プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
スケベー・東国原知事の悩み?
2009/06/30 [Tue]07:29
category:放言
 昨今のRH氏のコメントをお読み頂きたい。特に今日のは読み応えがあります。
『”シタタカな芸人”政治家、元”そのまんま東”宮崎県知事、講演会で一日420万円の“売り上げ”も』


 「自民党総裁選挙にワタシを出させて!」と、古賀誠自民党選対委員長に切り込んだ、元”そのまんま東”宮崎県知事・東国原英夫氏は、自ら昨今の言動を”東国原シアター(劇場)”と名ずけているが、芥川賞作家でもある石原慎太郎東京都知事は、6月27日の記者会見で「シタタカな芸人だ。見事に世間を手玉にとっている」と、シタを巻いてみせた。反面、元”そのまんま東”氏が「たとえ自民党が衆院選で敗れ下野しても、経験豊富な党だから、自民党を買い、ワタシは民主党には行かない」と、洩らしていることに対して、岡田克也民主党幹事長はカンカン。同日、民放番組で「いったん政策で支持政党を決める、と言っておきながら、一方的に自民党だけに傾くとは、支離滅裂だ」と、酷評した。

 民放テレビなどを、フルに活用して、劇場政治の大人気モノになっている元”そのまんま”知事ドノ。政策については口数すくなく、その言動も前後、ツジツマが合わないトキが多いので、東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは6月26,27両日、”あの方の薄汚い正体”という続きモノ記事で、東国原知事の行状を、コテンパンにあばき立てていた。元”そのまんま東”知事は、なかなかの”勉強家”である半面、あらゆる(?)欲望が強いことを自認しており、宮崎県知事に就任してからも、東京から追って来た女性に「妊娠したら処置してくれ」と言って、150万円、手渡ししたり、某民放・女性記者を自宅に一泊させた事実を暴露している。

 インターネット上の百科事典、Wikipediaによれば、元”そのまんま東”知事は、2007年、知事としての報酬1200万円のほか、印税、放送出演料などで2800万円をカセぎ、年収4100余万円となっている。日刊ゲンダイによると、上記アルバイト稼ぎのかなりの部分が、ショー的な講演会からの収入だ、という。ふつうランチつきで、一回の”受講料(?)”は聴衆一人あたり6000-10000円。政策論など、ほとんどなく、”下ネタ”連発で、舞台芸人と同様、”お笑い”を買うだけの漫談調の”一席”らしい。宮崎県知事就任以来、すでにイチバン稼いだ講演会は一日・一回、420万円以上の”売り上げ”があった、と日刊ゲンダイは報じている。
   (R・H)
毎日のようにテレビに出演し、有名になり過ぎて全国津々浦々、彼の顔は知れ渡った。 さて困ったのは、性の処理ではないだろうか。50代というのは性欲が最も旺盛なうえ、彼は上記のように人一倍スケベーである。自家発電は侘びしいし、顔が売れすぎてソープランドもファッションヘルスも行けないし、さりとて素人の女性は過去、記憶に生々しいのは、未成年の少女と淫らな関係をもって芸能界をホサれて懲りた筈だ。。“山高ければ谷深し”の諺通り、ノボセて喋りまくっているだけに、もし不祥事を起こしたらホサレルどころか、社会から抹殺されるだろう。努々(ゆめゆめ)ご用心を。こんな無節操な男に投票するバカが多いのだから日本も情けない。解散は7月上旬か中旬、投票日は8月2日か9日はほぼ間違いないないと思われる。 その理由は、日増しに“麻生降ろし”が激化するからである、ボンボン育ちで自意識過剰、権力欲旺盛の彼にとって、引きずり下ろされてされるのは堪えられないからである。 昨日タロー閣下は「政権交代は景気後退」と国会で答弁したが、思い上がりもその極に達した。 私は去る20日のブログで「最大の不況対策は政権交代であると、1929年から32年までの大恐慌の日本とアメリカの例をあげ」て書いた。   (T)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
政治家の悪態二題。
2009/06/29 [Mon]06:58
category:放言
#1・『渡辺新党は来月、立ち上げ、鳩山(邦)氏も自民離党を仄めかす、岡田民主幹事長は「東国原知事を相手にせず」と言明』
 さきごろ麻生内閣における官僚の”実質支配”にイヤ気がさして、自民党を脱党した渡辺喜美元行革担当相は6月27日、日経新聞を通じて、現職国会議員中に渡辺氏に同調する者が5人以上出て来て、政党成立の要件を満たすコトが可能になったとして、来月中に新党を立ち上げ結成する意思を明らかにした。この中には自民党現議員もいて、元職、新人等、10人ぐらいの政党として発足すると、語った。

 また、先ごろ日本郵政トップ人事をめぐって、麻生太郎総理と対立し、”更迭”された鳩山邦夫前総務相は同日、地元選挙区の久留米市で、ひとまず自民党内における新グループ結成を目指すが、これによっても同党が刷新できぬ場合、離党する可能性もある旨、ほのめかした。その際、鳩山邦夫氏は、いま最も麻生首相の心を動かしているのは、安部晋三元総理と菅義偉自民党選対副委員長であると、明言した。


 一方、民主党の岡田克也幹事長は6月28日、民放番組で「次期衆院選で民主党が圧勝することは、政局を危険にすると述べた東国原英夫宮崎県知事と、連携する意思は全くない」と述べた。
#2・『福岡県議会事務局員は出張手当を県議なみ貰い過ぎ、一般県職員から苦情』
 
 福岡県の県議は他県議員に比べ、国内外によく出張することで有名だが、読売新聞が6月28日、報じたところによると、彼らに同行する福岡県議会事務局員まで、内規により県議の旅費にちかい一日あたり1万9200円の出張手当を貰い、最低一泊がかりの東京出張などは、最小限(?)二日分・3万8400円がフトコロに転がり込むコトが判明した。東京都議会事務局員の一日・1万3000円、大阪府議会事務局員の一日・1万3200円という出張旅費よりも、かなり多い。

 読売新聞の報道によれば、福岡県庁でも、同県議会事務局員以外の一般県職員の出張旅費はズッと低く、部課長級で一日あたり1万3000円前後だという。二泊三日ぐらいの県議との同行出張になると、フトコロに転がり込むおカネが、県議会事務局員と一般県職員との間に、約10000円の差が出て来るので、一般職員側からは苦情が出ている。
strong>
   ="color:#0000ff">(R・H)

差別するわけではないが、所詮、お笑い芸人で女性問題で不祥事を起こした人間を、マスコミが“蝶よ花よ”とおだてあげ超人気タレント政治家になった。
少し人気が出たからといって、知事三年足らずで国会とは、身の程知らない思い上がりだ。出馬するしないは別として、そんな思いをすることこそ、宮崎県民を愚弄する暴挙だ。県民はこんなバカを、早くたたき出せ。実に情けないのは、天下の自民党がこんな男に出馬要請をしたことだ。

上記のRH氏の情報によると、福岡県ま目茶苦茶だ。天下に福岡県の恥をさらした。昨日「たかじんの委員会」に出演した橋下大阪府知事の話を、全国の首長に聞かせたかった。
私が尊敬した今は亡き清潔・高邁なある政治家は、私に手紙で「麻生渡はテープカット知事だ」と評価したことがある。   自民も民主も首長は三選までと決めたのに、彼の四選を実現させたのは、自公は勿論、基幹産業労連である。このブログの愛読者、胆に銘じて頂きたい。   (T)

テーマ:議会 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
男の性と女の性。
2009/06/28 [Sun]07:41
category:放言
『アラフォーの”婚活”へ提言、悲しき情熱』

 アラフォーと呼ばれる40代の女性は、働き盛りの”熟女”で、出世欲、事業欲、資産欲など、あらゆる欲望が強い。しかし最近は、仕事熱心で婚期を失したご婦人ばかりでなく、離婚者、未亡人なども意外に多い。ヨミウリ・オンライン(電子版)の「新おとな総研」は、このほどい異性パートナーを求めるアラフォー独身者の”婚活”(結婚相手探し)を特集し、専門家らの意見を綜合した次のような”忠告”を挙げた。

 <<”婚活”の場ーどこで適切な異性パートナーを見つけるか>>
(1)インターネットの結婚情報サイト。(2)結婚相談所。(3)”熟男”、”熟女”のお見合いパーティ。(4)ゴルフ、社交ダンス等を通じた合コン。(5)友人、知人らを紹介しあうパーティ。(6)俳句、コーラスなどの趣味サークル。(7)料理、長唄などのお稽古グループ。(8)所属業界のパーティ。(9)職場でのつきあい。(10)近所とのつきあい。
 
<<どうやって”婚活”の質と量を向上し、増やして行くか>>
日記なり、メモなり、”自伝(?)”なり、なんらかの形で、”出会い”等の記録を残しておくこと。”婚活”の成否如何にかかわらず、記録をとることは頭脳の活性化に役立つほか、対・異性関係の比較、判断、交際法の”向上”に資する。これには、相手パートナーの履歴、人生観、ライフ・スタイル、生の印象なども書きとめておく。自分の反省、今後の展望、スケヂュールなども書いておいた方がよいだろう。
ああー、アラフォーの悲しき情熱よ!
(R・H)

