プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
政治の堕落、
2010/06/30 [Wed]07:13
category:放言
『参院選、自民、公明両党の地方組織は”自公協力”が五割以上、改選定数1人区の選挙結果などに影響か、共同通信が報道』

 共同通信社は、このほど7月11日・投開票の参院選に向けた各政党・地方組織の選挙対策を取材、調査した結果、47地方区(都道府県区)のナカで、実に五割以上の選挙区で、程度の差こそあれ、自民、公明両党が”友党”関係を守り、表裏両面で、選挙協力を進めている、と報道した。そのヤリ方としては、地方区で公明党側が自民党候補を支援する代わり、全国区の比例代表選では公明党が自民側の票を”頂く”、いわゆる”バーター協力”が、主になっているらしい。この自公”バーター協力”は、とりわけ現在、与野党勢力が伯仲し、民主、自民両党候補がシノギを削っている改選数一人区で、自民側を利するところが大きい、と一部消息筋は見ている。

 はっきり自民、公明両党の地方組織が”選挙協力協定”を結んでいるところは、九州、四国を中心して、11府県に及んでいる。協定、取り決めといった文書を、正式に取り交わしていなくても、各候補者の後援会などが裏面で”自公協力”している選挙区も、15区は下るまい、といわれている。中央における自公協力体制は、壊れつつあるかのような印象があるが、地方ではまだまだ実力を発揮(?)している。 (R・H)
当福岡選挙区でも、公明党員も自民党員も、“地方区は大家、比例区は公明党のアキノ”と、死に物狂いで選挙運動をしている。私は自民党も公明党も立党の精神やポリシーが全く異なるのに、こんな選挙活動は邪道で、政党政治の堕落で自殺行為だと思っている。「猿は落ちても猿だが、政治家は落ちたらタダの人」といわれ、形振り構わず心を売り渡し、節を曲げる行為は醜態であり見苦しい。“武士は食わねど高楊枝”といった良心を捨ててまで議員になりたいとは情けないし、そんな候補者に投票する国民はもっと情けない。特にこれは、与野党が伯仲した10年前頃から顕著である。
気骨のある憂国の士の出現を期待するや切!
 (T)

テーマ:2010参院選 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
性の愉しみ。
2010/06/29 [Tue]07:00
category:放言
『セックスは所要(?)「7-13分間が最高」、「一晩じゅうヤリまくるのは、まったくの”夢物語”で”邪道”」、米ペンシルベニア大准教授の調査結果』

 「Sex and the City」や「デスパレートな(あの道に必死な?)妻たち」などのセックスもの連続ドラマがテレビで”大当たり”しているアメリカでは、男女のあの”交わり”は「長ければ長いほど良い」という民間信仰(?)が急速に拡まっているが、米ペンシルベニア大学心理学科のエリック・コーティ准教授らは最近、米性科学会に属する心理学者、医師、看護師、カウンセラーら、”専門家”約50人にアンケート調査したところ、上記の通説を完全否定する結果が出た。コーティ准教授らが米学会誌、Journal of Sexual Medicineに発表した論文によると、調査対象者のほとんどが、セックスは所要(?)「3-13分」で満足しており、「13分以上」、あの行為が続くと、「疲れる」とか「退屈してしまう」とかいった意外な返事が返ってきた。セックスをやって、いちばん快感、絶頂感を味わえたのは、ナカでも、所要(?)「7-13分」と言う答えが、最多だった。

 コーティ准教授は「放送、新聞、雑誌、映画、インターネットなど、大衆文化が妙に発展して、アメリカ人は性行為に対し、誤った固定観念を植え付けられています。”一晩じゅう続くセックスが一番、良い”などと、言うのは、全くの”夢物語”で、正しい性の教えから言うと”邪道”です」と、語っている。
(R・H)
助教授がいつの間にか准教授と呼ばれるようになったが、何故なのか、その違いはなになのか。
人類にとって性の重要性は分かるが、欧米では大学で、白昼堂々上記のように研究、調査している。日本人には、性は“秘めてこそ花”で、大ぴらに研究し、研究結果を発表することも、一部週刊誌以外少ないようである。
これは、肉食と草食の違いと儒教の影響か。
ある友人から“君は80歳にもなってまだセックスを卒業しないのか”と笑われたが、私は“人畜無害、役にたたなくなったが、人間、色気がなくなったらおしまえだ”と応えた。また別の友人から、未だ現役だと聞くに及んで、何が羨ましいといって、こんな羨ましいことはない。
このまま朽ち果てるかと思うと侘びしいし寂しい。願わくは、絵画や詩歌の才能が少しでもあったら、西行や兼好法師の真似がしてみたい。何れにしても、もう一度花を咲かせたい。  (T)

テーマ:愛のかたち - ジャンル:恋愛

  COMMENT(1)
赤勝て白勝て、みんな勝て。
2010/06/28 [Mon]06:42
category:放言
『「波蘭中学生的淫乱性遊戯、集体性交、発明者是日本漫画家」、台湾の「色区新聞」が報道』

 「波蘭中学生的淫乱性遊戯、集体性交、発明者是日本漫画家」という大見出しで、台湾の「色区新聞」が、このほど諸(軟派)外電を総合して、遠く東欧・ポーランドでおこった性の珍事を伝えた。ツタない我が中国語で意訳すれば、台湾の”エロ新聞”が「ポーランドの男女中学生間で”乱交”プレーがハヤッているが、これは、日本の漫画家がヒネり出したポルノ漫画にヒントを得た性的遊戯だ」というのである。

 「色区新聞」によると、この”集体遊戯”は別名「太陽と月」と呼ばれ、大部屋の真ん中に、女子中学生数人が頭を「太陽」の焦点にあてるように、一点に集中し、輪になって寝そべり、下半身をスッポンポンにして、「月」が”過ぎる”のを待ち受ける。「月」とは、真っ裸の男子中学生のことで、彼ら数人が競って彼女ら「太陽」の上に乗っかかり、Ejaculationへの”持続力”を”競争”する”集団遊戯”をいうらしい。どうやら「太陽と月」ゴッコはポーランド全土でハヤッている模様だが、事件が暴露したのは、ポーランド南部のオストルダ市で、「太陽と月」ゴッコをした5人の女子中学生が妊娠し、うち2人のオンナの子は出産してしまった、という。

 さらに、この「色区新聞」が伝えるところによると、伝統的な親日国家、ポーランドには、日本の漫画も大進出しており、この「太陽と月」の原案は、わが日本における成人マンガの大家(?)、如月群真先生のシリーズ漫画「Love Selection」で、これを、ポーランドのヤング・ティーンエイジャーたちが”現実化”したのだそうだ。如月先生は、いぜんノー・コメントでいらっしゃるそうだが・・・  (R・H)
最近アクセスが300越える日がなくなったのは、政治に緊張感がないためか?。長い自民党政権、特に小泉・安倍・福田・麻生、中でも小泉・麻生に怒りを覚え、政権交代血道をあげて応援し、民主党政権が誕生したものの期待外れであった。
今の心境は“赤勝て白勝て、みんな勝て”。昨日午前中の政治討論は、空々しいし空しいので一切見なかった。その代わりといっては何だが、美空ひばり没後21年の特集を2時間も観た。
日曜日、万難を排して必ず視聴する『たかじんのそこまで言って委員会』も最近面白くなくなった。  (T)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:その他

  COMMENT(1)
不老長寿と旺盛なセックスは人類の夢。
2010/06/27 [Sun]07:29
category:放言
『韓国で来月上中旬”早漏”克服の国民的大キャンペーン、セックスレスと出生率低下を食い止めるため、射精まで長持ちする超薄型コンドームも開発に成功』
 韓国の半官半民通信社である聯合ニュースが6月25日、伝えるところによると、大韓男性科学会は、避妊器具などのメーカーとしては世界最大手の一つとされる韓国ユニダス社などと協力して、今年7月1日から同15日まで、全韓各地で、男性の”早漏”を正しく理解させ、これを克服する国民的な大キャンペーンを展開することになった。韓国の女性一人が生涯かけて産む子どもの数(特殊出生率)は2007年現在、1・26に過ぎず、隣国日本の1・32よりも低く、このままでは朝鮮民族衰滅の道を歩むのではないか、という危惧の念から、この国民的キャンペーンは始まった。最近、とみにヒドくなった韓国民のセックスレスは、主として男性の側に責任があり、とくに挿入から射精まで”保てる”時間が、4分以下という”早漏”の病いから来る面が大きい、というのが、大韓男性科学会の主張である。

 大韓男性科学会所属の医師たちが2008年、成人男性2037人を診察したところ、実にその27・5%が”早漏”で、いわゆるセックスレスであることが、分かった。韓国男性人口に”換算”すると、”早漏”患者が、ナンと500万人に達するという危険な数字である。同学会の調べによると、挿入から射精まで1分以内という”超早漏”がこのうち9・4%もいて、彼らは月に3回もパートナーと交わっていない。射精までが1-3分という”(中)早漏”が7・8%で、彼らもまた”努力”して、月4回程度、交わっているに過ぎない。射精まで5-10分たもてる”普通”型の男性なら月5回以上、まじわり、射精まで10分以上、持続できる”精力家”なら月に10回ぐらいコナして、子宝にも恵まれている、という。

 さらに、大韓男性科学会は、”早漏”が離婚の理由になっている点も重視している。韓国の離婚率は2009年平均、2・7%で、先進諸国より低率だが、”早漏”組だけ韓国でも飛びぬけて高いのだ。医師から”早漏”と診断された男性は離婚率、5・7%で、一般の二倍も「妻と別れている」のである。

 きたる7月上中旬、展開される”早漏の実態をよく知り、克服するキャンペーン”では、高麗大学医学部病院などが出動して診察、治癒にあたる一方。インターネットを通じ、全韓各地からの相談にも応ずる。専門医らによる”早漏発見とその治し方”シンポジウムを開くほか、”早漏”克服に成功した元(?)患者の手記や、”早漏”克服にピッタリする標語なども公募する。

 注目されるのは、韓国最大の避妊器具メーカーである上記、ユニダス社が、射精まで最低5-10分は”持つ”という、商品名「ロング・ラブ・コンドーム」の開発に成功したことである。このコンドームは別名、「バイアグラ・コンドーム」とも呼ばれ、最大長が19センチ、最大幅が4・5センチ、薄さが0・04ミリという極薄品で、その尖端にはバイアグラの効果に匹敵する長時間持続要素、ベンゾカイン(Benzocain)がタップリ塗りこまれているそうである。
(R・H)
日本以上に深刻な出生率の低下に悩む韓国にとって、上記のように、セックスは焦眉の急だ。日本もセックスは、禍々(まがまが)しいと忌(い)み嫌うのではなく、“本音と建前”の建前をかなぐり捨てて、真正面から本音でセックスと取り組むべきではないか。
昨日、国民的人気ある歌手n美空ひばり没後21年幻の歌声が2時間放映された。彼女の美声を固唾をのんで聞き入った。
特に、私の持ち歌でもある古賀政男の名曲“影を慕いて” “悲しい酒”に、感動と感激にしびれて涙が滲んた。  (T)

