プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
あるお誘いのメール
2007/09/30 [Sun]07:23
category:日記
 昨日のRH氏のコメントお読み頂きましたか。
 明日、「天使の独り言」氏からの数日前のコメントでの提案、映画『サッドヴァケイション』の感想を書く予定です。

夥しい“お誘いのメール”のなかから面白いメールを紹介します。(原文を要約)

 私、happy代表の土田宏美(仮名)と申します。もし今、2分程度お時間がありましたら、このメールを是非お読み下さい。
 あなたが今ハマっている物はなんですか?それは仕事や遊びだったり、スポーツだったり、ギャンブルだったり、何かに集中している時って、時間がたつのは早いですよね。
 特に恋愛に関してはどうでしょうか?好きな人がいる時は、毎日が充実している気がしませんか?それは片思いでも、両想いでも、結婚していても同じだと思いますし、もちろん、男性でも女性でもその感覚は同じです。
 私は特に女性に、「充実した恋愛をしたい」という気持ちが強いと考えています。それは、私が大学在学中から何年もかけて人間心理を勉強・研究し、実践してきた結果から出てきたまぎれもない事実です。
 そこで私はこの度「happy」という女性向けの会員制無料サービスを設立致しました。日常生活や人生を充実させたい女性、安心して恋愛を楽しみたい女性が、必ずこういったサービスを求めているという確信があったからです。
 サービス開始直後より、会員の口コミで、既に多数の女性にエントリー頂いており、これまでの研究結果が、まさに現実になったわけです。
 「happy」のWEBページをご覧頂き、気に入ったお相手を見つけて、是非あなたもエントリーして下さい。
 無料で運営しているので不当請求は一切ありませんからご安心下さい。「恋愛を楽しみたい」「人生を楽しみたい」という気持ちに性別の壁はありません。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

性行為の低年齢化と女子主導型
2007/09/29 [Sat]07:22
category:日記
 性行為の初体験は、1974年頃までは大学生の男子の23%だったのが、右肩上がりで上昇し、93年57%に達し、その後は頭打ちで、1999年も2005年も63%前後だった。
 女子のセックス初体験は、1974年10%だったのが、これまた右肩上がりで男子を追いかけ、99年に50%となり、05年には男子とほぼ同じ60%を越えた。
 高校生のセックス初体験は、1980年代までは低率だったのが、1993~99年間は、男子で14%から27%へ、女子で15%から24%へと大きく伸びた。99~05年間は男子生徒のセックスは20%後半にトドまっているのに対し、女子生徒のそれは上昇を続け、05年には30%となり、男子を越えた。
 中学生では男女とも、5%未満にトドまっている。
以上は、過去約30年間、青少年の性行為を面接調査してきた、日本性教育協会が統計から割り出した数字である。

 性教育で、20歳未満の女性の性体験は、成人後、子宮ガンや子宮頸ガンにかかる率の高いことやエイズなど性病の怖さを徹底的に教えるべきだと考える。

テーマ:独身女性の物語 - ジャンル:独身・フリー

郵政民営化で四分の一が閉鎖
2007/09/28 [Fri]08:45
category:放言
 10月1日からスタートする郵政民営化で、寒村僻地まで、国民に親しまれてきた簡易郵便局が大幅に減る。
 あと三日後には、日本郵政公社は、日本郵政株式会社と看板を変え、個人や農協などに業務を委託・運営してきた特定郵便局は激減する。
 中日新聞の調べによると、愛知、岐阜、三重、静岡(郵政公社東海支社管内)ですでに約四分の一が営業を停止しており、さらに閉鎖局が増える見通しになっている。
 日本郵政(株)になって、経営合理化に拍車がかかるとともに、特定郵便局長の高齢化もあって、都市近郊を除いて大幅に激減し、農山村、漁村の郵便局利用者の不便は益々募るものとみられている。若者の農漁村離れを助長し、美しい美田は荒れ果てていくのではなかろうか。 
 このことは、郵政民営化法案が提出された段階で、予測されたにも拘わらず、多額の歳費を貰う懐豊かな、心ない国会議員の賛成で可決された。(国民もバカよネ、おバカさんよネ)
 口では、都市と地方や貧富の格差の是正を唱えながら、言行不一致が政治の実態でないだろうか。
 
 イラクやアフガンの死傷者の増加や農山漁村の疲弊。自分に火の粉がかからない限り、“どこ吹く風”と、心の痛まない裕福な一部の国民や政治家に怒りを覚える。
 交通事故による死者が1万人を越えたとき、マスコミはこれは、新たなる戦争の勃発と大キャンペーンをはったが、この数年、毎年3万人以上の自殺者に、何故キャンペーンをしないのか。
 私を含め、一億総心の腐った時代になったと嘆く毎日である。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

私にとって二つの喜び
2007/09/27 [Thu]07:40
category:日記
 昨26日は、私にとって最大の喜びであった。
その一つは、破産後4年以上、なんなんとするコムシティの売却先がやっと決まったことである。私は再開発組合の理事長として、且つビルに出店したテナントの一人として、早く解決して頂くようように、北九州市に強く何度も要望してきたが、「管財人任せ」を繰り返すばかり、何一つ動きがなく、昨日まで放置されたままであった。
 業を煮やした一人の地権者が憤慨して立ち上がり、8月末から、共有者会会長共々、管財人や組合の顧問弁弁護士らを訪ね、一日も早い解決を陳情してきた。その成果かどうか、遅まきながらやっと動きが活発になり、メディアの報道のように、沖縄の(株)沖創建設への、売却が決まった。
 喜ぶのはまだ早い。これは解決の序の口で、今後、私たち地権者とのガラス張りの公明正大な交渉、建物の効果的利用が課題である。
 コムシティの解決で、毎年10%以上の黒崎の地価の下落に歯止めがかかると共に、上昇に転ずるきっかけになればと期待している。

