プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
女性上位時代に突入。
2009/04/30 [Thu]08:53
category:日記
『「彼氏」の童貞はむしろ歓迎、愛する二人で”道”を共同開発、10-20代の女性二千人の答え』

 「愛する彼氏」がサァ、イヨイヨという段になって、童貞だと分かった場合、貴女はどんな態度をとりますか?。女性ファッション誌のスタイル・ウォーカーは、婦人専門の調査機関「女史の法則」と協力して、全国で、10-20代のウラ若き女性2000人に対し、こういう問いを浴びせて、アンケート調査していたが、このほどマトマった結果は「女性の7割以上が、相手の童貞か、どうかを気にせずに、愛するカップル二人で力をあわせ、”道を開く”」という常識的な結論だった。

 「彼氏の童貞」に対するアンケート調査への彼女側の答えは、百分比で次の通り。
(1)とくに何とも思わない、その”道”を二人で協力して”開発”する=54%。
(2)むしろ大歓迎、同じく”共同開発”=9%。
(3)自分がリードする、”道”を教えてあげる=8%。
(4)身を引く、別れることもある=6%。
(5)女友達に”対応策”を相談する=4%。
(6)「彼氏」を励まし、心身ともに”奮起”させる=1%。
 
 回答して来た彼女たちの「彼氏」の多くは20代で、「彼氏」が30代以上になっても童貞の場合は、やはり「彼氏に問題あり」とする懐疑的な答えが多数を占めた。
(R・H)

私のブログにエッチなコメントがあり即削除するが、時に開いてみると、時代が大きく変わったとみえて、女性から逆援助交際の“童貞募集”が多い。
いつぞえ、このブログで紹介したが、円高にかこつけて、韓国にヨン様買いに行く女性が多いというし、“新婚さん、いらっしゃい”のテレビをみても完全な女性上位時代だ。その筋の専門家の情報によると、「伊勢物語」よろしく、特に施設にいる健康な老未亡人は、“冥土の土産”に、男性と最後の性の交わりをしたがるそうである。まさに“灰になるまで”である。
新婚初夜を思い出したらお分かりのように、相手が処女の場合、成功するのに悪戦苦闘したものだ。

私のブログに早朝の割に、誤植が大変少ないのは、親しき友人Hさんのお陰である。

テーマ:新しい出会いを探して! - ジャンル:恋愛

  COMMENT(1)
政治家の世襲制。
2009/04/29 [Wed]07:46
category:放言
『民主党は議員世襲問題を次期衆院選の争点に、党公約に盛り込む、自民党も一、二年生議員に世襲制限推進の芽』

 野党、民主党は、国会議員の世襲問題を、次期衆院選の争点として大きく取り上げる方針で、鳩山由紀夫幹事長、菅直人代表代行らが4月22日、企業、団体による政治献金禁止とともに、議員世襲の制限案を、なんらかの形で、党公約に盛り込みたい意向を明らかにした。岡田克也副代表を本部長とする民主党政治改革推進本部は、先月下旬いらい、同党所属の衆参両院議員約230人に対し、議員世襲問題について、アンケート調査してきたが、同日現在、その約7割が集まり、回答の過半数が、議員世襲の弊害を嘆き、なんらかの形で、国会議員の世襲立候補を制限すべきだ、と訴えてきた。

 一方、自民党はいぜん議員世襲制限に反対の声が強いが、反面、平沢勝栄、鈴木けいすけ両衆院議員に続け、松浪健太氏ら”一、二年生”国会議員、約30人が「自民党を刷新する第三世代の会」を結成し、ここでは議員世襲制限の問題を推進する姿勢をみせた。

 現在、衆院議員480人中、約130議員が両親もしくは祖父母から小選挙区を受け継いだ世襲議員で、うち107人が自民党、17人が民主党に各所属している。地方議員や地方自治体首長を親などにする議員を合わせると、世襲議員の数はモッと増えるだろう、という。
(R・H)

最近、急速に議員世襲が問題になってきたが、間接の動機は麻生内閣の顔ぶれだ。一番悪いのはそんな二世・三世に投票した国民だ。国民は私を含めて本当にバカだ。
我が国の文化・伝統を破壊したのは、小泉の郵政改革だと言われているのに、「次の総理のナンバーワン」が依然として、小泉純一郎というのだから“何おか況や”。その上、自分は引退して息子にバトンタッチを、お披露目するに及んで呆れ果てた。恐らく横須賀のミーハー族は当選させるだろう。
小沢一郎パッシングにしても、世論は気まぐれ。その点、彼は息子を自衛隊員にしているのは見事。

今朝、幸いなことに3時に目が覚めた。「にっぽんの歌、心のうた」は、“東海林太郎”の特集だった。
直立不動の姿勢で歌う姿が瞼に浮かび、前奏曲から歌詞まで口ずさみ、戦争中の学徒動員を思い出した。

テーマ:いまのニッポン我慢ならん! - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
太郎チャンは落語・漫才のネタ提供。
2009/04/28 [Tue]08:10
category:放言
昨日はブログを休み失礼しました。福岡4名。筑後4名、北九州2名。筑豊1名計11名のささやかな懇親会を宗像・玄海ロイヤルホテルで一泊、午後帰宅。二日酔いで書く気力喪失。
席上、話題は政局に花が咲き、解散時期、太郎総理の放言、政権交代問題etcが話題になり、話が古賀誠の再選に及ぶと、小選挙区で落ちても比例区で当選するだろうとのことだった。
私は“今日行われている名古屋市長選は、民主が必ず勝つ、その理由を”予言したが、昨朝の新聞を見て驚いた。ダブルスコアの大差だった。これで解散は任期ギリギリだろう。
何となれば、解散すれば、最低でも小泉チルドレンは落選し、大幅に議席を減らし、一日でも長く総理の座にしがみつきたい、権力亡者の太郎は総理を辞めざるを得なくなるからだ。
一昨日・日曜日の「笑点」、昨日の「真打ち競演」でも総理の漢字誤読がネタになり、視聴者の爆笑を誘ったが、太郎ちゃんは恥ずかしくないのか。単に野垂れ死にするだけでなく、歴史に、日本語の読めない総理として燦然と輝くだろう。
 一方、小沢代表も政治にカネがかかるのだから遠慮せず、使途を堂々と言うべきだと思う。代表を辞めるか続投するかは、それからのことではないだろうか。

 一昨日のRH氏のコメント次ぎの二編を御必読されたい。

『“庶政一致”は名古屋から始まるか。民主推薦候補の市長選大勝』

『太郎総理の旧麻生鉱業が戦中、捕虜を酷使。巨富を蓄積したとして豪老兵に謝罪、補償を要求される』

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
国家権力の横暴
2009/04/26 [Sun]09:08
category:放言
 今回の事件は微罪なのに、警察の家宅捜査は完全な行き過ぎである。以下のRH氏の意見にあるように、戦前の旧制高校、大学予科、専門学校では、ストームといって、広場に焚き火を燃やし、それを囲み酒を飲み踊りながら放歌・放吟し、興至れば真っ裸になり、“みんなで渡れば恐くない”とばかりに遊郭に登楼したものである。“泣く子も黙る”といわれた特高・憲兵でも逮捕しなかった。
小沢代表の秘書は逮捕しても、同じ疑いのある二階通産大臣は依然として放置している警察・検察のファッショ化と横暴が目につく。
漆間発言にみられ、総理の諮問機関に元検事総長を参加させるなど三権分立が危ぶまれ、検察の右傾化が気に懸かる昨今である。

『草ナギ剛スッポンポン逮捕、家宅捜索までした警察に批判高まる、鳩山総務相「最低人間」呼ばわりを訂正、中国は「アジアを震撼させた事件」と報道』

 国際的に有名なコーラス・グループ、SMAPの一員で、巧みな韓国語を使い、日韓文化交流にも一役、買っていたスター、草ナギ剛(34歳)のスッポンポン逮捕、留置のニュースは、我が国各民放局のワイドショー視聴率を2・5-6・5%も上昇させ、さらに中韓、東南アジア各国に報道されて、「草ナギの咆哮(ホーコー)は全アジアを震撼(シンカン)させた」(中国・「新浪」網)。草ナギが微罪処分で解放された今は、海外のみならず、国内でも朝日テレビの鳥越俊太郎コメンテーターのように「警察のチョッと、やり過ぎ」とする批判の声の方が、強くなっている。

 タレントの長島一茂氏は「若いトキは、よくあんなコトをやる。アソコまで司直の手が伸びるのはオカしい」と大嘆息。石原慎太郎東京都知事も「騒ぎ過ぎじゃぁなかったかナ。オレだってシャクにさわって、素ッ裸かになりたいトキがあるヨ」と、草ナギ同情論。高齢者には、戦前、戦中、終戦直後の旧制高校、専門学校時代、スッポンポンのハダカ祭りを楽しんだ記憶がある。評論家の大谷昭宏氏は「警察としては、彼をタンカにのせて、一晩、警察に泊まらせ、翌朝・説諭のうえ釈放というのが、適切じゃぁなかったか」と言っている。

