プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
またsも間違いか?
2008/11/30 [Sun]08:49
category:放言
『野中元幹事長、麻生首相は自ら進を判断せよと苦言、麻生節とどまらず、政治的用語を間違える』

 野中広務・元自民党幹事長は11月29日、TBSの時事放談で、景気対策の今年度第二次補正予算案・国会上程と、衆院解散とを先送りし、公私ともに失言と誤読を繰り返す麻生太郎首相の責任を問い、自ら出所進退を考えるべきトキに来た、と苦言を呈した。当の麻生首相は同日、小沢一郎・民主党代表の地盤、岩手県一関市に乗り込み、街頭演説などで、”麻生節(ブシ)”を、うたいあげ、聴衆を沸かせた。ただ「景気が良くなり、経済のパイが大きくなったら、消費税率を上げさせて頂く。いまの円高にもメリットがって、ガソリン代が安くなったじゃあないか」と、刺激的な言辞も飛び出していた。

 サンスポ、スポニチ両紙の報道によれば、昨28日の小沢代表との党首討論で、麻生首相は政治学の用語を三度、間違って使い、民主党議員たちに「やはり麻生総理は不勉強なのだ」と、烙印を押されている、という。小沢代表が「自民党は衆院総選挙を経ずに、安部、福田、麻生と三代も総理を交代させ、”議院内閣制”にもとること、甚だしい」と、批判したのに対し、麻生首相は「我々は”議会制民主主義”のルールにのっとっている」と、三度も”強弁”したが、この麻生首相による政治学的用語の使い方が、大間違いだ、というのだ。我が国の内閣制度は、小沢代表が言うように、衆院多数派が行政権を握る”議院内閣制”であって、米国流の”議会制民主主義”ではない。米国流の”議会制民主主義”は、行政の長でる大統領とは別に、立法府の上下両院に議員立法など、独自の権限があり、これは大統領と政党が異なっていても構わない。小沢代表の用語ずかいの方が正しい、と言うのである。   (R・H)

RH氏のコメントによると、『怪我』(けが)(かいが)と読んだそうで、あまりにも漢字が読めないので秘書は、原稿にルビを打ってるそうだ。読めないはずだよ、成績は144人中142番だったとのことである。
昨日会った知人は、余りにもお粗末な総理に愛想がくついて自民党を離党したそうである。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
党首討論を聞いて
2008/11/29 [Sat]09:24
category:放言
『防戦一方の麻生、押し強い小沢両党首討論、慎太郎知事は「前総理よりまし」と言うが「漢字誤読の総理を頂いては小中学生の学力低下促進」という声も』
 
 麻生太郎首相は、今国会最大の見せ場となった11月28日の党首討論で、心配されていた失言や”漢字の読み違え”もなく、金融危機対応策を優先させ、今年度第二次補正予算案・国会上程と衆院解散とを「先送りする」方針を貫き通した。これに対する自民党内の評価は、次の肯定(A)、批判(B)の両論に分かれている。

 (A)「麻生総理は前夜から準備し”安全運転”した。参院で審議中の金融機能強化法改正案等を、まず通すことだ。今後は、麻生総理に”シッカリ運転”を続けて頂く」(河村官房長官、細田自民党幹事長ら)。
(B)「防戦一方で、国民に訴えるモノがない。このままでは、皆、不幸になる。早く総選挙をやって、非常時対応内閣をツクるべきだ」(渡辺行革担当相ら)。
 
 他方、終始、攻勢に次ぐ攻勢だった小沢一郎・民主党代表に対しては、野党側に、その押し強さを評価する見方がある半面、国民の”琴線”に触れるモノが少なかったと見る向きもあった。時事通信記者の質問に対して、「麻生総理に早期解散させる妙案があったら、教えてくれ」と、反問する民主党幹部もいた。

 国会議場・場外では、石原慎太郎東京都知事が、この日の記者会見で、麻生首相について「気の抜けた炭酸みたいな福田前首相より、存在感がある。言葉ずかいは粗雑だが、”麻生節”には彼なりの表現がる。言いたいコトはズバリ言ってよい」と述べた。しかし、毎日新聞大阪本社版には「漢字を読み間違えるような総理は、早く交代させて欲しい。いまのままでは、小中学生の(国語)学力不足を、さらに低下させるようなモノだ」という投稿文が大きく載った。
(R・H)

今朝の西日本新聞は『小沢氏の攻勢首相の防戦』とあったが、私は『時間不足と迫力欠如』と思う。私も応援演説の経験から助走と結論に各5分ぐらいかかるので、少しまともな演説をしようと思ったら最低30分か40分は必要だ。従って、昨日の討論は最低60分か70分は欲しかった。
 小沢代表は強面(こわもて)の悪評を払拭するかのように、坦々としゃべり話に抑揚がなかった。テーブル叩いて、二次予算の提出や解散を迫るパホーマンスが必要ではなかったのか。
 一方麻生総理は前日の“たらふく飲んで、たらふく食べて・・・”の暴言の袋タタキに、萎縮して総裁選挙の元気は何処へやら。まさに「風前の灯火」のように思えたのは私一人だろうか。
“医者に常識のある人は少ない”は一理あるが、“たらふく飲んで、たらふく食べて・・・病気になった人”は私の周辺ではほとんどいない。治療費の増大は、平均寿命の伸びに原因がある。
こんな簡単なことが分からないとは、基本漢字が読めないのと同様、一国の総理として恥ずかしい。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
ブログのネタの提供に感謝。
2008/11/28 [Fri]09:10
category:放言
 誰が好きこのんで病気なる者がいるものか。性懲りもなくまたも放言。ア・ソウさんは坊ちゃん育ちだから性根がないのだろう。 お陰で“浜の砂子は尽きても”ブログのネタが尽きず、パラドックス(逆説)にいえば総理に感謝。
野党の非難は当然としても、流石、身内の自民党内からも囂々たる批判の声。友党・公明党太田委員長からも激しい批判の声があがっている。

『麻生首相またもや失言、高齢者の医療問題で』

 「医師は常識を欠く」という発言によって、参院本会議で謝罪を余儀なくされた麻生太郎首相は、言葉ずかいに注意する配慮等を見せていたが、11月27日、高齢者の医療問題をめぐって、失言していたコトがばれ、自民党内は「結党以来の危機」(山本一太参院議員)という混乱に見舞われている。今度の麻生失言は、11月20日、開かれた経済財政諮問会議上での発言で、昨26日、議事要旨が公開されて、暴露されてしまった。20日の同諮問会議は、社会保障制度や税制の改革問題が議題で、与謝野馨経済財政担当相の医療費抑制発言を受けて、麻生首相は大略、次のようにシャベッた、と報ぜられている。

 「たらたら飲んで、食べて、ナニもしない人の分のおカネ(医療費のコトらしい)を、何で私が払うノ?(という疑問を持っている)。67,8歳になって、(昔の学校の)同窓会へ行くと、ヨボヨボして出席するヤツがいて、たえず医者にかかっているそうだ。アイツらも学生時代は元気だったのに。よほどフシダラな生活をしたんだネ。僕は毎朝、ウォーキングして健康を保持している。健康維持に努力している人間が税金を支払い、なぜ不健康な人たちの面倒をみなければならないのか(という疑問がある)。」
 
 この麻生発言には”一理”あるとも言えるが、マスコミに取り上げられるや「こんなコトを言う人が総理になっているのはオカシい」(鳩山由紀夫民主党幹事長)、「弱者に対する思いやりがない」(福島瑞穂社民党首)など、野党側から非難ゴウゴウだったほか、与党内からも「病人を傷つける発言は遺憾だ」(河村建夫官房長官)、「不適切きわまる」(太田照宏公明党代表)などの批判が飛び、27日午後、麻生首相は記者団の前で、失言を取り消し、陳謝した。
(R・H)

近く『ひねもす徒然に思うこと』という題でブログを書く予定。

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
麻生総理に救世主?
2008/11/27 [Thu]07:58
category:放言
『「医師常識欠落」発言で麻生首相が参院で公式謝罪、党首討論を前に公明党が「麻生を支えよ」とゲキ、養老教授が麻生・弁護論』

 麻生太郎首相は11月26日の参院本会議で、先に全国知事会で洩らした「医師には社会的常識を欠く人が多い」という発言について、「不適切かつ軽率な発言で、心から反省している」と、正式に謝罪した。医師出身の西島英利議員(自民)からの質問答える形をとったが、こうした公的な場における失言陳謝は異例事で、日本医師会への顧慮、自民党内の”麻生批判”への配慮から、国会議場での”お詫び”となったモノである。

 このところ相次ぐ麻生首相のエラー続出に、気を良くしたのか、小沢一郎民主党代表が出渋っていた自民、民主両党首討論を了承したため、同討論が11月28日、行われることに、両党国会対策委員長会議で決まった。自民党内が”麻生支援”に、もう一つ、マトマっていないと見た、同首相の盟友、北側一雄公明党幹事長は、26日の記者会見で、「小さいコトをクヨクヨ言わず、自民党員は麻生首相を全面的に支えよ」と、ゲキを飛ばした。

 麻生首相の失言はともかく、彼の漢字読み間違えについては、思わぬトコロから麻生・弁護論が飛び出した。その”弁護人”は、ベストセラー「バカの壁」などの著者、養老孟司・東大名誉教授(解剖学者)で、夕刊フジの報道によれば、養老名誉教授「麻生・読字障害」説をとっている。養老名誉教授によると、「読字障害」は天才肌(?)の人がよく起こす症状で、これまで麻生首相の能力は、会社経営、党運営、クレー射撃、英米留学等に”集中”していため、漢字読書を見落しがちになったのだ、という。この「読字障害」は欧米で約10%、日本で約5%のインテリ層に出ており、その代表的”患者”は、”発明王”エジソン、相対性原理発見者・アインシュタイン、推理小説家アガサ・クリスティ、彫刻家ロダン、大政治家チャーチルらだそうである。   (R・H)