テーマ:愛のかたち - ジャンル:恋愛

  COMMENT(1)
論評御免。
2010/06/26 [Sat]06:27
category:放言
『今夏・参院選、民主党単独で過半数を制し得れば我が任務は終わりと、小沢前幹事長は引退を示唆、枝野現幹事長も民主単独過半数の場合、衆院比例代表の減員を表明、消費税率引き上げなどには不安勝慎重と、小沢氏』

 参院選挙で民主党候補応援のため、青森県下を遊説中の小沢一郎前民主党幹事長は6月26日、今夏・参院選で衆院同様、民主党に過半数を達成できるようにするのが「自分の任務であり、念願だ」と、同行記者団に語り、これが成功し、現在の立法、行政などの仕組みを変更できる見通しが立てば「私の役割りは終わりだ」として、アトは”次の世代”にバトン・タッチすると、参院選大勝の暁には政界引退の可能性もあり得ることを示唆した。他方、福井県下を応援運動中の枝野幸男現民主党幹事長は、参院選の結果、参院でも民主党の過半数掌握が確実となれば、従来からの公約に従い、「衆院の比例代表定数を80人ぐらい削減したい。参院選で左記のような大勝を博した場合、臨時国会中にも、そうした国会議員定数削減の法案を提出することも、あり得る」と、述べた。しかし、小選挙区制の中選挙区制への変更や、小選挙区の区域割り変更などは、討議に時間がかかるとして、枝野幹事長は消極的だった。なお、小沢前民主党幹事長は、地方経済はいぜん沈滞しきったままで、心配な状況下にあるとし、菅直人首相らが唱えている消費税率の引き上げ問題には、不安感を持つとし、今後もその取扱いに慎重であるよう、希望した。(R・H)
論評御免。  (T)

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

  COMMENT(2)
祝! 3-1で決勝リーグ進出。 
2010/06/25 [Fri]06:36
category:放言
『参院選公示の24日、各党首が東京、大阪などから遊説開始、小沢一郎民主党前幹事長だけ山梨県の山間部から第一声』
 参院選挙が公示された6月24日、各党の党首らは一斉に東京、大阪などの繁華街から遊説の火ブタを切ったが、いぜん民主党の”実力者”視されている小沢一郎前同党幹事長だけは、選(ヨ)りによって、山梨県の山間部、身延町(人口1・5万人)の山腹にある公園「ホタルの里」で、ビール瓶ケースの上に立って、約50人の農民たちを相手に「国家、地方のムダをさらに切りつめてのち、消費税の増税問題を話しあおう」と、演説した。もちろん、山梨県区から立候補し、苦戦を伝えられている”盟友”輿石東民主党参院議員会長への応援演説だが、このあとは直ちに同県南アルプス市の慈眼寺に向かい、”恩師”故金丸信自民党副総裁への墓参をすませたのち、やはり少数の市民に輿石氏支持を訴えた。小沢前幹事長、「私流に、山の奥,田の隅、ひなびた漁村や、大都会の裏町をめぐって、民主党への支持をお願いしたい」と、述べている。

 民主党代表の菅直人首相はこの日、大阪市”ミナミの中心”南海ナンバ駅前で、他方、谷垣禎一自民党総裁は東京都心の有楽町で、それぞれ遊説第一声をあげた。亀井静香国民新党代表も有楽町から遊説を始めた。福島瑞穂社民党党首、志位和夫共産党委員長、与謝野馨「たちあがれ日本」代表は、いずれも東京のJR新宿駅前から口舌戦の火ブタを切った。さらに、山口那津男公明党代表は、さいたま市JR大宮駅前、舛添要一・新党改革代表は徳島市の中心街、渡辺喜美「みんなの党」代表はJR静岡駅前から、それぞれ遊説を開始した。

 各政党の選挙対策も本格化し、「みんなの党」は、元経企庁長官で新党「さきがけ」時代、鳩山由紀夫前首相の”同志”だった田中秀征元衆院議員を、同党選挙対策本部の特別顧問として、迎え入れた。「たちあがれ日本」は自民党との密接な連携体制を公表し、定数一人の県区である秋田、山梨、岐阜、岡山、熊本、沖縄の六地方選挙区で、自民党候補を推薦、支援する旨、発表した。自民党側は「たちあがれ日本」の比例代表候補を応援することになっている。
(R・H)
祝3-1で決勝リーグ進出。
あまりスポーツが好きでもない私が、珍しく3時30分からのデンマーク戦を聞こうとラジオに耳を傾けていたが、何時のまにか眠ってしまった。目が覚めた時は5時30分、慌ててテレビのスイッチを入れてみたら試合は終わっていた。
さほど愛国心があるとも思えない若者が、ニッポン、ニッポンと熱狂的に応援する様に、満更日本の若者は見捨てたものではないと感動を覚えた。
惜しむらくは、あの情熱の万分の一でも、子作りや愛国心に向けたらな!。

今日は、睡眠不足で交通事故がなければよいが!  (T)

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

  COMMENT(1)
『備えあれば憂いなし』
2010/06/24 [Thu]07:25
category:放言
『W杯サッカー、北朝鮮0-7ポルトガルという、まさかの大敗は金正日”将軍さま”直接の強硬策指示による、沈滞しきった人心・盛り上げのため核実験強行か、朝鮮日報』
 韓国最大の有力紙、朝鮮日報は6月23日、ワールド・カップ(W杯)サッカー・一次リーグ第二戦(同月21日)で、北朝鮮がポルトガルに対し、0-7という、まさかの大敗を喫した”真因”について、携帯電話による首都ピョンヤンからする”将軍さま”金正日・朝鮮労働党総書記の強硬策指示のためだった、報じた。金”将軍さま”は、対ポルトガル戦中、終始、南アフリカ・スタディアムのキム・ジョンフン北朝鮮チーム監督に対し、ケータイで「進め、行け、攻めろ、徹底的に」と、強引な戦法ばかり指令して来た、とも伝えている。

 対ポルトガル戦の直前、キム・ジョンフン北朝鮮監督は、欧米のスポーツ専門チャンネル、ESPNの記者に対し、「金正日”将軍さま”は、御みずから開発された”目に見えない携帯電話”で、常時、直接の指示を与えて下さるコトになっている」と、語っており、南ア現地で観戦していた多くのサッカー専門家たちは、「あのまさかの大敗は、慎重なキム監督の意思、戦法からではなく、外部から巨大な圧力が加わった結果だろう」と、述べている。キム監督はもともとDF(防衛)畑の選手出身であり、対ポルトガル戦も守備中心の試合運びを考えていた模様だが、ピョンヤンからする金正日”将軍さま”の直々の指令によって、不得手な攻撃一辺倒の戦術を余儀なくされた、のではないか、とも推測されている。

 北朝鮮は、6月21日の対ポルトガル戦の大勝(?)を信じて、過大な期待をかけ、あの国としては異例のゲーム生中継を行った。ソウル東国大のキム・ヨンヒョン教授らは、「金正日総書記をはじめ、北朝鮮指導部は対ポルトガル戦の勝利などを通じて、財政危機などで低迷しきった北朝鮮民衆の元気を回復させ、体制結束をハカろうとしたが、見事、失敗した」として、沈滞した人心回復のため、核実験などの日程を繰り上げ、早急にこれに踏み切る可能性が出て来た、と見ている。中国のインターネット・ニュース網である環球網なども、北朝鮮による次の核実験が迫っている、と伝えている。対ポルトガル戦に”大敗”した北朝鮮選手たちを待つ運命は、炭鉱やダム建設現場への連行で、事実上”強制労働”を強いられるのではないか、という見方もある。   (R・H)
国内政策の失敗や国民の不満のはけ口・ガス抜きに、目を外交に転じさせることは、中国、韓国、北朝鮮の常套手段であったが、中国、韓国は目覚ましい経済成長のためか、往年のような激しい排日運動は影を潜めた。しかし北朝鮮はテレビで度々報じられているように、食糧不足による飢餓で国民の不満は爆発寸前である。“気違いに刃物”ではないが、何があってもおかしくない。防衛に力を注ぎ、用心すべきではないか。用心に用心を重ね、し過ぎることはない。
『備えあれば憂いなし』  (T)

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
政治家の明暗。
2010/06/23 [Wed]07:18
category:放言
『自民党の安倍、麻生元両総理は毎回、菅現首相を”極左”呼ばわり、自民党内からも「マトはずれ」と疑問符、モッと「生活問題を取り上げろ」とも、菅首相は参院選で「改選54議席+アルファ」が目標』
 典型的な”世襲政治家”視されている、自民党の安倍晋三、麻生太郎両元総理は全国各地を飛び回り、毎回、”非世襲”だが社会運動家出身である菅直人現首相を”極左”呼ばわりし、菅内閣を「史上、まれに見る陰湿な左翼政権だ」と、非難する演説を繰り返しているが、自民党内には、これを”マトはずれ”の論調で、聴衆には「ワケが分からないのではないか」と見る疑問の声が上がっている。左右両翼の差、保守vs革新の対立、ハトvsタカ両派の違いなどは、1990年代初めの”冷戦”終了後、全世界で「問題意識から外れている」ので、そんなコトを強調しても、”国民には受けない”というのが、主たる理由。モッと生活に密着した問題を訴えないと、世論から遊離するばかりだ、と自民中堅議員らは両元総理に”路線”変更を求めている、とも朝日新聞などは報じている。

 たしかに菅内閣や、与党・民主党の幹部には一昔前、革新的な運動に従事していた人が少なくない。仙谷由人官房長官は元日本社会党員だし、枝野幸男民主党幹事長は東北大在学時代、学生運動の一方のリーダーだった。菅首相自身、東京工大在学時、学生運動にかかわっていたが、当時、東京工大学生自治会の主流は、文字通り極左の中核派で、菅氏はこの流れに猛反対する自主・左派のリーダーと目されていた。菅氏が東京工大卒業後、市民運動、婦人運動のカリスマ的指導者、市川房枝参院議員(当時)の秘書だったコトは有名で、共産党とは完全に一線を画し、対立していた。
 
6月22日、東京・内幸町の日本プレス・センターで開かれた九政党・党首討論会でも、菅首相(民主党代表)は社会保障、格差是正、経済成長、財政再建等を優先させ、次期衆院選後における消費税増税をめざし、超党派的な協議を行いたい、と他党党首に呼びかけた。これに対し、谷垣禎一自民党総裁は「もともとソレは我われが言い出したコトだ」と、むしろ”防戦”に回っていた。菅首相が、7月11日・投開票の参院選において「改選54議席+アルファ」獲得を目標に掲げたのに対し、谷垣総裁は「民主中心の与党勢力による過半数掌握阻止」が目標だ、と述べた。
(R・H)
上記のことが事実なら、安倍も麻生も、たとえ応援弁士で言葉の綾とはいえ、常識はないし勉強不足も夥しい。
各党からタレントが数多く立候補するが、圧巻はオリンピック金メダリストの谷亮子(34)ではないだろうか。民主党が、資金もスケジュールも全面的にバックアップをしているが、同じ金メダリストの池谷幸男(39)は、可哀そうに手弁当、自腹で全国を遊説している。
谷は何しろ可愛いし愛嬌はあるし、その上人気抜群。全国何処に行っても数百人以上の聴衆を集めている。13日(日)、博多天神町で開かれた街頭演説でも、谷亮子は押すな押すなの大盛況、同じ時刻の麻生太郎元総理のそれは、皮肉にも動員されただけの閑散振りだった。毎回、投稿のあるRH氏のコメントを是非お読み下さい。(T)