 その二は、私のブログへのアクセス、40000回突破記念に、地元の有力者・有志が、私の激励会をして頂いたことである。
 その席上で、毎日、書き続ける苦労話や、約10人ご婦人からのお誘いのメールが殺到して、迷惑をしている話を披露したところ、その内容をブログで紹介したらと冗談で言われた。
 これを契機に益々の精進を励みたい。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

『大山鳴動して鼠一匹』
2007/09/26 [Wed]07:00
category:放言
 国民の高い血税を使って(国会開会中)、狂乱の総裁選挙の挙げ句の果て、福田総裁の党執行部及び内閣が誕生した。
 福田総理は、“背水の陣”内閣と自称しているが、私は“啓蟄(けいちつ)”内閣と呼びたい。【啓蟄とは、冬ごもりしていた虫が春になって地上にはい出る様】
 9派閥のうち6派閥の長(領袖)が、揃って執行部全員及び2閣僚に就任し、しかも、急場しのぎに、15閣僚が留任という無様な内閣の誕生である。例え国会開会中といえども、長が変わったのだから斬新さと変化が欲しかった。
 一昨日、(昨日は所用で不在のため休筆)福田氏は古色蒼然、野武士の面影があり無難であるが、新鮮さと迫力に欠けると書いたが、予言が的中した。
 あの総裁選の約10日間の熱狂振りはナンだったのか。今朝の新聞は、群馬県以外の多くの国民の落胆の様子が報道されている。
 
 その点では、これまた一昨日書いたように、多少の問題はあるが、麻生氏“口をトンガラかしたアヒルの子”のような話しぶりや、ユーモアに富んだマンガチックの話のほうに、国民は、拍手喝采、興奮したのではないだろうか。
 
いずれにしても、民主党に大きな失点が出ない限り、総選挙はまず民主党の大勝利だろう。
 私が民主党に期待するのは、テロ特措法延長に反対しても、社民、共産両党に媚びることなく、憲法を毅然として改正してもらいたい。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

総裁選狂乱の宴(うたげ)のあとで
2007/09/24 [Mon]08:30
category:放言
 ポスト安倍の本命は早くから麻生と、囁かれながら、福田が出馬を表明した途端、9派閥のうち、8派閥の領袖が福田になびき、麻生包囲網、四面楚歌の様相を示し、昨日の自民党議員総会で、福田の総裁が圧倒的多数で決まった。
 メディアは、“麻生の善戦”と報道をしたが、8月までの報道は何処へやら・・・・。また、一昨日までの福田圧倒の報道に、バランス感覚と“憐憫(れんびん)の情”“惻隠(そくいん)の情”“判官贔屓(ほうがんびいき)”と国民感情を意識した、福田支持の議員の票が麻生に流れた結果である。
 そもそも、昨日の結果は、福田が勝ったのではなく、麻生が自滅したに過ぎない。私は何度も指摘したように、僅か16人の領袖に過ぎないのに、“虎の威”即ち安倍の威を借りて、今回の内閣改造に辣腕を振るったことに、多くの実力者の反感を買ったことことと、こうも早く安倍が内閣を投げ出すと思わなかった、情勢の分析の甘さにあったような気がする。参議院の大敗の責任をとって、外相を辞任しておれば、流れは大きく変わっていただろう。最後まで“ドロ舟”にしがみついた結果のように思われる。その上、彼は、今回の内閣改造に見せたような、独裁的権力主義者で、一昨年の郵政選挙で、造反した長年の同志・自見庄三郎を落とすため、大臣の地位を利用して、福岡財界に圧力をかけ落選させ、また赤字を垂れ流した前北九州市長を、職権を利用して、外務省の非常勤参与にした政治の私物化は有名である。

 ただ福田は古色蒼然、古武士のようで、喜怒哀楽に欠け、笑っている顔も、とってつけたような感がする。無難ではあるが面白さがなく、小沢との党首討論も大向こうをうならせる華やかさはないだろう。
 その点、麻生は、よしんば総裁になったとしても、失言で失脚する可能性が大きいが、反面、観衆を拍手喝采させる、何を言い出すか分からない奇抜さがあり、話も上手い。党首討論も、小沢の落ち着いた訥弁(とつべん)と対称的な麻生のベランメー調の華麗さは、聴衆に感動を与るだろう。いずれにしても、風はまだ民主党に吹いており、向こう最低3年間は、民主党のご機嫌を取らなければならない。
(文中敬称略)

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

晋三首相に代わって昭恵夫人が出馬?
2007/09/23 [Sun]08:46
category:放言
 慶応大学病院に入院した安部総理の病状は想像以上に悪く、25日は総理不在のまま総辞職という異常事態になる模様。
 石原慎太郎都知事も21日の記者会見で「辞意表明の真因はカラダの問題でなかったか?」と述べたが、総理は記者会見で、「小沢一郎代表との党首会談の失敗」を辞職の理由にあげていたが、松岡、赤城元農相同様、総理自らが真実を語っていない。
 21日の夕刊紙、日刊ゲンダイは「次期衆院選には、明恵夫人が代わって出馬するのではないか」と大見出しで伝えた。

 安部総理の病状は「潰瘍性大腸炎」と病院側は発表したが、巷間伝えられるこの病気は「大腸ガン」に発展する恐れがあるか、厚労省の指定する難病・奇病の可能性がある。総理父方の安倍家では、代々虚弱体質で、祖父・寛氏も、父・晋太郎氏も早死にした。
 総理も就任直後から慢性的な胃腸病に苦しみ、大人用のオシメをしていたといわれている。
 
 日刊ゲンダイによると、病身の総理と明恵夫人の間には子供がいないため、「政治の跡継ぎ」は甥っ子を候補に考えてきたが、被選挙権を得るには、アト8年はかかる。そこで、長期療養を余儀なくされる安倍総理の代理候補として、8歳下の夫人(45歳)の名が関係者のなかで取りざたされているという。
 彼女は森永製菓社長・松崎昭雄氏の愛嬢で、従来から山口4区(下関・長門)の地元を守り、タッキーの愛称で親しまれ、“スマイル・トーク”というブログも発信してきた。韓国ドラマが好きで、韓国語も片言でしゃべれるという。
 