 警視庁は、もう一つ重罪を課したかったのか、4月23、24両日、草ナギの自宅を家宅捜索したが、薬物はナニも発見されなかった。飲み過ぎで体調を崩した草ナギを、都心の病院に担ぎ込んでもいる(すぐ回復して原宿署に舞い戻り)。けっきょく警視庁は草ナギを、公然ワイセツ容疑だけで立件し、彼の身柄を最寄りの区検に送致したが、彼は微罪として、すぐ釈放されている。田中喜代重弁護士は、家宅捜索を”不要”の職権濫用だとして、区検への身柄送致を”公開”したコトについても「スターの弱みを天下にサラさせようとした警察の悪意が感じられる」と非難。鳩山由紀夫民主党幹事長は「家宅捜索まで、やらなくちゃぁならぬ事件かナ?最近の警察、検察のヤリ口には違和感を覚える」と批判している。
(R・H)

テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
自祝ー130000突破。
2009/04/25 [Sat]08:30
category:日記
 毎日コツコツ書いて一昨日、遂にアクセス130、000突破。途中、山あり谷あり、何度止めようと思ったか数知れず。その都度、RH氏の励ましと資料のメール、アクセス常連の方の激励で今日まできました。なかでも実に不愉快な悪意にみちた、あるグループと思われる、激しい読むに堪えない非難のコメントが、過去三回ありました。
私は「ブログは立ち上げた人の日記であり随筆だ。権力や公人の批判・非難は書いても、私人は絶対に書いていない。悔しかったら“人のフンドシで相撲を取らず”自分のブログを立ち上げれ」と、即刻ことごとく削除しました。今後も削除するか、管理者の承認制にします。

今朝4時からの『ラジオ深夜便ーこころの時代』は、目が覚めたら偶然、ベギー葉山さんの“歌って愛して介護して・・・・そして今”だった。こころが洗われる思いで聞いた。

『世界同時不況による避妊ー少子化現象で、コンドーム・メーカーは大儲け、「薄くて強い」相模ゴムは史上、空前の売上げ』

 「風吹けば桶屋が儲かる」というコトワザがあるが、「世界同時不況の大嵐で、避妊具メーカーは大モウケしている」のは、現実である。このほど日経新聞が伝えるところによると、世界有数のコンドーム製造業者、相模ゴム工業(本社・神奈川県厚木市)は、今年3月末・決算で、前期に比べ、経常利益が約4倍の4億円ちかくに増え、コンドームなど、避妊具の海外輸出は史上、空前の売れ行きだった、といわれる。

 こうした相模ゴム工業のコンドームなどの”馬鹿売れ(?)”は、株式相場にも即・反応。東証2部で、それまで一株190円前後をウロついていた同社の株価は4月17日、一時、一株265円という年初以来の超高値をつけた。

 相模ゴム工業のコンドームは「薄くて、伸びも良く、強い」という定評があったが、加えるに世界同時不況による家庭経済圧迫ー避妊ー少子化の世界的傾向が、油をさし、飛ぶように売れている。開発途上国のみならず、欧米や韓国などからも、薄型コンドームへの引き合いが殺到し、その対応し同社はテンテコ舞いしている、という。
(R・H)

テーマ:生活に役立つ情報 - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
『三陸沖コンブ』
2009/04/24 [Fri]07:48
category:日記
『三陸沖コンブ』と『根昆布ジャム』

 世は昆布は北海道産と言われています。三陸沖は、地理の教科書で習ったように、北からの千島海流の寒流と南からの日本海流の暖流が激突し、海岸はリヤス式で、すぐ横に世界世界最大級の水深8000㍍の日本海溝です。従って大量に採取できないし、それが最高に美味しく、最高の栄養価を誇り、品薄と高価の秘密なのです。
三陸沖のワカメはスーパーで売っていても、コンブは大変少ないはずです。
インターネットで調べて頂ければわかりますが、コンブにはアルギン酸やフコイダンという水溶性の食物繊維が大量に含まれ、血液中のコレステロールを減らして動脈硬化や心筋梗塞や脳血栓など、血液に関する病気の予防に大いに効果があるのは常識です。
またネットによると、その他、杭ガン、中性脂肪低下、血圧・血糖値上昇抑制、 前立腺肥大など様々な作用があり、古来からコンブは、就中(なかんずく)根昆布は民間治療薬として使用されてきました。
『根昆布ジャム』は、三陸沖コンブを原料とし、甘味料として、健康と美容に効果のあるアラビノとトレハロースを使用しております。
健康で長生きしたい方、特に病気や病弱な方にお勧めします。

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

  COMMENT(1)
痴呆症にならぬために。
2009/04/24 [Fri]07:32
category:日記
『少し多めにコーヒーやお茶を、ナカのカフェインがアルツハイマー病予防に効く』

 このほど読売新聞などが報じたところによると、頭脳の働きを極度に衰弱させるアルツハイマー病・予防のためには、覚醒・興奮作用が顕著なカフェインを含むコーヒー、紅茶、緑茶などを、少し多めに飲むのが良いと、という研究結果が明らかにされた。森隆・埼玉医大准教授が率いる同医大チームと、米フロリダ州アルツハイマー病研究センターとの共同実験・研究によるもので、実験動物・マウスで試した結果、アルツハイマー病抑止に効いたので、ちかく実際に人間に対しても実験してみる。これらの結果は逐次、米医学会誌に発表される、という。

 物忘れなど、”痴呆”症状がヒドくなるアルツハイマー病の主因は、脳にタンパク質・アミロイド・ベータが異常に蓄積され、その過剰作用で、人間等、動物の知能をつかさどる神経細胞が死んでしまうからだ、とされてきた。森准教授ら、日米共同研究チームは、由来、アミロイド・ベータが畜積されやすいマウスに、一匹、一日あたり1・5ミリグラムのカフェインを水に溶かして、4-5週間、続けて飲用させたところ、まったくカフェイン分を飲んでいない他のマウスに比べ、ほとんど記憶力が低下していなかった。一日あたり1・5ミリグラムのカフェイン飲用は、人間にあてはまれば、毎日カップ5杯分のコーヒーを飲み続けることに、相当するという。

 森准教授らによれば、アルツハイマー病患者の場合、脳内、海馬(カイバ)などの大脳皮質で、アミロイド・ベータが蓄積され過ぎて、知覚神経の働きが邪魔されているのだが、カフェインには、アミロイド・ベータをつくる酵素の働きを抑止する効果があることが分かった、そうである。
(R・H)

糖尿病による痴呆症になって十数年間寝たきりの知人がおり、悲惨だったのは、その妻が看病疲れから先に亡くなったことである。経済的には多額の年金と財産があり、心配ないようだが、まさに“穀潰し(ゴクツブシ)”だ。本人は何もボケていて心配がない上、至りつくせり治療で至って元気。
これでは国家財政が赤字になるのは当然だ。ある医師から聞いた話だが、臓器移植法が成立すれば益々赤字が増大するだろうとのこと。
知人の大多数は延命治療で苦しみながら死にたくないと言っているが・・・・。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
天下分け目の名古屋市長選。
2009/04/23 [Thu]08:30
category:放言
『オバマ米大統領の”神通力”にアヤかろうとする各候補、名古屋市長選挙は終盤戦』
 
4月26日、投開票の名古屋市長選挙は、河村たかし(民主推薦)、細川昌彦( 自公推薦)両候補がデッド・ヒートで終盤戦に入り、これを太田義郎候補(共産推薦)が追う形になっているが、これら各候補とも、昨年秋「庶政一新」を掲げて当選したオバマ米大統領の”神通力”にアヤかろうとしているかに見える。各候補とも、オバマ大統領が選挙戦中、使ったキャッチフレーズや新政策に似た演説や政綱を、盛んに市民にアッピールしているのだ。ここ数ヵ月内に行われるはずの衆院選でも、同様「オバマさんにアヤカろう」という動きが全国に出て来るだろう、との見方が強い。

 民主推薦の河村候補は、オバマ大統領が言葉の端々に使う「チェーンジ(change、変革)」の”借用”はもちろんのこと、選挙公約の第一番目に「市民税の10%減税」を掲げ、「オバマさんは日本円にして、20兆円も減税しようと言っている。我われに出来ぬハズはない」と、ブチまくっている。「チェーンジ」という言葉は、共産推薦の太田候補でさえ”借用”し、演説のナカどころか、事務所にも選挙カーにも、「Change Nagoya」というステッカーが、ベタベタ貼られている。

 これに対し、自公推薦の細川候補は、オバマ大統領が新政策の”目玉”にしている「グリーン・ニュー・ディール(Green New Deal、新緑化政策)」を”借用”し、「名古屋のグリーン・ニュー・ディール」を訴えている。自動車の普及率では、全国有数という名古屋のマチを、新緑化政策で、より奇麗にすることを目指し、そのための新公共事業によって、雇用増進もはかろうと、ブチまわっているのだ。
(R・H)
日本の弥栄のため死んだ兵士を祀る靖国神社の春季例大祭に、麻生総理が「真榊」と呼ばれる供物をしたことは大変よかった。参拝すればまだよかった。
RH氏から多くのメールが送られて、あれも載せたい、これも載せたいと思い、同時に二編か三編載せること出来ないかと工夫してみたが、一編しか転写出来なかった。従って焦眉の名古屋市長選に絞った。
いま諸田玲子氏の小説『灼恋』を読んでいるが、三代将軍・家光、四代将軍・家綱の後継を巡って、綱吉、綱豊(家宣)の大奥の女性を巻き込んだ権力争いは、手に汗を握る迫力がある。



