プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
“見んこと清し。”
2011/10/31 [Mon]08:10
category:放言
『多重債務や家庭破壊を招く主因、パチンコ屋を禁止出来ないのは、パチンコ業界”代理人”議員に民主党が多いためだ、と共産党議員が山岡国家公安委員長に噛みつく』

 日本共産党の大門実紀史・参院議員は10月28日の参院消費者特別委員会で、「なぜ、お隣り韓国、台湾と同様、日本も”悪の根源”パチンコ屋を禁止できなのか」と、鋭く迫り、ギャンブル依存症患者や多重債務者、離婚等の家庭生活破壊者らに”パチンコ依存症”の狂人まがい(?)が多い事実を挙げた。日本の政府、与党がパチンコ屋に強硬な手を打てない原因は、我が国パチンコ業界の総元締め、日本パチンコ・チェーン協会が有償(?)で、54人の国会議員をいわばその業界代理人(正式には政治的アドバイザー)として抱え、日本共産党を除く各政党に多額の政治献金をしているためだ、と非難し、いまやパチンコ業界は”ジャラン、ジャラン”と出て来る景品(?)まで現金として手渡すようになっているのではないか、と警告した。大門議員によれば、パチンコ業界”代理人”54人のうち、野党側が自民10人、公明3人であるのに対し、与党、民主党は海江田万里前経産相をはじめ、38人と、断トツに多く、やはりパチンコ・チェーン協会の政治的アドバイザーである山岡憲次国家委員長・兼・消費者担当相の引責辞任を、強く迫った。
(R・H)
今は完全に足を洗ったが、一時期パチンコに夢中になったことがある。いまの若者は、長時間釘付けされる麻雀やゴルフを忌み嫌う傾向がある。その点、パチンコは個人競技のため、するも止めるも自由なことから、繁盛しているのではないか。その上当たれば数万円になるため、射幸心をそそる。
ただ怖いのは、負けが混むと札が紙切れのように思えてくるし、不思議なことに、止めると大当たりが出ることだ。巷間伝わっている情報によると、パチンコの経営者に北朝鮮系が多く、儲けたカネは、北へ貢ぐと言われている。
上記、パチンコ業界から献金を受けている売国奴・民主党54人、自民党10人、公明党3人の氏名が知りたいものだ。   (T)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
ここまで進んだ性の自由化。
2011/10/30 [Sun]08:19
category:放言
『ヤングレディの性初体験は大学生時代、そのころのセックス・パートナーは複数が圧倒的多数、オナニー実行者は増えるばかり、An Anの調査結果』

 ヤングレディむけの雑誌、An Anは今秋もセックス特集号を出版したが、セックスに経験があるヤングレディ、300人にその実態をアンケート調査したところ、性行為の初体験は、18歳から21歳までの、いわば大学在学時代に経験した女性が多く、結婚前に体験したセックス・パートナー(男性)の数は圧倒的多数が複数だった。淋しいときに一人エッチ(オナニー)する数も年々、増加の傾向にあった。以下はその大要。

<<1>>性行為の初体験年齢
     15歳以下=5%、16-17歳=12%、18-19歳=35%、20-21歳=28%、22-23歳=14%、24-25歳=5%、26歳以上=1%。

<<2>>結婚前、性行為したセックス・パートナー(男性)の数
     1人=19%、2人、4人そして10人以上=各 15%、3人=9%、5人=5%、6人=2%、7人=3%、8人=4%、9人=3%。
     (同誌は”婚前”セックス・パートナーの平均数は5・2人、最多の場合で25人と推定している)

<<3>>一人エッチ(オナニー)をやっているか、どうか
    「やっている」 88%、 「やっていない」 11%
   
 (同誌は自慰する女性は年を経るたびに増えている、と分析している)
(R・H)
an・anの調査は、「隔世の感」がする。およそ40年前までは、非処女を疵物(きずもの)といって、結婚の障害になっていた。 上記のアンケートは、ここまで性の自由化が進んだことに驚くばかり。“男女七歳にして席を同じくせず”の教育を受けてきた当時の男性にとっては、素人の女性は高嶺の花で、酒の勢いを借りて“みんなで渡れば怖くない”とばかりに、遊郭に雪崩れ込んで童貞を失ったものだ。   (T) 

テーマ:男と女の方程式 - ジャンル:独身・フリー

  COMMENT(1)
“さもありなん”
2011/10/29 [Sat]08:30
category:放言
『「世界に誇れる日本人はダレか?」断然トップはイチロー、ベスト10に政治家は一人も無し、「ぴあ」の街頭調査』

 芸能、出版などの情報を収集、伝達する企業「ぴあ」は、新メディア・サービス「ウレぴあ」の営業開始を記念して、今月25日、東京、大阪、名古屋など、全国61ヵ所の街頭で、道行く成人男女、約1万1000人に対し、古今を問わず、「世界に誇れる日本人はダレか?」と訊ねたところ、首位は断然、米プロ野球でも大スター選手であるイチローだった。ベスト10は以下の通りだが、残念ながらココに政治家の名は一人も無かった。
(1)イチロー       =  2636票 
(2)ビートたけし(北野武)=   820票
(3)渡辺  謙      =   720票
(4)宮崎  駿      =   234票
(5)黒沢  明      =   190票
(6)石川  遼      =   163票
(7)松下幸之助      =   138票
(8)小沢 征爾      =   135票
(9)長友 佑都      =   133票
(10)中田英寿      =   132票。
(R・H)
 “さもありなん”私は陸山会に入会したほど、多くの知人友人から猛反対されながらも、小沢一郎氏を「政治とカネ」は、クソ食らえとばかりに、頑なに支持・応援してきたが、最近嫌気が差して失望した。それはネ、社民系の横路、赤松氏らに気兼ねしてか?、靖国神社に参拝しないし、憲法改正を言わないことと、新党結成に躊躇していることだ。   (T)

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
「韓流ドラマ」云々。
2011/10/28 [Fri]07:49
category:日記
『純日本製ドラマ「南極大陸」が韓流(?)ドラマ「僕とスターの99日間」を、視聴率競争で圧倒!!』

 日曜日の夜、同じゴールデン・タイムに”競映”された日韓両流ドラマの視聴者獲得競争で、こんどは日流ドラマ(?)が韓流ドラマ(?)を圧倒した。といっても、韓流ドラマ(?)の方は軽いラブ・コメディ(喜劇)モノで、正確にいえば韓国人有名女優を主演に起用しただけの、日本資本による製作ドラマである。これに対し、日流ドラマ(?)は、日本人とって忘れられない五十五年前の第一次南極探検隊の活動をドラマ化したモノで、隊員たちが涙をのんで南極大陸に居残らせた樺太犬2頭が生き残って、その一年後、同大陸を訪れた第二次南極探検隊によって救助され、故国(?)日本に凱旋帰国したストーリーで、すでに何回も映画化、テレビ化されている。

 TBSは開局60周年記念番組として、経費5億円をかけて、日本一のスター男優、キムタクこと、木村拓哉を主演役、第一次南極探検隊長に起用し、まず、この日流(?)ドラマ「南極大陸」第一話を、さる10月16日夜、放映したところ、平均視聴率 22・2%、瞬間最高視聴率 25・5%を獲得した。一週間後の10月23日夜、放映された第二話も、平均視聴率 19・0%、瞬間最高視聴率 21・4%という好調ぶりだった。

 これに対し、日本資本製作の韓流(?)ドラマ「スターと僕の99日間」は、日本でのドラマ出演のため初来日した韓国人・大女優と、彼女を守る知的な日本人ガードとが織りなす物語で、この韓国人・大女優役には、本当に韓国きっての美人大スター、キム・テヒが扮し、日本人ガードには最近、人気がメキメキ上がっている西島秀俊が起用されている。しかし、第一話がフジ・テレビから放映された10月23日夜は、平均視聴率が 10・2%、瞬間最高視聴率でも せいぜい 15%どまりだった(以上、視聴率は電通調べなど)。     (R・H)
私もそうだが、R・Hさんからのメールも政治に関する内容が極端に少なくなったし、緊迫感もなくなった。民主党にも愛想が尽いたが、野党第一党の自民党にも嫌気が差した。いま総選挙をすると無党派層が躍進するのではないか?。
私は見たことはないが、韓流ドラマに凝っているご婦人の話によると、男優は兵役に従事しただけに、男前だけでなく肉体は筋骨隆々、惚れ惚れするそうだ。    (T)

テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  COMMENT(1)
『アラブの春』
2011/10/27 [Thu]09:05
category:放言
『「本来、カダフィ大佐は”中国の友人”ではなかった」と中国外務省幹部、リビアの石油資源等に目を奪われ、新政権側にグーンとすり寄る、変わり身の早さに中国国内ネットから批判の声も』
 
 中国外務省の廬沙野(ルーシャーイェ)アフリカ局長は先日、リビアの独裁者だったムアマル・カダフィ大佐が公開”処刑”同様のやり方で殺害されたことについて、仏誌記者のインタービューに対し、「本来、カダフィ大佐は”中国の友人”ではなかった」と、発言したが、これは リビアの石油、天然ガスなど、地下資源欲しさに、早々とリビア新政権側に身をすり寄せようとする 露骨な”転身(?)”だと、評する西側メディアが多い。しかし、台湾の中華電子報は、「あまりにも明々白々な”変わり身”の速さで、ズルさが匂って来る」と、中国国内のインターネットに出ていた 中国的”転身” への内部批判を、以下のように伝えてきた。

(1)かつて中国はカダフィ大佐を”盟友”視して優遇、支援し、2002年、江沢民国家主席はリビア訪問の際、”真の友人”だと、肩抱き合って親愛の情をしめした。今日、打って変った廬局長の発言はヒドい。
(2)中国はカダフィ大佐による統治時代、米貨にして200億ドル以上を投資し、三万になんなんとする中国人技術者、労働者らを、あの国に派遣した。これらのおカネ、ヒトはどうなるのか。
(3)やはり”真の友人”であるシリアのアサド大統領、ベネズエラのチャベス大統領、そして北朝鮮の金正日労働党総書記らを待ち受けている”運命”は、どうなるか。中国は彼らに救いの手を貸すだろうか。
   (R・H)
“おごる平家は久しからず”エジプトに端を発した「アラブの春」運動は、“燎原の火”のようにアラブ全体に広がり、中東の栄耀栄華を満喫していた独裁者たちを権力の座から引きずり落としている。明日は我が身か、中国と北朝鮮の権力者達は、戦々恐々として国内での報道を禁止している。(シリアとリビアとよく似て覚え難い。R・Hさんのコメントもお読み下さい)  (T)