“漢字の読み間違い”は一例か二例なら分かるが、それもこうも沢山、中学・高校生の基本的・漢字が読めないのが、果たして“漢字障害”だろうか?
炭鉱屋の父親は兎も角、母親は吉田茂元首相の娘、そんなに頭が悪いはずがない?。“長男の甚六”恐らく甘やかして育てたか、乳母任せではないだろうか。
また昨日も失言した模様。私の情報では、麻生総理の余りにも多くの迷走振りに、自民党の一般党員に失望の波紋が広がり、離党者が増えているそうだ。

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
不思議な、不思議な物語。
2008/11/26 [Wed]08:17
category:放言
『民主、国民新両党が総選挙を前に”創価学会監視隊”を立ち上げ』

 共同通信などが11月24日、伝えたところによると、次期総選挙に向け、民主党と国民新党とは、管直人、亀井静香両党代表代行間の話し合いで、政府・与党のひとつ、公明党の支持母体である創価学会の選挙活動を牽制するため、両党協力による”創価学会監視隊”を立ち上げ、彼らに同学会各施設を24時間、ウォッチさせ、学会員らの出入り、集会を、できればビデオ、写真等に記録させる方針を決めた。創価学会各施設と信者、あるいは信者と一般民衆との電話交信、Eメール交信等もチェックしたい意向もあるが、これらを強行すると、プライバシーの侵害、宗教活動への妨害等の恐れが出て、法的な問題が発生するため、”創価学会監視隊”の具体的な活動には、慎重を期したい、とも両党幹部は語っている。

 一方、創価学会により「個人の自由」を侵害されたとして、損害賠償を請求している矢野詢也・元公明党委員長を、参考人として、国会に招致する件も、既定方針どおり、両党は準備している。

 民主、国民新両党がバックにあるとみられる「創価学会被害者の会」によると、同学会の”違法スレスレ”の主な行為は、次のとおり。
1)強引な公明党候補に対する投票依頼や、入会勧誘。
(2)反学会的な分子に対するイヤがらせ、就業妨害や暴行。
(3)宗教活動に名を借りた選挙運動のための集会。
(4)政府・与党の立場を利用した利益誘導。
(5)中央、地方のマス・メディアによる報道、論評への妨害。
   (R・H)

私が思う不思議は、こんな基本的漢字も読めない者・(麻生総理)を大学がよく入学させ、進級させ、卒業させたことだ。
想像するに、麻生家のカネと祖父・吉田茂の顔ではないだろうか。一昨日も書いたが、父・太賀吉も、何にもしゃべれないのに代議士になれたように。
もう一つの不思議は、自民党議員は自ら選んだ総理総裁だから仕方がないが、公明党員が、こんな評判の悪い、まさに四面楚歌の麻生総理を支持していることだ。

テーマ:麻生内閣 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
恥の上塗りーマンガ外交?
2008/11/25 [Tue]07:04
category:放言
 昨日NHK FMは『今日は一日“童謡・唱歌”三昧』であった。
久し振り童心に返り、午後5時間、童謡・唱歌をじっくり堪能した。「故郷」「里の秋」などでは涙が滲んだ。“花咲爺さん”とか“ウサギとカメ”の童謡は、無言の心の教育だと思った。意味不明、歌詞不明の氾濫の時代、お母さん方が、幼い頃から童謡を歌って聞かせていたら、随分非行化が防げていたと思うな。
NHKはじめ民放各社も、テレビでこんな企画をすべきだ。

『ロシア大統領に「ドラえもん」をプレゼント付きで売り込んだ麻生首相、中国では漢字の誤読を「愚民水準」と評さる』

 ペルーの首都、リマで開催中のアジア太平洋経済協力会議(APEC)に出席している麻生太郎首相は11月22日、”漫画愛好家”としての自分を盛んにアッピ-ルした。この日、おこなわれた日露首脳会談で、同首相はメドベージェフ露大統領に対し、北方領土問題の早期解決を要請するとともに、同大統領の長男(13歳)が大ファンである日本の人気アニメ「ドラえもん」のラジコン「タケコプター」をプレゼントした。これは「ドラえもん」の頭部にプロペラをつけ、地上から電波で自由に操縦する装置である。

 メドベージェフ一家は、大統領夫人のスベトラーナさんも「ドラえもん」に興味を持ち、さる11月16日、日本大使館で行われた、そのアニメ映画試写会に出席した。麻生首相は、日露首脳会談で、同大統領に対し、ロシア民話に出て来る妖精「ドラフェイ」と、我が「ドラえもん」とを”共演”させる日露共同のアニメ映画制作をも、提案したといわれる。

一方、”漢字の祖国(?)”中国には、麻生首相の第一のKY(漢字が読めない)が、早々と伝えられ、マチの話題になっている、という。わがレコード・チャイナ・ニュースの報道によると、インターネット・ニュース配信の大手サイト「huanqiu.com」は、麻生首相を「愚民水準」として、次のような日本語による誤読の例をあげている。
(1)「頻繁(ヒンパン)」を「ハンザツ」。(2)「破綻(ハタン)」を「ハンジョウ」。(3)「低迷(テイメイ)」を「テイマイ」。(4)「実態経済(ジッタイ・ケイザイ)」を「ジツブツ・ケイザイ」。(R・H)

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
福岡県選出の代議士たち。
2008/11/24 [Mon]09:53
category:放言
 『自民党8派閥のうち3派閥の長は、我が福岡県選出である。』

麻生総理は、名著『烈日燃ゆ』で有名な広田弘毅に次ぐ、福岡出身の二人目の総理大臣である。
本来ならば、県民は提灯行列をしてまでして喜ぶべきところだが、何度でも述べるように、度重なる軽率な発言と迷走する訂正、高校生でも読める基本的な漢字の読めないーテレビや週刊誌で笑いものにされている姿を見ると、誇りどころかこれが福岡出身の総理かと思うと、恥ずかしいし肩身が狭い。先日のRH氏から“麻生総理はトリプルKYだ”とのコメント即ち、空気が読めない、漢字が読めないに加え、「経済が読めない(Keizai ga Ynmenai)」とあったが、昨日の『たかじんのそこまで言って委員会』では、「解散時期が読めない(Kaisanjiki gaYomenai)と4KYだと酷評されていた。平素、麻生総理に肩を持つ三宅久之氏も流石に呆れかえっていた。「医師に常識のない人が多い」の発言は、金美麗女史をはじめ全員非難轟々であった。筆者は「当らずとも遠からず」と思っているが、少なくとも総理大臣の言うべきことではない。軽率の謗「そし」りは免れまい。
そもそも太郎総理の父上の多賀吉は、太郎同様、カネの力で衆議院議員になったが、当時の立会演説会でも、確か野見山という県議?が代理を務め、国会でも一度も発言しなかったとして有名である。
 また派閥の長の一人・古賀誠は、財政が赤字というのに、筑後の山や田んぼに不相応・不必要なな道路や橋を作り、また別の一人の長・山崎拓は女性問題で、国民の顰蹙(誰かさんは読めないだろうな)をかったことは記憶にあたらしい。
 地元の三原朝彦は、黒崎の疲弊を尻目に、アジア・アフリカにうつつを抜かし、8月はじめの福田改造内閣の時に、ツアーを組んでアフリカに旅行中で大臣になり損ねたそうだと、評論家・岩見隆夫氏が毎日新聞に書いていた。その上、予算委員会での質問が余りにも幼稚でこれまた顰蹙をかっている。
 
 私は自民党批判ののブログを書き続けているが、自民党の県議や市議も応援しているし、国民新党副代表自見庄三郎後援会の代表幹事をしているほどである。
中選挙区時代、三原朝彦の応援弁士を二期、直方地区を中心に延べ20数箇所したこともある。
 私の自民離れの原因は、政権欲しいばかり、水と油の社会党・村山内閣の設立と宗教政党と非難し続けた公明党との連立だ。それに加え小泉内閣の郵政改革である。(文中敬称略)

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
『いい夫婦の日』
2008/11/23 [Sun]08:04
category:放言
『「いい夫婦の日」、銀婚組は「忍」、不況下、夫婦喧嘩の発生率上がる。理想の夫婦は三浦友和、山口百恵』


 11月22日は「いい夫婦の日」だったので、国内某大保険会社が既婚の被保険者、男女1180人に対し、夫婦関係に不可欠な要素を、一文字の漢字で表わすよう、アンケート調査したところ、新婚組と銀婚組とでは、まったく対照的な結果が出た。新婚組での1位が「幸」、2位が「愛」、3位が「安」、4位が「楽」、5位が「笑」だったのに対し、銀婚組では1位が「忍」、2位が「安」で、3位がほぼ同率で、「幸」、「和」、「絆」だった。

 この「忍」と「安」とをトップに選んだ熟年夫婦の心理は、同時期、博報堂生活総合研究所が行った夫婦喧嘩・発生率調査の結果を、皮肉にも反映している。同研究所の調査は、首都圏1都3県に住む既婚者カップル600組に行ったモノで、夫婦喧嘩を「よくする」、「時々する」の合計は、不況下の現在、51・3%で、バブル期の1988年おこなわれた同様の調査結果よりも、ナンと13・7%も増加している。しかも、その夫婦喧嘩の主因は、経済上のヤリクリにかかわる問題で、これが20年前よりも8・1%も増えて、35・5%になっていた。

 他方、明治安田生命保険が被保険者夫婦に対して、調べた「スター、タレントに見る”理想の夫婦”」は、1位が今年も三年連続で三浦友和、山口百恵夫婦だった。2位は江口洋介、森高千里夫婦、3位は木梨憲武、安田成美夫婦だった。    (R・H)

