額のタンス預金だ。政府は、デフレ脱却に、このタンス預金をどう使わせるかに頭を痛めているが・・・。オレオレ詐欺の若者は、手をかえ品を買え実に、頭がよく行動力に驚く。“悪銭身につかず”オレオレ詐欺の若者は、使ってしまっただろうから少しは消費に役だったと思う。  (T)

『逮捕6回目、「シャブが止められない」シミケン、小倉生まれ清水健太郎の華やかで、暗い裏人生』これは2010年8月18日送られてきたものである。 
 「シャブが止められない」と、公言していた歌手兼俳優の芸名・清水健太郎(57歳)は8月18日、覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で、警視庁に逮捕された。二年ほど前、東京・浅草ちかくの交差点で、信号を無視して車を運転中、走行して来た自転車をはねて、運転者にケガを負わせ、その罪による懲役7ヵ月の実刑を終え、出所したばかりだった。今度は「一生涯、刑務所にいる」(梅宮辰夫の評)かもしれぬシミケンこと、清水健太郎にとって、6度目の”御用”で、このうち5回は覚せい剤使用で、捕まっている。

 シミケン、清水健太郎は本名、園田巌といい、北九州市小倉北区の出身で、小倉常盤高校の卒業生。生来のイケ面、長身で、スタイルも抜群で、北九州一の盛り場、小倉・魚町をウロツいてところを、スカウトされ、中央の芸能界入りと、あいなった。いちおう、その後、栃木県の足利工大を卒えたことになっているが、1970年代後半から1980年代前半にかけて、東京で売れっ子となり、そのヒット・ソング「失恋レストラン」では、歌謡大賞・新人賞を獲得し、”健太郎刈り”というヘア・スタイルを、満天下に流行らせた。

1980年代・中ごろ、清水健太郎一家は、僕のウチから遠くない三鷹市中原に居を構え、米人美女モデルを何度目かの妻にして暮らしていた。愚妻も、自転車に混血の子供を乗せ、スーパーに買い物に行く彼と二、三回、会い「普通人にはないオーラがあって、道行く人が皆、振り向いた」と、妙に感嘆(?)していた。あのころ既にシミケンは”下り坂”で、もっぱらヤクザ映画やAV映画に出ていた、ということだが、内実は、生活費のかなりの部分を、米人・美人妻に頼り、ウチで留守番していた日が多かったらしい。

 インターネットで、シミケンの近況を追って見ると、最後の画像は、今年7月27日夜、元「山口組」舎弟・若頭で、現在は独立し、静岡県富士宮市などで、「後藤組」組長として”東海道の親分”顔をしている後藤忠政氏(67歳)の誕生パーティで、自慢のノドを聞かせている姿であった。シミケンは、たまには”小倉の親元”に帰るそうだが、なにか実家と”裏社会”との間に関係がありはしないか。シミケンのファンはいぜん健在で、支援者によるブログ「オレたちの兄貴、シミケン」は、一週間おきぐらいに発信されている。
(R・H(

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

  COMMENT(1)
売春は人類初の職業。
2013/06/18 [Tue]15:23
category:放言
『韓国、台湾双方に”公娼(こうしょう)”復活の動き、インターネット上では案外、賛成論者多数かも』

 高成長し続ける中国などの観光客を、モッと呼びこもうと、地道一方のわが日本に対抗して、韓国と台湾とが、いわば政府公認の”公娼(こうしょう)”制度を復活して、その昔、日本にも存在したような遊郭や赤線街のような、性の”特別区”をつくろうという動きを、見せている。

 韓国の大衆紙、マイ・デイリーなどが11月6日、報じたところによると、韓国の与党、ハンナラ党の有力幹部、許泰烈(ホ・テヨル)国会議員は、このほど経済長期計画立案の議員フォーラムで、韓国にも、米国のラスベガスに匹敵する、カジノとセックスとを公然かつ自由にやらせるフリー・ゾーン(特区)をつくろう、と提案した。これに対しては、野党、民主党の趙培淑(チョ・ベスク)議員がすぐ反論し、「日本人観光客むけに、ご機嫌をとった”妓生(キーセン)観光”を復活させたいのか、韓国史上にまた恥辱をつけ加えたいのか」と、許議員に迫り、この論争の決着はついていない。同紙の報道によれば、インターネット上は「ドイツもオランダも”公娼”を認めている」とか、「”公娼”が存在すれば、若者らの性道徳は乱れなくなる」とか言った許議員・擁護論の方が多く目につくとか。

 台湾の”公娼”復活論は、もう数年前から始まっており、その実現に向け、与野党が歩み寄っている、といわれている。台北、台南、台中、高雄、基隆のような中心都市は避け、その郊外か、中小都市に、”紅燈区”の名称を与え、設置地域を特定化して、”遊郭ずくり”するプランが順調(?)に進んでいる。最も”紅燈区”建設の計画が現実化しつつあるのは、台北北郊の桃園県の華西街というマチだそうだが、台湾南部の屏東、同北東部の宜蘭などでも、ハナシが着々と進められている。
(R・H)
人類最初の職業は売春だと言われている。
 原始時代、食べ物を得るために仕事分担に、男は狩猟に明け暮れた。が、獣や鳥にしても魚類にしても天候に左右される。従って女は、家にいて子育てに励み、木の実や草花の採集を中心の仕事をした
ウーマンリブで女性の力が強くなったとはいえ、演歌にあるように“男はみんなオオカミよ”にスケベーなのも事実。戦後、日本は朝鮮戦争の恩恵を受けていち早く復興したが、台湾も韓国も貧しく、外貨獲得のため売春を黙認したようで、娼婦には暗さがなく公務員だと自認し田だけでなく誇りをもっていた。

テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

  COMMENT(0)
自見庄三郎にもの申す。
2013/06/17 [Mon]16:10
category:放言
 このブログをお読みになった方はご存知のように、昨日、選挙プランナー・田代三郎氏からのコメントに、福岡選挙区では、自民が100,民主は40、維新は20、みんなは15で、自民圧勝とあった。みんなの渡辺喜美も維新の会の橋下徹も些かハシャギすぎの勘がした。14日にあった自見庄三郎の2万円パーティの模様が描かれていたが、それによると、出席者は130人で淋しいものだった。
その席で、本人は知名度はあるし、実力もあるのでこの福岡から立候補したいと挨拶したそうである。時代錯誤もも甚だしい。私を含め後援会最高顧問の多くも欠席していた。
パソコンで、自見庄三郎と検索してみたら、100%に近い夥しい多くの方が、自民復党願い、腹を立て“恥を知れ”と怒っていた。  (T)
『15分間、その夫婦と顔を合わせるダケで、円満かつ永続きする夫婦と、”別離する夫婦”とを見分けるメド、米国の著名家庭心理学者が発表』
 
 我が国の軟派インターネット通信で有名な、ロケット・ニュース24はこのほど、米地方紙の記事などを綜合して、アメリカで著名な家庭心理学者、ジョン・ガットマン博士(ワシントン大客員教授)が、たった十五分、その夫婦と顔を合わせて雑談するダケで、このカップルが円満で永続きする夫婦か、仲が悪く”別離する夫婦”か、チャンと見分けるメドを、その特徴から、各五項目ずつ発表した、と報じた。ガットマン博士は過去三十五年間、全米で夫婦、約3000組の結婚から離婚まで、それぞれ追跡調査した結果、この”見分けるメド”を、以下のようにマトめたモノである。一口に言って、夫婦喧嘩はドコにも存在するモノで、別離となるか、否かの焦点は、夫婦衝突に至る問題の内容よりも、衝突の仕方にあるとしている。
<<円満で永続きする夫婦の特徴>>(1)夫婦間の問題を、早く解決しようとしている。(2)双方とも自分の意見をよく整理して、論じあい、話合っている。(3)お互いに和解するよう努力している。(4)相手が持っている影響力を認め、これを受け入れようとしている。(5)相手の感情の動きを許す許容量(Allowance)が大きい。

<<仲が悪く、別離して行く夫婦の特徴>>(1)夫婦間で争っている問題の解決を、先送りしようとしている。(2)双方とも、やりたいコトはやりたい放題、言いたいコトは言いたい放題、自分本位で勝手なコトをしている。(3)双方の対立点がハッキリして来ても、融和の糸口を見つけようとしない。(4)相手の影響力を、認めようとしない。(5)夫か、妻か、ドチラかが相手を完全に支配しようとしている。

<<良好な夫婦関係を維持して行くコツ>>(1)「オレ様」と威張ったり、「アンタなんか」と無視するのではなく、なんでも「私たち二人」で考える。(2)夫婦喧嘩のの争点を明確にして、夫婦二人でその解決に努力する。(3)夫婦間のデリケートな問題には、お互いが気をつかい、配慮する。
(R・H)

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
日本文化の美しさ。
2013/06/16 [Sun]10:27
category:放言
 昨日、八幡図書館であった「日本文化にふれよう」その二『落語と琴にふれてみよう!!』に、家内と妹と病気療養中の姪の〈気分転換に〉を連れ立って聴きにいった。所詮、土さ廻りで大したことはなかろうと期待しなかったが、あにはからん実に愉しかった。姪もしばし病気を忘れ愉しかったと喜んでくれた。落語は山椒家小粒で演題は、有名な「じゅげむ」で声も朗々として大きく、しばし爆笑を巻き起こした。琴は連弾で、小松亭諸々箏有雅亭琴音の二人で、優しい清々しい琴の音にウットリ聞き惚れた。少し大袈裟に言えば、日本伝統の美しさの美にウットリなった。 〈T〉

「圭子の夢は夜ひらく」の実母、半盲の三味線ひき老女、竹山澄子が孤独と貧窮のウチに死亡、孫の宇多田ヒカルが「おバァちゃん、子どものときは有難う、お線香あげられなくて、ご免ね」とツイッターでお悔やみ
 
 怨(演)歌”の名歌手、藤圭子(59歳)の実母で、日米両国を舞台に人気が高いポップ・ミュージックのシンガー・ソングライター、宇多田ヒカル(27歳)の祖母にあたる、半盲の三味線弾き、竹山澄子が十一月上旬のある夜、この高名な娘、孫に見まもられるコトなく、孤独と貧窮のウチに、肝臓ガンにより、東京片隅みの病院で亡くなった。亨年80歳。彼女の最後を見とったのは、長男で無名の演歌歌手、竹山藤三郎(60歳)らだけだった。葬儀はすぐ彼ら身近かにいた人だけで営まれた。

 娘・藤圭子とは、「私が歌って稼いだカネをむしり取られる」という圭子の怒りによって、母、竹山澄子は20数年前から義絶状態。孫・宇多田ヒカルは、祖母、澄子がその幼少時、面倒をみたコトがあり、時折り文通をカワしていた。風の便りに、祖母・澄子の死を知って、死の間際まで娘、孫との”再会”を切望していたという祖母に対し、ツイッターで、ヒカルはこうお悔やみの言葉を送った。「おバァちゃん、いろいろあって会えなかったけど、子どものころ、すごくお世話になって有難う。お線香あげられなくて、ご免ね」と。

