プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
衝撃!日本壊滅か?
2007/04/30 [Mon]12:10
category:放言
 我が国の政治家もマスコミも、北朝鮮の核の問題ばかりを大騒ぎしているが、実はそれ以上に恐ろしいことが隣の韓国で計画されている。
 韓国最大の新聞、朝鮮日報、中央日報が25日、相次いで報道したところによると、親北、反日の盧武鉉政権は、射程1000キロの巡航ミサイルを、日本の北海道、東北の太平洋側を除く全原子力発電所を標的に配置している。その上、射程1500キロの巡航ミサイルも建造中とのことである。
 単なる危惧ならよいが、感情の起伏の激しい国民性であるだけに、万一のことが起こったら日本は壊滅するだろう。
当然、中国の北京、上海を始め沿岸地区も射程内である。
 私の怒りは、平素から中国・韓国寄りの我が国のマスコミが、この重大ニュースに沈黙し、正しく報道しないことである。
 昨日の『たかじんの委員会』でも話題沸騰は、左翼の朝日・毎日新聞の報道は象徴天皇にたいし、敬語を使わないと非難していたが、この韓国の報道でも同様偏向している。いまでこそ平和、平和と叫んでいるが、この大東亜戦争のお先棒かついで“太鼓叩いて笛吹いた”のは、朝日・毎日新聞ではなかったではないか。
 この韓国の事実は重大な要素を孕んでいる。
 
 詳しいことをお知りになりたい方は、『Ohmy News』にアクセスしていただきたい。

今日まで休むつもりだったが、この『Ohmy News』を見てビックリ仰天し、平和ボケの国民に警告するために、急遽書いた次第である。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

今日・明日は休みます。
2007/04/29 [Sun]19:33
category:日記
 今日、明日は休みます。
休むとなると、夜中が気が楽でグッスリ眠れます。
5月1日(昔のメーデー)から書き始めます。

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

映画『東京タワー』
2007/04/28 [Sat]07:51
category:日記
 筑豊生まれ小倉育ちの才人・リリー・フランキーが、亡き母への思い出を中心に描いた210万の超ベストセラー『東京タワーーオカンとボクと時々オトンー』の映画化。
 主人公の“ボク”を演じるのは、オダギリジヨー。真の主役の“オカン”には個性的な名バイプレイヤーとして活躍している女優・樹木希林である(若き日の母親役は樹木希林の本当の娘・内田也哉子)。飄々とした“オトン”には、小林薫が演じ、一時代の日本の親子のぬくもりや切なさや暖かさに感動を覚えた。
 圧巻は“オカン”を看病する“ボク”と、久し振りの“オトン”との出会いの描写で滂沱(ぼうだ)の涙にむせんだ。観るに耐えない心に痛みを覚えたのは、“オカン”の制ガン剤投与やガン末期特有の七転八倒、悶え苦しむ迫真の演技だった。
 
 この歳になって誰もの共通の願いは、「虎は死して皮残す、人は死して名を残す」といわれるが、名を残さなくてもよい、苦しまず静かにこの世を去ることである。『延命治療』は真っ平だ。

 今日の毎日新聞の社会面のトップに“「ネットカフェ難民」拡大”が大きく載っていたが、私は昨日、このブログで紹介した。“ハニー・トラップ”“食糧自給率40%”にしても、自慢じゃないが私のブログは、マスコミ報道に先行している。ある方が“貴方は話しは上手いし、文章も上手いが、金儲けは下手ですネ”と言われたが「天は二物を与えず」

テーマ:東京タワー オカンとボクと、時々、オトン - ジャンル:映画

「インターネット・カフェ」難民
2007/04/27 [Fri]07:48
category:放言
 「インターネット・カフェ難民」とは、職を転々とするフリーターやニートが、夜はインターネットカフェを泊まり歩く住所不定の主に若者をいう。
 先日もある民放で、その実態を、特集番組として放映していたが、大都会を中心に数千人いるといわれ、彼らは派遣会社に登録をし、インターネット・カフェで泊まり、携帯電話で連絡をとりながらその会社の指示で毎日、職場を転々とする若者のフリーターやニートである。
 彼等が最も安く泊まれるのが、リクラインニング・シートつきのインターネット・カフェである。机の前にあるパソコンを操作するわけでもなく、コンビニで買った弁当をたべ、そこで眠り、会社からの指示を待っている。そんな店が全国で約2500あるといわれ、24時間営業で、費用は一晩2000円止まりという。
 従来厚労省の対策は、東京・山谷などの簡易宿泊所を根城にする労務者を対象に立案されてきたが、この日雇いは高齢化し、遅まきながら厚労省は、この若者の難民の実態調査に乗り出すことになった。
 先日発表された「高校生の出世意欲の調査」でも、日本は欧米や中韓に比し最低だったが、平和ボケか、豊かになった暖衣飽食ボケか?

 昨日の「持つべきものは“友だち”」で二人の友人を紹介したが、私のブログに、誤植が少ないのはH氏の校正のお陰である。早朝寝ぼけ眼で書くため誤りが多く、毎朝のように電話で訂正される、その暖かい友情に感涙の毎日だが、その他、多くの佳き友人に恵まれている。

 明日からゴールデンウイークだ。金欠のため、別にどこにも行かないが、図書館で本を借り読書三昧に耽ると共に、充電のため期間中、時々ブログを休むことにする。
 

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

持つべきものは『友だち』なり。
2007/04/26 [Thu]08:04
category:日記
 どこに飛んでいくかわからない下手な変化球(ブログ)に、毎回、右や左に打ちこなすRH氏の打球(コメント)に驚くと共に感謝している。
 お読み頂いた方はご存知のように、豊富な外国特派員の経験と蘊蓄ある学識に頭が下がる。最近、毎日書くことに些かクタビレたが、彼は、私にメールで“ブログを出来る限り続けて欲しい。それにコメントを書くことが僕の健康とボケ防止だからだ”と。
 最近、嬉しいことは、“天使の独り言”氏がRH氏のコメントにコメントされることである。巧拙は兎も角として、私のブログを舞台に丁々発止と意見を戦わして頂きたい。