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

  COMMENT(2)
下司の勘ぐり。
2011/10/26 [Wed]08:06
category:日記
『「病気やない、甘えるな」、「クスリ飲まずに頑張れ」、ほとんど診察せずに”命令”した医師に対し患者へ60万円の損害賠償命令』
 勤務先への復職が遅れたから、大阪地裁、他の医師は自律神経失調症と診断
「病気やないぞ、甘えるんやないぞ」、「クスリ飲まずに頑張れ」と、目の前の患者に対し、ほとんど医学的な診察をせずに、処方箋も出さず、こう”命令(?)”した大阪府下の医師に対し、大阪地裁の寺元義人裁判官は10月25日、医学的な諸法規、諸判決に照らし、違法だと断じ、その患者に対し、損害賠償金、60万円を支払うよう命じた。この患者は別の医師に診察して貰った結果、自律神経失調症と診断されて、適当な薬方療法によって回復した。”軍医”的だった最初の医師の士気鼓舞調の非科学的・医療(?)のため、勤務先への復職が数ヵ月おくれたとして、この”軍医”的医師に対し、530万円の損害賠償を請求していたモノである。   (R・H)
上記の医師は気骨がある。病院は老人や子どもで繁盛し、特に老人は、馬に秣を食わせるほど沢山クスリを貰っている。これではいずれ国家財政は破綻するだろう。  (T)
『クッキー、ビスケット、せんべい、饅頭など、大豆を主原料にしたお菓子を食べ過ぎると、男性の精子数は減り、速度が弱くなる、米ハーバード大などの調査、研究結果』
 英ロイター電は10月23日、クッキー、ビスケット、せんべい、饅頭など、大豆を主原料にしたお菓子類を食べ過ぎると、男性の精子の数が減り、女性の卵子と結合するスピードも遅くなるという、ハーバード大(米)、ムルシア大(スペイン)両大学院公衆衛生学教室などの調査、研究結果を、報じた。これは2000年代初期の数年間、両大学院などに不妊治療を受けに訪れた成人男性、数百人に対する追跡調査の結果で、上記あげたような菓子を毎日、多量に食べている男性の精液に溜まっていた精子の数は、全くこうした大豆原料の菓子を食べていない男性たちより、容積1ミリリットルあたり4100万匹、少なかった(一般男性の精液には、ふつう1ミリリットル当たり、8000万匹ー1億2000匹の精子が存在している、という)。また、生殖行為のあと、女性の膣から子宮にまで行って女性の卵子と結合するスピード、能力も、”大豆菓子党”の方が劣っている可能性がある、といわれている。ハーバード大側は、男性の精子を増やすためには、タマゴ、サツマイモ、、ブロッコリー、アスパラガス、ナッツなどを、より多く食べるよう勧めている。なお、この調査、研究結果は学術誌、Human Reproduction に掲載される。   (R・H)
菓子の原料は、100%近く大豆を始め豆類ではないのか。下司の勘ぐりだが、先進国にセックスレスが多く、人口が増えない原因の一つかもしれない。  (T)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
政治家の非常識。
2011/10/25 [Tue]08:25
category:放言
『「オンナはすべからくベッド上で娼婦のごとくあれ」と州上院議員選挙で共和党候補が演説して大騒動、党公認も取り消しか』 
「女性はすべからくベッド上で娼婦のように媚態(ビタイ)をしめして下さい」と、こともあろうにLady Firstの総本山、アメリカ、それも知的程度が高いコトで有名な米東部ニュージャージー州の州上院選挙で、共和党の候補者であるフィル・ミッチ氏が10月21日、こう演説し、大騒動になっている。ニッチ氏は男性票の食い止めのため、この表現を使ったらしいが、たちまち女性側から大反発にあい、共和党ニュージャージー州本部はミッチ氏への党公認取り消しの方向に動いている。AP電などによって、ミッチ氏の発言を、もう少し詳しく伝えると、「女性が男性の心をシッカリつなぎおくためには誠実でなければなりません。リビングルームでは、賢明な夫人であるとともに、ベッド上では娼婦のごとく仕えるコトも時には必要です」である。   (R・H)
“いずこも同じ秋の夕暮れ” “沈黙は金” “口は災いの元”
 日本もほんの2.3週間前、一言おおすぎたため大臣を辞めたが、洋の東西を問わず、舌禍事件がおこるものだ。上記の上院議員候補の発言は、男社会では言い古されてきたことだし、心密かな願いだが、女性の前では絶対言ってはいけない禁句であった。口が滑ったとはいえ、口にしたとは常識を疑う。議員失格だ。、 (T)

テーマ:政治家ネタ - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
学力の低下。
2011/10/24 [Mon]08:54
category:放言
『今年の”就活”、急激な基礎学力の低下が目立つ、PCや携帯電話に”頼り過ぎ”からか、6+5x3=33とは????』
 6+5x3=33
 上記の解答が間違いで、正解が 21 であるコトぐらい、小学校五、六年生のとき、算数の授業をチャンと受け、シッカリ勉強した大人なら、ダレでも正解を出すコトが出来るハズだ。33 という誤答を出したのは、おそらく足し算数の記号(+)と、掛け算の記号(x)とを取り違えたのかもしれない。掛ける(x)方を先にやって、アトで足す(+)のは、不動の原理である。いまハナヤかな今年の”就活”のテストでは、こうした間違いだらけの新卒者が多い事実は、毎日新聞社の関連会社で、来年三月、大学、専門学校を卒業する新卒者に対し、インターネットで就職情報を提供している「マイナビ」社が、このほど週刊ポスト記者に明らかにした「2011学年度・新卒者の就職内定状況」によるモノである。生命保険、食品加工などの大企業・人事担当者が口を揃えて云う言葉は、「新卒者の基礎学力が急落している、画面にナンでもすぐ、出て来るパソコン(pc)、携帯電話に頼り過ぎているからだろう」という 嘆き、悲しみのコトバである。そのほか「マイナビ」側が、今学年度・新卒者の欠点として挙げている点は、以下のとおり。

 (1)誤字、脱字、表現の間違いなどが、やたらに多い。pc,携帯電話に頼って、あの画面に解答が、一発で出て来るIT文化のせいだろう。漢字を覚えない。
 (2)文章が荒くて、ワケの分からない英語くずれの言葉や、略語なども多い。
(3)技術関係を志望する新卒者にも、分数の計算、少数点以下の計算が出来ない者がいる。
(4)多数の会社を回って、面接試験を多数回、受けた”就活”のプロ(?)がいて、”心臓”が強く、オシャベリもうまいが、いざ学力テストになると、ダメだ。    (R・H)
私はこのブログで、入学試験や入社試験に、数学は四則計算と英語は筆記体で書く問題を出せば、本人の基本的学力水準のおよそが分かると書いた。塾を経営していたとき生徒に、高度な英語や数学は、カネを儲けて専門家を雇えばよいが、国語だけは、自分の言葉で話さなければならないし、また総ての教科の中心だと言い続けた。英語の筆記体については、昭和40年頃までは、二学期から教えなければならなかったのに、筆記体で落ちこぼれがでるというので、一部の塾を除いて教えなくなった。
インターネットは最高の文明の利器の一つだが、惜しむらくは、毎日、読書をしブログを書いている私でさえも、漢字が書けなくなったことだ。   (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
金銭万能の世になった。
2011/10/23 [Sun]09:29
category:日記
『日本では”貧富の差”反対デモも、反”韓流”デモも、日の丸もった”ヒマ人の暇つぶし”、左翼や若者がほとんどいない奇態さ』
」 米金融資本主義の総本山、ウォール街(ニューヨーク市)でのデモに端を発して、世界に拡がった”貧富の差”反対デモは、我が国でも10月21日、東京証券取引所が所在する東京都中央区茅場町で行われたが、日本の場合、世界の風潮とかなり色合いが違っているように見える。この”日本のウォール街”茅場町を練り歩いた500余人のデモ隊員は、先日、フジテレビ本社前などで行われた反”韓流”デモ隊員と同じ顔ぶれが多く、フリーのジャーナリスト、小田嶋隆氏らの指摘によると、50余年前、あの”反(日米)安保体制”デモを発動して血まみれになったような左翼系の人は、ほとんどいなかった。一見、愛国かつ資本主義反対に見えた、今回の両デモはデモ隊員に日の丸・片手の中老層が多く、”反安保騒動”の主役を演じた大学生、労働者ら、若い青年層が極めて少なかった。インターネットの掲示板に、今回は”ヒマ人の暇つぶし”デモと皮肉られるほどだった。

 10月21日、茅場町で展開された”貧富の差”反対デモも、実は茅場町の表町、永代通りに、あの”韓流”連続ドラマをフジテレビに放映させているスポンサー、「花王」の本社が所在するからで、「花王」本社を”包囲”するデモが長時間(?)続いたため、東証一部の相場で「花王」の株だけ前日比、15円安の2132円になった。こうした最近、繰り返される日の丸・片手デモの主唱者(?)と自称する「頑張れ日本・全国行動委員会」は。いわば穏健派(?)右翼がつくった団体で、その代表は、元航空自衛隊幕僚長で、最近、テレビなどで愛国的(?)言動で目立っている田母神俊雄氏であり、幹事長は保守的な動画などを制作、販売している桜チャネルの社長、水島総氏だ。”韓流”ドラマ偏重だとして、片手・日の丸デモの”目標”にされ続きのフジテレビによれば、同社に押しかけた反”韓流”デモは9月に10回、10月に5回あって、デモ隊員は延べ1万7800人そうだが、まことに”おとなしく”、同社内に踏み込んで来たり、守衛と争うような暴力行為は「まったく無かった」そうである。
(R・H)
“貧富の差”反対デモは、日本では盛り上がらないだろうと先のブログで指摘したが、案の定その通りになった。それは、昭和20年代の安保反対闘争で、学生運動も労働運動も燃え尽きたからではないか。
昨今の世情を観ていると、敗戦で、欧米に追いつけ追い越せとばかりに、一億の国民が死に物狂いで働き、目標を達成されたことに加え、アメリカのプラグマティズムの蔓延で、日本の美風が吹き飛び金銭万能の世になり、日本人の心は荒び、旧来の繁華街はシャッター通りになり死の街になってしまった。   (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
「花衣 俳人 杉田久女」展
2011/10/22 [Sat]06:41
category:日記
 北九州市立文学館第10回特別企画展『花衣 俳人 杉田久女』ー11月3日~12月25日