最近アラフォーの独身男性が多い。熟年・老人の男性にとって、大変気懸かりなことがある。   それは性の処理である。男性は女性と異なり、タマルと頭がボーとして思考が停止しイライラする。ところが女性は原始時代から受け身で、セックスしなければしないですむ習性がある。(男の勝手な想像かな?)
余程、清潔に神経質な者か、宗教的信心の強い聖人君子を除いて、赤線こと遊郭で抜いたものだ。アラフォーの独身男性によると、食事はコンビニがあり、洗濯はコインがあり、セックスはソープランドがあり生活に不自由しないといっている。これでは人口が減るはずだ。
喜寿を迎えた友人Aさんは、今度貰った定額給付金の効果的活用をいろいろ考えた末、最近頓に衰えたセックスの真偽を確かめるため、他流試合にソープランドに行ったそうである。
彼の話によると、ソープ嬢の涙ぐましい手練手管に、辛うじて役立つたそうで、自信が蘇りスッキリしたとのこと。私もカネを貯めて、“冥土の土産”に行こうかな?
昨日会った自民党の熱心な支持者で且つ太郎会員の友人は、最近の太郎総理の発言や行動にホトホト愛想がついたようで、“太郎は本当にバカだ”と嘆いていたし、M代議士の選挙も盛り上がらないと困っていた。   (T)

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  COMMENT(3)
歌を忘れた共産党。
2009/06/27 [Sat]08:37
category:放言
 最近の共産党は堕落した。活動の真髄は、国会内外の日常活動、大衆活動が中心なのに、最近の活動は、テレビで、建前を即ち公式主義を、格好よくシャベルだけの口説(くぜつ)の党に成り下がっている。それも話の内容は、聞かなくても大体わかる。特に驚いたことは、第二自民党と言われるように、民主、社民、国民新党が審議拒否をしているのに、共産党だけが統一を乱し審議に応じる。共産党言葉では、左翼・右翼日和見主義に陥っていると思われる。自社対決時代を思い出して頂きたい。
社会党が国会をボイコットしたら、自民党はあの手この手で懐柔し、法律の一部改正に応じていたではないか。それが共産党のお陰で、自公の国会運営がスムースにいっている。自民党にとって、共産党様々である。
何より驚くことは、院外闘争をしなくなったコトだ。私が共産党にいた頃は、時事問題のパンフレットが次々おくられて、それを片手に演説し、企業や大学にオルグとして派遣され、日常活動したものだ。
それが今では、アカハタの拡売セールスマンといっても過言でではない。

 これは野党四党にいえることだが、今こそ大衆活動にとって絶好のチャンスだ。
それは一昨日の日本記者クラブでの太郎総理の発言だ。。それは、“来たる総選挙に勝利して引き続きその責任を持たねばならい”その意気は壮とするものの、それを決定するのは国民だ。
タローさんは総理になって、どれ一つとっても辞職に値するほどの、枚挙に暇がないほどの大問題を起こしてきたが、最近特に総理の座を私物化して、解散権を弄(もてあそ)んでいるとしか思えない。国民bの大多数は、解散は今かいまかとイライラしているのですぞ。野党四党は、タロー総理の解散を口を咥えて眺めるのではなく、『麻生内閣打倒』の国民大集会を開くべきではないだろうか。

テーマ:日本共産党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
御託を述べるなら一日も早く解散せよ!
2009/06/26 [Fri]07:50
category:放言
 「週刊現代」は“壊滅的敗北”、 「週刊文春」は“荒れる自民大パニック”、 「週刊新潮」は“自民党「下野前夜」物語”と麻生内閣が死に体であることを報じた。しかるに太郎閣下は昨日の日本記者クラブの会見で、“来たる総選挙に勝利して引き続きその責任を持てねばならない”と政権継続に強い意欲を示したが、グズグズ御託を述べるなら一日も早く解散してくれが、自民党支持の一部を除く大多数の国民の意見ではないだろうか。太郎内閣に愛想をつかしている。
これが、韓国、タイ、フランスだったら大デモかストライキになっていただろう。安保闘争のようなエネルギーはどこへいってしまったのか。日本人は本当に“腰抜け”になったものだ。
私はテレビで、干からびた梅干しの種のような,権力にしがみつくタロー閣下の顔を見るたび、ウンザリしてチャンネルを消している。     (T)
『”東”、”西”ハサミ撃ちで敗残の自民党、橋下大阪府知事に支持を嘆願か』

 「自民党は”東”からも、”西”からもハサミ撃ちにあって、敗残兵が”掃討”されつつある」と、菅直人民主党代表代行は6月25日、皮肉った。”東”とは、”東国原英夫宮崎県知事”の自民党総裁選出馬表明にともなう大騒動をいい、”西”とは”西川善文日本郵政社長・続投”をめぐる大混乱を指しているのだ。元”そのまんま東”氏の劇場政治と、郵政民営化反対派の抵抗が、自民党内をゴチャゴチャにしている。

橋下知事は自公両党の推薦を得て、昨年、大阪府知事選挙で当選したが、知事当選後は”反官僚”主義に徹し、地方分権等などの主張では、むしろ民主党の政策に近ずいている。このほど中田宏横浜市長ら、地方自治体の首長、二、三十人と、首長グループをつくり、皆で地方分権などの点で”一致”する政党を支持しよう、としている。橋下知事は6月25日、自民党”反主流派”の中川秀直元幹事長と会っており、中川氏らが党主流と別個の公約を掲げる場合、その対応が注目される。
 ”東西ハサミ撃ち”の中で混乱する自民党の他の動きは、次のとおり。


 (1)自民党の丸山和也参院議員は古賀選対委員長と直接、面談し、元”そのまんま東”知事との会談失態(?)の責任をとり、党役職などを辞任するよう、要求した。山本一太参院議員らも、同調している。
(2)かつて自民党一辺倒だった茨城県医師会の会員、家族ら、1266人が、一斉に自民党に離党届を出した。次期衆院選では民主党を支持する。
(3)自民党内の郵政民営化反対グループ「郵政研究会」は、西川善文日本郵政社長再任反対を決議した。同研究会には小坂憲次元文科相、川崎二郎元郵政相のほか、麻生総理のおヒザ元から山口俊一首相補佐官(麻生派)も加わっている。
>
(R・H)


テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
東国原発言余波。
2009/06/25 [Thu]06:31
category:放言
『麻生総理と自民党に大打撃を与えた”そのまんま政治劇場”、総裁(総理)候補にするならと国政転身を表明した東国原宮崎県知事』

 「私を自民党総裁(すなわち総理)にしれくれるなら、国政(総選挙)に転身してよい」と、古賀誠自民党選対委員長に、ズバッと切り込んだ東国原英夫宮崎県知事の”そのまんま政治劇場”は、一億国民の目をテレビにクギずけさせ、政界に大きな衝撃を与えた。6月24日、大手インターネット網のLivedoorが”政治劇場”開幕直後から、ネット上で、東国原知事と麻生太郎現総理と「ドチラを次の自民党総裁にしたいか?」と質問したところ、同日午後10時現在、視聴者1655人から回答があり、ナンと麻生支持34・6%に対し、東国原支持65・4%という意外な比率になり、”そのまんま政治劇場”進展が麻生総理に大打撃を与え、さらには自民党現体制への信頼度降下にツナガっていることが、分かった。

 しかし、インターネット最大手のYahooリサーチが「はたして東国原英夫氏が政党総裁(いずれ総理)にフサわしい人物か?」というテーマの世論調査を行ったところ、6月24日午後10時現在、71092票の”クリック”があり、「フサわしい」30%に対し、「フサわしくない」62%で、国民が”東国原英夫総理”を特に期待していないコトも、判明した。宮崎県庁に寄せられた”そのまんま政治劇場”に関する電話、Eメールは同日午前、110通にのぼり、その87%が東国原知事の国政転身に反対で、彼の総選挙出馬に賛成はわずか13%だった。
 
「自民党の値打ちがグンと下がった。古賀さんもナメらえたものだ」(岡田克也民主党幹事長)、「ココまで落ちたか、自民党!。ナメられ過ぎてモノ悲しい」(亀井静香国民新党代表代行)、「シャレッ気でなく、本気で東国原さんがああ言ったとしたら、凄い度胸だ」(橋下徹大阪府知事)、「東国原知事の自民総裁立候補の意思表示は、計算しつくされた発言だ」(政治評論家・浅川博忠氏)、「本当に党総裁になりたいのなら、自民党内から東国原待望論が沸き上がるのを、待つべきだ」(同塩田忠男氏)。

 渦中の人、麻生太郎総理はブラ下がり記者団に対し、ブスッとして、”そのまんま政治劇場”の進展にはノー・コメントだった。    (R・H)

昨日書いたように、東国原知事に、あんな発言されて自民党員は恥ずかしくないのか。自民党に対する最大の侮辱だ。お笑い芸人から知事に転身し、大衆の心を掴んだとはいえ、政治に対し、深い理念や哲学を持っているとは思えない。
「週刊現代」“自民党壊滅的敗北”との記事に、民主党は油断をしてはいけない。RH氏の昨日のコメントによると、民主党は静岡県知事選は負けるとしても、東京都議選は予断は許さないそうだ。(T)


テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
恥を天下にさらした。
2009/06/24 [Wed]06:57
category:放言
 古賀選対本部長の国政出馬要請に対する東国原知事の条件は、完全に自民党をコケにした話だ。
昨日テレビ各社が大きく報道したが、まさに“やぶ蛇”、自民党のハジを天下に晒したものだった。 麻生総理もさることながら自民党に、国を統治する能力の無さを露呈したといえよう。
こうなった以上、潔く民主に政権を渡し、野に下がって、足腰を鍛えるべきではないのか。
昨日、私は「麻生総理の落選もありうる」と書いたが、今日発売の『週刊現代』によれば、【鳩山民主283,自民130】と18ページぶち抜きの驚天動地の大特集を組んでいた。その記事のなかでも、太郎総理は危ないと書いてある。
静岡県知事選は民主の乱立で、自民が勝つだろうが、これで負けでもしたら自民党は奈落のドン底だし、病膏肓(やまい こうこう)だと思う。    (T)