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
接吻の愉しさ。
2010/06/22 [Tue]07:05
category:放言
『「キス!!、ご注意」の掲示版、「口を吸ふ、ときには困ると、天狗言ひ」』
 傘寿を二年こえた僕は、老残の今日まで約40年間、東京の西北隅、世田谷区の片スミに暮らしてきた。わりに便利かつ閑静で、中流階級が多く、良くも悪くも他人事には干渉しない個人主義が発達している一画である。表札も苗字だけの家が多く、ときたま「猛犬にご注意」とか「訪問販売おことわり」とか「チラシ、ビラ投入お断り」とかいった掲示板が併載されているくらいだった。

 ところが、きょう、いつも整形外科クリニックに通う坂道を、自転車を押しながら登っていると、洋館二階建のステンレス門扉のど真中に、アッと思うような中型の掲示板が下がっているではないか。「キス!!、ご注意」と。あまりにも突拍子もない表現なので、急いで帰宅して、いくつか字引を引きまわったが、キスとは「接吻」あるいは「口ずけ」としか、出ていない。あの掲示版の底意をカンぐれば、あの洋館の家主は「この門扉に身を寄せて、ディープ・キスしないで下さい」と、通行人に呼び掛けているコトになる。さらに悪意(?)をもって、想像すれば、初夏の某夜、あの門扉に、男女両性の肉体の重みがカカり過ぎ、ステンレス・ディフェンスの一部が破損したのではないか、それともディフェンス・ステンレスの端が”愛をかわす”男女いずれかの肉体を傷つけたのではないか・・・・。

 正真正銘の戦中派で、運が悪けりゃ”特攻要員”にもなるところだった僕は、大きなタメ息をついた。多くの仲間を含め、僕らは、性にかかわる”可能性”を、精神面と肉体面と、二つに分けて考えていた。年上の気高い女性にプラトニック・ラブした経験もあるが、下半身の営みは、いとも安直に、その道のプロフェッショナル・レディに実技教授してもらった。仲間うちの先輩格が、そうしたプロがたむろする廓につれて行って、強引に僕たちの童貞を捨てさせた。キスなど”奥を究める”術(スベ)も余裕もなく、結婚するや、数歳年下の九州出身、”東京留学”組の女房ドノに「貴方って、キスが下手ね」と、言われるぐらいだったのに・・・・。

 うつし世は、かくも早く、性の”秘めごと”を、オオッピラに、かつポピュラーにするものだろうか。もちろん「口ずけ」は、我が国にも太古の昔から存在し、江戸時代には「口吸い」の浮世絵もあるが、kissを「接吻」と和訳したのは、123年前の明治20年のこととされている。日本の近代官能文学の巨匠とされる永井荷風も、谷崎潤一郎も、色ごとは情緒テンメンと描いているが、キスの描写はあまり出てこない。日本映画にキス・シーンが初めて登場したのは、第二次大戦敗戦の翌1946年、松竹が作った「はたちの青春」と、大映製作の「ある夜の接吻」で、それもマッカーサー米軍総司令部の男女平等推進の”指令(?)”によるもで、出演の男女俳優たちは口にガーゼをあてて唇を重ね合わせたとか。

「口を吸ふ、ときには困ると、天狗言ひ」  (江戸時代の川柳)。  (R・H)
思い出すのは、昭和25年製作された、今井正監督の『また逢う日まで』という映画である。学徒出陣で出征する岡田英治と華族の美少女・久我美子とのガラス越しの接吻(キス)である。映画史上稀にみる名作の一つではないか。
私は感動と興奮の余り2・3度視た。当時の青年の常としてR・H氏と同様、お金があって飲むと遊郭や赤線に行って若いエネルギーを発散させたモノだ。当時の娼婦や遊女は、彼女たちの矜恃からか?、商売上セックスはしてもキスは絶対さしてくれなかった。
恥ずかしながらこの歳になるまで、接吻の経験は妻を含めて数えるほどしかない。しかもキスが上手だなと思い興奮した女性は、タッタ一人である。  (T)

テーマ:愛のかたち - ジャンル:恋愛

  COMMENT(1)
自民党政権復帰には。
2010/06/21 [Mon]07:02
category:放言
『参院選で投票先き「民主党へ」は「自民党へ」の約2・3倍、菅首相の消費税率引き上げ示唆には「認める」声が半数以上、フジテレビの世論調査』
 フジテレビ新報道2001は、国会閉会の翌6月17日、東京首都圏の成人・有権者500人(男女各半数)に電話世論調査した結果、菅直人新内閣への支持率は、成立直後よりも約8%、落ちて53・2%となった。菅内閣への不支持率は33・8%だった。この結果は6月20日、放送された。

 これによると、7月11日・投開票の今夏・参院選での投票先き政党としては、「民主党へ」が28・4%で、「自民党へ」の12・2%を約2・3倍、上まわっている。次いで「公明党へ」が5・0%、「”みんなの党”へ」が2・8%、「”たちあがれ日本”へ」と「新党改革(”舛添新党”)へ」が各0・2%、「国民新党へ」は0%を、やや上まわる程度だった。

 また、菅直人首相が示唆した消費税の税率引き上げ問題については、税率「10%への引き上げはやむを得ない」が49・2%で、「現行5%のままがよい」の35・0%を、ズッと上まわっていた。税率「15%まで増税してよい」も7・6%、「20%まで増税してよい」も1・2%に上り、国民の国家財政再建に対する強い関心ぶりを、ウカガわせた。

 さらに、民主党が子ども手当減額などのため、党公約(マニフェスト)の変更を検討しているコトについても、マニフェストは「変更してよい」が73・4%の圧倒的多数で、菅・民主中心内閣による政局の長期安定化を望む民心を表していた。

(R・H)
上記のフジテレビの世論調査は、東京首都圏500人だから、特に保守系の強い九州には当てはまらないのではないか。昨日の「たかじんの委員会」を視た方はご存知のように、菅内閣に批判が集中していたが、さりとて自民党の人気の悪さは困ったものだと異口同音にいっていた。特に谷垣総裁は容姿端麗だし、知性は垣間見えるし、話も下手でもないのに、どうしてかくも評判が悪いのかとも云っていた。
支持率に一喜一憂するのは如何なものかと思うものの、これだけ自民党の支持率の低いのは、前にも書いたように、森、麻生、古賀、伊吹、町村といったイヤらしい古狸がのさばっていることではないか?。自民党を浮揚させるにには、古狸どもを引退させ思い切って小泉進次郎を総裁にすることだ。
 私の持論は、正・反・合。与党と野党が切磋琢磨することなのに、民主と自民の差が開き過ぎ、不幸なことに、政治に緊張感がなくなった。国民の生命・財産を守るためにも、日本の政治を良くするためにも、自民党の奮起を期待したい。(T)

テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
男の性と女の性。
2010/06/20 [Sun]08:20
category:放言
『39歳の”いかず後家”が中学二年生を” 男メカケ”にすることマル一年、秋田県青少年健全育成条例違反で御用!!』
 道楽しつくした中年男が”新鮮なアジ”を求め、女子中高生に金品を与えて遊ぶ”援助交際(エンコー)”のハナシはよく聞くが、以下はこれと全く逆の例である。秋田県のコメどころ、男鹿半島で、ふだんはおウチの米ずくりを手伝っていた39歳のオールド・ミスが、このほぼ一年間、当年14歳の男子中学三年生を”男メカケ”にして、スミからスミまで舐めるようにして可愛がり、騎兵隊長の進軍姿で馬乗りになり、何百回も思いを果たしてきた末、とうとう秋田県の青少年健全育成条例違反(未成年者に対する強制淫行容疑)で、先日、捕まった。一口に言えば、熟女が子どもをレープしつくした、というワケである。

 この”いかず後家”サマは秋田県男鹿市五里合箱井の、ミス杉本秋子(39歳)といい、当年14歳の少年を知りそめたのは、約一年前、昨年7月初めのコトだとうから、彼はまだ中学二年生の”坊や”だったコトになる。ミス秋子はすでに”ムラの青年”と何十回か”交渉”を持った経験豊富な”いかず後家”サマだったが、”坊や”の新鮮さ、素直さに感激し無我夢中。”坊や”は、若いエネルギーにも満ちあふれていて、何回も何十回もミス秋子の”命令”を聞いてくれた。その道を究め尽くした熟女、ミス秋子の技巧に、”坊や”の方も、いつも極楽の空を”行く”天馬の心持ち。勉強も手につかず、スポーツもせず、四六時中、頭をよぎるのは、あのコトばかり。ドンドン学業成績が下がってきたので、心配したお母さんが問いつめると、自分と同年輩の熟女を”恋人”にしている、というので、腰を抜かさんばかりに、ビックリして、秋田県警男鹿警察署に届け出た。

 母親からの届け出で、男鹿署は捜査を始めたが、オールド・ミス秋子の自室中心に”交わり”は展開されていたので、詳細はつかめず。ようやく今年2月下旬の昼、タマラなくなったミス秋子が車を走らせ、下校中の14歳少年を待ち伏せ、県道に駐車中の車のナカで、”騎乗兵”の”進軍ラッパ”を吹いていたのが、通行人に目撃されていた事実を突きとめた。これを唯一の証拠として、男鹿署はミス秋子に逮捕状を執行したが、この”いかず後家”サマ、一切”犯意”を否認。「私どもは恋人同士で、真剣に愛を交わし合っただけでございます」と、シラを切っている。

(R・H)
日本が世界に誇る最古の文学『源氏物語』は、与謝野、谷崎、円地、寂聴と数多くの作家や文学者が書いている。私は10年ほど前、寂聴の源氏全10巻を読んだ。
いま、私は林真理子の『六条御息所(ろくじょうのみやすところ)源氏がたり』を読んでいる。
これは過去の源氏と大きく異なり、六条御息所(東宮未亡人)を主語に一人称で書かれたユニークな書である。同書では、光源氏を光の君として、ご存知のように14歳で、親友・頭の中将の妹君で、四歳年上の葵の上と結婚したにもかかわらず、六条御息所を口説いて交わり、驚くことに、父親で帝の后・藤壺とも強引に関係し一子までもうける。
それ以後は一気呵成、紫の上を妻にするまで、空蝉、夕顔、末摘花、朧月夜、老女の源典侍まで女遍歴で浮き名をながした。作家の中には『源氏物語』「不倫の文学」とも「夜這いの文学」ともいっているが、光の君は男性にとって垂涎(すいぜん)の的であり羨ましい限りだ。
性は人それぞれとはいうものの、ミス杉本秋子の行動は相手が未成年であることが問題だが、反面、ウーマンリブのご婦人から叱られるかもしらないが、女性にも男性に劣らぬ性欲があるという証明ではないだろうか。ただ人口に膾炙(かいしゃ)している大岡越前守の母親がいったと伝えられる“灰になるまで”は本当かな?。  (T)

