プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
無題
2008/05/31 [Sat]07:34
category:日記
 昨日、書いたブログを一人でも多くの方に読んでもらいたいので、今日は休みます。
究極の公務員制度改革は、『信賞必罰』と、柵(しがらみ)を断ち切るため『政権交代』だと私は信じる。

テーマ:その他 - ジャンル:その他

  COMMENT(1)
私の公務員改革
2008/05/30 [Fri]08:21
category:放言
 27日、公務員改革法案が、自公民の修正合意で、今国会で成立する見通しになったと報じた。
約40数年間、八幡南高奨学会理事、黒崎再開発組合理事長として、県教育委員会、市都市計画局を見てきた具体的体験を書いて参考に供する。
 
 この10数年間、南高の校長は1年間か2年、教職員も10人前後毎年移動、これでは、どんなに立派校長でも腰を据えて、学校経営ができるわけはない。校長していた父は最低3年、出来たら5年一校にいないと、落ち着いて学校経営は出来ないといってきたし、多年学校を見てそう思う。       
『教育は人なり』なのに、県教委は将棋の駒を動かすように、人事を楽しんでいるのではないか。また行政の監視役の県議会も、どうも拱手傍観しているように思われる これでは、雄県・教育県福岡の「立派な人づくり」は到底覚束ない。また、先日も熱心な教師が少し行きすぎた体罰に、北九州市教委は処分をしていたが、現場では、児童や生徒は熱心で厳しい教師に向かって、“教委に言うぞ、新聞に投書するぞ”とむしろ脅してさえいるのだ。
 県にしても市にしても、教育委員会は教師の立場に立って、むしろ庇わなければならない。

市都市計画局をみると、末吉市政の四期目頃から、局長は再開発の理事会に出席しなくなり見向きもしなくなった。従って課長も係長もやる気が薄らぎ、会議も二.三人でよいのに、五人も六人も出席してタバコを吸ってお茶飲むだけ。コムシティの倒産後は、再建の鍵を握る管財人やH氏との交渉も一切しなかった。仕事はしない、責任はとらない、その上、年度末には臨時勤勉手当。まさに“親方日の丸”。大変悪いが“月給ドロボー”のように思えてならい。羨ましい限りである。

 40年前、青森市で高校PTA全国大会で、硬骨漢で有名な灘尾弘吉文相の前で、私は“教師や公務員対し『信賞必罰』が必要ではないか”と緊急提案し、拍手喝采を受け満場一致採択され、大会誌にも記録されているが、未だ実現されていない。

このブログは一人でも多くのの人に読んでもらいたい。

テーマ:公務員を考える - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
「朝のセックス、昼のセックス」の勧め
2008/05/29 [Thu]07:49
category:日記
 ふつう夫婦や愛人間のセックスは、夜間、床について暫くたってから「交わる」のが習わしになっている。それも男女二人が仲むつまじく、栄養価タップリの夕食と、適量のアルコールを飲んで、ほろ酔い気分で、前技から本番、後技まで、二人で楽しむのが”最高”だ、とされている。
 しかし、アルコールの方は美酒を飲みすぎて、つい深酒になり、かんじんの一物が”役立たず”になる場合がすくなくない。第二次大戦前、東南アジアが植民地だったころ、植民地統治者だった仏人、蘭人、英人、米人は、夜のセックスが、連夜のパーティで飲みすぎ、楽しみにしていたアレが出来なくなるのを、いちばん恐れていた。

では、彼ら植民者(コロン)どもは、いつセックスすることにしたか。タンマリ昼食をとったあと、コロンたちは必ず昼寝(シエスタ)をした。午後3時ごろまでベッドで寝ていた。おそらくシエスタの前半期、午後1時ごろ、69型キッスのあと、丹念に一発、放ったあと、グッスリ就寝。1時間半前後の昼寝の後、再び事務所に出勤して、気分さわやかに仕事した、という。(欧州の国々も)

40余年前、東南アジア勤務をしていたころ、僕もジャワ山中の山荘を借りきり、連れ込んだ”愛人(?)”とコトにおよんだが、昼セックスの味は格別だった。一発発射のあとはマンデー(水浴)して、シエスタに入ったがルンルン気分で仕事が捗った。

ところが今日、我がレコード・チャイナ・ニュースを通じ、広州日報を読んでいたら、夜よりも、昼よりも、朝方、セックスするのが「いちばん良い」という中山大学(広州市)性意?学科の張浜(チャン・ビン)教授の新学説が出ていた。ピンピン”朝立ち”する男性の性エネルギーにくわえ、女性の性ホルモン分泌も盛んになるらしい。朝、セックスすると、女性は一日中、肌がうるおい、黒髪がサンサンと輝く、という。(R・H)

原油の高騰や公務員制度の改革など書きたいことが山のようにあるが、久し振りエッチなことを書いた。男はアッチの方が不随筋になると、口スケベーになる。 最近アクセスが毎日100を越えている。「掲示板」に書いてある昔大阪で鳴らした総会屋“やじうま根性”氏氏のコメントもお読み下さい。 
◆今日、M氏から嬉しいことに、ブログの慰労に食事の案内をうけた。(また“黒崎一の美人”から揶揄のコメントがあるかな?)

テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

  COMMENT(1)
消費税の値上げを目論む自民党。
2008/05/28 [Wed]07:28
category:放言
日経新聞が5月25日まで三日間、全国的に行った世論調査によると、福田内閣支持率は24%で、4月末における21%より3%、上昇していた。福田康夫首相ら自民党幹部は『福田不人気も底を打った』と、一安心しているそうだ。福田首相ら党幹部は、民主党などが求める早期・衆院解散ー総選挙論など、『ドコ吹く風』で、逆に消費税率引き上げなどによる”増税論”をブチまわっているから、恐れ入る。

現在、小売り価格の5%という消費税率を、グンと引き上げようというのは、かねてから財務省が”念願”していたところで、今国会における道路特定財源の一般財源化、後期高齢者医療制度改革などによる社会保障費増などで、国庫に大アナがあきそうになったので、自民党もその気になって来たらしい。”ポスト福田”のアテ馬の一人、与謝野馨衆院議員を会長にしてつくられた自民党財政改革研究会(財革研)は、消費税率を来年度2-3%引き上げ、その後、さらに段階的に引き上げてゆく案を、練り上げつつある。

消費税率引き上げ案に、より積極的なのは、会社などにかかる法人税率の据え置きもしくは引き下げを目論んでいる財界だろう。御手洗経団連会長は、『行くゆくは消費税率を、物価の10%以上にしなくてはならない』と説きまわっている。自民党も御手洗会長らに呼応して、伊吹文明幹事長、古賀誠選対委員長、尾辻秀久参院議員会長らが、26日まで全国各地で、当面は消費税率7-8%(現在より2-3%増)、2015年ごろ10%(現在より5%増)にする、などと説明している。
(R・H)

最近、何度もこのブログで書いたように、北九州だけみても物凄い税金の無駄遣いを放置。消費税を上げるとはけしからん。政権与党の自公がテレビで言うことは、EU、即ちヨーロッパの諸国では、消費税は15%以上だというが、政治家が清潔だし、強行採決など絶対にしていない。
 消費税の値上げは何れ必要だが、その前に何をすべきか、アリャしませんか。政治家と官僚の皆さん、ヨーク考えよう!
昨日のRH氏のコメント『リッチ議員 舛添厚労相 蓄財のナゾ解き』をお読み頂きたい。


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
舛添要一の詭弁(きべん)
2008/05/27 [Tue]07:49
category:放言
 去る日曜日、テレビで舛添大臣は、「母の介護の経験を政治に反映すべく政治家になった」と発言していたが、昨日、彼の地元の八幡東区の方から実際に聞いた話によると、全く逆で、参議院選挙に出馬するためのパホーマンスに、度々帰幡し母の介護をしたのだそうだ。
 母の介護の費用を巡って、実姉とも仲違いをしているそうである。それらが理由かどうか、最初の選挙の票より2回目の票は、逆風以上に半減どころか、三分の一に減らした。
しかも昨年、厚生労働大臣に就任した際の発言“来年3月までに年金問題は必ず解決する”は、忘れもしない。それが今日までどうだろうか。未解決のままどころか、『後期高齢者医療保険料』である。
 また、これも昨日聞いた話だが、八幡東区は、野口雨情の歌にあるように坂道だらけで、末吉前市長は、そこに住む住人を立ち退かせエスカレーターを設置し、その急坂の跡地に市営住宅を計画していることに、住民の代表H氏は、そんな無駄遣いを止めるように、陳情したそうだが、ムベもなく拒否され、着々工事が進められ近く完成するそうである。
 例え、継続事業であっても、北橋市長は、滋賀県知事のように勇断を振るうべきのような気がする。摩訶不思議なのは、赤字を垂れ流した前市長を、“日本一の名市長”として当時の外務大臣・麻生太郎が、外務省の参与に任命したことである。
 舛添といい麻生といい、当八幡東区や飯塚市の地元での評判が悪いのは、人望・仁徳のなさなのか?。(文中敬称略)

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
平成版「姥捨て山」ー高齢者医療制度。
2008/05/26 [Mon]08:29
category:放言
 ことによったら後期高齢者医療制度批判と同じように、福田政権と与党・自民党を揺るがしかねない、ジジ、ババの怒りと非難を買いそうな事態がおっぱじまった。それは6月1日から施行される改正道路交通法により、御年・75歳以上の老人ドライバーは、ご自分の車のフロントガラスに「左は薄赤色、右は黄色」の葉状・「もみじマーク」を貼り付ける義務が生じたからである。

このほど開かれた自民党総務会では、市川一朗参院議員が、この問題を取り上げ『あれは、お年寄りだけ”差別”し、線引きするための”枯れ葉マーク”ではないか』と、苦言を呈した。他の議員のなかにも『あの葉っぱ状マークの周りは、ドス黒い太線でフチどられており、縁起でもない』と、批判した。この総務会は、あの「もみじマーク」に対する喧々ゴウゴウの議論でオサマリがつかなかった、と産経新聞は伝えている。

この自民党内の”騒乱”を知って、アワテたのは、主管官庁の警察庁。今後一年間は、「ももじマーク」を表示していない、からといって、摘発、検挙するようなことはせず、やんわり老人ドライーバー指導にとどめる由。逆に、野党・民主党は、後期高齢者医療制度廃止を最大目標とする終盤国会に、新たな”好材料”が出てきた、としてトコトン追及するそうである。[(RH)

昨日のテレビ三局とも、舛添厚労相が出演し、『後期高齢者医療制度』問題について語っていたが、“ドロボーにも三分の理”、よくぞ屁理屈を堂々と述べていたものだ。
 私が違和感をもつのは、何度も述べるように、古賀誠二階俊博の地元のムダな道路の建設、高級官僚の天下りを始め数々の冗費を放置して、高齢者を虐める姿勢に怒っているのだ。舛添大臣も母親の介護を威張っていたが、政治家の中、トップクラスの資産を持ちながら、介護をめぐって姉との間にトラブルがあり、地元八幡東区大蔵では評判が必ずしも良くない。
 
 この問題を最初に、私がブログで書いたのは3月30日だった。こんなに大問題になろうとは想像もできなかった。
 何れにしても、野党四党が言うように、一度白紙に戻しじっくり討議してもらいたい。そして何よりも大切なことは、政治家が襟を正し率先垂範してもらいたい。
 私ども高齢者も病院をサロン化することなく、自然治癒力に任せることも重要ではないだろうか。