 昨日、「明日の黒崎を考える会」「八幡南RC」時代から、ひそかに尊敬していたH氏から自著『物造りからの伝言ー名言にまつわる回想ー』をご恵送頂いた。
 今朝までに読破したが、兼ねてから畏敬していたとはいえ、余りにも高い格調に圧倒され、それに引き替え、私のブログの惨めさに打ちひがされた。
 中国の「論語」を中心とした古典からの名言、イギリスの格言(英文と訳)、我が国の故事・諺を表題に、会社経営、技術開発にまつわる悪戦苦闘や試行錯誤の思い出を縦横無尽に書かれていた。
 技術面はサッパリ分からなかったが、人生談として、老後生活の過ごし方として大変参考になった。
 彼は心ならずも、秋(とき)利あらず、経営を挫折したが、その志は壮たるものがあり、後世に羽ばたくものと確信し祝意を贈ります。

 

テーマ:社会人の勉強 - ジャンル:学校・教育

東大最優秀卒業生は韓国女性
2007/04/25 [Wed]07:25
category:放言
 韓国有力紙が東京発として大きく報道したニュースがある。
それは東大全学部を通じて、最優秀で卒業し、各部首席に贈る「総長賞」受賞16人の中でも学業成績のほか、国際交流など社会貢献でも光ったとして、「総長大賞」が贈られた韓国女性チェ・ウンミさん(24)である。彼女は東大物理工学科の卒業生で学科試験が満点に近く、卒業論文も群を抜いた出来だった。
 韓国のミョンドク高校3年のとき、日本のセンター試験のような修学能力試験の理系部門でトップ。ソウル大学に合格したが、“より上”と思った東大物理工学科に日本政府の国費留学生として入学した。
 在学4年間オール・トップで、大学院で修士課程を終えたら渡米し博士号を取得したら母国の大学で教鞭をとると語っているそうだ。
 
 そう言えば、私がロータリクラブに在籍したとき、台湾の留学生Sさんのカウンセラーをしたが、彼女も九大でオール優の成績であった。
 同級生との結婚式で私は「二人の結婚もお目出度いが、こんな優秀な女性が日本人になることは、日本にとってもまさに慶事だ」と大学時代の成績表をかざして祝辞を述べた。

 私のホームページ『私の時事放言』をはじめ何度も書いたことだが、「今日の日本発展の基礎は江戸時代の“寺子屋教育”にあり」
 中国・韓国・台湾・シンガポールをはじめアジア諸国が、日本に肖(あやか)ろうと教育に全力を傾けているのはご存知の通り。
 嘆かわしいのは日本の教育の現状である。

テーマ:★大学生活★ - ジャンル:学校・教育

「三高男」よ!左様なら、「三低男」よ!今日は。
2007/04/24 [Tue]08:39
category:放言
 「三高男」とは、一に高学歴、二に高収入、三に高身長だったが、東京のオールド・ミスの間にはパートナーを選ぶときに、かってのバブル時代の価値観ではなく、反対に「三低男」を選ぶべきだという“神話”が飛び交わされている。
 「三低男」とは、低学歴、低収入、低身長と思いきや、それが全く違う。オールド・ミスからヤング・ミスまで、信仰するようになった「三低男」とは、一に低姿勢、二に低依存、三に低リスクであって、物腰が柔らかくて優しく、チャンとした収入があり自立していて、危なげないシッカリした男を指している。安定成長期だけに、こうした「三低男」でないと将来は託せないと彼女達は口々に言っている。
 見合いをさせた経験から“クソ真面目な”男は嫌われる。バナナでも肉でも、少し腐りがけが美味しいように、少し遊んだ男の方が女性にモテて、女性の扱いが上手く成功率が高い。
 
 「三低男」のモデルに、いま最もあげられているのは、中肉中背ながら、数々のチャンピオン・シップを獲得し闘志満々で、女子プロレス界一の人気のジャガー横田(45)が選んだ夫・外科医の木下博勝(39」だ。二人は揃ってテレビや講演などで活躍し、2007年4月には、三船美佳・高橋ジョージ夫妻と共に、講談社から『ナイス・カップル大賞』を受賞している。

 コメントで、菅氏から「市長選挙の際、あれだけ北九州のことを書いたのに、これだけ寂れ行く黒崎を、何故書かないのか」との叱りを受けた。
 信用金庫が出した“わが故郷・八幡”という本を手にし、ある市議や友人を通して資料を集めている真っ最中である。

テーマ:出会い系サイトで恋人探し - ジャンル:恋愛

秋田県の村長に日大教授が当選
2007/04/23 [Mon]08:52
category:放言
“フィリッピン人女性との国際結婚推進を叫ぶ日大教授が秋田県の高齢化農村の村長に初当選”
 秋田県一高齢化の農村・上小阿仁(カミコアニ)村で22日、24年ぶりの選挙の結果、上記のスローガンを掲げた日大法学部小林教授(69歳)が当選した。
 同村は、平成元年に3987人いた人口が、18年には3082人に減り、今年は3000人を切るという県内では最も“若者の農家離れ”が進行している村で、他の二人の立候補者は、“嫁”の“国内調達”を主張してきたが、小林教授は、学者として中国人、韓国人、ブラジル人などをパートナーに選んだ国際結婚を多数調査してきたがが、フィリッピン人女性が抜群にウマくいっていると選挙中訴え続けてきた。
 また同村は、昭和62年以来、フィリッピン人女性を21人、妻に受け入れてきたが、離婚例はない。21カップルのうち2カップルは村を離れたが、19カップルは村に残り彼女らのコミュティも生まれている。
 小林新村長は国際カップルに最低30万円のお祝い金や日本語教室や一括国籍取得などを考えていると言っている。