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
名古屋市長選、民主がリード。
2009/04/22 [Wed]07:52
category:放言
【「負けられぬ一戦」、「政権交代にハズミを」と民主党幹部が名古屋市長選支援に集結、河村たかし民主推薦候補が一歩リード】

 「負けられぬ一戦だ」として、4月26日投開票の名古屋市長選挙を前に、民主党推薦・河村たかし候補(前衆院議員)応援のため、同党幹部が続々、この220余万・大都市に集結している。週末18日に菅直人代表代行、翌19日に鳩山由紀夫幹事長が”中京”入りしたのに続き、今週中には小沢一郎代表も駆けつけ、政権交代への弾みをつける構えを見せている。

 名古屋市長選候補者のナカで、”本命”視されているのは、民主・河村たかし候補と、自民党推薦・細川昌彦候補(元中部経済産業局長、前中京大教授)だが、4月16-19日間おこなわれた中日、朝日両新聞の世論調査では、いずれも河村候補が一歩、細川候補をリードしている。終盤戦が迫るにつれ、名古屋市民の関心も高まり、4月19日現在、”期日前投票”した有権者数は3万6000人ちかくに達し、前回市長選挙の際の3・5倍にも上っている。

 中日新聞の世論調査によれば、名古屋市長選挙に対する”西松建設・違法献金問題”の影響は、「直接ない」との答えが54・8%で、「影響あり」の31・2%を、ズッと上まわっている。反面、15兆余円に上る政府側・景気振興策と今度の市長選との関係は、「影響あり」が28・8%で、「影響なし」の59・1%を下まわっている。

 こうした情勢下、自公両与党幹部は、衆院解散ー総選挙の時期について、2009年度補正予算案ならびに同関連法案の成立後とする情報を流し、とくに公明党の北側一雄幹事長、高木陽介選対委員長らが「東京都議選後の8月中旬以後」説を表明している。自民党の一部には、現衆院議員の任期満了時(9月10日)まで待って、その一ヵ月後の”10月総選挙”説もササヤかれているそうだ。
(R・H)
昨日、東京首都圏で読まれている「日刊ゲンダイ」の情報として“次期総選挙で67人の自民党現職議員がヤバイ”と具体的な大物議員の名前が紹介された。ご参考までに。
『根昆布ジャム』お陰で注文が続々です。
単に健康と美容の補助食品だけではなく、嗜好品としてまたは薬として利用して食べていただきたい。パンに塗ることが基本だが、お湯で溶かして飲むもよし、ヨーグルトに混ぜて飲むのも美味しい。

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
政権交代の声は定着か?
2009/04/21 [Tue]08:38
category:放言
『フジ・テレビの最新世論調査、麻生内閣支持30%となったが、次期衆院選での支持政党一位は民主党』

 麻生内閣への支持率が20%を越えていた4月16日、フジ・テレビは東京首都圏約500人の成人男女に対し、電話世論調査をしたが、その結果が同19日、公表された。それによれば麻生内閣への支持率は、初めて30%に回復し、「麻生、小沢両党首のうちドチラが総理にフサわしいか?」という質問に対しては、麻生首相を推す声が小沢代表推挙を15%ちかく上まわったが、次期衆院選における投票政党トップは民主党という、矛盾した結果が明らかになった。同電話世論調査の詳細は、次の通り。

(1)次期衆院選に投票したい政党(候補者)=民主党27・6%、自民党24・4%、公明党3・2%、共産1.8,社民党1・0%、国民新党0・2%。
(2)麻生内閣への支持率=支持30・0%、不支持61.4%。
(3)麻生、小沢両党首のうち、首相にフサワしいのはドチラ?=麻生太郎40・6%、小沢一郎25・8%。
(4)次期衆院選後、期待する新政権のカタチ=民主・自由の大連立25・4%、民主中心の連立19・2%、自民中心の連立15・0%。
(5)総理大臣として推したい政治家=<<現・与党>>小泉純一郎10・0%、麻生太郎8・2%、舛添要一6・8%、与謝野馨6・6%、石原伸晃4・4%、石破茂3・8%、小池百合子3・3%、鳩山邦夫1・6%。
<<現・野党>>小沢一郎6・0%、岡田克也4・6%、菅直人3・0%、渡辺喜美3・0%、前原誠司2・2%、鳩山由紀夫2・0%。
<<その他>>石原慎太郎6・8%、東国原英夫4・8%、橋下徹3・4%。

(R・H)

明日、名古屋市長選における朝日、中日新聞の世論調査を書く予定だが、民主がリード。
フジの世論調査では、小沢代表への批判は依然として根強いが、政権交代の声は定着してきたのが証明されたように思われる
私は、昨日の小倉でのパーティで、小沢代表は政治献金の使途のaboutを説明するのではと期待していたが、触れなかったことは残念だった。
街の政治評論家のはしくれとして思うことは、総理は解散時期を迷っているようだが、遅くなればなるほど、、自公政権は不利になるだろう。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
老人に朗報?
2009/04/20 [Mon]07:48
category:放言
『”不況知らず”の”銀髪ポルノ”、74歳の男優と72歳の女優が組んずホグれつ』

 知る人ぞ知る、日本のアダルト映画界は過去10年間に売り上げを倍増させ、年間2兆円をカセぐ”不況知らず”の産業だが、業界筋によれば、その20-30%は中高年齢層をお目当てにした”銀髪ポルノ”だそうである。これは、我が日本が急速に少子・高齢化社会になり、手厚い年金などで余裕ができた老人が増えてきたことにもよる。

 ネタとしては、近親相姦モノが多い”銀髪ポルノ゛製作業者のナカで、ひときわ業績をあげているのは、東京の「ルビー徳田企画」で、年間”銀髪ポルノ”100本以上のビデオ、DVDを制作している。この「ルビー徳田企画」の社長こそ、これら”銀髪ポルノ”の主演を務めるコトが多い芸名、徳田重男さん(74歳)。成人二人の子持ちで、もともと旅行代理店の重役をしていた、リューとした老紳士。重役時代もアルバイトで、ちょくちょくAV映画に出ていたそうで、それを加えると、ポルノ男優歴・15年、ハード・ポルノへの出演回数は無慮300回以上で、このほど仏通信社AFPが「アジア最高齢のポルノ男優」として、世界に報じた。

 銀髪スター(?)徳田重男さんと”対決(?)”するポルノ女優のナカで、最高齢者は伊藤富士子さん(72歳)。あまり前歴を語りたがらないが、太平洋戦争中、東京大空襲でイエを焼かれた経験者で「戦争より、AVで平和を楽しみましょう」と、訴えている。徳田さんはニュー・スター(?)の”発掘”にも熱心で、最近は山梨県甲府市から、三咲エリナさんという50代後半の”熟年美女”をスカウトし、みずから彼女の演技をテスト(?)した。「僕は、性の可能性を80代までタメす積りです。”銀髪ポルノ”は、孤独になりがちな老人たちに夢を与えます」と、意気軒昂として語っていた。
(R・H)

格調高いブログから一大変身。
卒寿ともなると、“その気はあっても鍋滾らず”、少々のことでは躍動しない。是非見て、感動するかどうかは別として、春を蘇えさせてみたい。
昨日のRH氏のコメント【北野誠“追放”問題続報、村西とおるも。内外タイムス取り上げる】を読むと言論の自由が脅かされて居るような気がしてならない。

テーマ:生活に役立つ情報 - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
無題
2009/04/19 [Sun]07:42
category:放言
[『太郎総理、高級バー通いを完全復活、慢心から失言を側近が心配』

 各世論調査で麻生内閣支持率が20%以上に回復したこともあって、自信タップリになったのか、麻生太郎総理は、昨年、世論からタタかれ”自粛”していた、高級ホテルの”超一流バー通い”を、いまや完全に復活した。4月にはいり17日間、夜の外食は計7回で、このうち深夜、高級ホテルの超一流バーなどへ”はしご酒”した日数は、4日にのぼると、読売などの各紙は伝えている。とくに先先週は与党幹部らとの打ち合わせ等もあって、平日は一度も首相官公邸で夕食をとっていない。太郎総理の自信回復はよいが、慢心から、また失言するのではないか、と側近筋はヒヤヒヤしている。
(R・H)

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
うかれ太郎。
2009/04/19 [Sun]07:34
category:放言
『新宿御苑で麻生総理主催の観桜会、自作歌(?)とその反歌』

 麻生太郎総理は4月18日昼、新宿御苑で内閣総理大臣主催の観桜会を開き、終始ご機嫌だった。招待客は1万1000余人で、松本零士氏ら有名漫画家や、大衆文化のセンター・秋葉原からスタートした人気アイドル・グループ「AKB・48」のメンバーも招かれた。太郎総理が出身地、福岡県の桜を思い浮かべて詠んだという、次の自作(?)和歌は、2009年度補正予算案などの景気振興策による、今春以後の日本経済活性化、自民党長期政権維持への願いがこめられていた。

 「ふるさとに、はや桜咲く故(ユエ)問えば、冬の寒さに耐えて、これあれ」(途中で、その一節を忘れたトコロを見ると、自作歌か、どうか)

