プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
出でよ!救世主!
2012/06/30 [Sat]08:17
category:放言
産経新聞によると、東日本大震災で政府が昨年度予算に計上した復興費約15兆円のうち、約6兆円余らしてしまったとある。未使用率40%は前代未聞。それもそうだろう、被災地の復興はそっちのけで、例えば、復興交付金の査定配分を担う復興庁の発足与野党の対立から遅れ、消費税増税をめぐる民・自・公の三党合意に明け暮れの上、民主党の内紛とあれば当然だ。
最近の政局を見ていると、政治家のエゴとエゴの戦いのように思えてならないし、真剣に天下国家を考える政治家が見当たらない。年寄りのとり越し苦労かもしれないが、日本の将来はどうなるだろうか。心配で夜もロクロク眠れない。
出でよ!カリスマ性のある救世の政治家!   (T)

『「赤い月」や「低い虹(ニジ)」も危ない、上出孝之・北陸地震予知研究観測所長、地震を予知できる雲の形状を、九種類に分類』

”地震雲博士”の異名をとる北陸地震予知研究観測所( 福井県鯖江市新庄町 )の上出孝之・所長は、週刊誌「女性セブン」二月二十三日号に寄稿して、「黒っぽい雲が、空の全面を覆っている」トキや、「放射状の雲が出ている」トキなどは、ちかじか地震が「おこるかもしれない」、と述べた。上出所長は、3.11東日本大震災の二,三日前、 石川県小松市の上空を、二つに割った、気味が悪い 断層状地震雲 を発見している。2004年の 中越地震 の際も、その十時間前、上空に放射状の 地震雲 を発見して、大地震の到来を予想した。

上出所長によれば、地震の予測には、雲のほか、月や虹にも注意すべきで、大地震の前には、月が異常に赤くなったりする。一般的な住宅の屋根スレスレにかかる 低い虹 も、地震予知にとって”危ない兆し”だそうだ。上出所長は、”地震の前兆”として、危なく見ている主な雲の形を、次のように九種類あげている。

(1)断層形地震雲=雲と青空で空を分割したような雲。ハッキリ分割させた雲の下は、地震の揺れが大きい。
(2)波紋形地震雲=地平線(水平線)から上に拡がる波紋のような形の雲。波紋の中心点が震源地になろう。
(3)放射状形地震雲=震源地を中心にして、放射状形に雲が伸びている。こうした雲が出ると、数日中に地震がおこる。
(4)稲穂形地震雲=稲穂(イナホ)のように、先太(さきぶと)状の雲。二、三日以内に地震が発生。
(5)帯状形地震雲=”帯”は一直線にも、よく伸びている。実見者が多い。
(6)肋骨(ロッコツ)状形地震雲=アバラ骨のようなモノが幾重にも重なる形の雲。これを目撃したその日に、地震を経験した人が少なくない。
(7)さや豆形地震雲=さや豆みたいな形の雲。これを目撃した日から、数日以内に地震の発生を経験した人が多い。
(8)弓形状地震雲=弓の形をした雲。これを見てから、二、三日内に地震を経験した人が多い。
(9)竜巻(タツマキ)形地震雲=竜巻や、上に燃え上がる炎や煙のような形を、している。この雲の真下が震源地になる。
  (2/12)    (R・H)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
草食系の男子花盛り。
2012/06/29 [Fri]09:18
category:日記
『韓国で Miss Korea にも選ばれた元美女アナの本番おフェラ・ビデオが流れる、三年前には有名女優が国命などで100回以上、”性接待”した挙句、自殺、国家情報院が隠匿に動く?』

 韓国の有力紙、朝鮮日報などが最近、伝えてきたニュースによると、1994年の美女コンテストで、Miss  Korea (ミス韓国)にも選ばれて、”韓国の中野美奈子(ナカミ)” という称号も与えられていたソウル放送(SBS)の元美女アナウンサー、 ハン・ソンジュさん (37歳) が、イケ面男性のズボンとパンツを引きおろし、彼のイチブツを 舐めまくっているビデオが、一般に流れた。このビデオは本来、私的なモノで、ハンさんが”仲良く”していたボ^ーイフレンドとの”本番”を記念に記録したビデオが、ボーイフレンドの”悪友”の手によって、流出した、と報ぜられている。

 一方、三年前の2009年、服毒自殺した、名テレビ・ドラマ「花よりオトコ」の主演女優、チャン・ジャヨンさん(30歳代後半)の死に、韓国の国家情報院がカカわっていたのではないか、という疑いが出てきた、とも伝えられている。これは、韓国文化放送(MBC)のスクープによるモノで、チャンさんは所属プロダクションなどの厳命で、100回以上”性接待”に励まざるを得ず、ついに絶望して、死を選んだ、と報ぜられている、。チャンさんが”お相手”した”性接待”の男性側は大半、広告主、番組スポンサーなどだが、なかにはトキの政府の要請で、外国人賓客らを”性接待”したこともあり、韓国国家情報院は事実の隠匿に懸命になっている、といわれている。 (2/1) (R・H)
人類の最初の職業は売春といわれ、公認・非公認を問わず世界のいたる国で売春、買春はある。
日本でも昭和32年、売春禁止法ができるまで遊郭は公認であった。その後は、ソープランドやファッションヘルスと名前を変えて売春もどきで営業している。ただ昔と違うのは、泊まりがないだけである。芸者も昔は、処女は水揚げといって多額のカネが要ったもので庶民にとって高嶺の花だった。
昭和35年頃から60年まで、日本は高度経済成長で豊になり青壮年は、大挙して台湾や韓国に買春に行ったものだ。当時の台湾、韓国は貧しく外貨獲得のため売春を黙認したとみえて、女性もいじけたところもなく非常に明るかった。その上、遊郭を思い出させるように、朝まで付き合ってくれたものだ。
ある本に、フランスは二人に一人は婚外子だから、高い出生率を維持しているとあった。彼我の道徳律の違いがあるものの出生率を高めるためには、子ども手当のような姑息な手段は止めてフランスに真似したら・・・・。 (T)

テーマ:不倫 婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

  COMMENT(0)
群雄割拠の戦国時代か。
2012/06/28 [Thu]08:39
category:放言
 民主党から僅か73名の造反者に、マスコミが報道大騒ぎ。同じ騒ぐなら大政翼賛会をおもわせる民自公の三党合意こそ問題はないか。大衆迎合の世論調査は信じたくないが、おしなべて云えるのは、回復したとはいえ自民25%前後、民主は凋落し一桁台、公明に至っては3%前後。圧倒的多いのは無党派層。これでは政治の安定は覚束ない。ところが政党の体をしていない「維新の会」が35%強の支持率とは、“驚き桃の木山椒の木”。如何に国民が既成政党に失望しているかの現れではないか。みんなの党以外の各政党の猛省を促す。  (T)
『橋下徹”太閤秀吉”を支える知恵者(”名参謀”)”黒田官兵衛”は山田宏・東京都杉並前区長』
 衆院解散ー総選挙を目前にして、”第三の新党”視されている「維新の会」が発表した”船中八策”は、”首相公選制”断行、”参院廃止と国会一院制”への移行など、革命的(?)方策を世に問い、既存政党の枕頭を揺るがせているが、東京首都圏の夕刊フジは2月22日、”今太閤”橋下徹を支えている知恵者・今”黒田官兵衛”が昨年まで在京インテリの”密集地帯”である東京都杉並区の区長を、三期、十二年間つとめた山田宏氏である、と暴露した。山田氏は京都大学卒業後、あの松下(幸之助)塾に学び、松原仁現国家公安委員長とは松下塾の同期生であった。野田佳彦現総理と比べると、松下塾の一期後輩生ということになるが、かえって意気が投合し、杉並区長在任当時は始終、橋下大阪府知事(このアトで橋下氏は大阪市長)と連絡をとりあい、”大阪都”構想にもつながる”地方自治体”の考え方などを、暖めてきた。今年一月には”橋下・秀吉”の懇請で、大阪市政特別顧問のイスに座り、本格的に”平成維新”のアイディアを孵化(フカ)させようとしている。