 昨日の超人気番組“たかじんのそこまで言って委員会”(関東地方は放映されないのが残念)で私が数日前書いた『ハニー・トラップ』と昨年何度もかいた『食糧自給率40%』が大きく取り上げられ、侃々諤々、赤裸々に語られたことは痛快だった。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

2067年日本は滅亡か!
2007/04/22 [Sun]08:28
category:放言
 昨日の私の「日本人のセックス回数、三年連続世界最下位」に対し、変化球に富むRH氏の“「全家庭、カップルの週末セックス・国民運動」を提唱する”というコメントを頂いた。以下その要旨を紹介する。

 日本人のセックス回数が世界の平均回数の半分以下で世界最下位の三年連続記録をつくった、とは聞くだに悲しくなる。このように少子高齢化がドンドンすすめば、“皇国・日本は2067年滅亡する!”
 いかに政府が子づくり奨励政策を打ち出しても、カンジンの我が同胞がセックスを怠っていては、どうにもならない。
 “婚外子”や“代理母”を認めるのも一案だが、なによりもカップルがセックスしないことには子供はできない。
 我が同胞諸君!特に男性諸君!連日の勤務でお疲れだろうが、精と勇をふるって、週に一二回はマグわって下さい。一億全家庭、カップルの週末セックス国民運動を提唱する。

 私が摩訶不思議におもうのは、女性はさることながら、30代後半から40代にかけて独身男性が多いことである。卑俗の話だが、青春時代は“アナなら石垣のアナ”でも何でもよいと思ったものだ。
 旧制第七高等学校(鹿児島)の生徒は、コンパのあとドルフ(遊郭が田舎の村にあった)に繰り出したし、東京では新宿二丁目に赤線があり、一高生(秀才中の秀才)や早稲田の学生で賑わった。
 とくに野球の早慶戦のあとは、勝ってら勝って、負けたら負けたで
二丁目の赤線は、早稲田の学生で殷賑を極めたものだ。

 ある中年の男性曰く、「食べ物はコンビニがあり、洗濯はコイン・ランドリーがあり、セックスはソープランドや風俗店があり、独身でも何も不自由しない。むしろ人生が楽しめる」と。

 ちなみに、私は昭和32年か3年に「売春禁止法」ができて、遊郭が廃止され、慌てて結婚したが、殆どの友人は30歳前までに結婚した。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

日本人のセックス回数、三年連続世界最下位。
2007/04/21 [Sat]07:56
category:放言
 日本人の1年間のセックス回数は平均48回と3年連続最下位で、満足度も低いと、英国コンドーム・メーカーのSSL・インターナショナルが17日発表した調査で、性に消極的な日本人の姿が明らかになった。

 記者会見に出席した作家で女優の杉本彩さんは、“魂のこもったセックスをしないで死ぬのは残念なことだ”“カップルが罪悪感?を持たずに、快楽を追求する努力をすることは必要がある”と、語った。

 調査は世界26カ国、約2万6000人を対象に実施し、日本からは1090人が参加した。

 一年間のセックス回数は平均103回で、トップはギリシャの164回。「毎週セックスする」と答えた人の割合もギリシャが最高の87%で、日本は最低の34%だった。

 ちなみに昨年6月、ギリシャ首相来日の際、我が首相官邸でのパーティで、当時の小泉総理は同首相夫妻に対し、「本当に、お幸せそうですネ」と、羨ましげにジョークを飛ばしたそうな。

 78歳になった私は、今でもオンナがほしいのだが家内が許してくれい。さりとて、ソープに行くのは、恥ずかしいしカネもない。

テーマ:エッチな体験 - ジャンル:アダルト

森村誠一『平家物語』全六巻
2007/04/20 [Fri]07:58
category:日記
 やっと昨晩読み終わった。
歴史は常に勝利者によって描かれていると言うが、転々とする権力を逐う、後白河法王をめぐる平清盛、木曽義仲、源義経、源頼朝の栄枯盛衰を描く男の大ロマン、歴史小説である。脇役として、武蔵坊弁慶や義経の母・常葉御前(原文のママ)、愛妾・静御前が花を添えている。
 原本、『平家物語』を中心に「源平盛衰記」「玉葉」「吾妻鏡」「保元物語・平治物語」「梁塵秘抄」「義経記」などを基に、推理小説作家・森村誠一が書いた作品である。
 推理作家だけに、原本の行間に流れる人間模様や状況を推理、推察して描いただけに全編、しばし源平の時代に引き込まれたような臨場感に溢れ、読む途中、特に「勧進帳」で有名な安宅の関、鵯越の一ノ谷の状況や屋島・壇ノ浦の合戦は、涙がにじみ手が震えるほどであった。
 現代の人間がせいぜい生きたところで僅か80年前後、昔にさかのぼるほど寿命は短く、当時の平均は恐らく40歳前後ではないだろうか。
 悠久の歴史のなかで、人生は“朝(あした)に生まれ夕(ゆうべ)に死すかげろう”のような一瞬の瞬き(まばた)きに過ぎない。その瞬きのなか、『生者必衰・会者定離』“勝った負けた、設けた損した”とは、人間の虚(むな)しさではないだろうか。
参考までに
第一巻  『新星平清盛』
第二巻  『驕れる平氏』
第三巻  『源平激突』 
第四巻  『義仲対義経』
第五巻  『壇ノ浦の悲歌』
第六感  『源平遥かなり』




テーマ:歴史小説 - ジャンル:小説・文学

人類への報い
2007/04/19 [Thu]07:49
category:放言
 豊かな快適な生活の代償に、地球は温暖化し、深刻な影響で、異常気象に加え北極、南極の氷は溶け、海面が上昇しつつあるといわれている。 太平洋に浮かぶミクロネシア共和国の島々は今世紀末には、水没の危険性が叫ばれているのは衆知のことである。
 このほど米コロンビア大学・国際地球科学情報センターでは、今後、人類の英知をかなぐり捨て工業化に進み、オゾン層の破壊という、地球の事態が悪化すれば、大きな被害を受けそうな国のランク付けをした。
被害の大きな予想される国は、どうしても長い海岸線に囲まれた島嶼国家、半島国家が多くなるのは当然である。
 ワースト(最悪)一位から三位までは北欧諸国だった。
同センターによろワースト十位は次ぎの通り。
①ノルウェイ②フィンランド③スウェーデン④スイス(山国だが高山だらけで危ないということか?)⑤カナダ⑥日本⑦オーストラリア⑧フランス⑨アメリカ⑩デンマーク