 この桜にコト寄せた自作歌(?)がインターネットで紹介されるや、すぐ2ちゃんねるなどの掲示板に、以下のような皮肉をこめた反歌(?)が寄せられた。

(1)「ふるさとに、遅き春の景(ケイ)、問いぬれど、竹も泉も枯れて、声なき」
(2)「桜より仕事、散り行く巷(チマタ)には、夏を待たずに、秋葉(アキハ)枯れ逝く」
 
 事実、総理主催・観桜会が、不幸にも、その内閣に暗影を投じた歴史的過去がある。第一は、1999年、総理就任後、最初の観桜会で、長期政権持続への決意を表明した小渕恵三首相が、翌2000年の第二回観桜会を待たずに、脳コウソクで倒れた事実である。第二は、そのアトを継いだ森喜朗首相が代わりの観桜会を開いたものの、その後、人気が低迷し、翌2001年の観桜会直前、退陣表明に追い込まれた事実である。
(R・H)

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
「男やもめにウジが湧き、女やもめに花が咲く」
2009/04/18 [Sat]08:43
category:放言
昨日のRH氏のコメント「【“第三の極”を立ち上げ救国保守大連合政権】を平沼赳夫氏が提言」を是非お読み下さい。
私も全く同感です。

『東京都議選と衆院選とを7月12日、同時ダブル投票か、日刊ゲンダイ報道』

 東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは4月17日、一面トップで、東京都議選が予定されている7月12日、同時に衆院総選挙の投票を行いたいと、自民党が創価学会、公明党側を打診しているというニュースを報じた。衆院選と東京都議選との同時ダブル選挙案は、昨年暮れにも浮上したコトがあり、その際は創価学会、公明党側が反対していたが、日刊ゲンダイは「今回の事情は違う」と述べている。総選挙を6月か、8月に想定、準備している民主党に対し、”ヒヨドリ越えの奇襲”的な効果があるので、創価学会、公明党側も、必ずしも「ノーではない」というのである。この衆院選、東京都議選の同時ダブル選挙案に対する公明、自民両党の”含み”はドコにあるか。日刊ゲンダイが伝える永田町消息筋の見方を、次に紹介する。

<<公明党の含み>>
(1)7月12日の東京都議選重視の創価学会、公明党の方針に変わりはないが、これまで「衆院選との同時ダブル選挙を避けたい」と言って来たのは、民主党をハグらかし、油断させる作戦だった。
(2)1989年7月と1993年6月の東京都議選後、3週間ぐらいで、前者は参院選、後者は衆院選があったが、いずれも公明党は勝利している。今回の同時ダブル選挙はそれ以上の効果がありはしまいか。

<<自民党の含み>>
(1)”西松建設・違法献金問題”で逮捕、起訴されている小沢一郎民主党代表・公設第一秘書の初公判が6月下旬はじまるモノとみられ、その直後の総選挙なら、もう一度、民主党にダメージを与えられる。
(2)公的な政党助成金の第二回配布日が7月20日と予定されており、その直前の総選挙投票なら、民主党候補者は金ケツ(欠)のドン底にある。
(3)7月初めには定額給付金の配布、効果も全国に行き渡っている見込みだし、2009年度補正予算成立による15兆余円の景気振興策も華々しく訴えられる。
(4)同時ダブル投票日の直前、7月8ー10日は、イタリアで先進国首脳会議(サミット)があり、”英語がうまい”麻生太郎総理の”活躍”が派手に報道されていよう。
(R・H)

「男やもめにウジが湧き、女やもめに花が咲く」は、けだし名言である。尊敬する87歳の熱血女史は殆ど家にいないし、我が愛する妹も何処に行くのか居ないことが実に多い。考えてみれば結構なことである。健康な証拠である。
「根昆布ジャム」を食べて10日間。人それぞれででしょうが、私は血圧が下がり便秘がよくなり、単に美味しいだけでなく健康食品である・
昨日久し振り会った熱烈な自民党支持者のTさんは、私に「政権交代は必要だが、小沢が総理になると思うとゾッとする」と言ったが、それは私が丁度、梅干しのタネのような太郎総理の顔を見て思うのと同様である。好き嫌い、それは理屈ではなく感情である。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
国歌権力による言論統制か?
2009/04/17 [Fri]08:07
category:放言
[ 『麻生内閣支持率20%以上に回復しても、総選挙では自公過半数を取れず、衆院選後は民主中心連立政権の予想、フジ産経グループ』

 西松建設の違法献金問題等が発覚して、民主党が深手を負い、各世論調査などで麻生内閣の支持率が20%以上に回復した現在、総選挙が行われたら、どんな結果が出るだろうか。フジ産経グループのインターネット・ニュース配信社、Zakzak は、政治評論家の小林吉弥氏らに依頼して、全国調査していたが、”政権交代”を望む民心は想像以上に強く、民主党が自民党を打ち破って、衆院第一党になり、民主中心の連立内閣誕生に道が開ける、という意外な結論が4月15日、出た。もちろん、この総選挙は、”西松違法献金問題”で傷ついた小沢一郎氏が民主党代表を退き、岡田克也氏が新代表になって”戦う”ことが、大前提にされている。小林吉弥氏らの調査結果による次期衆院選・想定各党別獲得議席数は、次のとおり(カッコ内は各党の現有議席数)。

<<現・与党>>
<1>自民党=小選挙区132(228)、比例63(76)、計195(304)。
<2>公明党=小選挙区6(8)、比例20(23)、計26(31)。
<3>与党系無所属など=小選挙区、比例を合わせて0(3)。
<4>以上、自公両党を合計しても221議席で、衆院過半数の241に届かず、下野しるかもしれない。

<<現・野党>>
<1>民主党=小選挙区150(53)、比例80(60)、計230(113)。
<2>社民党=小選挙区2(1)、比例5(6)、計7(7)。
<3>国民新党=小選挙区3(3)、比例1(2)、計4(5)。
<4>共産党=小選挙区0(0)、比例10(9)、計10(9)。
<5>新党大地と新党日本=小選挙区、比例を合わせ各1ずつ計2(1)。
<6>野党系無所属=小選挙区、比例を合わせ計6(5)。
<7>次期衆院選後の民主中心政権は、社民、国民新などの政党と組み、岡田克也氏が新首相。小沢一郎氏は民主党幹事長あるいは代表代行になるかもしれない。

 
 なお、中日新聞は4月15日、「リ-ダー不在の不幸」と題する社説で、漢字誤読の麻生自民、”西松違法献金問題”の小沢民主両現党首とも、知性、説得力などで、大政党リーダーの資格に欠けると断じ、新リーダーの登場を切望した。
(R・H) 

フジ産経グループは自民寄りのマスコミである。昨日のRH氏の内容が事実なら、重大問題だ。権力による言論統制ではないのか?。
先般の漆間発言にしても、13日初会合の太郎総理の諮問機関『安心社会会議』のメンバーに元検事総長を任命したことは、国家権力による司法への介入や言論統制の匂いがプンプンとする。
昨日私は“この道はいつか来た道”とブログに書いたが、その怖れありやなしや?
特に私は、最近の民主党、共産党の活動方針やマスコミの報道に疑問を感じている。



テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
この道はいつか来た道。
2009/04/16 [Thu]07:13
category:放言
[『タレント北野誠が政治的圧力で全番組から降板か、麻生総理の愛人暴露説、スポーツ報知なども断片的に報道』

 
 ややインテリ風の関西弁による軽快な語り口で、有名人をコキオロすトーク・ショーで有名だった、タレント北野誠(50歳)が、一週間ほど前から、全国10ちかい放送局のテレビ、ラジオ番組から、一斉に引きズリ降ろされたことが問題化し、自由投稿の”2ちゃんねる”などに、国じゅうの誠ファンから「政府、与党筋の政治的圧力があったのではないか」という書き込みが殺到、炎上(?)している。大阪府選出の日本共産党・参院議員だった宮本たけし氏らも「北野発言の不適切な点がピンと来ない」と、批判している。ただ「タカジンのソコまで言って委員会」(読売テレビ系)で仲間だった、”オタキング”(おタクの王様)こと、作家、岡田斗志夫氏は、あまり事件を追及しすぎると「かえって北野クンの身が危険になる」と、”北野降ろし”真相糾明に、むしろストップをかけている。

 かねてから北野誠の”毒舌”は評判で、5年ほど前には、歌手、山本リンダが全身整形手術して、テレビに出演していると、暴露(?)して、名誉毀損で訴えられたが、今度の”北野降ろし”事件は、一般紙にまったく報ぜられていない。わずかにスポーツ報知に、断片的に報道されており、これとインターネット上に飛び交う情報をたして、推論すると、北野が”降ろされた”トークには、次の三点が含まれていた、ようである。

(1)創価学会は池田大作氏個人のオカルト宗教化し、公明党はその”走狗”に過ぎない。
(2)麻生太郎総理は、過去にも祇園、神楽坂の美人芸者と、アッチのウワサが絶えなかったが、最近はトップモデル兼女優の「ほしのあき」(星野亜紀、32歳)を愛人 (?)にしていた。「ほしのあき」を見染めたのは、東京にある「宵待草」というバー、あるいはクラブだった。
(3)「ほしのあき」は身長165センチ、体重45キロのスリムな美人だが、バストは85センチ以上。キンちゃん劇団に属し、NHK、民放などに 、よく出ている。
 