 娘・藤圭子が10代、高校へも進めずに、無名の歌い手として、全国を旅まわりし、流しで”怨(演)歌”をうたっていたころ、そのワキで三味線を弾いていたのは、女ざかりながら半盲の澄子だった。圭子の実父で浪曲師の阿倍壮(つよし)とは、もうそのころ別居状態だった。1970年代はじめ、ヒットして全国津ず浦うらで歌われていた、あの名曲「圭子の夢は夜ひらく」の一節:----。

「十五、十六、十七と、私の人生、暗かった。
 過去はどんなに暗くても、夢は夜ひらく」(第二節)

「前を見るような柄じゃない、うしろ向くような柄じゃない。
 よそ見してたら、泣きをみて、夢は夜ひらく」(第五節)

(R・H)  以上は、2010年11月6日(土)送られてきたものである。

テーマ:芸能人の恋愛・結婚・離婚 - ジャンル:アイドル・芸能

  COMMENT(0)
再び出生率の低さを憂う。
2013/06/15 [Sat]14:09
category:放言
『世界金融危機、同時不況以上の、国家の大危機、少子(高齢)化、出生率を上げよ、日経新聞が力説』”

 こどもの日”の5月5日、日経新聞は、「世界金融危機、同時不況以上に、恐ろしい大危機が日本を襲いつつある」という社説を掲げ、少子・高齢化の現状を憂え、このまま世界最低ラインの(特殊)出生率が続けば、政治、経済両面で我が国力は衰え、中央、地方両財政は崩壊し、現行の年金、医療、介護などの社会保障制度を維持出来なくなるとの懸念を表明した。厚労省の発表によれば、15歳未満の子供数は1980年以来、減り続け、2008年現在、1714万人で、総人口に対する子供の比率は13・4%に過ぎず、ここ35年間、年を追うごとに減少している。日経新聞の社説要旨は、次の通り。

(1)いまの少子高齢化が続けば、21年後、2030年ごろ、日本には第一の”人口危機”が訪れる。戦後生まれの”団塊の世代”が80歳を超え、推定総人口・1億1522万人のうち、75歳以上の後期高齢者が20%となるのに対し、15歳未満の子供数は10%に達していない。
(2)第二の”人口危機”は、それから25年後の2055年ごろやって来る。推定総人口・8993万人のうち、後期高齢者が27%に上るが、15歳未満の子供数は8%にも達しない。国家の維持、発展に必要な生産人口は、総人口の半分にも達しない恐れがある。
(3)少子化抑止を中心にして、積極的な人口増加政策に取り組んでいる先進国としては、フランスが有名だが、隣国イギリスも近年、とみに人口増加策に砕心している。現在、英本国の総人口は日本の約半分だが、英国が今の政策を続行すれば、そのころ日英の人口順位は逆転するだろう。
(4)日本では、母親一人が生涯、産む数、つまり(特殊)出生率は、1997年、1・5を割り、2003年には1・2に低落した。2006年以後、1・3台に引き戻っている。綜合研究機構(NRA)が提案するように、次の10年後をメドにして、これを1・6に引き上げ、その後、50年以内に2・0にまで上昇させる必要がある。
  (R・H)
上記は昨年送られたものだが、前々回「心配で心配で」という題で、文藝春秋の記事を引用して出生率の低さを憂うる文章を書いた。安倍総理は「デフレ」克服にアベノミクスといって、毛利元就の三本の矢の故事にちなんで
頑張っているが、株価の乱高下に見られるように、思うよう成果が上がっていない。それというのは、デフレの根本原因の一つは、先にも述べたように、出生率の低さなのだ。自民党から共産党に至るまでノー天気かバカなの、揚げ足取りに終始している。     (T)

テーマ:日本を憂う - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
株価の乱高下。
2013/06/14 [Fri]08:25
category:放言
 異常な株価の乱高下は、些か驚くばかりである。
 烈しい乱高下には、半値戻し半値買いが常識なのだが、この数日の株価の動向は、常識を破るものである。
アベノミクスの三本の矢のうち、第一第二は成功したが、第三の矢は、経済の素人の私が見ても今一歩である。
政権が成長戦略の目玉と位置づける一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売の原則解禁を意図しているが、自民党の反対派が12日、巻き返しを図ったため、「消費者の安全性を確保しつつ、適切なルールの下で行うこととする」 政府が14日閣議決定する成長戦略案には、こんな一文が付き加えられた。
小泉内閣の時に、郵政改革と同時に規制緩和をやったがどうなったか。“大きいことは良いことだ”とばかりに、全国の小売り酒店が殆ど潰れ、大型店やコンビニに吸収された。書店も酒店同様の運命を辿ってきた。
それでなくても、大型店・ドラックストアーに吸収され、都会の薬店は調剤薬局以外は殆ど姿を消した。
単なる規制緩和は、弱肉強食、零細な小売店を淘汰するだけではないだろうか。