昨日書いたスーダンもさることながら、毎日、毎日自爆テロで死んで いるイラク国民に、アメリカ政府もそれを支持する日本政府も心が痛 まないのか。
 多少の犠牲はあつても、勇気ある撤退をして、民族自決すべきではないのか。

殆どの日本人は自衛隊は軍隊と思っている。
 アメリカから押しつけられた憲法を、縦から読んでも、横から読んで も軍隊を持ってはいけないことになっている。
 従って自衛隊は憲法違反である。自衛隊を容認する以上、憲法改正し なければいけない。
 憲法改正を放置する政治家は心が痛まないのか。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

米仏のボイコットの動きに中国は屈した
2007/04/18 [Wed]08:18
category:放言
 非イスラム教徒の黒人を中心に、20万人から40万人の住民を虐殺した世界最悪№ワンのスーダンに対し、米英仏など欧米諸国が国連安保理事会に提出した「スーダン・バシル大統領への制裁かつ国連平和維持軍(PKO)派遣」の決議案に対し、資源(石油)爆食経済維持の必要から、バシル大統領擁護のため、拒否権をチラツかせて反対した中国に、怒ったハリウッド映画人が“北京オリンピックをボイコットしよう”との呼びかけが燎原の火のように拡がり、おりしも行われている仏大統領選挙でも、与野党候補とも“中国のダルフール虐殺を肯定する非難”が巻き起こり、世界に波及した。
 さしもの“中華思想”の中国は、北京オリンピック成功させるため、滔々たる世界の流れに屈し、『国連平和維持軍スーダン派遣決議』に賛成した。
 
 エジプトの南にある人口3650万人のスーダンは、70%までがアラブ系イスラム教徒で、バシル政権は彼らを基盤とした独裁軍事政権である。西部ダルフール地域に住むキリスト教徒の黒人たちは「バシル政権の圧政からの解放」を掲げて、4年前から武力闘争をしているが、中国などの援助をうけた現政権は容赦ない弾圧を加え、先に書いたような虐殺に加え、200万人が隣国チャドに難民として流出しているが、再三越境して攻撃している。

 東国原氏が知事に当選してから、知事がタレントとあって、宮崎県は全国区となりマスコミの脚光を浴びるようになった。
 わが北九州も、東国原知事に負けず、北橋市長は全国やアジアに情報を発信しなければ、いやすべきと考える。 そこで、私は、このささやかなブログで、市長に代わって、北九州市や我が町八幡の宣伝や情報を逐次書いてみたいと思っている。
 資料や情報の提供をお待ちしています。

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

世界最悪の独裁者ワースト10位
2007/04/17 [Tue]08:47
category:放言
 ワシントン・ポスト週末付属誌、「パレイド」は、ヒューマン・ウォッチ、フリーダム・ハウス「国境なき医師団」など国際的な人権団体の協力を得て、世界70カ国以上の強権・独裁国家の統治ぶりや犠牲者などの状況を調べた結果、2007年の“最悪独裁者10人”は次ぎの通り。
 
①バシル・スーダン大統領②金正日・朝鮮労働党総書記③ハネメイ・イラン最高指導者④胡錦涛・中国国家主席⑤アブドゥーラ・サウジアラビア国王⑥タン・シュエ・ミャンマー(旧ビルマ)国家評議会議長⑦ムガベ・ジンバブエ大統領⑧カリモフ・ウズベキスタン大統領⑨カダフィ・リビア最高指導者⑩アサド・シリア大統領。
 参考までに、20位はプーチン・ロシア大統領。
一位のスーダン大統領の圧政・暴虐ぶりは明日書くことにする。

 15日、中川政調会長が“日本は№ワンの安倍総理が訪中したのに、中国は№スリーの温家宝の来日は失礼極まる。これは中華思想、朝貢外交の現れだ”と講演したと報道されたが、私は中国に非難する前に、日本の外務省の媚中・腰抜け官僚を叱るべきと考える。と同時に、失礼かもしれないが、温家宝が在日中に云うべきではなかったか?恐らく国民の中国へのモヤモヤした鬱憤が晴れ拍手喝采しただろう。

 昨日、一年ぶりに福島のN君に電話したら食道ガンで療養中とのこと。アメリカと中国の覇権主義の間に、オロオロしている日本の政治家に悲憤慷慨していた茨城のY君も、昨年前立腺ガンを手術したとのこと。   毎回コメントを頂くRH氏も数年前、前立腺ガンを手術したそうで、死が秒読みになった、この歳になると、みんな病気の一つや二つはあるものだナァ。その点、借金で苦しんでいるものの、元気な私は幸せと云うべきか。
 Y君と意見が特に一致したのは、「日本の政治家で真の憂国の士は、平沼赳夫西村慎吾だ」。

テーマ:こんな人もう要らない - ジャンル:政治・経済

トモダチとオンナ
2007/04/16 [Mon]07:20
category:日記
 先日は千葉県に住む旧海軍兵学校予科に行っていたY君が訪ねて来たが、今日は茨城に住む旧陸軍幼年学校に行っていたY君と昼食を共にする。“朋遠方より来たる、亦楽しからず哉”小倉中学校の同級生だが、同級のN君のコメントによると、二人の同級生がガンで病床に伏して呻吟しているそうである。
 大学予科の寮時代の同級生11人で、回り持ちで夫婦同伴で旅行をしていたが7人が死亡、2人が病床。元気なのは、私と福島の詩人のN君だけである。
 私の元気な秘密は、酒とオンナがこよなく好きだからである。  
“人間!イロ気がなくなったらオシマイだ”
◎相手に服を脱がしてほしい女性の心理(昨日の続き)

○女性が自ら脱ぐのは意気揚々としているようで恥ずかしい、という  「恥じらい」タイプ。
○男性が女性の服を脱がすことから前技が始まっていると考える「奉仕 要求」タイプ。
○服を脱がされていくことで気分が高まる、Mっ気強い「辱め」タイプ。

 脱がせてほしいと思っている女性は受け身で、その後のセックスにおいても相手にリードしてもらうことを望んでいると言えます。
ただし、本当は自分が主導権を握りたいのに、女が率先して行動を起こすことは浅ましいと考える「恥じらい」タイプの場合は、行為の最中に、あるいは関係に慣れてきてから主従が逆転することも?!