「福岡県選出の代議士たち」を書く予定だったが急遽変更した。
先日述べた「九鬼と天心」を昨日読み終えたが、戦後生まれの人たちはその名も知らないだろうが、“九鬼の文部か文部の九鬼か”と言われるように文部省の基本・基礎を築いた人物である。
 一方天心は、こんにちの東京芸術大学の礎を築き、槿山大観を育て、日本の芸術品の海外流出を防いだ人物として知られている。
共にドンフアンで、関係した女性は数知れず。九鬼龍一の二度目の美貌の誉れたかい波津子夫人と、友人の岡倉天心は関係し、同夫人はその愛の懊悩で最期は精神病院で迎えた。また天心は腹違いの姪とも関係し子どもまでもうけた程だとその本は書いていた。明治男の面目躍如たるものがある。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:夫婦生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

  COMMENT(1)
自民党の反乱と民主への苛立ち。
2008/11/22 [Sat]07:34
category:放言
『「衆院解散先送り」に反対する自民党中堅・若手グループ、漫画はコッソリ読め』

 衆院解散ー総選挙を”先送り”しようとする麻生太郎首相の動きに対し、自民党内に暗に反対する動きが出始めた。おりから麻生首相が日本郵政会社グループ株式売却を凍結する意向を示したコトに対しても、郵政民営化を支持して当選した”小泉チルドレン”たちは猛然と反発しており、同党内には麻生首相の進退をめぐって、麻生擁護派と”引き下ろし“派との対立が”潜行”しつつあるようだ。

 ”衆院解散先送り”に反対するグループは、衆参両院の同党中堅、若手議員24人が結成した「速やかに政策実現を求める有志・議員の会」で、その代表、塩崎恭久元官房長官(古賀派)、渡辺喜美元行革担当相(無派閥)、茂木敏充前行革担当相(津島派)らが11月21日、河村建夫官房長官と会い、景気悪化の早期抑止のため、定額給付金等を盛り込んだ今年度第二次補正予算案を、今国会中(年末まで)に提出するよう、申し入れた。麻生首相らが、来年1月の再開国会後に提案しようとしていることに、真っ向から反対する動きといえる。民主党の鳩山由紀夫幹事長は「道理にかなった正論で、麻生首相は党利党略か、正論か、どちらかを選ばねばなるまい」と述べた。同幹事長は、今国会に今年度第二次補正予算案が提出されなかった場合、内閣不信任案(衆院)、首相問責決議案(参院)などの上程も考えていることを、明らかにした。

 麻生首相の日本郵政会社グループ株式売却凍結・示唆に対しては、”小泉チルドレン”らと組む中川秀直元同党幹事長は、町村派総会で「郵政民営化のヒックリ返しは、改革路線の全面否定になる」と、批判した。山本一太参院議員は「ココで総選挙でもしなければ、そんなタイそれたことは出来ない」と、クギをさした。すでに、自民党内には「麻生では戦えぬ」として、”ポスト麻生”の内緒話が始まっているが、”女性総理”を待望する声も上がっており、その候補者として、小池百合子、野田聖子、小渕優子各議員の名が出ている、とスポーツ報知は伝えている。

 一方、朝日、毎日、日経などの各紙は11月21日、こぞって「麻生首相の腰が軽すぎる」と批判し、社会面では彼に対して、”ダブルKY首相”の異名が奉られている、と報じていた。つまり「漢字が読めない」KYと、「空気が読めない」KYとの二つを、麻生首相が合わせ持っているという意味である。

 麻生首相の失言、読み誤りについては、外国でも報道され始め、英フィナンシャル・タイムズ「貴族的な上から見下すような失言と、漫画に対する偏愛狂」と紹介した。朝鮮日報によれば、来月13日、福岡県内で開かれる日韓中三ヵ国首脳会談のため、韓国大統領府が準備した麻生氏紹介資料には「義理がたいが、失言が多く、何度も舌禍事件を起こした政治家」と記されている、という。

 在日外国人特派員協会は11月20日、昼食会に、今年最大のアニメ・ヒット映画「崖の上のポニョ」を制作した宮崎駿監督を招いて、麻生首相の”漫画・偏愛”について、尋ねたところ、宮崎監督からは、次のような返答があった。
(1)アニメや漫画は、若者や子供に「明るい夢」を持たせるため作っているが、こうした虚像(ヴァーチュアル)文化には、自ずから限界がある。
(2)麻生首相は「漫画好きだ」と公言しているが、これは恥ずかしいコトではないか。漫画は、コッソリ見ていればよい。
     (R・H)

1929年の大恐慌と今回のそれと異なることは、G20でみられるように国際的に対応していることだが、反面、アメリカに責任がありながら、責任の所在が曖昧になるのではないか。
国内も未曾有の金融危機というのに、麻生総理の軽々しい発言と度重なる訂正が政局になり、金融対策どころか国民に信を失いつつある。また野党第一党の民主党もモタモタして隔靴掻痒(太郎さんは読めないだろう)の感がする。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
進退窮まれり!太郎さん。
2008/11/21 [Fri]07:49
category:放言
『”迷走総理”のブレ続く、日本医師会には謝罪』

 「社会的な常識を欠く医師が多い」と、全国知事会で述べた麻生発言に対し、日本医師会の唐沢祥人会長は11月20日午後、麻生太郎首相を訪ね抗議した。麻生首相は平身低頭で「不適切な発言だった」と、謝罪したが、中川俊男常任理事は「次期総選挙に対する麻生発言の影響は避けられまい」と、語っている。日本医師会は、全国の医師16万4千人が加盟する、自民党にとって最大・支持基盤の一つだったが、これが先の茨城県医師会の例のように、大きく民主党に移る可能性がある。

 麻生首相のブレは、医師への失言以外にも、最近、頻発しており、11月19日、東京都内で開かれた全国私立幼稚園PTA連合大会では、会場を埋め尽くした若い母親を、幼稚園の”保母さん”と間違え「先生方、沢山のお子さんを預かって大変でしょう。幼児の教育は、まず親たちの責任ですのに・・・」と挨拶し、アトで注意される始末だった。各マス・メディアは、麻生首相の発言を、録音からすべて活字に直し、場違い発言、読み違え演説がないか、どうか、連日、チェックしている。

 次期総選挙めあての定額給付金支給については、鳩山総務相が11月20日、時間外労働などの追加行政費として、計・約800億円を、区市町村側に補助しなければならない旨、明らかにし、テレビのワイドショーなどで、次のように、さんざん批判されている。「バカバカしいかぎり」(高木美也子氏)、「国民の六割が要らないと言っている」(シマ信彦氏)、「貧困層向けなら、年収300万円以下の人に各10万円ずつ支給すべきだ」(村上龍)、「やはり白紙に戻すべきではないか」(みの・もんた)。

 このところ打ち続く麻生首相の失言、盲動に対しては、野党から「迷走総理」(管民主党代表代行)の”呼び声”がかかっているほか、閣内からも、総理批判ともとれる次のような言葉が飛び出している。「奈落の底に落されたような気がする」(二階経産相)、「世間の誤解を招くような言動は困る」(鳩山総務相)、「医師にやる気をなくさせたら大変だ」(舛添厚労相)。(R・H)

総理の軽い発言、読めない漢字。野党のみならず、与党の閣僚、幹部からも非難の声が上がり、まさに四面楚歌。今日の新聞はこぞって、ふらつく総理の発言に非難の狼煙(のろし)を上げているが、不思議なのは、職を賭して諫言する与党の役員、閣僚が一人もいないことだ。
歴代総理のなか超最低と思われる。それもその筈、愛読書がマンガというのだから当然。
母校・学習院の恥を天下に晒した罪は、万死に値する。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
懲りない麻生総理。
2008/11/20 [Thu]07:32
category:放言
『厚労省元次官連続殺傷事件の夜にバーへ行こうとして、制止された麻生首相』

 麻生太郎首相は11月19日昼の全国知事会で、医師不足など、当面する医療問題について「医師には、社会的常識を欠く人が少なくない」と発言し、日本医師会などの反発を招き、同夜、記者団を前に「医師方に不快な思いをさせて申し訳ない」と、陳謝した。反面、厚労省元次官連続殺傷事件については、記者団に対し、同日午前「単なる傷害、殺人なのか、そうではないのか、よく分らない段階でコメントは出来ない」と明言を避け、期待されていた暴力批判の言葉はなかった。

 これに対し中国新聞(広島)は、この麻生首相の対応を、2007年4月、伊藤一長・長崎市長射殺事件の際、当時の安部晋三首相にナンのコメントがなく、世論の批判をあびた過去を、思い起こさせると、論評した。同紙などによると、さいたま市で山口剛彦元厚労次官夫妻が殺害された11月18日、麻生首相はもちろん報告を受けていたが、同夜、首相公邸で太田昭宏・公明党代表らと会食し、そのアト、例のごとく高級ホテル・バーに向かおうとした。これを見た首相側近らが「犠牲者が出ている夜に、それはどうか」と”諫言”したため、やむなく中止したという。
 
 山口元次官のほか、東京・中野区で吉原健二元次官夫人も、宅配便を装った男に襲われ、重傷を負うという大事件が起こったため、警視庁、埼玉県警などは、厚労省のほか、同省の現元幹部約60人を警護するという異例の警戒態勢をしいた。厚労省は、今後”襲撃”される恐れがあるとして、インターネット上の同省ホームページから、現元幹部、約350人の氏名、肩書、住所などを削除した。