 今年二月には、民主党内”若手の旗頭”である前原誠司同党政調会長と東京都内で秘密会談し、ともすれば自論にコダワり過ぎる前原氏を説得し、日本国政刷新のため、野田氏を立てて戦うコトで、基本線では同意を得た、と云われている。山田氏は夕刊フジ記者に対して「野田総理は”一将さかえて万骨、枯れる」といった、勇猛将軍ではなく、”意見集約”型のリーダーだが、そうしたリーダーも、今のような”維新期”には必要だ。野田君が「ブレルようなことは、絶対にありえない」と、保証(?)している。(2/23)    (R・H)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
予想以上の造反者。
2012/06/27 [Wed]08:46
category:放言
遂に決着がついた。造反ー反対57,欠席・棄権16,計73。法案賛否の演説で圧倒的に迫力は、みんなの党・渡辺喜美氏であった。
私はマスコミが報道しないか、報道してもベタ記事で注目したのは、田中眞紀子氏の賛成投票と自民党元幹事長・中川秀直氏の欠席である。私は次回の総選挙では、「維新の会」の候補者が出ない限り自民党を応援するつもりだが、この勇気ある中>川氏を自民党が処分するようなら考え直さなければいけないと思っている。
熱烈な小沢信奉者の田中氏の小沢離反は、[週刊文春]に載った奥さんからの「離縁状」ではないか。一昨日このブログで書いたように、強烈な小沢フアンであった私でさえも“百年の恋”が吹き飛び“目から鱗が落ちた”くらいだから。私は小沢さんの名誉回復の最短の道は、靖国神社参拝することと、河村名古屋市長、大村愛知県知事と締結することだと思っている。次回の総選挙で、小沢チルドレンを血みどろになって応援し、再選の暁に、静かに“老兵は消え去るのみ”引退すべきだ。
早くも今朝の新聞は、「課題棚上げ」「国民会議」機能不全かと報じている。先に述べたように、政治家が身を削り襟を正すことは雲散霧消するのではないか。将に口説(くぜつ)の徒の集合体ではないか。国民のためは表だけで、政治家の本音は己の利害だけで、魑魅魍魎(ちみもうりょう)も夥(おびただ)しい。
次回の総選挙は民主党の惨敗は目に見えているが、さりとて自公が圧勝することは絶対ない。恐らく合従連衡(がっしょうれんこう)、政界再編成が必至だろう。  
(T)
『I T 時代の今日、野田内閣は新聞、雑誌等にあらわれる活字の世論を軽視??、岡田副総理、内閣府購読の新聞36%(1108部)、雑誌類34%(1036部)とり止めるよう指示』
 急速な勢いで I T 化が進みつつある今日、野田内閣は新聞や雑誌類等にあらわれる”紙に活字”の世論を軽視し始めたのでは、なかろうか。政府の中枢部、内閣府はこれまで3000部以上、別々の新聞、雑誌等、定期刊行物を取り、毎年、3億円前後の購読料を支払ってきたが、野田内閣で内閣府を取り仕切る岡田克也副総理は、I T 化の発達でインターネット等、映像文化が浸透しつつあるコトもことも顧慮して、3月16日の記者会見で、行政改革の一環という名目を掲げ、これらの購読を大幅に縮減して、おカネにして1億4501万円を浮き上がらせる旨、明言した。岡田副総理は、この会見で「新聞、雑誌等を”目のカタキ”にしているわけではないが、今や世論のすべてを代表しているとは云えず、これまで政府が支払ってきた定期刊行物購読数、購読料は一般の常識からいっても多額すぎる」と、述べた。従来、内閣府は全国紙(誌)、地方紙(誌)、業界紙(誌)のほとんどすべて、新聞が1731部、雑誌類が1569部も購読していたが、これを行政改革の名目によって、新聞を523部(36%減)、雑誌類を533部(34%減)、それぞれ購読を減らし、金額にして内閣府・定期刊行物購読料を、1億4501万円もカットしようというモノである。なお岡田副総理は私費支払いによって、ウチで新聞6紙を購読していたが、役所で読めるモノとのダブリを避けて、ウチでの新聞購読は3紙にけずる、という。(3/17)    (R・H)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
造反有理
2012/06/26 [Tue]08:15
category:放言
昨日も国会討論を聴いたが、この欄で何度も述べたように、消費税値上げだけを食い逃げして、行政改革など身を切る話がチョンになる恐れが強くなった。しかも民主、自民、公明の三党合意は、ヤーサンの手打ち式に似た野合ではないか。とり越し苦労かもしらないが、政治家自ら身を削る話は有耶無耶に終わりそう気がしてならない。何度も述べるように、値上げ法案を提出する前に国民に約束がありゃしませんか。
中国紅衛兵華やかなりしころ、毛沢東語録に『造反有理』とのスローガンがあったが、今日の消費税値上げ法案の採決に造反する政治家こそ、即ち、小沢一郎氏にそそのかされてたのではなく、自らの信念で造反したものこそ、真の政治家ではないか。民主党の最大の欠陥は、憲法とも言うべき綱領がないことだ。だから憲法調査会に私案が出せないのだ。  (T)
『自民党の憲法改正本部、「維新の会」とは違い、なお衆参両院を残す二院制で意見一致、ただし自民党内には衛藤征士郎氏ら、国会一院制主義者がかなりいる』


 野党、自民党の憲法改正本部は、本部長、保利浩輔・衆院 議員(元文相)司会の下に3月14日、会合を開き、同党の改正憲法案では、橋下徹・大阪市長ら、「維新の会」が唱える「参院廃止」には同調せず、現行のまま「衆参両院並立の二院制」で行くことに、意見一致した。ほとんどの西側先進国が”二院制”で、まだ「参院廃止」の国会一院制にする時機に来ていない、というのが、現行のまま「衆参二院制」を続ける主な理由である。ただ、自民党内にも「国会・一院制」を主張する国会議員が少なからずいて、衛藤征士郎・衆院副議長(元防衛長官)を会長とする「衆参両院改革・統合・一院制・実現議員連盟」が存在する。
  (3/5)     (R・H)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
消費税値上げの食い逃げか?
2012/06/25 [Mon]10:36
category:放言
 今朝運転中、国会討論を聴いていたが、猛烈に腹が立ったのは、専ら消費税値上げの三党合意の正当性を自画自賛するのみで主客転倒も夥(オビタダ)しい。全く八百長の感がした。行政改革のなかでも、自ら身を切る具体的な議論は一片もなかったことだ。下司(ゲス)の勘ぐりだが、値上げだけを食い逃げするような気がしてならないし、我々国民は踏んだり蹴ったりされるだろう。政治家の体たらくにメスを入れるべき社会の木鐸(ボクタク)であるマスコミが、政治家以上の体たらくぶりに怒りを覚える。  (T)

『日中のGDPが逆転、中国は世界第二の”経済大国”にも、不振の日本は”世界実力70傑”の政財界人のナカにも僅か三人、野田首相は62位』

 国家の総生産力(つまり国民の総所得)を表すGDPが、このほど日中両国政府から発表された。昨年のそれはまさに日中大逆転で、中国は世界第二位で、戦後、ズッとその座にあった日本は中國の下についた。日本のGDPは1995年以来、長期不況で、あまり伸長がなく、昨年のそれが5・5兆ドル(479・2億円)にトドマったのに対し、他方、中国は年間10%近い高度成長を達成し、昨年はGDPが5・9兆ドル(514・05億円)に達して、日本の座を奪い、世界第二の”経済大国”にもなった。