 いい歳して、こんなブログを書いて恥ずかしくないのかと“陰の声”

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

セックスするとき、、自分で脱ぐ?脱がしてもらう?
2007/04/15 [Sun]08:40
category:放言
 夥しくアダルト的なメールがきて、削除するのに大忙しの毎日ですが、私だけではないようで、ある友人も同様のようです。
 最近硬いブログを書き続けてきたので、息抜きに軟らかいのを一つ紹介します。以下は、その差出人不明のエッチ・メールです。一切返事はしませんが、チョット面白いので転載します。(原文のママ)

◎自分で服を脱ぎたい女性の心理○男性にとって複雑な構造の服を着ている時は、マゴマゴされると気分 が冷めてしまうから自分で脱ぐ
○突然の事態であまり綺麗な下着を着けていないとき、恥ずかしいから 自分で脱ぐ
 中には「変な順番で脱がされたくない」「自分の気持ちの高まりに合 わせたタイミングで脱ぎたい」という意見も。
 裏を返せば自分の思い通りに脱ぎたい、脱ぐ過程を綺麗に見せたいと いう気持ちの表れではないでしょうか。
 こうした女性は、その後のセックスにおいても、ある程度自分が主導 権を握ることを望んでいます。
 また、下着姿や裸(プロポーション)に自信がある女性も、自ら脱ぐこ とを望む傾向が強いようです。
  『続きは後日』

テーマ:教えてほしい - ジャンル:アダルト

つれづれなること二題
2007/04/14 [Sat]08:36
category:日記
 午前三時、田畑義夫“浜千鳥”“大利根月夜”と、奈良光枝“青い山脈”“悲しい竹笛”その他懐かしい歌が流れてきた。
 歌“青い山脈”は敗戦直後の打ちひしがれた若者に希望を与え、映画“青い山脈”の主題歌であった。主演女優は、杉葉子で、私が学んでいた大学の横の瀟洒な家に住んでいた。彼女は可憐なな可愛い乙女で、当時の青年男女に圧倒的な人気があつたが、いつの間にか銀幕から消え、米人と結婚してアメリカに渡ったとのウワサを聞いた。
 この歌を聞いて、当時「雨後の竹の子」のように各地にできた文化会、読書会の一つ、経堂文化会の主催で杉葉子と箱根にピクニックに行ったことが思い出された。
 深夜、「浜千鳥」“青い月夜の浜辺には”。戦争中大流行した「大利根月夜」“あれをごらんと指さすかたに”を心のなかで口ずさみ、悲惨な戦争の青春時代を思い出した。
 参考までに私の持ち歌はか結婚式などでは、ロシア語で“カチューシャ”カラオケでは美空ひばりの“悲しい酒”
 まさに“歌は世につれ、世は歌につれ”である。

 市長選の真っ最中、150以上あったアクセスも今は落ち着いて、それでも毎日60人前後のアクセスがある。
何度も述べるように、それぞれのコメントはそれなりに面白いが、特に毎日必ず頂く、硬軟自在なRHさんコメントは一読の価値があり、それを読むだけでもアクセスの値打ちがあると自画自賛している。
 何となれば、彼は第一線からリタイヤしているとはいえ、現役のときは、一世を風靡した国際問題のジャーナリストだったのだから。

 私の駄文・拙文に、忌憚ないご意見やご感想のコメント、掲示板へのご記入やメールをお待ちしております。
 メールアドレスは、「tawara_0401@yahoo.co.jp」です。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

性暴力の発生率アジア一
2007/04/13 [Fri]07:58
category:放言
 チョット古い資料だが、国連関係機関が調べた、人口10万人あたり、
各国のレイプなどの性暴力の発生率は、
カナダの78.08、アメリカの32.05にくらべ、韓国は12.98と少ないが、アジア諸国のなかでは、2位のタイが6.62の二倍、日本の1.78の七倍強とダントツである。
 反日デモでの過激な行動で分かるように、、巷間、KFC(ケンタッキー・フライド・チキンをもじり、コーリア・ファッキング・カウントリーの頭文字の新語)の異名で呼ばれるほど、韓国男性は元気がよく、レイプなど性暴力の発生率がアジアで一番高いお国柄である。
 今年初めに発表された韓国性暴力相談所の被害調査によると、2006年、ここに寄せられた相談は、年間2317件にのぼり、うち1935件は学校、職場、親戚等の顔見知りによって引き起こされたもので、全体の83.5%、交際相手にレイプされたのが173件、7.5%にのぼった。相談しない、できない水面下の数は数十倍あるものと推定される。
 
 この更なる性暴力の増加から身を守るために、女性たちが殺到しているのが、ソウルの竜山にある電気店で、この三ヶ月間に売れたのは、ガス銃400,電気ショック発生器300。これらは所轄警察署長の許可が必要なので、面倒な手続きのいらない護身用スプレーや警報機などが爆発的に売れているそうである。

テーマ:その他 - ジャンル:その他

温家宝来日の真の目的の一つ
2007/04/12 [Thu]07:57
category:放言
 昨日鳴り物入りで、温家宝首相が来日した。
真の目的の一つは、次ぎのように考える。