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
前途多難な自民党。
2010/06/19 [Sat]07:25
category:放言
『「菅新総理は現実主義者」「鳩山前総理は”夢想家”」とは日米の辛辣な批評、菅新総理の消費税増税案に「自民党案がパクられた」と慎太郎都知事』

 ***「菅直人新総理は現実主義者で、自民党の公約を、すっかりパクっちゃった」(石原慎太郎東京都知事)。
***「鳩山由紀夫前総理は、けっきょく”夢想家”に過ぎなった」(リチャード・アーミテージ前米国務副長官と長島昭久防衛政務官)。
以上は6月17、18両日、東京とワシントンで、日米双方から明らかにされた、菅、鳩山新旧首相に対する辛辣な批評である。菅新総理は中流階級の出身で、底辺の社会運動を経験した”苦労人”なのに、首相の座についた途端、日米の保守政財界に近寄り、反面、日本きての名門の生まれで、石橋ブリッジストーン財閥の資金力をバックにする鳩山(由)”富裕家”前総理が終始、”宇宙人”的な発言を繰り返していたとは・・・・。

 菅新総理は6月17日、自ら代表を務める民主党の新政権公約(マニフェスト)について、財政再建を優先して、消費税率の引き上げを示唆し、「自民党側の同税率”10%引き上げ”案を参考にする」と、超党派的な協議を提案したコトに対し、谷垣禎一自民党総裁は唖然とした模様で「いまのところ加わる意思なし」と述べ、先日、郵政改革見直し・金融担当相の座から下りた亀井静香国民新党代表は「反対だ」と、憮然としていた。しかし、自民党を脱党したばかりの与謝野馨元財務相は「前向きに検討する」と反応し、米倉弘昌経団連会長ら財界三団体首脳は翌18日、さっそく菅新総理を訪問して、敬意と賛意を表した。かつて自民党政権の閣僚だった石原慎太郎都知事は記者会見で「菅新総理は良く言えば巧妙、悪く言えばズルい」と評し、自ら応援団長を買って出ている「たちあがれ日本」などの新党の影が薄くなったコトを、率直に認めた。

 一方、6月17日、ワシントンで開かれた日本財団(会長・笹川陽平氏)主催の「日米修好条約150周年、日米安保条約改定50周年」記念シポジュームで、講師のR・アーミテージ前米国務副長官と長島昭久防衛政務官ら、日米代表は、米軍普天間飛行場の沖縄県内(名護市辺野古沿岸)移設を、早急かつ慎重に進めることで、意見が一致した。そして、アーミテージ氏は、鳩山(由)前総理について「出来ないことも”No”と言えない人で、東アジア情勢についても夢みたいなコトばかり言っていた」と評し、これに長島防衛政務官のほか、ジョセフ・ナイ米ハーバード大教授らも同意した。ナイ教授は「日米中の三国関係は”正三角形”ではなく、日米の軸はより強固なモノとすべきだ」と、菅新政権に要請した。
  (R・H)
今朝の読売新聞によれば、民主党支持率が63%だが、それは、自民党の惨敗を意味している。S氏が言うように、自民党にはバカが多く、戦略戦術家という知恵者がいないのだ。恥も外聞も捨てて、小沢一郎をスカウトするか、渡辺喜美や平沼赳夫にカムバックしてもらうか、それとも解党して出直す以外に途はないのではないか。何れにしても、309対109の議席では、横綱と十両との闘いで話にもならない。
3年3ヵ月後の解散総選挙まで自民党は持つのかな・・・。私が自民党の幹部なら、もともと自民党田中派だった小沢一郎と組んで政界再編するのだが・・・。残念ながら自民党には、単細胞が多くそんな権謀術数できる戦略家がいない。
今日正午から小倉のホテルで、じみ庄三郎『政経懇談会』が開かれる。これは4月に計画されたもので、よもや大臣になろうとは思ってもいなかったに違いない。今日は、大臣就任はじめてのお故郷入りではないか。
私は後援会最高顧問の一人として出席するが、祝辞と共に親友の一人から云われた忠言を述べたいと思っている。  (T)

テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
小沢一郎の去就。
2010/06/18 [Fri]07:45
category:放言
『「帰りなん、いざ」と小沢一郎前民主党幹事長に政界引退を勧告、地元・最大有力紙の岩手日報が論説で』

 民主党の小沢一郎前幹事長の地元、岩手県を代表する県民紙、岩手日報(発行部数22万部)は6月16日、宮沢徳雄常務取締役(編集担当)の執筆で、「小沢氏よ、使命を果たされたのでは」と題する論説を掲げ、小沢一郎前幹事長に対し、次期衆院選不出馬を表明した鳩山由紀夫前首相と同様、完全に政界から引退するよう、勧告した。宮沢常務の論説は、昨夏の”政権交代”に寄与した、郷土出身の大政治家、小沢氏の功を讃えながらも、”引け際”が重要だとし、東晋(六朝時代の中国の王国)の詩人、陶淵明の名詩「帰去来辞」を次のように引用している:----「帰りなん、いざ。田園まさにあれなんとす、なんぞ帰らざる」
(R・H)
私は「岩手日報」の論説に反対で、浅学非才の私が烏滸(おこ)がましく書いたように、藤原正彦の『国家の品格』 『日本国民に告ぐ』の精神に則った新党を立ち上げ、敗戦後の腐れ切った精神や硬直した体制を払拭し、アメリカから押し付けられた憲法を改正してもらいたい。
心ある国民の大半が、現状の日本の将来を憂いている。単なる権力闘争ではなく、第二の明治維新、第二の坂本龍馬になれるのは、買い被りかもしれないが、現状では小沢一郎しかいないのではないか?。
勿論、彼の従来からの思想の脱皮が条件だが・・・。

知人で自民党支持者のSさんが「谷垣総裁を始め自民党はバカだ。バカな一つ覚えのように“政治とカネ”を追求しているが、それは逆説的には、菅内閣の援護射撃で、自民支持率の低下になっている。私も投票しないが、恐らく自民党は負けるだろう」と云っていたが、当たらずとも遠からず。 (T)

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
亦楽しからず哉。
2010/06/17 [Thu]07:53
category:放言
『孤老で寂しい小金持ち81歳の老爺に56歳女を着飾らせ、10回、売春させていた75歳の老人、売春防止法違反(周旋)で書類送検、老体につき身柄を拘束せず、静岡県掛川市』

 静岡県掛川市で、孤老で寂しさをカコッていた小金持ちの81歳の老爺(無職)に、56歳になる女友達の”うば桜”(無職の中年女性)を着飾らせて、定期的に周旋し、春をヒサガせていた疑いで、静岡県警掛川警察署は、このほど同町内に住む75歳の老人(無職)を、売春防止法違反で、静岡地検掛川支部に書類送検した。この容疑者も”古稀”を越えるご老体なので、身柄は拘束していない。同警察署の調べによると、すくなくとも今年1月8日から三週間にわたって、延べ10回、”うば桜”は81歳の老爺に”心と肉体を差し上げていた”という。”うば桜”の売春”まくら代”は1回につき、10万円から20万円の高値だった、という。75歳の老人は56歳の”うば桜”と昔なじみで、カラダの”借り代”なども200万円ほど、かさんでおり、いわゆる斡旋料はほとんど彼女から貰っていない、という。    (R・H)
散歩の嫌いな私は、親しき友人に誘われて小倉に行って以来、家の周囲を約10分間散歩している。もともとある有名な鍼灸師から習った体操に私流を加え、一日数回はしていたが・・・。
上記の81歳と75歳の男性二人は羨ましい。男はお金がないのは、丘に上がった河童のようなものだから・・・。
老人の私も、お金と機会があったら、恥も外聞もかなぐり捨てて、好きな女性と温泉にでも行って、背中を流したり流されたりしたあと酒でも酌み交わして、人生の哀歓や政治や文学などを語り合い、懐メロや叙情歌を共に謳い、残り火少ない人生を送りたいものだ。(夢のまた夢だが・・・)
寿命が長くなり美容技術が発達し、健康サプリメントが開発され食事が豊になったためか、高齢、熟年の女性が若く美しくなってきた。ある先輩の未亡人は91歳なのに75歳しか見えないし、ある知人の75歳の女性が65歳に、また別の61歳のご婦人は48歳ぐらいに見える。お会いするだけで愉しい女性が私の周囲にイッパイいる。亦楽しからず哉(T)
昨日、当地では有名な病院の理事長先生から、“貴方のブログで、政治へのストレスが吹き飛びます”と感謝の礼を言われた。ブログ冥利に感動した。

テーマ:ナンパ - ジャンル:恋愛

  COMMENT(2)
科学の進歩に反比例して。
2010/06/16 [Wed]08:08
category:放言
『成長期のパソコン、多機能ケータイは使いよう、あの”検索”力などに頼り過ぎると、知力、学力が低下?』
 ”脳の力”がドンドン成長する人生で最も大切な時期ーーー十代前半に、パソコンや多機能・携帯電話機の巨大な”検索”力に頼り過ぎ、安易に新知識を取得する習慣を、身につけると、その人の潜在的な知力、学力が伸びない。これは、米最大の経済紙、ウオールストリート・ジャーナル紙や、時事ニュース報道専門の米CNN放送が6月なかば、米デューク大学サンフォード公共政策大学院(経済部門)所属、ジェイコブ・ヴィグダー、ヘレン・ラッド両講師が調査、研究した結果として、報じたところで、学会誌に発表された両講師の論文は、「パソコンや多機能ケータイは、その使い方次第で、人のアタマを良くしたり、悪くしたりする」と、警告している。

 ヴィグダー、ラッド両講師は、米東南部のノースカロライナ州などで、小学校高学年から中学二年生ぐらいまで、年齢にして10歳から14歳ぐらいの男女児童、生徒、数十万人をテストし、その学習ぶり、家庭環境などを調査したところ、ここ数年間、ITのブロードバンドや光電話等が急速に発達してきた結果、パソコンや多機能ケータイを所持、使用する児童、生徒数が何倍にも増え上がっているコトが、分かった。彼ら児童、生徒は、これらのIT機器を、いとも簡単に操作し、”検索”などの力を借りて、宿題などの答案などを、たくみに仕上げているのだ。ほとんどのウチで、パソコンや多機能ケータイなどが、すぐ傍にあり、これに飛びつき”解答を検索する”ことで、答案などを完成できるので、自宅における復習、予習の時間が、以前よりグンと激減している、という。

 両講師は、その結果として、十代前半における国語(英語)、数学、理科などの成績(平均)が徐々にであるが、継続的に低下しつあると、指摘している。つまり、このころに基礎をつくって置く必要がある”脳”の読書力、理解力、記憶力、論理(構成)力、数理力、分析力などが、以前より弱化しつつある、と警告しているのだ。両講師はこうした傾向の拡まりを恐れ、親たちに「子どもたちに、みだりにパソコンや多機能ケータイを使わせないように。自力で本を読んだり、モノを考えさせる習慣を、身につけさせて下さい」と、呼びかけている。   (R・H)
パソコンを始めて科学の進歩を痛切に感じる。特に情報関係のITの日進月歩には、目を見張るほど凄まじい。私のブログも瞬時に世界を飛び回るし、世界の情報も瞬時に手に入る。
本当に便利な世の中になったものだ。
私の拙い経験でも、ブログを始めて漢字は読めても書けなくなった。それもそのはず、変換のボタンを押したら同音の漢字の一覧が出てくる。問題は選択力だ。
いつぞやこのブログでも書いたが、著名な左翼の歴史学者・羽仁五郎の“科学の進歩は、必ずしも労働者に幸福をもたらすとは限らない”との言葉を思い出す。兎にも角にも、気忙しい世の中なったものだ。
戦中派の私は、物は乏しく貧乏だったが、昭和30年頃までの方が懐かしい。  (T)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
ヘソ曲がり政治談義。
2010/06/15 [Tue]07:37
category:放言
 昨日のR・H氏のコメントは、経済人にとって“値千金”な情報ではないだろうか。
流石、某大新聞元国際問題担当論説委員、元某大学国際経済学部教授だけあって、格調高いコメントであった。