『東国原宮崎県知事の国政転身にも舛添次期総理にも、ネット世論の8割が反対』

 自民党の古賀誠選対委員長が6月23日、宮崎県庁に東国原英夫知事を訪ね、将来の入閣ぶくみで国政(総選挙)への転身を要請したことについて、大手インターネット網のLivedoorがさっそく、ネット上で、その是非を視聴者に聞いたところ、同夜9時現在、2230人が回答して来たが、知事として宮崎県民に尽くすべき責任を重視し、転身反対が79・6%を占めた。同知事の国政転身を賛成する声はわずか20・4%だった。

 また同時にLiveddorは、”ポスト麻生”の宰相候補として脚光を浴びてきた舛添要一厚生労働相について、「舛添氏に総理になって欲しいか、どうか」を、視聴者に質問したところ、同夜10時現在、450人の反応があり、うち「総理になって欲しい」は、わずか15・9%で、「なって欲しくない」は、その5・3倍の84・1%だった。     ((RH)

テーマ:自民党の腐敗 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
野垂れ死に寸前。
2009/06/23 [Tue]07:10
category:放言
『麻生降ろし」や”政権交代”への動き加速化、自民党内はゴチャゴチャに』
 ノーテンキな麻生太郎総理も、よほど漢字誤読にこりたのか、6月21日夕、東京・有楽町の家電量販店に現れ、電子辞書を購入し、ブラ下がり記者団に対し「君たちも買いたまえ、少々アホでもチャンと字が読めるようになる」と、カラカったが、肝心の自民党内は日に日にゴチャゴチャして、「麻生降ろし」の竜巻が猛スピードで加速化しつつある。  
「麻生降ろし」は、若手衆院議員の間に二つの運動あって、まずは清水鴻一郎議員(古賀派)の「全自民党国会議員による麻生総裁信任投票実施」要求。もう一つは山本拓議員(町村派)の「党総裁選挙(本来は9月)の前倒し」請求署名運動で、後者の場合、6月22日現在、110人前後の署名が集まった、という。自民党規則によれば、同党所属・全国会議員と各都道府県連代表との計、431人の過半数、216人の署名を収集できれば、7月か8月に総裁選可能で、総選挙への”新しい顔”を選べる。山本議員側はアトひと踏ん張り、一週間ぐらいで総裁選前倒し実施必要数に達するだろう、とガンバっている。


 7月12日に行われる東京都議選に立つ自民党の候補者、58人に対し、読売新聞が「自民党のナカで、ダレが首相にフサワしいか?」と、アンケート調査したところ、ナンと、その約半分、27候補者しか「麻生総理」の名を挙げなかった。あれだけ太郎総理が応援に飛びまわっているのに、候補者側は太郎シャンの”労”にむくいず、代わりに8人が石原伸晃幹事長代理、6人が与謝野馨財務相と小池百合子元防衛相の名をあげたのだ。民主党の都議選候補者、53人のうち八割強の44人が「次期宰相は鳩山由紀夫代表」と答えたのと、対照的だった。

 一方、産経新聞とフジ・テレビ系列とが6月20,21両日、全国的に行った世論調査では、麻生内閣への支持率がさらに下落し、17・5%になり、次期衆院選(比例代表)での投票先き政党としては、民主党が45・9%を占め、自民党への25・2%に、20・7%の大差をつけ、”政権交代”に寄せる世論の期待度をウカガワせた。先ごろ行われた自由、民主両党首討論に対しては、「鳩山由紀夫代表の勝ち」という”軍配”が62・1%で、麻生総理支持の3倍強となった。次期首相として鳩山由紀夫氏を推す声も57・3%で、麻生”続投”賛成の2倍強だった。

 最近とみに「麻生降ろし」や”政権交代”への動きが活発化して来たのは、西川善文日本郵政社長解任を要求して、逆に麻生内閣の座から引きずり下ろされた鳩山邦夫総務相辞任問題が、大きな契機になっており、産経・フジの世論調査でも、太郎総理がとった「鳩山総務相更迭」を不適切とする声が71・3%、西川社長が「”続投”すべきでない」とする声が75%という異常な高率になった。細田博之自民党幹事長や安部晋三元首相らは、”政権交代”阻止はもちろん、「麻生降ろし」にも反対だと、ぶって回っているが、あまり意気が上がっていない。
/sp(R・H)
私は早くからブログで、解散が遅くなればなるほど、自民党は大敗すると予測したが、どうやらその予想が的中する可能性が濃くなってきた。
先日の「自民党よ左様なら!」で、私は麻生総理は大丈夫と書いたが、政治評論家の宮川隆義氏は“小池百合子氏、太田昭宏氏の苦戦を予想するだけでなく、仰天したのは、麻生太郎氏の落選もありうる”と予測していることだ。

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
再び『日本郵政』
2009/06/22 [Mon]06:37
category:放言
『鳩山邦夫前総務相、用意された辞表に署名を強要されたと暴露、そのカゲには清和会(町村派)、さらには小泉元首相からの圧力か』

 さきごろ西川善文日本郵政グループ社長の解任を主張して、これを麻生太郎首相から拒否され、逆に麻生内閣の座を去った鳩山邦夫前総務相は6月21日、TBS放送の政治対談番組で、「自分が辞任した6月12日午後の麻生総理との二者会談では、大臣辞任の辞表がすでに用意されており、太郎総理から”それに署名、捺印して下さい”と命令された」と、その辞任が麻生首相側の強要であるコトを暴露した。さらに鳩山前総務相は、この”辞任強要”が麻生総理自身の意思というよりも、麻生内閣を支える自民党内・最大派閥の圧力であるコトをも示唆して、「首相周辺に問題がある。麻生さんには、国民の声が入っていない」と、述べている。

 共同通信が全国地方紙に流したニュース等によれば、この麻生総理を支える”周辺勢力”とは、自民党内最大の派閥で、麻生内閣誕生の原動力となった清和会(町村派)とみる見方が多い。清和会は、会長・町村信孝氏らの主流派と、中川秀直元幹事長らの反主流派とに事実上”分裂”しており、両派の対立をマトめ得る最長老は森喜朗元総理しかいない。森元総理に対しては、郵政民営化の総元締めだった小泉純一郎元首相の影響力が、いぜんとして強くハタラく、といわれている。

 TBS放送番組の中で明らかにされた鳩山前総務相の”証言”によると、麻生総理は当初、昔からの”盟友”だった鳩山邦夫氏の気持ちをくみ、西川日本郵政社長解任の方に傾いていたが、これが一転、鳩山邦夫氏の総務相”更迭”に踏み切ったのは、清和会を軸とする一部政財界の圧力に屈せざるを得なかったからだ、と暗示されている。鳩山邦夫氏は麻生総理に対し、”更迭”時ギリギリまで、その決断を6月29日の日本郵政株主総会が終わるまで「待ってくれ」と頼み込んだが、太郎総理は「時間がない」としてハネつけた、とも言っている。
 なお、鳩山前総務相はこのTBS放送のナカで、今回の大臣”更迭”後も、引き続き自民党にとどまり、同志の推挙があり、チャンスさえあれば、自民党総裁選に”挑戦”する意思があるコトを、示唆した。(R・H)
昨日書いた「政権交代阻止で再び必至の捜査」 “検察が民主党を狙っている”について、午後の「たかじんのそこまで言って委員会」で、コメンテーターの勝谷誠彦氏が全く同じことを言っていた。    また、一昨日私はブログで、あらゆる団体は組織防衛のため、支持政党をハッキリしないだろうと書いたが、同番組でも調査した結果。創価学会が公明党、特定郵便局長会が国民新党を支持を表明した以外は、私の意見同様、支持政党を旗幟鮮明にしなかったと報道した。(T)

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
マンガ太郎の面目躍如。
2009/06/21 [Sun]06:36
category:放言
『「必勝を期して」と言うべきトコロを「惜敗を期して」と言い間違えた麻生総理、連日、東京都議選の自民候補者応援に飛び回る太郎シャン』
 共同通信が6月20日、緊急報(?)として伝えたところによると、三週間余り後に迫った東京都議選に立つ自民党候補者応援のため、連日、飛び回っている麻生太郎総理は、この日も文京、北両区を駆けずりまわったが、繁忙のあまりか、とんでもない間違いをおかしてしまった。文京区から立つ某候補者の事務所開きで、「必勝を期して」戦おうと言うべきトコロを、ナンと「惜敗を期して・・・」と言い間違えてしまったのだ。案外、本音がボロリ出たのかもしれないが・・・・。

 もちろん、太郎総理はすぐ間違いに気ずいて、言い直し「勝って勝って、衆院選も勝ち抜いて、我が日本の景気をモトにもどし、マチに笑みを復活させよう。そのため、私は死に物狂いだ」と熱弁(?)を振るったが、「惜敗を期して・・・」の言い間違えを聞いたアトの会場は、妙に白けた気分になったらしい。”惜敗”云々に大笑いも出来ず、コソッと口に手をあてて、苦笑いする自民党支持者が少なくなかった、という。

 麻生総理は21日以後も東京都内を飛びまわる。太郎シャンの地元・飯塚では、賢夫人のホマレ高い千賀子夫人・主宰のもとに麻生太郎選挙事務所開きがおこなわれた日でもあった。
(R・H)