 2005年春、中国全土で起こった反日デモ以来、中国に対し、日本の民間直接投資額(企業進出)は激減し、逆にインド、ベトナムに対しては激増している。
 これは、小泉、安倍両内閣がとっている「中国・プラス・ワン・モアー」という投資分散政策と、江沢民時代の反日世論化に我が国の企業がイヤ気がさしたからと思われる。
 今回の来日は、行き過ぎた反日行為を是正し、日本企業の復帰を求めたセールスマン的ソロバン勘定があることは間違いない。
 9日のコード・チャイナ・ニュースによると、中国商務省はこのほど「2006年の日本の対中直接投資額は46億ドル(5520億円)と、前年比29.6%という大幅な減少」と発表した。
 これに対し、我が経産省の統計でも、投資額は対中より少ないが、インドに対し、4.91億ドル(598億円)だが、前年比、約2倍、またベトナムに対しては9.4億ドルで、これまた2.5倍という激増ぶりだ。
その上、インドは民主主義国で安心感もあるのではないか。

 この微笑外交は、いつ豹変するか分からない危険性がある。何となれば、何度も警告したように、中国人の心底に“中華思想”が流れ、江沢民の上海閥との権力闘争が燻っているからである。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

スパイ天国ー日本
2007/04/11 [Wed]07:44
category:放言
 ミサイル防衛に不可欠な高度な大型コンピューター、最新レーダーを持ち、日米共有の情報管理下、対空弾道弾なども装置してある我が国最新鋭のイージス艦の機密情報が、その乗組員(二等海曹)の中国人妻によって中国側に手渡されたいた疑惑が浮上している。
 この中国人妻は何度も日中間を往来し、しかも東京、横浜などのバーやクラブなどのホステスをしていて、その美貌と性的魅力により、二等海曹(33歳)を誘惑し結婚にまで踏み切らせた。
 彼女は2004年不正滞留のカドで強制退去処分をうけたにもかかわらず、昨年初め密入国し、別の名前で中華街のバーで働き、件の二等海曹を射落とし、イージス艦の機密情報窃取に成功し、昨年末、自ら出入管理局に出頭し、女スパイの任務完了と意気揚々と帰国した。
 
 第三のハニー・トラップ事件は、対馬にある海上自衛隊・上対馬警備所の船舶監視班長・一等海曹(45歳)が、無届けで再三再四(一年間で8回以上)上海に渡航し、あの電信官が“無念の自殺”に追い込まれた日本人向けカラオケ・バーに通い、コトもあろうに同じ美人ホステスに、ぞっこん惚れ、我が新型潜水艦の設計図など機密書類をコピーしたCDを手渡していた。
 現在まで、刑事事件としてどんな処分をうけたのか、つまびらかでない。

 情報化時代というのに、こんな無防備ではいいのか、肌寒くなってくる。戦前の有名なスパイ・ゾルゲ事件の主謀者は死刑になった。

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

“ハニー・トラップ”とは。
2007/04/10 [Tue]07:24
category:放言
 「Honney Trap」とは直訳すれば“密のワナ”即ち“色仕掛け”で誘惑しその弱みを利用して、“潜在敵国”の機密情報を提供させたり、窃取することを云う。
 ハニー・トラップは、米ソ冷戦中は欧米を主舞台に派手に展開され、英情報閣僚をまきこんだプロヒューム事件は有名だが、冷戦終結後は、東アジアに舞台は移った。
 日本はスパイ天国といわれ、情報は丸裸の状態で、いまは亡き橋本龍太郎総理の彼女は、中国情報機関所属の女スパイであったことは有名である。ところが、当時中国寄りのマスコミや政治家が多く、重大な犯罪というのに、週刊誌が騒いだだけで失脚に至らなかった。
 中国側のハニー・トラップ事件として、初めてスポット・ライトを浴びたのは、在上海・日本総領事館の若い電信官が、2004年5月、遺書を残して自殺した事件である。
 彼は、上海の日本人向けカラオケ・バーで、中国人美人ホステスに誘惑されて、我を忘れて夢中になり、彼女の“たっての頼み”で、在外、外交官間の暗号書を手渡したらしく、この女スパイから公安当局に提出されたことが分かり、自責の念から自殺したことが判明した。
 『この続きと“温家宝訪日の真の目的”は明日と明後日』

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

総括。統一地方選挙
2007/04/09 [Mon]08:16
category:放言
 ブログのジャンルのアクセス数の分類では、政治が極端に少ない。逆に最も多いのは、アダルトである。

 今回の統一地方選の総括を、マスコミの視点と異なった角度即ち、わたくし流に論評してみたい。
 
 福岡知事選は、過去二回書いたように全く予想通り。
何といっても、[連合]傘下の三大組織の自動車労連、基幹産業労連(鉄鋼)にJR労組が現職の麻生知事を支持・推薦したのだから、初めから勝負にならない。逆境のなかに善戦し、将来の大物の片鱗を窺わせた。
 私の学生運動、共産党活動の経験からいって、労働組合が、自民党系の候補者を推薦・支持をしたのは前代未聞。ダラ幹といっても過言ではない。
 先にも書いたように、麻生知事の業績は、自動車産業誘致と全国知事会の会長ぐらいで、県民所得は福島県より以下、確か全国28位か29位、犯罪発生率も検挙率もワースト10位以内。教育行政は無為無策。

 福岡県議選の特徴の一つは、共産・社民の衰退と民主の躍進である。
共産党は5議席から1議席、社民は3議席から同じく1議席と、まさに“むかしの光いまいずこ”“風前の灯火”である。
 両党にいわせると、自民、民主の二大政党の間(はざま)に埋没されたというが、果たしてそれだけだろうか。
 私は、テレビでの討論での“10年1日の如き”、画一的、公式主義の発言に、魅力を失い、若者に見捨てられたように思う。
 活動している党員を見ると、高齢者が多く、組織が硬直化し、高齢化が進んでいると考える。
 民主党も、北九州・福岡市長選挙で勝利し、県議選でも、議席と得票数は躍進したものの、小沢代表が言うように、まだまだ足腰が弱い。
 これでは当分、国民(私)が期待する政権交代が、ほど遠いのではないだろうか。一層の奮起を祈る。
 