 以上の点について、直接、北野誠が言及し、引きズリ降ろしのキッカケになったのは、今月下旬、オン・エアーされた大阪・朝日放送(ABC)深夜ラジオ「誠のサイキック青年団」というトーク番組で、ABC側も、北野が所属する松竹芸能事務所も、関係社員に対する懲戒処分を行ったことを、明らかにしている。しかし、北野誠本人については「降ろした」事実は認めても、具体的原因等は一切、口を閉ざして語っていない。

 ただ、芸能人、タレントの権利保護団体である日本音楽事業協会(音事協)には、ABC,松竹芸能両者とも退会届を提出し、受理されている。さらに松竹芸能は、北野誠に対し、問題が長年月、山積していたという理由で、無期限謹慎を申し渡している、という。タレント生命断絶の危機に立たされた北野誠は4月14日、名古屋の中部日本放送(CBC)のラジオ・トーク番組で、涙ながらに謝罪している。
(R・H)

気に染まないコメントやエッチなコメントを削除したら、アクセスが急減し、やせ我慢ではなく、正常になったと喜んでいる。私のバックボーンは判官贔屓、反権力である。従って太郎総理に再度、暴言・迷言・言い間違いがあったら徹底的に厳しく追及する。
私のブログにご不満の方は、自分のブログを立ち上げることをお勧めする。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
何故解散時期を迷うのか。
2009/04/15 [Wed]07:38
category:放言
『国民の輿望にこたえ民主党が政権交代への決意表明、小沢代表がモンデール元米副大統領と会見』

 千葉、秋田両県知事選挙失敗などで、その進退が注目されている小沢一郎民主党代表は4月14日、党本部で、ウォルター・モンデール元駐日・米大使(カーター民主党政権下の副大統領)と会見し、”西松建設・違法献金問題”などに対する疑惑について「私の不徳のいたすところ」と弁明しながらも、次期衆院選については「我が国民の多くが政権交代を望んでおり、必ずそれを実現させたい。少なくとも総選挙で第一党にはなる」と、決意を表明した。この会見には、鳩山由紀夫同党幹事長も同席した。

 モンデール大使は表面、マンスフィールド財団代表として訪日した形をとっているが、オバマ現政権(民主党)の”特使”格で、紛糾する日本の政局をさぐるため、来日したモノとみられている。小沢代表は、衆院解散の時期について「5月から8月まで、何時、麻生太郎総理が解散を断行するか、分らない」と言いながらも、次期衆院選で自民党が衆院過半数を制するコトはあり得ない、との見方を示した。小沢代表は暗に、民主党中心の連立政権樹立を目指す胸底を明かした、ともいわれている。

 東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイによれば、麻生総理が一般からチャンスとみられている5月衆院解散ー6月総選挙に、いまだ踏み切れないのは、連立与党、公明党が7月の東京都議選を重視し、時期的にダブル選挙になるとして反対しているからで、ズルズルべったり現議員任期満了の9月まで持ちこす公算も出てきた、という。この場合、民主党などの野党が勢力を持ちなおし、同紙の推定によれば、自民党・予想獲得議席は205程度で、民主党が第一党ととして民主中心連立内閣を樹立する可能性が、いぜんとして残っているとの見方がある。
(R・H)

今朝目が覚めたのは4時半過ぎで、稲盛和夫氏の続きの話は残念ながら10分足らずしか聞けなかった。彼は私財を投げ出して稲盛財団を設立し、京都賞として学問や芸術に業績のある方を表彰し、一方、日本を支えている中小零細業者を対象に『盛和塾』を開いている。

私もRH氏の意見同様、解散が遅くなればなるほど自民党は不利になる。何故解散時期を迷うのか、それはネ。万一敗れて総理の座を失うことを、怖れているからではないか?

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
二つのコメントに応える。
2009/04/14 [Tue]07:40
category:放言
 昨日、「弥栄は“いやさかえ”でも間違いではない」と大変厳しいコメントを頂いた。
早速家にある岩波広辞苑、三省堂新明解国語辞典、旺文社国語辞典を引いてみた。
ところが“いやさか”はあるが、“いやさかえ”は載っていない。
また保守色の強い産経MSNニュースによれば、漢字検定準一級(高校卒業程度)の試験には、ちょくちょく出る漢字だそうだ。
一級下で旧制女学校出たTさんは、小学4年か5年頃、この漢字を“いやさかえ”とは読まないよと、念を押されて習ったと強烈に覚えているとのこと。

 RHさんから「秋田県知事選挙敗北、民主党に衝撃、、小沢辞任論が強まる」とのコメントがあった。
そもそも秋田は自民党の強いところにもってきて、連合と社民党が支持をすれば、民主党が敗北するのは当然で、勿論“西松献金”問題の影響は否定できない。
この得票数は善戦したと思っているが、この際、小沢代表は辞任したほうがよいと思う。
いずれにしても、政界の雄であることは間違いない。先般から述べるように、譬え自民党が勝ったとしても三分の二には届かない。そうなれば、政界再編か民主党への妥協しかないだろう。
私の持論は、憲法改正派と擁護派に政界再編すべきだと思っている。


今朝早朝の稲盛和夫氏の「逆境を生き抜く」を聞くことが出来た。経営は人を大切にし、規範の根源に利害得失ではなく善悪においた。人間はたくましくなければいけないが、優しさがなければ生きる価値がないとも言っていた。
昨日のアクセス数ピンット跳ね上がり451

テーマ:その他 - ジャンル:その他

  COMMENT(5)
人の悪口〈不幸〉は蜜の味。
2009/04/13 [Mon]08:55
category:放言
 昨日、“呆女”さんから私の「掲示板」に『“怨み辛み”の激しいブログだ』と非難めいた書き込みがあった。まさにその通り。過去にも書いたが、亡き母の怨念が根底にある。
 不思議なことに、過去アクセス数を見てみると、激しい批判のブログには、昨日も400近いアクセスがあったように多く、穏やかで差し障りのないブログは200台である。
ある友人は「ストレスの解消は、人の悪口を言うことだ」と言っていたが、“宜(むべ)なる哉(かな)”。新聞の原点は、江戸時代のかわら版にあった。町の噂ばなしや人の悪口である。新聞は「社会の木鐸(ぼくたく)」と言われるよう権力に批判的でなければいけないのに、最近は御用新聞に成り下がった感がする。
昨日のNHK午後3時からの“にっぽんの歌ふるさとの歌”は久し振り、日本の原風景を歌った爽やかな番組であった。
「高齢化社会」といいながら、歌は歌詞不明、意味不明の若者向けの歌ばかり。「こどもの日」や「敬老の日」には抒情歌は童謡・唱歌を放映してほしい。
「ラジオ深夜便こころの時代」昨日と今朝は、フランワーズ・モレシャンさんの“シンプルライフの勧め”であった。
明日は、京セラ名誉会長・稲盛和夫氏の“逆境を生き抜く”である。その時間に目が覚めればよいが。

『麻生総理の”最高顧問会議”に前検事総長、我が国政治史上、異例』 
 麻生太郎首相は次期衆院選を目前にして、長期政権維持に不可欠な、骨太の基本政策立案のため、いわば”最高顧問会議”にあたる「安心社会実現会議」を立ち上げ、4月13日、初会合を開く。この会議のメンバー15人の中には、ナベツネこと渡辺恒雄・読売新聞グループ会長兼主筆や、宮本顕治・日本共産党議長の長男、宮本太郎・北大大学院教授らのほか、但木(タダキ)敬一・前検事総長が加わっている。三権分立の我が国で、現職でないとはいえ、検察陣のリーダーが、基本政策立案の真ん中にすわるコトは、過去の政治史上ほとんど例がない。”西松建設・違法献金問題”発覚などで、野党の小沢一郎民主党代表らが、検察陣の追及にあっているトキだけに、この人事に首をカシげる向きも、少なくない。
 但木前検事総長は当年66歳で、検察陣のエースとして、1969年以来、東京地検検事を17年間、務めあげ、地方にはほとんど転勤したコtがない。法務省官房長、法務次官、東京高検検事正のあと、2006年6月から2年余り検事総長として全検察官を指揮した。政官財界などの汚職事件にも、峻烈なメスを振るったが、反面、自民党国会議員らに知己が多い。

 「安心社会実現会議」の座長には成田豊・電通最高顧問、座長代行には吉川洋・東大大学院教授、事務局長には増田寛也・前総務相(内閣官房参与)が、既に内定している。同会議メンバーの人選は、麻生首相自身のほか、与謝野馨財務金融相が深く関与したといわれ、武藤敏郎大和総研理事長ら、元財務官僚の登用が目立っている。
(R・H)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
世が世なら・・・・責任とって自殺ものだ。
2009/04/12 [Sun]07:39
category:放言
 一昨日の天皇・皇后両陛下の結婚50周年のお祝いの言葉のなかでの麻生総理の読み違えは、世が世なら不敬罪で責任とって割腹自殺ものだ。それがこともあろうに、タイでの顔面神経痛の梅干しみたいな顔でヘラヘラ笑っている姿が放映されたが、戦中派の私は断固許せない。私の一級下で正義感の強い、旧制小倉高女出身のTさんは、太郎総理が読めなかった弥栄は、小学5年のときに習った記憶があるそうで、日本語も満足に読めない麻生総理に憤りを感ずると、私以上に立腹していた。
 私は、総理大臣たるものが、日本語の誤読というより読めないことは、非常に重大だと思うのだが、昨日の大新聞は各紙とも、一行も書いていなかった。それにもまして腹が立つのは、民主党を中心とする野党の体たらくだ。日本人の言葉や文章への考えがこうも堕落しているとは情けない。