 「週刊朝日」6月26日号、特集『政権崩壊』全情報の記事を読んで驚いた。それは、
「政権交代阻止で再び必至のの捜査」  『検察が民主党を狙っている!』の記事に慄然となった。
小沢前代表の秘書が逮捕された際、漆間官房副長官は間髪を入れず、“自民党に波及することはなお”と発言し物議を醸したが、事実はそう展開し、同じ疑いのある二階経産相はじめ森総理など自民党議員は起訴されず、東京、大阪の市民団体の告発も放置されたままである。
これでは憲法で謳った「三権分立」を法の番人である検察官が踏みにじったことになり由々しき問題だ。私が摩訶不思議なのは、大したことに大騒ぎするマスコミと弁護士が、何故立ち上がらないのか。  (T)

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
自民党よ左様なら!
2009/06/20 [Sat]08:14
category:放言
 昨日、国民新党副代表・『自見庄三郎政経セミナー』があつた。立ち見がでるほどの盛況であった。私は後援会の最高顧問として招待をうけ当然出席した
 講師は「文藝春秋」で“エコノミストは役に立つのか”で格付けされ、そのトップの経済アナリスト・菊池英博氏であった。内容は次の通り。
 財源はいくらでもでもある。消費税を上げる必要はサラサラない。財源不足は政府のマヤカシであると、具体的な数字を上げて説明があった。
100年に一度の最高の不況対策は政権交代だと、歴史に学べと歴史を繙(ひもと)きながらの説明は強烈だった。1929年から32年の大恐慌では、日本は、浜口内閣、井上蔵相から犬養首相、高橋蔵相に代わり、アメリカではフーバー大統領からルーズベルトに代わった。
消費税増税は、市場原理主義型税制の帰結であり強行すれば、20年間デフレが続くだろう。 

 来るべき総選挙の福岡県の情勢を独断と偏見で述べてみたい。
県内を網羅したある団体の相談役をしている関係で、ある程度の情報がわかる。
福岡11区のうち、自民党が確実に勝つのは8区の麻生総理だが、前回より大幅に得票を減らすだろう。11区は民主党がバーター制で候補者をたてないため、自民の武田良太と山本幸三の争い。6区は一時、古賀一成が有利だったが、今回の郵政問題で男をあげ鳩山邦夫が逆転した模様。7区の古賀誠は新幹線羽犬塚駅前をめぐって黒い噂が漂うが、辛うじて比例区で当選するだろうと言われている。
それ以外の1,2,3,9,10区の自民党は苦戦は必至で、なかには“蟷螂(とうろう)の斧”のような感じのする、無駄な抵抗と思われる候補もいる。
 その最大の理由は、麻生総理の失言、放言、日本語の読み間違い、側近の中川。鴻池の不祥事に加え、特に、今回の鳩山総務相の罷免、マンガ会館の建設で、表面には洗われないが、熱烈な自民党支持者の有力者がかなり離反した。最近の奥様方は国会中継をよく見ていて、旦那は自民党でも奥さんは民主党という家庭が意外と多い。自民から民主に移る人はいても、その逆は一人もいない。
その上、世論調査でわかるように、浮動票は殆ど自民には流れない。
特に自民党にとって恐いのは、政権交代という暴風雨だ。大企業や各種団体は組織の防衛上、過去、自民党だけ出してい推薦状を、民主党にも出さざるを得ないし、締め付けができないことだ。
敗北と言うより惨敗に近いのではないだろうか。


テーマ:自民党の腐敗 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
アクセス何と643.
2009/06/19 [Fri]07:46
category:放言
 昨日のアクセス583.今朝6時までが60,合計643人の方が私のブログを読んで頂いたことになる。
つまらない三文ブログの物書きとしては、最高の喜びであり興奮である。“そうだ、そうだ”と賛成する方もいれば、憎々しげに読むが“恐い物見たさ”でアクセスして頂いているのではないだろうか。
何れにしてもRH氏のお陰である。

 お約束の『郵政問題』だが、「文藝春秋」今月号に、町田徹氏が13ページに亘って『民営化は失敗したのか。西川×鳩山「日本郵政」最終決戦』を二度も読んだがサッパリ分からなかった。
たった一つ分かったことは、税務上の価値が約857億円だったものが、わずか109億円で売却されようとしたことだ。しかも売却先が、驚くことに、経済財政諮問会議をはじめ政府の諮問会議の議長を務め、小泉・竹中と親しく、政商といわれる宮内義彦氏が社長をしているオリックス不動産だ。
国民がNOというのは当然だ。 明日は福岡県の選挙情勢を冷静且つ客観的に書く予定。 (T)

『自由、民主両党の党首討論は、与党内でさえ「麻生首相の敗け」と見る、日刊スポーツ』

 日刊スポーツは6月18日、前日おこなわれた麻生太郎首相と鳩山由紀夫民主党代表との第二回・国会党首討論について、与党・自民党内でさえ「軍配は鳩山代表に上がったように見える。三大市長選敗北、麻生内閣支持率低落など、勢いの差は争えない」とする見方が、大勢を占めていると、報じた。自民党若手議員のナカには「与党席で見ていてツラかった。ともかく”麻生さんはよくやった”と言わねばならんのだから」と、”本音”をはく議員も少なくなかった、とも伝えている。

 その報道によると、自民党幹部でさえ、100%・麻生称賛論をぶつ人は細田博之自民党幹事長ら、ごく少数で、多かれ少なかれ麻生首相を批評する人が少なくなかった。伊吹文明元同党幹事長は「国民感情に訴えようとする鳩山代表を反駁(ハンバク)しようとする余り、麻生総理は細かい数字にコダワりすぎた」と言い、北側一雄公明党幹事長は「もっと麻生さんは民主党の政策を問いタダすべきだった」と言っている。一自民党参院幹部は「とってツケたように、麻生首相が最後に安全保障問題を持ち出したのは、唐突(トウトツ)だった。あの時点で、麻生さんには敗北感があり、話題を急転換しようとしたのではないか」と語った、と報じられている。

 インターネット網大手のLivedoorが党首討論終了時から、ネット上で、全国の視聴者に対し、「麻生、鳩山両党首どちらが論戦に勝ったのか?」と、問い合わせたところ、6月18日午後5時現在、約1900の返答があり、その66・5%は鳩山代表の攻勢勝ち、33・5%が麻生首相の守勢勝ちという判定だった。麻生首相は、この第二回党首討論のため、想定問題をつくり、前夜”猛勉強”したといわれ、”挽回(バンカイ)戦”のため、第三次論戦を民主党側に申し入れている、という情報もある。

(R・H)

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  COMMENT(2)
すれ違いの党首討論。
2009/06/18 [Thu]07:27
category:放言
 急遽予定を変更して昨日の党首討論を聴いてた感想を書く
一言で言ってすれ違っていた。と言うよりも、総理の答弁がアタマが悪きのかチグハグであった。
 冒頭に郵政問題にふれ、“判断ができない、判断がぶれる、判断がまちがっている”との追求に、総理は民間会社の人事には干渉できないと反論したが、郵政会社の株は100%政府が保有してしているのだ。総理の答弁は詭弁である。
 特に私が問題だと思ったことは、メディア会館(マンガ会館117億)などコンクリート即ち箱もの行政より、国民の生命を守るため予算に組み変えれという鳩山代表の要望に対して、麻生総理は、総理にとって不都合な意見には言及せず、問題をすり替えて、“財源なくして社会保障は語れない”と反論し、消費税は避けて通れないと財政問題に言及したことである。
 残り1分を切って、唐突に、小沢前代表の在日米軍縮小論に疑問を投げかけた意見には、異様な感がした。これは官僚の用意した文書を棒読みに読んだからではないのか。
率直にいって、これで内閣支持率がまたも下がるような気がするし、現に長年自民党を支持してきたAさんは、自民党福岡県連に昨日の細川幹事長の発言に抗議し、今後二度と自民には投票しないと宣告したそうである。(T)

『東京都議選を前に必死の麻生太郎総理、若手議員からは都議選後、全自民党国会議員で麻生信任投票決行運動』

 麻生太郎総理は7月12日の東京都議選を、自己の政治生命を賭けた”天下分け目の戦い”と見て、必死の応援運動を続けているが、小泉純一郎内閣当時の武部勤自民党幹事長は6月17日、都議選の結果次第で麻生氏の同党総裁辞任もあり得る、との見方をしめした。中川秀直元同党幹事長らは、麻生内閣の官僚”天下り”、”渡り(二度目以上の”天下り”)容認に反対し、これを厳禁する議員立法制定をめざす議員署名を120議員以上から集めた。さらに、党内若手の清水鴻一郎衆院議員は、都議選直後に、自民党所属・全国会議員による麻生総裁信任投票実施の運動を開始し、その結果によっては”ポスト麻生”の新党首を決める自民党総裁選を”前倒し”したい意向を、明らかにした。森喜朗、福田康夫両元総理らは16日夜の夕食会で、日本郵政問題について、鳩山邦夫総務相と西川善文同社長とを”ケンカ両成敗”に処するが、ベター(より良い)だった、との意見で一致した。