 政界裏情報に詳しい原田氏のコメントによると、自見庄三郎氏はかなり焦っているようだ。
今日14日17時30分から、小倉松柏ホテルで自見を囲むパーテーがあり、私は欠席するが、恐らくそこで去就を述べると思う。先にこのブログで書いたように、よしんば、復党が認められても何処の選挙区から出るのか。、全国区では当選には覚束ない。私は民主党内閣で二期も大臣を務めただけに、“善し悪し”は別として民主党から出馬するか、はたまたみんなからか、維新の会から出馬するのが筋ではないか。“慌てる○○は貰いが少ない”

テーマ:FX為替相場、株式相場を語る - ジャンル:株式・投資・マネー

  COMMENT(1)
心配で心配で・・・。
2013/06/13 [Thu]09:25
category:放言
『現役世代の減少と後期高齢者の急増』の最大の問題は、働いて稼いで年金と税金を納めて旺盛に消費する現役時代の減少である。ちなみに減少は1996年から始まっており、2010年までに15~64歳人口は既に7%減った。これが「デフレ」と呼ばれる過去20年間の日本経済停滞の根本原因であるというのが筆者の意見でる。
それを否定する向きも、今後のさらなる現役世代減少の中で、早晩事態の深刻さを認めざるを得なくなっていくだろう。急増を続ける後期高齢者の対応も問題だ。今の日本では、75歳以上のうち3人に1人がと要介護、5人に1人が認知症になっていると言われるだけに、高齢者医療・福祉の需要は爆発的に増えていくだろう。((以上は「文藝春秋」からの引用)
私は神経質で心配性だが、30年後の日本を思っただけで、心配で心配で身の毛がが弥立つ。西郷隆盛が言ったように、『カネもいらなきゃ、命もいらぬ』憂国の士はいないものか

『日本国民は世界でも最も信仰心が薄い”無宗教”に近い国、米ギャラップ社が世界143ヵ国を三年間、調査の結果、発表!』
 太古以来の神道(お宮)と、アジア大陸から伝来の仏教(お寺)とに、併せて”お参り”する多神教国民、日本人は一定の神の下、心を動かされる信仰心が「最も薄い国の一つである」ことが、最近、明示された。これは米ギャラップ社から公けにされた発表によるモノで、同社は2006、2007、2008の三年間、世界143ヵ国で、計、約1000人の国民に対して行ったアンケート調査の結果である。ギャラップ社は、これら被対象者に対し、「宗教は日常生活で最重要部面をしめていますか?」、「信ずる神様は、御一方ですか?」などの質問をあびせたところ、日本人の答えは相対的に否定的な回答が多く、日本は143ヵ国中、”信仰心の薄さ”で136位という”最低・最弱”国に分類された。

 このギャラップ社側質問に対し、「いつも神様に祈っておスガリしている」という”厚い信仰心”の世界平均値は84%で、やはりこれを上まわる国はイスラム教、キリスト教など、”一神教”の国で、貧困にアエぐ開発途上国が多かった。”神への信仰心が厚い最高国”はエジプト、バングラデシュなど、イスラム教国家で、逆に50%以下の”信仰心が薄い国”は、長年、宗教否定の共産主義を”強制(?)”されてきたモンゴール、ベラルーシ、東欧などの国々と、キリスト教国あっても、自由主義的な風潮が拡がっている北欧諸国が主を占めた。ギャラップ社の本拠があるアメリカは、信仰心のある国民が65%で、上位に属した。やはり自由主義的風潮が強いフランスは、日本と並んで”信仰心が薄い”下位に列していた。
(R・H)


テーマ:日本を憂う - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
週、二回か三回は・・・。
2013/06/12 [Wed]16:12
category:放言
『週に1-2回、「聖(性)なる行為」をやれば、風邪はひき難くなる、米ウィルクス大のカーネットスキー教授が新学説を発表

 週刊ポスト11月5日号が報ずるところによると、米国ペンシルバニア州にあるウィルクス大学のカール・カーネットスキー教授は門下、112人の大学院学生に「聖(性)なる行為」の回数を申告してもらい、彼らがカカッた病気との因果関係を分析した結果、週に1-2回「聖なる行為」をやっていると、風邪はひき難くなる、という新(珍?)学説を、このほど学会誌に発表した。

 カーネットスキー教授は門下、112人の大学院学生たちの申告による「聖なる行為」を、(1)「全くやっていない」、(2)「週に1回以下」、(3)「週に1-2回」、(4)「週に3-4回」の四グループに分けた。そして、彼らの唾液サンプルを回収して分析したところ、(3)の「週に1-2回」”聖なる行為”をやっているグループには、残り三グループよりも、格段に「グロブリンA」という生化学物質が多いコトがわかった。「グロブリンA」は、生化学上、呼吸器や消化器で重要な働きをする免疫物質で、風邪やインフルエンザに対して強い抵抗力を持っている。(4)の「週3-4回」は、いわば”やり過ぎ”で、(3)の「週に1-2回」より、ズッと、風邪にカカッている。その理由は突き止められていない。

 なお、生後・半年ぐらいまでの乳児が「風邪にカカり難い」のは、出産直後の母乳に大量の「グロブリンA」が分泌されているからだ、という学説は既に発表されている。
(R・H)

テーマ:♪人生・生き方♪ - ジャンル:ライフ

  COMMENT(0)
政治の私物化。
2013/06/11 [Tue]14:51
category:放言
『鳩山元首相の英語力は80点、麻生元首相のソレは50点、テレビの”顔”デープ・スペクター氏が採点』

