プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
世にも不思議な物語。
2009/11/30 [Mon]09:12
category:放言
『孤独な中高年層の男をタブラカす”デブ専”7原則、”池袋の女”と”鳥取の女”との共通点』

 孤独でモテない中高年男性を、言葉巧みに「結婚する」などと言ってタブラカし、大金をセシめ取ったのち、次々に殺害して行った”東京・池袋の女”木嶋佳苗(34歳)と、”山陰・鳥取の女”上田美紀(35歳)との間には、そのほか重大な共通点がある。良く言えば豊満な肉体美を誇り、表面、優しく男性をモテナしていることだ。悪く言えば短身、かつ体重60キロ以上の肥満体で、嘘八百つき通しだった点である。

 東京の歓楽街、新宿・歌舞伎町には、体重100キロ以上の肥満女ばかりホステスにした”デブ専”(デブ女が専門)キャバクラが存在するが、いつもモテない中高年男で満員の盛況だそうである。週刊朝日は最近刊号で、諸・有識者(?)の意見をまとめて、女が”モテない中高年男を釣る”七原則を、次のとおり挙げた。

 (1)ブスに徹し、もっと太れ。AV映画でも、痩せた「ガリガリ」より、太った「デブ」の方が、客の需要大。
(2)可愛い小熊のようなチョビ・デブよりも、口が馬鹿でかいカバのような「バグ」顔の大デブになれ。歌舞伎町の”デブ専”キャバクラでは、百貫デブがよくモテる。
(3)見るからに腹ペコ風の中高年男を狙え。肉体的にも精神的にも”オイしい料理”にありつけない中高年男は、脂肪分タップリのデブッチョを”食べたがる”。
(4)不景気な時ほど、モテない中高年男は、よく釣れる。好況時なら男は美女にも憧れるが、不況時は、取り組みやすいデブ女で満足する。
(5)目立ちたいなら、デブになれ。歌舞伎町の”デブ専”キャバクラは最近、100キロ未満の女の子は”不採用”と決めた。
(6)表面、ダラシなく見せる工夫をせよ。モテない中高年男は、キチンとした”美女”より、ダラシない醜女に安堵(アンド)する。
(7)デブ女は、男にとって安心と信頼の象徴だ、という信念を持て。以上の総マトメでもある。モテない中高年男は、スタイル抜群な美女には、怖くて近寄れない。

   (R・H)

世にも不思議な事件だが、殺された?男性の共通項は、写真を見ると、小金は持っているが、見るからにモテナイ、体も貧弱な感じがする。その上、インターネットに詳しく、平素は自宅にこもりがちな陰気な男性ではないだろうか?男性全員に言えることは、栄養剤といえば、疑いもなく口にすることである。昨日の「たかじんのそこまで言って委員会」は、最近の事件の特集で、オブザーバーに元刑事、検事に、医師計4人によるものであった。最近の警察官の質の低下の原因の一つに、昇進試験を指摘していたが、いくら捜査に熱心で検挙率がよくても、試験に合格しない限り昇進しないそうである。
素人の私がみても、最近の大きな五つの事件は、完全に初動捜査の誤りであることは、明々白々である。   (T)

テーマ:出会い系サイト - ジャンル:恋愛

  COMMENT(2)
国技の危機と男の美学。
2009/11/29 [Sun]08:28
category:放言
『ガラ空き大相撲九州場所を観戦の米人ファン、”国技”の行く末を悲観、日本人上位力士の少なさが最大の問題、とブログで指摘』
 ガラ空きの大相撲九州場所(11月15-29日)を見た米人相撲ファンが「日本の国技も衰退の極み。その行く末を考えると、夜もろくろく眠れない」と、このほど米本国のブログ、Carmudgeon’s Corner に投稿した。この米人角力愛好家は Dan と名乗り、西日本居住者らしい。1990年代後半、約五年間、毎年、九州場所で通訳や英語解説などもやったことがある大ファンで、角力界で、これまで犯されてきた暴力的指導や大麻吸引事件、さらには八百長疑惑などを、大相撲衰微の原因として挙げている。

 しかし、Dan氏が憂える最大の問題点は、大相撲・幕内・上位陣が外人勢に占められ、プロレスのように”国技”色を失いつつあること、日本人若者が角力界に魅力を失い、諸相撲部屋に入門しなくなったことだ、と力説している。Dan氏の思い出では、日本人の横綱は2000年代前半の場所を最後にして、その後はダレ一人、現れていない。現在、横綱はモンゴル人、2人に占有され、その一人は故双葉山以来の年間最多勝チャンピオンになろうとし、もう一人はいずれ帰国して、故国の政治的リーダーになろう、と志しているという。大関も、日本人で九州出身者の一人は下位に”陥落”必至となり、もう一人は30代後半に入ろうとしている。Dan氏は、極めて暗澹(アンタン)たる気持ちで、連日、大相撲を観戦しているそうである。
(R・H)
米人の指摘は尤もだ。後半、朝青龍は怪我のため崩れたが両横綱に、日本人力士は全く刃が立たない。その上、腹が立つには、懸賞のスポンサーもバカだよ。外人に持って行かれると分かっているのに、横綱戦には多くの懸賞を付けている。
昨晩、後輩のH氏から突然のフグの贈り物に、八女の銘酒『繁桝』で舌鼓みをしたが、それに水をさし、大変残念だったのは、贔屓にしている魁皇が負けて勝ち越しができなかったことだ。相撲史上第二の記録を上げ、第一位が目前に迫りながら足踏みする姿に、寄る年波には勝てないものだと、切歯扼腕の思いだ。、
来場所、新記録を打ち立て日に、惜しまれながら引退すべきだと考える。 また男の美学でもある。 (T)

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

  COMMENT(1)
自民党の再建は、解党的出直し以外途はない。
2009/11/28 [Sat]08:41
category:放言
『失墜するばかりの”野党”自民党、看護協会も離反、公明党が参院では民主党に同調して中小企業金融モラトリアム法案に賛成、新党名「和魂党」、「大和魂党」等の珍案』
 ”野党”自民党の権威は失墜するばかりで、11月26日には”落日”を象徴する出来事が二つおこった。その第一は、日本医師会と並ぶ医療界の大組織、日本看護協会の離反である。従来、自民一辺倒だった日本看護協会が突然、離反し、来夏の参院選は看護師たちの”自主投票”にまかせるコトにしたのだ。実は、同協会の”子組織”で政治団体の日本看護連盟が独断で、来夏・参院選・比例代表候補として、前日本看護協会常任理事、高階恵美子氏(45歳)の推薦を決め、自民党本部もこれを受け、高階氏を党公認候補として認めた。このことを26日、”親組織”の日本看護協会に通知したところ、異論続出で、容認せず、自民一辺倒返上とあいなったのである。

 第二は、麻生太郎・自公連立政権まで”連立与党”だった公明党が、”下野”した今日、100%、自民党と同調するワケではない、という事件である。公明党は26日の中央幹事会で、鳩山由紀夫現内閣提案の、中小企業に対する融資返済猶予(モラトリアム)法案について、近日中に開かれる参院本会議では、現与党、民主党、国民新党などに同調して、賛成側にまわり、同法案成立に協力する方針を打ち出した。実は、さる11月20日の衆院本会議で、同法案採決の際は”昔の仲間”自民党に同調して、本会議場から退席、棄権して、反対の意向をしめした。ところが、中小企業者に会員が多い創価学会等から、これに反発する声が湧き上がり、山口那津男・公明党代表は「考え直す」よう迫られた、といわれる。

 谷垣禎一新総裁下の自民党は、伊吹文明元文科相を議長代理とする政権構想会議を設け、来年一月下旬の党大会提出を目標にして”自民党再建構想”を練っているが、ここでナンと「自由民主党」という党名に”拒否反応”が出ているとして、党名改称プランが持ち出された。その場かぎりの珍名かもしれないが、新党名の案に「自由新党」、「和魂(ワコン)党」、「大和魂(ヤマトダマシイ)党」など、出るわ出るわ。やっぱり自民党で行こう、というのがまだ大勢のようである。同会議でほぼ意見の一致を見ているのは、次の三理念だけで、従来とそう変わりがない。
1)資本主義体制を円滑に機能させる。(2)議会制・民主主義を堅持する。(3)社会の秩序・安定を確保する。     (R・H)
マスコミのどの社の世論調査でも、内閣支持率は60%を越えているのに、与党ボケしてうるのか、見苦しくも、自民党は依然として、鳩山総理の政治資金記載漏れを執拗に質問し続けている。民主党に贔屓して言うわけではないが、このカネは、母親が息子可愛さで出しているカネで他意はなく、決して汚れた邪なカネでないことは、素人の私でも分かる。
昨日、谷垣総裁は初の福岡入りをしたが、地元有力紙・西日本新聞は。さしたる成果はなかったと報じている。「太郎会」会員を除く、自民党の有力支持者のTさんやKさんでさえ、自民党の再建は、解党して出直す以外に途はないと嘆いている。 (T)

テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
銀行の横暴。
2009/11/27 [Fri]09:05
category:放言
『不況下でも三大メガバンクの銀行員は、平均年収、40歳以上で1000万円以上』
 「40歳になったら、年収は軽く1000万円を越える」--ワーキング・プア(貧困労働階級)の人々が聞いたら、怒り心頭に発するような収入を得ているのは、銀行・金融界、とりわけ三井住友、三菱UFJ、みずほ の3フィナンシャル・グループ(三大メガバンク)の社員への給与である。東京首都圏で発行されている夕刊フジが、このほど報じたところによると、三大メガバンクはリーマン・ショック後の世界金融危機などを無事、乗り越え、破綻救済のため政府から投じられていた公的資金も全額、返済して、各社員一人あたりの平均給与は、今年3月決算期で、二年前の2005年3月期よりも、年収で三井住友が194万円増、みずほが69万円増、三菱UFJが58万円増となった。今年の夏冬両ボーナスは、三大メガバンクとも、昨年同期より平均5%ぐらい多く貰っている、という。地方銀行は、三大メガバンクほどではないが、やはり給与等は上がっている。2009年3月決算期における有価証券報告書から見た、ベスト・10・銀行員の平均年収は以下のとおり。