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

心痛に閑あり。
2007/04/08 [Sun]07:59
category:日記
 昨日(4月7日)、小倉井筒屋パステルホールで開かれた、「北九州市民寄席」主催『東西三人会と江戸漫才』に、ある方からコムシティの破産の傷心の癒しにと入場券を頂いた。
 家内は同窓会で留守のため、小学校時代の同級生で、憧れののマドンナ(輝かしき美少女)と連れだって、胸をトキメカシて出席した。
出演者は、「笑福亭松喬」「柳家小里ん」「古今亭志ん橋」と“Wモアモア”こと「東城けん・東城しん」である。
 テレビやラジオでは味わえないナマの芸に、日頃の心の憂(う)さを捨てることができた。
 三人の落語家の笑いを誘う渋い芸に、しばし陶然となったが、なかでも、“Wモアモア”の「江戸漫才」に、場内は爆笑の坩堝(るつぼ)と化し、私はチビルほど笑い転げた。
 私は漫才・落語が大好きで、テレビやラジオの放送、放映は欠かさないが、昨日のこの二人の名前は聞いたことがない。何れ脚光を浴びトップクラスの漫才師に必ずなるだろう。
 何と言っても“笑い”がイチバン。


テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

中国で若者の自殺激増
2007/04/07 [Sat]07:02
category:放言
 中国国営の英字紙、チャイナ・ディリーがこのほど報道したところによると、「一人っ子」政策の下で生まれ育った若者の自殺が激増し、2006年の若者の死亡のうちの四分の一は、自殺であることがわかった。
 同氏によると、彼ら「一人っ子」は、両親や祖父母の溺愛の下に育てられ、精神的にヒヨワくモロく、超スピードで改革・解放の進む社会の生存競争に耐えきれず、ストレスや孤独感から死を選んだのではないかと思われる。

 毎年25万人が自殺し、200万人の自殺未遂者がいる中国は、内外からよく“自殺大国”といわれている。とくに農村の主婦と、都市、農村の若者の自殺が目立っている。
 中国心理衛生協会が14万人の高校生を対象にした調査では、20%の高校生は、一度は自殺を考え、6.5%の高校生は「詳しい自殺計画を立てたコトがある」と告白したそうである。
 
 昨日のRH氏の「知事選を考える」というコメントは、毎回のことながら、明日の投票の参考に、一読の価値がある。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

ある暴言居士
2007/04/06 [Fri]07:54
category:放言
 昨日の私のブログに対するRH氏の憂国のコメント『日の丸は焼かれ“対馬・韓国領”の大広告を許すとは!』をお読み頂きたい。 

 今朝1時からの「ラジオ深夜便」で美空ひばりが歌う“さくら さくら”と、藤原義江の歌う“からたちの花”と珍しい歌を聴いた。

 3月25日の私のブログ“知事選を占う”の内容と、4月2日(月)の各新聞社の県知事選の世論調査の結果と解説はほぼ一致していた。
 稲富候補は善戦しているものの、四分六分で麻生候補が間違いなく勝利するだろう。それは、既報のように、「連合」傘下の基幹産業労連、自動車労連、JR労組が麻生候補を支持・推薦しているため、各民主党公認県議候補の陣営の動きが股裂き状態で、全く知事選に力を入れていないからである。
 各マスコミ情報によれば、連合が支持しなくても中立でおれば、4選という多選批判と無為無策の県政に、稲富候補は勝たないまでも、ヒョットすれば、ヒョットするかもしれないといっている。

 先の北九州市長選挙で暴言を撒き散らし、北橋圧勝の原因をつくって物議を醸したある知名士が、その後もある式で、不適切な発言をして顰蹙をかったが、一昨日、ある県会議員候補の激励集会で「北九州も福岡も民主党が勝った。もしこの県知事選でも民主党が勝ったら、国のカネは福岡にはこない。従って麻生候補に投票して頂きたい」と保守常套の発言ではあるが、非常識な応援演説をしたそうである。
 私はある友人に、彼の辞書には“恥”“顰蹙”“忸怩たる思い”という言葉はないのかもしれないと言った。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

【警告】対馬奪回、8.15に強行上陸の動き
2007/04/05 [Thu]09:30
category:放言
 韓国は、日本海に浮かぶ竹島(韓国名独島)を占拠して、日韓対立の一焦点になっているが、さらに「活貧(ファルビン)団」と称する“市民団団体”が、長崎県に属する対馬を「本来、大韓民族の領土だ」と主張し、第二次世界大戦終戦日の今年8月15日(韓国独立の光復節)、対馬に強行上陸して、韓国の国旗・太極旗を掲揚して、内外に「対馬奪還・韓国領に復帰」を宣言する計画であることを、同団は発表した。
 この団体は、独島護持の先頭に立っている有志の集まりで、規模は小さいが、いつも反日デモの先頭に立ち、日本大使館の垣根をよじ登って潜入を試みたり、「日の丸」を焼いたり過激な行動を演じている。
 今回の“対馬奪回”運動は、洪貞植(ホン・ジョンシク)団長らが、全国の青年会議所、労組、大学自治会に呼びかけ、すでにダエグ(太邱)市公務員労組、高麗大山岳会、が同調を決議し、さらに驚くことは、馬山(マサン)市議会も決議していることである。
 対馬侵略については、昨年9月頃だったか“週刊新潮”?が報じ、私もこのブログで警告の文を書いたことがある。
 昨日書いた“河野談話”にしても、アメリカ、中国、韓国にバカにされ、ナメラれている根源はすべて『憲法9条』と“自分の国を自分の手で守る精神の欠如”ではないだろうか。
 外国もさることながら、問題は、国内の“獅子身中の虫”自虐史観に毒された政治家、文化人、報道人ではなかろうか。
 慨嘆に堪えない4.50年若かったら上京して、救国青年同志会?を結成して、5.15.2.26事件のような運動を起こしたいものだ。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