『タイで反政府デモに出くわしたが、「日中韓首脳会談もやれた」と自画自賛、麻生総理は政局の前途に楽観的』

 東南アジア諸国連合(ASEAN)トップとの会談のため、訪タイしていた麻生太郎首相は、4月11日、滞在先のパタヤでタクシン元首相派の反政府デモに出くわしたが、今回の訪タイで最大の目的にしていた日中韓首脳会議、日中首脳会談は、いずれも予定どおり済ませ、満足げに帰国の途についた。日中韓三ヵ国にとって、最大の課題は北朝鮮のミサイル発射対策で、当初の日本側主張からはかなり後退したとはいえ、国連安保理議長声明による北への自制要求の線では、ほぼ一致している。

 タイ訪問の直前、景気振興をねらった15兆余円の2009年度補正予算案・国会上程をまとめ、内政面で自信をつけた麻生首相は、今回、日中韓首脳会議などの外交的成功を自画自賛し、さらに政局の前途を楽観視してきた模様だと、各特派員電は伝えている。「5月にも」と予想されている衆院解散ー総選挙を前にして、麻生総理は旅中、側近筋に対し「総選挙をやってから、7月の主要国首脳会議(G8、サミット)へ行くのも、悪くないナ」と洩らしていた、とも言われている。

 むしろ問題は、”西松建設・違法献金問題”発覚で、小沢一郎党代表の去就が注目されている野党、民主党の側にあるようで、4月10日の副代表会議も紛糾した。政府、与党がカザす15兆余円の超大型補正予算案に対して、”徹底抗戦するか”または”一部手直しだけにトドめるか”、両論が対立したままだ。今国会引き伸ばしや座り込みも「辞さず」とする”抗戦派”石井一副代表らが小沢氏に近いのに対し、一部手直しだけで予算案を通し、景気振興を早めようという”修正派”は、前原誠司副代表ら、小沢氏と一線を画そうとする現幹部批判派が多い。

 こうした空気の中で、前原副代表に近く、小沢代表とは距離を置く野田佳彦・民主党広報委員長は、4月11日、民放番組で「民主党への”追い風”はなくなって、政権交代できるか、どうか、ギリギリのところに追い詰められている」と語った。野田委員長は「党がシミに汚れたままでは、戦いにくい」として、小沢氏の出方で民主党の党運が決まる、との見方をしめした。

 なお、麻生総理の漢字誤読は、その後も相次いでいる模様で、4月10日の超大型・2009年度補正予算案説明の際も、「社会保障」を「社会保険」などと誤読したと、官邸報道室から内閣記者団に訂正が来た。
(R・H)


テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
またも太郎総理は大恥。
2009/04/11 [Sat]08:29
category:放言
『麻生太郎総理、ご結婚50周年(金婚式)の天皇、皇后両陛下の”御前”で、大言い違え』

 このところ自分の人気も、自民党への支持率も、逆転、上昇して、ご機嫌な麻生太郎総理。4月9日、東京・内幸町の日本記者クラブで行った会見では、アニメ産業の振興など、新経済戦略で400万人の雇用増をメザすと、大気炎のついでに、歌手の浜崎あゆみ(略称アユ)、トップモデル兼女優の蛯原友里(同エビちゃん)、能瀬香里奈(同カリナ)などの名をあげ、芸能界への”知ったかぶり”を誇示したが、翌10日、かんじんカナメの国家的大行事で、またしても大言い違えを犯してしまった。

 4月10日午前、皇居宮殿で行われた天皇、皇后両陛下のご結婚50周年(金婚式)祝賀式典の席上、1億国民の総代として、両陛下の”御前”に進み出た太郎総理は、祝辞のナカで「弥栄をお祈り申し上げます」というトコロを、「”イヤサカエ”をお祈り申しあげます」と、言い違えてしまった。「弥栄」の正式な読み方は「イヤサカ」で”イヤサカエ”ではない。産経MSNニュースなどによれば、「弥栄」は漢字検定準一級(高卒程度)試験に、ちょくちょく出る漢字で、これを言い間違えるとは太郎総理、やはり高卒程度の基礎学力もない、ことになる。
 天皇、皇后両陛下の金婚式は4月10日、全国各地で祝賀され、宮内庁前では、早朝から国民が列をツクって、祝賀の記帳を記し続けた。皇居宮殿で行われた、ご金婚祝賀式典には、皇太子ご夫妻はじめ皇族、衆参両院議長、最高裁長官ら”三権の長”らが出席し、天皇陛下からは「私どもが結婚50周年を迎えられたのも、皆さんが支えてくれたおカゲです」との、お言葉があった。午後には、全国から結婚50周年を迎えた金婚組代表・100カップルを、皇居豊明殿にお招きになり、茶会を催された。

 太郎総理は前日9日、会見のあと、日本記者クラブで、記念の言葉とサインを求められた際、毛筆で「百花開天下春」(百花が咲きそろい天下は晴れて春だ)と記した。これは、有名な禅の”喝(カツ)”の一句で、原文は「一花開天下春」(花ひとつ開いて、天下は春)である。あの記念の言葉は、太郎総理の”書き違え”ではなく、おそらく彼の自己流翻案・造語だろう。
(R・H)

『放漫経営か耐乏生活か』
昨日、麻生内閣は深刻な不況対策として、15兆4千億円、事業規模として56兆8千億円の補正予算案を発表したが、手放しで喜んでいいのだろうか。1929年の大恐慌の時は、公務員の給料でさえ、2割から3割カット、“大学は出たけれど”の言葉が流行、街はリストラで失業者が溢れていたという。我々さえ良ければ「後は野となれ山となれ」と、子々孫々に多額の借金を残してよいのだろうか。

『根昆布ジャム』
本邦初開発・新発売
美容と健康に最適の美味しいサプリメント
高い栄養価と滋味を誇る《三陸沖昆布》を原料

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
小沢代表辞任か?
2009/04/10 [Fri]07:53
category:放言
「小沢一郎民主党代表がゴールデンウイーク前にも辞任、後継者に鳩山由紀夫幹事長か?』

 東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは4月8日、翌日ずけの一面トップで、小沢一郎民主党代表がゴールデンウイーク前にも辞任を公表し、後継者に鳩山由紀夫幹事長を選出させるべく、今月下旬、開かれる党大会にむけ工作中であると、報じた。小沢氏の党代表辞任は、表面的な”続投”宣言とは裏腹に、党幹部間では”既定のスケデユール”で、岡田克也元代表が最有力後継者と見られてきたが、小沢氏とその周辺は、世論に「岡田”継投”は小沢失脚」視されると、反対の空気が強い。来るべき総選挙には、ベテラン”選挙戦術家”の小沢氏の民主党”裏指揮”を必要とし、そのためには小沢氏に最も近い鳩山幹事長の”継投”が望ましい、ということになったと言われている。

 日刊ゲンダイは、岡田克也氏も鳩山由紀夫”継投”案には反対でなく、菅直人代表代行も納得済みと、報じている。すでに”友党”国民新党の亀井静香代表代行は「鳩山氏こそ国も党も一身に背負って行ける宰相の器」と、持ち上げている。来るべき総選挙では、吉田茂、鳩山一郎両元宰相の孫同士の直接対決ということになるかもしれない。

 小沢一郎氏が4月末にも民主党代表辞任発表の決意を固めたのは、”西松建設・違法献金問題”捜査や、北朝鮮のミサイル(?)発射問題などの客観情勢で、人気が復活し、一見”上げ潮”に乗りつつあるかのごとく、感じている麻生太郎首相が、4月末までに大型2009年度補正予算案を国会に提出し、5月初めにも衆院解散に踏み切る公算が大きい、と見ているのが、主因とされる。民主党側には、これに”先手”を打って、同党一新の空気を、世論に拡げたい考えが強い。
(R・H)

この記事は一昨日のコメントの再現である。小沢信奉者として辞任は残念だが、政権交代のため、「泣いて馬謖(ばしょく)を斬る」べきだろう。今後選対総本部長として活躍すべきでは?。

『閑中閑あり』 昨日、国内外の賞を総なめにした、青木新門「納棺夫日記」原作の話題の【おくりびと】を見にいった。数多くの賞を獲得する素晴らしい映画である。

今日発売の『文藝春秋』目次を見ると一読の価値あるものばかり。ただ皇室問題には、総てのマスコミはソットしてやってほしい。何となれば天皇・皇后両陛下のご心痛のもとになるからである。

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
5月解散は確実か?
2009/04/09 [Thu]07:45
category:放言
『自民党は5月・衆院解散も「辞さぬ」構え、4月中、下旬の秋田県知事、名古屋市長など”ミニ統一地方選挙”が与野党向背のカギ』