<1>三井住友フィナンシャル・グループ=1301万円(41歳)。<2>三菱UFJフィナンシャル・グループ=1135万円(42歳)。<3>紀陽ホールディングス=1059万円(46歳)。<4>みずほフィナンシャル・グループ=1055万円(40・2歳)。<5>中央三井トラスト・ホールディングス=1002万円(41歳)。<6>りそなホールディングス=958万円(42・2歳)。<7>新生銀行=945万円(38・3歳)。<8>ふくおかフィナンシャル・グループ(旧福銀)=932万円(43・7歳)。<9>あおぞら銀行=912万円(39・7歳)。<10>静岡銀行=814万円(40・2歳)。
(R・H)
 “人のフンドシで相撲をとって”いながら、即ち、預金者にはタダのような利息、借り手には高い利子で儲けていながら、最近は預金や両替にも手数料をとる銀行まで現れ、、己の経営の不始末から、少しおかしくなると公的資金に泣きつきながら、高い給料をとるとは何事か。腹が煮えたぎる。 銀行協会か多額政治献金をもらっている自民党ならイザ知らず、政権交代した民主党は、徹底的にメスを入れるべきだ。 昨日、博多でのある会合で、私のブログが話題となり、毎日書いているのに絶賛された。地方の無名のブログに、しかも文章に、毎日200~300のアクセスがあるとは見事だとも言われた。
今朝、遅くなったのは、マウスの調子が悪かったからだ。  (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
「自民の自主再建は不可能か?」その他。
2009/11/26 [Thu]07:16
category:放言
『公開の予算事業仕分け作業が案外、好評で、鳩山内閣支持率が逆上昇し、62・5%』
 産経新聞とフジ放送ニュース・ネットワークとが今月21、22両日、全国・約1000人の成人男女に世論調査した結果が、11月23日、公表された。今回は前回、10月17、18両日、行われた世論調査よりも、鳩山由紀夫内閣への支持率が1・6%も逆上昇し、62・5%の高率を回復した。産経側は、平成22年度予算案・概算要求の査定を、従来のように”密室”の財務省まかせとせずに、形式的にせよ、民間人もメンバーに加えた、行政刷新会議による公開の「事業仕分け」作業で進めているコトが、国民に好感を持って迎えられた結果と、見ている。

  事実、この公開による来年度予算案の「事業仕分け」については、「行政の無駄排除に役立つている」が88・7%、「こうした透明な作業を毎年おこなうべきだ」が85・2%、「”脱官僚”の政治主導を続行すべきだ」が50・2%に、それぞれ上った。他方、斎藤次郎元大蔵事務次官の日本郵政新社長起用など、”天下り”人事の”継承”には反対が60・0%であった。また鳩山内閣の優先すべき事業としては、景気振興策を望むモノが25%を越え、そのためには群馬県長野原町・八ッ場ダム建設中止の撤回など、とくに総選挙時の民主党公約にとらわれないでよい、とする声も過半数に近かった。
 
 政党支持率は、民主党支持が若干、下降しながらも39・7%を占め、自民党支持の17・3%を二倍以上、引き離している。その他の政党支持は公明党が4・5%、共産党が3・2%、社民党が3・0%、国民新党が0・9%だった。より具体的に「来夏の参院選に与野党どちらを選ぶか?」という問いに対しては、民主中心の与党への投票が64・3%で、自公など野党への投票は27・2%に過ぎなかった。
(R・H)
『「カツマー」こと経済評論家、勝間和代さんが挙げる美容”四大秘密”』
 「カツマー」の愛称で、たびたびテレビの時事番組に登場し、すでに単行本10冊以上、計200余万部の一般向け経済解説書を著している経済評論家、勝間和代さん(40歳)=中央大大学院客員教授=の、もう一つの特徴は、数ある男性の政治家、実業家、評論家たちを、圧倒(?)する、あの美貌である。勝間さんは中等部から大学までは慶応育ちで、早大大学院で学位を取った。公認会計士試験には23歳でパスした俊才だが、離婚歴は既に2回。現在は独身で、3人の女の子を育てている。軟派インターネット通信のアメーバ・ニュースが、このほど勝間さんに、その美貌の由縁を訊いたところ、次の美容”四大秘密”を打ち明けてくれた。

 (1)美の師匠を見つけて学ぶ=相談できる美容のプロを見つけ、絶えず最新の美容情報を入手する。”美女”たちと付き合って、美のコツを学ぶ(マネる)。
(2)美容の「生産性」を上げるよう、常に意識する=せっかくお金と時間をかけて、美容を整えたのだから、効果良く、持続できるよう、努力する。
(3)ヒマな時間には、できるだけ鏡に向かい、お化粧して、美をたもつ習慣を身につける=美は継続してこそ、みんなに注目される。美容グッズを肌身はなさず、手が空いたトキには、お化粧する。
(4)自分の魅力をかもし出す他の手段と、組み合わせ、美をたもつ=例えば素敵な微笑を絶やさないこと、肌のツヤをいつも生き生きさせていること等、お化粧した顔をさらに美しく見せる組合せを考えておく。
(R・H)

『2億5千万円』のマスコミのキャンペーン、民主党の院外キャンペーン如何では、自民党の支持率は壊滅的に暴落をするのではないか?。
最近、私自身、民主党に疑問を持ち初めているが、自民党の鳩山総理に対する歪(いびつ)な攻撃には嫌気がさした。この調子では、益々奈落の底に落ちてゆくだろう。自民党に猛省を促す。  (T)

テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
こんな日本に誰がした。
2009/11/25 [Wed]08:28
category:放言
公金・2億5千万円の行方が気懸かりな方は、昨日のRH氏のコメントをお読み下さい。
21日、千草ホテルで開かれた『九州太郎会』は、予想通り、当日2億5千万が発覚したにも拘わらず、悪(わる)びれもしない太郎前総理の時事放談の後、代表世話人・タカミヤ(株)高宮社長の長い挨拶、重藤商議所会頭の乾杯で宴会に入り、世間の不況や落選して途方に暮れる前代議士を尻目に、物凄く盛り上がったそうだ。(T)

『在日永住・韓国人の日本帰化希望が大幅に減る、日本の国力衰退と韓国の地位向上のセイか、高麗大日本研究センターの調査結果』

 韓国最大の有力紙、朝鮮日報は11月19日、ソウルの名門校、高麗大学日本研究センターによる在日永住・韓国人、502人に対する面接調査の結果として、在日二世、三世を問わず、78・3%までが、今後も韓国籍のまま、日本で「仕事を続けたい」と答えた、という主旨の記事を載せた。逆に日本に帰化して、日本国籍を取得したいという在日永住・韓国人は21・7%に過ぎず、1995年の37・0%(駐日韓国大使館調べ)、2000年の24・9%(大韓居留民団調べ)と比べ、大幅に減少している。この日本帰化・希望者の激減は、バブル崩壊後に見られる日本の国力、とくに経済力の衰えに危機感を感じ、逆に韓国の地位向上、とりわけその産業発展に誇りを感じた結果と、同紙は見ている。

 ただし、この高麗大日本研究センターの調査結果は、我が国・法務省の統計結果とは、かなり矛盾している。日本の法務省の調べによると、2003年から2009年までの間、毎年、各約1万人ぐらいの、在日韓国人ならびに同朝鮮人(北朝鮮系が主)の日本帰化申請が認可されている、という。

 高麗大日本研究センターの調査によると、在日永住・韓国人で、長年月、日本に住んでいても、公私とも韓国名のまま押し通している韓国人あるいは朝鮮人は、2000年で13・4%だったが、2009年には、その二倍にちかい25・4%に増えた。近年、来日し、そのまま永住権を取得したニュー・カマーが韓国名のまま暮らしていることと、日本における”韓流ブーム”で韓国名の方が幅を利かせると判断したことから来る、と同センターは見ている。

 韓国・外交通商部の調べによると、日本での永住権を取得している朝鮮系は、韓国人(大韓居留民団側)が約48万6000人、朝鮮人(北鮮系の朝鮮総連側)が約6万2000人で、そのどちらにも属さずに、ただ国籍を「朝鮮」とだけ申告している人が約3万人である。日本への帰化者は、この最後の国籍「朝鮮」を名乗っていた人に、いちばん多いそうである。
(R・H)
 “さもありなん”老翁の私でさえ、日本の現状を思うとき、将来が心配で心配で堪らないのだから。枕元に、三田誠広の『釈迦と維摩小説維摩経』と『西行月に恋する』に置いて併読している。  (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
公金横領か?
2009/11/24 [Tue]08:26
category:放言
 たった1日だけで2億5千万円引き出した事件は、大きな波紋を呼び、昨日、ペンネーム・やじうま氏やRH氏から激しい憤りのコメントを頂いた。(参照されたし)
またインターネットの出来ない知人8人に、ブログを印刷して配り、3人にお会いした。
3人とも怒り心頭に発し、異口同音に“これは公金横領だ?”と言って怒っていた。
総選挙惨敗の興奮冷めやらぬ2日後に、例え内閣機密費とはいえ、こんな大金を一度に、引き出せば、公金横領とか詐欺だドロボーと疑われても仕方がない。
昨日、RH氏のコメントによれば、歴代内閣はほぼ1年間、12億円足らず、ところが麻生内閣は、14~16億円使っているようだ述べている。
 この問題で猛烈に腹が立つのは、事件そのものもさることながら、鳩山総理と河村前官房長官の発言だ。
総理は、「前政権下のことであり、根掘り葉掘り調べる立場にはない。支出した方が直接説明するのが一番の真実で正しい情報だ」と述べ、前官房長官は、“政権にある立場でないので、お答えする立場ではない。使途は非開示だ”と述べた。
総理は、政治資金記載ミスで、“脛に傷”があるから腰が引けているのではないか。しかし、それとこれとは別の問題だ。これは国民の血税だ。英断を振るって追求すべきではないか。総理は私財を、金欠の民主党の政治資金に使ったのであって、カネそのものは黒い邪(よこしま)ものでないことは、誰もが認めるところである。勿論、記載ミスは褒められたことではない。
  

CM お中元に北九州名産・手作りの味『ヤギシタハム』は如何ですか。値段は勉強します。(T)

テーマ:内閣機密費 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
続報!2億5千万円の行方。
2009/11/23 [Mon]09:11
category:放言
 一昨日(21日)の読売新聞の社会面トップで、内閣機密費が空ッポだと報じた
04年度から各内閣とも、平均、月1億、年12億円使われてきた。
それが総選挙の2日後の9月1日、大惨敗のゴタゴタの中、たった1日だけで、2億5千万円が国庫から引き出されていた。当時の麻生総理も河村官房長官もバカだよね!。
新内閣が発足する15日までに、少しずつ引き出せばよかったのに、一度に、2億5千万円の大金を引き出せば疑われるのは当然だ。
私は、ドサクサ紛れの“ドロボ^-の山分け”のような気がしてならない。摩訶不思議なのは、こんな重大問題を、日曜日の「報道2001」は採り上げたが、NHK「日曜討論」でも、田原総一朗の「サンデー・プロジェェクト」でも一言も言及しなかった。
奇(く)しくも、報道された当日、八幡・千草ホテルで太郎前総理出席の下、『九州太郎会』の北九州懇親会(代表世話人は釣り具で有名なタカミヤの社長)が開かれた。“下司(ゲス)の勘ぐり”だが、その費用は機密費か?出席者の政治献金?でないだろいか。これから先は私の想像だが、中川昭一の弔辞のなかで顰蹙(ひんしゅく)をかったような自慢話と、小沢批判に終始したのではないだろうか。
 『天網恢々(てんもうかいかい)疎にして漏らさず』これまた、奇しくも同じホテルでほぼ同じ時間帯、知人が誕生祝いをしていた。 
一昨日のRH氏のコメント、ユーモアがありました。また昨日、今日旅行のためコメントはお休み。  
お歳暮の次期がきました。北九州名産『ヤギシタハム』を格安で世話をしています。   (T)          
                                                