 俳句は門外漢だったが、久女は、恩師・宇内の妻ということで、私は、松本清張「菊枕」、吉屋信子「杉田久女」を読んだ。共に悪意に充ちた作品で、特に清張は清張らしからぬ愚作であった。原本は高浜虚子の『国子の手紙』であった。虚子への情報提供者は、私の推論では横山白虹で、久女の才能へのジェラシーではないだろうか。
久女の汚名挽回は、久女の足跡を何度も訪ねて書いた、田辺聖子氏の名作『花衣ぬぐやまつわる・・・・わが愛の杉田久女』や、愛知県豊田市の湯本明子氏が晴らしてくれた。死因については、終焉の地・太宰府の精神病院に何度も足を運んだ熊本市の精神科医の寺岡葵氏が明らかにしてくれた。尚、寺岡氏は宇内の生誕地愛知の山奥まで訪れている。
 私がガッカリしたのは、田辺聖子氏の作品に、久女の旦那、宇内の描写に大きな誤解があることだ。
久女の足跡をみると、かなり勝手気まま、幼い娘を残して彼方此方に行っている。“谺して山ほととぎすほしま丶”を作句するのに、英彦山に四回行っているが、当時は冨野から東小倉鉄道で日帰りは無理だった。 私が特に驚いたのは、俳友とはいえ男性を自宅に泊めていることだ。明治男で素封家育ちの宇内にとって、胸が張り裂ける思いがしたのではないか。宇内の胸中察するに余りあり。写真を見ると久女は、可成りの美人でその上、天下の名門・お茶の水高女出身の才媛で、惚れていたのではないか。
 一方、宇内も上野の美校(現東京芸大)トップで卒業し、将来嘱望されながら、開校したばかり小倉中学の教師に埋没して、画筆を執らなかったことに、これまた、久女の胸中察するにあまりあり。
宇内の偉大さは、1期から私たち35期までの生徒全員の氏名をフルネームで覚えていたことだ。
敗戦後、同窓会総会が母校の体育館であったが、先生が愛知県の山奥から出席されると、各期が二次会、三次会と引っ張りダコだった。また先生は、旧小倉市から“小倉のペスタロッチ”として教育功労賞を授与されてもいた。   (T)



テーマ:俳句 - ジャンル:小説・文学

  COMMENT(1)
老いて益々盛ん。
2011/10/21 [Fri]08:10
category:放言
『”黄泉(よみ)の国”逝きに近い88歳の御老人が、”この世”で75歳のおバァさんにストーカーして逮捕さる、もともと約三十年前はダブル”不倫”関係だった関西のお二人』

 ”黄泉(よみ)の国”のお迎えが待っているハズの超・後期高齢者の男性が、まったく逆方向の”この世”で、やはり後期高齢者の元恋人(?)だった女性に、何十回もストーカー行為を繰り返して、住居侵入容疑で兵庫県警に捕まった。この超・お元気なご老人は、大阪府八尾市の年金生活者、山中末吉 (88歳) といい、被害者の元恋人(?)でもある老主婦 A子さん(75歳)お住まいの兵庫県川西市のお宅に無慮、数十回、ストーカー行為を繰り返し、A子さんによる事前の通報で、家の傍で待ち受けていた兵庫県警の刑事に現行犯逮捕された10月18日夕、7時前には、山中は「宅急便をお届けに参りました」と、ウソをついてドアを開けようとしたところを、「御用、御用」と、大声をかけられて捕まった。山中は、60歳だった1983年 (昭和58年)、妻子持ちだったにもかかわらず、47歳の熟熟女だったA子さんを大阪市内の盛り場で見染め、お互いに身も心も許してしまったが、実はA子さんも、既に今のご主人と”夫婦生活”中だったというから、お互いに”好き者”同士だった、と見るむきが多い。このように”ダブル不倫”だったとはいえ、平成の始まりごろは、時折り”他人の目”を盗んで”逢い引き”していたに過ぎないが、山中老人は五年ほど前、本当の妻を亡くして、孤老になったので、いっそう何倍もA子さんが恋しくなり、彼女のウチに連日、電話をかけたり、何日に一回か、A子さん宅に押しかけていたらしい。医療と保健のテクニックが進んで、わが日本は”世界一の長寿国”となり、「老人の不倫事件もよく起こるようになりました。大精神医学者、フロイドが説くように、ご老人も身体に故障が無く、食欲もあって元気なら、”性欲”は衰えませんから、これは精神衛生上、つまり心の教養の問題です」と、性心理学者の関修氏は警告(?)している。   (R・H)
昨日19時からRKB毎日テレビで、母の生家の嫁(内科医・横山通子)が、92歳で矍鑠(かくしゃく)として診療しているところが約20分間放映された。今では不幸ごとしか会わないが、テレビで観た故従兄弟の妻の若わかしく美しく姿勢の良いのに驚いた。
この調子では、聖路加病院の日野原名誉理事長や百歳の詩人柴田トヨさんに負けず、100歳までも現役で診療するのではないか。こんなに元気なら、茶飲み友達の2,3人できても不思議でもない。
母の父は幸袋の町長をしていて、伊藤伝衛門とは親友で、かの有名な柳原白蓮との結婚式は、母の生家であり、オチョメチョは母がしたそうである。
明日は、北九州が生んだ『俳人 杉田久女』展(北九州文学館主催)の案内をする予定。   (T) 

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

  COMMENT(2)
淑女、読むべからず!
2011/10/20 [Thu]07:29
category:日記
『人妻の”不倫”経験率はアラフォー(40歳代)に最も多い、週刊女性セブンのアンケート調査結果』

 週刊・女性セブンは今秋、東野圭吾氏のベストセラー小説を原作とした、人妻役、深田恭子(28歳)主演の”妻ある男性との色恋”をえがいた「夜明けの街」など、”不倫”をテーマにした映画が多いのを機会に、20歳代から50歳代まで、100人の人妻に対し、”不倫”したコトがあるか、どうかなどを、アンケート調査したところ、我が国の高度成長期、1960年代に生まれ1970-80年代に青春期を送った40歳代(いわゆるアラフォー)に、不倫の経験者がいちばん多いコトがわかった。週刊・女性セブン最近刊号に掲載された年代別、人妻の不倫率は以下の通り。
(1)20歳代=24%、(2)30歳代=36%、(3)40歳代=56%、(4)50歳代=36%。 (R・H)
『もう一つ、愛人の”息子”を吹きまくる”尺八”は咽頭ガン、子宮頚ガンの最大の原因、米オハイオ州立大医学部の調査、研究結果』
 一尺八寸(約55センチ)の竹一管に、四つの前アナ、一つの後ろアナを掘りぬいた本物の尺八を吹く虚無僧の姿は「絵になる」が、もうひとつの”尺八”はAV映画界の図にしかならない。愛する男性の”息子”を甞(ナ)めつくし、吹きまくる女性の”尺八”道では、吹き手の彼女自身の口頭に、愛人側から性疾患の菌がうつり、その体内に住みついて咽頭ガン、子宮頚ガンになるリスクが極めて高いのだ。

 これは東京首都圏の大衆紙、夕刊フジが10月18日、米医学誌に乗った米オハイオ州立大学・医学部による女性調査、研究の結果で、同州立大の医師は「オーラル・セックス(もう一つの”尺八”道のこと)は、タバコどころの問題ではない。口うつしで、菌がノドにうつって咽頭ガンになり、さらに子宮まで”侵攻”して子宮頚ガンを発症させる。いくら彼女の愛人でも、陰茎が奇麗で衛生的だという保証はドコにもない」と、言いきっている。男性側が女性の”愛嬢”を嘗めつくす”逆尺八”も、、男女が表裏になって互いに吹きまくる”九十九”も、性感染症の伝染については、例外では無いそうである。

 我が国の性医学の権威、恵比寿つじクリニックの辻祐治院長は「もう一つの”尺八”道を全面禁止(?)するワケには行かない。男女とも、”息子”と”娘”をよく洗って、奇麗にしておくコトが絶対、必要です」と云っている。   (R・H)
尺八とは、セックス・テクニックの一つで、男性のあれを舐めることで、ハーモニカとは、女性のアソコを舐めることである。お互いに舐め合うことをシックス・ナイン(6.9)といって、健全な夫婦生活にとっては常識である。淑女には顰蹙のHな話、読まないでください。80歳過ぎたら、アッチの方が役に立たなくなるから、特に、恥も外聞もなく口スケベーになるのです。御免なさい。
今晩、19時からのRKBテレビでの豆ごはん」>『ふくおかのスゴイ女列伝』の女医は、私の母の実家の嫁です。  (T)、

テーマ:おすすめ。 - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
道徳、地に落ちた。
2011/10/19 [Wed]07:31
category:放言
成年前後の若者が”親子の差”ほど年齢差がある中年女と同棲し、甘えるセックス(?)が結局、破局に至り殺傷した事件が続いて二件、福岡と東京郊外、最近の若者は勤労意欲なく勉強せず、中年女の働きや富に頼る?』

 福岡市中央区のマンションで10月16日早暁、午前3時ごろ20歳の成年に達したばかりの無職ブラブラ男が、セックス後の痴話ゲンカから、同棲していたパートタイマーの中年女性(50歳)をブン殴り、おナカや背中を蹴りまくって、警察に傷害容疑で捕まったのに続き、翌1月17日の真っ昼間、午後零時半前、大東京の郊外住宅地、小平市にある東京都立・小金井公園で、成人直前という19歳の少年(?)が、付近のアパートで同棲していた熟熟女(44歳)の腹部などを包丁で刺して殺し、殺人容疑で警察に捕まるという事件が起こった。後者の方は、熟熟女が最近、ベッドに伏しがちの病身で、「あの世へ逝って楽になりたい」と口ばしっていたので「死なせてやった」と、19歳の少年(?)は云っている。