 ただ、人口13億4千万人にナンナンとする中国と、人口1億3千万人程度の日本とでは、国民ひとり一人にわかちあう、本当の富である”1人あたりGDP”では、いぜん日本の方が大きい。日本のそれが4万余ドル(約340万円)なのに対し、中国のそれは4135ドル(約36万円)に過ぎない。しかし、無期限(?)に続く日本のデフレ円高不況で、何時、日本が”失脚”しない、ともかぎらない。事実、このほど発表された米有力経済誌、フォーブス(Forbes)の世界富裕国(地域)番付毛では、日本は富裕国ベスト10に入っていないのみならず、一人あたりGDPでシンガポールの5万6694ドル(約484万円)、香港の4万5944ドル(約390万円)にも及びつかない。もちろん日本は、ノルウェー、米国、スイス、オランダなどの富裕国以下である。

 こうした日本の不振は、そこに住むヒトの評価にも響き、同じフォーブスが発表した「世界で最も影響力が大きい政財界人」70傑に入った日本人は、たった3人だった。それも、36位の白川方明・日銀総裁、60位の孫正義ソフトバンク社長を下まわり、わが民主党の野田佳彦・首相は62位という劣位にあった。ちなみに、トップの1,2,3各位は、オバマ米大統領、プーチン・ロシア首相、胡錦濤・中國国家主席という三大国首脳で、同じ第二次大戦の敗戦国でも、ドイツのメルケル首相は西欧代表として4位、アジアではインドのソニア・ガンディー国民会議派総裁は11位、中国の温家宝首相は14位だった。
 (2/28)      (R・H)ri

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
修身・斉家・治国・平天下。
2012/06/24 [Sun]08:52
category:放言
民主党には愛想が尽きて嫌いになったが、私は誰から何といわれても、小沢一郎氏が好きで熱烈な支持者だった。が、奥さんからの離縁状を「週刊文春」を読んで、百年の恋も一気に冷めてしまった
『修身・斉家・治国・平天下』とあるように、身を修め、家庭を平和にして、それから天下国家を論ずるとともに国家を安寧(あんねい)に導くべきだと、古人は述べている。古稀ならまだ若い。猛省して政治に立ち向かっていただきたい。門外漢の私が天下の小沢先生に意見を述べるのは烏滸(おこ)がましいが、敢えて述べると国家観と安全保障の確立ではないかと思っている。蛇足すると数の論理から脱却すべきだ。  (T)

『一億の日本国民、総 I T化 の時代、素材に”ハネ返し力”が強い高弾性物質入りのシャツ、下着類が流行る、”パソコン”等に取り組む”ウツ向き姿勢”を、知らず知らず直してくれる”ドン引き”型、ご婦人方に下半身”誇示”の狙いをも籠めて・・・』
お肌スレスレまで、シャツや下着を後ろに引いて、自分の下半身を、世に”誇示”できる”ドン引き”型のシャツ、下着類、とくにお肌にドンピシャリの男モノのステテコ、タイツ等が、下着メーカーのワコール、アシックス、ステテコCorp などから売り出され、売れ行きは至って好調だ、とインターネット・ニュースの R 25 が伝えている。これには、スマートな上半身と対照的に、図太い下半身の ”アソコ自慢” の ”男っぷり” を”世に”誇示”したい狙いは、もちろん存在する。 あんがいストレス 過重な 10代後半から30代前半までの ”働き盛り” 世代にモテハヤサレている、ともいう。しかし、もう一つ、パソコン、携帯電話 万能 の一億・日本 IT 総国民化時代、我ら若き同胞たち、アッピールする 重要な原動力がある。

R25などの報道によれば、当代の”働き盛り”世代は、ゴルフ、テニスなど、屋外スポーツに”闘魂”を燃やす反面、お仕事となると、パソコン相手、携帯電話あいてで 追われ放しで厳しく、あの画面に”夢中”になっていると、しぜんと首から上は下に傾き、”ウツ向き姿勢” になって、知らず知らず ”猫背” になってしまうのが ”悩みのタネ”だった。この”ドン引き”シャツ、下着の類いは、この”悩み”を解決してくれるらしい。これら”ドン引き”シャツ、下着の類いには、パソコンやケータイの画像に気も子も奪われて、”ウツ向き姿勢” になっているのを、途中で”待った”をかけ、もとの自然体に返す 弾性力抜群の新化学物質 が あらかじめ入っているとか。 そうそう意識的に努力しなくても、しぜんと”若者らしいスマートな 体型に戻っている由だ。多少は、お値段が張っても、”ドン引き”のシャツ、下着類を買う価値がありそうだ、と R25 は勧めている。  (2/22)
(R・H)

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
女ヤモメに花が咲く。
2012/06/23 [Sat]09:36
category:日記
『”不倫”劇の成功かつ失敗(?)者は、名だる”悪役”俳優、寺田農(ミノリ)、コッソリ自分より18歳わかい和風熟女と正式結婚され、10年間の同棲・慰謝料として5500万円を要求した事実婚パ^トナー、寺田に100万円なら「渡せる」と云われてカンカンになって訴訟へ』

 「不倫は文化」という名文句を残し、何度も”不倫”したのち、名女子プロ・ゴルファー、東尾理子さん(36歳)と三度目の正式結婚した美男型男優、石田純一(58歳)とは反対に、何回も”不倫”したのち、自ら墓穴を掘りそうになっている俳優がいる。その”不倫”劇の成功かつ失敗(?)者は、TBS系の連続ドラマ「水戸黄門」で「大久保彦左衛門」をやったり、海外からの輸入アニメ劇で”憎まれ役”の吹き替えなどに出る”稀代の悪役”男優として名高い寺田農(ミノリ)だ。寺田も石田と同様、何回も”不倫”を重ね、何度目かの事実婚パートナー、尾台めぐみさん(55歳)とは、ここ10年間、東京都心の高層マンションで同棲し、めぐみさんも西麻布の京風・料理屋の雇われ女将をして、数十万円という家賃の一部を出してきた仲である。めぐみさんにはナニも知らさずに、寺田農が和風美女(37歳)と正式結婚式を挙げたのち、「別れよう」とめぐみさんに切りだしところ、カンカンになったみのりさんは10年間の同棲に対する慰謝料として5500万円を要求した。これに対し、寺田農は「カネが無い。100万円なら渡せるが」と答えたので、怒り、心頭に発しためぐみさん。弁護士を立て訴訟沙汰にするとイキまいている。実は、寺田と尾台めぐみさんとの仲も”不倫”の結果で、2000年代初期、芸能プロダクションに対する車の賃貸し業をやっていためぐみさんと、十数回、飲み食いしているうちに、”出来ちゃった”ものらしい。この車の賃貸し業は、めぐみさんが前夫と営なんでいた商売だが、めぐ、みさんは”悪役”寺田農と”出来ちゃった”ので、別れている。それ以後、めぐみさんは前夫との間に出来ていた20代の”男の子”を連れて、寺田と同棲10年間にわたったらしい。めぐみさんは何時も「早く私をアンタの寺田姓に入れて欲しい」と、寺田に懇願してきたが、寺田は「そのうちに」と云って、ゴマかし、一昨年春から上記・和風美女と、コッソリこれまた”不倫”を重ねたのち、和風美女の要求に屈し、正式結婚式を挙げたという。10年間=5500万円の慰謝料を100万円に値切った、独善的な寺田に対して尾台めぐみさんいわく;---「まるまる100%あった愛情が、100%の憎悪に代わりました」。   (3/14)    (R・H)
『閑話休題』ー政局は一休み。以下有意義な随筆なので要略する。
昨日の産経新聞の『音に命あり』「生卵3個演奏のチカラ」でバイオリニスト・千住真理子さんが“生卵3個、毎朝飲む。一日中パワフル練習できるし、演奏会も疲れを感じない。若い頃は無理が利きかなりのハードスケジュールでも一晩ぐっすり寝れば翌朝には元気回復したのに、まだまだ若いつもりなのだがある程度の年齢を超すとさすがに無理がきかなくなってくる。数年前、風邪をひいた。若い頃は売薬で治ったものが治らず、焦る私が思いついたのが生卵であった。映画「ロッキー」の一場面で主人公がコップに入れた2.6個の生卵をゴクリと飲んでトレーニングに向かう姿が頭をよぎり、すがる気持ちで飲んだのが最初である。琴欧州関は激しい稽古のあと筋肉をほぐすため、白身だけを10個飲むそうだけど、卵のとりすぎはよくないといわれているのでマネをしないでほしい” 
『男やもめにウジが湧き、女ヤモメに花が咲く』ー永遠の真理?
当八幡で、私が知っている高齢なのに元気で若々しく、惚れ惚れするほど美しくその上、エレガントな未亡人、ベスト・シックス次ぎの通り。(東から)
T夫人,J夫人、I夫人、W夫人、H夫人、N夫人(75才以上、うち3人は90才前後)   (T)