テーマ:内閣機密費 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
“火事場のドロボー”麻生内閣。
2009/11/22 [Sun]08:38
category:放言
『8・30衆院総選挙で自民惨敗直後、当時の麻生政権が通常月の二倍半、2億5000万円の内閣機密費を、使途不明のまま引き出す、国会で問題化必至か』

 TBSニュースは11月20日夕、いま国会やジャーナリズムで話題になっている内閣官房報償費(いわゆる内閣機密費)について、今夏8・30衆院総選挙で、当時の与党、自民党が惨敗したにもかかわらず、その二日後の9月1日、当時の麻生太郎政権が使途不明のまま、2億5000万円を引き出していた、と報道した。内閣機密費は大概の場合、使途は明らかにされないが、通常、月平均・1億円ぐらい支出されるのが慣例で、”政権交代”がハッキリした、この時期、なぜ”退陣確実”の麻生内閣が、通常月の二倍半という巨額を引き出したか、今後、その使用先き、使用目的等が、国会で問題化するのは、必至とみられている。

 8・30総選挙の自民惨敗後、二日目に起こった、この巨額の内閣機密費引き出しは、TBSなどの調べによると、支払い責任者の内閣府会計課あてに、当時の河村建夫内閣官房長官の名で、支払い請求書一枚につき5000万円、計・五枚で2億5000万円の引き出しが要請され、即刻、小切手等で支払われている、という。この問題は、同日の衆院内閣委で、日本共産党の塩川鉄也議員も取り上げ、平野博文現官房長官に実態説明を迫ったが、同長官は「河村前官房長官に聞いてくれ」とかわした。
 
平野現長官は、内閣機密費についても、河村前長官から事務引き継ぎがあったとし、”政権交代”後、鳩山由紀夫新政権も二回にわけて、各6000万円ずつ、計・1億2000万円を引き出し、使用したコトは認めているが、使途等については明らかにしていない。
(R・H)

麻生内閣は、9月1日、たった1日だけで、2億5千万円という大金を機密費として、国庫から引き出したと、昨日のマスコミは報じていたが、私は窃盗のような気がしてならない。
新内閣が誕生した15日まで少しずつ引き出して、それが、合計2億5千万円というのであれば、分からぬではない。ドサクサ紛れの“火事場のドロボー”のように思うのは私だけだろうか。民主党も徹底的に追求すべきだと思う。今朝の、“報道2001”で石破茂がこの問題に言及していたが、“盗人猛々し”かった。
昨日(21日)、地元・千草ホテルで、アホ太郎出席の下、『九州太郎会』があったが、自民党惨敗の謝罪を言っただろうか?。また、故中川元財務相の弔辞のなかで、自慢話をして顰蹙をかったように、また、ベランメー調で自慢話をしたのではないだろうか。本人も去ることながら、ご説ご尤もと聞いている出席した経営者の顔が見たかった。  (T)

テーマ:内閣機密費 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
「角を矯(た)めて牛を殺す」
2009/11/21 [Sat]08:27
category:放言
塩野義製薬、『セックス持続時間を5倍に延ばせる早漏防止薬の開発に成功』

 米ブルームバーグ通信が11月20日、報じたところによれば、我が塩野義製薬は、米国に所在する子会社、サイエル・フォーマを中心に研究を進めていた、男性の早漏防止薬の開発に成功した。同社は長年、改善につぐ改良を重ねていた同薬を、米国、カナダ、ポーランドなどで、早漏の男性256人にテストした結果、被験者ほぼ全員の証言から、これまで”早すぎたセックス”の持続時間を、約5倍に伸ばせるという結論を得た。大半の被験者が「性の喜びが何倍も増大した」と語っている、という。今後、各国政府の認可の下に、市販されるが、もちろん男性の2割以上が早漏患者だという、日本が大市場になることは、間違いない。このセックス持続時間を5倍にする早漏防止薬は、現在、米サンディエゴで開かれている北米性医学会総会に報告され、万雷の拍手をもって歓迎された。米性医学界の権威、スタンレー・E・アルトホフ教授は「世紀を画する大開発だ」と、語っている。     (R・H)

昨日のRH氏のコメント『第二の性革命 女性の性欲昂進剤「ブリバンゼリン」』にあるように、開発・成功と科学が日進月歩進んでも、特に日本人が自然の摂理に反してセックスはしない、、結婚はしない、子供は産まないではどうしようもない。と、人口減少が続いているが、オポチュニスト(楽観主義者)は、明治のはじめは5千万人だったのだから心配ないというが、贅沢な豊かな生活をしてきたいまの若者が、江戸時代のような自給自足の貧しい生活ができるかどうか。少子化で年金があるかどうかも分からないし、道徳は乱れ凶悪犯罪は多発している、こんな世の中に誰した。間もなくお迎えがくる私の時代までは心配ないだろうが、老婆心ながら日本の行く末が心配だ。杞憂だろうか。
この原因は、結婚して子供を産めば、家庭に縛られ、金銭もままならず、己の人生がが楽しめないという、金銭万能、物質崇拝という刹那的思想の横行ではないだろうか。
 未婚の熟年女性に聞くと、たくましい頼りがいのある男性が少ないという。女性の社会進出で、ダンプやバスの運転手まで女性がなる時代。その上、チョット体を触ったりエッチな話をしたら、セクハラと訴えられる時代、男性が萎縮して女性化するのは当然だ。
 手術に失敗したといって直ぐ告訴されるため、外科や産婦人科医師が少なくなり、命に別状もなく深夜たたき起こされることない眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科に、若い男性医師の卵が殺到しているという。  (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
“昔の光、、今いずこ”
2009/11/20 [Fri]09:18
category:放言
『日本の”問題病”、「シンデレラ症候群」と「中年童貞」、増えるばかりの男女・独身』

 日本の悩み、少子高齢化の一主因は、男女の晩婚化、独身化にあり、とりわけ男性では、働き盛りの30-40代になっても、異性の肌を知らぬ「中年童貞」が激増している、といわれる。”いい年”になっても、結婚どころか、同棲もしない「童貞」、「処女」たちのコトを、最近、精神医学界では、「シンデレラ症候群」患者とも分類している。「シンデレラ症候群」は、パソコン、DVD,インターネットなど、IT文化がめざましく発達してきた結果、電波上の映像や動画などに出て来るヒーロー(男)、ヒロイン(女)に”理想のパートナー像”を見出して、現実の恋愛をタナ上げし、幻の世界に恋人を追い求める病いでもある。IT文化の発展は、こうした「シンデレラ症候群」患者を、むしろ右肩上がりに増やしつつあるのだ。

 「シンデレラ症候群」という”病名”は、もちろんドイツの民話研究家、ヤコブ・グリムが集めた童話のナカから来ている。この童話の主人公は、孤独な心やさしい少女で、彼女が夢で見た”白馬に乗った王子”に憧れ続けるハナシだが、現代は男性も、英シェークスピア悲劇の主人公、ハムレットのごとく、幻想の世界に、絶世の美女、オフェーリアを思いえがき、中年おそくまで結婚しない男性が多い、という。

 「中年童貞」は、「ニート族」、「ハケン(派遣)族」、「ワーキング・プア」らに多いが、「シンデレラ症候群」患者は、下流階層に限られた話ではない。「シンデレラ症候群」患者には、医師、弁護士、IT技術者などの高収入組も少なからず、いる。高収入組は保健・衛生観念にも富んでいて、”汚い(?)”風俗街などには踏み込まない。AVビデオや、エッチ系ゲームで、性知識にも性技術にも通じている。「変なオンナにつかまるよりも、”自主的に”処理しよう」としているようだ。性風俗研究家、土方敏良氏らが最近、「シンデレラ症候群」に関する著書をあらわし、隠れたベスト・セラーにもなっている、というが、政府や学界による体系的な対策は、いまなお打ち立てられていない。
(R・H)

私たち戦前生まれには想像もつかない。女性の性は、受身の性だからしなくてもよいだろうが、(独断か?)、男はそうもゆかない。
昭和32年、売春禁止法が施行されるや、私もそうだが、友人の多くは、慌てて結婚したものだ。また当時の青壮年は、売春が合法化されていた韓国や台湾に行った。ご多聞にもれず、私もある団体で台湾に行った。当時の台湾や韓国は、日本の遊郭の雰囲気とシステムがそっくりで、朝まで付き合ってくれたものだ。
現在は、ソープランドやファッションヘルスの風俗の店があり、性のはけ口があるし、現代の若者は、“性の自由化”で相手に不自由していないようだ。だって、昔は想像もできなかったが、淑やかな女性すら、男性をホスト・クラブに買う時代だもの。
今は亡き知人は、“セックスは風俗があり、食べ物はコンビニがあり、洗濯はコインランドがあり、独身でも不自由しない”と言っていた。
私は昔から少子化対策は、意識改革・価値観改革以外に途はないと言い続けてきた。子供手当なんて“焼け石に水”、国費の無駄遣いだ。  (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
高いボーナスに見合う活躍を。
2009/11/19 [Thu]08:28
category:放言
『国会議員のボーナス、削られてもまだ高い?、新人でも186万円、諸特権つき』
 衆参両院事務局は、国家公務員と同様、来月10日、衆院480人、参院242人の国会議員に対し、ボーナスが支給されると、発表した。世界的な不況にともない、国家公務員なみに減額され、国会議員の場合、昨年冬より約6%の減となるが、それでも前年比、平均13・8%減という民間企業の社員に比べると、ズッと多い。

 夕刊フジ等の調べによると、現任・参院議員と、在職のまま昨年夏、8・30総選挙に立候補して当選した”二回生”以上の衆院議員とは、一人あたり約310万円、ボーナスがもらえる。元議員の復活組や、新人で当選した衆院議員は、一人あたり約186万円もらえる。考えようによっては、新人の場合、衆院での活動が四ヵ月たらずで、これだけのボーナスを頂けるのだから、好待遇といえよう。

ある意味では当然の処遇とも言えるが、夕刊フジの国会議員の収入、特権は、次のとおりである。
(1)ボーナスをふくめた歳費(給与)=年間・約2229万円(課税)。
(2)文書、通信、交通、滞在の諸費=毎月・約100万円、一年(計)約1200万円(非課税)。
(3)公設秘書3人までの人件費=計・約2000万円(税金は公設秘書各個人が支払う)。
(4)議員宿舎=赤坂など、東京都心一等地に、3LDKの豪華宿舎が用意され、その家賃は毎月わずか約10万円。
(5)議員事務所=国会議事堂横。ほとんど家賃なし。
(6)JR年間パス=在来線、特急、新幹線ともグリーン車で、乗り放題。
(7)航空券=月・4回往復は無料。
(R・H)>

外交、防衛、安全保障etcに関心のある方は、ペンネーム・伴睦氏の昨日のコメント「日米同盟の展望」をお読み頂くとともに、「田中宇(さかい)」を検索して下さい。少し長いし難解ですが、格調高い。
明日から二、三日、砕けたブログを書く予定。
気が付いたら、アクセスが180、000突破していた。この調子では、年内200、000突破は夢でない。   (T)