テーマ:後期高齢者医療制度改革 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
セックスの効用ベスト10.
2008/05/25 [Sun]07:08
category:日記
 『お父さん、お母さん、セックスすれば気持ちが好いだけではありません。こんなに効能がありますゾ』と、米国ニューヨークの性医学者で家庭心理学の大家でもある、ジョイ・デイヴィッドソン博士が、このほどインターネット通信のLivedoorニュースを通じて、日本の大人たちに伝えて来た。デイヴィッドソン博士があげる”セックス効能”ベスト10は、次のとおり。
(1)ストレスをやわらげる。血圧も下がる。
(2)免疫力を上げる。
(3)カロリーを消費できる。スマートになる(30分セックスすると、85カロリー消費する)。
(4)心臓疾患のリスクを低減する。
(5)自尊心を高める(真の男、真の女だという証明になる)。
(6)恋人と、より親密になる。
(7)苦痛を忘れさせる。
(8)前立腺ガンのリスクを減らす(定期的に続けてセックスすれば、前立腺ガンの発症率は3分の1に下がる)。
(9)骨盤・底部筋を強化できる。尿漏れを防げる(セックスで骨盤に力を入れるので、普通時の約3倍、運動効果がる)。
(10)よく眠れる。
  (R・H)

以上と同様なことを、京大名誉教授大島清氏は夥しい著書の中で、“高齢者といえども性交できなくても、共に肌を触れ合うだけで、健康と若さを保つために必要だ”と述べている。
『後期高齢者の愛と性』に関する小説を探しています。心当たりのある方はお知らせ下さい。
去る23日の『もの申す』氏からのコメント「滑走路の道」お読み下さい。
昨日(24日)、RH氏は「世界と東南アジア」の演題で、東大で講演したそうです。
再度ご協力のお願い! 私のブログの右にある広告に、時間がある場合、クリックして頂けませんか。ワンクリック1円広告代が、私に入ります。


テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  COMMENT(3)
私の嫌いなメス狐。
2008/05/24 [Sat]11:26
category:放言
 インターネット通信のLivedoorニュースが21日、伝えるところによると、バックに小泉純一郎元首相を据え、町村派の重鎮、中川秀直氏を”参謀長”として、小泉チルドレンを”行動隊”にする、「小池百合子元防衛庁長官を自民党総裁・総理大臣に推そう」という動きは、にわかに本格化している。この動きの特徴は、自民党の保守派を排し、民主党の反・小沢(一郎)派を取り込もうとしている点で、衆院解散ー総選挙前後にあり得る政界再編を、念頭に置いている、といわれる。永田町に出まわっている”怪文書”・小池内閣(?)組閣名簿の主要ポストは次のとおりで、以上の点を、如実に物語っている。

総理・総裁=小池百合子、副総理=中川秀直、総務大臣=前原誠司、国土交通大臣=岡田克也、国務相(北朝鮮担当)=山崎拓、国務相(広報担当)=丸川珠代・・・

おそらく政界再編後の新党のポストと思われるが、最高相談役・名誉顧問は小泉純一郎、名誉相談役・顧問は細川護熙の両元首相。この二人は仲がよく、密会を重ねているらしい。小泉元首相は小池百合子氏のほか、前原誠司氏や三木谷浩史「楽天」社長らを誘い、たびたび食事をともにしている、といわれる。(RH)

 忘れっぽい多くの日本人は覚えていないだろうが、彼女は、小沢一郎の側近を自認しながら、裏切って小泉純一郎の元に飛び込んだ権力欲の強いメス狐。小泉の歓心をかうために、弁当まで作った話は、当時の週刊誌を賑わせた。小池もさることながら、彼女背後に、日本の伝統と秩序を破壊した小泉純一郎がいることに大いなる怒りを覚える。(文中敬称略)

テーマ:お笑いネタ - ジャンル:お笑い

  COMMENT(1)
道路財源の無駄遣い
2008/05/23 [Fri]10:37
category:放言
 このブログは、私の日記でありメモである。何を書こうとカラスの勝手だが、私人を私憤で書くことだけは、自分で自分を縛(いまし)めている。

昨朝、数年ぶり、当八幡で有名な86歳の元熱血教師・T女史から“あんたのブログは毎日視ているよ”との電話があつた。嬉しかったネ。一日中ルンルン気分だった。
何故有名かというと、選挙があると、必ず誰かの応援演説にかりだされ、その演説の上手いこと天下一品だ。この老女史は母の教え子で、福岡女子師範卒業後の初の赴任先が、父が校長をしていた小学校だった。その上、戦後の教育改革で新制中学ができるや、女学校の教師から、父が校長になった中学に赴任したのである。

 20日、後輩の市議・K君と八幡東区を回った。そこで目にしたのは、前市長からの継続事業で、中央町から七条までの2キロの道路を162億円の巨費をかけて、幅員19㍍を36㍍拡幅するための家屋を取り壊していることだ。特に人口減少の激しい老人の町にこんな道路が必要なのか。
 一部完成してしている荒生田の滑走路のような道路は、横断に際し一青信号では渡り果せないと嘆く老人が多いとと聞いている。またこの道路に並行している板櫃川に造られた水辺の公園についても42億円もかけ利用が少ないと聞く。
 民主党も、二階総務会長の和歌山県や古賀選対本部長の福岡筑後地区のムダな道路の視察だけでなく、北九州にも視察すべきである。
私が憤りを感じるのは、国から予算を取ってくる首長が名知事・市長と評価する乞食根性だ。
国から1億もらってくれば、地元も1億負担しなければならないのだ。前市長は建設省の出身だけに“ダボハゼ”といわれるほどに予算をとってきたが、そのため如何にムダな道路や港湾、橋梁の多いことか。黒崎の水の流れない撥川には165億円もかけ、街の発展に何も寄与していない。
一匹100万円の蛍祭りと揶揄する人がいるぐらいである。これが道路財源の無駄遣いの典型であり実態である。口が酸っぱくするほど何度も述べるが、貧しい高齢者は、今度の医療制度の改革に泣いているのだ。一日も早く解散してもらいたい。