 これらの動きに対し、自民党内の”親麻生”陣営からは6月17日、河村建夫官房長官が「都議選は、麻生首相の進退にまで発展させる問題ではない」と述べ、大島理森自民党国対委員長は、党内若手議員による”大政奉還”論に不快感をあらわにした。菅義偉選対副委員長は文化放送で、「鳩山邦夫氏の言動は民主、国民新両野党に同調したモノではないか」と、非難した。当の西川社長は佐藤勉新総務相との面談の際、郵政改革への責任遂行については約束したが、自己の進退については触れなかった。
(R・H)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
【先憂後楽】
2009/06/17 [Wed]08:13
category:放言
 昨日のRH氏のコメント、『老人の三角関係による刃傷沙汰』『公明党の民族の大移動』をお読み下さい。
 ご記憶のある方も多いと思いますが、去る14日(日)の朝のテレビに、山崎拓、菅直人、亀井静香の三氏が出演し、そのなかで、山拓が“麻生総理は明るくていつもニコニコ笑顔が絶えない”と話しをしていたが、毎年三万人以上の人が自殺し、昨日も失業と思われる4人の一家心中があったが、職や家がなく苦しんでいる国民に思いを寄せるとき、国を統べる総理がヘラヘラ、ニコニコ笑えるものだ。これだけでも私は総理失格ど断罪したい。
誰か総理に、政治家必修の格言 【先憂後楽】の精神を講義してほしい。(T)

『麻生内閣支持率が10%台の危険ラインに急降下、毎日、共同両社の調査、東京都議選こそ正念場と全候補事務所をまわる太郎総理』

 郵政民営化の象徴ともいえる西川善文日本郵政社長の進退をめぐって、西川解任派の鳩山邦夫総務相が事実上、麻生内閣を”更迭”された直後、毎日新聞と共同通信の両社は6月13,14両日、それぞれ全国1000余人の有権者に対し、電話世論調査を行ったところ、麻生内閣支持率について、毎日調査では19%、共同調査では17・5%にまで急降下し、内閣存亡の危険ラインに近ずいているコトが分かった。前回・5月の世論調査に比べ、毎日の場合がマイナス5%、共同の場合がマイナス8・7%という大幅な支持率下落で、これは10余年前、宮沢内閣が新進、社会、日本新各党などから不信任案を突きつけられて、衆院解散に踏み切った当時以来のコトである(麻生内閣不支持率は毎日で60%、共同で70・6%だった)。

 毎日新聞、共同通信両社の世論調査で判明した、他の世論動向は次の通り(カッコ内は支持の百分比)。
<<A>>次期総理にふさわしい政治家=鳩山由紀夫(毎日32%、共同50・4%)、麻生太郎(毎日15%、共同21・5%)。
<<B>>各政党への支持率=民主党(毎日34%、共同38・5%)、自民党(毎日20%、共同19・8%)以下、毎日調査のみで公明党4%、共産党4%、社民党1%など。
<<C>>西川善文社長”続投”、鳩山邦夫総務相”更迭”の麻生首相判断は、適正だったか=適正でない(毎日67%、共同75・5%)、適正だった(毎日22%、共同17・2%)。
<<D>>衆院選後に望ましい次期政権のカタチ(共同のみ)=民主党中心の連立35%、政界再編による全く新しいカタチ28%、自民党中心の連立14・9%、民主・自民の”大連立”14・7%。

 他方、麻生太郎総理は、自公両党推薦候補の千葉市長選大敗後も、7月12日の東京都議選に向け、同都内の自民党擁立候補58人全員の事務所を訪問して回り、激励後、街頭演説にも立ち、「東京都議選こそ衆院選を占う正念場だ」と、大見得を切り続けた。
(R・H)
明日郵政問題を書く予定。

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
神通力を失いつつある公明党。
2009/06/16 [Tue]07:35
category:放言
 昨日のブログにはかなり加筆したので再度お読みください。

 世論調査で、内閣支持率17%、自民党支持率19%と急落し、千葉市長選も自民党は、県庁所在地である名古屋、さいたまに次ぎ大惨敗し、太郎丸は可哀相に沈没寸前になった。太郎さんは、破れかぶれで解散する様相が濃くなってきた。 

一昨日、主婦で稽古事の先生をしている或るご婦人が私に、“財政が大赤字というのに、マンガ会館に117億を使うのは絶対許せない。また国内で仕事や家がない人が沢山いるというのに、外国に多額の援助したり、お金を貸すにいたっては腹が立ってしかたがない。長い間、自民党に投票してきたが、今度という今度は、私も自民党に投票しないが、会う人ごとに自民党に投票しないように訴えています。貴方もブログでドンドン書いて下さいネ。応援します。”と言われた。
また長年自民党を支持してきたSさんは、先日行われた、三原朝彦氏の演説会に、郵政問題の詳しい経緯を聞きたいと思って行ったが、ホンのお触り程度でお茶を濁し、自民党政策の自画自賛と民主党批判に、下手な演説で終始しガッカリしたと言っていた。(T)

 『公明党=創価学会は東京都議選、衆院選などで、以前のような”折伏(シャクフク)”効かず』
 
 インターネット上の月刊誌、「サイゾー」は、創価学会の地方中堅幹部三、四人を集め、その近刊号で、7月12日の東京都議選、並びにこれと相前後する衆院選への公明党=創価学会の出方に関する座談会記事を掲載した。それによると、公明党、創価学会両本部は東京都議選を”党=学会の存亡の危機”として重視し、正式の勤務先を休ませ、上京させて、シンパ、友人らを”折伏(シャクフク)”し投票に同調させるよう、指示してはいるが、一昔前のように力ずくの”折伏”があまり効を奏していないコトも分かった。また、公明党=創価学会では、婦人部の力が極めて強く、婦人部の”受け”が良くないと、地方議員ですら立候補が難しいコトもわかった。

 四年ほど前、東京・足立区の区立「湯河原あだちの家」修築工事をめぐって、当時の同区議会副議長で、公明党東京都連幹部だった忍足和雄区議が収賄容疑で逮捕されたころから、下部組織に対する公明党=創価学会両本部側の統制力、収束力は、グンと緩んでいる、ともいう。東京都の内外を問わず、全創価学会員は電話、E-メールなどで、知り合いにコンタクトし、公明党への投票を要請するよう、指示はされているが、その結果報告は”お座なり”で、開票結果にアラワれる実績は、会員報告集計結果の六、七割ぐらいにトドまっている、という。

 選挙現場における公明、自民両党の仲は意外に”険悪”で、東京・荒川区(都議定数2人)の場合、この地区の区民新聞の報道によれば、さきごろ自民党候補者の事務所開きが行われた際、前参院議員で自民党都連会長代行の保坂三蔵氏は「どうせ1人は民主党に取られ、あと1議席を自公両党で争うのだから、自民党にとって公明党は敵だ」と、演説したと、いわれる。
(R・H)



テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
淡い儚い恋心。
2009/06/15 [Mon]08:43
category:日記
 昨日分を含めこの4.5回のRH氏のコメントを是非、是非お読み頂きたい。
今日は、RH氏から興味のある沢山のメールが来ているが追々紹介することにする。

 昨日Hさん夫妻と、“生きた、書いた、愛した女性作家の手紙展”記念 『瀬戸内寂聴さんの講演会「女流作家の手紙と日記」』に行った。
会場は立錐の余地ないほどの超満員で、寂聴さんは米寿という高齢にもかかわらず、多少目と耳が不自由だそうだが、約2時間矍鑠(かくしゃく)として、熱弁を振るわれた。
 彼女は徳島高女2年生で、源氏物語を原文で読み上げたという才女で、私が学生の頃、作家としてデビューしたが、『花芯』が当時あまりにも性の描写がはげしいというので、子宮作家として文壇で村八分になった。当時、付き合っていた彼女も、不潔な作家として批判していたので、私も読まなかった。
ある時、偶然に読んだら面白い何の、一気呵成に読み終えた。それからフアンになり晴美時代の本はことごとく読破した。彼女の著作の特徴の一つは伝記ものの巧さではないだろうか。
 その作品は、「田村俊子」「与謝野晶子」「岡本かのこ」「北原白秋」「大杉栄・伊藤野枝」「管野スガ」「金子文子」など多士済々であった。講演で老師は、米寿ともなるとヨン様のような素晴らし男性に会っても胸がドキドキしなくなった。トキメクような恋をしなさいヨと、話を閉め括られられた。
そう言えば、著作のなかで、社会主義者の荒畑寒村は90代で40歳代の女性と恋を、宇野千代さん80代まで恋をしたと書いてあったし、名著『わが性と生』で、或る友人の例をあげて、使えるときは使いなさいとも書いている。
ゲーテは80歳で16歳の乙女の恋した話は、人口に膾炙(かいしゃ)して有名である。
90歳になる容色の衰えない魅力ある或る老美女に、『伊勢物語』にちなんで、“冥土の土産に、背中を流してあげたい”と話したら、“嘘でも嬉しいワ”と艶めかしい返事が返ってきた。
私の心には、胸のトキメく70歳前後の楚々たる美しく淑やかな、密かに思いを寄せる熟女が3人いる。夢でも良いから差しつ差されつ、盃を酌み交わしながら、「来し方行く末」の人生観・世界観や愛や恋などを語りたいものだと思っている。
寂聴老師に一つお願いがあります。それは、先生の経験豊かさを基に滑らかな筆致で、60代、70代の女性の性の懊悩(おうのう)を書いて欲しいです(T)

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  COMMENT(2)
“昔の光いまいずこ”
2009/06/14 [Sun]06:18
category:日記
『性生活過剰ー腎虚ー禿頭病説の真否、中国で議論』

 働き盛りの中年紳士も、夜の営みが度を過ぎると、腎臓を中心に、五臓六腑に蓄えられたエネルギー(精気)を使いはたし、身心ともに老化して、ヨボヨボになり、とくに脱毛、薄毛がヒドくなって、極端な場合、マル禿げになる。この性生活過剰による「腎虚」=「禿頭病」学説は古来、漢方医学主流派の見解で、我が日本にもコレを信じ切っている人が多い。