 安倍家の母方は、祖父が岸信介氏でその弟が佐藤栄作という両総理を生んだ政治的名門である。

明日は『総裁選狂乱宴のあと』を書く予定・

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

景気後退予想、年末商戦不振か?
2007/09/22 [Sat]07:23
category:放言
 世界経済に最大の影響力を持つ米国経済が、今後1年以内に景気後退(レセッション)に陥ると、米有権者の三分の一が不吉の予感を漏らしている。これはロイター通信とゾグビー調査所とが、今月13日から4日間、全米1011人を任意抽出して、共同世論調査の結果を報じたものである。
 ゾグビー調査所側は、米住宅バブルの崩壊、信用収縮とこれに伴う景気の低迷、雇用市場の後退が大きく響いているのではないかと予想している。今後1年の住宅価格の見通しについては、「下落する」は35.5%、「大きく下落する」が8.5%で、「上がる」22.9%を大きく上回った。
 全米の住宅動向を調べているリアルティー・トラック社の調べでは、8月の債務不履行などによる「差し押さえ」件数は前月比、36%増しの24万3947件に達し、住宅10軒に1軒の割合の比率で、差し押さえされている。
 この景気後退予想を反映して、全米小売業協会(NRF)は20日、今年の年末商戦(11,12月)の予想では、売り上げの伸び率は、過去5年間で最低になるだろうと発表した。

アクセスが、1日で1120あった日は、安倍総理の突然の引退発表の日であった。穏やかなブログでは、アクセス数が少ないことが分かった。多少反対意見があつても、メディアと異なる刺激的なブログを書くとするか。

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

イラク戦争の真の目的
2007/09/21 [Fri]07:36
category:放言
 これまで米英両国は、イラク戦争は、イラクの大量兵器の除去と、イスラム原理主義者のテロ分子を支持するサダム・フセイン大統領の排除を“大義名分”とし、ペルシャ湾岸の石油資源との関連を否定してきた。
 ところが、長年ブッシュ政権下で、財政・金融などを取り仕切ってきた有名な、アラン・グリースパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、近く出版予定の回顧録のナカで「イラク戦争の主たる動機は、石油資源確保のためだった」と明記した。
 これは、16日、英有力紙、ロンドン・タイムスズが特ダネとして報じたもので、同回顧録には随所に、ブッシュ大統領批判の文章が見られ、ワシントンの政財界に大きな波紋を拡げているが、日本もご多分に漏れず、テロ特措法延長問題に影響がでるのではないだろうか。
 グリースパン氏は「中東の石油資源を長期かつ安定的に確保したいアメリカにとって、サダム・フセインは重大な脅威だった」とも述べている。
 私は、米国が、イラクやアフガニスタンに兵力を増強すればするほど、自爆テロが増え、犠牲者が増えることに、心が痛み怒りを覚える。
 人間なんて、口にはヒューマニズムを説きながら、自分に火の粉が降りかかなければ、何人死のうと勝手なことを言うものだ。日本の政権担当の政治家のうち、一人ぐらいアメリカに諫言するものはいないのか。

 昨日の私のブログの下部に、かなり加筆しています。再度お読み下さい。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

成人式のお祝いにコンドームー中国
2007/09/20 [Thu]07:22
category:放言
 レコード・チャイナ・ニュースが18日、報じたところによると、今週初め、湖北省・武漢市で行われた華中科学技術大学と華中生物工程学院の学生の成人式で、今年18歳になる両校の男子学生約3000人に対し、大学当局から「お祝い」品としてコンドームが贈られた。
 両校の講堂で行われた式典には、全学生が国旗に敬礼し、学生代表が「中華人民共和国の公民としての責任と義務を果たす」と宣誓。
 両式典のスポンサーになっている地元大企業が、成人としての心構えを説いた『成人手帳』を、学校を通じて3000人の男子学生に配布した。ナンとその手帳の真ん中には、マッサラな新品コンドームが挟まれていたのである。さすがに、顔を赤らめたり、ビックリした学生もいたが、式後、学生の一人は“しっかり頑張ります”と語っていた。
 当日、女子学生も成人式に出席したはずだが、避妊具が贈呈されたという報道はない。
 いま中国では、もの凄い勢いでエイズが蔓延しているという報道もある。

またも今年の黒崎の地価は12.9%下落。通算すれば、日本一の下落率ではないか。“時の流れ”とはいえ、地元商店街や団体の無気力に加え、行政の無力と怠慢が追い討ちをかけたものだと、私は確信している。
 その何よりの証拠には、第三セクター・コムシティの4年以上の放置。 またあらゆる団体から、70歳以上は相談役として引退し、30ー50歳代にバトンタッチすべきである。むかし「明日の黒崎を考える会」は40歳前後のメンバーだつたように。

テーマ:婚外恋愛 - ジャンル:恋愛

16歳未満の少年・少女に携帯禁止ーインド
2007/09/19 [Wed]08:00
category:放言
 インドでも、携帯電話は急速に普及し、現在少なくても1億5000万機が使用され、2010年には5億になるだろうといわれている。
 ケータイ最大の利用者である若年層に対し、インド有数のIT・電子工業の南部、カルナタカ州政府は、13日、同州に住む16歳未満の少年少女に対し、携帯電話の所持、使用を禁じ、売買を禁止する方針を決定した。
 その理由は、学習意欲を妨げ、健康上有害だから。同州教育省の調査では、ケータイ所有の若者の非行率は、所有しない若者よりグーンと高く、帰宅しての予習・復習する率も、ケータイ使用する方がグーンと低い。