テーマ:議員って? - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
映画『沈まぬ太陽』を見て。
2009/11/18 [Wed]07:16
category:放言
 昨日、日本航空・JALをモデルにした山崎豊子原作『沈まぬ太陽』の映画を見た。
中曽根大勲位もテレビで絶賛していたし,知人や、妹も褒めていたので愚妻と見に行った。
噂に違わず、手に汗を握る迫力さがあった。特に、520名の命を奪った御鷹巣山墜落事故の墜落寸前の機内の様子は、臨場感溢れ、しばし目を逸らし見ることができなかった。
 体育館に安置された棺に泣きすがる遺族の描写は、当時を思い出させて見るに堪えなかった。
労使の激しい団体交渉の場面は、大学予科3年の時、学部、専門部を含めた全大学の自治会の委員長に選ばれ、外資導入反対の学長との団体交渉が彷彿と思い出され身につまされた。
映画の筋は、組合幹部の二人の動向に絞られ、一人は責任をとらされ外国勤務になり、一人は組合をバックに出世街道を走る。その間、不正や汚職が描写され、次第に衰退する姿が描かれている。
現在、JALの経営危機が問題になっているが、この映画を見て“さもありなん”と思った。何となれば、信賞必罰のない“親方日の丸”の国策会社からだ。それに加え、人口が減るというのに、静岡、神戸、北九州、佐賀をはじめ多くの空港を造った自民党政治の弊害が吹き出た感がする。前原国交相は勇断を振るって、JALの破産を決断すべきだと思う。
これを見て、卑近な第三セクター・コムシティの破産は当然だと痛感した。映画の後、友人のOさんから、午後の大前研一と夕方からの田中秀征の講演会を誘われたが、夜の部は丁重にお断りし、大前の講演は聴いたが、よく聞き取れなかった・  (T)

『本人7人が焼死した韓国・釜山市の実弾射撃場ツアーは統一教会がらみ、「赤旗」の報道』
 韓国・釜山市の実弾射撃場で11月14日、発生した火災で焼死した日本人7人のツアーは、原理主義的な”霊感商法”や”合同・大結婚式”で有名な、世界キリスト教統一神霊教会(いわゆる統一教会)が、カカワっていたコトが、このほど判明した。これは日共機関紙「赤旗」が特ダネとして11月17日、報じたモノで、死亡者のうち6人の30代男性(長崎県雲仙市の元中学同窓生)は、島原鉄道観光経由で、韓国行きのチケットなどを購入していたが、この島鉄観光は、韓国観光あっせん大手のハッピー・ワールドに、同ツアーの日程、観光先、宿泊先などの手配を、すべて委託していた。このハッピー・ワールドという会社が、統一教会の一大事業部門だった、というワケである。

 ハッピー・ワールドは、彼ら雲仙市の元中学同窓生らが釜山到着後、ガイドから「日本では味わえぬ実弾射撃を試みましょう、スリル満天です」と、日程表にない実弾射撃場を案内され、あの不慮の事件に遭遇した、という。ハッピー・ワールドは、福岡市にも九州支店を持つが、本社は東京渋谷区内。資本金は22億6000万円。筆頭株主の前社長、古田元男氏は統一教会の日本における事業活動・責任者でもある。
  (R・H)



テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  COMMENT(2)
新党結成、大賛成。
2009/11/17 [Tue]07:06
category:放言
『”二番底”不況と来夏・参院選をにらんで、小沢一郎無任所相兼任提案と、国民新党、新党日本、平沼グループ三者統合による新党結成の動き』
 日本経済は戦後史上、51年ぶりというデフレに襲われ、鳩山由紀夫内閣の対応が鈍いと、来年早々にも”二番底”不況が訪れる、という厳しい情勢になっているが、11月国会のさなか、政局を揺るがしかねない大きな動きが二つあった。第一は、内閣の政務と与党・民主党の党務とを分けた鳩山由紀夫、小沢一郎の”双頭支配”をタナ上げし、小沢一郎氏を党幹事長在任のまま、鳩山内閣に入閣させ、無任所相に任じて、党ー政府間のパイプを、よりスムースな小さい文字文字色モノにしようという提案である。第二は、亀井静香金融・郵政担当相を代表とする国民新党と、田中康夫衆院議員(前長野県知事)が代表の新党日本と、さらに加えて平沼赳夫元経産相(保守系・無所属)が率いる「平沼グループ」との三者を統合して、年内に所属国会議員、13人の新政党を結成させよう、という動きである。
(1)『小沢民主党幹事長・兼任入閣の提案』これは、かねてから民主党・小沢派の一部にあった考え方だが、”小沢チルドレンの優等生”とさえ呼ばれている秀才(?)、達増(タッソ)拓也・岩手県知事(元外交官、岩手1区から当選4回の元衆院議員)は11月16日、記者会見で、政府、与党の一元化が”焦眉の急”になって来たとして、鳩山首相は内閣改造を断行して、小沢一郎氏を党幹事長在任のまま、鳩山内閣に入閣させるよう要請した。閣内における小沢氏の処遇は、政府・党関係調整にあたる無任所相とすべきだ、と提案しているが、閣内、党内には、そうなれば、むしろ”小沢寡頭支配”が強まるとして、反対の空気も少なくない。
(2)国民新党、新党日本、「平沼グループ」三者による新政党結成の動き=下地幹郎・国民新党政調会長の助けを借りた亀井静香同党代表の動きが最も積極的で、これに田中康夫・新党日本代表がほぼ同調している。平沼赳夫氏は「もう少し考える時間を与えて欲しい」と、言っている。これら三者による新党結成案が、”二番底”不況対策と、来夏の参院選を睨んだ動きであることは、ほぼ間違いない。民主党が来夏の選挙で、参院でも単独過半数を制する場合、現在の鳩山連立内閣が民主一党単独内閣に切り替わる可能性もあり、それも視野に入れているのかもしれない。亀井静香氏が日常的に連絡を取り合っている、という小沢民主党幹事長は、来夏の参院選後、大規模な政界再編も念頭に置いているといわれ、年内・統合を目標とする三者合同・新政党はその”拠点”になる可能性もある。週刊現代近刊号は、早くも「ポスト鳩山の次期総理は亀井静香?」という記事を載せた。
(R・H)
一昨日、テレビでの石破総務会長の偉そうな発言を聞いていると、空々しいし空しかった。それなら何故、麻生バカ内閣のとき、農水相の辞表をだして総理に諫言しなかったのか。そうすれば、こんな不様な負け方はしなかったはずだ。また何故、総裁選に立候補しなかったのか。“巧言令色鮮(すく)なき哉、仁”    彼は卑怯だよ。
 
 民主党のチェック機関として、また民主党の受け皿として、国民新、新党日本、平沢グループとの新党結成には大賛成だ。願わくは、それに、みんなの党と河野太郎グループを加えるべきと考える。 何となれば、自民党は再建不能と思われるからだ。    (T)

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
ご存知ですか?
2009/11/16 [Mon]08:47
category:放言
インターネット上で、ご婦人のノー・ブラ運動が進む、ブラジャーによる御胸元しめ付けが乳ガンの発症を招く心配から』

 世のすべてのご婦人に対し「ブラジャーを胸にあてる時間を、少なめにオサえなさい」とか、「せめて就寝時はノー・ブラで床につきましょう」とか言った書き込みが、間断なく各大手インターネット網の投稿板に書き込まれている。こうした”ノー・ブラ運動”は、”胸元の自由”時間を、タップリ取ることによって、心身ともにノビノビさせ、健康を保つというのが、主理由だが、その背景に「ブラジャーによる胸元しめ付けが、乳ガンを発症させやすい」と言った一部・日米欧医学界の学説が存在するコトは、否定できない。

 1991年、米ハーバード大・大学院公衆衛生学教室が、この「ブラジャー締め付けによる乳ガン発症」説を発表して以来、日本でも大妻女子大、国際仏教大などの一部学者、研究者が同様の論文を発表してきた。乳ガンは第二次大戦前まで、欧米社会特有の”文明病”とみられていたが、戦後、米軍の進駐、日本の先進国入りなどにともない、我が国の衣食住生活も次第に”欧米化”し、それに比例するかのように、日本にも乳ガンが拡がり、現在、数十万の患者が患い、死亡者も出ている。戦前は、日本女性は大部分、和服で、その下は肌着(襦袢)を身につける程度だったが、いまやほとんどのご婦人がブラジャーを着用し、一部下着メーカーの統計では、日本女性の31%がブラジャーを付けたまま寝る、という。

 乳ガンを恐れたノー・ブラ運動を活発化させた、最大のキッカケは、人類学的・医学者を自称するシドニー・ロス・シンガー、ゾマ・クリスメイジャー夫妻の著書「死にいたるブラジャー締め付け(Dressed to Kill)」が、世界的なベストセラーになったことが大きい。同夫妻は1990年代前半、三年間、ニューヨークなど全米五都市で、成人女性4730人の健康状態を診断、調査した結果、以下のように表示した。

   ブラジャーの着用時間  乳ガンの罹患率 
(1)24時間        女性4人に3人
(2)12時間以上      女性7人に1人
(3)12時間未満      女性152人に1人
(4)まったく着けない人   女性168人に1人
  (ノー・ブラ主義者)

 別の言い方をすれば、ブラジャーを着けたまま寝るような女性は、ノー・ブラ主義者の120倍ー130倍も乳ガンに罹りやすいと言うコトになり、この表示は全米を震撼させた。全米対ガン協会や国立保健衛生院などは、即刻、シンガー=クリスメイジャー学説を否定したが、その後、仏ブザン大、スウェーデン・ルンド大両医学部の医学者たちはシンガー=クリスメイジャー学説の肩を持つ「ブラジャー着用時間・短縮化」説の論文を、発表している。
(R・H) 

和食が健康に良いのは、常識になっているが、和服も健康によいと云われ出した。
 洋服は上記のように、ブラジャーを着け、ウエストを締め、パンティを履き体全体を締め付ける。
ところが、和服は、パンティの線が見えるというので、原則的には、美的からでも、下履きは付けない。その上、風通しが良いので、健康にも良く、風が吹いて裾がめくれたら恥ずかしいというので、歩く姿が淑やかになるし、柳腰になって魅力が倍加する。多情な私は和服姿のご婦人を見ると、運転中でも振り返る。 
 男でも女でも寝るときは、締め付けるパンツやパンティを脱いでスッポンポンで眠るのが、健康に良いのは常識である。    (T)     



テーマ:生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル:ライフ

  COMMENT(2)
円満な男女の営み。
2009/11/15 [Sun]07:51
category:放言
『日韓両国に多い男性の”早漏”患者、適齢期男子の27%が以上が”早漏”とあって、韓国では治癒・改善運動はじむ』
 愛するムスコを、彼女のアソコに挿入して、両性の快感が絶頂、オーガズムに達して、男性が精液を発射するまで、人類の平均・所要時間は7分以上というのが、世界の通説だが、そこまで達せずに、”ピストン運動”たった10回前後、所要0・5-2分で逝ってしまう”早漏”患者は、世界的に少なくない。とくに韓国では、大衆経済誌、マネー・トゥデーが「韓国は世界一、”早漏”の多い国ではないか?」と、読者に疑問符を投げかけ、国民的な(?)”早漏”治癒・セックス改善運動を展開し始めた。我が国の性医学界権威者によれば、海峡ひとつ越えた隣国、日本も同じような”病弊”に悩まされており、早急な対策樹立が望まれている。