 ところが、レコード・チャイナ・ニュースがこのほど、中国・健康時報からの引用として伝えるところによると、中華中医薬学会男性分科会常務委員を務める斯界の権威、董協良(ドン・シェリャン)博士は、これを一部修正・否定して、ハゲは「必ずしもセックス過多のセイではない」との学説を発表し、「短期間、頭がハゲても、その後の養生が良ければ、また毛が生えてくる」と述べた。董学説によると、適切な性生活は「やらないよりはマシ」で、適度のセックスは「腎精」をすぐ回復し、健康を保つそうである。
(R・H)

前立腺ガンで男性の機能を削除した友人が、健康と若さを保つためインターネットでポルノを見ていると聞いて、私も時々彼に肖(あやか)って見ていたが、最近味の付かない料理を食べるような、無味乾燥。感動も興奮もしなくなった。歳をひしひしと感じる昨今である。
4.5年前まで元気で困ると豪語した日が夢のよう・・・・・。まさに“むかしの光いまいずこ”だ。
封建時代の権力者が短命なのは、側室や後室が多く房事過多による腎虚ではないだろうか。また庶民の短命は当時、娯楽がなくセックスに励んだからではないだろうか。(T説)
その点、長寿だった徳川家康は、美女二人にはさまれて房事することなく寝た話は有名である。(T)

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
“カンジガヨメナイ、タローサン”
2009/06/13 [Sat]07:37
category:日記
 小学生をもつ或るお母さんから聞いた話だが、街に張られた麻生太郎のツ-・ショットの選挙用ポスターを見て、一部の小学生が“カンジノヨメナイ、タローサン”と囃し立てているそうだ。

 昨日、麻生総理は盟友鳩山総務相を罷免した。これで中山国交相、中川財務相に次ぎ三人目だが、忘れてならないのは、総理の遊び友達て親友の鴻池官房副長官の不倫発覚の罷免だ。
総理の器でない人間を、総理に選んだ自民党の代議士は自業自得だが、哀れなのは“ドロ舟”にしがみつく公明党だ。(T)

『鳩山総務相更迭、西川郵政社長続投の総理判断、「評価しない」が八割』

 「かんぽ(簡保)の宿」の一括安売りなどをめぐって、これを非難していた鳩山邦夫・総務相を事実上”更迭”し、西川善文・日本郵政社長の”続投”を認めた麻生太郎総理の決定について、大手インターネット網、Yahooは6月12日夜、全国の聴視者に対しネット上で、その判断の是非を質問したところ、13日午前零時現在、1897人から回答が寄せられ、麻生総理の決断を「評価する」が、わずか21・4%だったのに比べ、まったく「評価しない」が78・6%の、圧倒的多数だった。西川社長の解任を主張して受け入れられず、辞表を提出した鳩山総務相に”殉じ”て辞任した戸井田徹厚生労働政務官に続き、かつて鳩山邦夫氏の秘書だった古川禎久・環境政務官もいったんは辞意を表明したが、所属派閥・山崎派の先輩、同輩らから慰留されて翻意した。
(R・H)

昨日、93歳の天寿を全うした八幡南高奨学会初代理事長・安増豊喜氏の告別式があった。席上弔辞がないと聞き、開校以来の厚誼と奨学会への功績から、何も用意をしていなかったが、急遽いらんお世話と思ったが、御霊前にお別れの言葉を述べた。(T)

友人のHさんから、RHさんの文章と紛らわしいので、貴方の文章の末尾には(T)を書くべきと忠告されました。そのHさんと明日、瀬戸内寂聴さんの講演を聴きに行く予定。(T)

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
「政権交代」という暴風雨。
2009/06/12 [Fri]06:47
category:放言
 昨日、地元八幡で熱狂的自民党支持者としても有名な或る方(今回は特にイニシアルも省く)が、私に“4年前の「郵政改革」の旋風が、今回は「政権交代」という自民党にとって、猛烈な逆風が吹き荒れている。今度の選挙は貴方が云うように残念ながら自民は大敗だが、問題は、次の次ぎ、私は虫ずが走るほど大嫌いだが、自民党に小沢一郎のようなアクの強いカリスマ性のある救世主が出るかどうかだ”>と語っていた。“さもありなん”

昨夜知人の通夜のエレベーターのなかで、ホンの一瞬だが見知らぬ人とブログの話が出た。私が毎日、アクセスが二、三百あり、トータル十四万を越えたと話したら、それは物凄いと絶句していた。(T)

『旧麻生炭鉱で無償、酷使されていた元豪兵捕虜、太郎総理の陳謝、補償を求めて来日』

 さる四月、麻生太郎総理に対し、同総理の父、太賀吉氏が社長をしていた旧麻生鉱業・吉隈炭坑(福岡県嘉穂郡桂川町)で、第二次大戦末期、無償の強制労働を強いられ、さんざん暴行も受けたとして、文書により謝罪と補償を求めていた元オーストラリア兵捕虜らが、太郎総理からナシのツブテなのに、ハラをたて、6月14日、直談判のため来日する。旧吉隈炭坑には六十四年前、豪兵捕虜197人を中心にして、連合軍俘虜約300人が”酷使”されていたが、いまなお生存しているのは5,6人にすぎない。今回、来日するのは、うち豪兵伍長だったジョー・クームスさん(88歳)と彼の息子2人、ならびに旧英兵俘虜1人の計4人で、日本には約一週間、滞在し、麻生総理に直接、面談を求めるほか、俘虜生活中、”酷使”された旧吉隈炭坑や、その前に働いていた神戸市の造船所等を訪問、視察したい、と言っているそうだ。クームス元伍長らの渡日費用は大部分、第二次大戦中の日本側”酷使”に同情した我が国有志の拠金によるモノといわれる。なおクームス元伍長らは1942年、マレー半島からシンガポール島での戦いで、当時の”戦勝者”日本軍の俘虜となった。
(R・H)

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
マリアさんに肖(あやか)りたい。
2009/06/11 [Thu]07:46
category:日記
「世界最高齢の老女ブロガー、97歳で聴視者に感謝しながら逝去」

 米AP電などによれば、インターネットのブログ発信者(ブロガー)で、世界最高齢者の女性として有名だった、スペインのマリア・アメリア・ロメスさんが5月22日、97歳で逝去した。ネット上に、”同輩”の孫を通じ「ブログで、最後まで世界の人々とコミュニケートできて、楽しかった。ブログを発信することで、年老いた私の脳も活性化できた。持病のコトも忘れて、長生きできた。皆さん、本当にありがとう、お幸せに」と、世界への遺言を残して・・・・。

 マリアさんは、90代に入ってから、孫の手引きでブログをはじめ、最近は日常生活や人生観だけではなく、世界の政治、経済問題についても、意見を発表していた。
(R・H)

マリアさんは90代でブログをはじめたそうだが、私は70代でパソコンをはじめ、75歳でブログをNさんのご協力で立ち上げました。
私の論調は、ご存知のように反権力・反権威で、ときどき息抜きでエッチなことを書くことをモットーにしています。地方の名もない一野人ですが、お陰でアクセスが毎日300前後あり、トータル140、000を突破しました。(T)
            ブロガー  俵  一彦  (80歳)

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
開いた口が塞がらない。
2009/06/10 [Wed]07:23
category:放言
 やっとカゼが治ったので、ブログを印刷して何人かの友人・知人に配って廻った。
熱心な自民党支持者のうち、予想以上に多くの常識のある方が、一度民主党に政権を執らしてみたい。次回の総選挙は民主党に投票したいと言っていた。私はマスコミの世論調査以上に、自民党は大敗するのではないかと思っている。
問題は、野党になった自民党が忍耐強く堪え忍ぶことが出来るかどうかが、日本の将来を占う重大な鍵ではないか。 それに聞き捨てならないことは、普通の人ならいざ知らず、外務大臣を二期も務めたタロウさんが、街頭演説で、サッカーを野球と言い間違い、驚くことに、ウズベキスタンをカザフスタンと間違えるに及んでは開いた口が塞がらない。先に訪欧した際にも、現在地上にない国を、チェコスロバキヤと言って顰蹙(ひんしゅく)をかったばかりである。
アタマが悪いのは知っていたが、これほどとは思わなかった。支持率は悪いし郵政問題の混乱で、錯乱しているのではないのか。自民党及び太郎会の皆さん!恥ずかしくありませんか。(T)


『千葉市長選挙も民主党側リード、NHK世論調査でも麻生内閣支持率30%を割る』

 公共放送のNHKは現下の政局について、6月5日から三日間、全国1093人の聴視者に対し電話世論調査をしていたが、8日その結果がマトまり、麻生内閣支持率は前回・一ヵ月前より6%さがって29%に落ち、総選挙後における次期政権の宰相として麻生太郎総理の続投を望む声は17%に過ぎなかった。これに反し、次期宰相として鳩山由紀夫民主党代表を望む声は33%に上り、次期政権の形としては民主党中心の連立政権への期待が25%、民主党単独政権への待望が12%を占めた。

 一方、総選挙前の前哨戦として注目されている、一週間後の千葉市長選挙について、読売新聞と共同通信とが事前世論調査にもとずく情勢分析をしたところ、両社とも、民主党の推薦候補、熊谷俊人前市議(31歳)が無党派層、青壮年サラリーマン層をガッチリつかんで、自公両党推薦候補、林孝ニ郎前副市長(63歳)を、かなりの差でリードしていることが分かった。今回の千葉市長選挙は、公共事業実施にともなう土建業者らからの収賄容疑で逮捕された鶴岡啓一前市長辞任によるもので、建設官僚出身で鶴岡市政の推進役だった林前副市長には「もう沢山だ」という気分が市民間に拡がっているため、とみられている。