テーマ:不倫 婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

  COMMENT(0)
54人の攻防。
2012/06/22 [Fri]09:15
category:放言
追悼 林 理介氏

一度、電話で話をしただけだが、訃報に驚くとともに淋しさが 込み上げてきた
翁との関係や、世界4ヶ国の新聞を見ての情報、翁のブログを支え楽しませてくれました、
有難う御座いました 翁だけでなく、このブログを通して 皆さんも悲しく思っています、 さて、政治の現状 あの 野田総理は、政治には、全くの素人 我が国の現状から見たら、消費増税は、絶対必要であり 止むを得んが、やり方が 腕白坊主そのもの、不退転の決意でという前に、---先に国民を納得させてから、口に出す言葉だ、そもそも、民主党が、政権をとれたのは、選挙時のマニフェストにある、旧態依然の自民党にヘキヘキしていた、国民が飛びついた、最初の頃は、蓮舫議員が、躍起になって頑張っていたが、官の激しい抵抗にあって尻切れトンボ、
東日本大震災という、突発的な要素が在ったにせよ、一番もたついたのが、政権党 見ていると、最近は地球規模でおかしくなっている 政治、経済、気象等---老いた人生に、寂しさ感じてきた。

上記はやじうま根性氏からのコメントである。
産経新聞のトップ記事は、『「54人」攻防激化』 『小沢氏造反明言 新党「考える』民主党の泥仕合は目に余るモノがあるが、そもそも、野田総理になって突然、消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案を、21日採決に向けて政治生命をかけると断言したところから紛糾しはじめた。
共産・社民を除く全政治家は、消費税の値上げは止むを得ない思っているはずだが、先の総選挙で公約した唇の乾かないうちの増税に小沢氏及びそのグループが怒っているし、国民の多くもそう思っているのではないだろうか。私が摩訶不思議に思うのは自民、公明の対応だ。
ただ残念なのは、小沢グループが54名という数字に拘っていることだ。私は例え20人でも30人でもよいのではないかと思う。信念持って正道を進めば、必ず大きな力になる。
この多数派工作のドロ試合いのなか、私が嗤ったのは、小沢系や中間派の事務所に、送られた差出人不明の封筒のなかに、週刊文春に掲載された小沢氏の妻・和子さんの“離縁状”のコピーが入っていたと、先の産経新聞が報じている。
造反が54名越しても越さなくても政界は激動し、再編は必至でなかろうか。  (T)

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
小沢さんの離党を促す。
2012/06/21 [Thu]08:22
category:放言
『「民主党首脳は、小沢一郎に謝罪すべし」』
 
 “5年前、小沢は「民主党は自民と組んで、学習しないと政権は担当できない」との考えで、「大連立」に合意したが、全党員に反対されて、大連立は不発だった。民主党は、消費税法案で、解散しない限り、自民他と連立を組まざるをえないだろう。即ち、5年間学習して、やっと小沢の「先見の明」が理解できたはずである。民主当首脳は、小沢に先見のなさを詫びてから、法案は提出されるべきである。ところが、逆に、小沢を排除しようとしている。民主党は礼節をしらない!”
上記は昨日のコメントからの転載である。さしもの私も気付かなかった実に穿(うが)った意見である。
昨今の政界やマスコミは、三党(民主・自民・公明)合意で、消費税値上げと一体改革にテンヤワンヤの大騒ぎだが、果たして手放しで喜んでいいのかな。
これに賛成する三党の輩(やから)は、私はどうも胡散(うさん)臭い気がしてならない。
消費税値上げに際し国民に何と約束してきたか。徹底的な行政改革とムダを省くと共に、政治家や官僚・公務員が率先して襟を正し、身を切ると断言してきたではないか
どうもこの三党合意のドサクサに紛れて、国民との約束を有耶無耶(うやむや)にするような気がしてならない。小沢さんも思いきって離党し、橋下徹、河村たかし、渡辺喜美、舛添要一氏らと新党結成したら如何なものか。間違いなく圧倒的な支持を受けるだろう。本来ならば、石原新党の旗の下に参加が理想だが・・・・。何しろ石原さんから嫌われているから。
◎、今秋の「サンデー毎日」の特集は“ウソつきは政治家の始まり” 尤もだ、尤もだ。
昨日、谷先生の命日にお参りしてきた。   (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
R。H氏のストックとその他。
2012/06/20 [Wed]08:23
category:日記
『世界120都市の競争力で東京は六位、住みやすさでは大阪12位、東京18位』

 世界的に有名な英経済紙エコノミストの調査部門、Intelligence Unit は米大手金融機関、シティ・グループと協力して、世界120都市の競争力を比較、調査していたが、3月12日、発表されたその結果では、首位が米ニューヨーク、二位が英ロンドン、四位がパリで、日本の都市では東京が六位、大阪が四十七位、名古屋が五十位、福岡が六十三位だった。この調査は各都市の文化的特徴なども比較の対象にはしているが、主として金融力、工業力、そしてそれを下支えするインフラの発達度など八部門を指数化し、総合した経済力の比較を主としたモノで、アジアではシンガポールが三位、香港が四位(パリと同格)と、日本の各都市の競争力を上まわった。

 これよりチョっと先き、英エコノミスト誌 Intelligence Unit は世界140都市の「住みやすさ」を比較、調査した結果を発表したが、こちらでは首位がカナダのバンクーバー、二位がオーストラリアのメルボルン、四位がカナダのトロント、七位がオーストラリアのシドニーなど、旧英自治領の加、豪両国の七都市がベスト10の上位を占めた。この都市「暮らしやすさ」調査は、治安状況、医療サービス、教育,文化の発達度、環境の整備ぶりなど、十数部門を指数化して総合したモノで、日本の都市では大阪が十二位、東京が十八位で、香港の三十一位、北京の七十二位を、グンと上まわっていた。ヨーロッパからは三位にオーストリアのウイーン、六位にフィンランドのヘルシンキなどが入っているが、ベスト10には米国の都市がまったく見当たらない。この米国都市の”暮らし難さ”は、アメリカの治安不安、雇用状況の悪さなどを、配慮の焦点にした結果と、受けとられている。
  (3/14)    (R・H)
原田健一先生へ。 
コメント有り難うございました。私の文章をお読みいただければお分かりのように、感情丸出しのワン・フレーズです。特に理系に弱くセシウムの何たることかも分かりません。今回のがれき受け入れ云々は、悲惨なな東北の復興を願うヒューマニズムからでたことで他意はありません、このことで論争したくはありませんが、何といってもその能力がありません。
今日は元北九州市市長谷伍平先生の命日。
先生の業績、その一は、労使関係の正常化。
その二、遠賀川河口堰の建設。水飢饉の解消。
その三、七色の煙をだす公害の街からの脱却。死の海といわれた洞海湾に魚や魚介類が棲めるようになり、煤煙は姿を消してしまった。
何より尊敬するのは、人格高邁清潔の上人情にも厚く、美術館館長時代、小倉が生んだ名女流俳人・杉田久女の旦那・杉田宇内(私の恩師)の上野美校(現東京芸大)卒業記念・自画像を館長室に架けていた。  (T)

