プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
欧米の出生率の回復
2006/08/31 [Thu]07:14
category:放言
 過去、私は何度も政府や地方の行政が“手当”“保育施設”等の厚遇策をしても「焼け石に水」だ、「意識の変革」以外にはないと書いた。
 欧米諸国のアメリカが2.0から2.10。フランスは1995年が1.70だった出生率が2002年には1.88に増え、デンマーク、フィンランド、アイルランド、ノルウェー、スェーデン、オランダさえも軒並み1.70で、最低のイギリスでさえ1.65を上回りつつある。
 この原因は、これらの国々が『婚外子』(私生児・庶子)を社会的に認知したことである。
 ところが、東アジアの世界最低の韓国をはじめ日本・香港・台湾・シンガポール・タイの出生率の低下が顕著で、中国でも、“少子高齢化”が加速している。
 これは、東アジア諸国は、いずれも『性の道徳』に厳しい仏教・儒教の影響下にあり、『性の自由化』が困難だからだと思う。従って遺産分与権をふくむ『婚外子』が世に認知され、大手を振ってまかり通るとは考えられない。

テーマ:少子化問題 - ジャンル:政治・経済

二代目一条さゆり
2006/08/30 [Wed]07:30
category:放言
 “僕はモノズキですから、ヒマあるごとに、インターネットを検索していますが、たった今、面白い女のことを発見しました。
 二代目・一条さゆりと名乗る48歳?のストリッパーのことです。彼女は福岡市・筑紫女学院・日大芸術学部卒業のインテリで、中国に留学、中国語は読み書きオシャベリも自由。幻冬舎からも数冊、本もだしていますが、香港からも中国語で、数冊出版しています。
 「美的SMショー一座」を率い、全国を巡業しているようですが、北九州では、10月1日から10日間、A級小倉劇場でショーをやる予定。
 なかなかのインテリで、中国事情にも詳しいから面白いと思います。
僕も東京公演の際、見に行くつもりです。
 大ブログの筆者、編集者としての貴兄の会見・取材をお勧めします。
詳しくは、一条さゆりのホームページを参照のこと”

 彼女は1958年生まれ、身長164,バスト84,ウエスト60,ヒップ91センチ、1990年代にいちど結婚したが、すぐ離婚している。
 芸能界入りのキッカケは、日大在学中に、「平凡パンチ」にヌード写真が出たこと、80年ごろ、日活ロマンポルノ「刺青奴隷夫人」に出演してからである。
 ストリッパーになったのは、1988年頃で、福島県郡山で、公然ワイセツ容疑でつかまり罰金15万円とられている。離婚後数年間、香港、広州に留学し、むこうの新聞や雑誌にも中国語で寄稿している。
 友人の薦めもあり、小倉でショーは万難を排しても見に行き、図書館に彼女の著書の借り出しを申しでる予定。
 
 残虐な血腥い事件が毎日のように起こり、高い道徳律を誇った日本も世紀末の様相を呈してきました。
 このブログにアクセスされる皆さんも、さぞかしご心痛のことと思います。
 この遠因・近因を書きたいと思いますが、コメントにご意見をお寄せ頂きますようお願いいたします。

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能

安倍内閣短命か?
2006/08/29 [Tue]07:37
category:放言
   これは、友人からのメールの一部。
 “心配なのは、安倍内閣短命論です。僕は外交では安倍が良いと思っていますが、小泉違算の国民健康保険の負担増、住民税の負担増などの内政問題で、来年の参議院選に負ける可能性ありとのウワサが、東京ではモッパラです。
 僕個人の見方ですが、安倍の今回の総理就任は、いまのままいけば、2.26事件後(廬溝橋事件前)、近衛文麿内閣の誕生のトキに酷似しています。昭和15年、近衛が再登場して、大政翼賛会という“挙国一致内閣”をつくったトキにもよく似ています。
 この時代の対米関係冷却化は、近衛に一番責任があつて、東条などは、その既定路線を走ったに過ぎません。
 安倍は“プリンス”(公爵)ではないが、岸の孫、佐藤の甥、親戚は鮎川義介、小原?房之介、松岡洋右に連なる日本の名門で「いいとこボッチャン」の風がぷんぷんしています。背が高く、スタイルの良いところも、近衛にソックリです”

 私は小沢一郎の熱狂的支持者ですが、安倍の靖国問題・中国、韓国への姿勢・北朝鮮に対する強硬な態度に、これまた熱狂的に共感を覚えます。
 これは、夢のまた夢、小沢総理、安倍副総理が実現したら?
 