 米カリフォルニア州でも、18歳未満のドライバーに限り、運転中の携帯電話やパソコンを全面禁止する法に、シュワルツェネッガー知事は署名した。
これは16ー19歳のドライバーの死亡事故が、25-69歳のそれよりも4倍高いことに起因する。(遅きに失するが)
日本では、数年前から実施されている。

昨日インターネットを見ていたら、舛添厚労相がTBSに、長妻昭代議士だけを出演させたと、抗議したことが報道されたが、調べてみると、本人が都合で出演しなかった模様である。私が懸念したように、早速、驕り高ぶりが出てきたのかな?
「天使の独り言」氏の昨日のコメントにあるように、門司出身の監督、出演者に北九州出身が多くその上、北九州背景の映画『サッド・ウァケイション』を明日見る予定。

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

世界の10大汚染都市、中・ロ・印に集中
2007/09/18 [Tue]08:17
category:放言
 アメリカの公害研究機関、ブラックスミス研究所が過去数年間、世界の各都市の汚染状況を調査した結果をこのほど発表した。
 この汚染に直接さらされ、劣悪な環境下、慢性病罹患、早死になど悲惨な生活を余儀なくされている民衆は1200万人以上ののぼるものと目されている。
 汚染をもたらしている最悪の元凶は、科学、金属工業と採鉱業などとされている。10大汚染都市次の通り。
①中国山西省・臨汾市
②中国安徽省・田営市
③ウクライナ・チェルノブィリ市(旧ソ連)
④アゼルバイジャン・スムガイト市(旧ソ連)
⑤インド・スージンダ市
⑥ロシア・ドシンスク市
⑦ロシア・ノリアスク市
⑧インド・ワビ市
⑨ザンビア・カブイ市
⑩ペルー・ラオロラ市
なお、中国では上記2都市のほか、貴州省・万山市、浙江省・花渓市、甘粛省・蘭州市、新疆ウイグル自治区・ウルムチ市が続いていると、ブラックスミス研究所は明示している。

テーマ:地球温暖化 - ジャンル:その他

『寄らば大樹の陰』
2007/09/17 [Mon]07:39
category:放言
 安倍後継は100%麻生に見えたかと思われたのに、一夜にして9派閥のうち、麻生派の除く8派閥が、“寄らば大樹の陰”とばかりに、福田支持に回り現段階では大逆転したが、その理由を私はこのブログで縷々の述べてきたが、彼に反省ありや、否や。
 
 昨日の二人のテレビでの討論を聴いていると、福田は、“果報は寝て待て”“待てば海路の日和あり”といった他力本願的風情で、今日の報道によると、“大半の現閣僚は留任”という旧態依然の消極に、積極性は全くみえず、昔の派閥均衡の自民党に逆戻りした感じがした。
 その点、麻生は顔面神経痛の口をトンガラし、川筋ことばのベランメー調は愛嬌があって大衆受けがするし、小泉批判の論調に国民の多くは賛成するだろう。前々回も前回も、そして今回も負けるとわかりながら、総裁選に出馬する勇気に拍手を送りたい。
 ただ調子にのって、偽悪ぶった話で、舌禍事件を起こす可能性はあるように思われる。選挙はフタを開けるまでまで分からない。     
奮闘を祈る。
 
いずれにしても、短命・選挙管理内閣であるこは、まず間違いない。
 
日本テレビで、民主党代表代理・菅直人が、小泉チルドレンが、舛添要一を担ぎだすのが一番怖かったと語っていたのが、印象的だった。
 

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

映画『童貞』大ヒット
2007/09/16 [Sun]07:43
category:日記
 数々のドキュメンタリー作品で名を挙げてきた当年30歳の、松江哲明・監督が自主制作したドラマチックなドキュメンタリー映画『童貞』を池袋の小劇場で、深夜だけ上映したところ、10~20台の若者が、ワンサと押しかけ入場できないほどで、小劇場側は向こう1ヶ月のロングランに踏み切った。
 
 若者社会も、貧富の格差拡大や学歴社会の反映などで、複数の恋人を抱える“モテル若者”と、一人もいない“モテナイ若者”とに二極分裂しているといわれ、松江監督は映画で“モテナイ若者”の「性の悩み」に焦点をあて表現しているが、同世代の青少年の共感を呼んでいる。

 二人の『童貞』君とその家族、友人らが織りなす“人間悲喜劇”を、一部、二部あわせて85分にまとめている。「モテナイ若者」に多い“引きこもり”“ニート族”“フリーター”“オタク”の「奇現象」も、『童貞』問題と深い関係があり、この作品はそれを描いている。「恋愛」競争に敗北し落ちこぼれ、「風俗」に行くカネもなく、長年『童貞』を強いられれば、“引きこもりオタク”になる可能性は大きく、犯罪に発展しかねない。
 松江監督は、深刻な社会問題と制作の狙いを語っている。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ロシアで新祝日『受胎の日』制定
2007/09/15 [Sat]08:16
category:放言
 ロシアの人口は、1992年の1億4870万人をピークに減り続け、2005年には1億4320万人になった。同じ人口減少が続く日本と異なるのは、高齢者の平均寿命で、1966年の69.5歳をピークに2002年には、64.8歳となった。
 他方少子化現象は日韓と肩を並べるほど激しく、社会主義時代の1962年の2.42の出生率がソ連解体後、急低下して、1999年には1.16になっている。
 再び米国に拮抗する“超大国”の夢を捨てきらないプーチン大統領は、日本の戦争中の“産めよ増やせよ”ならぬ多産政策を国家目標にしている。新生ロシアが誕生した6月12日を『ロシアの日』と定め“愛国者の子作りの日”と意義ずけ、その日に出産したカップルには、乗用車や冷蔵庫、賞金を贈って表彰している。
 国家の目標にそって、ソ連建国の祖、レーニン生誕のウリヤノフスク州のモロゾフ知事は、9月12日を名画『受胎告知』ならぬ“受胎の日”と定め祝日にし、全官公庁、企業を休みにして子作りを激励し、当日命中し、受胎が分かれば、新しいマンションの一画をプレゼントするという。
 