 東西双方の事件に共通するのは、まず”親子の差”ほど年齢差がある若者と中年女とが”インターネットの”出会い系”でめぐり会い、ネット文通を続けているうちに、愛(?)が成立して、同棲となり、いわば若者が超”年上”パートナーに甘えきっていたことだろう。次に、双方とも成年前後のオトコが無職のブラブラ男で、相手側・中年オンナのパートタイム労働や、生き別れか、死に別かれか分からないが、オンナが持っていた富(?)に頼っていたことだろう。こうした”オンナにブラ下がり”の同棲は、中年女側の働きが鈍ったり、病いに倒れると、けっきょく破局に至り、こうした血を見る結末になったのではなかろうか。最近の成人前後の若者は”バカ田(だ)大学”に行く向学心も無く、車を買いたい欲望も無く、日雇いで働く勤労意欲も無く、「あー、これじゃぁ日本の衰退だ」と、識者連は嘆いている。    (R・H)
女も女なら、男も男だ。子どもが親を殺し、親が乳児を殺し道徳地に落ちた。何時の間にこんな嘆かわしい日本になったのか。上記の事件は氷山の一角で、表に出ない事件があるのではないか。
インターネットは、素晴らしい文明の利器だが、反面、昔には想像が出来ない事件が頻発している。学生時代、著名な歴史学者・羽仁五郎の講演で「科学の進歩は、必ずしも人民を幸せにはしない」と聴いたが、福島第二原発事故は、まさにその通りである。  (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
ギネス・ブック・ものでは・・・。
2011/10/18 [Tue]08:28
category:放言
『三題バナシ、100歳でフルマラソンを完走したインド系英人、56歳で自作パソコンにより円周率、小数点以下、10兆桁まで算出した信州人男性、一休みしてから82歳で舞台に再デビューする、と云い切った浪速の62歳・お笑いタレント』
 白寿を越すこと一歳で42・195キロのフル・マラソンを完走したインド系英人男性や、56歳で自作パソコンにより円周率、小数点以下、10兆桁まで弾き出した信州人・男性会社員。それにチョっと”一休み”し、82歳で舞台に復活、再起を誓った62歳の浪速育ち”お笑い”タレント。そういった僕らOld世代を励ましてくれる三題バナシを紹介しよう。
<<フル・マラソンを完走した英国の100歳老人>>カナダのトロントで10月16日おこなわれたフル・マラソンを、イギリスに永住している白いアゴヒゲのシーク教徒、インド系、満100歳のファウジャ・シンさんが、ナンと8時間25分16秒で完走した。もちろんフル・マラソンにおける世界最高齢新記録である。ファウジャ・シンさんは89歳のときからマラソンを始め、今回が八回目だった。2003年にはフル・コースを5時間40分1秒で走り切り、時間的にも90歳以上のマラソン走者の新記録を打ち立てている。
<<自作パソコンで円周率、小数点以下、10兆桁まで算出した56歳の信州人・男性社会員>>長野県飯田市松尾代田の会社員、伊藤茂さん(56歳)は10月16日、自費200万円ちかくを注ぎ込んで開発した自作パソコンにより、約一年がかりで、円周率を、小数点以下、10兆桁(ケタ)まで計算して、はじき出し、昨年8月みずから樹立した円周率、小数点以下、5兆桁・算出のギネス登録・世界記録を更新した。この自作パソコンは、48テクハイトのハード・ディスクと、インテル最高級の起動装置とを中心にした独自のパソコンで、昨年10月にその計算を開始した。インターネットの交信で知り合った、米国の大学院生、アレキサンダー・J・イーさん(23歳)の計算プログラムなども、許しを得て利用させてもらっている。パソコン駆動の熱で、室内40度にもナンナンとする勉強部屋で、妻、幸子さん(53歳)は「洗濯モノなど、この部屋で乾かせば、時間が節約できましたが、電気代が月3万円もかかって、家計は大変でした」と苦笑している。
<<一休みしてから82歳で本番に復活すると、意気ケンコウな62歳の浪速芸人>>四国は高知県生まれで、「アーメーマー」、「アヘアヘ」、「かいーの」などのギャグを発明(?)、連発して、テレビでもお馴染みの”お笑タレント”、間寛平=ハザマカンペイ=さん(62歳)が、あと二、三年後、引退して”一休み”し生気を取り戻し、82歳で”再デビュー”したい、と産経スポーツ記者に宣言した。間寛平と云えば冒険家としても有名で、今年はヨットとマラソンとを組み合わせた地球一周の旅を達成している。”一休み”後、80歳を越えたお爺さんになって、新”チャチャ・マンボ踊り”などの新新”おちゃらけキャラ”で、満天下を沸かせたいそうだ。   (R・H)
文才のない素人の私が、約5年間毎日ブログを書き続けて来れたのは、元新聞記者とはいえ、83歳のR・H氏のお陰である。毎日送られてくる記事及びコメントもギネス・ブックものではないかと自画自賛している。そもそも、私がブログを書き始めたのは、コムシティの破産での借金で苦しんでいたところ、知人がブログのアクセスが1萬超えたらゼニになるといわれて欲得から始めたもので、30萬越したが、全くアテが外れたどころか・・・。
今では愛読者もおり、生き甲斐と生活習慣の一つになり、止めるるに止められなくなった。R・H氏の原稿が続くかぎり頑張りたいと思っている。   (T)

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
住めば都ー八幡、よいとこ。
2011/10/17 [Mon]07:51
category:日記
『処女作「蛇にピアス」で芥川文学賞を受賞した女流作家、金原ひとみさん(28歳)は福島原発事故以来、放射能の”被曝”を恐れて、娘と共に岡山で”疎開”暮らし、市川海老蔵丈の妻、小林麻央さん(29歳)も西へ』 
 処女作「蛇にピアス」により2004年、若冠、21歳で第130回・芥川文学賞を受賞し、その後も第二作「トリップ・トラップ」で織田作之助文学賞を授与された女流作家、金原(カネハラ)ひとみさん(28歳)は、東日本大震災と福島第一原発事故が勃発した今年3月中旬以来、長女(4歳)への放射能”被曝”などを恐れて、西に離れること約1000キロながら、父、金原瑞人氏=法政大社会学部長、翻訳家=の故郷、岡山市に”自主疎開”し、すでに七ヵ月以上、父、夫(文学雑誌編集者というだけで不明)とは”別居生活”していることが、毎日新聞等の取材でわかった。金原ひとみさんは岡山市に疎開して一ヵ月目の翌4月、次女も同地で出生している。金原ひとみさんの”自主疎開”の理由は「福島第一原発事故現場から100キロも離れていない東京は、放射能”被曝”の心配が大きい」という自己の判断と、父、夫らの勧めからだった、という。なお、元女子アナウンサーで、歌舞伎俳優、十一代目・市川海老蔵丈の妻、小林(現・堀越)麻央さん(29歳)も、同様、子女への放射能”被曝”の恐れから、子連れで関西方面へ”疎開”し、夫・海老蔵丈とは時たましか会っていない、といわれている。   (R・H)
『北海道はクマ、西日本はサルの脅威にサラされている我が同胞たち!!』  
 北海道では、10月15日の真昼間、午後零時10分ごろ札幌市手稲区手稲本町の市道を、クマが一頭、ゆうゆうと道を横切って、手稲山の方向に登って行くのを、通りがかった乗用車運転の男性(70歳)が目撃し、手稲署に通報した。道内、十勝平野の広尾町陣屋では、同日午後6時55分ごろ、女性会社員(23歳)が、自宅アパート前の歩道に子グマ一頭がブラブラ遊んでいるのを発見し、広尾署に通報した。さらに道東の釧路市・阿寒湖温泉の市道でも、同夜11時ごろ、ヒグマ一頭が悠然と歩いているのを、通行中の女性が発見し、釧路署に急報した。いずれのクマも体長、1-1・5メートルぐらいで、警察側は付近住民に対し、くれぐれも注意するよう、警告している。
 他方、西日本の山口県・下関市小月町のゴルフ練習場「上小月ゴルフ・センター」で、休憩し一服中だった男性(43歳)が、とつぜん物カゲから現れた体長、70センチぐらいのサルに襲われ、逃げようとしていた、この男性の”おシリ”を一噛みした。サルはそのアト、すぐ付近のヤマに逃げ込んだ、といわれる。  (R・H)
他人の不幸を喜ぶわけではないが、先日の紀伊半島を襲った台風も、最初の天気予報では、北九州を通るはずだった。最近の大きな台風も、油断は禁物だが、不思議と北九州を逸れるようだ。その上、地震も私の80年間もさることながら、歴史を繙どいても全くない。
それはそのはず、明治政府が、八幡に製鉄所を建設した理由の一つが、地盤が固かったからだといわれている。八幡から東京に移ったKさんは、山には10分、海にも10分、その上、何と云っても魚が新鮮なことだと言っていた。  (T)

テーマ:福岡県 - ジャンル:地域情報

  COMMENT(2)
疑わしくは罰せず。
2011/10/16 [Sun]08:32
category:放言
「サンデー毎日」10/23号ー特集ー「あるまじき抹殺裁判」『小沢シロの核心生証言』「週刊朝日」10/21号ー特集ー「小沢一郎 司法への挑戦状」 『罪に問われる理由はない』
上記の週刊誌は、大新聞社が発行しているだけに、数ある週刊誌の中で最も品格があり内容も信憑性が高い。ただ不思議なのは新聞の記事と週刊誌の論調が大きく異なることだ。例えば、両週刊誌を読んだ結果、新聞報道と異なり、小沢一郎は無罪ではないかと確信した。私は“政治とカネ”という四面楚歌の柵(しがらみ)を突き破るには靖国神社に参拝し憲法改正の先頭に立つことだと思う。   (T)
”雪男”(イエティ)が95%、シベリアの雪中、密林か山中にいる、と国際調査団が表明チンパンジーや大猿に似た”雪男”(イエティ)は、本当に生存しているか。ロシア政府は自国の専門家のみならず、米国、カナダ、中国などの学者、研究者らを招いて参加させた国際調査団を組織して、ロシア領、西シベリア・ケメロボ州南部の大雪に包まれた森林、山岳等を調査した結果、複数の洞窟などから、”雪男”が残したらしい毛髪、足跡と思われるモノを発見し、95%、”雪男”がシベリアで”生きている”ことを確信した、と時事通信が10月10日、伝えてきた。これまで”雪男”を実見したヒトはいないが、シベリアのほか、ヒマラヤ山中にもいるのではないか、と報道されたコトがある。なお、”雪男”に、男女(?)の性別があるかどうかは、ワカっていない。   (R・H)