テーマ:いまのニッポン我慢ならん! - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
本音で語るテレビ番組
2008/05/22 [Thu]08:16
category:放言
 去る18日(日)放映された超人気番組『たかじんのそこまで言って委員会』は、ご存知のように、今回の特集は“硫化水素自殺と報道”だった。
この番組が人気が高いのは、みんな本音で、“丁々発止”と意見を闘わすところにある。ところが番組が始まる前に、局から“前回のこの番組で、不適切な発言があり、胡錦涛主席、池田大作学会名誉会長にご迷惑をかけお詫び申し上げます”とあったが、私には不穏当どころか、奥歯に物が挟まれたように思われた。
 今回は常連の三宅久之、宮崎哲弥に加え、ゲストに自民党・世耕弘成、民主党・原口一博が出席。
番組の後半、話題が民主党に及び、出席者全員、政権交代すべき時期だとほぼ意見が一致。安倍前総理、福田総理と親しい三宅氏は「民主党は何をグズグズしているか。議員辞職してでも解散に追い込むべきだ。この機を逃したら政権が執れるかどうか分からないぞ」と原口氏を叱咤していた。
 私はこのブログで何度も書いたように、政治に少しでも関心のある大多数の国民は、逼塞感、閉塞感にうちひさがれストレスがたまりつつある。
 自民党も今解散されては惨敗必至なので、奇妙なところで福田支持で意見が一致。民主党も全選挙区での候補が未定のため、腰が引けているのか何故か『問責決議』を躊躇している。
 益々政治離れが加速するであろう。 

 昨日、友人のジャーナリスト・青山昌史から『世襲横行する政界“2世に有利な現行制度再検討を”の新聞切り抜きの原稿が贈られてきた。何れそのうち要点を書く予定。(敬称略)

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
平成風刺川柳ベスト10首。
2008/05/21 [Wed]08:07
category:日記
 私一人がいくら天下国家を憂いても所詮、「蟷螂の斧」 空しいので3日間、ブログ書かなかったが、昨日は、アクセス久し振り100突破、全国ランキング14位。
以下のサラリーマン川柳ベスト10首は、第一生命が募集したもの。

  ①「空気読め !」それより部下の気持ち読め!!
  ②「今帰る」、妻からの返信、「まだいいよ」
  ③減っていく・・・ボーナス、年金、髪、愛情
  ④円満は、見ざる、言わざる、逆らわず
  ⑤ゴミ出し日、捨てにいかなば 捨てられる
  ⑥「好きです」と アドレス間違え 母さんに
  ⑦国民の 年金、損なの 関係ない
  ⑧社長より 現場をよく知る アルバイト
  ⑨赤字だぞ、あんたが辞めれば すぐ黒字
  ⑩「いつ買った?」 返事はいつも 「安かった」

テーマ:お笑いネタ - ジャンル:お笑い

  COMMENT(1)
小泉改革の犠牲者たち
2008/05/17 [Sat]08:57
category:放言
 一昨日書いた『世界同時貧困』の日本編“小泉改革の犠牲者たち”の内容を「文藝春秋」の記事と書店業界の例から具体的に書いてみる。

 06年の全産業ベースの経常利益は54兆3千億円と、02年に比較してほぼ倍になっている。
その一方で、働いても働いても豊かになれない貧困層が着実に増えてており、“ワーキングプア”が日常会話に使われるようになった。
 たとえば平均年収2百万円以下の給与所得者が、2000年に825万人だったのが、06年には1023万人(国税庁平成18年度調べ)にまでふくれあがった。ちなみに3百万以下だと1741万人、日本の労働者の実に3.5人に1人の割合である。
 貯蓄ゼロ所帯も00年12,4%から06年22,9%へと11万世帯を越えている。さらに、非正規雇用者数が占める割合も、07年は過去最高の33,5%にもなっている。

 私の書店業界も、弱肉強食、優勝劣敗、先日もテレビで放映されていたが、物凄い勢いで廃業に追い込まれている。数日前、ある名門、老舗の書店のオーナーから電話があつて、注文しても本は来ないし、大型店の影響で本は売れないし廃業するとのこと。黒崎商店街もシャッター通りと言われるよう寂れ果て、大繁盛していた相生町商店街も見るも悲惨な状態になっている。
“時代の流れ”とはいえ、特に小泉改革以来、世の荒み、商業道徳の荒廃が激しくなったように思えてならない。“社会が悪い”、“政治が悪い”と責任を転嫁したくはないが、最近の悲惨な犯罪、自殺者の数年間連続3万人は国の責任ではないだろうか。

 ブログを書くのも空しくなってきた。

テーマ:いまのニッポン我慢ならん! - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(4)
けなげな大和撫子(やまとなでしこ)
2008/05/16 [Fri]07:00
category:日記
 この1月8日朝、JR京葉線の通勤・満員電車内で、立ちんぼのまま、自分の局部を露出し、むりやり脇の女子高校生(17歳)の手にサワらせたとして、千葉県内の会社員(43歳)が、このほど東京地裁で、強制ワイセツ罪により、検事側から懲役1年6ヵ月を求刑された。この法廷で、興味を引いたと報ぜられているのは、『夫(会社員)の”淫行”は、夫の”夜の求め”に応じなかった私の責任です』と、涙ながらに謝った妻の証言と、『おカネがなくて、風俗店にも行けず、自分の手で毎夜、慰めていた』と述べた夫の陳述である。

妻は東京地裁の法廷で『子供ができてから、我が子中心主義で、毎夜、子供と寝ていて、”夫婦生活”はございませんでした』と、泣き崩れた。夫は『ハッキリ覚えていません。つい魔が刺して、あんなことをして、申し訳ありません』と、深々と頭を下げた。妻は離婚するコトなく『今後は”おつとめ”もこなし、夫を監督する』旨、誓っている。勤務先も、この会社員を解雇せずに、執行猶予とするよう、裁判官に上申書を提出している。
R・H

テーマ:関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨) - ジャンル:地域情報

  COMMENT(1)
世界同時貧困ー米・中・日
2008/05/15 [Thu]08:13
category:放言
6月号『文藝春秋』の【世界同時貧困ー中流が墜ちてていく】ー恐るべき格差を生んだ妖怪とは?-
米国  医者さえ転落するー心労から心身を病むアメリカンドリームの主役たち
中国  “都市貧民”の孤独ー五輪前の北京。農村からの出稼ぎ労働者の過酷な現実
日本  小泉改革の犠牲者たちー希望がが全く持てない新・貧困層の悲痛な叫び
私は怒りで「日本」の項は読めなかった。感受性が強いのか。一読されたし。