 硬いのから柔らかいのまで沢山のブログの原稿が貯まっています。

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

官僚市政40年
2006/08/28 [Mon]06:59
category:放言
 昨晩、寝込みばなに、折尾の知人(有力者で強力な自民党支持者)から約一年ぶりに電話があつた。以下彼の言い分。
 “谷さんが20年、末吉さんが20年、官僚市政40年。今度立候補すると言われるSさんんがこれまた建設官僚(現国土交通省)。貴方はどう思うか”が電話の趣旨であった。
 私は、末吉さんが建設官僚、Sさんが建設官僚とまでは思っていたが、谷さんの国鉄官僚までは思ってもみなかった。
 谷さんは乱れていた労使関係を正常化し、公害と真正面から取り組み、水の確保のため遠賀川河口堰を建設し、その上北九州の得難き文化人として尊敬していた。ただ引退後も文通していた先生から“四期で辞めておくべきだった”との反省の手紙を頂いたことがある。 末吉さんについて、私はこのBlogで“三期までの市政は名市政、いくら誉めすぎても誉め過ぎることはない”“問題は特に五期目で、赤字の垂れ流しだ”と書いた。その点、本人も先日のある会合で反省していたそうである。
 折尾の知人は、「官僚や役人は“親方日の丸”“税金ドロボウ”“休まず、働かず”的発想だ」と憤慨をしていた。

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

昨日と異なり、一転“固い話”
2006/08/27 [Sun]07:40
category:放言
 政治評論家をしている友人から、新聞に寄稿した文の切り抜きが送られてきた。
『東条元首相と開戦』「米英との経済格差を無視し突入」【国策を誤った責任は重大】と。
 その文の中に、“東京軍事裁判は color="#FF0000">「事後法」で違法であり「勝者の敗者に対する一方的裁き」との批判が強い”とあり、テレビや新聞を見ていても、売国的、親中的政治家でさえも『事後法』は違法だと言っている。
 ところが、何人の人が『事後法』を知っているのか。そこで調べてみた。素人にも分かり易く書いてみる。
“私が執拗に政府批判をやるとするか、政府は煩わしいので「政府批判禁止条例」をつくって、取り締まりを強化し罰する”が法律が成立する以前の行為は無罪というのが、国際法の常識なのである
 東京裁判でも、インドのパル判事は、「日本は道徳的責任はあっても、法律的責任はないとし、平和への罪のような恣意的立法・事後法を戒め、米英やソ連の勝者の犯罪ー例えば米国の原子爆弾投下や無差別爆弾の投下や、旧ソ連の満州、樺太・千島の侵略、満州邦人の抑留や婦女子の暴行など日ソ中立条約違反ーを不問にしたことを問題とした。
 パルは日本の軍国主義を正当化したわけではではないが、法的には無罪を主張した。
 
 「なかた」という方のコメント『国益』は一読に値するので近く転載する。

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

洋の東西を問わず
2006/08/26 [Sat]06:52
category:放言
 “むかし男ありける”の書き出しで有名な古典『伊勢物語』の何章かに“百歳ちかい老婆が三人の息子に、冥土の土産にセックスしたい”と頼んだところ、一番下の孝行息子が、その念願を叶えてやったとの話がある。
 イギリスの東部・ノーフォーク州に住む老寡婦、グエン・ドーリングさんは、このほど102歳の誕生日に、孝行息子、ピーター・ダン(76歳)が介護士の修道女と相談し、高い“出演料”を払って、老女の念願の男性ストリッパーを呼んだ。
 彼女は、男性のアスコを口にほうばり(オーラル・キッス)実にご満悦で、“来年の103歳の誕生日には、男性ストリッパーを二人呼んでね”とおねだりしているそうである。
 米英は、数こそ女性より少ないが、男性ストリッパーがごまんといて、女性のあらゆる要望に応えている。ボディビルで鍛えた“美しい肉体”とよく気がつく“やさしさ”を兼ね備える30歳前後のピチピチした青年が多いそうである。
 そういえば、2,30年前、別府の男女同室で、有名な養老院の経営者(故人)の書いた本に“80歳の父を、ソープランドに連れて行ったら、大変喜んで数日後昇天した”とあったのを思い出した。
昨日も書いたように、私のBlogに寄せたコメントを読んで頂きたい。