テーマ:お知らせ - ジャンル:その他

  COMMENT(1)
ユニクロの成功。
2012/06/19 [Tue]07:57
category:日記
『世界一の大富豪は中南米通信業の”覇者”でメキシコ人のカルロス・スリム氏、だが資産1億ドル以上の金持がいる最多国は米国、中国は富豪番付から40人も落ちる、日本人間の富豪一位は世界番付88位のユニクロ社長、柳井正氏、米フォーブス誌」
 米屈指の有力経済誌、フォーブスはこのほど各自所有の資産810億円(米貨で1億ドル)以上という世界的大富豪、1226人の2012年版・番付を調査、発表したが、このうち約三割五分、425人は米国籍で、いぜんアメリカは世界トップの金持ち国家だった。しかし、世界一の大金持ちは、メキシコ人のカルロス・スリム氏(72歳)で、中南米の電機通信業界を制覇しているのみならず、米国内でもアメリカン・モービル等で最大の株主であり、所有資産5・6兆円を数えた。米国籍の大金持ちでは、世界第二の大富豪がマイクロ・ソフトの創始者兼オウナーのビル・ゲイツ氏(56歳)の資産4・9兆円、世界第三が世界一の投資家、ウォーレン・バフェット氏(81歳)の資産3・3兆円で、例によって例のごとき顔ぶれだった。

」フォーブス誌によれば、アジア人の資産810億円以上の大金持ちとしては、これまで数年間、毎年、香港、台湾を含めて、中国人が100人以上を占め、幅を利かせていたが、今年は前年より40人も減って95人が顔を載せたにトドマった。しかし、同誌番付によるアジアきっての大金持ちは、香港の企業、投資グループ「長江集団」のオウナー、李嘉誠(リー・カーシン、83歳)で、彼の所有資産は2・4兆円だった。アジア第二の大金持ちは、インドにおける石油販売、小売業界の”覇者”であるリテイリング・インダストリー社長、ムケッシュ・アンバニ氏(52歳)の資産2兆円だった。

 その各自所有資産が1兆円以上を数える超・大金持ちは約90人を数えたが、その掉尾(トウビ)を飾ったは 世界的大富豪番付では第八十八位の日本人、ユニクロ(ファースト・リテイリング)社長の柳井正氏(63歳)の資産1兆円だった。日本人の金持ちは、フォーブス誌番付のナカに、柳井氏はじめ24人を占め、柳井氏につぐ日本人第二位は世界番付でこそ第百二十七位のソフト・バンク社長、孫正義氏(54歳)の資産5760億円だった。日本人第三位は、世界番付、第百六十一位の三木谷法夫・楽天社長(42歳)の資産4960億円。日本人・第四位は、世界番付、第百六十九位のサンキョー(パチンコ業)オウナー、毒島(ブスジマ)邦雄氏で、資産4720億円。この雑誌の富豪世界番付に載った日本人は、在日韓国系が多く、パチンコ屋チェーン「マルハン」の経営者、韓昌和氏(81歳)は資産2480億円で、世界番付こそ第四百一位で、日本人間では第八位だった。   (3/11)    (R・H) 
上記は、、このブログで述べたように、林さんが病気の小康状態の時に、おくられた数多くのストックから引き出したものである。
今日の産経新聞のトップ記事は「行き場を失った小沢系」 “離れる中間派 造反後の戦略描けず”とある。ブレル政治家のなんと多いことか。“身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある” “当たって砕けろ”の信念や根性がないのか。情けない限りだ。 昨日会った数人の方(婦人を含む〉は、政治に嫌気がさした。当地区から『維新の会』の候補者が出なかったら名誉ある棄権だと異口同音に言っていた。私が苛立つのは小沢一郎氏の決断力のなさだ。奥さんから三行半を付きつけられるのは当然だ。 (T)

テーマ:ネットワークビジネス - ジャンル:ビジネス

  COMMENT(1)
閑中閑あり。
2012/06/18 [Mon]09:10
category:日記
 生者必滅世の習いとはいえ林さんの逝去は片腕をもぎ取られたように、、日に日に寂びさが込み上げてくる。
名のない私のブログが、今日まで35万強もアクセスがあったのは、ひとえに林さんのお陰である。改めてご冥福をお祈りいたします。病気が小康状態の2月、3月お寄せ頂いた資料が沢山あるので当分使わせて頂きます。

昨日、北九州市立文学館 第11回特別企画展『没後50年記念 読み継がれる吉川英治文学ー巌流島決闘400年』開催記念
映画 「宮本武蔵 巌流島の決闘」上映会が井筒屋別館バステルホールであった。映画に先立ち、松永武さん(松永文庫室長)今川英子(文学館館長)の対談のあと上映。
映画は、吉川英治の新聞小説「宮本武蔵」(1935~39)を原作とする5部作の完結編。
吉岡一門に勝利した武蔵がさらなる修業を経て、宿敵・佐々木小次郎と巌流島で相まみえるまでを描く。
監督・内田吐夢  武蔵は二十代の中村錦之助 対する小次郎に若き日の高倉健、上映時間約2時間、迫力に息も吐かないほどであった。

帰宅後、録画していた“たかじんのそこまで言って委員会”を見たが、主役の三宅久之氏が前回に続き休んでいたのにガッカリした。たかじんが退院して出演するまで引退しないと言っていたのに・・・。

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

  COMMENT(2)
主客転倒の三党合意。
2012/06/17 [Sun]10:39
category:放言
林理介さんの喪に服すため一週間 ブログを休むと宣言していたが、政局の変わり目の早さと怒りで、黙っておれなくなった。

それは、消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革関連法案をめぐり、民主、自民、公明の三党が修正に合意したことだ。厳しい財政状況のなか増税は吝(やぶさ)かではないが、そもそも各党とも国民に何といってきたか。隠し財源をはき出し、行政改革を徹底し、議員や公務員の定員や歳費や給料を削減し無駄を省き、生活保護費や高齢者医療などにメスを入れるなどの合理化などのすえ、消費税の増税をするといったではないか。増税は主客転倒も甚だしい。怒髪天を衝く。 
 政権交代を目指して血みどろになって民主党を応援してきた、Mさんは、最近の民主党の体たらくに裏切られ、とうとう三行半をつきつけた。が、八幡・小倉から立候補をの予定者の個人演説会に、ことごとく聞きに行き、先日、小倉であった田母神俊雄や櫻井よしこの講演会も聴くほど熱烈な正義感の持ち主だ。、今回の三党合意に猛烈に腹を立て、来たる総選挙では、橋下徹の『維新の会」を必死で応援するといっている。また、候補者が出ない場合は名誉の棄権だともいっている。

 このブログの愛読者から、緒方林太郎を落とすという『黒崎一の美人妻』の正体の問い合わせが数人からあつた。その中の一人からは、分かったら御馳走したいとの申し入れがあった。公表しませんから名乗り出ていただきたい。

今週号〈6/23〉の『週刊現代』の「世界恐慌前夜 ーあなたの預金が溶けてなくなる」は煽動しすぎて慄然と身の毛がよだつが、一面の真理をついている。敗戦直後の預金封鎖や紙幣の切り替えが頭をよぎる。


テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
『巨星落つ!』
2012/06/14 [Thu]09:08
category:日記
RH氏の訃報について
私はRH氏の実弟です。兄は昨年の暮れに病が高じて緊急入院して一旦は退院して自宅でリハビリに励んでいましたが多臓器不全で4月上旬に再入院しICUから抜けられないままついに5月25日命脈尽きて帰らぬ人となりました。本人の希望で延命治療は一切行っていません。84歳4カ月の寿命で弟の私からみても燃え尽きた人生で多くの知友に支えられ、家族、兄弟にも恵まれ、悔いのない自分なりの信念を貫いた豪快な一生だったと思います。5月28日、親族だけで密葬をいたしました。生前賜りましたご厚誼にはわたしども親族一同心から感謝申し上げます。「生前告別式」については国際情勢について論評を記載出来る場として大切に思っていました。私には多くの資料に目を通しその中から記事を書く記者魂が蘇ったと自分にとっては唯一の生き甲斐と申していました。