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
教育の成果。
2011/10/15 [Sat]08:54
category:放言
『東京首都圏の大衆紙、夕刊フジが別称「バカ田(だ)」大学こと日本橋大学=千葉県柏市=を紹介、入試偏差値は37の最低線、大学一年生は中三程度の英数国を学習』
 東京首都圏の大衆紙、夕刊フジは10月14日、千葉県柏市柏にある日本橋学館大学を、別称「バカ田(だ)」大学として、紹介した。日本橋学館大学はたった一学部、「リベラル・アーツ学部(Liberal Arts学部、文字どおり訳せば「自由芸術学部」)のみを持つ単科大学で、一学年の公称定数は約200人、学費は年間140万余円。今年、チャンと一般入試を受験したのは、その定数の十分の一を、チョっと上まわる28人だけ。アトは”スポーツ(選手特例)入学”、”一芸(習得者特例)入学”などで、フリーパス。東進ハイスクールの入試偏差値は37の最低線。ちなみに全国官公私立大学入試の平均偏差値は47-50で、超難関の東大医学部が80、慶応大医学部が75といわれている。

 夕刊フジの報道によれば、別称「バカ田(だ)」大学こと、日本橋学館大学の入学一年目の教材は、学習研究社(学研)発行による中学1-3年生むけコースで、数学は小数、分数の計算、比例、反比例の方式など、国語は「正しい仮名ずかいと送り仮名の付け方」、「句読点などのつけ方」など、英語は「主語、述語(動詞)、目的語などの基礎英文法」などである。アキレた夕刊フジの記者が単刀直入「ヒドすぎる」と、横山幸三学長を問いタダしたところ、同学長からは「中学、高校で、英数国とも、生徒はろくろく基礎を教えてもらっていない。遊ばせるばかりだった。本大学は”最後のトリデ”として、チャンと教え込み、社会に送り出します」という答えが返って来た、と報じられている。   (R・H)
塾経営をした経験からいうと、日本橋学館大学以外、恐らく、数学では、四則計算が解けない学生や、英語では、筆記体で書けない学生が80%ぐらいはいるとおもう。マンガ以外読書したことのない学生は100%に近いのではないか。
明治維新で、日本が鎖国から開国され、昭和20年の敗戦から僅か20年で、欧米に追いつけ追い越せたのは、寺子屋教育で識字率が世界最高だったから、欧米の資料が読めたのだといわれている。  (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
有為片々(ういへんぺん)。
2011/10/14 [Fri]09:02
category:放言
『「貴方にはカドが無く、融和型だから長期政権も可能だろう」と、”大勲位”中曽根康弘元総理から野田佳彦現首相へのお言葉(?)、石破茂前自民党政調会長も一定の評価』

 ”大勲位”中曽根康弘・元総理(自民党)は、野田佳彦・現首相(民主党)のたっての要請を入れ、東京都内で10月12日午後、野田首相と懇談したが、中曽根”大勲位”は冒頭から野田首相の資質、経験などを褒めたたえ「貴方にはカドがなく、一国のリーダーに向いている」と評価した。これは時事通信が流したニュースだが、とくに中曽根”大勲位”は、野田氏が民主党内で親小沢、反小沢両派のいずれにも組みせず、党内融和をモットーにして、閣僚、党役員などの人事を進めている点に触れ、「(貴方は)敵をツクらないところが好い。注意して、政局の安定化に努めれば、野田・長期政権も可能だろう」と、笑みをたたえながら、お言葉(?)を賜わった、と報ぜられている。

 一方、自民党内、有数の政策通といわれる石破茂・前政調長会長は先月、時事通信記者との単独インタービューで、「野田首相は適材適所主義をとらず、党内融和の均衡人事を優先させている」と、前置きしながらも、反面、予算編成等で、野党、自公両党などと極力「話合って行く」”低姿勢”を”ニセもの”ではなく”本物”だ、と評価した。   (R・H)
中曽根“大勲位”がおっしゃるように、私もそうだけど、R・H氏のメールも厳しい政局批判は影を潜めた。官内閣の評判が悪かっただけに、その反動が来たようで可もなく不可もないうようだ。その点、麻生、鳩山、菅前・元内閣は叩き甲斐があった。  昨晩、久し振り親友の招きで女性を含む四人で歓談した。(T)

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
“驚き桃の木山椒の木”
2011/10/13 [Thu]08:58
category:日記
『東京・上野(恩賜)公園すぐ傍の鴬谷・黄線(?)地帯に、御年82歳の身綺麗な後期高齢者・デリヘル風俗嬢(?)がいた!!、お風呂へも一緒に入りますよ!!』
 週刊ポスト最近刊号(10月21日)号に、あの上野(恩賜)公園に近く、東京きっての黄線(?)地帯といわれる鶯谷(ウグイスダニ、台東区)の熟女専門・デリヘル風俗店「H」に、八十代の後期高齢者・老女(?)の”デリヘル嬢(?)”がいる、という特ダネ記事が載った。発行社、小学館の担当”高年”記者が情報を手に入れ、さっそくケータイで風俗店「H」にその後期高齢者・デリヘル嬢(?)の予約を入れて、指定のJR山手線・大塚駅ちかくのラブ・ホテルに飛んだ。彼のルポルタージュを要約すれば、そのラブホの一室で待つこと、約30分。ドアをノックして「コンニチ(今日)は」と云って、入室して来た彼女は、薄化粧して身綺麗で、とても八十代とは見えない。五十代後半とか、六十代前半と云っても、十分、通用するだろう。美女(?)、フケ役の女優、赤木春恵に似た、上品な老美女で、桃色のブラウスに身を包み、唇には赤色あざやかな口紅を上品に塗っている。取材記者の彼が単刀直入、「82歳でいらっしゃるとか」と年齢を訊いても、別に否定しない。「ハイ」とウナずいて、茶碗にお茶を入れてくれた。昔はズブの素人だったそうだが、約50年間、連れ添った夫に数年前、先立たれ、暮らしに苦労していた彼女に同情したオンナ友だち。「H」店に彼女を紹介してくれたが、楼主もろとも「ダレにも今の自分のコトをシャベルで無いことよ」とダメ押しされたそうだ。

 このデリヘル熟女専門・風俗店「H」の基本料金は”遊び”の相談をしただけで、基本料金が1万円。ホテルのとど滞在・室代が1時間で1万円。あの方のプレー代は、お客との直接交渉で”決まる”そうだが、すべての遊びがナン万円とか。お風呂・共入り、手コキ、フェラティオ、素股(スマタ)入れ、コンドームつき”本番”など、万円単位で、お値段が上がって行く。土日祝日はお休み。それ以外の日、この82歳の彼女は、毎日平均3-4人は客をとるそうで、客の年代も20歳代から80歳代にわたっている。イナカ(田舎)から出て来たらしい20歳代の青年は、すぐにオフクロの話を始めて、甘えて来る。80歳代の男客になると、アソコを”起立”させるのが大苦労だが、その前後には、あの第二次大戦末期にあじわった大空襲や機銃掃射のハナシに花を咲かせる。この老美女(?)、やはりおウチのことが気にかかるらしく、ふつう午後8時過ぎには”退勤”する。朝はウチの洗濯、掃除などを済ませて、午前10-11時出勤なので、実働8-9時間で、一日、10万円以上は優に手に入るので、稼ぎとしては決して悪くない。やはり八十歳代に入ってからの趣味は、関東近在の神社・仏閣めぐりで、なんとなく、ダレに対してでと、云うワケでもなく、神様、仏様に”お祈り”を捧げているのだそうだ。   (R・H) 
デリヘルとは、訪問・出張売春のことである。50年ほどの昔、黒崎でも厚化粧して、酔っぱらいを相手に春をひさぐ老婆がいた。いつぞや、このブログで紹介した「週刊朝日」の記事“88歳で漫才の内海桂子師匠の24歳年下の成田常也さんとの結婚生活”と“女は灰になるまで”とはいえ、人生いろいろだ
いずれにしても、82歳で売春で、毎日10萬稼ぐとは、“驚き桃の木山椒の木だな”   (T)

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
ケ・セラセラ、なるようになる。
2011/10/12 [Wed]08:56
category:放言
『「貧富の差を無くせ」と、ウォール街から始まった市民デモは全米各地、首都ワシントンや英ロンドンにまで拡がる、東京など、全世界主要都市の若者らに10月15日の全世界一斉デモを呼びかけ!』

 未曽有の米・大不況で、最も苦境に立っている失業者、低賃金労働者、中小株主らから自然発生的に起こった「貧富の格差を無くせ」、「雇用を拡充しろ」といった要求・市民デモは、米金融資本主義の牙城、ウォール街(ニューヨーク市)で勃発から四週間、トドまるところを知らず、ロサンゼルス、シカゴ、フィラデルフィア、シアトルなど、全米各地に拡がり、デモ行進や座り込みが行われた。首都ワシントンでも10月8日には、大統領官邸のホワイトハウスから数百メートルの道路、公園に」1000人ちかい市民が集まり、「悪質・投資家を一掃せよ」、「対テロ戦費を縮減せよ」と、気勢を上げた。取り締まりの米警察当局は、道路交通法違反などで、全米、合わせて数百人の逮捕者を拘留している、と発表しているが、このデモがストップする気配はない。民主党出身で、中流上層以上の米国民からはケムたがられてきたオバマ米大統領は、この市民デモに一定の理解をしめし、富裕階級に対する増税なども示唆している。