テーマ:老人福祉施設全般 - ジャンル:ライフ

胡錦涛と江沢民の暗闘か?
2006/08/25 [Fri]07:40
category:放言
 私Blogにアクセスしたついでに、コメントにもアクセスして下さい。
今日は固いBlogをかきます。

 小泉総理が8月15日、靖国参拝にも拘わらず、中国の反応が、政府の非難声明、インターネット上の反日書き込みなどのを除いては、大きなデモ騒ぎが起こっていないのは、二年後に迫った北京オリンピックを成功させたいための配慮と、胡錦涛主席と、依然隠然たる影響力を持つ江沢民前主席の闇に包まれた権力闘争でではあるまいか?
 胡耀邦元総書記(死亡)が率いた共産主義青年同盟で育された胡錦涛、温家宝首相と元上海党書記だった江沢民に引き立ってられた曽慶紅副主席、黄菊副首相との暗闘は激しく進行中だといわれる。
 江沢民は、数日前、党の一部の幹部に、「今後も歴史問題をカード」に反日運動を続行しようと演説したと伝えられている。
 胡錦涛は、官民癒着・金権横行を進展させた江沢民時代の汚職の摘発に全力を注ぎ、上海派の清掃をねらっているともいわれ、今後中国の権力闘争は予断を許さないだろ。

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

老いてますます盛ん。
2006/08/24 [Thu]07:05
category:放言
 88歳の老人(男)が毎夜セックスに励み、赤チャンを得る。これはインドの有力紙タイムス・オブ・インディアが十日、街で拾ったニュースとして伝えたもの。
 インド西部のラジャスタン州のある村の富農の当主が、この七月、男の赤ちゃんの父親になった。母親は45歳で彼の三番目の妻で、この地方の習慣一夫多妻、最初の妻85歳と同居している。この老人は、第三夫人とは毎晩セックスをしていると自慢している。
 深夜2時から4時までの間が“事が成就”する最適な時間だそうで、一眠りして起床すれば心身ともスッキリする由。
インズー教の熱心な信者で、若いときから酒もタバコもやらず、肉食もしない菜食主義者で、毎日ラクダののミルクを飲んでいるそうだ。

 他方、メンスの上がった67歳と62歳の老女が赤ちゃんを産だ。、 出産といっても人工授精で、67歳の方は、ルーマニア語学者で独身で、精子、卵子とも優秀な他人のモノを頂き自分の子宮で結合させた。 62歳のほうは、イギリスの児童心理学者で1歳年下の主人の精子を注入したそうだ。インテリほど好奇心が強いというおハナシ。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

友人からの反論
2006/08/23 [Wed]07:14
category:放言
 昨日のブログの最後に、“人口が7000万になったら、元禄時代のように、文化栄え、平穏な時代になるのではないか”と書いた。
 それに対し友人は、“人口1億以下に減れば、亡国の兆し”との反論があつた。『人口激減して栄えた国はない。スペインのようにヨーロッパの本国は、二流国になっても、植民地、南米のイベリア文化が栄える第二のスペイン。第二のポルトガルつまりブラジルやアルゼンチンをつくれば話は別だ。
 中国も、本国の発展には限界があると思っているが、タイ、マレーシア等が共産国でない第二の中国なのだ。日本は満州を失って以来、本国で“生きる”以外道はない。欧米並みの発展を維持するためには、出生率最低1.5は必要だ。
 出生率を高めるには、戦前の吉田松陰、森鴎外、西田幾多郎、小林秀雄らがいうように、欧米文化とともに、自死も辞さぬ“日本の美点”を活かす教育を併行・発展する必要があり、それに加え“日本人はセックスを尊び、性交回数を増やせ”と言いたい』
 先日、子どものいない、つくらない30代の夫婦と話しをした際、その理由を、温暖化現象のように、日本の先行きが不透明を言っていた。
 先刻書いた、近藤啓太郎と安岡章太郎の対談でも同様なことを述べていた。