『菅直人新内閣への支持率61・4%、参院選における投票先き政党は民主党が首位で32・8%、フジテレビ新報道2001』

 フジテレビ新報道2001は菅直人新政権樹立後、三日目の6月10日、東京首都圏に住む男女500人に電話世論調査し、同13日、発表したところによると、菅新内閣への支持率は61・4%(不支持率は25・4%)に達した。7月11日に予定されている参院選挙での、投票先き政党としては、民主党を支持する率が若干、上がって、首位、32・8%となり、逆にやや下がったのは、自民党が12・4%、「みんなの党」が3・8%の支持となった。公明党へは3・4%、共産党へは2・6%、社民党へは1・4%、新党改革へは0・2%という順である(以下の政党は略)。さらに同時に行われた質問と、その回答は、以下のとおり。
(1)菅直人新首相の閣僚人事(民主党幹部人事を含む)を、どう思うか?=「評価する」74・0%、「評価しない」16・2%。
(2)小沢一郎氏の影響力は今後どうなるか?=「相変わらず残る」54・4%、「弱まる」31・4%。
(3)菅新首相は”消費税の増税”に傾いているが、どう思うか?=「消費税は引き上げるべきだ」65・4%、「消費税の引き上げはやるべきでない」29・0%。

(R・H)
ヘソ曲がりな私は、世論と異なり菅内閣を支持しない。それはマスコミに迎合し、野党の攻撃をかわすために、露骨な見え透いた「反小沢」のシフトをしたことだ。 小沢に問題が多いことは確かだが、政権交代に多大な功績があったことも厳粛な事実である。“恩を仇で返す”今回の人事は、人間として許せない。敗戦直後の蒋介石の言葉“仇を恩で返す”を思い出す。
とは云え、世論調査に見られるように、自民党支持率は民主党の半分だし、私も応援する気にならない。それは、森、麻生、伊吹、町村、古賀といった古狸、利権屋タヌキが多いことだ。
その点、自民党衰退の遠因である郵政改革をした小泉純一郎の引き際は見事であった。13日、福岡天神町で,
谷亮子ことやわらチャンと太郎元総理の応援演説が放映されていたが、やわらチャンにはワンサと人が集まっていたが、太郎チャンには、動員以外の一般の人はいなく寂しく時の流れを感じた。
“負け犬の遠吠え”カラ元気に哀れを催した。麻生内閣末期に諫言する忠臣がいなかったように、忠告する友人はいないのか。
今日のR・H氏とやじうま根性氏のコメントをお読み頂きたい、
 (T)

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
景気にご用心。
2010/06/14 [Mon]07:42
category:放言
『”ウオール街の投機王”ジョージ・ソロス氏、ギリシャなど、欧州の財政危機で「世界経済は景気後退の第二幕に入りつつある」と警告』
 世界きっての資産家で、見通しが利く理論的な投資家として”ウオール街の投機王”とも呼ばれているジョージ・ソロス氏は6月10日、ウイーンにおける金融シンポジウムで、ギリシャに端を発し、スペイン、ポルトガルなどにも波及しつつある財政危機の拡大により、「世界経済は欧州を中心にして、景気後退(不況)の第二幕に突入しつある」と、警告した。これは米ブルームバーグ通信が翌11日、伝えたモノで、ギリシャなどの南欧の財政危機は、イタリアなどにも”飛び火”する危険があり、英独などの大国も欧州統一通貨、ユーロの下落や、これら危機下の諸国への救済資金提供などで、少なからぬ影響をこうむりつつあると、ソロス氏は見ている。

 ジョージ・ソロス氏は、ギリシャ、スペインなどの過大な赤字国債発行(巨額の債務超過)から「世界の金融システムは、またもや崩壊の危機にさらされつつある。リーマン・ショック以来の金融危機・回復が遅れているナカで、こうした深刻な状況への突入は嘆かわしい。1920年代末期の大恐慌で、世界各国とも赤字財政に悩まされた1930年代初期(第二次大戦の約10年前)によく似た状況だ。影響は欧州諸国にトドまらず、いずれ全世界に影響が出るだろう」とも、述べている。ジョージ・ソロス氏は2008年9月のリーマン・ショック”襲来”の約一年前に、米国などの金融資本主義の行き過ぎと、その反動による恐慌ー景気後退を予言し、世界金融大危機の到来を予言して、これを見事に的中させた人物である。

 
 現在、ギリシャ財政危機などによって、欧州統一通貨、ユーロは対・米ドル相場や、対・日本円相場で、数年ぶりという安値をつけている。連動的に米日などの株価も下がり続け、世界の株式価格総額は好況時に比べ、4兆米ドル(365兆円相当)も失われているという。
(R・H)
世界大恐慌の1929年に、私はこの世に生をもうけたが、教師をしていた父から当時の状況を度々聞かさたが、その話によると、公務員である教師でさえ、給料は3.4割カットだった。街には失業者や乞食が溢れ、“大学は出たけれど”という言葉が流行った。その上、東北では天候不順による凶作で飢餓者が続出、娘や女房は遊郭に身を売っていた。“嗚呼人栄え国滅び、盲(めしい)たる民世に多く、混濁の世に我立てば、義憤に燃えて血潮湧く”という「昭和維新の歌」を歌いながら、血気盛んな青年将校が蹶起し、五・一五、二・二六事件を起こした。
80歳以上の男性は経験があるはずだが、九州でも昭和35年まで、交通不便の温泉(今では有名)では、この近所の農家のオバサンや娘さんは、生活の一助に売春をしていたものだ。
何れにしても、なんだかんだ言いながら、自殺者やは多いものの、現在は昔に比べば幸せだ。 (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
自民党の凋落。
2010/06/13 [Sun]08:19
category:放言
『自民党員数、全国あわせても100万人以下か、最盛時の六分の一?、共同通信などの報道』

 共同通信などが6月12日、伝えるところによると、戦後、半世紀以上にわたって政権・与党だった自民党は、昨年の”政権交代”で野党に転じて以来、急速に同党員、支持団体などの脱党、離反が続き、2009年末の時点で、全国47都道府県を集計しても、100万人の大台を、かなり割りこんでいるモノとみる見方が多くなっている。この”足腰”の弱体化は、アト一ヵ月足らずに迫った参院選挙に、暗いカゲを落としているコトは、否定できない。

 政権・与党として”飛ぶ鳥も落とす”勢いにあったころ、自民党は例年、1-3月間に、前年末の全国・党員数を発表する慣わしだったが、今年は6月も半ばにはいった今日、2009年末の全国・党員数を、まったく発表しようとしない。自民党本部は、昨夏8・30衆院総選挙の大敗で、現職議員不在の小選挙区支部が急増し、集計作業が「遅れている」と、苦しい言い訳けをしているが、いぜん未発表の真相は、党員数が余りにも減り過ぎて、参院選前の党員の士気にカカわるのを恐れてのコトだ、とする見方が多い。

 全国集計、自民党員数の総計がピークに達したのは、1991年の約547万人で、1998年以降は10年間、減り続け、2008年は約105万人だった。今回は、おそらくこれよりも大きく落ち込んで、”最盛時”の六分の一以下になっている可能性もある、と見る人も少なくない。政権・与党時代は、党員になれば原則、4000円の年間党費を徴収されたが、その代わり、党総裁(つまり総理大臣)選挙への地方投票権など、”特権”も与えられていた。   (R・H)
現在日本の不幸は「自民党の負け過ぎ、民主党の勝ち過ぎ」にあるように思う。何となれば、与野党の差が開き過ぎ、野党は与党を攻めあぐみ、藤原正彦先生が指摘しているように、「政治とカネ」の一点に集中していることである。
 欧州の通貨不安、宮崎の口蹄疫等問題が山積しているのに、政治の論点は、国民が辟易(へきえき)し、ウンザリしている「政治とカネ」に終始していることである。だから自民党の支持率が上がらないどころか下がり、一時期待されたみんなの党が伸び悩む原因だ。
 歴史に『もし』はあり得ないが、何度も述べるようように、麻生太郎に決断力があって解散時期を誤らなかったならば、恐らく負けても、160議席前後は確保し政治に緊張感が生まれ実のある論戦があっただろう。
自民党に切歯扼腕を感じるのは、世界観を持った人材の払底と、民主党の国家観即ち、民主党が、自民党田中派から社会党左派からという玉石混淆のためのポリシーの欠如への追求だ。
何はともあれ!救世主の出現だ。自祝。今朝アクセス23万突破 (T)

テーマ:自民党の腐敗 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
再び感銘を。
2010/06/12 [Sat]07:45
category:放言
『日本国民に告ぐ』
 2005年発売され、2006年には265万部という超ミリオンセラーになって多くの国民に感動を与えた『国家の品格』の著者・藤原正彦氏が、10日発売の「文藝春秋」に25ページに亘る警鐘の論文“日本国民に告ぐ”が掲載された。
日本の指導階級、なかでもマスコミ、市町村議員から国会議員の全政治家(公明党、共産党、社民党を除く)に是非お読み頂き少しでも実践してもらいたい。
特に小沢一郎氏は、「政治とカネ」の罪滅ぼしに、これを熟読玩味し、この論文の主旨に賛成の同志を糾合し新党を結成することを提案する。
私がお会いする殆どの人が日本の将来を心配している。それはそうだろう。財政赤字は世界一となり今なお増え続け、国民一人当たりのGDPも子どもの学力も減り続け、自殺者はこの12年間、毎年3万人を越え、不名誉な自殺大国になった。それ以上に心配なのは、親が子を、子が親を殺すといった血腥い事件の続発に見られる心の荒廃である。ところが政治は、情けないことに、バカの一つ覚えのように「政治とカネ」一色だ。
この遠因・近因を同著者は、アメリカの占領政策とそれを継承した日教組だと書いているが、私はそれに加えて、共産党の書記長が徳田球一から宮本顕治に替わり堕落したことだと思っている。
それは敗戦直後、私が共産党の闘士として、この目で見、この耳で聞いて思うのは、当時の共産党や社会党には愛国心や正義感や反骨心があり、アメリカが押し付けた憲法に対し“憲法は国民が作る”のだと猛反対運動をを続けた。日本の未来を憂う皆さん!是非、藤原論文をお読み頂きたい。