 中国中部を襲った年初の豪雪、今春のチベット騒乱に次ぐ5月12日の四川省大地震。内陸部のインフラ不整備などで、いぜん交通は途絶し、連絡不能の地区が多い。ただでさえ中国は手足口病などの”怪病”が蔓延し、食品などの高騰で、12年ぶりの高率というインフレを昂進させているが、四川省大地震は経済不安、社会不安を、さらに加速化させる恐れがあろう。一部の香港紙や我が朝日新聞などは『北京五輪前にも、下層・貧民層の不満を爆発させる引き金になるのではないか』と、予測している。.他方、上海、深センなどの中国株式市場は、四川省大地震の報を受けて、66社の取引きが一時停止。株価を大幅に下落させた会社が多い。とくに、蘭州付近のパイプ・ラインを止めたペテロ・チャイナ(中国石油・天然ガス公司)の株は暴落した。中国産米の一割を生産する”農耕地帯”、四川省の大被災は、農産物の供給難と、その価格暴騰等を招く、と見るエコノミストも、香港などには多い。中国のインターネットには『地震被災者救援のため、お祭り騒ぎでカネを食う”聖火リレー”を中止すべし』という反対論が飛び交っている。
R・H

テーマ:新自由主義 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
迷走の政権、大暴挙!
2008/05/14 [Wed]08:10
category:放言
 この表題は、YAHOOニュース・ツカサネット新聞、5月12日配信の見出しである。
この新聞をお読みになった方はご存知のように、、この新聞は与党に好意的で、民主党や小沢代表に辛辣な内容である。この記事の内容の要点を書き、ブログ愛読者の参考に供する。
国民よ、全面戦争だ!
 4月30日午後、租税特別措置法改正案が衆院本会議で再議決された。これにより揮発油税(ガソリン税)の暫定税率が復活し、約25円、原油価格の上昇もあり、実際には30円、平均160円を超える数字で販売されている。
参院選に続き補選の結果を無視する愚行! そもそも、この暫定税率が官僚の無駄遣いや政治家の利権構造の温床になる事を助長し、天下りが減らない原因になってきた。それを正す目的と諸物価の高騰による国民生活の安定、「後期高齢者医療制度」是正のために、自民党王国の山口補選で、民主党圧勝という民意を、国民は表した。
昨日(5月12日)、再び再議決をした大愚行! 更に自公政権は、昨日、特定財源を10年間維持する道路整備費用特例法改正案の再議決をした。しかも、福田総理が来年度からの一般税源化を発表したにも拘わらず、10年間続けることが可能になった。
政局は予想を超えるベースで走り出す!
 自公は異常な均衡を保っている。何となれば、解散すれば大惨敗は、火を見るより明らかだから、解散しないという意見で一致。
今は生みの苦しみだ!
 自民党、公明党の断末魔の声が聞こえてくる。
次ぎの総選挙で民主党を中心とした政権を誕生させなければならない。利権に埋もれた人々が政治を変えることはできない。諸悪の原因は小泉郵政改革だと、今月号の文藝春秋は喝破している。>

テーマ:いまのニッポン我慢ならん! - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
『男はみんなオオカミだ』
2008/05/13 [Tue]07:34
category:日記
 私のブログに、「RH」氏の他に「天使の独り言」氏から時々コメントを頂き、意見が交わされ“望外な幸せ”を感じています。多種多様なご意見をお待ちいたします。
 最近真面目なブログを書き続けてきたので、久し振り「男はいくつになってもスケベーだ」「男はみんなオオカミだ」といったクダケた情報を一つ。
 いや寧ろアチラが不随意筋になったが故に、精神的スケベーになったとも言える。

 幅広い社会へのボランティア活動と、小中学生らへのスポーツ指導で有名な72歳の老大学教授が、自ら”陣頭指揮”していた”スキー合宿”中、参加していた小学校5年生の女児(11歳)の部屋に、深夜、忍び入って、身体をサワるなど、ワイセツ行為におよんだ容疑で、千葉県佐倉署に5月12日、逮捕された。この”狒々(ヒヒ)爺”い先生は、順天堂大学スポーツ健康科学部の客員教授(スポーツ指導理論担当)、宮下桂治で、自ら代表となってNPO法人『さくら子どもスポーツ・ネットワーク』を組織し、塾形式で、千葉県などの小中学生を”将来のオリンピック選手”にするため、鍛錬して来た。事件は、今年3月、長野県上田市のホテルで”スキー合宿鍛錬"中、同月27日午前1時すぎ、上記・小学5年生・女児の部屋で起こったもので、女児の訴えで、彼女の母親が知り、その届け出で佐倉署が取調べ、宮下の逮捕に踏み切った。宮下は3月末で順天堂大を退任し、警察の調べに対しては、容疑を認めている、という。

宮下は長野県の農家出身、”苦学”して23歳で大学に進学、スポーツ学を専攻した。NPO法人『さくら子どもスポーツ・ネットワーク』では、自己の体験を活かし、子供たちの”自らやる力”を育成する教育を、モットーにしていた。そのほか、地域的な総合スポーツ・グループも組織し、”地方の名士”でもあった、という。『強靭な肉体をつくる即効スポーツ・トレイニング』など、著書も多数あらわしている。
R・H

テーマ:独り言 - ジャンル:その他

  COMMENT(3)
リッター200円時代に突入か。
2008/05/12 [Mon]07:32
category:放言
 『もうガソリンは買えないゼ、クルマも走らせねーんダ、オイらはやって行けないぜ』と、自作の歌を、スーパーの屋上から高唱していたJ・ワインバーグという29歳の男が、米インディアナ州の警察に逮捕された。スーパーの駐車場で、彼の絶唱に聞きホレていた買物客は、警察のパトカーに押し込まれて、連行されてゆくワインバーガー君に大拍手と、『ガンバれ』という大激励・・・。