 韓国のマネー・トゥデーによれば、成人男性の”早漏”率は地域平均で、中東が12・4%、ヨーロッパが21-22%、米国、中南米、濠州が各26%で、これに比べると、韓国は27・5%と高い。同誌の分析によると、韓国の高”早漏”率は、高度経済成長、輸出急増進など、あの国全般の工業化、近代化を急ぎ過ぎた”パリパリ文化”(早くやってしまえ文化)の影響大で、加えるに狭い家屋で、一つ屋根の下、多数の家族が起居し、互いに気配りしあう生活環境にもよる、という。

 同じコトは、隣国・日本にも言えそうで、東京中心部のある泌尿器科医院院長は、年齢18-25歳間の若年・適齢期男子、約30人を診断、統計をとった結果、挿入から射精まで、ナンと平均2・6分という結果が出た。我が性医学者の中には、日本人の”早漏”患者は全男性の約40%を占める、という人もいる。米国の大手製薬業者セロトニン社の調査によれば:----
      早漏(射精まで3分以下) 軽い早漏(同4-6分) 完全(同7分以上)
日本人   65・1%        31・7%        3・2%
米国人   18・8%        48・9%       32・3%

 上表は、すこし誇張気味と思われるが、最近は亀頭クリーム、同スプレー以外にも、欧米ではフルオキセチン、セルトラリンなどの”早漏”防止・飲用錠剤が売り出されている。とくに、ダボキセチンは最も効果的な”早漏”治療剤といわれ、米、独、伊、オーストリア、北欧三国では、医者が患者に奨めている、という。
   (R・H)

「サンデー毎日」11月22日号。『 50代の性』熟高年の男女、一読の価値あり。
日経に数日前まで連載「甘苦上海」を書いた高樹のぶ子と、「炎情」を書いた工藤美代子の対談である。高樹は、1945年生まれのバツ2.工藤は1950年生まれのバツ3,共に脂ぎった熟年だけに、身につまされし読み応えがある。 恥を晒すようだけど、もよもとスケベーが、歳とってりアッチの方が役に立たなくなると、口スケベーに輪をかけてきた。(文中敬称略)  (T)

テーマ:大人の恋愛 - ジャンル:恋愛

  COMMENT(1)
民主党の善戦?。
2009/11/14 [Sat]08:18
category:放言
『鳩山内閣への支持率が54・4%に急落、時事通信の世論調査、今なお政党支持率首位の民主党は来夏参院選で単独過半数獲得の構え』
 
時事通信社は11月6日から四日間、全国2000人の成人男女に個別面接形式で世論調査した結果、鳩山内閣への支持率が急落し、前月(10月)の調査より6・2%も落ちて、54・4%になった、と報じた。逆に同内閣への不支持表明は、前月より7・2%ふえて、22・8%になった、と伝えている。斎藤次郎元大蔵事務次官の日本郵政・新社長起用など、一連の”天下り”容認人事や、米軍普天間飛行場移設問題等をめぐる閣内不統一、鳩山由紀夫首相自身の虚偽献金記載問題などが影響したモノと、同通信は見ている。鳩山内閣支持の理由としては、「政策が良い」、「総理を信頼できる」が、それぞれ前回どおり15%以上だったが、「総理にリーダーシップがある」という答えは、前月から半減して5・4%に下がっている。

 この時事通信調査によると、政党支持率は、民主党が前月より1%減って28・4%、自民党が同2・4%減って15・3%、公明党が同1・2%増えて4・7%となった。共産党は2・1%、社民党は0・9%、「みんなの党」は0・5%、国民新党は0・2%の各支持率を得た。来夏の参院選比例代表の投票先きは、今のところ民主党が33・6%、自民党が15・6%だった。”望ましい政権”の形としては、現状どおり「民主中心の連立」が24・9%で、いぜん最多であり、「民主単独」が18・6%、「自民中心の連立」が12・0%、「自民単独」が4・5%だった。「民主=自民の”大連立”」を望む声は16・5%だった。

 民主党は、こうした情勢を背景にして11月12日、全国47都道府県連の幹事長会議を東京で開き、来夏の参院選に向け、民主・単独過半数議席獲得への体制ずくりを進めることで、意見一致した。選挙の最高責任者、小沢一郎同党本部幹事長は随時、地方行脚を続けており、先日は和歌山県・高野山を訪れ、本堂をお参り後、松長有慶・真言宗高野山派管長(全日本仏教連合会会長)らと懇談した。    (R・H)

私は、予算委員会のもたつき答弁からみて、内閣支持率は30~40%かなと思っていたが、54.4%とは大善戦だ。これは事業仕分けなど予算編成に透明性の高さが国民に受けているからと思われる。
 実は『たかじんのそこまで言って委員会』が“今国会で「許せない」ことは何ですか>”の国民調査に、90%の論客が、【個人参政権・外国人住民基本法の制定に、怒りの声をあげている。報道によれば、民主党は小沢幹事長に一任しているようだが、彼自身が賛成のようだ。
私は、この法律のメリット・デメリットと、何故今なのか、全く分からない。誰か教えて頂きたい。
もし“天下の悪法”なら、民主党に309議席を与えた麻生バカ内閣の責任は重大だ。口が酸っぱくなるほど云うが、日本語の読めない総理、解散時期の誤り、麻生下ろしの腰砕けさえなかったら、例え負けても15.60議席は獲っていただろ。それでは、たとえ小沢幹事長といえども、ゴリ押しはできなかったと思われる。陳情は一括、幹事長室で行うことは、自民党の兵糧攻めだ。次期総選挙まで4年間自民党はもつのかナ。  (T)

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
さて!日本はどうなる。
2009/11/13 [Fri]07:26
category:放言
『年末に向け中小企業、個人企業の倒産が増える、大企業の倒産は減る』

 鳩山新内閣の発足と、主要20ヵ国・経済サミット(G20)の協力が効いて、東京株式市場一部に上場されているような大企業の倒産は減ったが、皮肉にも中小企業、個人企業の倒産は、年末に向け、雪ダルマ式に増えつつある。東京商工リサーチの調査結果では、この10月、全国で負債額1000万円以上になり、倒産した企業件数は、前年同月比、マイナス11・7%減の1261件だったが、資本金1000万円以下の中小企業、個人企業だけは、前年同月比、プラス5・0%増の642件に増えた。これら倒産した中小企業、個人企業には、各種小売業、サービス業が多く、これは一般市民の消費びかえ、資金繰り難などが響いたモノとみられている。鳩山内閣が打ち出そうとしている中小企業金融の緩和策などが、事態をどう好転させるか、注目されているようだ。判明した地方別では:---

 (1)神奈川県=大企業は堅調を取り戻しつつあるが、中小企業、個人企業の倒産は10月、前年同月比、プラス21・4%増で、倒産件数68件、負債総額166億7700万円だった(東京商工リサーチ横浜支店調べ)。
(2)千葉県=中小企業、個人企業を主にして、10月の倒産件数は前年同月より2件も多い390件、負債総額は44億8400万円。一件の負債額が1億円以下の”小規模倒産”が多かった(同リサーチ千葉支店調べ)。
(3)京都府=中小企業、個人企業を主にして、10月の倒産件数は47件。負債総額は40億5000万円。前月・9月より倒産件数が3件、多く、負債総額は二倍ちかくに増えている(帝国データバンク京都支店調べ)。
(4)熊本県=10月は、十三ヵ月ぶりに倒産が10件を超えて、12件。ほとんどが小売り、サービス関係の中小企業、個人企業。負債総額は10億7600万円(同データバンク熊本支店調べ)。

(R・H)

今朝の読売新聞によれば、不景気で節約志向が増え『自宅での飲み派』が86.2%に達したと報じている。不思議なのは、不景気、不景気と云いながら、高級車が何と多いことか。
それは、小泉・竹中の市場原理主義の郵政改革により、中産階級が姿を消し、5%以下の富裕層と圧倒的な貧困層とに格差が増大したことではないか。ただ貧乏といっても、戦前と異なることは、戦前多いかった乞食が姿を消し、多少のホームレスはいるものの、多くの国民は風雨を凌ぎ愉しく生活をしている。それはネ、敗戦後、現在の熟高年の人たちが“欧米に追いつけ追い越せ”とばかりに死に物狂いで働いた蓄えがあるからだ。
 心配性の高齢の私が気懸かりなことは、少子高齢化が進み、その上、資源の少ない日本で休日が多く勤勉性は失われ、教育が乱れていることだ。何れ貯蓄を食いつぶす日がやってくるだろう。さて!その時、国民はどうするのだろう?。(T))

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
貧すりゃ貪(ドン)する。
2009/11/12 [Thu]07:22
category:放言
『野党・自民党は立党以来の財政難、「モチ代」、「氷代」は打ち切り、党本部は縮小、朝飯会はお握りかサンドイッチ、農政連も自民離れ』
 8・30衆院総選挙で惨敗し、議席数を約180議席も減らした野党・自民党は、その減員分だけ、政府からの政党支援金を減額(約53億円減)されたため、同党立党以来の財政難におちいっている。全国の各小選挙区ごとに置かれた同党区支部の支部長になっている衆院議員に対し、自民党本部はこれまで、夏(通称「氷代」)、冬(同「モチ代」)2回、政策活動費として各、300万円ずつを支給していたが、資金難から今冬以後、打ち切ることにした。「氷代」、「モチ代」は合わせて、年間、総額12億円以上に上るので、その復活は今後も困難とみられている。このほか財政難の自民党は、次のような経費”緊縮”策をとろう、としている。

(1)党本部職員180余人の給与を、10%-20%、カットする(すでに一部実施)。
(2)党本部の機構を縮小し、本部職員を一割程度、人員整理する。
(3)会合費などを節約する(すでに政策研究の朝飯会の食事は、従来の箱ずめ弁当からお握り、サンドイッチに代わっている。党本部トイレットの手ふきペーパー・タオルや紙製の便座用シートは外された)。

 一方、かつて自民党にとって、民間からの”資金源”であり”得票源”でもあった業界団体の”自民離れ”は、日を追うごとに進み、日本医師会、同歯科医師会に続いて、全国農業協同組合中央会(その政治団体が農政連)も、従来の「自民党一党のみ支持」体制を見直し、組合員の自主投票にする方針に転換した。農協の性格からいって、与党・民主党への票の”移動”が、今後、各地で起こるのではないか、と自民側から心配されている。   (RH)

この原因は何度も述べるように、麻生太郎を総裁に選んだことと、麻生下ろしが腰砕けになった自民党の自業自得である。
午後2時からのNHKテレビでの『天皇即位20周年式典』の放送は、目を凝らして見て心より祝福する予定。   (T)

テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
小沢フォーラムの案内。
2009/11/12 [Thu]07:07
category:放言
小沢一郎応援団の皆様へ

いつも大変お世話になっております。
本日は「第57回小沢一郎政経フォーラム」「政治塾」のご案内をさせて頂きます。
>
政経フォーラムとは、1年に4回開催している勉強会です。