  『巨星落つ』
ご病状の状態から、いずれこの日が来るとと思って履いたが、彼のバイタリティから全快は無理にしてもコメントぐらい書けるようなるだろうと思っていたが、今日の弟さんのメールに、ビックリ仰天、早速、奥さんに電話したら、亡くなったのは5月25日とのこと。故人の遺志により告別式は、家族葬で行い誰にも識らせなかったそうである。このブログ『生前告別式』を立ち上げに、大変喜んで、「このブログに寄稿することは、私の生き甲斐の一つだ。絶対に止めないでほしい」と絶えず励ましていただくとともに、毎日数編のメールを戴いた。
思い起こすと彼との出会いは、朝日新聞入社、初の赴任先が八幡支局であった。中学の親友の吉原好明君が西日本新聞八幡支局勤務の関係で、毎日のように八幡市役所記者クラブに遊びに行く内に親しくなって、彼に奥さん(富士子夫人)を世話するほどに親しくなった。
 R・H氏は林理介といい、名古屋大学卒業で、朝日新聞入社後は主に外報部に所属し、当時アメリカの占領地・沖縄特派員を皮切りに、アメリカ、インドネシヤ、インドなど外国勤務のあと論説委員になり、定年後破、大東文化大学国際経済学部教授を歴任した。新聞社退職後も、個人で日本記者クラブに入り、国内外の情報を集め大新聞が報道しない記事を送ってくれた。
  喪に服するため一週間ブログを休みます。

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

  COMMENT(0)
打倒!野田政権。
2012/06/13 [Wed]09:06
category:放言
 友人でジャーナリストの青山昌史さん(東大法学部卒、元朝日新聞常務)から、世界日報に寄稿した切り抜きが送られてきた。
大見出しは『迫る通常国会会期末』中見出しは「修正協議開始も消費増税は予測不能」 “民主公約撤回すれば中間派造反も” 『自民「解散」で不協和音』 
 “自民党の谷垣総裁も本心は早期解散総選挙だ。解散がなければ谷垣氏は9月の総裁選挙で降ろされる。
最近、自民党が行った選挙情勢調査によると、自民党220議席前後、民主党120議席前後の圧勝だった。これに谷垣氏は気をよくしている。
会期末の21日まであと僅か。野田総理は政治生命をかけ陣頭指揮というが、小沢元代表らは絶対反対だ。
自民党も総裁再選目指し谷垣氏は張り切るが、重鎮たちは、協力すべきは協力せよという。こうして日本の運命がかかる6月政局は流動的な中で展開する。政権はどこに落ち着くか。当面、野田か谷垣か、それともどこへ行くか。”
猛烈に熱心に民主党を応援してきたMさんから電話があって、昨日の国会質疑を熱心に聴いたというか見たが、民主党に完全に愛想が尽いた。それは、売国的発言をした丹羽宇一郎中国大使を野田政権が庇って罷免しなかったことだ。
Mさんの怒りは尤もだ。これに腹を立てない日本人は人間のクズだ。
昨日も嬉しいことに、私のブログに265のアクセスがあった。
それは、やじうま根性氏の『黒崎一の美人妻さんへ』と八幡西区有志の会の『黒崎一の美人妻』の二つのコメントがあったからではないだろうか。

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
「天は二物を与えず」
2012/06/12 [Tue]08:57
category:日記
『ブス(?)中年女性にオンナとしての”自信”を与えてくれる木嶋香苗証言、毎回の公判、傍聴券の奪い合い四、五倍というブス(?)どもの殺到ぶり』

 「いずれ結婚しましょうネ」と、東京首都圏の”モテない”中高年男性に”婚活”求愛を切り出して、そのあとドライブなどに誘い出し、車中、暖房と称して、コンロに練炭などをクベて、その二酸化炭素等で、交際男性すくなくとも三人を殺害し、持ち金を奪った北海道根室近辺うまれの熟女、木嶋香苗(37歳)に対する強盗殺人裁判は3月5日、さいたま地裁(さいたま市浦和区)で公判32回目と回を重ねたが、毎回、二、三百人を超す中年オンナが同地裁前に殺到して、五十に満たない傍聴席を、「キャーッ取った」「横から手を出すな」といったスサまじい”黄色い奪い合い”を演じている。木嶋香苗はとても美人かつ可憐な女性とは云えず、むしろ田舎弁まる出しのブスかつフテブテしさが特徴だが、なにしろ中年オトコのタブラカしさは超(?)一流で、毎回、公判で「毎回、ウン十万円をセシめ取っていた」とか、名器(?)、名テクニックがご自慢で「いつも相手のオトコを有頂天にイカしていた」とかいう自己誇張を繰り返しているのを、ブス(?)オンナ傍聴者たちは、耳をそばだてて聴いている。

 週刊誌、女性セブンの取材記者らが公判後、ソッと、公判廷から出てきたブス(?)中年女性たちに、裁判を見聞きした感想を訊いたところ、「とても面白かった。次回も来る」とか「ブスの私に”生きる”自信を与えて下さった」とか「オトコを落とすテクニックを学んだ」とか、被告、木嶋香苗に敬意をいだくオンナさえいた。精神科医の香山リカさんは「木嶋香苗裁判は、世の”婚期遅れ”ブス熟女たちに、誇りさえもたらしている」と前置きして、「香苗の証言(告白)は、世の通りイッペンの女性観を打ち砕いている。モテない熟女たちは、木嶋香苗証言を痛快視し、彼女らの自己主張代弁に拍手を送っているのよ」と、コメントした。   (3/8)    (R・H)
モテ男で萩原朔太郎の詩を口ずさむ、ハンサムな友人・Y君の話も上記の話とソックリで、どんなに美人から迫られても、『天は二物を与えず』といって、美人を口説かなかった。
上記の木嶋早苗は、裁判で“私のあれは名器で超テクニック”と誇らしげ自慢しているが、それを決めるのは男性で、女性が自ら自慢することではないと思う。古来、男性の間に言い続けられた“タコ、キンチャク、カワラケ・・・”といってかなり遊んだ男でも名器に出会うのは、宝くじに当たるようなものだといわれている。、  (T)

テーマ:不倫 婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

  COMMENT(0)
若者よ!失敗を怖れるな!
2012/06/11 [Mon]08:17
category:放言
『「皆さん、たくさん恋愛してください」と、人気映画俳優の藤原竜也(29歳)が、卒業間際の男女中学三年生に、さてその責任は・・・・』

 性格的な演技で人気がある映画俳優、藤原竜也(29歳)は2月28日昼、東京都内の中学校で行われた自己主演の3D映画「おかえり、はやぶさ」(木本克英監督、3月10日)の試写会に、予告なしに登場し、まもなく同校を卒業する、男女中学三年生、130余人を前にして、「皆さん、中学を卒えたら沢山、恋愛して、喜びや悲しみを共にして下さい。できるだけ多くの人と接触し、若いエネルギーで、日本を元気ずけてください」と、挨拶した。さらに、藤原は「僕は、多くの人たちとの”出会い”によって、ここまで成長して参りました。一度や二度の”失敗”にめげずに、次のステップをガッチリ歩んでください」とも述べた。「おかえり、はやぶさ」は七年、費用60億ドルをかけて”宇宙の旅”を達成させた小惑星探査機”はやぶさ”と、これをつくり、アヤつった男女の冒険物語である。かならずしも単純な恋愛映画ではない。年若の時代、恋愛を繰り返すのはよいけれど、その失敗、挫折の責任は・・・・・。(2/28)     (R・H)
2年後輩のH氏から入場整理券が送られてきたので、昨日(10日)、Mさんとその知人3人で、『日本会議福岡北九州支部創立記念大会』が小倉北九州芸術劇場で開かれ、初代支部長に、前商工会議所会頭・重淵雅敏氏就任し、その記念講演に、田母神敏雄『甦れ日本ー日本の誇りと絆』があった。平素は不自由しないが講演会等では加齢による難聴からか、残念ながら所々しか聞くことが出来なかった。強烈な熱気あふれる講演を期待したが、約2時間、淡々とした話しぶりで時々爆笑や拍手が巻き起こった。
『八幡西区有志の会』から2.3日まえ厳しいコメントを戴いたが、会則があったらお知らせ頂きたい。 (T)