 来月12日おこなわれる東京都議選についても、東京新聞は都民への世論調査の結果、投票先き支持政党として民主32・5%、自民20・3%、公明7・9%と報じ、都政でも与野党逆転の可能性があると報じている。河村建夫官房長官は8日、「次の総選挙にも響くので、今後、勝運をつかむため、麻生太郎総理ら総出で都議選応援で頑張っている」と述べた。
(R・H)

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
太郎総理の面目丸つぶれ。
2009/06/09 [Tue]08:10
category:放言
 「国営マンガ喫茶」については、ご存知のように、約2週間前にこのコーナーで採り上げた。
流石、自民党も恥ずかしくなったのか、PT(プロジェェクト・チーム)でも、NO!ということになった。
太郎総理の面目丸つぶれ。基本的に哲学なき思いつきで発想し発言するから迷走に次ぎ迷走するのだと思う。
漢字の読めないことといい、総理の資格なし。

『漫画総理キモ入りの「国営マンガ喫茶」設置案に自民党内からもNo!,河野太郎議員ら』

 漫画大好きの麻生太郎総理キモ入りによる「国立メディア芸術総合センター」設立案に対し、自民党政調会のプロジェクト・チーム(PT)は6月8日、国費の無駄遣いとして「No(ノー)」のサインをおくった。太郎総理は、世界に誇る日本の漫画、アニメ、ゲームなど、大衆芸術の”粋(スイ)”を一堂に集めて展示し、内外の見物客に見せる大観光センターにする方針だったが、上記PTの主査、河野太郎議員らは、「いい加減な計画で、見積もりが大甘(アマ)だ」と、真っ向から批判した。この「国立メディア芸術総合センター」に対しては、すでに鳩山由紀夫民主党代表が「遊び半分のプランで、”国営マンガ喫茶”設置にひとしい」と、非難しており、河野太郎議員らは太郎マンガ総理よりも、由紀夫”友愛”代表に同調した形になる。

 太郎マンガ総理の指示で、文部科学省文化庁が作成した試案では「国立メディア芸術総合センター」は、東京湾に臨む「お台場」に延べ面積約1万平方メートル、規模4-5階建てのビルを建設し、ここに漫画、アニメ、ゲームの原画、プリント等、数千点を展示し、館内に併設される大スクリーンなどに常時、上映して、年間約60万の内外観光客を集めるハズだった。建設当初の2009年度は117億円の新築費を計上し、これが総額14兆余円に上る同年度補正予算案(いわゆる景気振興予算案)に含まれていた。漫画家の間にも賛否両論があり、里中満智子さんらは「我われの誇りだ」と言っているのに対し、石坂啓さんらは「お上に褒められて、マンガの原画を呈上するほど、私たちはバカではない」と反論している。河野太郎議員らは「こんなズサンな案が景気振興にツナガるハズはない」と、酷評している。

 なお太郎マンガ総理は6月7,8両日、来月の東京都議選に立つ自民党候補者応援に飛び回ったが、日本サッカー・チームのW杯・南ア大会出場決定を賞賛するあまり、対戦相手をカザフスタンと言い間違えてしまった。日本チームが競り勝った真の相手国チームはウズベキスタンである。
(R・H)

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
命運尽きた太郎内閣。
2009/06/08 [Mon]07:55
category:放言
 昨日、「新報道2001」、「日曜討論」、「サンデープロジェクト」の政治討論をジックリ聴いた。
それを聴いて思ったのは、自民党支持者には悪いが、余程のアクシデントがない限り、100%民主党政権が誕生するのはほぼ間違いない。また東京新聞の世論調査によると、公明党が力をいれている東京都議会選挙でも、民主党が自民党に大差を付ける模様。
ただ民主党も手放しでは喜んでいられない。それはネ、党内の社民党系の動きだ。
 

『麻生内閣支持率は25%に急降下、次期首相には鳩山由紀夫氏を待望47・8%』

 フジ・テレビは6月4日、現下の政局について、東京首都圏の成人男女約500人に対し、緊急電話世論調査を行った結果、麻生内閣への支持率は25%に急降下、次期衆院選における自民党支持率はわずか19・8%になった、と6月7日、次のとおり放送した。

 (1)次期衆院選で投票する支持政党=民主党34・6%、自民党19・8%、共産党4・0%、社民党1・4%(以下、略)。
(2)麻生内閣への支持と不支持=支持25・0%、不支持67・2%。
(3)次期首相としてフサわしい政治家=鳩山由紀夫47・8%、麻生太郎27・8%。

(R・H)
祝!
アクセス数・14万突破!次は20万が目標です。いまの勢いなら、そう遠くないでしょう。(R・H)

テーマ:麻生内閣 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
政権交代が現実味を帯びてきた。
2009/06/07 [Sun]07:52
category:放言
「衆院選に先立つ三大地方自治体選挙、与野党五分五分か、東京都議選に踏んばる公明党(創価学会)」

 ”グズ麻”(小沢一郎氏命名)の優柔不断で、衆院解散ー総選挙は8月以後にズレ込みそうだが、その”運命の日”までの間に、四つの地方自治体で選挙がある。投開票が6月14日の千葉市長選、7月5日の兵庫、静岡両県知事選、そして7月12日の東京都議選なのだ。

 このうち兵庫県知事選は、自公推薦で三選目を狙う現職・井戸敏三知事(63歳)に対し、民主党はまだダレも対立候補を見つけらず、相乗りになる公算が大きい。従って、実質的には千葉市長選、静岡県知事選、東京都議選の三選挙が、自公 vs. 民主両党にとって、”負けらない前哨戦”になるだろう。麻生、鳩山両党首とも積極的に打ち出て、応援演説で一騎打ちを繰り広げるだろう。日刊ゲンダイ等の報道によれば、これら三大地方選挙とも激戦で、自公、民主両陣営が五分五分か、ホンのチョっとの差で民主優勢かもしれい、という。以下、三大地方選挙の現況報告:---

 (1)千葉市長選挙=自公推薦で2001年以来,再選されて来た自治官僚出身、鶴岡啓一前市長(69歳)が、公共工事実施とからんだ現ナマ収賄容疑で逮捕された事件にともなう”出直し”選挙である。自公両党は、建設官僚出身で鶴岡市政の副市長だった建設官僚出身、林孝ニ郎氏(63歳)を、推薦候補に推し、土建業界団体等を総動員して支援しているが、市民にスッキリした印象を与えていない。他方、民主党は、前市議で民主党県連のホープ、熊谷俊人氏(31歳)を、無所属にナオして立候補させる方針だが、熊谷氏は30歳をすこし出たばかりで、彼の経験不足を案ずる向きもある。

 (2)静岡県知事選挙=1993年以来、保守系をバックに四選を果たしてきた自治官僚出身、石川嘉延知事(68歳)は、静岡空港建設にともなう地元とのトラブルで五選目をアキラめた。自公両党は、元厚労省職業能力局長で前参院議員、坂本由紀子氏(60歳)を推し立てが、彼女には架空会議をデッチアゲ、出張パーティの名目で公金を手にいれた過去がある。他方、民主党は、日本有数の比較経済・文明学者で、静岡文化芸術大前学長の川勝平太氏(60歳)を推し出そうとしているが、地方政治家出身の前民主党参院議員、海野徹氏(60歳)も、立候補を表明しており、候補者一本化が勝敗のカギになる。

 (3)東京都議選=定数127議席、42選挙区での争い。現在、石原慎太郎都知事の与党で、第一党の自民党は現有48議席で、これを減らしたくない。公明党は現有22議席で、東京23区での全候補者当選が次期都議選の大目標。他の市部、郡部でも必勝を期し、全国の公明党支部、創価学会地方組織から選挙応援運動に来て貰っている。他方、民主党は現有34議席を40議席に増やす野心を燃やしている。共産党も現有13議席を伸ばす意欲満々。世田谷区に住む我が家にも、創価学会や自民党の末端シンパから「お願いします」といった電話がかかり通しで、ろくろく本も読めない。
(R・H)

昨日のRH氏のコメント是非お読み頂きたい。
 今朝の「新報道2001」“年金問題の大激論”一聴の価値があった。国民の多くは将来、年金は 破綻すると思っている。自公案がよいか、民主案がよいか、真剣に考えるべきだと思っている。
 ヤット体調が元に戻ったようです。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
迷走の麻生内閣。
2009/06/06 [Sat]08:46
category:放言
歳です。ご心配かけましたが、ひいた風邪がやっと快方に向かいつつあります。

『新型インフルエンザ対策での麻生総理・テレビ放映CM料は約3億円、出演否定論者が視聴者の79%』

 先月9日から今月1日までの二十二日間、麻生太郎総理は政府の新型インフルエンザ対策本部長として、全国の民放番組の合間、合い間などに、自分の顔をクローズアップさせたビデオを連日、流し、全国民に冷静、沈着な対応を促したが、このコマーシャル・メッセージ(CM)への国庫・支払い料金は、ナンと2億8783万円に上るコトが、このほど分かった。これは、鈴木宗男衆院議員新党大地)の質問書に対する政府答弁書で明らかになったモノで、鈴木議員は公費の巨額ムダ使いを批判し、さらにその裏、政府・与党の次期総選挙対策が隠されていたのではないか、と疑っている。