後援会最高顧問の一人として、今回の自見庄三郎の大臣就任自祝すると共に、益々研鑽に励み国家国民のために活躍を祈る。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
お詫び
2010/06/11 [Fri]12:11
category:放言
今朝5時半に起きてブログを書いて、さあ見ろうとクリックしてみたら誤作動?か消えていた。
インターネットやパソコンをした方はご存知のように、一度書いた文を再度書く気にならない。悪しからず。

テーマ:その他 - ジャンル:その他

  COMMENT(1)
頑張れ!日本人。
2010/06/10 [Thu]07:14
category:放言
『ン名優ジョン・トラボルタ(56歳)の奥さん、女優ケリー・プレストン(47歳)が妊娠、どうやら双子らしい、世界あちこちで高齢の双子出産、日 本もガンバって!』
米国の軟派ニュース配信社、ワールド・ニュースは5月29日、ハリウッドの名映画「サタデー・ナイト・フェーバー」や「シカゴ」で主演をはった名優、ジョン・トラボルタ(56歳)の妻で、女優のケリー・プレストン(47歳)が、かなりのお年を召しているにもカカわらず、妊娠三ヵ月で、しかも医師の診断によると、双子を宿しているようだ、と伝えた。トラボルタ=プレストン夫婦間には、ジェット君(16歳)という男の子がいたが、彼は昨年一月、休暇先きの浴室で倒れ、そのまま”この世”を去り、ペットの愛犬2匹も相前後して亡くなり、淋しさをカコっていた。妻のプレストンさんは排卵誘発剤を飲用し、妊娠しやすい母体にしていたらしい。同夫妻には、エラちゃんという10歳の女の子はいる。

 結婚の晩婚化などにともない、高齢出産も珍しいコトではなくなりつつあり、東欧ブルガリアの北部、ルセ市では62歳になる女性精神科医が5月中旬、双子の女児を出産した。中国中部の安徽省合肥市でも、60歳の女性が体外受精でハラんだ双子の女児を、5月下旬、出産した。高齢出産の最高記録は、2008年、やはり双子出産した、70歳のインド人女性である。

”少子高齢化”に悩む日本の女性方よ、未婚、既婚の別にカカわらず、モッと頑張ってください。  (R・H)
何が情けないといっても、あちらが役に立たないほど情けないことはない。心は猛々しく燃えれどもビクともしない。4.5年前まで物凄く元気だったのに・・・。家内の遠い縁戚で今は亡き高僧は、私への色紙に“今はただ小便管(くだ)になりにけり、立つも立たぬも古(いにしえ)の夢”と書いて頂いたのを思い出す。老年男性の久し振り酒を酌み交わしての合い言葉は、“どうだ。アッチの方は元気か。”である。“昔の光今いずこ”。
皆から「顔色は良いし姿勢は良いし、81歳とはとても思えない」と外交辞令?で褒められる。事実、食欲も旺盛だし、毎朝5時半に起きてブログを書かさず書いているし、美しい女性を見ると心がときめく。
人間としての三大欲望・食欲、性欲、出世欲のうち、どうやら日本人は、情けないことに、世界で最高に性欲と出世欲を失ったようである。  (T)

テーマ:不倫 婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

  COMMENT(0)
菅直人の素顔に迫る。
2010/06/09 [Wed]07:02
category:放言
『法人献金が超すくなく実入りが中流なみの菅新首相、社会奉仕運動のボランティアから栄進してきた人だけに”多面相”』
 民主党新代表でもある菅直人新首相(63歳)は、当分「オモテに顔を出すな」と注文をつけた小沢一郎同党前幹事長(68歳)とも、前任者のボンボン、鳩山由紀夫前総理(62歳)とも違い、おカネや不動産には、あまり縁がない。昨年10月の全閣僚・資産公開によると、菅新首相は妻、伸子さん(64歳)名義分と合わせて、その総資産は2231万円余で、中流階級の富にちかい。明治初期以来、政財学各界にわたる日本有数のセレブである鳩山前総理の総資産、14億4269万円の約”六十五分の一”に過ぎないのだ。これを、もう少し詳しく見ると:---

 (A)鳩山前総理=東京の本邸、別宅、軽井沢の別荘などに加え、株式、債券などを合わせて、総資産14億4269万円という鳩山内閣きっての大金持ちだった。そのうえ、石橋(ブリッジストーン)財閥出の実母、安子さんが昨年まで八年間、12億4500万円を政治資金として提供していたのに、未申告だったので、生前贈与税6億余円を納付せざるを得なくなった。
(B)菅新首相=資産2231万円の内訳は、東京都武蔵野市の土地つき住宅と、本籍地の岡山県に持つ中小山林以外、定期預金(1394万円)だけで、株式、債券やゴルフ・クラブ会員権などは、まったく持っていない。会社、団体等からの法人献金は、たった四社、計・約90万円だけで、個人献金に頼る面が大きい。地元のシンパである会社員などから貰った一口・平均1万円の個人献金は、総計・約700人、総額・約3880万円に上る。

もともと菅新首相は東京工大学生時代から社会奉仕運動のボランティア(志願協力者)で、婦人運動家・市川房枝さんの秘書を振り出しにして、総理大臣にまで栄進して来た人だけに、”多面相”のカオを持つと、東京首都圏の”夕刊フジ”は指摘する。政治ジャーナリストの鈴木棟一氏らは、菅氏の”多面相”を、次のように”仕分け”している:--
(1)”イラ菅”=気に入らないコトがあると、イラだち、灰皿を飛ばしたり、部下が持って来た文書を投げつけたりする。
(2)”ズル菅”=出世のためにはズルがしこい手も使う。「きのうの友も今日は敵」といったコトもあり得る。今年は元旦、小沢一郎邸に挨拶回りに行ったが、その半年後、鳩山首相が小沢幹事長との連袂辞任を表明した途端、小沢氏を見捨て、反小沢勢力を結集させた。
(3)”ダマ菅”=旧・小鳩両リーダーの”政治とカネ”の問題については、今回”代表交代”が実現するまで、ズッと”だんまり”。米軍普天間飛行場の移設問題でも、ほとんどシャベっていない。
(4)”へ理屈・菅”=妙に意地っぱりの面がある。論戦好き。新聞記者ともすぐ論争する。自分が知らないコトを、他人に言われると、不機嫌だ。
(5)”猛勉強・菅”=財務相在任期間は短いが、その間、財務官僚から実務のレクチュアを聞く一方、ケインズ、シュンペーターの一般経済理論を猛勉した。
(6)”恐妻・菅”=従姉で1歳年上の妻に、頭が上がらない。彼女も政治好き、論争好き。

(R・H)
私もそうだけど、私の周辺の人たちも、自民党を先頭に野党やマスコミの、「政治とカネ」の小沢・鳩山への攻撃が、昨年から昨日まで長きに亘っての、ワンパターンの報道に、見倦き、聞き倦いたと言っている。良識のある多くの人は嫌気がさしているのだ。その国民の深層心理が分からないから、自民党の支持率が上がらないのだ。
勿論、悪の究明・追求は重要だが、国会の本来の使命は、政策立案ではないのか。これがきめ細かい政策論争せずに、何時までも鬼の首でも取ったが如く、ダラダラと追求し、時間を過ごすのは如何なものか。
“月給ドロボー”の誹(そし)りは免れまい。それは引いては政治不信、無党派層の増大に繋がるだろう。
私もボツボツ政治雑感を止めて、Hなメールを紹介し私見を書くことにするか。  (T)

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
“一寸先は闇だ。”
2010/06/08 [Tue]06:45
category:放言
臨時ニュース?鳩山首相の突然・辞職で怒った幸夫人が怒って家で、離婚へ、一億円以上の慰謝料を請求か、北朝鮮で頭が良くなり、戦争に勝てる不老不死のドリンク開発に成功??』
 臨時ニュースを申し上げます。一つは、鳩山由紀夫前首相の突然きわまる辞職と、これにトモナう鳩山家の”分裂”であります。もう一つは、韓国哨戒艦艇の”撃沈”事件で、にわかに緊張してきた朝鮮半島情勢とこれにカカワる北朝鮮の対抗策であります。

日本の2ちゃんねるが至急報で伝えるところによりますと、御年62歳の鳩山首相がベターハーフである「私に相談なしに辞職を発表した」と言って、4歳お年上の幸夫人がカンカンになり、数日前から家出し、関西方面にセンプク中との、確度・丙(?)の情報が流れています。幸夫人は首相公邸に”三行半”を残してきたとか、残してこなかったとか、いまだに確認できません。公邸筋によりますと、ご亭主の総理辞任表明後、怒り心頭に発した幸夫人は、「お金持ちのお母さんから、彼は1億2千万円以上の”おこずかい”を貰っていた」のだから、最低・1億円の慰謝料を請求するとのコトです。

他方、北朝鮮から出た”必勝・不老不死ドリンク”のニュースは、確度・乙(?)の情報であります。北朝鮮の国営通信、朝鮮中央通信社が伝えるところによりますと、このほど北朝鮮は、同国産の野菜、果物、約30種から、60以上の生化学的な要素を抽出し、これを”融合”させることによって、不老不死で、頭が瞬間的に良くなり、いかなる戦争にも勝てるドリンクの開発に成功した、そうです。この”必勝・不老不死ドリンク”は、まず脳細胞を飛躍的に増殖させ、記憶力、感知力を急速に高めます。老化を防ぎ、脳出血、脳卒中、心臓疾患等、中高年層におこりやすい病いを事前に抑止します。肌のシワやシミを消し、化下線文粧しなくても、綺麗に見えるようになります。開発担当者だった国営ジュース製造・販売会社社長の話よりますと、下水処理場の労務者たちに飲ませて、テストしたところ、効果テキめんだった、そうであります。
(R・H ?????)