第一部の「勉強会」では、各界で活躍する著名人にご講演いただき、
第二部の「懇親会」では、小沢一郎代議士を囲んでの立食形式パーティーとなっております。

◆◆◆『第57回 政経フォーラム』のご案内◆◆◆

日時:12月15日
第一部「勉強会」11:30~ 第二部「懇親会」12:30~
※ 開始時間がいつもと異なっております。
講師:日本総合研究所会長 寺島実郎 先生

会場:ANAインターコンチネンタルホテル東京(港区赤坂1-12-33)
会費:20,000円

※当日は、小沢一郎代議士と写真を撮る時間がございますので、
ご希望の方はカメラをご持参下さい。

《参加申込みを開始》
◆お申込み方法◆
小沢一郎ホームページ https://www.ozawa-ichiro.jp/support/seikeiforum.htm

ご案内状の準備ができ次第、ご郵送させていただきます。

私はは行きたくても、手元不如意につき、行けません。ご希望の方は私の名前で申し込みます。 (T)

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
電撃的訪朝か?
2009/11/11 [Wed]07:26
category:放言
『小沢一郎民主党幹事長の参院選前・北朝鮮電撃訪問を夕刊フジも報道、韓国亡命中の黄長カ元朝鮮労働党書記の日本招致は見送り』

 東京首都圏で発行されている夕刊フジは11月6日、民主党の小沢一郎幹事長が来夏の参院選挙を前にして、北朝鮮を電撃的に訪問して、日本人拉致被害者の帰国問題等を話し合い、なんらかの解決をはかるのではないか、との情報を、一面トップで派手に報じた。夕刊フジによると、この小沢訪鮮計画は、九年前、北朝鮮と国交を樹立し、ピョンヤン首脳との間に、独自のパイプを持つといわれる英国の協力下に、着々と進められ、さる九月おこなわれた小沢幹事長の訪英も、実は小沢氏側と北朝鮮担当者との接触が主目的で、秘密交渉がかなり進んだため、小沢氏は二日間も滞英を延ばした、報ぜられている。

 一方、中井洽国家公安委員長兼拉致問題担当相が、わざわざソウルに飛び、その訪日を要請していた黄長カ助ア元朝鮮労働党書記(反金正日総書記行動で韓国亡命中)の日本国会への参考人招致・出席問題は、11月5日夜、急に見送ることになったと、政府筋から明らかにされた。胡錦濤・中国国家主席のピョンヤン訪問以後、北朝鮮側が態度をやわらげ始め、米国との二者協議のほか、日韓両国も含めた六ヵ国協議にも復帰の可能性が出て来たため、とみる見方が多い。
(R・H)

もし以上が実現し拉致された人たちを連れて帰ってきたら、小泉元総理の突然の訪朝で、爆発的人気が上がったように、、来年の参議院選挙は民主党大勝利に終わるだろう。
今回の衆院選挙でみせた奇抜な小沢チルドレンの発掘のように、、訪朝が実現するかもしれない。そうなれば、熱狂的国民の人気の前に、献金疑惑が吹っ飛んでしまうだろう。
自民党も、小沢幹事長に肖ろうと、谷垣総裁は、自身のポスターを張り巡らし、全国行脚をはじめたが、果たして柳の下にドジョウがいるのかな。民主党は鳩山総理が万一失脚しても、菅直人、岡田克也が総理になり、折角とった309議席を守るため任期一杯解散しないだろう。そうなると、一年間3400万円の歳費と秘書三人ついてた落選した議員が、次の選挙まで4年間もつのか。
ただ“政治は一寸先は闇”といわれるように、何が起こるか分からない。何度も言うように、国民に活力を与えるため、自民党の反省と奮起を祈るや切!。  (T)

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
「内憂外患」民主党。
2009/11/10 [Tue]07:09
category:放言
『「年末にかけて日本経済は厳しくなる」と鳩山首相、福島瑞穂大臣を”自殺者対策担当相”に、大企業でも冬季ボーナスは前年比15・9%の減、過去最大の下げ幅』
 「日本経済は年末・年始にかけて、厳しさを増して行く可能性がある」と、鳩山由紀夫首相は11月6日、参院予算委で与党議員の質問に答弁し、早急に対策を立てる必要性を力説した。鳩山首相は”派遣切り”の増加や、失業率の上昇を心配しており、自らを本部長とする緊急雇用対策本部を立ち上げ、別名”派遣村”村長といわれる湯浅誠「自立生活サポート・センター」事務局長を内閣参与に任命し、ホームレス対策などに当たらせることとした。さらに、激増を予想される自殺者対策のため、担当大臣として、福島瑞穂消費者担当相の兼任も命じた。福島”自殺者対策担当相”は、ただちにNPO法人「ライフ・リンク」の清水康之代表や、”自殺研究”で有名な本橋豊・秋田大医学部長ら5人をメンバーとする「自殺対策戦略チーム」を編成し、初会合を開いた。
鳩山首相は、14兆円にも上った麻生前内閣当時の公共事業中心・補正予算を大幅削減したため、土建事業などの労働需要が減ることを知っており、その代わり、介護事業の拡充、農林業労働の需要増、生活保護のワク拡大等を打ち出しているが、現在の同内閣手持ち基金、7千億円ぐらいでは、仕事を拡げ、雇用を充足させるワケには行かない、とする見方が強い。今年すでにリストラや”派遣切り”などで、前途を悲観した自殺者は9月末までに2万4846人を数え、今年末までには昨年の自殺数、約3万人を突破して、縁起でもない新記録をつくる恐れが多分にある。

 ”派遣ではない”正規社員のボーナスも、今冬はここ十年来、最低額になるのではないか、といわれている。大手企業の連合体「経団連」の調べでは、大企業でさえ、今冬のボーナスは過去最大の下げ幅で、平均・前年比マイナス15・9%の減となる。とくに対米、対欧などの輸出依存型だった製造業の冬季ボーナスはマイナス18・5%減で、とりわけ自動車メーカーの冬の賞与はマイナス22%減、電機メーカーのそれはマイナス19%減となっている。
 この”収入減”がピンと現れているのは、東京、大阪などのサラリーマン、キャリアウーマンの昼食の取り方で、IT業者のセガが携帯電話で男女会社員、約12000人に問い合わせたところ、実に53%の人々が外食、社食(社員食堂利用)せずに、自宅から弁当持参と答えてきた。外食組、社食組であっても、60%までがランチ代、500円以下のファーストフードを食べる、と返事してきた。
(R・H)
民主党は政権を執ったものの、自民党・麻生政権の尻ぬぐいはあるし、普天間移設、日本郵政などの“天下り”人事、総理の政治資金虚偽記載問題など難題が山(三)積している。
ツラツラ思うに、可哀相な気もするが“嵐は強い樹を作る”何としてもこの難局を切り抜けなければならない。恐らく内閣支持率は30~40&に下落すると思われる。、とはいっても、今の調子では、自民党の支持率は上がらないだろう。
RH氏がコメントで“麻生も鳩山も同じアナのムジナで、一人は下品な金持ち、一人は上品なブルジョア”と書いたが、“一人は日本語の読めないバカ総理、一人は、東大理系の少しだけアタマの良い気取りや総理”とは、陰の声。   (T)

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
「警察の怠慢」と“セックスの注意”。
2009/11/09 [Mon]07:18
category:放言
『中高年カップルの方々よ、久しぶりの営みに興奮して、一過性全健忘症(TGA)におちいらぬよう、英デーリー・テレグラフ紙』
 「いい年をして、久しぶりに異性と交わり、天にも昇るオーガスムを味わうと、その途端、失神し、最近の出来事を全部、忘れてしまいます。夫婦の営みも、老いを覚える晩年は、くれぐれも注意して、やって下さい」

 こう警告を発しているのは、米ハーバード大医学部で性医科学を担当しているルイス・キャプラン博士で、少数例ではあるが、オーガスム絶頂時に、中高年カップル、とりわけ快感がより優る(?)”熟女”、”老女”がとりつかれやすい、一時的な記憶喪失症に注意をよびかけた。医学上、一過性全健忘症(Transtent  Global
 Amnesia, TGA )と呼ばれている症状である。

 TGAは、性行為で血流が大量に下半身にマワるため、脳内で言語、記憶、聴覚などをツカサどる側頭葉の血がカラッポちかくになり、機能が低下して起こる突発的、一時的な症状でもある。ふつう安静に身を保っていれば、24時間前後でモトの状態に回復する、という。TGAにとりつかれヤスいのは、ふだんから外的な刺激に敏感なストレス性で、頭痛持ちの人に多いらしい。

 英デーリー・テレグラフ紙は、上記・キャプラン博士の警告を引用しながら、最近、米東海岸に住むスコット(59歳)、アリス(51歳)”熟年”夫妻間に起こった小事件を報じた。それによると、夫、スコットさんは米軍関係の仕事をしていて、毎年、三分の一以上を海外に出張している。そのためか、たまたまスコットさんが帰宅した際、何カ月ぶりかでベッドを共にし、激しく営んだ。オーガスム絶頂時前後には、妻、アリスさんは身体を何度もネジらせて絶叫。その瞬間、スコットさんの胸に取りすがったが、そのまま失神。スコットさんが救急車を呼んで、大病院に運びこみ、緊急手当てして貰った結果、妻の症状は、夫がいちばん心配していた脳卒中ではなく、TGAとわかり、翌々朝にはアリスさんも正気を取り戻した。ただし、あんなに良かった、あの夜の出来事は忘れたままで・・・・。

 その前、TGA症状下にあった24時間、なにもかも最近のコトは忘れてしまって、現大統領の名はオバマでなくクリントン、米軍出動の海外戦場はアフガニスタン、イラクではなく、ベトナムと言い続けたそうだ。
(R・H)

昨日のRH氏のコメント『“池袋の女”と“水飴を買う女”』は、明治の作家・小泉八雲、岡本綺堂の作品の紹介で、よく勉強しているなとホトホト感心した。当然といえば当然だ。何となれば、むかし国際ジャーナリストとして活躍した腕前だから。
池袋の事件といい、鳥取の事件といい、警察の捜査はどうなっていたのか。捜査の基本は疑ってかかることではないのか。初動捜査に重大な誤りがあったように思われてならない。
“親方日の丸”の怠け心が、警察にまで及んだと思うと慨嘆に堪えない。
明日から政治批判を書くかな。    (T)   

テーマ:婚活のすべて - ジャンル:結婚・家庭生活

  COMMENT(1)
「死の婚カツ」に思う。
2009/11/08 [Sun]09:20
category:日記
『結婚詐欺、連続殺人の34歳デブッチョ女は、猛烈な”麻生太郎ファン”、秋葉原での麻生太郎集会へ行って”男釣り”』