 鈴木宗男議員は、また新型インフルに対する麻生総理の”切り口上”とは反対に、世間に対し「総理自らの出演で、コトを大げさにする逆効果を招いた」とも、非難している。ちなみに、ポータル最大手のYahooがインターネット上で、「新型インフル騒ぎ収拾への、太郎総理出演は良かったと思うか、どうか」、と視聴者に問い合わせたところ、6月5日夜までに1万ちかい投票(クリック)があり、「麻生出演は良かった」21%に対し、「太郎総理は出演しない方が良かった」が、実に79%の圧倒的多数を占めた。
(R・H)
後世の史家が麻生内閣をどう評価するだろうか、私なりに認めてみると要点次ぎの通り。
一、日本語が満足に読めない。
二、迷言、暴言が多い。
三、権力に執着心が強く、優柔不断(解散時期の迷走)。
四、依怙贔(えこひいき)が強く、権力の私物化(世襲議員の大臣の多くの登用や前北九州市長の内閣参与への起用など)。


テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
ドロ舟にしがみつく公明党。
2009/06/05 [Fri]09:29
category:放言
私が摩訶不思議に思うのは、立党の精神で、王仏冥合、中道主義を標榜した公明党が沈没寸前のドロ舟に何故かくもしがみつくのか。余程権力の甘い蜜を舐めているのだろう。
地方区は自民党、比例区は公明党と叫ぶ自民党は、政党の矜恃を捨て、堕落が始まったのではないかと思っている。“身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ”、じっと堪え忍ぶべきでなかったか。
 新進党が誕生し、細川内閣、羽田内閣で自民党が僅かな期間、野党になったときなりふり構わず、不倶戴天の敵であった社会党・村山内閣を誕生させたときから自民党の衰退が始まったと思う。
私はその時、自民党は野党として足腰を鍛える絶好の機会ではなかったのかと残念に思う。
 日本の未来のために、自民、民主の力が伯仲し、切磋琢磨、政権交代することが不可欠且つ重要だと確信している。依然として体調不良。
『不人気の麻生首相、会期末にも内閣改造断行か、千葉市長選の行方によっては東京都議選と衆院選の同時選挙』


 東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは6月4日、鳩山由紀夫民主党新代表の選出以後、再び人気低落気味になっている麻生太郎首相が、起死回生の一打として、今国会の会期末にも、内閣改造を断行し、人心再結集をハカるのではないか、と伝えた。これによると、閣僚の座から更迭のウワサが立っているのは、(1)郵政民営化の”旗振り役”、西川善文・日本郵政社長解任を明言して、麻生首相らの同意を得ていない鳩山邦夫総務相、(2)西松建設の違法・政治献金受領問題で、世論の非難にさらされている二階俊博経産相、(3)妊娠中の小渕優子少子化対策相らで、現在、財政・金融面で三大臣を兼ねている与謝野馨財務相のポストを、一つ外すコトもあり得る、とされている。

 日刊ゲンダイなどが報ずるところによると、その代わり、自民党内・最大派閥”町村派”の長、町村信孝元官房長官を、上記、財政・金融面での一閣僚に据える公算が強い。さらに、後藤田正純、河野太郎らの若手議員を、閣僚または党内の要職につける案も浮上している。”地味すぎる”河村建夫官房長官、細田博之自民党幹事長らを更迭し、国民的人気がいぜん高い舛添要一厚労相をアテる案もあったが、舛添氏が参院議員であるコトなどが難点となって、立ち消え、むしろ石原伸晃幹事長代理を正・幹事長に昇格させる案なども出ている、という。

 一方、自民党は、来たる6月14日、投開票の”百万都市”千葉市の市長選挙を、全力で勝ち取る方針で、公明党とも連携して、建設官僚出の前副市長、林孝一郎氏を推薦し、応援している。この千葉市長選が自民党側に有利に働けば、7月12日の東京都議選と、衆院選とを同時に重ね合わせて実施する「ダブル選挙もあり得ないコトではない」とする情報も、自民党内に流れている。
(R・H)

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
寄る年波には勝てんな!
2009/06/04 [Thu]11:52
category:日記
『七歳以上、年が離れた奥さんを貰うと、男は長生きする、女は逆』

 「7歳以上、お年が離れた奥さんを貰うと、男性は長生きする」---長寿研究で有名な、ドイツのマックス・ブランク研究所が、1930年から、ナンと75年間のデンマークにおける夫婦の長寿率を調べ続けてきた結果、以上のような結論を、このほど打ち出した。とくに15歳から17歳も、年下の女性を妻にした場合、夫となる男性は、平均寿命より生きながらえる確率が20%も高いコトが、分かった。妻との間に、下に7歳から9歳の年齢差を持って結婚した男性も、平均寿命より延命するコト、11%だという。逆に、年上の女性を妻とした場合は、早死(?)する可能性が少なからずあるそうだ。

 他方、妻となる女性側から見た場合、7歳から9歳、年上の男性を夫とすると、平均寿命より早死(?)するケースが20%に上り、さらに上に年齢差15歳から17歳の夫をカカえる場合は、平均寿命より死(?)が早まる可能性が30%もあるという。
(R・H)

政局も慌ただしくなってきたが、体の調子が悪く、RH氏の転写のみ。
鳩山新代表に来たる。6月7日(日)15.20~16.00、於・黒崎駅ペデストリアンデッキ。

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
性を楽しむ。
2009/06/02 [Tue]09:10
category:日記
『性生活にも知性が必要、知的な女性ほどセックスも楽しんでいる、英国の調査』

 「頭が良く知的な女性ほど、男性側の欲求を理解して、自らもセックスを楽しみ、パートナーにも充足感を与えている」--こうした主旨で、性生活にも知性が必要なコトを説いた論文が、このほど英医学界誌「The Journal Of Sexual Medicine(性医学報)」に掲載された。英紙、デーリー・テレグラフによれば、発表者はロンドンのキングス・カレッジ性生理学担当、ティム・スペクター教授と、性心理学担当、アンドレア・ブミ講師で、両氏は人間の知能には、性生活などをツカサどる感情的知性(Emotional Intelligence、略称・EI)が存在すると断じ、これを指数化した。女性の性生活への満足度は、このEIの高低に大きく左右されている、という。EIは、ほぼ知能指数(IQ)に比例している。

 スペクター、ブミ両氏は、ここ数年間、18歳から83歳まで、延べ計、2035人の女性に対し、性行為を主にした性生活や、ベッドルームなどの生活環境などを、詳細にアンケート調査し、さらに各種の知能検査や感情認知度テストなども重ねた結果、統計を取って、冒頭の結論を打ち出した。調査対象の女性、2035人のうち、約30%がセックスしても、オーガスム(最高潮の陶酔感)を味わうコトが少なく、その性生活に不満をいだいていたが、実はこの”不満派”女性には、EI25以下の婦人が多かった、という。EIが高くなればなるほど、一般的には性行為などに工夫を重ね、オーガスムを味わう回数も多くなっている、といわれる。両氏は、人類の生存、発展のためにも、性生活を含めた”人間の営み”への知性の寄与、向上が必要、不可欠だ、と強調している。
(R・H)

昨日、中国革命の父といわれた孫文のことを書いた西木正明著【孫文の女】を一気呵成に読み終えた。女性関係の豊富さにも羨ましたかったが、頭脳明晰で未来に夢のある男性に女性は惹かれるのだな!

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
中国の発展。
2009/06/01 [Mon]08:26
category:放言
『GDPで中国が日本を追い越し世界第2位へ、今年中にも、中国の見方』

 その国の総生産力をあらわす国内総生産(GDP)では、現在まで日本がアメリカに次いで、ズッと世界第2位だったが、世界金融危機と世界同時不況の結果、日本は二ケタという異常なマイナス成長におちいり、比較的、これらの”被害”が小さかった中国に追い越され、2009年内にも、GDP第3位以下に転落する可能性が大きくなっている。これは、産経新聞が上海支局発で、このほど伝えて来たニュースで、もともと清華大学世界経済研究センター主任、李稲葵教授らが発表した予言ではあるが、いまや上海、香港、北京各政財界の”常識”になりつつある、という。

 ”世界の生産工場”をもって自任し、一党専制下、高度成長政策をとり続けて来た中国は、そのGDPがここ数年間で、イタリア、フランス、イギリスなど、西欧先進国を、次々に抜き去り、2007年にはドイツも追い越して、GDPで世界第3位にノシ上がっている。2009年の国別成長率(見込み)は、国際通貨基金(IMF)などの推定でも、日本は世界最低ラインを”迷走”するモノと予想されているが、他方、中国はややモタツキ気味とはいえ、今年も年率、8%前後の成長をとげるモノと、上方修正されている。

 今年のGDPにおける日中逆転説を裏ずけているのは、こうした中日間に生じる年間成長率の”大差”のほか、一向に景気振興策が具体化しない日本経済のデフレ傾斜と、いち早く巨額の公共事業着手に踏みきった中国の景気回復策、そして中国人民元に対する日本円の為替相場・下落傾向なども、少なからず、影響している、と李教授らは言う。IMFなどの調べによると、2008年の日本のGDPは3480億米ドルだったが、中国は2950億米ドルで、すぐそこまで迫っている。

  ただ人口1億の日本と、人口13億の中国とでは、国民一人ひとりの富にあたる1人あたり国民所得は、今後かなりの期間、日本が中国を上まわり続けるモノとみられている。
(R・H)
自宅の造作中とかで、RH氏のメールもコメントも来ないし、依然として頭も体がスッキリしない。


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  COMMENT(1)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