 主要紙の論調は、こぞって今回の連続殺傷事件を非難し、警察の徹底的な究明とテロ撲滅を要請しているが、識者、政治家のナカには、年金記録消滅問題、後期高齢者医療費過重問題以来、打ち続く野党、マスコミの厚労省非難が、こうした事件を「招く」ことになった、とする見方をする人もいた。その代表例は、津島雄二元厚相(自民党)で、彼は「マスコミの論調が、世の中をユガんだ方向に走らせた」と、記者団に語っている。   (R・H)

◎流石、今日発売の「週刊新潮」も「週刊文春」もマンガ太郎に、“新たなKY(空気が読めないに加えて、漢字が読めない)”として集中砲火を浴びせた。何度も書いたように、一般常識的な漢字が読めないとは、本人もさることながら、彼を総理に選んだ自民党議員は恥ずかしくないのだろうか。
 津島雄二元厚相の発言は、主客転倒で許されない。何となれば、マスコミや野党が権力を批判するのは当然だから。

 昨日のRH氏のコメント「杉田久女と松本清張と岡倉天心」があったが、奇(く)しくも、今、北康利著九鬼と天心ー明治のドン・ジュアンたち』を読んでいる。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
俳人・杉田久女。
2008/11/19 [Wed]08:42
category:日記
 昨日、北九州市政45周年、文学館創立2周年記念で、『杉田久女と筑紫の風土』の講演会とトークショウがあった。講師は「杉田久女」という本を著し、杉田久女研究家で作家・東洋大学教授、坂本宮尾女史とトークショウでは、テレビや雑誌で有名な黛まどか女史と文学館副館長今川英子女史であった。黛まどかさんは、銀行勤務時代、杉田久女の俳句に触発されて父親と同じ俳句の道に進んだそうである。質問の時間があったので、二人の講師は、久女の夫宇内については批判がましい意見は言わなかったが、田辺聖子、吉屋信子、松本清張各氏著書で巷間、誤解されているので、恩師の名誉挽回のため、勇気を振るって発言した。
 艶やかな桃色の和服姿、ノーブルな黒のドレスに身を包んだ二人の美女に圧倒されて、“日頃の能弁はどこへやら”、上がってシドロモドロ、田辺聖子の名前も出てこないし、言いたいことの半分もいえなかったほどだった。
久女の夫の宇内は小倉中学開校以来36年間奉職し、その間の教え子全員の氏名をフルネームで覚え、同窓会総会では各期引っ張りダコの状態で小倉のペスタロッチといわれ、旧小倉市から教育功労者として表彰されたほどだった。又平成11年、私は“教育者の鑑・恩師杉田宇内とその妻悲劇の俳人久女”の拙文を書いて次女光子さんに送ったら、“これで父も浮かばれる”と泣いて喜ばた話を披露した。
昨日、アクセス数90000突破。最近、お陰様で毎日コンスタントに200の大台のアクセスがあるようになった。感謝、感謝。ある知人から新聞読むより面白いと褒められた。これも一重にRH氏のお陰である。
昨日のRH氏のコメント一読の価値あり。

テーマ:詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など - ジャンル:学問・文化・芸術

  COMMENT(2)
信無くんば立たずー麻生内閣の命運。
2008/11/18 [Tue]07:42
category:放言
『幻しに終わるか、定額給付金、麻生内閣支持率が三割を割る』

 「総額2兆円と言う定額給付金の支給は、けっきょく幻しに終わるのではないか」--東京首都圏の夕刊紙、日刊ゲンダイは1月17日、自民、民主両党首会談の決裂や、民主党の新テロ特措法(インド洋における自衛艦の給油継続)審議拒否と相前後して、こう伝えた。両党首会談では、定額給付金支給を”目玉”にする今年度第二次補正予算案について、小沢一郎民主代表が今国会提出を迫ったのに対し、年明けの再開国会への持ち越しを決意している麻生太郎首相は、その提出時期を明示しなかった。万一、早めに衆院解散などが断行されると、定額給付金が”宙に飛ぶ”こと確実で、再開国会に同補正予算案が提出されたところで、今年度内に同給付金が国民の手に渡るか、どうか、ハッキリしない。

 定額給付金支給問題に対する麻生内閣の迷走ぶりを反映して、11月13日おこなわれたフジ・テレビ系の全国世論調査では、同内閣支持率32・6%の低さだったが、さらに朝日新聞系のANNグループが同月15,16両日おこなった全国世論調査では、麻生内閣支持率が29・6%まで急降下した。最近、内閣支持率が三割を割った例はなく、自民党内で”麻生降ろし”の動きが出てくる恐れがある、と見る向きもある。

 1月15日の世界金融サミット(G20)に出席した麻生首相は、国際通貨基金(IMF)に対する10兆円の融資などを発表して、「存在感を示した」と、胸を張っているが、スポーツ報知などが伝えるところでは、日本側報道陣などに接触してきた外人記者らの質問は「麻生内閣は何時まで持つか?」といったキビしい問いだったという。第二回G20を「日本でやりたい」という麻生提案は、「まず第二回はヨーロッパで」というサルコジ仏大統領の提言によって、陽の目を見ず仕舞いだった。
(R・H)

昨日のR・H氏のコメント『“財務”寄金という名の“お布施”創価学会』を是非お詠み下さい。
何度でも述べるように、解散がが遅くなれば遅くなるほど、上記の世論調査を見てば分かるように、ジリ貧が続き“野垂れ死”にするだろう。太郎さんは何を恐れているのか。一昨日の沖縄県知事選挙でも自公推薦の候補が勝利したではないか
 日本語が読めない問題でも、人名、地名、専門用語ならいざしらず、まともな常識的な言葉が5個も6個も読めなかったから失笑をかっているのだ。
また総額2兆円の定額給付金があったら、全国の公立病院の赤字が解消され、医師不足も解消されるそうだ。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
迷走する定額給付金。
2008/11/17 [Mon]07:16
category:放言
『総選挙は来年4,5月か、給付金もらうのは誇りなき輩、創価学会は給付金を上納させるとのウワサも』

 世界金融サミット(G20)出席のため、渡米中の麻生太郎首相は11月14日、来年度予算成立を優先させ、衆院解散ー総選挙の時期を、来春以降に先送りする方針を示唆したが、これと相前後して、自民党の長老、中曽根康弘元首相は、東京都内での講演で、麻生内閣にとって都合のよい来年4月か5月に、衆院解散が断行される可能性が大きい、との見方をしめした。さらに中曽根元首相は、次期総選挙において、自民、民主両党とも過半数獲得は無理で、けっきょくその後の政局は、両党を中心にした”大連立”にならざるをえまい、との見通しも明らかにした。

 総選挙めあての”バラまき”として批判されている総額約2兆円の定額給付金については、これを盛り込む今年度第二次補正予算案が、来年1月からの再開国会に持ち越される見通しなので、3月末の年度末までに支給できるか、どうか、ハッキリしない。麻生首相はワシントンで「オレたちは、要らないというプライドのある人が、いっぱいいる」と、述べた。野党側は、この発言について、受け取る国民を”誇りなき輩”と、愚弄(?)した言葉として受け取っており、志位和夫共産党委員長は全労連集会で、「バラまき一瞬、増税一生」と非難した。ジャーナリスト、矢本真人氏はインターネット通信、JanJan新聞で「大金持ちの麻生首相は所詮、庶民の気持ちがわからない」と、酷評している。

 定額給付金支給を麻生首相にゴリ押ししたのは、「公明党だ」というのが、定説になっているが、これが公明党と”一心同体”の創価学会の資金に”化ける”のではないか、というウワサも飛んでいる。これは、やはりJanJan新聞上に、ジャーナリスト、田中良太氏が報じたモノで、創価学会は、所属学会員から、受給した定額給付金の全部もしくは一部を、上納金として、同学会に”献金”するよう、指示しているという。 (R・H)  昨日の私の好きな番組『たかじんのそこまで言って委員会』で、尊敬する政治評論家の三宅久之氏の発言は、ボケがきたのか些か常軌を逸していた。自分と異なる意見にたいして、年甲斐もなく立ち上がって、頭から湯気を出して怒るような反論は不様であった。
裕福な知人は、迷走している「定額給付金」は絶対に受け取るといっていた。
 日本語がまともに読めない総理とは情けない。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
仲の良い夫婦ほどEDが多い。
2008/11/16 [Sun]07:22
category:日記
『日本の30-50代夫婦の8割は「いい夫婦」を自認、ただし半数以上がEDと告白』

 医薬品メーカーの一つ、日本イーライリリー社(本社・神戸)が「いい夫婦の日」(11月22日)を前に、東京、埼玉、千葉、神奈川の”首都圏”一都三県に住む30代から50代の既婚男女・計、1026人に対し、心身両面にわたる夫婦関係について、アンケート調査した結果、11月14日、その約8割が「ウマく行っている」と答えて来たコトが分かった。正確に言えば、全体の77・5%(男性78・15%,女性76・8%)が「いい夫婦」だ、と答え、その”中身”を次のように伝えて来た。
(1)お互いに信頼しあっている=男性77・8%、女性82・5%。
(2)お互いに自然体で暮らしている=男性62・2%、女性78・9%。
(3)相互のコミュニケーションがウマく行っている=男性66・5%、女性70・4%。

ただ、性関係の治療薬生産を主にする同社が、さらに進めて、セックスレスか、どうかを尋ねたところ、男性の64・2%が「勃起不全(ED)」を妻に打ち明けていた。また女性の71・2%が「夫からEDであることを話してもらった」と、答えているコトも分かった。皮肉にも、上記「いい夫婦」と答えたカップルだけとると”ED率(?)”がモッと高く、「いい夫婦」の男性の71・1%がEDで、女性の76・7%が夫からEDを打ち明けられた」と答えている。   (R・H)
現在話題の『定額給付金』について、驚くべきウワサ(真偽は別として)がきています。明日書く予定です。
お歳暮の時期になりました。【ヤギシタハムを世話しています。製品は手作り・少量生産で添加物は極力抑え、味についても評判を得ています。ご希望の方にはカタログをお送りいたします。FAX093-613-0271 値段も勉強いたします。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:夫婦生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