 麻生太郎首相は、来るべき総選挙を前にして、総額15兆円を上まわる景気振興の2009年度補正予算案を、4月中に国会に提出できるよう、政府、与党にその編成を指示しているが、4月8日夜、内閣記者団に対し「民主党の対応如何によって、同予算案審議中でも衆院解散に踏み切る」と、5月解散を辞さぬ態度をしめした。これまで”反麻生的”だった武部勤元自民党幹事長も、同日、同氏に近い議員グループ”新しい風”の会合で「解散するなら今だ。麻生首相の下で戦おう」と演説した。同じく”反麻生的”だった中川秀直同党元幹事長、塩崎恭久元官房長官らも、ほぼ同趣旨の発言を行っており、山崎拓元同党副総裁は、4月7日の山崎派総会で「5月解散はあり得る」と述べた。一部報道によれば、自民党側は総選挙投票日について「6月7日」案を、連立与党の公明党に提示した、とも言われている。

 このように差し迫った空気のナカで注目されているのは、4月中旬ー下旬、全国50以上の県、市で行われる”ミニ統一地方選挙”の動向で、与党側は「有利にコトが進んでいる」と見ている、という消息通が多い。とくに、4月12日の秋田県知事選挙では、自民党県連が推している佐竹敬久前秋田市長が一部”連合”勢力の支持もあって、若干リードしているという観測が強い。4月26日の名古屋市長選挙では、松原武久現市長が、自民、公明両党の共同推薦候補、細川昌彦前中京大教授支持を表明した。名古屋市長選挙には、民主党側から、テレビ出演などで知名度が高い河村たかし衆院議員が立候補しており、その帰趨は中央政局に大きく響くモノとみられている。
(R・H)

昨日このブログで述べたように、自公が勝ったとしても、現有勢力確保は100%困難だから、衆参のねじれは続き、自公の政権運営は難しく、民主党に妥協せざるを得ないだろう。

今朝の『ラジオ深夜便“にほんの歌、心のうた”』「作詞家・松井由利夫」の特集であった。私は初めて聞いた名前だが、歌詞の内容が素晴らしく、人生の応援歌であり激励歌でその哀歓は、私の心を揺すぶった。その後、4時からの“こころの時代”は太平洋一人旅の堀江謙一氏の「渡りたいたいから渡った太平洋」でこれまた聞き応えがあった。

右上の『根コンブジャム』の写真にクリックしてみて下さい・

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
政権交代は無理か?
2009/04/08 [Wed]08:52
category:放言
『いま総選挙やれば与党245議席獲得で、衆院過半数を維持できる』、

 Zakzakと「やまと新聞」が報ずる。国会内の日刊・院内紙として有名な「やまと新聞」は4月7日、フジ産経系のインターネット通信、Zakzakからの引用として、”西松建設・違法献金問題”による小沢一郎民主党代表の名誉失墜や、日本本土上空を飛び越えた北朝鮮”飛翔体”の太平洋落下など、与党側有利な客観情勢が続いている現在、衆院総選挙を行えば、自民党が220議席、公明党が25議席、与党側が計245議席を獲得できて、わずかの差ながら、衆院過半数は与党側に握られ、麻生太郎現政権は安泰である、とのショッキングな予測を報じた。この与党側有利な衆院選予測は、信頼すべき、ある筋の調査、推定にモトずくモノというだけで、出所は明らかにされていない。各選挙区ごとの情勢なども表示されていない。

 しかし、与党の衆院選勝利、麻生政権安泰とのニュースは4月6日、永田町を飛びままわり、与野党選挙責任者を動揺させた。内閣官房も、警察庁など、治安当局も情報を掌握している、という。今年2月まで”我が党絶対優勢”と自信(?)を見せていた民主党側が最も落胆(?)した模様で、Zakzakによれば、同党筋は「”西松献金問題”が発覚した3月中旬、自民党が205議席とるという衆院選情報を得ていたが、それをズッと上まわる数字が出るとは・・・」と、口をニゴしていた。

西松・違法献金問題”と関連し、二階俊博経産相の大阪事務所家賃などが、西松側の”肩代わり支払い”になっている問題について、東京地検特捜部は二階経産相実弟から事情を聴いたと、一部報道されたが、あくまで実弟は参考人として「呼ばれた」のであって、小沢一郎氏の場合のように、公設第一秘書逮捕といった事態にまでは立ち至っていない。
(R・H)

私の意に反して、政権交代?は無理にしても、参院は、野党が多数というねじれ現象は続き、今までのように。三分の二という議決はできなくなり与党の議会運営は難しくなるだろう。

2月28日、このブログで紹介したように、日本が世界一の長寿国の秘密の一つは、海草類をよく食べることだといわれています。昆布の表面のヌメリハアルギン酸やフコイダンといって、血液中のコレステロールを減らし動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓など血液の流れにかんする病気の予防に役だっていました。インターネットで調べてみると分かりますが、甲状腺以外万病に効果があります。
特に根コンブは昔から民間治療薬として利用されていました。
右上の「根コンブジャム」は栄養価が高く、味も抜群の“三陸沖コンブ”を原料として、甘味料として美容と健康によいトレハロースを使っています。
パンにつけるだけでなく、お湯に溶かして飲むと最高のジュースになります。
ご希望の方は、℡093-612-6669 FAX093-613-0271

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
“女心と秋の空”
2009/04/07 [Tue]08:27
category:放言
 【花巻東校決勝戦の応援で起死回生のチャンスを逃した小沢一郎と北朝鮮のミサイル発射という神風が吹いた麻生太郎】
世論は“女心と秋の空”実に浮気者でコロコロ変わる。日本テレビもフジテレビの世論調査でも、攻守ところを変えて、麻生が小沢に大きく差ををつけた。麻生はこの機会を捕まえて、一気にに解散すると思われる。
小沢親衛隊を任じていた私も、今回の甲子園に行かなかったことに落胆したが、小沢がどんな逆境のときも、陰になり日向になり、支えてきた藤井裕久までも代表辞任をほのめかせてているという。
政権交代のために、ワンポイント・リリーフとして、菅直人か鳩山由起夫で総選挙に臨み、将来はオバマ大統領と年頃が一緒の長妻昭か原口一博を代表すべきと、街の評論家は考える。
自民党も暴言・迷言を繰り返すアタマの悪い麻生に代えて、安倍晋三のカムバックか、世襲でない新進気鋭の政治家を起用したら如何なものか。

>
『総選挙は近々あるだろう」と麻生首相がドキリ発言、古賀派の金子国交相も5月衆院解散論

 産経MSNニュースによると、麻生太郎首相は4月6日夕、東京都内のホテルで開かれた自民党東京都連のパーティで、上機嫌の演説のナカで「総選挙は、近々、おこなわれるだろう」と、ドキリとする発言をした。冗談まじりの話し方で、他人事のようにサラリ言ってのけたので、満場大爆笑。しかし、自民党の次期衆院選責任者、古賀誠選対委員長は”青く(?)”なって、総理演説の直後「総選挙の投票日が決まったワケではない」と”弁明”した。

 ただ、”西松建設・違法献金問題”で小沢一郎民主党代表の公設第一秘書が起訴されてのち、麻生内閣と自民党への支持率は上がり続けており、この上昇気流に乗って、5月中にも衆院解散ー総選挙に打って出ようという空気が、自民党内に拡がっているコトは、否定できない。金子一義国土交通相(古賀派副会長)は、二、三日前、地元選挙区の岐阜市で「大型景気振興策を盛り込んだ2009年度補正予算案が、野党多数の参院で修正されたり、否決されそうな雲行きになったら、5月中に衆院解散に踏み切るべきだ」と、語っている。金子国交相は、将来、麻生総理をリーダーに予定している大「宏池会」構想の推進者である。

(R・H)  (文中敬称略)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
ボケ始めたのか?田原総一朗。
2009/04/06 [Mon]07:42
category:放言
 日本の恥辱を世界に知らしめた国賊ともいうべき,“万死に値する”「酔いどれ記者会見」をした中川前財務大臣を、“サンデープロジェクト”に出演させた『テレビ朝日』の非常識にも呆れ返ったが、なかでもビックリ仰天したのは、司会者の田原総一朗の発言だ。
【中川さん、貴方は自民党を背負って立つ人だ。しっかり頑張んなさい】とリッピサービスとはいえ、余りにも非常識だ。私はバカ馬鹿しので即座にテレビを切った。
これまたテレビの恥を防衛庁の誤報道と共に天下に晒した。

『日本のマイナス成長は世界最大、主要国際機関の2009年・経済成長率予測が出そろう』


 主要国際機関による2009年の経済見通しが出そろったが、いずれを見ても、日本の経済成長率はマイナス成長の幅が、世界じゅうで最も大きく、ボロボロの経済状況が当分の間つずくコトを明示している。麻生太郎政権の景気振興策は、いぜん中途半端で、事実上、我が国にとって最大の輸出先であるアメリカの、本格的な景気回復を待っている有様だ。主要国際機関による2009年・予測経済成長率は、次のとおり。

        世界銀行      OECD(経済       IMF(国際 
                  開発協力機構)       通貨基金)
日本     -5・3%      -6・6%         -5・8%
米国     ー2・4%      -4・0%         -2・6%
 
欧州共同体  ー2・7%      -4・1%         -3・2%
(EU)