 【一寸先は闇】4.5日前まで幹事長として、“わが世の春“を口をとがらせて謳歌していた、麻生太郎が一夜にして四面楚歌になった。
私はこのブログで何度も“出る杭は打たれる”“ハシャギ過ぎは身の破滅”と警告と予告してきたが、現実のものとなった。次ぎの標的は、舛添要一のような気がしてならない。自重されたい。
 ただ福田新内閣?は、派閥の長が党執行部、閣僚の主要ポジションを占め、新鮮さに欠けるとともに、小泉時代に逆戻りするような気がしてならない。
 マスコミは、民主党は、福田を攻めあぐむのではないかと報道しているが、私は麻生より攻めやすいように思われる。

◎一昨日1000を越したアクセスも、昨日は300台に下がったが、100前後に彷徨った時代のアクセスは、地元八幡と知人・友人が中心だったが、やっと全国区になってきた。
従って休む訳にはいかなくなった。

テーマ:ロシア - ジャンル:海外情報

ポスト安倍、福田優位とその理由。
2007/09/14 [Fri]06:59
category:放言
 1日のアクセス1000突破! ブログ・ランキング、全国数十万の中、絶えず50傑以内

 後継総裁、福田優位とその理由。一言で言えば、後継者本命・麻生太郎がヒックリこけたことである。それは、安倍ドロ舟の党執行部・内閣に入ったことと、安倍がかくも早く内閣を投げ出すとは予想もしなかったことではないか。
 麻生にしてみたら安倍が投げ出すのは、早くて年末か、予算編成後か、北海道サミット後と見ていたのではないか。それまでに、幹事長として後継者の地位を確保しようと思ったのではないか。
 或る意味では、麻生に政治家に必要な先見性がなかったともいえる。
参院選挙大敗にもかかわらず、続投を進言し、その上、幹事長に就任し一蓮托生、共同責任を負うことにになった。また今回の改造内閣では、16名の少数派にもかかわらず、辣腕を振るったたために、党内の古賀や山崎、谷垣派等に、大きな敵をつくった。
 
 福田や額賀では、無難ではあるが、大向こうをウナラせる魅力や大衆性に欠け、総選挙に勝てないように思われる。
 その点では、麻生は、舛添要一の登用にみられるような意外性があり、マンガ愛読者、顔面神経痛のような口ぶりで、話題性に事欠かない面白さがある。 
 然し誰が総理・総裁になっても、選挙管理内閣であり、向こう最低3年間はねじれ現象で、小沢一郎のご機嫌を伺わざるをえない。
 好むと好まざるとに拘わらず、この辺で一度、民主党に政権を執らせてみたら如何なものか。
ヤット、政治が新聞の一面を飾るようになった。
 (文中敬称略)

テーマ:安倍総理辞任表明 - ジャンル:政治・経済

『売り家と唐様で書く三代目』
2007/09/13 [Thu]06:58
category:放言
 所信表明をした翌日、内閣を投げ出すという、岸信介、安倍晋太郎、晋三と表題の故事・諺どおり、歴史的大汚点を安倍晋三総理は演じた。
「氏と育ち」の良さのボンボンらしい無責任な幕切れでであった。
 安倍総理は、その理由をテロ特措法の延長の困難と小沢代表との党首会談の不調を挙げているが、私は、今回の突然の引退の真の理由は、8月6日のブログで「衆院解散と安倍退陣必至」に、評論家立花隆の言葉を引用して書いたが、その予言が幸か不幸か適中した。
その理由を四点書いたが、その一つに、テレビで見る安倍総理の顔色は、日を追うて悪くなり、52歳の男盛りの顔色でない。安倍家は短命の家系でポキンと折れてしまうような気がする。
 それに加えて、毎日新聞が7~9日に行った世論調査で、安倍内閣不支持74%という結果に、愕然となったのではないか。
 そもそも国家の衰亡・隆昌、滅亡・発展は、ローマ帝国や敗戦後の日本をみても分かるように、国内要因が原因である。
 現在日本の抱えている問題は、少子高齢化や年金や社会保障等国内問題こそ重要課題なのに、安倍総理は卑怯にも、テロ特措法問題にすり替えていることである。
 昨日の自民党の周章狼狽ぶりを見ると、政権担当能力のあるや、なしや?疑わしい。
 
 今朝の新聞では、次期総裁に“マンガ顔面神経痛”氏が出馬する模様だが、彼も安倍に似て“氏と育ち”がそっくりだ。ただ異なるところは、遠賀川の川筋気質で気が荒いことである。“両刃の剣”
 折角、舛添要一は社保庁退治に張り切っていたのに、短命内閣で残念だが、この活躍ぶりに、次期総理も大臣に登用されると思う。

昨日のアクセス数、驚く勿れ!756.

      (文中敬称略と不謹慎文言の使用)

テーマ:安倍総理辞任表明 - ジャンル:政治・経済

死刑超大国・中国
2007/09/12 [Wed]08:01
category:放言
 一年後オリンピックを控える中国は、人権擁護への努力を世界に訴えているが、このほど英BBC放送が、イタリアの人権擁護団体「Hands Off Cain」の調査結果として、報道したところによると、2006年、中国における死刑執行された数は5000人を超えていたといわれる。
 1990年代は毎年、各15000人を超えていたというから、確かに死刑数が減少傾向にあることは事実だが、依然として、中国が世界の処刑数(5628人)の約63%をしめる“死刑超大国”であることには代わりはない。
 「ハンズ・オフ・ケイン」の報告によると、2006年、日米など世界27カ国が、死刑執行した中国に次ぐ、処刑国はいずれも、イスラム国家で、215人のイラン、113人のパキスタンであった。

 日本の「死刑廃止」を訴える人権擁護派の弁護士の諸君!中国で叫んだら如何なものか。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