「河野談話」に怒りが爆発
2007/04/04 [Wed]09:28
category:放言
 二日、ブログを休んだら“病気ではないか”と、数人の方から心配のコメントやメールや電話を頂いた。
最近ブログを毎日書くことが億劫になりしんどくなってきたが、期待する人が一人でもいる限り、病気か大きなアクシデントがない限り止めることはできない、永井荷風の“断腸亭日乗”、谷崎潤一郎の“瘋癲老人日記”ではありませんが、何も書く原稿がないとき、「今日は雨だった」とたった一行でも書くことにする。

 最近風俗で“春を売る”女性達の理由は“遊ぶカネが欲しい”“自動車が欲しい”“外国旅行がしたい”“店をもちたい”と贅沢なものばかりだが、敗戦直後は、パンパンやオンリーといって食うためにアメリカ兵にカラダを売った。大正から昭和一桁時代の特に、「貧乏人の子だくさん」といって農村の貧困振りはすざまじかった。親や兄弟が病気にでもなろうものなら、女衒(ぜげん)といって女買いにカラダを売ったものだった。日本でもこのような有様、日本よりはるかに貧乏な朝鮮は想像に絶する。
 中国で参戦した多くの元兵士から聞いた話によると、全員貧乏から逃れるために自ら慰安婦に身を挺してきたものばかりで、一人として強制連行された者はいなかった。慰安婦の前に一列に並び、バケツに軍票(軍隊の紙幣)をドンドン投げこんでいたという。
それが戦争が終わって60数年も経って『河野談話』を今頃にになって蒸し返すアメリカ、中国、韓国に無性に腹が立つ。
 それ以上に怒り心頭に発するのは、売国的アカハタはさておき、朝日・毎日新聞までが自国を殊更に自虐した記事を書くことである。
 もし、あなたが日本人としての誇りと矜恃(きょうじ)があるなら、次ぎの今月号の雑誌を書店で是非お読み頂きたい。

『諸君』秦郁彦“幻の「従軍慰安婦」を捏造した河野談話をこう直せ”『正論』大師堂経慰“安倍総理、「河野談話」の取り消し決断を”

テーマ:慰安婦問題 - ジャンル:政治・経済

朋あり、遠方より来たる。
2007/04/03 [Tue]07:40
category:日記
 昨日は、二日酔いで頭が上がらず一日中寝ていました。
と言うのは、千葉の中学の同級生Y君が、ハウステンボスである海兵予科の同窓会出席の途中、突然やってきました。
 10年ぶりに碁石を握り、彼と囲碁を五局やり、一勝四敗と惨憺たる敗れた悔しさと、長く座っていたため腰が割れるような痛さが加わって、その後での久闊を叙する飲食で年甲斐もなく、浴びるように酒を飲み、前後不覚に酔いつぶれました。
 負けた囲碁のうち二回は勝利目前、長く石を握っていないため、勝負感欠如による見損じでした。

 韓国女性4万~6万人が日本不法滞留、うち3万が売春やホステスなどの風俗系、日本でのスリの9割が韓国人と、韓国最大の通信社、聯合ニュースが報道した。
 韓国国会保健福祉委員会で野党ハンナラ党の調査で明らかになった。
日本での犯罪で検挙され、刑期終了後韓国に強制送還されても、また密航して日本再入国して、犯行を重ねる例も少なくない。それは日本の治安が比較的良く、警察官が“紳士的”で甘い点が逆に目がつけられているのではないかといわれている。

テーマ:徒然日記 - ジャンル:日記

今日は78歳の誕生日
2007/04/01 [Sun]10:14
category:日記
 “誕生日、墓場への一里塚、寂しくもあり、哀しくもあり”幼いころ、腺病質で病気ばかりで、主治医は、20歳まで生きるのが精一杯ではないかと託宣されていたそうだ。
 それがどうだろう。78歳の今日まで、膀胱結石の手術で一週間入院しただけで大病もせず、会う人は異口同音に“65歳ぐらいに見え若い”と誉められるほど元気溌剌。
 その秘訣は、好き嫌いなく食べ、毎晩酒を飲み、ブログを印刷してITの出来ない知人・友人に配って廻り、風呂でタオルで顔を10分間ゴシゴシ擦り、タマちゃんを100回握ったり緩めたり、圧巻はときどき、ITで、うら若き乙女のアスコを眺めて心を躍らせることである。
 78年間、まさに山あり谷あり。青春の真っ盛りの中学2年の後半から4年1学期まで、学徒動員で陸軍兵器廠で2交代勤務で働き、8月8日、自宅はアメリカの焼夷弾で焼かれ、敗戦後は食べるに食なく、住むに家がない厳しい状況であった。上京すればしたで、敗戦の解放から学生・労働運動の花盛りに巻き込まれ、おちおち勉強しなかった。
 人気絶頂は、コムシティの落成式でのテープカット、意気消沈のドン底は、その破綻による莫大な借金の今日この頃である。
 命旦夕に迫る、私のささやかな夢は、西行や芭蕉、種田山頭火、若山牧水の様に日本中を俳句や短歌を作りながら、花鳥風月を愛でて廻りたいことだ。(能力はないしカネもないが)
 恥も外聞もかなぐり捨てて述べると、笑えば笑え!もう一つの夢のまた夢は、70~80歳の心も体もふくよかで気品あるご婦人の冥土の土産に、大岡越前守の母親が言ったといわれる“女は灰になるまで”ではないが、忘れているだろう往年の性の喜びの坩堝を、唇と指で味あわせて差し上げたいことだ。
(陰の声あり)嫁さんがいるではないか。台湾のブラック・ユーモアに“息子の母親とするのは近親相姦”がある。
 家内の遠い姻戚のある宗派の執事長の高僧が書いてくれた色紙の裏に“いまはただ小便クダになりにけり、たつも、たたぬも古(イニシエ)の夢”に、その気は負けず劣らず旺盛だが、身につまされる昨今である。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