  COMMENT(2)
恥ずかしくないのか、太郎さん!
2008/11/15 [Sat]07:38
category:放言
『表現力が貧困な麻生演説、一月にも「馬鹿野郎の解散」か』

 麻生太郎首相は、ワシントンで開かれている世界金融サミット(G20)で、それなりに大奮闘(?)しているが、国内での評判は依然としてカンバしくばい。渡米当日、ブラ下がり記者団から「G20対策は?」と尋ねられたところ、麻生首相は「ここでナニを言っても、アンタら、理解できそうにない顔だから、止めておきます」と、ニベもなくはねつけた。

 連日の麻生演説は、漢字単語の誤読だらけで、新KY(KanjiがYomenai)首相と評されているが、「歴代首相の言語力を診断する」などの著作で有名な東照二・立命館大教授(社会言語学)は、麻生演説、会見の特徴を、次のように指摘している。
(1)「ナンとなく」という前置きを、麻生首相は連発するが、これは表現力がなく、使える言葉が貧困なコトを表している。
(2)東京・秋葉原などで街頭演説し「マンガ好き」を売り物にして、若者の心を惹きつけようとしているが、同時に貴族的な家系をチラツかせているので、大衆との仲間意識はうまれない。
(3)上記・記者団に対する対応が象徴するように、相手よりも「自分が上」というスタイルが、身についている。


 インターネット通信のJanJan新聞によれば、ジャーナリストの矢本真人氏は「麻生さんは、一同族会社の経営と、国政の運営とを、同一線上に置いている。一国の総理としての心構えができていない」と評している。コラムニストの勝谷誠彦氏「ここまで麻生首相が馬鹿とは、思わなかった。定額給付金はじめ、バカ炸裂の政策続きで、ニ進も三進も行かなくなるだろう。来年一月、”馬鹿野郎の解散”(祖父・吉田茂首相は”バカヤロウ解散”)するか、内閣総辞職に追い込まれるだろう」と、述べている。

 他方、麻生首相訪米の留守番役、河村建夫官房長官は1月14日の閣僚懇談会で、定額給付金問題について、各閣僚テンデバラバラに発言していることについて「いやしくも閣内不統一と取られるような言動は、とらないで欲しい」と注意した。しかし、その後の閣僚記者会見で、鳩山邦夫総務相は「定額給付金の分配は現金か、口座振り込み方式になるだろう」と、正式決定前に支給方式までシャベっている。    (R・H)

昨朝のテレビで麻生総理は、散々笑いものにされたが、“カエルのツラにも小便”、記者のぶら下がりの質問にも、口をトンガラかして笑っていたが、恥ずかしくないのだろうか。一回二回ならご愛敬といえるが、こう重なると、子どもからもバカにされ、信頼を失った総理が、何を言っても何をしても、総て“絵に描いた餅”である。日本人の恥だ。
日本語もまともに読めない総理を選んだ自民党議員に責任があるが、さりとて、グズグズしている民主党の代議士も同罪。究極的には、約40%の投票に行かない、又そんな代議士を選んだ国民が一番悪い
昨日に加え、措置前場も読めなかったそうである。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(3)
日本語も読めない総理大臣。
2008/11/14 [Fri]07:47
category:放言
『定額給付金は創価学会ー公明党の提案、いまや”火消し”に大童、KYの麻生首相は押され放し』

 「あんなモノ、やらなければ、よかったんだ。KYの麻生が公明党に押し切られたんだ」。これは、自民党のある幹部が言った言葉だそうで、配布前から不評の定額給付金(成人国民一人あたり1万2千円)は、時事通信などの報道によると、もともと創価学会ー公明党のラインから、自民党側に提案されたモノだそうである。麻生太郎首相は、衆院解散先送りと引き換えに、この案をノマされた、ともいう。

 KYという流行語は、本来「空気(Kuuki)が読めない(Ymenai)」の頭文字をひっつけた合成語で、優柔不断の福田康夫前首相につけられたニックネームだった。麻生現首相の場合は、このほか「(あんがい)気(Ki)が弱い(Yowai)」と、「漢字(Kanji)に弱い(Yowai)」という二つの意味合いが追加されている、らしい。

 公明党は「定額給付金バラまき」案を麻生首相に”押しつけた”という世評を、たいへん気にしている模様で、太田昭宏代表、山口那津男政調会長らは、その”火消し”に躍起になっている。定額給付金配布の”窓口”を”押しつけられた“、区市町村役場の不満に対し、平身低頭。「ご苦労さま、国民のコトを思ってやったのです。よろしく、お願します」と、頭を下げまわっている。

 「漢字(Kanji)が読めない(Yomenai)」総理大臣と、さんざん麻生首相を皮肉っているのは、インターネット通信のJanJan新聞で、アレは、漢字まじりの新聞、雑誌を読まず、絵ズラばかりの「漫画にヒタり頼りすぎたセイだ」と、キメつけている。同新聞によると、太郎総理は、「有無(ウム)」を「ユーム」、「詳細(ショーサイ)」を「ヨーサイ」と読み違えたコトもあるそうで、これも愛読マンガ「ゴルゴ13」などで、内外情勢を”勉強(?)”し過ぎたからだ、と風刺している。
(R・H)

日本語もまともに読めない総理大臣とは情けない。世が世なら切腹モノだ。 
昨日のブログ午後加筆しましたが、親友からの定期便のコメントに加え、gao氏からのコメント、大変嬉しかった。厚くお礼を申し上げます。
このブログに、毎日約200人のアクセスのなか、熱血T女史、故I氏の気品溢れる夫人、大好きなN夫人がいることも書く励みの一つです。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
田母神論文について。
2008/11/13 [Thu]07:54
category:放言
 田母神論文について、自民党から共産党に至るまで喧々囂々たる非難、多くのマスコミも非難の百家争鳴の有様。11日には参院への参考人招致があった。
そこで、その論文の全文をインターネットで読んでみた。一言で浅学非才の私見を述べると、行き過ぎた面があるものの、一理がある面も多く、自虐史観の漲っている平和ボケの日本の現状に、警告を発したと思われた。 
 歴史にif(もしも)はないといわれるが、もしifがありとすれば、即ち日本の朝鮮併合、満州国の建設なかりせば、恐らくソ連(ロシヤ)の植民地になっていただろう。そして韓国は悲惨な目になっていたのではないだろうか。
 敗戦直前、日ソ不可侵条約を一方的に踏みにじり満州を侵略し、邦人の男性は極寒のシベリヤで強制労働させ多数の犠牲者をだし、婦女子には陵辱・強姦し、引き上げの博多では、全員強制的に妊娠・性病の有無を検査させられたという。その上、ソ連はポッダム宣言で日本の領土と決まっている択捉・国後を侵略し、返還されないままになっていることは、ご承知の通り。日本政府の米・ソ・中・韓に対する腰抜け外交には深い憤りを覚える。
確かに中国侵略の発端になった廬溝橋事件は、中共の挑発だったことは最近歴史的にも証明されているが、日本の軍隊の最大の責任は、その挑発にのったことと、“進メ進メ、兵隊進メ”身の程知らず戦線を拡大したことではないだろうか。
 去る10,11日のラジオ深夜便「こころの時代」で、“ニューギニアの記憶”を語った90歳近い元軍医の三好正之氏の話にによると“食べ物はない、兵器はない、薬もない状態だった、日本の軍隊のバカのバカたる所以は、北はアリュウシャンから東はビルマ、南はニューギニヤと戦線を拡大し過ぎて兵站が伴わなかったこと、日本海海戦の勝利に味をしめ、飛行機の時代というのに、戦艦大和・武蔵に力を注いだことだ”
麻生総理の笑い話を一席。 国会で村山談話や河野談話についての質問に、総理は踏襲(とうしゅう)を(ふしゅう)、頻繁(ひんぱん)を(はんざっつ)、未曾有「みぞう)を(みぞゆう)と言ったそうである。マンガ太郎の面目躍如たるものがある。
ご当地出身の代議士も、予算委員会・防衛問題総括質疑が、余りにも幼稚と今でも笑いものになっているが、昔、森元総理がパソコンのITをイットと言って爆笑されたことがある。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:ヘタレの売国奴支配の日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
民主党の優柔不断。
2008/11/12 [Wed]07:25
category:放言
『我が民主党にまたも追い風、ニュージーランドでも政権交代』

 我が国最大の野党、民主党は、アメリカにおける野党・民主党候補、バラク・オバマ氏の次期大統領当選を、自党有利の道筋を開く好材料として歓迎しているが、11月8日、また太平洋の彼方で、追い風を吹かせるような”変革”(チェンジ)がおこった。この日、人口420万の”白人多数国家”ニュージーランドで行われた国会(一院制、122議席)総選挙で、現野党、国民党が勝って、クラーク現労働党内閣から、9年ぶりに政権交代を実現させる運びとなったからである。

 ニュージーランド選挙管理委の発表によれば、即日開票の結果、野党・国民党が45%、与党・労働党が34%という得票率で、議席数にすれば、国民党が59議席、労働党が43議席となる。国民党は、これまで少数野党だった「緑の党」(今回6議席)、ACT党(同5議席)、統一未来党(同1議席)などと、連立内閣を立ち上げる方針を、すでに明示している。

 長年、政権の座にあった労働党の主敗因は、米大統領選におけるブッシュ共和党のは敗因と同様、やはり世界金融危機で、ニュジーランドは現在、かつてない経済不況に見舞われている。”次期首相”となる国民党首、ジョン・キー氏は経済の専門家で、奇しくもオバマ米次期大統領と同年の47歳であり、女性のヘレン・クラーク現首相(労働党党首)より11歳わかい。