 以上は、米ブログから拾ったニュースだが、ガソリンの高騰は世界じゅう例外なし。アメリカでは1リットルあたり105円ぐらいで、いまやリッター160円になんなんとする日本より割安だが、ぐんぐん値上がりし続けている。苦戦を続ける米軍のイラク出兵よりも、この物価高のほうが、ブッシュ政権を窮地に追い詰めている。

 日本の石油情報センターの推定では、今後1-2年の間に、我が国で、ガソリンは1リットル=200円の時代が来そうだ、という。反米的な主要産油国イランのノーザリ石油相が原油1ガロン=200米ドル(現在は1ガロン=123米ドル)の時代がきても「おかしくない」と、発言したからだ。その原因は、米ドル安と、産油国のひとつナイジェリアの供給不安にあると、いう。大手金融筋の米ゴールドマン・サックス社も、同様の見方をしている。(RH)

 先に国民の70%強が反対していた『ガソリン暫定税率』を、自公が強行に再可決し、明日また『道路特定税率』を強行再可決しようとしている。しかもガソリンは160円を始め諸物価は高騰し、『後期高齢者医療制度』に見られるように、僅かな年金から天引きされ大多数の国民は生活に喘いでいる。
内閣支持率18%にみられるように、国民は自公政権にアキアキし、民主党始め野党は問責決議にモタモタし、政治と国民の間に意識が大きく乖離(かいり)し、ストレスがたまりつつある。

テーマ:物価がおかしい - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
ブログ・アラカルト
2008/05/11 [Sun]07:21
category:放言
 貴方に少しでも「憂国の至情」、「情熱」、「日本の将来への不安」、「杞憂」そして「愛国心」があるなら、私のブログの右側の下のほうにある『Blpg Ranking』にアクセスして、次ぎのブログをお読み下さい。歌にあるではありませんか。“朋を選ばば、書を読みて、六分の侠気、四分の熱”

『花見酒』「草苓崛起」『日出る処の天子』

「憂国世界」『偏見報道に洗脳されない為に』

「トノゴジラ放言・暴言ー大和標塾」『一知半解なれど一言申す』

「自公政権打倒のために集まろう」etc。
その他、私のブログに寄せるRH氏のコメント。
 

昨日(10日)、久し振り友人のOさんから電話があって“貴方のブログは面白い。今月号の「日経ビジネス」を読んで益々健筆を振るって頂きたい”と熱っぽく語られた。大変嬉しかった

国立女子大、お茶の水と並んで天下の双璧・奈良女子大出身、坂東真砂子の書いた小説に凝っている。ユニークな人生観・大胆な性描写など。

テーマ:いまのニッポン我慢ならん! - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
ボケ防止・六首
2008/05/10 [Sat]08:28
category:日記
手も足も口も動かし  ボケ予防
          

指を使って  今日も精出す

 ワッハッハ毎日笑う  とにかく笑う
           

思う存分   笑ってみる

あぶないよ   頑固でまじめで几帳面
         

くよくよせずに  気を楽に 

花を愛で匂いもかいで  ボケ予防
         

心動かす  毎日を

ボケ予防  今日も日記をつけてみて
          

何かよいこと  さがしてみる 

毎日バランス考えて  食べよう
          

脳によい   食事 

 ラジオ深夜便によると、全国の認知症の患者推定100万人で、そのうち60歳以下の若年性認知症の患者は、5万人とも10万人ともいわれている。
      

テーマ:短歌 - ジャンル:小説・文学

  COMMENT(1)
パンダにだまされるな、日中外交。
2008/05/09 [Fri]07:17
category:放言
堂本暁子・千葉県知事は8日、記者会見で、胡錦濤・中国国家主席が日本に貸与を申し出たパンダ2頭について『そんな話でゴマカされてはならない。毒ギョーザ問題にしろ、東シナ海の油田問題にしろ、チャンとした結論を出してもらいたかった』と語った。が、チベット問題も曖昧なままである。先日『パンダは御神体じゃあないのだから、いても、いなくてもよいヨ』とイキまいた石原慎太郎・東京都知事につぐ”福田媚中外交”批判第二弾である。

自民党内でも、中川昭一氏をリーダーにし、ポスト福田の一番手、麻生太郎氏を推す『真・保守政策研究会』が7日、マーマーの雰囲気に終始した福田・胡首脳会談への不満をアラワにした。対中へっぴり腰の福田首相にとって、今回の日中首脳会談は世論対策上、むしろマイナスで、福田内閣に対する支持率が、さらに下降するものと、中川氏らのグループは見ている。

中国が徴収するパンダ2頭の貸与料は、神戸動物園の例をみても、最低・年間1億円。これにパンダ小屋の冷暖房費、孟宗竹などの”貴重な”食料費などを合算すると、さらに年間四、五百万円はかかる、という高価な”借用品”である。

福田以上のヘッピリ腰どころか売国外交は、昨日書いた二階総務会長である。10年前、来日した反日の巨頭・江沢民主席の銅像を、彼の地元に建てようと計画したが、世論の反撃にあって断念した経緯がある。そして又、彼は、小沢一郎の側近でありながら、彼を裏切って権力に就いた無節操な代議士で、人間としても風上にもおけない男でもある。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(2)
麻生知事会長を糾弾す。
2008/05/08 [Thu]08:36
category:放言
 昨日の私のブログは過激的だった。しかも印刷して自公民の関係者にも配った。これだけ率直に書けるのも、我が人生に疚しさがないからである。しかも、権力も地位や名誉もなく、金銭には縁遠く、貧乏にかこっている毎日、恐いモノも失うものはなにもない。
 私は、ただ思ったことを赤裸々に書けるブログを持つ無冠の帝王ではないかと自負している。