 日本民放テレビ界のトーク番組等で”売れっ子”になっている米放送プロデューサー、デープ・スペクター氏は9月24日、国連総会などにおける鳩山由紀夫首相の演説を聴き、英語国民としての耳と目から、「麻生太郎前首相の英語は聞きずらく、綜合的な英語力は50点ぐらいだったが、鳩山首相の英語は分かりやすく、英語力は80点だ」と評価した。麻生前首相も青年時代、米英両国などに”遊学(?)”し、有名大学の講義などを”聴講(?)”してきたが、鳩山首相は米西海岸の名門校、スタンフォード大大学院に6年間、留学し、オペレーション・リサーチ(数理的な作戦計画検討)の英語論文で、博士号を取っている。

 デープ・スペクター氏は、またニューヨークでオバマ米、メドベージェフ露、胡中国、李韓国などの首脳と親しく会談した鳩山首相の態度が、堂々としていて、かつスマートで、友愛外交や核廃絶の理念をニジませていたとして、高評価し、幸夫人の”内助の功”をたたえた。幸夫人自身は、夫・由紀夫首相の外交舞台初登壇に”努力賞”を”授与”した、という。   (R・H)
第二次安倍内閣で、副総理に抜てきされた麻生太郎氏の初仕事に、北九州元市長の末吉興一氏を、内閣参与に起用したことである。
思い起こすと、約6年半前の市長選挙で、北橋・柴田の一騎打ちで、麻生太郎氏は、柴田氏の応援演説のなかで、“末吉さんは日本一の名市長”と語り、麻生さんの目は何処にについているのかと、顰蹙(ひんしゅく)をかった。
私は、末吉市政の1期から3期までは、確かに名市長の誉れが高かったが、4期、5期は、飛行機が離着陸するような道路を造り、船が入港しないような港湾を始めハコモノや橋梁を続々と建て、赤字だらけの市政にしてしまった。 (T)

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
憐れ!国民年金!
2013/06/10 [Mon]19:14
category:放言
憐れ!国民年金受給者よ。 昨日、「年金振り込み通知書」が着た。

年金支給額  131,083円


介護保険料額          -18,600円
後期高齢者医療保険料額     -17,600円

控除後振込額(4月・5月分) 94,983円

  (1ヵ月  47,491円)


 国民年金は毎月コツコツ積み立てているのに、生活保護者の半分以下。しかも医療費はタダ、その他色々恩典もある模様。
私が猛烈に腹が立つのは、上は、国会議員か市町村議員まで暖衣飽食といかないまでも、お手盛りで多額の歳費をもらっていることだ。国家公務員、地方公務員も以下同文。

『アフリカ南端の小王国、スワジランドで、王妃殿下と法務大臣が”不倫”、法相は解任、議員も辞職』
 
 アフリカ南端で、南アフリカとモザンビークの両国に差し挟まれた、面積が日本の約二十分の一という小王国、スワジランドで、与党の国会議員でもあるヌドウミソ・マンバ法務大臣が、”恐れ多くも”国王ムスワティ三世陛下の王妃殿下の御一人(23歳)と、コッソリ”不倫”いたし申し上げたコトが、バレバレになり、シブシソ・ドラミニ総理大臣は同法相を解任し、国家議員も辞職させた、と発表した。

 スワジランドは人口約120万で、その98%までが黒人というお国柄。昔から一夫多妻制が半公認(?)されており、今回、マンバ法相が”浮気”して、お慰め申し上げた王妃殿下は、14人もいるムスワティ三世陛下の王妃のナカでも、出色(?)の美人で、陛下の”寵姫”だった、という。事件当時、ムスワティ三世陛下は台湾を公式ご訪問中で、反体制派「スワジランド団結ネットワーク」の調査によると、この王妃殿下は国王陛下ご所有の高級ホテルのスイート・ルームで、マンバ法相と”お楽しみ”中、警察に踏み込まれ、御二人とも御ハダカで取り押さえらえた、といわれる。
(R・H)

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
30年後の日本。
2013/06/10 [Mon]08:00
category:放言
今日、発売の『文藝春秋』の特集【30年後の日本「人口激減時代」の衝撃】n>ー2100万人の日本人が消滅する  ー大都市全体が老人ホーム化する
リゾートマンションが姥捨て山に
日本一人口が減る村
高齢化 財政圧迫 町を「縮める」決断
現役世代を維持する「奇跡の村」
老いも若きも、上は政治家、首長から下は全国民に至るまでお読み頂きたい。   (T)
『世の男性が気をつけて欲しい身だしなみ(つまり、相手にイヤがられる無精ぶり)ランキング10、Goo調査』


 我が国の大手ポータル・サイト、Gooは先月来、インターネットを通じ、全国の男女視聴者、数千人に対し、「世の男性に気をつけて欲しい身だしなみ」、逆に言えば「相手にイヤがられる男の無精ぶり」のランキングを”投票”させていたが、このほど、その”ワースト(最悪)10位”が決まった。最最悪の「ハナから飛び出た鼻毛」をマイナス100点として、投票結果を以下のように、マイナス採点している。

(1)ハナから飛び出た鼻毛: -100点。
(2)頭髪から落ちるフケ : - 98・2点。
(3)上下歯にコビりついた食べかす: -90・1点。
(4)アカだらけの爪 : -81・9点。
(5)香水のつけ過ぎ : -79・2点。
(6)ワキからニジみ出るアセ: -75・4点。
(6)=同位=黄色ばんだ上下歯: -75・4点。
(8)レンズが指紋だらけの眼鏡: -74・6点。
(9)伸び放題の顔の不精ヒゲ:  -73・4点。
(10)脂ぎってテラテラ光った額(ヒタイ): -71・3点。
   (R・H)