「たかじんのそこまで言って委員会」国民調査
そこで皆さんにお伺いします。
“日本の政治は 今後どうなると思いますか?”
に、私は次ぎのように応えました。
「菅総理の露骨な“反小沢”の人事に、小沢が立腹し9月の代表選は混乱するだろう。
さりとて自民党には往年の威力はなく、国民期待のみんなの党も政権能力はなく、政治は波瀾万丈の時代に突入するのではないか?
“歴史は繰り返す” 国民は次第に絶対権力者を求めるのではないか」
 
これは、大哲学者・プラトンの危惧だ。   (T)

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
“落ち目の三度笠”
2010/06/07 [Mon]06:59
category:放言
 昨日のテレビ政治討論、寄ってたかって、“小沢一郎の攻撃”の終始は、聞くに見るに耐え難かった。
ただ一人、“サンデーモーニング”での福山大学教授の田中秀征のみが、冷静且つ客観的な論評をしていたのが印象的だった。一昨日、このブログで書いたように、確かに小沢に問題があったことは事実だが、功績があったことも紛れもない事実である。“落ち目の三度笠”とはよく言ったものだ。「惻隠の情」ならぬ可哀相になってきた。復権を祈るや切!
共産党の言い分は、紋切り型で聞かなくても分かっているが、自民党・石原伸晃の小沢批判も柔軟さがなく、同じことの繰り返しで執拗(しつこく)で、これでは自民党の支持率が上がらないのは当然だ。
 古い話だが、河野太郎の祖父の一郎も黒い噂が絶えなかったが東京オリンピックを成功させたし、これまた汚いカネまみれの噂の多かった田中六助元幹事長は、いまでも筑豊では救世主として尊敬されている。新しいところでは、昨年刑務所から釈放された村上正邦も、炭鉱閉山で荒廃した筑豊の復興に貢献したとして、田中と共に地元では神様扱いだし、私も尊敬している。(文中敬称略) (T)

『回転ドアのようにクルクルまわり続ける日本の政局、総理在任期間の短さが日本衰退の主因、菅新政権の長期化と安定策を望む、海外の見方』
 「回転ドアのようにクルクル早く回り過ぎるので、次の入場者もコケてしまう」と、米最大の経済紙、ウオールストリート・ジャーナル紙は、鳩山由紀夫前首相の退陣劇を形容し、仏AFP電は6月5日、政経両面で著しい”日本衰退”現象の主因が、トップ・リーダーの度(タビ)重なる交代劇にあると断じて、これが国内的には統治力の不十分、不徹底を招き、対外的にはグローバル社会での発言力、影響力を大きく低下させて来た、と酷評した。今日まだ日本が”世界第二の経済大国”の地位を保っていられるのは、終戦後、十年ちかく続いた吉田茂、高度成長を実現させた池田隼人、佐藤栄作、主要国首脳会議(G8)でもリーダーシップを発揮した中曽根康弘ら、各首相の寄与、貢献が大きいが、これらの各政権の共通点は、いずれも長期政権維持に成功していたコトで、”日本復活”のカギが次期政権の安定度、長期化にある、とする見方は当然、海外メディアに多い。

 あのバブル崩壊後、日本経済はデフレ、生産性低下、雇用不安などで、20年ちかく停滞、混乱し、一貫した経済”再生”政策がとられてい来なかった。この20年間に、ともかく3年以上、政権を維持し、郵政改革などに手をつけた政治家は、小泉純一郎氏しかいない。小泉氏の政界引退後は、とくに政界はヒドく、ここ僅か4年余の間に、お坊ッちゃま”世襲総理”ばかり、4人もコロコロと変わった。米ワシントン・ポスト紙は、この有様では「ただ内外に恥をサラす宰相ばかり産出した」と、酷評し、外国からすぐ”その名”を忘れ去られるような人物がトップになって、「キチンとした内外政策がとれなかったとしても、当然の成り行きだった」と、半ばアキれ返っている。

 それだけに”非世襲”で、”草の根”の隅々に目を配ってきた社会運動家出身、菅直人新首相の登場に寄せる海外の期待は、オバマ米大統領を筆頭にして、驚くほど大きい。近隣の中韓両国のマスコミのみならず、英フィナンシャル・タイムズ紙も、「願わくば、菅新政権が長期間、維持され、継続的かつ計画的で、安定した内外施策をとって欲しい」と、要望した。菅新首相が、これまで総理の権力さえ上まわっていた派閥領袖の影響力を排除しつつあることも、歓迎している。
(R・H)

テーマ:鳩山首相辞任・小沢辞任 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
“疑わしきは罰せよ”
2010/06/06 [Sun]06:38
category:放言
『政治評論家、政治部記者への”内閣機密費”分配問題に欧米の目が集中、麻生政権最末期の使途不明金2億5千万円の引き出しに詐欺、背任容疑の告発状』

 「政治評論家や政治部記者を”買収”するため、内閣官房報償費(内閣機密費)が使われた」と、”証言”した野中広務元官房長官平野貞夫元参院議員の暴露に、欧米各マスコミは異常な関心を示し、両氏の許や、こうした問題に詳しいフリー政治ジャーナリスト、上杉隆氏らの下に殺到していると、東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは伝えている。同紙によると、とりわけ自民党が惨敗した昨夏8・30衆院総選挙の直後、過渡期の麻生太郎政権末期の官房長官だった河村建夫衆院議員が引き出した内閣機密費、2億5000万円の使途不明問題について、内外の関心は高く、大阪市の市民団体、弁護士有志から東京地検あて、詐欺、背任などの容疑による告発状が提出され、同地検はこのほどこれを正式に受理した。東京地検特捜部が、この内閣機密費”不当(?)”流用問題を、捜査対象の一つに加えるか、どうかは、明らかにされていない。鳩山前内閣下でも平野博文官房長官は、その使いミチ等について、口を閉ざし続けている。欧米各紙には、「これが英米仏独などで起こっていたら、間違いなく大問題になっていたろう」というコラム記事などが散見される。

 上記・政治ジャーナリスト、上杉隆氏の調べによると、秘かに内閣機密費を”頂いていた”政治評論家の定期”頂き額”の御”相場”は、次の通りだ。細川隆一郎、竹村健一、藤原弘達三氏が各200万円ずつ、俵孝太郎、早坂茂三両氏が各100万円ずつ。朝日新聞をのぞく大新聞、大通信各社の政治部記者が”貰っていた”内閣機密費は、”単価”がズッと低く、一人当たり十万円単位とされている。
(R・H)
『これは国民の血税だ』論評の余地なし。“疑わしきは罰せよ”   
やじうま氏がコメントに書いているように、平野前官房長官は、河村元官房長官の2億5000万円ドサクサ紛れの使途の明細を公表するか、告訴すべきであった。民主も自民も“同じ穴の狢”と非難されてもしかたがないし、その後の政局に大影響を及ぼしただろう。ホンニ、平野はバカだ、否大バカだ。
    (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
菅新内閣は短命か?。
2010/06/05 [Sat]07:14
category:放言
 小鳩の突然の引退と菅新内閣の誕生は、“サア!一戦と、リングに上がってみたら相手がいなかった”と、野党の自民党始め新党は、茫然自失、拍子抜けでなかろうか。
昨日の民主党の代表選挙、無名の樽床伸二はせいぜい50票前後かなと私は思っていたが、129票とは大善戦だった。午後の本会議で菅内閣が誕生したが、官房長官・仙石由人、幹事長に枝野幸男に内定した模様だが、これは露骨な反小沢の人事だ。何れ大きな火種になりそうだ。
新内閣の前途は、内憂外患・波瀾万丈。外は普天間、内は財政と、実に厳しい多難と思われる。ただ一つの救いは、知恵者のいない自民党の体たらくだ。
愚者の私の想像では、参院選挙後、みんなの党を中心に政界再編がありそうだ。問題は、小沢一郎と小沢チルドレンの去就だ。

     『子ども手当は税金のバラマキだ』
インターネットで【少子化対策】を検索してみて下さい。厚生労働省から地方自治体に至るまで、官僚や役人がない知恵を絞ってビックリするほど法律やら条令、調査や対策を書いています。
一言で要点を述べると、「児童手当の増額」と「保育施設の拡充」「子育ての環境整備」に尽きます。
果たしてそれで子供を産みますかネ。否と言いたい。
若い女性は【経済的負担】【子育てよりも自分の生活を楽しみたい】【子育てに魅力を感じない】 ある40歳代の独身男性は「食べるのはコンビニがあり、洗濯はコインランドがあり、セックスはソープランドがある」独りでも何の不自由を感じない。寧ろ何の束縛もなくノビノビ人生が楽しめる。というのが現代の若者の代表的思考である。
江戸時代末期の日本の人口は5000万人だつたのが、日清・日露の戦争から大東亜戦争に至るまであれよあれよと1億3000万人になったのです。国家の政策『産めよ!増やせよ!』もありますが、戦争で戦死者が増え、人口が減るという動物の本能から自然発生的に出産が増えたのです。
少子化を最も恐れているのは財界です。労働人口と購買人口の減少は、過去のような経済成長が望めなくなるし、道路や港湾、飛行場からいろんな施設は不用になるからです。さりとて移民を受け入れたらフランスのように治安の悪化が心配です
 人口減少期は元禄時代のように文化は栄え、心が落ち着き犯罪は減少します。現在のように出生率の低下が進めば、経済成長は止まり、貧しくはなるが、人間らしい生き方ができるかもしれません。
人口増加するためには、戦争か革命か、はたまた恐慌で価値観の変化しかないと思われます。
逆説すれば、出生率の低下は平和のなによりの証拠ともいえます。(敬称略)  (T)
追伸。上記のように、菅新総理の仙石・枝野の起用は、露骨な小沢外しで、これは大きな火種と書いたが、案の定、R・H氏の今日のコメントによれば、小沢が立腹し秋の代表選に立つ模様。菅内閣は短命か分裂する可能性が出てきた。小沢が立腹すれのは当然だ。

テーマ:鳩山首相辞任・小沢辞任 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
大ショック。
2010/06/04 [Fri]07:52
category:放言
『20年後、日本は、お隣り中国の四分の一という国力で、その従属国になるかも?、コトもあろうに内閣府の発表』

 20年後の日本は、お隣りの”超大国”中国の四分の一という国力で、必然的にあの国の従属国になるかもしれない。こんなソラ恐ろしい見通しが、コトもあろうに”日、出ずる国”の総理大臣が直属下に置く内閣府から、このほど発表されたレポート「世界経済の見通し」のナカで、明らかにされている。