 この「貧富の格差を無くせ」デモはインターネットを通じて全世界に細かく報じられており、西欧・資本主義の本山視されている英首都、ロンドンでも、小規模ながら同様の要求を掲げた市民デモが発生した。どこからともなく、来る10月15日、全世界の主要都市でで、一斉(イッセイ)に「貧富の格差を無くせ」デモを行おう、という激(ゲキ)が飛んでおり、東京にも「”怒れる若者たち”の国際的連帯行動委」がそのデモ準備のため発足している。東京では、この15日・昼過ぎ、新宿区の柏木公園に集まり、伊勢丹前などの繁華街をデモしてまわる、という。経済評論家の高橋乗宣氏(相愛大学長)は正論誌上で「これは、現在の世界金融資本主義のシステムを改革しようという、市民の自然発生的なデモだ」と、分析している。   (R・H)
この“貧富の格差を無くせ”デモは、日本では大きく波及しないだろう。何となれば、多くの大学に学生自治会は無くなったし、デモをするような気骨のある若者は、ホンの一握りで、大半は親の臑齧りで、政治に無関心ではないだろうか。  (T)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
前門の狼、後門の虎。
2011/10/11 [Tue]07:40
category:放言
『秘かに進む米中両大国の軍事的暗闘、アジア諸国は米中どちらに就くか?、いま日中戦争が始まれば中国のミサイル等で日本は壊滅、と香港誌!!』
 世界的に影響力が大きい英経済紙、フィナンシャル・タイムズは10月5日、東シナ、南シナ両海を主舞台にして、東南アジア、東アジアで、米中両大国の軍事的暗闘が秘かに進行しているので、インドネシア、マレーシア等の中小諸国は、米中いずれの陣営につくか、重大かつ深刻な難問に当面しつつある、と論じた。経済的に云っても、米国は、中国の通貨、人民元が国際為替市場で不当に安く運用されているコトを、人為的な不当行為だと見ており、中国が進めている空母建造、ミサイル基地拡充などの軍事力増強に不安を隠していない。米国は対日、対豪(州)、対韓、対比(律賓)などの”同盟”関係を強化し、朝鮮半島、沖縄などの基地強化を進めるうえ、このところ対中関係が悪化しているインド、ベトナム両国への支援を開始しようとしているが、中国側の積極的な外交的、軍事的な攻勢に、どう立ち向かうか、同紙は一抹(イチマツ)の不安を隠してはいない。

、香港発行のウイークリー、亜州週刊の編集長、邱立木(チュウ・リュウベン)氏は10月8日、同誌の電子版に「いま尖閣諸島領有権問題などが”発火”して、”日中戦争”が起ったら、アッという間に中国は地上からも、原子力潜水艦からも中長距離ミサイルを、要地に発射して、全部、壊滅してしまうだろう」と。邱編集長は、さらに「日米安保条約にモトずいて、米第七艦隊が東シナ海に出動しても、中国軍は中性子爆弾などで米空母を撃沈してしまうだろう」と、中国側の勝利を予測した。しかし、この記事の後半で、邱編集長は「けっきょく米国も核兵器で中国本土をタタかわざるを得なくなり、米中”核戦争”が”第三次世界大戦”に発展し、全地球が破滅するかもしれない」と、むしろ今の米中両大国の軍事的暗闘は避けるべきだ、と結んだ。
(R・H)
『「今後三十年以内に東京首都圏でマグニチュード(M)7以上の直下型・大地震が起こる確率は98%」、十数万の死傷者が出るとの東大地震研究所の分析結果を、毎日新聞が報道』
 毎日新聞は10月9日夜、「今後三十年以内に、東京首都圏直下で、マグニチュード(M)7以上の大地震が98%の確率でおこり、十数万人の死傷者が出る」という東京大学地震研究所、酒井慎一准教授らの分析結果を報じた。東京首都圏の地底は、アジア大陸が東に延びてきた地層、フィリッピン海溝のドン底が北に延びてきた海底層と、西太平洋がさらに西にノビたプレート層との三層が、三重かつ複雑にカラみあっており、東京湾海底における、これら三層の境界線でのズレ、亀裂などかから、M8クラスの大地震が、周期、二百年ぐらいごとに起こっているコトは、平安、鎌倉、室町、江戸各時代の古文書から、ほぼ確証できる。近年の例では、これは大正十二年(1923年)おこったM7・9の関東大震災が、それである。あの関東大震災から八十八年目の今年、こういった大地震の”前兆”らしいM3以上の中(?)地震が、既に530回、東京首都圏でおこっている、と東大地震研究所は云っており、この数は、八十八年前の関東大地震の前に起こった”予兆”の中(?)地震の数、347回を上まわっている。東大地震研の酒井准教授らは、”近未来”における新”関東大地震”で最も影響を受けやすい地域は、東京湾北部、房総半島南部、千葉・茨城県境の西南部と、推定している。
(R・H)
『先憂後楽』といって、政治家や指導的立場の人が、国民より先に国の将来を憂い、いろんな対策(例えば憲法を改正し、自分の国は自分の手で守るといった)を講じなければならないのに、つまらない政局や面子に明け暮れている。一方、国民もノー天気なのに呆れる。このブログで、この世の末に警鐘を乱打し続けて来たが全く反応がないのに驚いた。私独りがヤキモキしても所詮、蟷螂の斧だ。 (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
革命的政策を。
2011/10/10 [Mon]08:25
category:放言
『急速な”少子高齢化”の進行に対応して、諸年金の支給開始年齢を68-70歳ぐらいにまで引き上げを検討、厚労省』

 NHKは10月9日朝のニュースで、急速に進んでいる我が国の病弊”少子高齢化”に対応して、老齢年金など、諸年金の支給開始時期を、近い将来、68歳から70歳ぐらいの間にまで引き上げる方向で、検討し始めた、と報じた。すでに厚労省は、諸年金の支給開始時について、男性は2025年まで、女性は2030年までに、それぞれ65歳にまで引き上げる方針を内定しているが、あの病弊”少子高齢化”が予想以上のスピードで進んでいるので、あわててさらにもう一層の年金支給開始時引き上げを、検討し始めたモノである。一方、現在、定年後、再就職して、60歳から64歳の間に、再就職先の給与と支給される年金との合計が月、28万円を超える”貰い過ぎ(?)”の場合は「年金支給額を差し引く」制度について、これを月、合計30万ー45万円ぐらいにまで”緩める”ことも、検討している、とNHKは伝えている。  (R・H)
『”震災復興特需(?)”に沸く仙台市、高価な宝飾品、バッグ、そして高級外車ベンツがバカ売れしている!』
 東日本大震災で苦しんでいる被災地全部の現象とは思えないが、今回も被災した東北の中心地、仙台市だけは”復興特需”に沸いている、とインターネット通信のZakzakが10月9日、報じた。仙台市のデパートや専門店では、秋に入って、高級腕時計、宝飾品、ブランドもの高級バッグなどの売れ行きが、急に高まっているそうだ。さらにベンツ、BMW、ボルボなどの高級・輸入外車の、新規購入・登録台数が、大震災前の前年同期に比べ、ナンと2・1倍にも上っている、という。七色のネオン輝く、仙台の飲食街は、ドコも、札束を握った土木関係者らでにぎわっている、ともいわれている。もちろん、この賑わいは大震災復興のための国費、県費、市費などの支払いが一挙に払い出されたためで、とくに、あの大量の瓦レキ処理費が高騰して、その処理代がタンマリ関係業者の手に落ちたためとも云われている。ただ、県費、市費などのナカには、他県からの多額の”義援金”も入ってお入り、”義援金”まで、一部関係者を”ウルオしている”としたら、大問題だ、とカオをシカめている市民も少なくないらしい。   (R・H)
名門私立小中学校に通う生徒の親の職業は、圧倒的に多いのは医者か公務員である。上記のように年金受給年齢を引き上げる前に、議員と公務員の定数と給与を大幅に下げるべきである。また遺産は、親の介抱したものにあげるような法律を制定すべきである。
何れにしろ抜本的な方策を執らない限り、我が国は破滅するだろう。   (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
トンチキ裁判だ。
2011/10/09 [Sun]09:04
category:放言
 新聞報道と裏腹に、「週刊朝日」10/14号は、【小沢元秘書判決は『裁判所の暴走』】とトップ記事で報じ、「サンデー毎日」10/16号は『小沢叩きかくも極まるー判決はトンチキ推理小説だ』これまたトップ記事でほうじている。小沢問題に関心のある方は、両週刊誌をお読み頂きたい。   (T)

『「尿道結石」による小沢一郎氏の”暫時入院”に対し、与党・民主党の”小沢派”は安堵(?)、野党、自民党は”打つ手が無くなった”と困惑(?)気味』
 
 読売新聞が10月7日夜、報道したところによると、小沢一郎・元民主党代表の「尿道結石」による”暫時入院”という今回の事態に対し、野党・自民党側は、小沢氏元秘書3人に対し、執行猶予つきながら有罪判決が下りた小沢氏・資金管理団体「陸山会」の土地購入問題などに対し、小沢氏を国会に証人喚問する術(スベ)が無くなった、と困惑(?)気味だった。

 小沢氏が10月6日夜、とつぜん入院した日本医大付属病院(東京都文京区)には、翌7日朝9時ごろから、民主党”小沢派”の”参謀長”格、山岡賢次・国家公安委員長(前同党国対委員長)はじめ、同派の衆参両院議員がお見舞いに続々、駆けつけた。ベッドに横たわっていた小沢氏は、「そう痛くないよ」と、笑みさえ浮かべ、「一週間ほどしたら退院するから」と、言外に政局の行く方に対する関心ぶりをノゾかせた。

 一方、今回の陸山会・土地購入問題と関連し、小沢一郎氏の国会喚問等を要求している自民党の谷垣禎一・総裁は、「現実に病院に入院している小沢氏に対し”首にツナをつなぐから出てこい”というワケにも行かない」と、”苦笑い”をうかべ、暫時、小沢氏の病状推移を見守る姿勢を見せた。    (R・H)


テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
哀れを誘う男たち。
2011/10/08 [Sat]08:54
category:日記
『Lady First(女子優先)が”世界”化している今日、女性の”肉食”化、男性の”草食”化は より明確になる、「日経ウーマン」11月号』
 男女両性間の関係で、女性がより積極的に出る”肉食”化と、男性の受け身ぶりが目立つようになったという”草食“化の、両現象は云われ始めて久しいが、日経新聞の婦人雑誌「日経ウーマン」11月号は、このことを特集し、その主因を、一昔前は ”超大国”アメリカの”専売特許”みたいに見られていた Lady  First (女性優先主義) が ”世界化”したためだ、とイトも簡単にカタズけている。とくに、Lady  First の世界化によって、いわゆる性関係で、女性方の 積極的な ”カジ取り”が目立ち、女性”上位”の フェラテイオ、騎乗位 が世界じゅう当たり前みたいになっている、という。

 「日経ウーマン」11月号が発表した、働く成人女性 700人に対する セックス関係の面接調査では、「セックスが好きか、どうか」という質問に対し、女性側の答えは、「かなり 好き」が17・5%、「まぁ 好き」が58・6% で、計 76・1% だった。これに対し、 働く成人男性 400人 に対する質問では、ナンとその 50%以上が 自分から積極的に女性をリードする ”肉食”さがなく、女性が 「なんらかの行動に出て来る」 のを待っているコトが分かった。いわゆる 童貞か、処女か、という人類創世記以来の 根本的な問題についても、20代の 女性間で 処女がわずか 7・1% に過ぎなかったのに対し、20代の 男性間では ”オンナを知らない” 童貞率が 実に 28% の高さに上っていた。 世間で、とかく云うように、この世代の男性たちは、フーゾク街に行って、”遊んでセイセイする”するというコトも「無い」らしい。

 この Lady First の風は、結婚後の夫婦関係にも、吹きわたっているらしい。いわゆる、夫以外に、愛する相手を見出したり、それを肉体関係にまで発展させる女性が 一、二割はいる、という。精神上の夫婦・相互愛が無くなって、別の愛人に”走った”というよりも、「夫が面倒ぐさがって、アレしてくれなくて、サビしくなり、ついついセックス・フレンドをつくってしまった」という 女性がかなりいると云う 同誌の報道にも驚いた。「日経ウーマン」11月号に載っていた調査結果では、もう「半年以上、夫とセックスの関係が無い」と答えた主婦が 16・5% にも上っていた。こういう ”無精者”亭主には、一晩じゅうでも女房は”尺八”を吹いてやればよいのに・・〈RH〉
「日経」読者層そのものが、どちらかというとハイクラスの人たちで、「日経ウーマン」の愛読者は、超一流のご婦人たちではないだろうか。その雑誌が、上記ような特集を組むことは、性の自由化は想像以上ではないだろうか。格調高い「週刊朝日」「サンデー毎日」でも、中高齢者の愛とセックスの記事を載せている。夜の巷を徘徊する人の話によると、アバンチュールを求めて彷徨う中高年のご婦人が多いそうだ。そういえば、昼食でもホテルやレストランで、旦那の悪口?を談笑しながら食事をするグループも殆どがご婦人たちだ。それに引き替え哀れなのは、ホカホカ弁当やウドンの男性達だ。〈T〉

テーマ:不倫 婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

  COMMENT(1)
人生いろいろ。
2011/10/07 [Fri]08:46
category:日記
『”深酒・過淫”は身を滅ぼしますゾ!!、その教訓、二例!』
 ”酒と女”は、我われオトコにとって、切っても切り離せない”趣好品(?)”かもしれないが、ゆきすぎた”深酒・過淫”は御身を滅ぼしますゾ!!。以下はその教訓にもなる二例です。

 (1)アルコール依存症を断ち切ろう、と誓い合う「断酒会」を催したが、そこで徹夜で飲んで酔っぱらい、仲間を刺した中年男。ひねもすお酒が入っていないと、仕事も手につかない札幌のアルコール依存症”患者(?)”たちが、いずれ「お酒も増税される」と聞いて、十数人、さる仲間宅で、10月3日夜「断酒会」を開いて、今後は「お酒を止めましょう」と、誓い合ったのはよいが、残り酒、何升かを飲み進めているウチに、夜は深まり、しらじら明けの翌4日午前5時半ごろ、みんな酔っぱらって、ワケのわからぬコトで支離滅裂、何人かが三つ巴(トモエ)の大ゲンカになり、約二時間後、うち札幌市北区の日雇い、晴山力(41歳)が持っていたナイフで、38歳の仲間を刺して、瀕死の重傷を負わせ、殺人未遂容疑で札幌西署に逮捕された。

 (2)超絶倫の後期高齢者のダンナC(75歳)に自分の長女B(15歳)の”処女”膜を破らせ、児童売春容疑で捕まった母親A(40歳)。天竜川は、はるか上流の伊那地方で、夫D(50歳)を持ちながら、ブラブラ何もしない彼に愛想を尽かした妻A(40歳)は、スーパーでパート勤務をする一方、金貸しで小金持ちの後期高齢者C(75歳)のメカケになり、まぁまぁの生活をしていたが、アッチが超絶倫のC老人から「お前の娘ともヤラせろ」と、執拗に要求(?)され、ついに”親子ドンブリ”の提供を決意し、その長女B(15歳)を、自分の車に乗せて、C老人が待つラブ・ホテルに送り届けた。駐車場で待つこと三時間、娘Bは1万円紙幣を三枚にぎって、頬笑みながら出て来た。帰途、車中で、娘Bは「すこし痛かったけど、気持ちが良かった」と、繰り返し。その後、数回、同じラブホで、今度はA自身も入る乱交”親子ドンブリ”を数杯(?)提供し、ナン万円か、儲けているうちに、目に余ったのか、近所の人に警察へ届けられ、ついに児童買春容疑でAは捕まり、娘Bは補導されて児童相談所送りになった。Cは御高齢のことで、ただいま被監視中の身。   (R・H)
80年の人生経験からいうと、一般的には、暴飲・暴淫の人生の方が短命のようである。
しかし、持って生まれた運命であり、宿命ではなかろうか。親しき後輩のIさんは、酒もほどほど、女性にモテルのに女遊びは全くしない謹厳実直なのに、70歳そこそくで亡くなった。その点、コムシティの破産による金欠と肉体の衰えで、やむを得ず聖人君子になったが、若い時は、飲む・打つ。買うの放蕩をしたものだ。今思うとゾオーとするようなことが何度もあった。幼少の砌(みぎり)、腺病質で主治医から二十歳までの命だろうと、宣告されながら今日まで命を長らえた。まさに、“人生いろいろだ”、   (T)

テーマ:不倫 婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

  COMMENT(1)
恐慌の足音。
2011/10/06 [Thu]08:09
category:放言
【(欧州発」恐慌の足音】
 欧州発の世界恐慌の足音が聞こえてきた。ギリシャ債務危機の拡大懸念からユーロ売りが加速。3日の外国為替市場で円ユーロ相場が2001年6月以来の円高ユーロ安水準となる1ゆーろ=100円台を付けた。債務危機が金融危機に波及するとの不安から各国で銀行株が急落し世界同時株安が進行している。中国など新興国経済も変調をきたし、牽引役を失った世界経済は、08年秋のリーマン・ショックを超える危機に陥る恐れがある。
  以上は、10/5の産経新聞から。   (T)
『東日本大震災、欧州大財政危機につぐ野田佳彦内閣の大増税、大会社の株価は大暴落、我われ庶民の生活はどうなるのでしょうか??』
 東日本大震災についで、ギリシャの国家”破産”に端を発した欧州大財政危機で、日本経済も大ピンチに立たされ、東京証券市場の株式は今週、三年前と比べ、あの福島第一原発事故の”主犯(?)”東京電力が92%も株価が下がったのをはじめ、金融最大手の野村ホールディングス、新生銀行、日本きっての電機メーカー、ソニーなどが七割方から八割方、値を落とした。こうした不景気は当然、我われ庶民の生活にも悪影響をおよぼすハズで、下層サラリーマンの給与は年内にも五年前の約七割に下落し、二十五年前の1986年の平均給与と同じ、年収371万円ぐらいになろう、と東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは10月5日、大きく報じた。

 これらの自然災害や世界的・金融危機に追い打ちをかけて、”大不況”風を吹かせようとしているのが、野田佳彦・民主党内閣が検討中の、大震災復興を理由にした大増税計画である。フィナンシャル・アドバイザー、八つ井慶子氏によれば、一世帯、4人家族(夫婦に子ども2人)の標準家庭で、この大増税が実行に移されれば、中流まん中の年収500万円のサラリーマンで約32万円、中流やや上層の年収700万円の係長級で約41万円、中流上層の年収900万円の課長級で約54万円も、それぞれ税金が増える計算になる、という。いまアメリカでは、失業率が10%に急接近して各地でデモが頻発し、国民の60%以上が反オバマ政権という世論調査結果が出ている。日本の失業率も5%を越えようとしており、国家財政は西側先進国で一、二を争う赤字を出している、このとき、政局をこのまま放って置いてよいのだろうか。   (R・H)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
日本の未来に恐怖。
2011/10/05 [Wed]08:11
category:放言
『”少子高齢化”という”病弊”から見た「2020年問題」と「2030年問題」、”孤老”かつ童貞(?)の老翁ばかり”引き籠っている”世界一(?)の”老人国家”になり、いずれ日本は老衰、逝去(?)あそばされる』
 「2020年問題」と「2030年問題」という深刻かつ恐怖(?)に満ちた近未来の大問題を、ご存知だろうか。人口動向研究所などの見通しにモトずいて、チョっと考察してみる。もう何年も前から打ち続いている我が国の”病弊”「少子高齢化」が、さらに進んで深刻化し、中学、高校、大学にも行かぬ”無教育”かつ”引き籠り”ばかり増え、一生涯、異性と交わったコトがない童貞や処女のままの高齢・男女が充満しているだろう。

 (1)「2020年問題」=これは、アト十年後の大問題で、すぐそこに見え隠れしている。第二次大戦”敗北”の直後、祖国・日本に帰って来た”復員組”がモウけたベビー・ブーム時代(1947-49年間)の”団塊の世代”が、このころにはナンと75歳以上の後期高齢者になり、マチにウヨウヨするだろう。その後、まだ日本が高度成長期で、そう出生率が下がっていない時代に生まれた連中の”老齢化”をも含めると、65歳以上の高齢者は、日本総人口の四分の一になるだろう、という予測もある。医療がいくら進んでも、こんなお年になれば”あの世”行きは避けられず、このころには毎年の死亡者が、ご老人を主にして150万人ぐらいになり、出生数の二倍にも達するという。人口減から言って、日本は”老衰病”におちいり、中小国化して行く兆しがホノ見えるだろう。