 最も怪しいのは、今回の暫定税率延長の再議決に関しての地方自治体と首長たちの言い分だろう。この法律の延長がなければ、本年度予算の執行に支障をきたすという言い分だ。

しかし、国会を通過していない、しかも国民の大半が反対している法案を前提に予算を組むことは憲法、第41条、第83条、第84条、第85条に違反していないのだろうか。

つまり、「もう予算を組んでしまったのだから、暫定税率の期間を延長しろ」と国会議員たちに詰め寄り、国民、住民を脅かす首長達は、憲法に規定された国会の権限を認めないのと同じで、まるで戦前の陸軍が勝手に中国大陸で戦線を拡大して、国会にその予算の追認を迫ったのと全く同じだ。その先頭に立ったのが毒にも薬にもならない麻生全国知事会長だ。

今朝の新聞によれば、名古屋で二階総務会長は「内閣支持率は必ず上向く」と語っているが、アナクロニズムも甚だしい。彼は大の親中派で、江沢民の銅像を和歌山に建てようとした売国奴である。
私が最も忌み嫌う政治家である。自民党が嫌いになった理由は、節操のないこの男を大臣や党役員に起用したからである。

テーマ:道路特定財源の一般財源化 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
グズグズするな!民主党!
2008/05/07 [Wed]07:22
category:放言
 『後期高齢者医療制度』に加え『ガソリン暫定税率再可決』で国民は怒り狂っている。
私がこのブログを印刷して、インターネットの出来ない知人・友人約50人に配っているが、社会保険と企業年金を貰っているか、多額の退職金をもらっている方を除いて、100%の人が非常に腹を立てている。
3日発表の毎日新聞の福田内閣支持率18%どころではないような気がする。5日のテレビでの瀬戸内寂聴と渡辺淳一両氏の発言で熟年・高齢者は勇気づけられている。
甥が自民党代議士をしている80歳のあるご婦人は、手弁当で民主党の応援に飛び回ると云っているほどである。
 異口同音に云うことは、確かに財政は火の車であることはよく分かる。だったら政治家が議員定数や歳費を減らすなり率先垂範し、天下りの多額の給料、退職金をカット、ムダな経費の削除して国民にも痛みを分かち合うべきだというのが、国民のコンセンサスだ。
 政治が膠着状態だから、国民のイライラは頂点に達しつつある。さりとて昭和初期のように、クーデターを起こす勇気も暗殺する勇気もない。この閉塞、逼塞状態からの脱却は解散総選挙でしかない。
然し自公は壊滅すると分かっているのに、解散するハズがない。

 民主党も絶好のチャンスだ。伝家の宝刀・問責決議案を出すべきだ。
他の野党や党内の異分子に気を使う必要はない。国民が成敗するであろう。これをグズグズしていたら民主党も国民から見放されるであろう。

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)
ハシャギ過ぎの報いか!
2008/05/06 [Tue]07:28
category:放言
タケシ軍団出身の元お笑いタレントで、そのキャラクターを活かし、郷里・宮崎県を全国にアッピールして来た東国原英夫・同県知事(50歳)が一転して、女性スキャンダルでドロまみれになっている。東国原知事は2度の離婚を経験し、現在、独身生活を送っているが、知事就任後、東京でのパーティで知り合った20代後半の美人OLを約半年間、”もてあそび”、150万円の手切れ金を渡してポイ捨てした、というスキャンダルが『週刊新潮』に報じられて以来、インターネットの各ブログで非難、擁護両論が熱く飛び交っている。しかも同知事には、第2、第3のセックス・スキャンダルがあるのではないか、と疑惑視されているので、この騒ぎは簡単に収まりそうにない。

東国原知事は芸名”そのまんま東”のお笑いタレント時代、早稲田大文学、政経両学部に通い、地方自治の理論をマスターした勉強家だが、半面、”性豪”の顔もある。かつての妻はフリーアナウンサー、女優と華麗な著名人だが、子供までもうけた二度目のパートナー、女優「かとうかずこ」さんと16年間の結婚生活に終止符を打ったのは、風俗街に足しげく通い、その相手の一人が未成年者だったからだ、と当時、報じられていた。

日刊ゲンダイなどの報道によると、今回の美人OLとは”ナマ中出し”でコトにおよび、”一発完了”のたびに、彼女の耳元に「妊娠したらオロせよ」とササやいてきた、という。東国原知事には、宮崎市の知事公舎マンションに、他のご婦人を深夜、呼び寄せたというウワサもあり、県政界の問題になりそうになっている。記者団の質問攻めには、困りきった顔つきで、東国原知事は「個人的なコトを、いちいち打ち明けねばいけんとネ?」と、シドロモドロだった。

80歳近い私は、今こそ役には立たないが、それでも欲望だけは脈々と漲っているし、今でも、話し相手だけの茶飲み友達が欲しい。75歳までは月に2.3回は必要だった。徳川家康も伊藤博文も70歳越して、若い乙女を侍らして寝たという話は、人口に膾炙(かいしゃ)して有名。     “況や花の50歳の東国原知事に於いてお哉!”
しかも、各テレビに出演しハシャギ回っていたら、日本中知らない者はいない。男で、浮気しない者は、余程、人格者か宗教者以外、私の知る限り殆どいない。
彼は、当分針のムシロだが、ハシャギ過ぎの報いと有名税だろう。場合によっては失脚する可能性もある。因果応報か,自業自得か!