 他方、我が民主党はこの日、管直人代表代行が沖縄市で、また鳩山由紀夫幹事長が釧路市で、それぞれ演説し、いずれも麻生太郎首相が政権運営に行き詰まって、一か八かで、年末のクリスマス衆院解散に出る可能性が大きい、との認識を示した。両氏の見通しでは、衆院総選挙は来年1月中ごろ公示され、同月下旬、投票の段取りになる可能性が大きいといわれる。管、鳩山両氏があげる、麻生内閣の閣内不統一とは、景気振興のための経済追加策、とくに総額2兆円という定額給付金の支給対象や、道路特定財源の一般財源化をめぐって、各閣僚てんでバラバラに発言し、麻生首相の統率力の無さが露呈している、というのである。   (R・H)
よくよく考えてみたら、日本は議院内閣制で、安倍も福田も現総理の麻生も、国民に信を問わない、全く関係ないところで選ばれた。言うならば、郵政選挙という、今から考えると、小泉チルドレンが輩出したようなドサクサ紛れの中で、選出された議員のたらい回しの総理のような気がしてならない。
昔、三木武夫、福田赳夫、伊東正義の3人が大臣を辞職して、総理に諫言をしたことがあったが、そんな気骨のある政治家はいないのか。長期政権の自民党にも愛想が尽きたが、民主党も何をグズグズしているのか。矢野元公明党委員長の証人喚問をするなり、不信任を提出するなりしないのか。


 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
ますます“立ち枯れ”の様相が濃くなった。
2008/11/11 [Tue]08:27
category:放言
『衆院年内解散なし、いっそ定額給付金など止めたら、麻生首相は居酒屋からホテル・バーに舞い戻り』

 衆院解散・先送りの決意を固めている麻生首相は、11月9日から茨城県下を手始めに、地方遊説を開始した。同首相は、水戸市内での街頭演説で、景気振興を優先する意思を明示し、総額2兆円に上る定額給付金支給をハシラとした追加経済対策を、宣伝してまわった。これまで早期解散論者だった細田自民党幹事長も、この日、民放テレビで「年内解散はまずない」と語っており、世界金融危機に対する内外での克服策樹立が優先課題であることを、認めた。

 ただ、国民一人あたり1万2000円・プラス・アルファだという定額給付金については、自民党内でも、年収1000万円以上の高額所得者には、自己申告で辞退させるべきだ、という方針をめぐって、いぜん賛否両論がウズ巻いており、細田幹事長も「党内がゴタゴタしていて申し訳ない」と、テレビを通じて陳謝した。鳩山民主党幹事長は、この日、大阪で「自己申告など、正直者がバカを見るような制度だ」と非難し、中国新聞は社説で「さらに迷走するなら、こんな公金バラまきの政策は止めてしまうのの一選択だ」と、批判した。

 麻生首相は茨城県下から帰京後、9日夜、東京・渋谷の居酒屋で、自民党都連学生部員を中心にした大学生、約40人と”飲み会”を催し、「日本はアジアを引っ張って行く気概を持たなくちゃあならん」と、一席ブッた。ご本人は居酒屋行きで、庶民性をアッピールした積もりだったようだが、”飲み会”の方は暫らくして切り上げ、麻生首相はなじみの高級ホテル・バーへと、足早に立ち去って行った。         (R・H)

先にあった読売の世論調査でも内閣支持率は、不支持が支持を上回ったが、8,9日あった共同通信の世論調査でも、支持40.9%、不支持42.2%となった。次期望ましい政権も、自民党中心の政権が36.1%に対し、民主党中心の政権が43.2%となった。朝日の調査はまだ悪く支持率37%。麻生内閣発足当時は、支持が50%に近く不支持は33%だった。まさに隔世の感がする。これでいよいよ麻生総理は解散総選挙をしなく、いやできなくなった。
私はこのブログで何度も述べるようように、総選挙が遅れれば遅れるほど政権交代の声が高まり、特に来年になれば、自民党は壊滅的な敗北を喫するだろう。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:麻生内閣 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
今日は一転“様変わり”
2008/11/10 [Mon]07:49
category:日記
『結婚して「おばさん」になり失ったモノ第一位は「女らしさ」、”若妻”も”熟年妻”も』

 結婚して「おばさん」の座に落ち着いて、逆に何を失ったか?。主婦のための生活情報紙、リビング新聞は最近、インターネットを通じ、20代の”若妻”と、50代の”熟年妻”との計1592人(両者ほぼ半分)に対し、アンケート調査していたが、このほどその結果がまとまった。これによると、「おばさん」になって失ったモノ第一位は、”若妻”、”熟年妻”とも、「女らしさ」の喪失だった。喪失第二位も、”若妻”、”熟年妻”共通して、「若々しさ」だった。「おばさん」になって、失ったモノの順位は次の通り。

失ったモノ             20代の”若妻”                50代の”熟年妻”
「女らしさ」               79・1%                    54・7% 
「若々しさ」               51・6%                    42・0%
「品格」                 34・1%                    40・4%
「可愛らしさ」              50・5%                    36・7%
「たしなみ」               28・6%                    36・3%
「恋心」                 42・9%                    36・3%
「センス」                35・2%                    35・1%

なお、逆に「おばさん」になったことで、得たメリットは、上位が下記の通り。
*・生き抜くための諸知識、諸知恵。
*・不撓不屈の”闘志”。
*・他者に対する配慮、親切心。
*・他人からの信用度、友情。
(R・H) 
昨晩『不良老人伝』を読み終わった。登場人物次ぎの通り。貴方は何人知っていますか。
 永井荷風、金子光晴、宇野千代、今東光、壇一雄、松尾邦之助、本田靖春、竹中労、前田俊彦、上野英信、松下竜一、岡部伊都子。岡本太郎、升田幸三、今村昌平、淡谷のり子、松永安左エ門、反逆老人群像、田辺茂一、三岸節子、植草甚一、天本英世 
朝日も毎日も小倉高校100周年の模様を大きく掲載しているのに、西日本新聞だけは一行も載せていない。天下のボロ新聞だ。  

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:結婚への道 - ジャンル:結婚・家庭生活

  COMMENT(1)
感動!創立100周年。
2008/11/09 [Sun]10:49
category:放言
 起立・礼・着席ー就中、礼の素晴らしさ、厳粛さ、規律正しい一糸乱れぬ行動は、卒業の同窓生は、もとより来賓の学校関係者の感激であった。昨日行われた我が母校・小倉高校100周年記念式典に出席した感想である。
 流石、名門・小倉の面目躍如だった。本当に素晴らしかった、感動した。
祝賀会も実に盛大で、福地NHK会長は勿論、東筑、八幡中央、南のの校長とも快談したが、なかでも嬉しかったことは、美人の誉れ高いT校長と再会したことだ。
終了後、K君夫妻の接待で二次会に行き、昔松竹歌劇にいたママやE君の越路吹雪の歌を歌う美声を堪能した。これまた実に愉しかった。 長生きしてよかった。
 ピンからキリまで、ピンは、日銀の総裁、NHK会長を卒業生が就任し、地元福岡でも一時、九電、西鉄、JR九州。八幡でも新日鐵、安川、三菱化成のトップを同窓生が占めた。
 旧制小倉中学35期生の私たちは、3年生で学徒動員、昼夜2交替で工場で働き、4年の夏、敗戦、食べるに食なく学ぶに本も紙なく、教科書は占領軍の命令で黒塗りされた状態で勉強した。
それでも心は明るかった。持ち寄ったボールで野球をやり、生徒同士でポジションを決めチームをつくった。北部九州の決勝大会は、佐賀の龍谷中学と小倉中学の校庭で行われ、当時の西宮の全国大会のキップを手にして、監督に住金の鬼塚格三郎になっていただいた、列車のキップが入手出来ず誰一人応援に行けなかった。
一回戦で東京高師付属中学に敗れグランドの砂を袋に入れる姿がが映画のニュースで放映された。
その翌年、福島一雄君を擁して2年連続全国制覇した。

テーマ:高校生活 - ジャンル:学校・教育

  COMMENT(1)
おんぶにだっこ。
2008/11/08 [Sat]07:11
category:日記
 この私のブログはご存知のように、発想も枯渇し語彙も貧弱、浅学非才のため、特にR・H氏に“オンブニ、ダッコ”の様相である。
今日は母校・小倉高校の創立100周年記念10時から講堂で式典、13時30分からホテルでパーティ。終了後同級生4人で久闊を温める予定。

『麻生首相、高級バーから”公邸バー”に方針転換、神社大祭より漫画を重視』

 高級ホテル・バーなどへの”ハシゴ酒”行脚を、世間からタタカれたのに、イヤ気がさしたのか、麻生首相は、総理就任以来、まったく使用していなかった首相公邸で、来週から飲食し、諸政治家や秘書官たちとの”夜の会合”も、もっぱらココで行うことに、方針転換した。この”公邸バー”でのアルコール類やおツマミは、なじみのホテル、レストラン、料理屋等の”出張サービス”となる。夕刊フジなどの報道によると、麻生一家の公邸引っ越しは、まだまだ先きのコトで、衆院選の模様待ちらしい。

 漫画好きで、アキバ族の”主”をもって自任している麻生首相は、11月8日、当初、参加を予定されていた福島県下での神社大祭に、代理役として河村建夫官房長官を立て、自らは同日、東京・葛飾区内に出来上がる人気漫画「こち亀」の主人公、両津勘吉巡査の銅像除幕式に出席することとした。「こち亀」は、正式の題名が「こちら葛飾区亀有公園派出所」で、麻生首相はこの漫画を読んで、心をナゴマせているので、ぜひその”お礼”に式参列ということになった、といわれる。