安倍総理の所信表明を聴いて
2007/09/11 [Tue]07:51
category:放言
 昨日のアクセス数225,全国ランキング15位。
私のブログの威力は、印刷してインターネットのできない有力者に、損得度外視して、配布することにある。

 昨日、開会された第168回臨時国会での安倍総理の所信表明に、ジックリ耳を傾けた。
前日のシドニーでの発言に引き続き、テロ特措法の延長が承認されなければ、責任をとる。即ち“職を賭す”と捨て身の表明であった。
 そもそも、参議院選挙の大敗は、年金記録の紛失があったとはいえ、国民の多くは、松岡元農水相の自殺、赤城元農水相の絆創膏等に見られる政治家の不祥事に、怒りを覚えたのに、任命権者としての責任追及を恐れるあまり、庇い続けた決断力の無さにあったと私は思う。
 その上、歴史的敗北に、続投と権力にしがみついた未練が支持率の低下の大きな原因ではないのか。
演説は確かに上手い。しかし、私の耳には、反省も所信の表明も、空虚な言葉の羅列にしか聞こえない。
 
 昨日、NHKで、イラク国民の世論調査の結果が報道された。それによると、治安は日増しに悪くなり、70%以上の国民は、アメリカの撤退を強く望んでいる。アメリカの侵略後、宗教的対立で自爆テロが激化し、多数の犠牲者を出しているが、フセインは、宗教間の対立を押さえ治安を維持してきた。
 大量兵器の発見との美名のもと、イラクへの侵略が今日の混迷の原因であり、多くの人命が失われているのに、為政者は心が痛まないのか。 私の家も、昭和20年8月8日、アメリカの八幡大空襲で焼かれ、原爆投下による非戦闘要員の殺害は、国際法に違反しているのではないのか。
 アングロサクソンは実に残虐な国民だ。それに対抗するには、好むと好まざるに拘わらず、善し悪しは兎も角、テロしかないように思う。
 明治維新もテロがきっかけだった。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

テロ特措法延長の是非
2007/09/10 [Mon]08:17
category:放言
 昨日のテレビでの政治討論の多くは、「テロ特措法延長」問題であった。与党はインド洋給油活動は国際公約だから、何としてでも継続したい。民主党は、アメリカへの隷従だと強く反対すると共に、衆議院解散への足がかりにしたい意向のようだ。
 私は、共産・社民党の政策には反対であるが、今回の反対の理由については同感である。そもそも、何故テロが起こるのか、また圧倒的な軍事力を持ってしても、自爆テロがアトを絶たないどころか増え続けるのは何か。それはアメリカのアングロサクソンによる世界制覇による貧困の拡大・増大ではないか?
 昨日、ブッシュ大統領はシドニーからの帰途ハワイで、“世界平和のためテロの根絶と世界に民主主義の徹底を図るため、イラクでは引き続き駐留する”と発言していたが、思い上がりも甚だしい。
 哲学者プラトンは、民主主義は理想的な政治的体制ではあるが、絶対ではないと述べているように、それぞれの民族が自決することである。
 猫の子一匹でも、見つけられるといわれる精密な宇宙衛星を持っているアメリカは、テロの拡散の動きを発見しだい、外国に軍隊を派遣するのではなく、ポイント爆撃をすべきではないだろうか。
 
 今日の日本の繁栄の多くはアメリカによるものだし、ロシアと違って沖縄も返還してくれたが、一面、従属国とばかりに、例えば、郵政民営化などを押しつけてきた。言うべきは言い、聞くべきは聞くのが同盟国ではないのか。今まであまりにも唯々諾々面従してきた。
その点では、今回、民主党の特措法延長反対は当然ではなかろうか。
 言うべきは言うために、憲法を改正し、堂々と軍隊を持ち、インド洋、マラッカ海峡等のsea・lineは自らの手で守るべきだと思う。

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

立ち腐れ安倍内閣
2007/09/09 [Sun]08:20
category:放言
 参議院選挙の大敗を受けて安倍総理は、約一ヶ月の身体検査の末、内閣改造を断行し、内閣支持率はお祝儀相場を含めて急上昇した。
 それも束の間、僅か一週間で遠藤農水相の不正が発覚し、その後も、鴨下環境相、若林新農水相はじめ続々と不祥事がが発覚し、“ブルタース、お前もか!”呆れ果てた。
 昨日述べたように、ラジオの「新聞を読んで」や一昨日、自民党の有力者と親しい友人、RH氏の意見を参考に『政局の行方』を書いてみる。
昨日ある高校の運動会で、親しいご婦人から“ヤット政治が面白くなったネ”と言われたが“さもありなん”。参議院選挙前の国会は、自公が多数の横暴、強行採決の連続であった。
 “奢る平家は久しからず” 今日の新聞に依れば、安倍総理はシドニーでの記者会見で、「問責決議」でも解散せずとと発言したが、それもそのはず、誰が総裁になっても、総選挙の大敗は必至だからだ。よしんば、選挙で勝ったとしても、向こう6年間は、参議院は民主党が第一党だから、法律はすべからず野党の意見を尊重しなければ成立しない。好むと好まざるとにかかわらず、小沢一郎の軍門に降らざるを得ない。
 
 消息通によると、早くも官僚は民主党に擦り寄って来ていると言われ、公明党も自公政権の離脱の大義名分を探しているらしい。
 過去、長い密の味を味わった政権与党が、ほんの僅かの細川・羽田内閣で四分五裂し、多くの代議士が自民党を離党した。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

シングルマザー志向強まる
2007/09/08 [Sat]07:23
category:放言
 「男女雇用均等法」の施行等、男女平等が世界の先進諸国の大潮流になっているが、我が日本でも、シングルマザー(非婚母子家庭)への憧れが、女性の間でも拡がり、「正式結婚する」よりも、まず「子どもをつくりたい」と考える女性が増えつつある。
 