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

  COMMENT(0)
北九州の恥。
2012/06/10 [Sun]08:42
category:放言
 昨日、熱血かつ正義感に燃える90才で矍鑠(かくしゃく)たるT女史にお会いしたら、開口一番私に、“久し振り血が騒いだ”。それは6日行われたタウンミーティングに出席したときのことだ。
福岡市や大分、山口から動員されたおもわれる人たちが、立ち上がって口汚く大声で市長に向かって、瓦礫搬入反対を叫ぶ姿に、猛烈に腹が立って、壇上に上がって搬入、大賛成と叫びたかったそうである。
昨日、一昨日と書いたように、北九州市民の人類愛の一欠片もない悪いイメージを全国にばらまいた。
チョット考えてみたらわかるように、今回の瓦礫は、原発事故の福島より二つ北の岩手県のものではないか。
返す返すも残念だったのは、北橋市長も、市民の代表である市議会が満場一致で受け入れを決定した段階で、導入すべきであった。   (T)
『日中のGDPが逆転、中国は世界第二の”経済大国”にも、不振の日本は”世界実力70傑”の政財界人のナカにも僅か三人、野田首相は62位』

 
 国家の総生産力(つまり国民の総所得)を表すGDPが、このほど日中両国政府から発表された。昨年のそれはまさに日中大逆転で、中国は世界第二位で、戦後、ズッとその座にあった日本は中國の下についた。日本のGDPは1995年以来、長期不況で、あまり伸長がなく、昨年のそれが5・5兆ドル(479・2億円)にトドマったのに対し、他方、中国は年間10%近い高度成長を達成し、昨年はGDPが5・9兆ドル(514・05億円)に達して、日本の座を奪い、世界第二の”経済大国”にもなった。

 ただ、人口13億4千万人にナンナンとする中国と、人口1億3千万人程度の日本とでは、国民ひとり一人にわかちあう、本当の富である”1人あたりGDP”では、いぜん日本の方が大きい。日本のそれが4万余ドル(約340万円)なのに対し、中国のそれは4135ドル(約36万円)に過ぎない。しかし、無期限(?)に続く日本のデフレ円高不況で、何時、日本が”失脚”しない、ともかぎらない。事実、このほど発表された米有力経済誌、フォーブス(Forbes)の世界富裕国(地域)番付毛では、日本は富裕国ベスト10に入っていないのみならず、一人あたりGDPでシンガポールの5万6694ドル(約484万円)、香港の4万5944ドル(約390万円)にも及びつかない。もちろん日本は、ノルウェー、米国、スイス、オランダなどの富裕国以下である。

 こうした日本の不振は、そこに住むヒトの評価にも響き、同じフォーブスが発表した「世界で最も影響力が大きい政財界人」70傑に入った日本人は、たった3人だった。それも、36位の白川方明・日銀総裁、60位の孫正義ソフトバンク社長を下まわり、わが民主党の野田佳彦・首相は62位という劣位にあった。ちなみに、トップの1,2,3各位は、オバマ米大統領、プーチン・ロシア首相、胡錦濤・中國国家主席という三大国首脳で、同じ第二次大戦の敗戦国でも、ドイツのメルケル首相は西欧代表として4位、アジアではインドのソニア・ガンディー国民会議派総裁は11位、中国の温家宝首相は14位だった。 (2/28)
(R・H)

テーマ:福岡県 - ジャンル:地域情報

  COMMENT(0)
日本人の絆は何処にいったのか。
2012/06/09 [Sat]08:29
category:放言
 先日のタウンミーティングで、声を張り上げて、がれき受け入れ反対と、北橋市長に罵〈ののし〉る姿が網膜に強烈に焼き付いて離れない。これほど日本人の心が腐っているとは全く情けない。美徳のはどこにいったのか。
考えてみたら昨今の政治も、与党・野党問わずエゴ丸出しで、天下国家を憂うるではなく、己の当選・再選あるのみのように思われて仕方がない。野田さんよ!増税に政治生命をかける前に、やることが山積しているではないか。
昨日、「八幡西区有志の会」から物凄いコメントを二通戴いた。私も賛成だが是非お目通しを。   〈T〉

『I T文化の進行下、パソコン、携帯電話などの見過ぎで、新たな首の病い、知らずしらずに新型・鬱(ウツ)病にもなる、あるいは雅子さまも(?)、「日本新型鬱病学会」も生まる』

 どんどん進むI T文化下、パソコンや携帯電話の大普及や、インターネット依存の拡大によって、しぜんこれらの画像などを見ていて、首から上の頭の部分が下にさがりっ放しとなり、このクビの異常姿勢によって、頚頭部の重要機能まで悪影響を受け、それによる新型・鬱(ウツ)病が流行りはじめたとして、若手の脳外科医、神経内科医らが集まり、松井孝嘉・東京脳神経センター所長を、理事長にする「日本新型・鬱病学会」が東京港区虎ノ門の同センターに設けられた。これまで人類を悩ませ続けてきた、従来型・鬱病が、精神病理学的あるいは神経医学的な観点からのみ、解析されてきたのに対し、松井新理事長らは、人為的的なI T文化の拡大による新型・鬱病克服のためには、近代医学の粋を集めた外科的、内科的な対応が必要になってくるモノと、見ている。

 この「日本新型・鬱病学会」の調べによると、日本は年間、約三万人の犠牲者を出す”自殺大国”だが、このナカには、I T文化への嵌(ハマ)り過ぎによる偏向的”神経過敏者”も少なくない。松井理事長はこう述べている―――「パソコンやケータイにとらわれて、首から上の頭の部分をズットと下に向けている”うつむき姿勢”が、新型・鬱病の始まりではないでしょうか。最も典型的な新型・鬱病の初期患者は,畏れ多いコトながら、皇太子妃、雅子さまではないでしょうか。こむずかしい精神病理学にモトずき、長期的な休息を必要とする療養に持って行く前に、低周波治療法や、電気療法によって、ズッと短い時間で治療できるのではありませんか」

 パソコンやケータイの見過ぎによる新型・鬱病のことを、松井理事長らは「頚筋症候群」と呼び、その病状としては、頭痛、めまい、微熱、疲労感、胃腸障害なども、挙げている。東京都内の十数病院で、この「頸筋症候群」の患者が延べ百人ほどは発見され、入院、治療を受けているが、上記の病状を正確に把握すれば、八―九ヵ月で、モトに戻すことも出来る、と松井理事長らは云っている。  〈2/26〉
〈R・H〉

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
恥の上塗り。
2012/06/08 [Fri]09:08
category:放言
 6日、がれき受け入れの北九州市のタウンミーティングがあり、その模様がテレビで放映されたが、あまりの騒然たるたる受け入れ反対の雰囲気と武士道の憐憫(れんびん)の情のなさに、私は悲しくなった。
それでなくても、暴力団問題で全国に汚名を轟かせているというのに、東日本大震災や福島原発事故の罹災者に対する思い遣りや温かい心のなさに、深い憤りと義憤を感じた。折角、全国に先駆けて瓦礫の受け入れを満場一致で市議会で議決して名を上げたというのに、テレビに映った受け入れ反対を叫んでいる顔ぶれから想像すると、或る政党による動員のような気がしてならない。
北橋市長は、八幡西区と門司区でタウンミーティングをやるそうだが、間違いなく、よく似た顔ぶれだと思う。、完全な時間の無駄だ。スパーと決断すべきだ。   (T)、

『東日本大震災、被災市町村への他・都道府県・市町村からの救援出張職員、原発事故があった福島県だけは行こうとしない、被災一年後、福島県には被災地要請数のたった四割』