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(4)
どっこい!林さんは生きている。
2013/06/08 [Sat]09:44
category:放言
 文章を書き始めたら下手はヘタなりに、書き進むが、書き始める前が大変だし億劫だ。
R・Hさんから送られてきた資料のストックが、約500あるが、民主党政権時代のものが多く、政治に関する資料は役立たない。
浅学非才の上、資料に事欠く始末で、書き続けることは大変なので、今後はR・Hさんの資料を使います。
彼は、朝日新聞外報部の論説委員を退職してからも、日本記者クラブの会員を続けていた関係で、国内外の情報がたやすく手に入り送ってくれた。ご存知ように、硬軟ない交ぜだけに面白かったし参考になった。
運命のいたずらか、1,2年前までは、総理にしたい人物のトップクラスの人物に、必ずその名に、舛添要一があつたが、夏の参議院選挙に彼は立候補しないばかりか、彼は、政界を引退を表明。自民党を離党しなかったなら今頃、総理になっていただろ。その点、自見庄三郎は未練がましい。民主党内閣で2期も大臣を務め、恩人の亀井静香を追っ払って国民新党の代表になりながら、自民党に復党願い出すとは節操がなさ過ぎる。先にもこのブログで書いたように、よしんば、復党が認められても当選は無理だろう。   (T)

『世界にマレな”晩婚国”かつ”晩産国”の日本、昭和40年代より結婚年齢は3-5歳も遅れている』
 厚生労働省から、このほど発表された2008年・人口動態統計によると、日本人の”晩婚化”と”晩産化”は、世界でもマレなスピードで加速されており、問題の”少子高齢化”に拍車をかけている。40数年前の昭和40年代(1960年代後半から同70年代前半)には、平均、男性27歳、女性24歳で結ばれていた結婚(初婚)年齢が、2008年には、ナンと3-5歳も遅れ、平均、男性30・2歳、女性28・5歳という、過去最高齢で睦みあう”晩婚時代”になってしまった。
 いきおい、第一子を出産する女性の平均年齢も延び、平均、29・5歳と、これまた過去最高を記録し、30代で初産するのが、普通になった。この”晩婚化”、”晩産化”は、”少子高齢化”の主因になっているばかりでなく、母体や産児の保健・衛生維持にも好ましくないので、厚労省は「もう少し早めに結婚し、子供を産ませる」よう、奨励案を、アレコレ検討している。

 各都道府県別に比べて見た場合、結婚(初婚)年齢が「遅れる」のは、やはり大都市圏で、「婚期おくれ」トップの東京都では平均、男性31・5歳、女性29・6歳で結ばれていた。逆に、コレが低いのは、地方農村部で、男性の最低は熊本、宮崎両県の各29・2歳、女性のソレは福島県の27・4歳だった。 (R・H)

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

  COMMENT(1)
視聴率の低下。
2013/06/07 [Fri]08:56
category:放言
『安っぽいお笑い芸や、クイズで埋められたテレビのゴールデン・タイムにはこりごり、ゴールデン・タイムの視聴率は十年ほど前より7%以上も落ちる、10-20代の若者の”テレビ離れ”は顕著!!』

 クイズや”お笑い芸”など、低コストであがる安っぽい番組ばかり続く、テレビのゴールデン・タイムに、日本国民も飽きあきしつつある。これは、NHK放送文化研究所がこのほど、全国4905人の視聴者に対しアンケート調査した結論で、1990年代後半には70%も超えていたゴールデン・タイム視聴率が、現在は7%以上、落ちこんで63%になっている。

 NHK放送文化研究所の調査、統計によると、世代別に見て、いちばんテレビをよく見ているのは、年金生活者が多い70歳以上のご老人方で、毎日、4時間以上、テレビにカジりついている高齢者が多かった。これに対し”テレビ離れ”しているのは、10-20歳代の青少年層で、彼らの平均テレビ視聴時間は2時間弱だった。「テレビなど、ほとんど見ない」という青少年層も、13・5%に上った。
(R・H)
上記は、RHさんが元気な一昨年送られてきたものである。
 賢明な読者はご存知のように、このブログで何度も書いたように、テレビのディレクターは芸がなさ過ぎる。これでは視聴率が下がるのも当然だ。高齢化社会というのに、ミーハーの若者向けの番組ばかり。
例えば、「こどもの日」には童謡、文部省唱歌、叙情歌を放映し、「敬老の日」には、戦前から昭和30年頃までの“懐かしのメロディー”や漫才や落語を放映すべきと思う。

 あの世に秒読みの歳というのに、政界の特に野党の不甲斐なさなさに愛想が尽き、今読んでいるのは、村山由佳の不倫・性愛小説『花酔ひ』である。
著者は、立教中学・高校・大学と名門・お嬢様学校で学びながら、この性愛の描写に、肉体は反応こそしないが、心は年甲斐もなくときめいた。
逆に言えば、思春期にお嬢様学校で育ったから、あけすけに大胆に書けるのかもしれない。文学部卒とはいえ、漢字即ち語彙(ごい)の豊富さに驚く。   (T)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  COMMENT(0)
人口謳歌の第一歩は?
2013/06/05 [Wed]18:59
category:放言
『勃起不全(ED)とメタボとを一緒に直そう、湧き上がる声、声・・・』