 インターネットの既存”出会い系”サイトを、フルに利用するばかりか、自分のホームページやブログ「さなえのキチン」を立ち上げ、孤老の金持ち老人や中年独身男性を”釣り上げ”、結婚詐欺を繰り返し、総額一億円ちかい大金をパクったのち、お相手を6人以上、あの世に送っていた34歳の女、すなわち北海道最果ての生まれで、東京・池袋の高級マンションに住み、最高級ベンツを乗り回していた東洋大中退の木島佳苗は、意外にも猛烈な「麻生太郎ファン」だった。これは、10月30日夕刻から、2ちゃんねるの投稿版に相次いで現れている書き込みである。

 詳しいコトは、すぐ消去されたりして分からないが、麻生太郎前総理がYouTube,「僕の動画」など、聴視者投稿の動画サイトに、自分の動静を映したビデオを送ると,佳苗シャンはすぐ自分の下半分の画像や、自作の動画を送りこんで、”麻生作品”と同時上映(?)させていた由。今夏まで東京・秋葉原の電機街などで開かれていた麻生太郎前総理”出演(?)”の集会には、必ず出席し、最前列にスワって、拍手、喝采していたとのコトである。

 佳苗シャンは背も低く、体重65キロを越えるデブッチョで、誰が見ても”美人の逆”を行くオンナだそうだ。彼女もアキラメていて、イケメン若者など、初めからパクリ相手としては脳裡になかったらしい。麻生太郎シャンのスタイリッシュな存在や、あの保守的な考え方に憧れる中老以上のオトコを”釣る”つもりでいた、ようだ。それも世間知らずか、世間と”没交渉”になっているオタク型・男性が、カネをパクって、あの世に送るお目当オトコてだった、という。それに持って来いの場所が、太郎シャンお好みの東京・秋葉原のパソコン街だった、というワケである。

 ただネチズンとか称せられるインターネット通の間では、かねてから佳苗シャンはその”悪名”が鳴り響いていて警戒されていた、というアングラ・ニュースが飛び交っている

(R・H) 

東京での交際男性6人の不審死、鳥取での3人の不審死に思うのは、男は何とスケベーか、そして健康に効くクスリといわれれば、疑問をもたず直ぐ飲むのか。驚いたのは、70歳分別ある老人が7000万円もの大金を、何故騙し取られたのか。殺された方には悪いが、常識がないような気がする。
分別ある中高年の男性が、性に関する事件を起こして、逮捕や免職や休職になることが跡を絶たないが、どうしてソープランドで処理しないのか不思議でならない。
三寒四温ではないが、政治のブログが四、砕けた其れが、三の割合で書く予定。
昨日の川上弘美の作品について蛇足。昨日も書いたが、主語も述語も句読点の付け方も目茶苦茶で、昔人間の私にとって全く読み辛かった。著者は、お茶の水出身の高校の教師をしたこともある才媛なのに、作品のなかでは、お茶でも飲むかのようセックスするのに驚いた。   (T)

テーマ:つぶやいてみる - ジャンル:その他

  COMMENT(1)
約束に従って。
2009/11/07 [Sat]08:37
category:日記
『英国女性の75%がアッチの行為の前にワインを一、二杯、飲むらしい、より大胆に振る舞うため』

 我が国の女性向けウエブ・サイト「エルエル」がイギリスからのニュースとして伝えるところによると、英国の著名化粧品メーカー、フィームフレッシュ社が成人・英女性、約3000人に対し、飲酒とアッチの行為との関係について、ネット上で世論調査したところ、その75%余り、約2300人がパートナーとベッドを共にする直前、ワインを一杯か、二杯、飲み合うと、あの行為がスムースに行く、と回答してきた。ほぼ彼女らの意見が一致していた点は、チョッとアルコールを身体に含ませた方が、女性の慎みや自己抑制力を解きほぐし、より大胆に冒険的かつ官能的な行動ができて、彼女自身も、相手側パートナーも、性的に満足できるというコトである。フィームフレッシュ社などの話では、温暖な仏伊、スペインなど、南欧では、ブドウ園が多く。ワイン生産地であるセイもあって、アッチの前の飲酒率は、女性も100%に近い。

 欧州のワイン・メーカー側によると、アッチの前に、少しきこしめすワインは赤でも白でも「構わない」が、飲み過ぎは逆効果を生み、よくない。発泡性のワインやシャンペーンも「お勧めしない」そうだ。同じブドウから発酵させた”お酒”でも、ブランデーなどはアルコール度が高すぎて、アッチ前に飲む酒としては、不向きの由。
(R・H)

本当は、昨日の参院予算委員会の様子を書きたがったが、昨日の予告通り、少し艶めかしいメールを紹介する。
 上記の点は、何もイギリスだけでなく、日本でも一般の家庭でもそうだが、昔遊郭に上がる際、現在ソープランドに行く際、また女性が、ホストクラブに行く際もアルコールで口を潤し、羞恥心を和らげて行ったものだ。
 私は乱読で、図書館で手当たり次第借りて来るが、好きな伝記物は殆ど読み尽くした。
この歳になると、思想、哲学、宗教etcなど固い本は読む気にならず、専ら気軽に読める小説に限っている。昨晩は、藤田宜永と川上弘美の本を交互に読んだ。ほぼ60歳の初老で、直木賞受賞の藤田の文章は哀歓を帯び、高齢の私にも、昔を偲ばれ若き日を思い出させてくれたが、芥川賞受賞の50歳そこそこの川上の文章は、文体も内容(気軽にセックスする)にも度肝を抜かれた。一年に二回、芥川賞受賞の作品が「文藝春秋」に載るが、意味不明、難解なものが多いようだ。一例を挙げると、地元・東筑高校出身の平野啓一郎「日蝕」に出てくる漢字などは、諸橋漢和を見ないと分からない。  (T)

テーマ:幸せ気分。 - ジャンル:恋愛

  COMMENT(2)
『岡目八目』
2009/11/06 [Fri]08:18
category:放言
『あいつぐ事務次官の要職任命、”脱官僚”の鳩山民主党内閣に公約違反との批判』

 鳩山由紀夫内閣が相次いで元高級官僚を、諸行政機構のトップに据えていることについて、”脱官僚”という民主党公約に違反する人事ではないか、という批判が永田町界隈に飛んでいる。

 先に元大蔵次官の斎藤次郎氏を、機構再編、施策見直しなどを”至上命令”とする日本郵政の新社長に任命したのに続き、鳩山内閣は11月4日、欠員中の人事院・人事官に江利川毅・前厚生労働次官(元内閣府次官)を充てたい旨、衆参両院議事運営委員会に提示した。来週の両院本会議で”江利川人事官”の選任に同意が得られれば、”江利川人事官”を、官僚人事の総元締め、人事院総裁に任命する方針だ、と朝日、読売両紙は伝えている。

 麻生前政権時代、渡辺喜美元行革相(自民党をその後、脱党)らの提唱で、人事院の機能を、首相直轄の新設、「内閣人事局」に移す案が浮上したとき、当時の人事院総裁、谷公士氏(元郵政次官)は辞任して抗議し、この案は葬られた。それ以来、人事院は原恒雄人事官(前JR東海副社長)が総裁代行となり、もう一人、ジャーナリズム畑からの選任が恒例だった椅子を否定し、お茶の水女子大教授から抜擢された篠塚英子人事官と、二人で官僚人事を見守ってきたが、事務次官出身の”江利川人事官(そして人事院総裁?)”就任で、モトの”官僚による官僚人事”に戻るのではないか、とカンぐる向きが多い。

 一方、日本郵政は斎藤次郎新社長の下、機構再編などの見直し策を進める”中核役”の副社長には、霞が関で「官僚中の官僚」という異名をとる大蔵官僚OBで、安倍晋三内閣当時、内閣官房副長官として、永田町に睨みをきかせた坂篤郎氏が選任された。警察官僚出の亀井静香担当大臣の下、斎藤=坂という大蔵(財務)官僚OBラインで運営されようとしている日本郵政の今後について、小泉純一郎内閣当時、郵政民営化の”旗振り役”だった竹中平蔵元総務相は、最近、米ウオールストリート・ジャーナル紙に寄稿して、次のように指摘した。

 「亀井ー斎藤ー坂ラインで強行しようとしているコトは、事実上、郵政の”再国有化”であり、民衆のカネを吸いとる巨大・国営企業の誕生である。数兆億円にのぼる民衆の郵便貯金は全額、財政投融資にマワされ、国家財政の大赤字を埋める役割をニナうだろう」
  (R・H)

斉藤次郎に続き、江利川前厚労省次官を人事官に天下り任命させたことは、公約違反であり、いくら小沢フアンの私でも、断固許されないどころか怒りを感じる。
3日間固唾をのんで、予算委員会の様子を見ていたが、鳩山総理の答弁は、モタモタして隔靴掻痒(かっかそうよう)の感がする。先日も述べたように、自民党大敗、民主党大勝の大きな原因の一つは、自民党にあるのだから、“これは自民党の積年の弊の尻ぬぐいだ”と何故、反撃しないのか。
また今回の組閣にあたって、自民党代議士ですら褒めたように、反小沢、非小沢の代議士を適材適所に起用して素晴らしいかったが、党人事は頷けない。それは、見栄えのしないし話も下手な興石参議院議員会長の幹事長代理の任命だ。実に不景気な顔をしているし、その上、日教組の出身だ。
「岡目八目」で言えば、口下手な小沢幹事長を補佐する意味で、茶の間で人気のある原口総務相を起用すべきだった。もう一点、不思議だったのは、国民に人気があり、毒舌家の渡部前最高顧問の無任所だ。早速福岡で噛みつかれた。明日から政治のブログは休もうかな。  (T)

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
『備えあれば憂いなし』-日本の危機に備えて
2009/11/05 [Thu]08:06
category:放言
 昨日の私のブログに対するRH氏のコメント『世界経済にとって最もヤバイ国は日本ー英紙論調』を読んで、老兵の私でさえ震え上がった。それほど日本経済の前途は真っ暗だ。
長い間政権を担った自民党、今後を担う民主党の皆さん、経済人(特に経営者)、マスコミをはじめとするオピニオン・リーダーたち、このコメントを絶対読むべきだ
『備えあれば憂いなし   (T)

『自公両党が来夏・参院選挙で比例代表の当選確保を重視、8・30総選挙落選の大物政治家を鞍替え出馬させる』

 自民党の大島理森幹事長は11月3日、同党青森県連総会で講演し、8・30衆院総選挙で落選した前職、元職の代議士で、大物といってよい”選挙力”を依然、蓄えている政治家を、来年夏の参院選挙に”鞍替え出馬”させる方針を、明示した。定数が1-4人程度の都道府県区(地方区)よりも、むしろ投票の際、党の名称を書いてもよいし、候補者の名前を書いてもよい非拘束形式選挙の比例代表として、こうした大物”落選”政治家を擁立させたい、とも述べている。すでに福岡1区で落ちた山崎拓元同党副総裁の比例代表出馬が、ほぼ内定しているが、このほか全国的にも地域的にも知名度が高い派閥領袖クラスの落選政治家の”参院選鞍替え立候補”を念頭に置いているモノと、みられる。しかし、こうした大島幹事長ら党主流派の”復古調”には、河野太郎氏ら中堅、若手議員が、党体質の改善にはならぬ、として真っ向から反対している。