 麻生首相が大々的に宣伝してきた総額・約2兆円に上る定額給付金支給問題については、11日、総務省内に推進・実施本部が開設される。高額所得者に対する、その支給是非については、高所得者自身に申告・辞退させるコトで、一件落着をはかる動きが自民党内に出て来たが、与謝野馨財政・金融担当相は「そんな自主申告を制度化するのは難しい」と言って、まだ首をタテに振っていない。日本に永住もしくは半永住している在日朝鮮(韓国)人ら、長期居住の外国人にも支給されることになりつつある。

『超党派で「対馬を守る」動き、外資に法的規制、自衛隊増強など打ち出す』

 超党派で結成されている「日本の領土を守るために行動する議員連盟」(会長・山谷えり子参院議員)は11月6日、緊急総会を開き、長崎県対馬を、本来”韓国領”だと主張して、韓国資本が同島を買い占めつある状況を、日本の危機と見て、早急な対策をとることで、意見一致した。同総会には、玉沢徳一郎、西村真吾両衆院議員ら、計47人の衆参両院議員が集まり、まず次の二点を外務、財務、防衛各省に申し入れることとした。

 (1)外国資本による対馬の不動産取得に対し、なんらかの法的規制を課すること。自衛隊対馬防備隊本部の隣接地に、韓国資本の近代的リゾート・ホテルが建設され、盛大に営業を始めたコトに、議論が集中した。
(2)実戦即応の陸海空各自衛隊を、対馬に増強すること。従来からの駐屯部隊、レーダー監視部隊だけでは、防衛上、不十分だとの認識が示された。
    (R・H)

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m
  COMMENT(1)
“焼け石に水”不況対策。
2008/11/07 [Fri]07:01
category:放言
『2兆円の定額給付金ばらまきは国家による買収行為』

 景気振興策の一環として、麻生太郎首相が発表した総額2兆円に上る定額給付金の支給問題は、松沢成文神奈川県知事、亀井静香国民新党代表代行らから、強い批判を浴び,当の麻生首相はその後、この件については口を閉ざして語ろうとしていない。松沢知事は現在、無所属で、神奈川県政を取りしっきっているが、かつては民主党から連続三期、衆院議員を務めた政治家で、11月5日の記者会見でこう述べた。「一時的に2兆円バラマいても、景気対策として効果が上がる、とは思えない。愚民政策そのものだ」と。

 亀井静香国民新党代表代行は元警察官僚で、かつて埼玉県警捜査二課長などを務めた経験から「これは票をカネで買う悪質な買収行為であり、選挙違反もはなはだしい。困窮者たちへの救援策にはならない。国家による、こうした大買収行為を黙視していては、いられない」と述べた。

 こうした世の批判に対し、麻生首相は11月6日、ブラ下がり番記者に対し「言葉だけが先行していて閉口する」と、次のように語った(高所得者に対する定額給付金支給ストップ是非については語っていない)。「そういうコトを決めるために、政府、与党間には検討委員会があります。いま、この場ではシャベれません。頭の中に考えがあっても、それを言ったら、言葉だけが先きに踊り出し、都合よく、勝手に書かれるのだから・・・・」と。
(R・H)
RH氏から、紹介したい原稿が山のように送られて来ている。
 麻生総理は解散を先延ばしているが、遅くなれば遅くなるほど、内閣は立ち腐れするだろう。何となれば、不況が日に日に深刻化し、先日発表された経済対策では“焼け石に水”。
解散に反対している与謝野、中川大臣等は総選挙があれば、落選の可能性大だからだ。
私は麻生総理の最大の失政は、18人の大臣のうち14人が二世三世の世襲議員を任命したことだと思っている。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
『オバマ新大統領誕生』二編
2008/11/06 [Thu]06:15
category:放言
『オバマ”新大統領”当選で拍手喝采の我が民主党、素っ気ない麻生首相』

 カタズをのんで、テレビの米大統領選挙速報を見守っていた、我が民主党本部は11月5日昼、米民主党・オバマ候補の新大統領当選を聞くや、ドットというドヨメキと、拍手がおこった。すぐに壁面の小沢一郎代表ポスターの横に、笑顔のオバマ新大統領のポスターが、並べて貼りつけられた。鳩山由紀夫幹事長は「米民主党にお祝を申し上げる。日本も、オバマさんのように、チェーンジ(変革)の必要に迫られている」と挨拶した。渡部恒三最高顧問は「ダレが良いか、否かの判断よりも、まずチェ-ンジ、チェーンジだ」と述べた。これに対し、自民党は素っ気なく、麻生太郎首相は記者団に対し「民主党という党名は世界各国にありますので、別に米民主党が勝ったからといって、短絡的に日本の民主党が有利になるワケではないでしょう」と語った。
(R・H)

『想される米オバマ”新大統領”の景気刺激策、英ロイター通信』

 英ロイター通信は11月5日、米新大統領に当選したバラク・オバマ氏が就任後、すぐに着手するとみられる、景気振興に向けた15刺激策をマトめ、次の通り予想した。これらは、オバマ氏がこの一年間、選挙演説等で明らかにしてきた提案から、同社が選び出したモノである。
(1)先きの原油高で儲けた石油会社、商社などに、新たに課税し、物価高に悩む一般国民に対し、その収益を還元させる政策をとる。
(2)米国内で、新たに採用された労働者一人あたり、3000ドルの課税控除のワクを設ける。
(3)中小企業の設備投資などにかかる事業費を、25万ドルまで、減価償却・可能な措置をとる。
(4)新たに中小企業を起業する場合、その借入れ・投資資本などに対する課税を、大幅減税する。
(5)全米50州などのうち、景気低迷顕著な州に対し、連邦政府から総額250億ドルを供給し、固定資産税(州税)引き上げなどを、極力、抑える。
(6)三大自動車メーカーなどに対し、燃料効率の高い次世代カー開発のため、総額500億ドルの融資を保証する。
(7)ローン返済が遅れている住宅保有者が、強引な差し押さえにあうのを、回避するため、現行よりも90日間、差し押さえ猶予期間を延長させる。
(8)長期失業者に対する失業保険給付期間を延長し、同保険金に対する課税を一時、停止する。
(9)現行、満70歳到達後、6ヵ月たって初めて口座から引き出せる退職金を、すぐ引き出せられるよう、規則を改正させる。
(10)住宅暖房等にかかるコストへの援助を拡大する。
(11)ローン償還の資金繰り等に悩む住宅保有者を支援できるよう、破産法を改正し、ローンの借り方、償還法などを簡便化し保護する。
(12)ブッシュ大統領ら、歴代共和党政権がとって来た、富裕層に対する減税措置の一部を撤回する。
(13)反面、低所得者に対する恒久的な大幅減税を実施する。
(14)北米自由貿易協定を見直し、世界全体の産業、労働環境等を、良好な水準に押し上げるグローバルな貿易協定をつくり、活用する。
(15)米国内の生産工場などを、海外にシフトする企業に対する、税制優遇措置等を撤廃もしくは制限する。   
   (R・H)
昨日のRH氏のコメント“最もアメリカ的で、最も非アメリカ的なオバマ新大統領”をお詠み下さい。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:アメリカ大統領選挙戦 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
三代続けて“野垂れ死に”か?
2008/11/05 [Wed]07:09
category:放言
『麻生首相、銀婚式の家族パーティ、衆院解散先送りは”野垂れ死”にかも?』

 麻生太郎首相は11月3日夜、東京・西麻布の中華料理店で、千賀子夫人(鈴木善幸元首相の娘)との銀婚式を祝う家族パーティを催した。総理ブラ下がり記者たちが皮肉まじりに「麻生内閣も銀婚式まで続きますか?」と尋ねたところ、麻生首相は「エッ、25年というのは長過ぎるナ!ワッハワッハ・・・」と笑い飛ばした。

 自民党の古賀誠選対委員長らの賛同を得て、麻生首相は衆院解散先送り論に心を傾けているが、政界にはその反対論も根強く、麻生首相が何の成果もあげずに、ただ政権にシガみついている場合、安部晋三、福田康夫両首相同様、”野垂れ死”にするだろう、とみる見方も少なくない。早期解散を迫る野党、民主党の小沢一郎代表は11月4日の党役員会で「このまま衆院解散を先送りしても、麻生内閣は来年9月の現議員任期満了時まで持てまい」と述べた。与党、自民党内でさえ、さきの同党総裁選で小池百合子議員を推して、いわば”反主流派”になった中川秀直元同党幹事長は、このほど茨城県下で次のように演説した。

(1)衆院解散を先送りすればするほど、野党の審議拒否や議事妨害戦術にあい、”ねじれ国会”の運営は難しくなり、麻生首相の政権維持も困難になろう。
(2)2009年度の通常予算案通過前に、その内容について国民の信を問うのが、政治の王道だ。
 
 麻生首相は先日、景気振興のため、経済テコ入れ追加策を明らかにし、その”目玉”有権者への定額給付金支給を発表した。これに対する世論の反応は、読売新聞の全国電話調査(11月1-3日)によると、「評価する」38%に対し、「評価しない」56%だった。定額給付金について、「高所得者には配布しない」とする与謝野馨財政金融担当相と、「国民全員に配布する」とした中川昭一財務相との意見が対立していたが、麻生首相は4日、与謝野説の方に組みした。なお上記・読売電話調査では、麻生内閣を「支持しない」が41・9%で、初めて「支持する」の40・5%を上まわった。(R・H)