 全国的に結婚斡旋業務をやっている(株)OMMGが、最近、日本各地で行った調査結果によると、まず「子どもが欲しい」と答えた女性は85%で、正式な「結婚が先」と考える女性78.9%を上回った。
 しかも「結婚しなくても子どもだけ欲しい」とシングルマザーを是認する女性が驚く勿れ!30.3%もいた。
 彼女たちがその理由として挙げたのは、「子育てで自分を成長させたい」、「子供がいれば生活の励みになる」、「子供だけは信用できる」などの諸点だった。

 ただ世間の目は、婚外子(私生児)に厳しく、共同通信によると、福岡県などは、低所得者向けの公営住宅の入居募集にあたり、未亡人などの既婚経験・母子家庭を優遇対象にしながら、シングルマザーは除外措置をとり続けている。福岡市の娘(12歳)と暮らす48歳の同女性は、県営住宅に4回申し込んだが、いつも抽選からはずされたいう。

 市民団体からシングルマザー除外とは「時代錯誤の差別」との批判に、県当局は重い腰をやっと上げ近く撤廃するという。
 
 私は明日か明後日、『政局の行方』(立ち腐れの安倍内閣)を書く予定であるが、今朝、午前5時30分からのNHKのラジオでの、或る大学教授の『新聞を読んで』は聞き応えのある放送で、大変参考になった。
 

テーマ:三十路超え・独身女・ひとり暮らしの日常 - ジャンル:独身・フリー

『夫、吉村昭』を語る
2007/09/07 [Fri]07:31
category:日記
 数日前、「ラジオ深夜便」“こころの時代”(午前4時)で作家津村節子の『夫、吉村昭を語る』が放送された。
「戦艦武蔵」「大黒屋光大夫」「長英逃亡」「ニコライ遭難」の著者として名前は知っていたが、題名が硬すぎるて、見向きもしなかったし、手にとったこともなかった。
 ところがそのラジオを聞いて、早速、随筆集「わたしの普段着」短編小説「再婚」「死顔」を図書館から借りて読んだ。
“食わず嫌い”で一冊も読んだことはなかったが、読んでみると,身近なさりげない話を淡々と、なんの衒(てら)いもなく爽やかに、語り言葉で書かれ一気呵成に読むことができた。
 歴史小説にも造詣が深く、定説に甘んじることなく、新しい資料集めに東奔西走し、全エネルギーを費やした努力に敬服した。
少しずつ主な作品を読破する予定。

 檀一雄の名作『火宅の人』のヒロイン・入江杏子の書いた『檀一雄の光と影』、裏側からみた檀一雄も興味津々であった。

最近特に、語彙(ごい)即ちボキャブラリーの貧困さや、情感のなさを痛感する。多感な中学2年から4年まで、戦争中の学徒動員で勉強出来なかったことや、敗戦直後の混乱が少なからず影響しているように思われる今日この頃である。
 私のブログに、必ずコメントするRH氏の蘊蓄溢れる文章も是非お読み頂きたい。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

元始女性は太陽だった
2007/09/06 [Thu]08:05
category:放言
 表題の『元始女性は太陽だった』は女性解放運動の先駆者・平塚らいてふ(らいちょう)が、雑誌【青鞜】の巻頭に書いた有名な言葉である。
彼女は、夏目漱石の弟子、森田草平と心中未遂事件を起こし、その後、はるか年下の男性と恋の逃避行の末結婚をした、性の解放の実践者でもあつた。
 
 先日取り上げた姫井ゆみ子参議院議員は、“精力絶倫”の大和撫子らしく、第2,第3のパートナーもいて、参院選の前、遠く中国やインドネシアに不倫旅行を楽しんだと、インターネット通信・日刊「プチパッチ」が報じたが、地元・岡山では“知るひとぞ、知る”事実らしい。その通信によると、第2の彼は、倉敷の貿易会社社長で50歳前後で、“男妾”の元高校教師との情事の翌朝、“姫”は中国旅行に飛び立ったというから、彼女の疲れをしらぬ“性力”に脱帽せざるをえない。
 第3のパートナーは、商社の脱サラのの飲食経営者で、40歳過ぎの男性である。“姫”には二人の子持ちの母で、チャンとしたご主人がいて、岡山の名門一族で、地元一流企業にお勤めで、大変上品でオトナシク、今様“巴御前”の彼女には物足らかったのではないか。
 テレビや写真で見ると、“姫”は絶世の美人ではないが、男性の情欲をそそる魅力はある。2日、日比谷公会堂で催された国会議員有志による舞台劇「草莽クッキ、高杉晋作と騎兵隊」に芸者役で出演し、台本以外のアドリブで“姫は姫でも、ヤンチャ姫でございます。なんにも恥じるコトははございませんので、やって参りました”と言って、ヤンヤの拍手喝采を浴びたそうである。
 
 儒教の石部金吉の道学者たちは“性の乱れ“を嘆くかもしれないが、私は“天晴れ”とその勇気を絶賛したい。 明治時代、平塚らいてふの行動も非難囂々だった。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

リサイクル・セックス流行
2007/09/05 [Wed]08:06
category:放言
 このほどLivedoorニュースが、性愛カウンセラー・安藤優子さんの説として報じたところによると、東京などの大都会で働く主に30歳代を中心として、20歳代後半から40歳代の独身のキャリアウーマンの間に、リサイクル・セックスが流行している。
 仕事に追われがちの彼女たちは、結婚などは“二の次ぎ”でモト彼氏や、職場やパーティやコンパで知り合ったボーイフレンドと、適宜に“癒やし系”のセックスをを楽しむ。昔のことや前回のことを思い出して、軽くセックスするので、リサイクル・セックスと呼ぶのだそうだ。
 安藤さんは、こんなことばかり繰り返していると、永久に結婚のチャンスを失うと忠告する。また「ドコかで真実一路の愛を見つけてください」とも言っている。