 (2)「2030年問題」=これは、アト二十年後の大問題である。日本社会の平均化、イジメ横行や、諸学校の濫立による教育の質低下により、中高校から大学まで、”不登校”組が増え、狭いウチにこもってソトに出ない”引き籠り”の若者が激増するだろう。教育を受けていない、こんな奴らは、日本語によるコミュニケーションも、ろくろく出来ないのではなかろうか。当然こんな奴らは異性との交際など絶無で、ウチでエロDVDなど見て、自らを、ただ慰めているのではなかろうか。実は、日本の未婚率は、ただいま現在でも年々、増え続けており、2030年ごろには、一生涯、異性をメトらず、独身を通す連中が日本社会に満ち溢れ(?)、ナンと60歳代で、処女や童貞の率は、男女その世代・人口の40%になっているのではないか、という恐ろしい予測(?)もある。1990年代前期に生まれた女性でも、いま現在、その三分の一は子どもを持たぬ処女だ、というから恐れ入る。当然、労働人口は激減し、日本の工業力は東南アジア諸国にもおよばぬ零細国家化している恐れがある。社会保障だけ進みすぎて、それに充当する重税にアエぐ日本。想像するだに、ゾーツとする。もう八十余歳になる僕は、そんな老衰国家、日本を見ぬ前に、極楽往生したい、と思っている。   (R・H)
“年寄りの冷や水”かもしらないが、高齢のR・H氏や私は、恐らく“三途の川”を渡っているだろうからよいものの、上記の2020年、2030年問題を考えると、身の毛がよだつ。
これでは将来が不安で、若い男女は益々結婚はしないし、子どもを産まなくなるだろう。医学は進歩し健康サプリメントは氾濫し、せっせと散歩に励む老人は増え、高齢化はすすむだろう。
ノーテンキな政治家は自己の保身に明け暮れ、マスコミは、社会の木鐸(ぼくたく)という使命を忘れてしまっている。嘆かわしい世の中になったものだ。昨日、「noga1213」氏から格調高い哲学的なコメントを頂き謝々。   (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
「蟷螂の斧」
2011/10/04 [Tue]08:41
category:放言
『野田佳彦内閣が登場して一ヵ月、内閣支持率は下落して50%台、支持政党もまた自民がトップ、”四代目”視されている前原政調会長にもマル暴関係で捜査の手が入る?』

 民主党政権の”三代目”野田佳彦内閣が登場して、はや一ヵ月。大マスコミ各社の世論調査はこの間、”ご祝儀相場”か、野田内閣への支持率で60%台を維持してきたが、10月初頭おこなわれた世論調査では、日経が58%、フジテレビ(と産経新聞)が57・4%、共同通信が54・6%、毎日新聞が50%と、いずれも五割ギリギに”失速”してしまった。いずれの社も、9月の調査から見れば、マイナス4-9%という下落ぶりで、各政党への支持率も、野田内閣発足当時は民主党が首位に立っていたが、またまた再逆転して、フジテレビの世論調査では、自民党へが25・4%、民主党へが21・4%、「みんなの党」へが5・0%、公明党へが3・3%という順になった。

 こう野田内閣や民主党の座が揺らいでいるのは、野田内閣がカゲで財務省官僚からアヤつられ、東日本大震災復興のためとはいえ、”増税”路線を突っ走っているからだ、とみる見方が多い。東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイが10月3日、伝えるところによると、2013年から所得税が4-5・5%、増税される場合、中年サリ-マン・四人家族で、年収500万円の場合はプラス32万余円、年収700万円ならプラス41万余円、年収900万円ならプラス53万余円の各増税になる。これに対して大マスコミ各社の世論調査は、賛成が30%台だったが、反対は50%を、大きく上まわっていた。

 埼玉県朝霞市の在日米軍基地跡地に「建てる」予定だった国家公務員用・高層アパート建設計画も、野田首相は10月3日、現地視察直後、工事ストップを命じたが、これも”増税“路線を隠す”猿芝居”とみる見方が多い。万一、野田首相身辺に問題が生ずる場合、民主党政権”四代目”は前原誠司政調会長とウワサされてきたが、日刊ゲンダイは同日、東京地検が「前原氏にも暴力団関係の私的機関から献金があったのではないか?」という告発状にモトずき、捜査を開始した、と報じた。野田首相はみずからを、鈍重なドジョウにたとえ、歩行は遅くても確実、安全だと云っているが、現実はモッと厳しいようだ。
(R・H)
2年前の麻生内閣から鳩山内閣の頃までは、私には、良くも悪くも政治に高揚感があった。無関心の増大は、野党第一党の自民党の人事をめぐる内紛に見られるような体たらく振りだ。何度も述べるように、自民党に戦略家と協力な牽引力とカリスマ性のある政治家がいないからだ。野党は、バカの一つ覚えのように、解散、解散と叫んでいるが、象の尻に蚊がさしたように、300議席の前には“蟷螂の斧”だ。選挙すれば負けるとわかっているのに、解散をする訳がない。政局を大きく転換させるには、不本意だろうが、“政治とカネ”の小沢一郎と手を組むしか方法がない。   (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(4)
将来への不安・
2011/10/03 [Mon]07:54
category:放言
『”脱原子力発電”の”風力発電”にも自然災害の恐れはある、風車の羽根から自然発火する?、北海道の北端、稚内で』
 孫正義ソフトバンク社長や菅直人前総理らが、有害・放射能拡散の害を説きまわり、”脱・原子力発電”のシンボルにしていた自然エネルギーの再活用にも、”天災”か、”人災”か、原因こそよく分からないが、”災害”が出る恐れがあるコトだけは、十分、証明された。10月2日午後2時すぎ、北海道も北の果て、遠くサハリン(旧・樺太)を望見できる稚内市・声間更村喜トマ内にある牧場のなかに建設された風力発電施設9基のうち、1基の風車・羽根の回転軸(直径5-6メートル)あたりから、原因不明だが、火を発し、4時間余にわたってよく燃え、その風力発電基、1基を完焼した。この風力発電基は、この風車を軸においた高さ66メートルの高塔で、完焼・4時間余、牧場に破片は飛び散り、牧牛は逃げ回った。この高塔のマル焼けは、稚内市内ドコからも望見できる壮観で、牧畜民たちはチョッとした恐怖感を味わった。
(R・H)

『「東京は福島原発事故以後、放射能汚染の危険があり、夫と別居し、子どもと一緒に九州へ”疎開”して来た。二重生活なので苦しく、ぜひ公的な資金支援を」と、熊本県、同市に陳情、元東京・葛飾区居住の主婦が!』
 東日本大震災以後、東電福島第一原発事故による有害・放射能の汚染を恐れ、東京首都圏をふくめて、関東、東北など、東日本から、九州、中国など、西日本に”疎開”して来た人は少なくないが、やはり同じ理由で、子どもの育児障害を恐れ、東京本社勤務の夫と別居し、熊本市内の2DK・公営アパートに、子らと移り住んでいる元・東京都葛飾区居住の主婦、佐田奈緒子さん(44歳)は、半強制的(?)に強いられた二重生活で”生活苦”がかさみ、「生きてゆけない」と、公的に資金援助してくれるよう、熊本県、熊本市の両当局に陳情して来た。これは、朝日新聞マイタウン熊本版が報じたニュースで、こんなコトを、いちいち取り上げていたのではキリが無いと思うが、佐田奈緒子さんらの話によれば、ついこの間まで住んでいた東京都葛飾区にある浄水場の水は、すでに放射能汚染にオカされ、その水が含む放射性物質の量は、乳幼児に対する放射能の安全・基準値より高く、障害児になるリスクが非常に高い、とも云っている。佐田奈緒子さんの場合と同様、半強制的(?)”疎開”により、熊本県内で”二重生活”を強いられている東日本からの被災(?)家庭は、107世帯、224人に上る、という。 
(R・H)

最近のブログは、R。Hさんのネタに負んぶにダッコ。二つ載せると手間が物凄くかかる。9.11及び3.11の事件から世界及び日本は、大きく変化して将来の予測が出来なくなった。どうなることやら。   (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
楠木正成。
2011/10/02 [Sun]08:52
category:放言
『日本の偉人、英雄、女傑への”人気”調査、首位は聖徳太子、ぜひ”あのお方”をNHK大河ドラマの主人公に、ORICON リサーチの調査結果』

 定期的に映画、テレビ、音楽などの市場調査を行っている ORICON モニター・リサーチが、このほど全国 約1000人 の成人男女を対象にして、我が国の「歴史上に輝く、どんな人物を主人公にして、NHK ”大河ドラマ” を描けばよいか?」という問いで、日本の偉人、英雄、女傑 への”人気”調査をしたところ、首位には、飛鳥時代、庶政を改革した 聖徳太子が選ばれた。日本の偉人、英雄、女傑として、いまも”人気”がある 上位 10人は、以下のとおり。

(1)聖徳太子、(2)織田信長、 (3)真田幸村、(4)卑弥呼(ヒミコ)、(5)伊達正宗、(6)高杉晋作、(7)沖田総司、(8)紫式部、(9)宮本武蔵、(10)明智光秀。
(R・H)
古典『太平記』 『増鏡』を始め220点の多くの資料・文献を基に、作家・森村誠一が渾身の力をこめて書いた歴史大河小説『太平記』上中下3巻を読んだ。一言で感想を述べると、“目から鱗が落ちた”。
時は1230年頃「建武の中興」南北朝時代である。後醍醐天皇を中心の権力争いで、主な登場人物は、楠木正成、新田義貞、足利尊氏、吉田兼好、なかでも楠木正成の歴史といっても過言ではない。
前に述べたが少年の頃、「講談社の絵本」で“楠木正成”の日月旦(人物評)を読んで、正成の熱烈なフアンになった。
歴史に(もしも)はないが、後醍醐も義貞も正成の提案を受けていれば、足利幕府は生まれなかっただろう。日本歴史上最大の戦略・戦術家であった。自虐史観の戦後の教育では、楠木正成を教えないが。(T)

テーマ:歴史認識 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