 このレポートは世界各国の人口増減や国内需要の先行きなどを想定して、試算した結果で、やはり眼を見はらせる国は中国だ。2000年代初め、年率10%以上の高さを誇った中国の経済成長も、2010年代には平均・年率9・1%、2020年代には同7・9%と弾き出されてはいるが、ナンといっても中国は面積が日本の26倍、人口が日本の14倍という”超大国”。いぜん人口は増え続け、国内需要も伸び続けて、世界の国内総生産(GDP)総和に占める中国GDPの割合は、拡大する一方だ。2009年末、世界のGDP総和に対し、8・3%に過ぎなかった中国GDPの割合が、2030年には、ナンと23・9%に跳ね上がる。
 他方、日本は少子高齢化などで、労働人口も減少のミチをたどり、経済成長率も下がりっ放し。2000年代前半の平均年率、1・4%が2020年代には同0・4%に低下する見通しだ、という。日本の世界GDP総和のナカに占める割合も、2009年末、8・8%だったモノが2030年には5・8%に落ちる。ちょうど中国の四分の一だ。米国の経済成長率も2000年代前半、2・4%あったモノが2020年代には1・6%に下がり、世界GDP総和に対する米国GDPの割合も、2009年末の24・9%から2030年には17・0%に落ちる、という。2030年には、つまり中国は日本どころか、米国も追い抜いて、世界一の”超大国”になっている、というのが、総理のおヒザ元、内閣府の結論なのである。
(R・H)
『恩を忘れたカナリヤは』
幹事長を辞めた小沢に対し、岡田、前原、野田、枝野達の反小沢グループ“川に落ちた犬を叩け”とばかりに、今日決まるであろう菅直人に、“小沢離れ”を詰め寄る姿は、情けなかったし見苦しかった。
何事もも紙に裏表があるように、功罪半ばするものだ。罪は徹底的に追求すべきだが、貢献度も認めるべきではないのか。それが人情というものだ。
たしかに、小沢前幹事長に大問題はあることは、私も度々書いてきたが、貧しい党の台所を鳩山前総理の母の浄財と共に賄ってきたし、民主党政権樹立の立役者であることも万人が認める事実である。
辞めたからといって、かくも手の平を返すとは、武士道の“惻隠(そくいん)の情”どころか、人道にも悖(もと)ると云わざるを得ない。その点、田中真紀子の発言は心を打った。
野党の人気のない自民党はさておき、ヌエ的存在の公明党、滅び行く社民党は別として、拳(こぶし)を振り上げ立党した渡辺、舛添、与謝野たちの行く末はどうなるのか。
7月の参議院選挙は、あらゆる意味において重大だ。結果には大いに注目したい。  (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
鳩山は小沢と無理心中?
2010/06/03 [Thu]07:49
category:放言
「鳩山、小沢と無理心中?」
 昨日の早朝私は、「鳩山内閣の功罪」で早期退陣を望むと書いて、食事のあと図書館に行く車の中で、総理の退陣の名演説を聞いた。実は31日、RH氏から又市社民党副党首の談話として1日か2日鳩山総理退陣というメールが入っていたが、私はマサカと思って、田中真紀子の談話の方を優先して昨日紹介した。
退陣の理由として、福島党首の連立離脱と「政治とカネ」を挙げていたが、そもそも、鳩山は徴兵制を唱える憲法改正論者で(1999年9月高崎市での講演)、社民党との連立は、“数の論理”の小沢一郎に押し切られた不本意なものだったのではないだろうか。小沢の手の上で踊るのに、彼のプライドが許さなかったのではないか、それとも嫌気がさしたのではないか?。
また「政治とカネ」にしても、長い野党生活で金欠の民主党の台所を支えたのは、子を思う母親の浄財と、ゼネコンの自発的な小沢への献金のように思われる。ただ二人の辛いところは、好意的にいうと使途を言えないことだ。
同じボンボン総理にしても、一人は潔く今期限りで政界を引退し、祖父の七光りで大学を卒業した一人は、未練恋々総理までしながら、ある候補者の選対本部長をしている。
次期総理は菅直人の呼び声が高いが、私は議員内閣制で仕方がないが、本来ならば河村たかしか橋下徹が適任だ。前にも書いたことがあるが、一歩下がって田中真紀子を総理にしたら如何なものか。彼女はアタマも良いしし決断力もあるし発想が斬新だ。  (T)
『鳩山由紀夫総理退陣の真相は”天下のヤミ将軍”小沢一郎民主党幹事長との”刺し違え”にあったのでは?、参院選での民主大敗は避けられるだろう』
 テレビ朝日などで報道番組を仕切っているフリー・ジャーナリスト、鳥越俊太郎氏は6月2日、民主党国会議員総会で、涙を浮かべて辞意を明らかにした鳩山由紀夫首相の退陣演説を評して、「一世一代の名演説」とベタほめしたが、すくなくともアト一ヵ月余りに迫った参院選における民主党の大敗は、避けられるだろう。朝ナマなどで高名な社会評論家、田原総一朗氏は「あの演説は一週間以上、時間をかけて練り上げたモノだ」とし、鳩山首相自身、率直に「十日ほど前から辞める気持ちになっていた」と、語っている。

 今回の鳩山総理退陣について、大マスコミの報道など、一般的な見方は、米軍普天間飛行場の沖縄県内移設決定と社民党の鳩山内閣離脱、さらに支持率10%台半ばまで下がった鳩山内閣の人気低落を原因にあげ、これを理由にした、民主党の実権者、小沢一郎同党幹事長と、輿石東同党参院議員会長による辞任要求に屈したモノと見る解説が多かったが、田原氏は「それは逆だ」と否定する。辞意を固めた鳩山首相が”政治とカネ”をめぐる問題をあげて、小沢幹事長に同様、責任をとり”同時退陣”を迫ったが、小沢氏が”辞めシブった”ので、二日がかりで説得し、今朝になって口説き落としたのだ、という。産経新聞の花岡信昭氏が、自分のブログに書いているように「鳩山総理が小沢幹事長と”刺し違え”した」というのが、最も真相に迫っているのでは、なかろうか。鳩山首相は、あの退陣演説で、米軍普天間飛行場の沖縄県内移設と、”政治とカネ”をめぐるスキャンダルを、鳩山内閣と与党・民主党が直面した二大問題として挙げたが、論点はむしろ後者の方に傾いていた、ように思う。

 鳩山総理は「任期が残っている今期は衆院の議席にトドまるが、次期総選挙には出ない」と、記者団に明言した。小沢一郎民主党幹事長に、ここまで言い切る勇気(?)があるだろうか。次期総理には、現副総理の菅直人財務相が選ばれる可能性が大きいと見るが、あの”天下のヤミ将軍”小沢一郎氏が、スダレの奥から”院政”を布かないよう、心から願う。タダそれだけが、菅・次期民主中心政権(?)による、日本政局安定と経済復興のカギと思うから・・・。

(R・H)

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
鳩山内閣の功罪。
2010/06/02 [Wed]07:42
category:放言
    『鳩山内閣の功罪』
功は、事業仕分けで、予算を密室から白日に晒され、国民に分かり易くなったことだろう。
罪は、何と云っても、財源の裏付けのない子ども手当と高校の無償化による税金のバラマキだ。少子化対策のつもりだろうが、決して出生率は、絶対といっても過言でないほど上がらない。(その理由は明日述べる予定)
民主党のマニフェストや演説や放言は、長い野党時代で情報が少なく、政権を取るための“絵に描いた餅”で、それ自体悪くはなく当然だと思う。問題は、政権をとってみて、恐らく聞くと見るとは大違いと思っているはずだ。“過ちを改めるに憚る事勿れ”。マスコミや野党の非難に屈することなく、堂々と胸を張って謝ることは謝って、公約を変更することだ。そうしないと、総理のシャベリ過ぎ以上に、素人の私がみても、日本の財政は破局に向かい重大な結果をもたらすだろう。総理は、福島党首に決断し解任したように、一日も早く辞めることだ。
私のブログも去ることながら、コメントは一読の価値あるものばかりだが、昨日の伴睦氏の情報には、驚天動地の衝撃を受けた。 (T)

『田中真紀子元外相、鳩山総理を滅多斬り、小沢幹事長ら同総理と再会談へ、沖縄「かりゆし」着用の閣議は県民の心を逆撫で恐れ?』
 スポーツ報知などが報ずるところによると、民主党の田中真紀子元外相は5月31日、講演会で、久々に毒舌を振い、鳩山由紀夫首相の”総理としての資質”を問題にした。社民党の鳩山連立内閣からの離脱については、「チャンと理念を合致させることもなく、連立したコト自体、あやまち」とバッサリ。米軍普天間飛行場の移設問題については、前言の”県外移転”という約束を守れなかった点で「あれは”公約”ではなかった」と弁明した鳩山発言を、「ナンセンスだ」と切り捨てた。鳩山首相は「支援者が多い」と、カン違いしていると、きめつけ、10%台半ばまで下がった鳩山内閣支持率がさらに下降する可能性を示唆した。

 鳩山内閣の閣僚間には、”今後も続投”を公言した鳩山総理の発言に同情的な大臣も少なくないが、国会議員間、とりわけ今夏・参院選を打って出る参院改選組は「鳩山総理の参院前・辞任」を望む声が圧倒的(高嶋良充筆頭副幹事長)で、6月1日の民主党役員会もこの問題で議論が沸騰し、輿石東同党参院議員会長が「二、三日中に鳩山総理の進退問題に結論を出したい」と、締めくくった。しかし6月4日に衆院本会議で、鳩山総理に対し、米軍普天間飛行場移設問題に関する質疑応答がかわされる日程になっている。小沢一郎党幹事長は輿石参院党議員会長らと、それまでに鳩山総理と二回目の会談を行う。

 6月1日の鳩山内閣・閣議は、事前の申し合わせに従い、大半の閣僚たちが沖縄の夏の正装「かりゆし」(アロハ・シャツに似た柄モノ・シャツ)で、出席したが、亀井静香金融・郵政改革担当相はネクタイ着用のフォーマルなスーツ、北沢俊美防衛相はノータイながらスーツ姿だった。前原誠司国交相は「かりゆし」スタイルながら、閣議後の記者会見で「いまさら、こんな姿で閣議すれば、悩み続ける沖縄県民の心を”逆撫で”する恐れがある」と、心配していた。
(R・H)

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
政局は混乱か?
2010/06/01 [Tue]08:31
category:放言
『鳩山首相の”軽挙妄動”は今夏・参院選に甚大な影響、しかし自民政権に戻るとは言えぬ、来年にも衆院総選挙?、加藤紘一元自民幹事長かたる』

 米ブルームバーグ通信が5月31日、報じたところによると、加藤紘一元自民党幹事長は、同通信記者との単独会見で、米軍普天間飛行場の沖縄県内移設、社民党の鳩山由紀夫内閣からの離脱以後の政局について、万一、与党・民主党中心の勢力が参院で過半数を割る敗北に追い込まれば、政局は混乱をきわめ、民主党政権は来年にも衆院解散に追い込まれる公算大との見通しを明らかにした。加藤元幹事長は、さらに次のように今後の政局を見ている。
(1)普天間飛行場移転問題で、鳩山首相は軽々した発言を繰り返し、日本の安全保障に大きな空洞をツクった。鳩山首相自身が辞任する以外、解決の方法はないのではないか。
(2)あの鳩山首相の”軽挙妄動”が今夏・参院選に与える影響は、物凄く大きいだろう。しかし、いますぐ自民党に政権を戻すところまで、行くか、どうか、国民の支持が回復しているとは、まだ言い切れない。
(3)参院選で民主党が大敗し、民主党中心の勢力が過半数を握れぬ事態になったら、強引な小沢一郎民主党幹事長は、与党提出議案のすべてを、同党が過半数を掌握する衆院に差し戻し、再議決、再議決というコトに出るだろう。しかし再議決を何度も繰り返していれば、政局は大混乱し、衆院は解散せざるを得なくなろう。来年あたり衆院解散の時機が来るだろう。
(R・H)
朝鮮半島の緊迫、ギリシャの財政破綻等々、国際情勢の目まぐるしい変化に対し、我が国では、参院選挙後、加藤紘一氏が言うまでもなく、民主党の敗北で政局は混乱するだろう。善し悪しは別として、そうなって一番困るのは国民ではないのか。
安倍元総理が指摘したように、諸悪の根源は、戦後レジューム(体制)即ち占領軍・アメリカが押し付けた憲法にある。口が酸っぱくなるほど何度もブログに書いてきたが、この目で見、この耳で聞いたのは、社会党、共産党は新憲法発布に際し、“軍隊なき国家は国家でない”と猛反対してきたことだ。戦中派の私が悲しく思うことは、社・共がいつの間にか豹変し平和憲法を守れを唱え、義務を等閑(なおざり)に、権利を追求する風潮を蔓延させたことである。
これもバカの一つ覚えのように、何度も述べてきたことだが、敗戦直後、占領政策の一環として、アメリカは「日本を殺すに刃物はいらぬ。3S政策だけでよい」と聞いたが、昨今のニッポンはまさにその通りになった。
今思えば、ある評論家(三宅久之氏?)が言ったように、福田内閣時代、民主党の若手の反対で実現しなかったが、福田・小沢会談が実現し戦後の諸懸案を解決すべきであったし、そうすれば、二人は歴史に残るだろうとも言っていた。賛否両論あるだろうが、一面の真理があるように思う。  (T)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