 東北地方のブロック紙、河北新報が3月15日、伝えたところによると、総務省指示による、3・11東日本大震災で大被害をこうむった太平洋沿い被災三県に対する他都道府県・地方自治体(市町村)からの出張・救援職員は、福島県へだけは、まだその四割くらいしか行っていない。総務省は福島県の被災21市町村に対し、171人の他・地方自治体職員の救援出張を要望していたが、3・11大震災から一年余りたった今、実際に福島県に出張した他・地方自治体の職員は、、たった71人にトドマっている。被災三県でも、宮城県へは190人、岩手県へは217人と、総務省指示どおりの救援要員が他・地方自治体から救援出張し続けており、総務省を満足させている。福島県だけ「行きたがらない」のは、もちろん3・11大震災で、東京電力・第一原子力発電所が破壊され、有害・放射能物質が拡散、汚染しているからで、救援要員・本人の意志というよりも、上司が下僚の健康問題を気ずかって、出張させないのだ、と総務省側は見ている。東電第一原発事故現場ちかくの、相馬市は他・地方自治体から25人の要員派遣を要望したのに対し現に派遣されているのは1人、広野町には17人の派遣要望にたいし出張して来ているのはやはり1人。川内村にいたっては3人の救援要員派遣要望に対して、いぜんゼロといった状態である。(3/15)
(R・H)   

テーマ:福岡県 - ジャンル:地域情報

  COMMENT(1)
財務省の陰謀。
2012/06/07 [Thu]08:07
category:放言
謹んで三笠宮寛仁さまのご逝去を悼みご冥福を祈ります。 

 昨日このブログで書いたように、消費税増税は財務省の陰謀であることは、いみじくも「週刊ポスト」(3/9)が指摘していた。   (T)
『消費税などの増税問題、増税シナリオ・ライターの財務省と、増税反対・最強硬の小沢一郎氏とが対決、勝財務次官は民主、自民極秘首脳会談にも出て折伏、小沢氏には脱税(?)有無調査の特捜班(?)を東京国税局に設置!』

 週刊ポスト最近刊(3月9日)号などは、消費税率引き上げなど、増税路線のシナリオ・ライター兼演出家である財務省と、これを真っ正面から拒否する最強硬・増税反対派リーダー、小沢一郎元民主党代表との攻めぎあいが、最高潮に達し、異様な激しさを加えつつある、と報じた。財務省は配下、東京国税局資料調査課(略称,”料調”)に、小沢氏関係のスキャンダルを洗いつくす小沢特別調査班を置き、脱税醜聞などを暴露し、小沢氏を社会的窮地に陥れる作戦を取ろう、としている。

 そもそも財務省はエリート役人の総本山だが、彼ら秀才官僚たちが最も心配しているのは、西側先進国一と云われる日本の国家的赤字財政で、自民党政権末期から赤字穴埋めのための増税案を何度も書き直してきた。さる2月25日、行われたという野田佳彦首相と、谷垣禎一自民党総裁との極秘首脳会談にも、財務官僚のトップ、勝栄二郎事務次官がコッソリ臨席し、早急な増税の不可避性を、野田、谷垣両首脳に折伏(シャクフク)したと、いわれている。
 勝次官らがいま一番の脅威と見ているのは、数年前、”政権交代”を実現させた立役者で、現在、増税反対の最強硬論者である小沢一郎氏の”政治的復活”で、とくに小沢氏の資金管理団体「陸山会」による東京都内・土地購入問題をめぐり、その資金出所に関し汚職の疑いをもたれていた小沢氏関係の捜査報告書などが、東京地裁から次々に不採用と決定されていることだ。今の勢いだと、四月中にも、小沢氏が天下はれての”無罪”を勝ち取り、間接的に増税シナリオ・ライター、財務省の敗北というコトになってしまうかも知れない。

 週刊ポストなどの報道によれば、財務省はこうした最悪の事態を想定して、そのあと小沢氏を”糾弾”する第二弾として、金満(?)政治家、小沢一郎氏の入金出所を洗い、あわよくば彼の”脱税(?)”をも暴露して、世に訴え、増税シナリオを確実に進めるため、上記”料調”に”大動員(?)”をかけたモノとみられている。財務当局の小沢醜聞アバきは、これが初めてではなく、二、三年前、小沢一郎氏と、小沢夫人の実家、福田組(新潟県のゼネコン)との金銭的醜聞を暴露したコトがある。このとき小沢氏は刑事処分こそ下されなかったが、民主党代表を辞任せざるを得なかった。

 これらの動きに対し,当の小沢一郎氏は三月一日夜も、自派議員を集めて、野田(民主)、谷垣(自民)極秘首脳会談を非難し、野田首相による増税諸法案提出と”増税解散”には身体を張って闘う、と強固な姿勢を見せた。(3/2)   (R・H)

テーマ:消費税増税・復興税 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
消費税増税に怒り。
2012/06/06 [Wed]08:54
category:放言
 昨日は数ヶ月ぶり、アクセスが200を越して257になった。
それもそのはず、noga氏の 『 this way』 伴睦氏の『「国策転換」を図れ!』 やじうま氏の『元気、元気 巷の囁き』とご三方の実に高度で専門的な格調高いコメントがあったからではないだろうか。是非ご必読戴きたい。

一昨日、野田第二次改造内閣が発足したが、防衛相に拓殖大学教授・森本敏氏の起用以外みるべきものが全くない。
私が摩訶不思議に思うのは、野田総理が、『税と社会保障の一体改革』に政治生命をかけ、消費税増税に血眼になっていることだ。
そもそも野田総理の増税の発想は、財務官僚のマインドコントロールによるもので、2年前の総選挙でなんといってきたか。『コンクリートから人へ』 『官のムダを省け』etcの上、隠し財源があるから増税しないと、声高々に国民に約束しながら、人口が大幅に減少するというのに、八ッ場ダムの再開、新幹線3線の着工、高速道路の4車線化の復活など、まさに官僚の言いなりではではないか。議員や公務員の定員や歳費や給料の削減などどうなっているのか。
やるべきこともやらずに、増税することは何事か、“怒髪天を衝く”怒りを覚える。

テーマ:消費税増税・復興税 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
「維新の会」に期待。
2012/06/05 [Tue]08:30
category:放言
『「”維新の会”の次期衆院選・立候補者はすべて手弁当の自己資金で戦ってもらう」と、橋下徹大阪市長、24日から開く”維新塾”の卒業試験で、候補者を選ぶとも』

 「われわれ”維新の会”から次期衆院選に出る立候補者には、すべて手弁当で、自己資金によって戦ってもらう」---注目の人、”大阪維新の会”代表の橋下徹大阪市長は3月4日夜、フジテレビの”新報道・2001”に出演し、民主党の古川元久国家戦略担当相や林芳正自民党政調会長代理らと、激論のすえ、こう高々と宣言した。民主、自民などの既存政党は、党本部が認めた衆院選候補者に対しては、党公認候補として、ひとり何百万円かの選挙助成金を交付する慣わしだったが、橋下市長はこれらの旧習を言下に否定したモノである。橋下市長が云う”手弁当方式”にちかいヤリ方は、一時、”維新の会”に近いとも云われた渡辺喜美代表の”みんなの党”が採用して来ている。最近、毎日新聞が行った世論調査では、”維新の会”の国政進出に期待する声が61%に上り、同”維新の会”が3月24日から開く予定の”維新塾”には2262人の受講生が殺到しているが、橋下市長らの話によれば、これら受講生のナカから論文、討論、街頭演説などの”卒業試験”によって、最終的な同維新の会・公認候補が選ばれる、と云われている。(3/5)   (R・H)
原発全面破棄を訴え続けて来たのに、数日前から条件付きで原発を認める発言を橋下市長はしたが、私は“さもありなん”と思うが、一般の国民はどう感じたか?
一日から四日まで、女婿の13回忌法要のため休筆。僅か3日間の旅だったが、つくづく老いを感じ疲労困憊した。二組の孫夫婦と一人の曾孫に取り囲まれご満足であったが、私の歩く姿を見て孫たちに嗤われた。今後は少しずつ散歩することを誓った。その展、女婿の父親は90才だったが、背筋はピンとして歩く足取りもしっかりしていた。  R・H氏は重病とみえて、資料は元気な2月、3月のものばかりである。さりとて何度も述べるように、書く能力はない。
(T)

テーマ:橋下徹 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