 一方、8・30衆院総選挙まで、自民党の連立与党だった公明党も、来夏の参院選挙については、定数がごく少数の地方区における立候補ー当選は困難と見て、創価学会を通じ、全国的あるいは地域的に集票できる比例代表の複数当選を優先する戦術に切り替えた。これまで埼玉県区から出て当選していた西田実仁参院議員の同区からの出馬を止めさせ、西田氏擁立の場を、広域の同党比例代表として立候補させるコトも決定した。自民党同様、公明党も、8・30衆院総選挙で、東京12区で落ちた太田昭宏前同党代表、神奈川6区で落選した上田勇元財務副大臣らを、参院選・比例代表の候補者に推す方針のようである。(R・H)

昨日の予算委員会を聞いてて、長い野党暮らしのためか、攻めには強いが、守りには弱いように見受けられた。また民主党の弱点も浮き彫りされたように思う。
上記のように、衆院で落選した者を参院に出馬させるとは言語道断である、一昨日も書いたように、これでは、自民党は動脈硬化に陥り、再建は不可能になる気がしてならない。
鳩山総理の「偽装献金問題」は、私の想像では、自分のカネではないだろうか。決して邪(よこしま)なカネではないようにに思う。(日本有数の資産家だけに)   (T)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
景気二番底到来か?
2009/11/04 [Wed]07:47
category:放言
『ソロス、榊原両氏とも景気の”二番底”到来を警告、1ドル=80円近くになれば政府介入を』
 昨秋の米大手、リーマンブラザーズ証券破産から始まった世界金融危機と同時不況とを、いち早く一年ほど前に予言して、有名な世界的投資家、ジョージ・ソロス氏(米国籍)は、このほど生まれ故郷のブダペスト市で講演し、「オバマ米政権の発足で、経済危機は一波乱しのいだが、その実態はいぜん深刻で、不況の根は深い。経済回復のスピードは失速しがちで、2010年か、2011年か、時期は分からないが、景気の”二番底”がやって来る恐れがある」と、述べた。折りしも日経ビジネス通信(電子版)で、”ミスター円”こと、榊原英資早大大学院教授(元大蔵省財務官)も、「いま世界が多少、救われているのは、中印など”新興経済大国”の高成長と資金放出のおカゲで、これら両国に危機が訪れれば、米国はもちろん、日本も景気の”二番底”にサラされる可能性がある。失業率が10%にナンナンとする米国や、同6%にちかい日本の雇用状況が心配だ」と、語っている。

 米国では10月30日、カリフォルニア、アリゾナ両州などで、運営資金欠乏のため、9地方銀行が倒産し、一日あたりの銀行破産件数としては記録破りとなった。全米の銀行破たん件数は今年1-10月だけで115行に達する。しかも翌11月1日には、米中小企業に対する庶民金融などを専門にするノンバンク最大手の金融機関、CITが、貸付け金の焦げつき、資金繰りの悪化などを理由にして、自己破産した。CITの破産規模は、米金融史上、五番目というスケールで、同社に大量投資されていた米政府資金の行方が心配されている。

 このように打ち続く米国の金融危機は、一時的な米ドルの”避難場所”として、日本を過大視して、我が国の円が買われ、円高・ドル安の流れをつくっている。為替相場は10月以来、1ドル=90円の”安全ライン”を割っているにもカカわらず、鳩山内閣は保有・外貨の投入による、円高傾向への歯止めをかけようと、していない。”ミスター円”榊原教授は、すくなくても1ドル=80円ちかくになったら、日本政府は勇を振るって為替相場に介入すべきだ、と提案している。
(R・H)
私は、鳩山総理と藤井財務相に、榊原英資氏を経済顧問に任命することを提案する。  (T)
以下は小沢一郎応援団からのメール。
-参議院補欠選挙・宮城県知事選挙・川崎市及び神戸市長選挙などに対する御礼-

先月25日に投開票が行われました、参議院補欠選挙、宮城県知事選挙、各市長選挙
に於いて、国民の皆様から多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございました。
この場をおかり致し、心より感謝、御礼申し上げます。

予算委員会が始まりました。
「国民の生活が第一。」の政治の実現に向け、全力で政治政策を実行して参る所存で
ございます。
今後とも、変わりませずご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
-------10月30日開催 小沢一郎政経フォーラムの御礼-------
 先月30日に、総選挙後初めてとなります「第56回 小沢一郎政経フォーラム」が行われ、
全国各地から多くの皆様にご来場賜り、誠にありがとうございます。
小沢代議士、事務所一同、心より厚く御礼申し上げます。

また、ご来場の皆様には、会場の準備などでご迷惑をおかけしたことと存じます。
今後は、改善を致し、より良い場となるよう努めて参る所存でございます。
次回は、12月開催を予定しております。
詳細が決定次第、ご案内させていただきます。

また皆様にお会いできますことを、代議士、事務所一同心よりお待ちいたしております。

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
動脈硬化の自民党。
2009/11/03 [Tue]07:04
category:放言
『自民党は国会議員の世襲制限を撤回、復古もハナハダしいとの批判も』

 自民党の政権構想会議(議長・谷垣禎一総裁)は、このほど次期参院選挙から、国会議員候補者の世襲制限を撤回し、議員近親者が地盤を継いで出馬することを認める方針に意見一致した。その代わり、衆参両院議員の立候補者の公募を徹底させ、できればアメリカなみに、選挙区ごとに、党員や同党支持者の予備選挙をおこない、これによって党公認候補を選び出したい、としている。その際、その人が世襲であるか、どうかは問わず、人物、実力などを選出の基準にしたいと、党関係者は言っている。

 ただ、国会議員世襲の是非については、さる8・30衆院総選挙の際、その「否」を将来の目標として、党公約に掲げており、これを全面的に白紙に戻すことには、若手議員等から「古き悪しき慣習への復古ではないか」といった批判も少なくない。議員の世襲制限撤回が、はたして世論の支持を得らるか、どうか、危ぶむ声も強い。議員世襲撤回に至った背景には、自民党で現在、なんらかの形による世襲で当選した衆参両院議員が、同党全国会議員の約四割、126議員もいるという事情がある。(R・H)
昨日の予算委員会をテレビ中継で見ていたが、攻守とこらを変え、「昔の光いまいずこ」を感じた。自民党は、大島幹事長、町村元官房長官、加藤元幹事長の大物が質問に立ったが、多勢に無勢、民主の若手議員の怒号と拍手の前に哀れであった。
10月29日のこのブログで、新内閣の大臣、次官、政務官の官僚出身の一覧表を書いたが、それに加えて、松下政経塾出身の多士済々が多く、まさに豪華絢爛である。
 それに引き替え自民党は、橋本・小泉・安倍・福田・麻生各総理大臣をはじめとして、世襲議員のオンパレード。当福岡9区でも、緒方林太郎は外務官僚、三原朝彦は世襲であった。
全ての組織は、新陳代謝しないと、何れ動脈硬化を起こして死滅するというのが、自然界の法則である。その典型が自民党ではないだろうか。その点、今回の衆院選挙での、小沢一郎の人材発掘天晴れである。   (T)

テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
“聞くと見るとは大違い”
2009/11/02 [Mon]07:37
category:放言
『鳩山内閣への支持率が三週連続で下がる、フジTVの世論調査、内外ともに懸案をかかえて迷走か?』 
 
 ごくワズカの率ながら、鳩山由紀夫(連立)内閣に対する国民の支持率が、ここ三週間、連続して下落している。フジテレビの政治番組「新報道2001」は毎週末、東京首都圏に住む成人男女500人(各半数)に対し、鳩山内閣への支持率を、電話世論調査してきた。同内閣発足まもない10月18日放送分では72・4%だったが、一週間後の10月25日放送分では69・0%に落ち、二週間後の11月1日放送分では68・0%に低落した。

 同番組は来夏の参院選挙に関しても、投票先き政党を併せて世論調査してきた。小沢一郎党幹事長が率いる民主党は、ズッと首位こそ占めているものの、やはり僅少率ながら民主党支持率は低落しつつある。10月18日放送分では38・8%もあった民主党への投票志望が、10月25日放送分では37・46%に落ち、11月1日放送分では35・6%に下落している。

 こうした鳩山内閣、民主党両者に対する支持率低落の傾向は、鳩山=小沢”双頭支配”体制に寄せて来た国民の期待度が、徐々に薄れてきたコトを意味するとも言える。内政面で来年度予算の見直しがウマく行かず、目立った新政策も具体化出来ずにいることから、財界寄りの有力紙、日経新聞は、ここ一週間、「頭脳なき航海、迷走への道」と題する、激越な長文・続きモノ記事を載せ、批判してきた。内政面で最大の問題は、国民福祉の増進をはかる一方、これを裏ずける財源のメドが立っていないコトで、古川元久国家戦略室長(内閣府副大臣)は「ガソリン、軽油などに課する”地球温暖化対策税”の新設なども、視野に入れている」と語っている。

 もう一つ、外交上の大問題は、11月12、13両日のオバマ米大統領訪日が目前に来ているにもカカわらず、安全保障等に関する懸案が解決していないコトだろう。とくに沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場の移設問題は、10年ほど前、橋本龍太郎内閣当時、これを同県内・名護市の太平洋岸、辺野古沖合い埋め立て地(米軍キャンプ・シュワブ横)に移すコトで、日米合意が成立しているにもカカわらず、その後、歴代自民党政権が実行を”サボっていた”ため、鳩山内閣がバチを食らうハメになっている。辺野古沖への移設を認めれば、沖縄県”革新”陣営の離反を招く恐れもある。岡田克也外相は、妥協案として沖縄県内ながら、既存の米軍嘉手納航空基地への統合・移転を提案しているが、まだ米側はウンと言っていない。

 岡田外相はオバマ大統領訪日前の最終的・詰めを話し合うため、11月6日、訪米し、ヒラリー・クリントン国務長官と会談することにし、米側も一応・了承したが、米国務、国防両省の調整が完了していないため、同7日予定の日米外相会談の日程は正式には発表されていない。

(R・H)

聞くと見るとは大違い”実際政権を担ってみて、民主党は戸惑っているのではないか。私のかねてからの持論だが、マニフェストで具体的に書きすぎた。マスコミがなんと騒ごうと、政権とってみないと分からないのだから、アバウトにすべきだった。
前にも書いたように「自縄自縛」に陥っているように思えてならない。
新内閣発足して僅か50日足らず、是非を論ずべきではないが、全体的に良くやっていると思う。特に、前原、長妻、原口の各大臣の活躍振りは絶賛に値する。
沖縄の軍事基地にしても、橋本、小泉、安倍、福田、麻生と歴代内閣が放置してきた問題だし、八ッ場ダムにしても、前原大臣が言うように、絶対必要なものだったら、何故50年も放置してきたのか。
公共事業減少はじめ、各業界の秩序の破壊、貧富の拡大等々は、ことごとく小泉・竹中の市場原理主義に任せたからでないのか。
鳩山内閣は、自民党政治の尻ぬぐいに大童(おおわらわ)だが、絶対許せないのは、何度も言うように、「天下り反対」の公約を反古にして斉藤次郎元大蔵次官を郵政の社長に任命したことである。  (T)

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