 そう言えば、私のメールに、毎日、10人前後のご婦人から“私の身体や心を癒して下さい。お礼に○万円のお礼をします”とメールアドレスや携帯番号を付けて送ってくる。パソコンのキャパシティと、役に立たない逸物の関係で、悉く即座に削除する。
 インターネットをしている知人に聞くと、変なメールに困っているようだ。「女性上位時代」“下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”とばかりに。

昨日のアクセス数は一昨日に比べてやや下がったものの200台。ランキングは24位と上がっていた。

テーマ:三十路超え・独身女・ひとり暮らしの日常 - ジャンル:独身・フリー

中国の権力闘争。胡錦涛の勝利か?
2007/09/04 [Tue]07:46
category:放言
 昨日のアクセス数、新記録393.全国ランキング33位。私のブログを見たついでに、時間があったら、左側のコメント欄にアクセスすると同時に、右側の広告欄にクリックした後、下の方のBlog RankingとFC2BLOGにもマウスを当ててクリックして下さい。

 10月開催の中国共産党17回大会を前に、8月末、政府と党は、大幅な閣僚・党幹部の交代にふみきった。日本のマスコミでも報じられた金人慶財政相のほか、治安・人事・情報などの閣僚や責任者ら28人に及んでいる。金財政相罷免の表むきの理由は、汚職と女性問題の疑いだと見られているが、先の陳良宇・上海市委書記の拘禁以来続く江沢民派追放の一貫ではないかと、香港筋は見ている。

 第17回大会の焦点は、胡錦涛と江沢民との権力闘争の結末であるが、胡錦涛国家主席は、既に各省委書記や軍首脳を、自派の共産主義青年団出身者(大学卒)で固めつつある。
 問題は、政治局常務委員として残っている曽慶紅ら、江沢民派のベテラン政治家を、どう“切り捨て”得るか、否か、に注目したい。
 

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

何をか況や!
2007/09/03 [Mon]07:43
category:放言
 松岡農水相の不正発覚と辞任は、折角「舛添要一」効果で安倍内閣の支持率が急上昇したのに、公明党の太田代表が、昨日のNHKのテレビで、“次ぎから次ぎへとこのような問題が出るのは残念だし情けない”と言ったようにアキレ果てた。
 私はこのブログで「ドロ舟内閣に群がる政治家たち」と書いたが、この内閣は“死に体”“脳死”状態ではないか。
 何れ“野垂れ死に”にするように思えてならない。それは松岡、赤城元農相の罷免問題や大敗したにも拘わらず、早々続投を宣言したように、未練がましく決断力に欠けているからだ。
 この原因は、幼稚園から大学まで一貫して、成蹊学園というspecial・schoolという温室育ちだからである。
 それに、不思議なのは、次回の総選挙に惨敗する可能性大なのに、入閣や党の役員に嬉々としてなることは、一蓮托生、責任を執らされることになる。
 政治家というのは、予見能力や先見性がないのだろうか。

 昨日の『姫井不倫問題』のブログに、見知らぬ谷田氏とRH氏が同感のコメントを頂いた。国体の剣道で全国優勝をした、しかも高校教師までした男が、昔の彼女の愛欲生活を写真をつけて公表するとは、男としてより人間として断固許せない。“恥を知れ!横田君”【秘すれば花】

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

虎退治はしたけれど・・・・。
2007/09/02 [Sun]07:50
category:放言
 「週刊文春」に、岡山選挙区で自民党大物政治家・片山虎之助氏を破った姫井ゆみ子氏の不倫騒動が暴露された。
 語ったのは、岡山市在住の元高校教師、横田育弓生(やすゆき)氏で、姫井との愛欲生活、6年間を写真を添えて告発した。
 民主党は選挙に勝ったものの、先の“さくらパパ”といい、姫井の不倫といい、重大な汚点を残した。
 自民党も内閣改造で、支持率上昇したものの、早くも遠藤武彦農水相の不正が発覚し、評論家、櫻井よしこ氏は週刊誌2誌に、安倍改造内閣の前途を危惧する一文を書いている。

 県会議員までしていた女性が、かくも堂々と不倫をしてきたことに驚きを禁じ得ないし、ある面では、その勇気に敬服するが、写真を撮るとは常識を疑う。参議院出馬に当たって、彼氏との間、なぜ身辺を身綺麗にしなかつたのか。
 男も男。過去関係のある女性の氏名を暴露するとは、男の風上に置けない。墓場まで持っていくべきだ。浮気や不倫で大切なことは、お互いの家庭を破壊しないことと、別れを美しくすることだ。
 
 文学でも、happy endは大衆小説で、古今東西、芸術的文学作品の多くは悲劇的愛と性を描いている。
 地球は男と女。原始時代から今日まで、男と女の間には、愛があり、性があり、笑いがあり、悲しみが連綿と続いてきた。

 “出る杭は打たれる”“はしゃぎ過ぎは身の破滅”

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

韓国の性犯罪率は日本の倍
2007/09/01 [Sat]07:35
category:放言
 韓国の有力紙、ソウル新聞が、韓国警察庁の発表として伝えたところによると、2006年・8755件の性犯罪が発生し、この五年間毎年平均9.5%増え続け、昨年は一昨年2005年より1439件多く、一日平均24件起こったことになる。 
 総人口では韓国は日本の半分以下だから、日本の警察庁の発表した性犯罪発生率の約2倍である。
 
 外国人への性犯罪も少なくなく、日本から観光旅行に来ていた韓流スター・フアンが、先月中旬、泊まったホテルで、合い鍵を使って侵入したホテルのボーイに手篭めにされ、強姦されたうえ、金品を巻き上げられた事件が起こっている。

 またソウルなどで、60歳代から70歳代の老婆?ばかりをネラッて、性的暴行を加えたいた28歳の男が捕まった。
 この男は“老婆アサリ”で国内を飛び回り、慶尚北道では、78歳と76歳の老婆がお堂で祈祷している最中を襲ったという。

テーマ:韓国 - ジャンル:海外情報


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