 日本の成人男子は4人か5人に1人は勃起不全(ED)で、これが世界最大のセックスレス社会を生んでいる、とよく言われるが、この汚名を返上し、あわせて生活習慣病(メタボリック症候群=略称メタボ)を克服しよう、という声が湧き上がっている。その先頭に立っているのは、帝京大、放送大などの教授連で、糖尿病、高血圧症、高脂肪症などのメタボは、ED同様、男性ホルモン・テストステロンの欠乏が主因で、これにより血流が鈍り、脂肪がたまり、肥満化と性機能不能(インポ)になるのだ、という。

 人間の身体で、主たる血管、動脈は太モモや頸頭部では直径5-8ミリあるが、生殖器の陰茎では同1-2ミリぐらいしかなく、ここがテストステロン欠乏の影響を、いちばん受けやすい。血流が鈍くなると、動脈硬化と同時に、脂肪に活性酸素がたまり、太ッチョになりやすい。

 帝京大医学部泌尿器科の話では、相関関係が密なEDとメタボとを、一緒に直すには、単にバイアグラ、レビトラなどのED治療薬を飲むだけではなく、次のような生活上の注意が必要とされる。(1)適当な運動(やり過ぎは逆効果)。(2)野菜や鮮魚を中心にした適量の食事。(3)赤ワインなどのアルコール飲料を、日に一杯ぐらいずつ飲む。
 
 なお、メタボ罹患者でEDも訴える患者は、56-65歳でその77%、40-55歳でその68%だが、むしろ30代以下に70%も見られる、という。   (R・H)
上記はブログを書き始めた2002年に送られたものである。人口減少が今のように続けば近未来、日本そのものが地球から消滅するだろうと言われているが、人口増加の第一歩は、青壮年の男性が勃起することである。
 昨今の株の乱高下は目に余るものがある。アベノミクスの誕生で、一気に円安株高が進み、安倍内閣も自民党も些か調子にのった勘がする。“勝って兜の緒を締めよ!”経済は生き物だ。安倍総理、麻生副総理、黒田日銀総裁らが声を大にして獅子吼を述べても、そう簡単に経済が思うよう行くわけがない。
1929年の世界大恐慌のとき、アメリカがとったテネシー渓谷開発のような大規模な計画をすべきだ。
総理は、世界を飛び回って援助・借款という名のカネをバラ撒いているようだが、大丈夫だろうか。政府も首長も、自分のカネでないので後先(あとさき)を考えず、人気取りに大散財するよ!  (T)

テーマ:日本を憂う - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
日本W杯出場。
2013/06/05 [Wed]10:46
category:日記
 平素、スポーツ観戦は相撲を多少見る程度で殆ど見たことはなかった。
その私が昨晩のサッカーアジア最終予選、豪州との試合を最初から最後まで固唾を飲んで見つめた。
オーストラリアが1点入れた際、残り時間が僅かだったのでもうダメかと諦めかけていたところ、神の思し召しか、試合終了間際、PK戦に持ち込み、エースで4番の本田がゴールのど真ん中を射抜いた。
この引き分けの試合で、5大会連続W杯出場することになった。
スタンドを埋め尽くした6万人のサポーターの“ニッポン”“ニッポン”との日本コールが巻き起こった。その声援が奇跡を呼び起こした。繁華街や飲み屋街は閑古鳥が鳴いていたそうだ。
日本人に、これだけの愛国心やエネルギーがあることに驚かされた。

 日本維新の会代表・橋下の発言が内外に大きな波紋を呼び起こしているが、云っている内容は、80%は真実ではないか。
人間は、本当のことを云われるから腹が立つのだ。偉い人にバカと言っても腹を立てないが、バカにバカと言うと烈火のようにいきり立つ。
 私は先にも書いたように、慰安婦の強制連行は絶対なかった。その理由は、歴史学者・秦郁彦氏が書いているように、当時のソウルで慰安婦募集のチラシが沢山残っているし、女衒(ぜげん)といって売春婦募集に、特に貧しい農村を“いいベベ着れて、銀メシが仰山食べられる”の甘言を弄して集めていた。
 戦災で焼き出されて田舎に疎開された家に、多くの帰還兵が集まって三々五々、戦場での思い出話で花が咲いたが、最後は決まって慰安婦問題だった。慰安婦の前には行列ができ“一ちょ上がり”とばかり軍票「軍隊の札)をバケツに放り投げていた。瞬く間に一財産できて田舎に帰っていたという。
問題は、政治家始め指導的立場の人が日本近代・現代史を知らないことだ何れにしても強制連行の証拠はない。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  COMMENT(3)
位人臣を極め・・・。
2013/06/04 [Tue]10:22
category:放言
「老少不定」とは云うモノの、この歳(84歳)まで生きると、私より年長者の死には、止むを得ないと思うものの、最近では私より若い人を見送ることが多い。1ヵ月前には家内の甥の嫁を見送ったばかり。
昨日は、私の後の会長をしていたMさん(79歳)の葬儀に参列した。彼は実業団野球の名門・日鉄二瀬からスカウトされ、西鉄ライオンズにいたけあって、殺しても死なない体格は見事であった。1年に1回の親睦旅行では、最後まで酒を飲む酒豪であった。