中国     +6・5%      +6・3%         +6・7%
インド    +4・0%      +4・3%         +5・1%
ロシア    ー4・5%      -5・6%         -0・7%
ブラジル   +0・5%      -0・3%         +1・8%

世界全体   -1.7%      ー2・7%         ー1・0%と
                                -0・5%との間
(R・H)
     
  COMMENT(2)
小沢代表にもの申す。
2009/04/05 [Sun]08:06
category:放言
 私は小沢代表・貴方の熱烈な支持者だけれど、人生の先輩として一言忠告いたします。
それは、貴方の地元・花巻東の決勝戦の応援に、鳩山由紀夫同党幹事長が「甲子園に応援に出かけられてはいかが」と勧めたところ、小沢代表はニベもなくこう言った。「(忙しくて)行けるハズがネーだろう」と行かなかったそうですね。実にガッカリした。裏切られた思いです。
名誉挽回の千載一遇のチャンスを逃がしました。大衆迎合のポピュリズムはよくないが、政治家には時と場合によっては、パホーマンスが必要ではないでしょうか。特に代表・貴方には国民は強面(こわもて)との印象が強く、毀誉褒貶(きよほうへん)の多い政治家だけに、多忙のなかに甲子園に行ってご覧なさい。貴方の温かい人間性に国民は感動し、不信感が吹っ飛ばされたように思います。残念でした。情けない思いです。
私は、「西松からの10年間3億献金問題」で、世論やマスコミが騒ぐのはおかしいと思っている一人です。それは先だってこのブログでも書きましたが、貴党の陣笠代議士ではパーティ券も売れないし、カネも集まりません。代表として盆暮れにモチ代がいるし、中国の万里の長城の視察にもお金がいったとおもいます。代表・貴方は、選挙作戦の”兵糧・補給”や、舞台裏での策謀などには長けているものの、当今、必要なポピュリズムやIT利用には、まったくご関心がないようですね。
小泉純一郎の郵政改革には反対ですが、彼のパホーマンスは見習うべきです。

 貴方の後継者の一人と目されて岡田副代表も、くそ真面目すぎて面白味がありません。後継者は、もう一回り下の長妻昭、原口一博、枝野幸男、細野豪志氏らが国民に受けるように思います。

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
政治の私物化極まれり。
2009/04/04 [Sat]07:31
category:放言
『話題の政治家”麻生側近中の側近”鴻池官房副長官が、北朝鮮ミサイル発射問題で、またまた大放言、ゴルフの球にたとえて』

 四日後に迫った北朝鮮のミサイル発射(予告)について、「中空に打ち上げられたゴルフの球のように、見えたら面白いけどな。ファーッと言って、球の飛ぶ方向に走って見に行きたいな」と、トンデモハップンの大放言を、またまた鴻池祥肇官房副長官が3月30日、しでかした。もちろんオフレコ発言ということになっていたが、記者団を前にした大放言だったので、東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイなどが翌31日、一斉に報道した。

 鴻池副長官は二、三十年前、麻生太郎首相が日本青年会議所会頭だった当時、その副会頭をし、政界でも太郎総理と行動を共にしてきた”麻生側近中の側近”。先ごろは議員宿舎の自室で、セレブ”人妻”とアイビキしていたとも報ぜられた。北朝鮮のミサイル発射(予告)については、彼、鴻池副長官は、ずいぶん(?)軽く受けとめている模様で、防衛庁の自衛隊迎撃ミサイル部隊、同艦船出動命令に関し、3月23日、「一発でアタるワケがない。向こうが鉄砲をバーンと撃ったとき、それに向かってコチラから撃った鉄砲のタマが見事、命中したというハナシを聞いたことがない」と、すでにトンデモ発言をしている。
 
 あいつぐ”鴻池大放言”にカンカンなのは、当の出動命令の発令者、浜田靖一防衛相。31日、同大臣は「内閣におられる方は、もっと緊張感を持って、事態を注目していただきたい」と、警告した。
(R・H)

小沢代表の敵失?で、麻生太郎の支持率が上昇すると思いきや、自民党の支持率はやや上がったものの、太郎チャンの人気は低迷し、<次期総理は?>では、依然5位前後。
この理由は、私は次の様にに考える。
先の鴻池副長官の任命・責任追及や日本の恥を世界に晒した中川前財務大臣にしても、アル中?と、うすうす知りながら大臣にに任命し、私が最も腹が立つのは、コムシティを破産させ、北九州を赤字まみれにした前市長をコトもあろうに、内閣参与に任命したことだ。閣僚も18名中14名?が2世、3世というお友達・世襲内閣だ。
政治の私物化極まれり。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
一瞬の出来心か?
2009/04/03 [Fri]08:40
category:放言
『小泉・竹中改革路線の最高ブレーン、高橋元内閣参事官(現東洋大教授)が、大浴場での盗みで送検さる』

 小泉純一郎内閣当時、竹中平蔵総務相の最高ブレーンとして、郵政民営化や道路公団改革を推進し、安部晋三内閣では内閣参事官として国家公務員制度改革の基本図を立案した元高級官僚が、3月30日、東京・練馬署から窃盗容疑で、東京地検に書類送検された。この元高級官僚は昨年春以来、東洋大学経済学部総合政策学科で教えている高橋洋一教授(53歳)で、同大学側も調査のうえ、なんらかの措置をとる、と言っている。


 練馬署の調べによると、高橋教授は3月24日夜8時ごろ、東京・練馬区の天然温泉大浴場「豊島園・庭の湯」に湯治に行き、脱衣場で、先に入浴した男性会社役員(67歳)のロッカーから、時価30万円前後のブルガリ高級時計1個と、現金約5万円入りの財布とを、盗み取った疑い。この会社役員がロッカーにカギをかけるの忘れ、風呂に飛び込んだのを見て、高橋教授はそれらを窃取したモノで、脱衣場の防犯カメラが一部始終、撮影していた。高橋教授は「高級時計が大好きで、つい魔がさした」と、自白している。

 高橋教授は東大で、理学部数学科と経済学部経済学科の双方を卒え、旧大蔵省に入った”秀才”官僚だが、今の官僚支配体制には疑問を抱き、小泉ー竹中改革路線の旗を振って来た。東洋大に転職後、「さらば財務省、役人たちを敵にマワした男」とか、「霞が関をブッつぶせ、改革のための壮絶な戦い」といった本を著している。
(R・H)

*パソコンの調子が悪く、今朝から長々書いたのに、ふたを開けてみたら消えていた。明日パソコンの先生から詳しく教わることになっている。
インターネットの友人Sさんから、「地方の名もなきブログに毎日300前後のアクセスがあり、RHさんの協力があるといえ、毎日書き続けることはギネスものだ」とほめられている。
  COMMENT(3)
総選挙近まる。
2009/04/02 [Thu]08:06
category:放言
昨日のブログ、午後加筆・訂正しているし、RH氏のコメントも正午前後入ります。
パソコンが故障して悪戦苦闘しています。


『自民党内に5月解散、6月総選挙の見方が強まる、中川、武部両氏も麻生首相による選挙戦を容認』
 
 麻生太郎首相は3月31日、2009年度補正予算案(すでに成立済の同年度通常予算への追加)を4月中に国会へ提出し、これに対する野党の出方を見て「自分の手で衆院を解散する」と公言したが、これを受けて与党・自民党内には、にわかに5月中の衆院解散、6月中の総選挙に”突入”という見方が拡まっている。党総裁をスゲ変えて”新しい顔”で「民意を問え」としていた中堅、若手議員の声も鳴りをヒソめ、いわゆる”反麻生派”も、麻生首相の下で「選挙戦を戦う」という戦術に一本化されつつある。東京各紙、各テレビなどを総合した自民党内の動きは、次のとおり。
 
 (1)麻生首相の”最側近”といわれる菅義偉・自民党選対副委員長は「間違いなく5月と6月との間に衆院解散と総選挙が行われる」と、公言した。古賀誠同党選対委員長も「5月には2009年度補正予算案を成立させ、衆院は解散されるのではないか」と、ホノメかしている。
(2)従来、麻生首相に対して批判的だった中川秀直・自民党元幹事長が「”大連休”の前の4月中、下旬には、2009年度補正予算案を国会通過させ、5月には衆院を解散させたい。選挙戦は麻生首相の下で戦う」と、述べた。やはり”反麻生的”だった武部勤元同党幹事長も、ほぼ同様の考え方を示している。
(3)町村信孝前官房長官を議長とする自民党・日本経済再生会議は、200万人雇用創出の公共事業着手、贈与税の大幅減免、太陽発電の拡充などを、骨子とする十兆円単位の2009年度補正予算案の要綱を、マトめた。
(R・H)

小沢パッシングのマスコミのの百家争鳴の報道に嫌気がさした。世論とはマスコミの報道だ。特におばさんの動向だ。今日(こんにち)の不況の一因は、「小泉・竹中の郵政改革だ」というのに、摩訶不思議なのは、<次の総理は?>の質問に絶えず3位前後に小泉の名前のあることだ。
インターネットの普及率が50%近くになったら、高齢者の代表としてまた代弁者として、市会に立候補?しようかな。そして、TさんやOさんの言うように、議員定数と政務調査費の大幅削減を叫びたい。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