大恐慌がくるかもしれないといいうのに、国民の苦悩を尻目に優雅なものだ。論評の余地なし。“野垂れ死に”の可能性は私の持論と全く同じ。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:麻生内閣 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
未練がましいぞ、麻生太郎さん!
2008/11/04 [Tue]07:30
category:放言
『オバマ新大統領当選の場合、米株価は一年内に10%前後あがる、英米通信社の予測』


 今日投票の米大統領選挙は、オバマ民主党候補の優勢、マケイン共和党候補の猛追という情勢の中で展開さているが、もし”オバマ新大統領”が誕生し、現在すでに米議会の過半数を握っている民主党の、行政、立法両面における完全掌握体制が実現すれば、現在の金融危機はどうなるか。世界的に経済ニュースで定評のある、英ロイター、米ブルームバーグ両通信社とも、過去の事例から推定して、米証券取引所における株価が、一年以内に10%前後、上昇し、米経済に立て直し機運が進むのではないか、という予測を流した。

 (1)ロイター通信。米大統領選で民主党候補が当選し、民主党多数の米議会とウマく行った例は、過去一世紀間に7回あり、これを綜合、試算すれば、当選後、一年以内に平均14・7%、米株価は上がった。もし”オバマ新大統領”が誕生すれば、米国への国際的信頼感が増し、ドル高傾向につながるモノと見ている。
(2)ブルームバーグ通信。過去一世紀間、米大統領選で共和党から民主党に大統領が変わった場合、従来の例を総合、計算した結果、当選後、一年以内に米株価は9・8%あがった。

 両通信とも、問題は民主、共和両党候補がデッドヒートで大接戦を演じる場合で、このようになると、株式市場が不安定化し、想定外の事態が生まれる可能性もあり得るとしている。また”オバマ新大統領”が公約どおり、富裕層に対する減税停止や、金融市場に対する重課税を打ち出してくれば、一波乱あり得る、としている。

 オバマ民主党候補は10月31日、米CNN放送との単独インタービューで、自分が当選する場合、最優先課題になるのは、金融システムの安定化をふくむ米経済再建問題であることを、明言した。また金融、財政問題の相談相手としては、ボルカー元連邦準備制度理事会(FRB)議長、サマーズ元財務長官と、米国きっての大投資家、ウォーレン・バッフェット氏の三人を、念頭に置いている、と語った。   (R・H)

安倍、福田内閣とも信を国民に問わず、内閣を投げ出したが、麻生内閣も、“出そうで出んのは何とやら”で、今にも解散するかの気配を匂わしながらが、地位に綿々するあまり?先延ばししている。
“未練がましいぞ!麻生さん!”
昨日は何と!。感謝感激!
 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
『温故知新』
2008/11/03 [Mon]07:20
category:放言
『麻生首相の高級ホテル・バー”はしご酒”問題、慎太郎知事は擁護だが反対派多数』

 麻生太郎首相の高級ホテル・バー”はしご酒”問題は、いぜん国会内外での話題のマトで、賛否両論がウズまいている。やはり、麻生首相の振る舞いを”貴族感覚”、”坊ちゃん感覚”とみる見方が多く、自民党内にも、これを次期衆院総選挙への悪材料として、心配する声が上がっている。

 高級ホテルのバーで、葉巻を吸いすい一杯やる麻生総理を、いとおしげに見る擁護派の筆頭は、石原慎太郎東京都知事。慎太郎知事は23日の記者会見で「ホステスがいる銀座のクラブや、赤坂の料亭より、一流ホテルであっても、あのバーの方がズッと安いし、上品だ。あんなコトを問題にするなんて、まったく下らない」”援護射撃”した。民間放送のフジ系列で、ニュース・ショーを司会しているキャスター、小倉智昭さんも「一国の総理がラーメン屋とか、屋台で、一杯やれますか。警備上の問題もあるし・・・」と、弁護した。

半面、野党の志位共産、福島社民両党首は「ココぞ」とばかり、麻生攻撃の砲火を浴びせ、民主党の菅直人代表代行は同日、遊説先きの山口市で「大衆向けのパンがないなら、高級ケーキをバンバン食べなさい」と言って処刑された、フランス革命当時の仏王妃、マリー・アントアネットの故事を持ち出して批判した。菅代表代行は「僕なら焼き鳥屋に行っている」と語ったのに対し、小沢一郎同党代表は、居酒屋好みといわれ、湯豆腐などをツマミにし秘書連とワイワイやるのが大好きで、「笑笑」や「庄や」、「桃太郎ずし」などのチェーン店がおナジミだ、そうだ。

一方、日刊スポーツが22日夜、新橋駅前で立ち飲みしたり、居酒屋にタムロしている酔客、男女約20人に、この問題の是非を聞き取り調査したところ、「新橋で飲めば3000円以内でアガる」といった、高級ホテル・バー”はしご酒”への”反対論者”が多かった。ノン・フィクション作家の岩上安身さんは「こんな大騒ぎになる前に、麻生首相も軽くイナして、身をカワしていたら良かったのに・・・」と言っている。    (R・H)
11月1日、小倉高校100周年記念、教師・卒業生の物故者・慰霊祭に出席した。大変嬉しかったことは、祭主で校長の謝辞の中で、今年1月亡くなった畏友で後輩のI君(奨学会理事長)について言及したことである。帰途、出席していた気品溢れる富子未亡人を、着物が汚れるのではないかと、些か気が引けたがボロ車で自宅までお送りした。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:麻生太郎 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
解散は二転三転、自公に亀裂か。
2008/11/02 [Sun]07:46
category:放言
『総選挙は衆院議員任期満了時、高所得者への定額給付金交付は疑問、与謝野大臣』

 与謝野馨経済財務担当相は11月1日、テレビ東京の番組に出演し、衆院解散と総選挙について、日本の円高不況や世界的金融危機で、緊急サミットまで開かれようとしている今日、”選挙騒ぎ”で政経両面に空白を生むのは「好ましくない」として、総選挙を現衆院議員の任期満了時(来年9月)まで先送りする案も、しめした。同様の考え方は、小泉純一郎元首相、石原伸晃自民党政調会長らからも提示されており、自民党の一部に、来年9月総選挙案が存在することを示している。

 また与謝野経済財務担当相は、さきに麻生太郎首相が提示した新総合経済対策のうち、国民一人あたり平均1万6千円前後、一律支給する、といわる定額給付金問題について、疑問符を呈し、年収一千万円以上の”高所得者”には、同支給ストップも含め、別途、対策を考えるべきだとした。定額給付金問題については、野党がこぞって総選挙目当ての”公金ばらまき”戦術として、反対しているほか、政府、与党内でも、10月31日の経済財政諮問会議で、批判の声があいついだ。    (R・H)

昨日の教育に関するブログは、インターネットを見てカッーとなって一気呵成に書いた。従って今朝加筆、訂正した。
 一昨日のRH氏の資料も朝日新聞の報道も、今日の毎日新聞も、麻生総理が解散を二転三転したために自公の亀裂を報じた。麻生の深層心理は簡単。選挙で負けて、多年の念願で得た総理の座を滑べたり落ちることだ。麻生も優柔不断だが、民主もモタモタして切歯扼腕の思いだ。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(0)
教育の荒廃の元凶は文科省と教委にあり。
2008/11/01 [Sat]13:42
category:放言
<愚か者の誓い>忘れ物した生徒に書かせる 足立の中学校 

 東京都足立区立第九中学校で、数学を担当する2年生の学年主任の女性教諭(52)が授業中、宿題などを忘れた生徒に、「愚か者の誓い」というプリントを渡し、「私が愚か者でした」などと何度も記入させていたことが分かった。

 区教委によると、教諭は4年ほど前から、忘れ物をした生徒に「私は、愚かにも(○○○)を忘れました」と書かれたプリントの空欄を埋めさせたうえで、「私が愚かでした。もう○○○を忘れません」と7回書かせていた。さらに繰り返し忘れる生徒の名前を「○○○未提出の愚か者」として教室内に張り出していた。
 10月30日、区教委に教諭の行動を問題視する匿名の手紙が届き、教諭に事情を聴いて発覚した。教諭は「忘れ物をしてほしくないと思って指導した。『ばか者』より『愚か者』という言葉の方がソフトだと思ってしまったが、配慮に欠けていた。反省している」と話しているという。“反省する必要はない。反省するのは処分しようとしている区教委のほうだ。”(筆者)

 鈴木啓一校長は「熱心な教え方ではあるが、まずい方法だ。私も校長として見落としており反省している」と話している。区教委も「教育の仕方として適切ではなかった。対応を都教委と相談したい」と、保護者への説明を検討している。
 この教師の行動は正しい。毎日新聞のバカ野郎!
 神奈川県平塚市神田高校で、入学試験に茶髪の上、試験中騒いだ生徒を不合格にしたとの理由で、県教委は校長を更迭したと報道されたが、高校は義務教育でないので不合格は当然。何をとぼけているのか。
 中山前大臣は、教育の荒廃の元凶は、日教組にあると喝破したが、教育一家の私は、日教組にも責任がないとはいわないが、寧ろ文科省や教育委員会のほうに責任があると断言する。一例を挙げれば、私の家の前にある高校では、朝早くから校門の前に立ち生徒指導しているし、式典でも一糸乱れず“国歌斉唱”している。
 また文科省は、指導要領を朝令暮改し、自国の歴史・日本史を選択にしていることだ。       
教委にしても、中にはT女史のように熱血教育委員もいたが、大半は可もなく不可もない右顧左眄(うこさべん)する人間が何と多いことか。校長人事にしても福岡県は一・二年のたらい回し、これでは落ち着いて学校経営ができるものか。其れよりも何よりも熱心な教師が、少し行き過ぎると、教師を守るどころか、直ぐ処分する有様。
かくなるようでは、即ち国民やマスコミに迎合していては、教育が荒廃するのは当然の帰結である。

 ←クリックをお願いします。m(_ _)m

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