テーマ:宮崎 - ジャンル:地域情報

  COMMENT(1)
「演奏で聴く日本のメロディ」
2008/05/05 [Mon]07:52
category:日記
 今朝は幸運だった。2時からの「ラジオ深夜便」“ロマンチック、コンサート”『演奏で聴く日本のメロディ』を聴くことことができた。
心の汚れが、渓流の清らかな水に洗い流される爽やかな、本当に得した思いがした。
演奏した楽器は、尺八、ハーモニカ、胡弓、オカリナ、マンドリン、フルート、クラリネット、バイオリン、ピアノなどで、演奏曲目は、「この道」「浜辺の歌」「月の砂漠」「故郷」「五木の子守歌」「北国の春」「遠くへ行きたい」「川の流れのように」「琵琶湖就航の歌」であった。
 3時からの“日本の歌こころの歌”は『李香蘭・山口淑子の特集』であった。
私の中学時代に流行った「夜来香」「蘇州夜曲」は戦争中の思い出とかさなり懐かしかった。敗戦直後1950年、池辺良との競演の映画『暁の脱走』での美しく妖艶なな姿態が思い出された。
 特に聴いた価値があつたのは、滝廉太郎の日本の名曲『荒城の月』を放送したことである。
蒼穹の空のような澄みきったウグイスのような高音にはしびれた。感動した。
「早起きは三文の得」というが、深夜の目覚めは、高齢者に神が与えたあの世への餞別ではないだろうか。
RH氏の昨日のコメント『“自死は誇るべき非ず”英エコノミスト誌が日本の硫化水素自殺熱を批判』は一読の価値がある。
ただ最近の殺伐たる事件の続発、毎年3万人以上の自殺者は、閉塞した日本の社会に関係があるような気がしてならない。私でも死んだら楽だろうななと想うもの。死ぬ勇気がないだけの話。
明日は、浮かれ・東国原知事のセックス、スキャンダルを書こうかな。
昨日は休んだにもかかわらず、アクセスが100.全国ランキング17位。謝謝。

今朝のみのもんたの番組で、瀬戸内寂聴、渡辺淳一の発言聞きましたか。共に高齢者が決起せよと云っていました。私がハラが煮えくりかえるのは、この期に及んでもまだ、小泉純一郎を信奉するバカな国民がいることである。
 このブログで何度も述べるように、医療費の抑制には、高齢者の90%が望む安楽死を認めることが。

テーマ:ラジオ深夜便 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  COMMENT(1)
体の異変ー不整脈
2008/05/03 [Sat]08:08
category:日記
 4月末、頭がボーとなったので、血圧を測ったらが200近くなっていたので、かかりつけの病院で診察してもらったら、不整脈の疑いがあるというので、5月1日、早速循環器の専門医に添書を持って行き、24時間用心電図の器械を体につけ、昨日、その診断結果を受けた。
 それによると、24時間中、一番不整脈がでるのは、午前7時前後であった。その時間帯は、パソコンに向かってブログを書いている時間である。医師の診断は、特別治療も薬も必要ないが、ブログを根つめて書かないで、時々休むことだとのご託宣だった。従って今後時々休むことにする。 悪しからず。
 

 かねてから、時々休むことを宣言しながら、毎日「お気に入り」に入れてアクセスして読んで頂いている知人・友人の顔が目にチラチラすると、書かざるをえなくなる。一種の中毒である。
 お読み頂ければお分かりのように、感情の高まりと共に冷静さを失い一気呵成に書く。気が付かなかったが、文章の推敲や言葉の選択に、血圧が微妙に動いているのだろう
例えば、藤原正彦先生の文章を読んでいても意見が一致すると、感情の起伏が激しくなり読めなくなる。自分で云うのもおかしいが、感受性が強すぎのかもしれない。歌にあるように、“六分の狭気、四分の熱”
天使の独り言」さん格調高いコメント有り難うございました。

今朝の毎日新聞によれば、福田内閣の支持率は18%に下落。
 国民の閉塞感や虚無感は巷に漲っている。一日も早く解散して民意を問うべきと考える。

テーマ:健康が一番♪ - ジャンル:ライフ

  COMMENT(3)
公・共は第二自民党か?
2008/05/02 [Fri]07:37
category:放言
 どうしても分からない、納得出来ないことは、一般の公明党員即ち創価学会員が、ガソリンの値上げを喜んでいるのかということである。
幹部は権力の甘い蜜をタップリ舐めている?ので、ガソリン暫定税率の再可決に賛成だろうが、一般下々の党員は、恐らく心から賛成ではないのではないだろうか?
 創価学会名誉会長・池田大作氏は、現代日本では数少ないカリスマ性のある指導者の一人で、彼の偉大さは、宗教心に、生活相互扶助精神及び形態を取り入れたことだと思う。だから鉄の団結を誇ってきたが、今回再可決に賛成したことは、“アリの一針(穴)”のような気がする。
 しかも、社会党が没落した原因の一つは、自民党と連立を組んだからではないか。日曜のテレビでの政治討論を聞いていると、公明党のほうが、自民党以上の発言をしている。
私は公明党のために、立党の精神に立ち返り公明正大、是々非々を貫くよう忠告する。 

 30日の衆議院本会議に民主・社民・国民新党が欠席したにもかかわらず、共産党は出席した。
昔のことをいうようだけど、党の重大な戦略戦術の一つに統一戦線があつた。
“軍隊なき国家は国家ではない”とアメリカから押し付けられた憲法に猛反対した共産党が、いつの間にか、「平和憲法を守れ」に豹変したように、良い子になってしまった。何かで読んだか聞いたかしたのだが、共産党の演説に自民党席から拍手が起こるそうである。
 今回の出席も、国会議員として反対討論をするためだと弁明していたが、完全な詭弁だ。結果として自民党を利したことになった。日曜討論を聞いてて、大衆活動を放棄したアゴ政党に堕落した。このブログをお読みの方で、公明党・共産党に知人がいたら印刷して渡して下さい。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(4)
ざまない質問、後日談。
2008/05/01 [Thu]07:18
category:放言
 昨日の私のブログ『限界集落と食糧危機』に対する「天使の独り言」さんと「RH」さんのコメント是非、絶対お読み頂きたい。慄然と身の毛が逆立ちますよ。 

“武士の情け”で氏名は伏せるが、先日の国会予算委員会、防衛問題総括質疑で質問に立った福岡県選出のある代議士の質問内容があまりにも幼稚で顰蹙をかったが、昨日聞いた話だが、知人が同代議士私設秘書に、そのビデオを見せて欲しいと頼んだところ、恥ずかしくて見せられないと断られたそうだ。
 本人も、石破防衛相が友人なので質問しづらかったとウソブいているそうである。少なくとも国民の代表が私情を交えていいのだろうか。


明日は『公・共は第二自民党か?』を書く予定。

どうもパソコンのメールとコメントの機能がよくないようです。


 

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

  COMMENT(1)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