 参議院議員・自見庄三郎氏から後援会最高顧問の一人として?『復党ご支援お礼状発送のご報告』が送られてきた。それによると、福岡県議会の自民党所属議員、北九州市議会の自民党・無所属の会ならび福岡市議会・自民党所属議員が、彼の復党承認の要望書を自民党福岡県支部連合会の議決事項として自民党本部に提出したとの事。
新聞情報によると、石破幹事長始め執行部は彼の復党を認めないそうだ。
私は、民主党内閣で2期も大臣を務め且つ小政党とはいえ、代表をしていながら、自民党に復党願いを提出するとは、彼に矜恃やプライドがあるのか。
よしんば、復党を認められても、どこの選挙区から出馬するのか。恐らく再選は難しい。
郵政選挙で落選した彼を、当選させ大臣にしたのも、亀井静香ではないのか。その彼が国民新党を去るあたって、理屈はともかくとして、絶対についていくべきだった。それが政治家いや、人間として最も大切なというものだ。
今更自民党に復党願いを出すくらいなら、尖閣列島漁船衝突事件及び諸々の案件についての菅内閣、仙松官房長官の売国的対応に、断固反対して辞表を叩き付けるべきであった。
位人臣を極め、大臣を三度まで上り詰めたのだから、右往左往するよりも、また落選して政界を引退するより、今潔く引退すべきだと考える。それが男の美学ではないか。

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
上には上があるものだ。
2013/06/02 [Sun]10:56
category:放言
十九世紀までの”知的・天才”の知能指数(IQ),ベスト10
アメリカの文化的ブログとして知られるBezBrigeは、このほど歴史的な資料、業績、日記、書簡などから推定して、主に十九世紀以前、活躍した”知的・巨人”の知能指数(IQ)を判定、発表した。IQをはかる実際の知能検査実施は、二十世紀以後のことで、最近はIQも160どまりとされている。ご参考までに、十九世紀までの“知的・天才”ベスト10のIQを紹介しよう。


(1)ゲーテ。IQ・210。十八世紀・ドイツの詩人兼文学者兼科学者。詩劇「ファウスト」ほか、解剖学、色彩論でも名高い。
(2)レオナルド・ダヴィンチ。IQ・205。十六世紀、ルネッサンス下のイタリアの画家にして科学者。モナ・リザ等の絵は逸品。
(3)エマヌエル・スヴェーデンボリ。IQ・205。十八世紀、スウェーデンの科学者兼思想家。
(4)ゴットフリート・ライプニッツ。IQ・205。十七世紀、ドイツの哲学者兼数学者。微積分の開発者。
(5)ジョン・スチュアート・ミル。IQ・200。十九世紀、イギリスの民主主義的・思想家。
(6)パスカル。IQ・195.十七世紀、フランスの哲学者兼数学者。「人間は”考える葦”」の名言を残した。
(7)ルードウィヒ・ウィトゲンシュタイン。IQ・190。二十世紀まで生きていた。意味論で有名なオーストリアの哲学者。
(8)ボビー・フィッシャー。IQ・187。例外的に二十世紀の人物。米人でチェスの世界チャンピオンを長年、保持していた。
(9)ガリレオ・ガリレイ。IQ・185。十六世紀、ルネッサンス下のイタリアの科学者。地動説を初めて唱えた。
(10)スタール夫人。IQ・180。十九世紀末、フランスの小説家兼評論家。反・ナポレオン三世の筆陣を張る。
[
(R・H)   (2009年12月3日(木))

テーマ:世界遺産 - ジャンル:海外情報

  COMMENT(0)
テレビの功罪。
2013/06/01 [Sat]08:15
category:放言
安っぽいお笑い芸や、クイズで埋められたテレビのゴールデン・タイムにはこりごり、ゴールデン・タイムの視聴率は十年ほど前より7%以上も落ちる、10-20代の若者の”テレビ離れ”は顕著!!

クイズや”お笑い芸”など、低コストであがる安っぽい番組ばかり続く、テレビのゴールデン・タイムに、日本国民も飽きあきしつつある。これは、NHK放送文化研究所がこのほど、全国4905人の視聴者に対しアンケート調査した結論で、1990年代後半には70%も超えていたゴールデン・タイム視聴率が、現在は7%以上、落ちこんで63%になっている。

NHK放送文化研究所の調査、統計によると、世代別に見て、いちばんテレビをよく見ているのは、年金生活者が多い70歳以上のご老人方で、毎日、4時間以上、テレビにカジりついている高齢者が多かった。これに対し”テレビ離れ”しているのは、10-20歳代の青少年層で、彼らの平均テレビ視聴時間は2時間弱だった。「テレビなど、ほとんど見ない」という青少年層も、13・5%に上った。
   (R・H)
私はかねてから、テレビのディレクターは芸が無さ過ぎると思っている。それはネ!高齢化社会といいながら,老人にとって意味の分からない横文字の歌が多すぎる。例えば、“こどもの日”には「童謡」を中心とした歌を、“敬老の日には戦前の歌を中心とした「懐かしメロディー」と放映すべきではないか。知人の76歳のSさんも、私の意見に大賛成で、民放での懐メロの放映を録音して何度も聞いている。
クラス会でも、戦中派らしくなぜか斉唱するには戦歌が多く、歌いながら平和の幸せを噛みしめている、「露営の歌」など完全に反戦の歌だと思っている。
参考までに私の視る番組は、2,3年前と異なり、「新婚さん!いらっしゃい」 「笑点」と録画した囲碁である。日曜日にある政治討論も、念願の民主党が倒れ、安倍内閣発足し、「たかじんの委員会」も、三宅久之氏が亡くなり、常連の一人(勝谷誠彦氏)が何故か出演しなくなり、興味半減し視聴するのを止めた。6月から「たけしのTVアタックル」を録画する予定。   (T)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

  COMMENT(1)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