テーマ:少子化問題 - ジャンル:政治・経済

白人社会に負けるおおきな原因
2006/08/22 [Tue]07:16
category:放言
 少子化の原因を度々書いてきた。
曰く!価値観の変化、曰く!男女雇用均等法。曰く!女性の高学歴etc。
しかし、根本は性への認識と対応ではないかと思える昨今である。
 白人社会は、ポルノ映画では下腹部差し込み自由放映で、乱交も日常茶飯事で、最近では、イギリス・オランダでは野外セックス大流行との報道もある。それほどダラシナイ欧米だが、黄色の東アジアのいずれの国より出生率は高い。それは“教育費にカネがかかり過ぎる”といった経済的理由ばかりだけではない。
 白人またはユーラシアン(白黄混血)のほうが、セックスを大切にし、性行為もキスから射精まで一時間ぐらいかけ、夜な夜なセックスに励み、性を濃厚かつ充実に楽しむからだと思う。 従って年間性交回数上位国は総て欧米である。
 出生率を高めたいなら、政府や地方自治体は、キレイごとの対策は止め、セックスは、人類にとって最も重要な欲望の一つ“性を楽しめ”という思想を、国家的観点から確立すべきである。
 そんなに遠くない将来日本の人口は、7000万人になるだろうが、私は、文化が花開き、競争の少ない、犯罪のない落ち着いた世の中になるのではと期待している。低下で困るのは金権亡者だけのような気がする。

テーマ:少子化問題 - ジャンル:政治・経済

中国男女の極端な不均衡
2006/08/21 [Mon]07:37
category:放言
 中国は“一人っ子”政策のため、出生率はどんどん下がり、今年は1.7だが恐らくまだまだ下がると予想される。
 一昨日、韓国のそれは、1.08と世界一と書きましたが、ウカウカしていると、北朝鮮に自然淘汰される怖れもある。
「アジア太平洋時代」とか「「中国の時代」といわれているが、日本を含めて東南アジアの人口減少は、セックスと「子づくり」で2.0の出生率を誇る欧米の白人社会に追いつきそうにはない。
 中国は出生率の低下に加え、男女の比率が、全国平均1.2対1.0で、男の十人に一人は結婚できないだろう。1.3以上の省が五省以上にのぼる。
 これは“一人っ子”政策にに加え。高度成長、開放経済で医学が発達し、中小都市のクリニックまで、超音波診断機が普及し、子選びが出来るようになったからだ。
 出生率の低下、男女の不均衡と共に、怖ろしいのは、肥満児が急増していることだと、同国社会科学院が、「人口緑書」で警告している。
 他国のことよりも、問題は日本。昨日のテレビで、エイズが急増していると報じていたが、今の子どもは、行き過ぎた性教育で大人顔負け何でも知っているが、肝腎のエイズに関する限り認識不足である。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

怒れ!日本人!
2006/08/20 [Sun]07:45
category:放言
 靖国参拝で上や下への大騒ぎする、日本の政治家どもが、今回のロシアの警備艇に拿捕され、盛田さんが射殺された大事件に、各政党の代表が黙して抗議しないのは何故か。
 マスコミにしてもまた然り。中韓の抗議には大きく記事にし、たかが洋服屋の合併に、各紙とも一面トップ記事にしながら、何故この事件に大キャンペーンを張らないのか。 社会主義国ソ連(ロシア)は、敗戦直前、日ソ不可侵条約を一方的に破棄し満州に侵略し、軍人軍属を酷寒のシベリアに連れて行き、満足な衣服や食事を与えず重労働させ、多数の犠牲者を出した。
 一方、居留民の女子を見境なく強姦し、引き揚げ船が博多港に入港するや、厚生省は全員妊娠や性病の有無の検査をするほどだった。
 ヤルタ会談(ルーズベルト・チャーチル・スターリン)で決めたポッダム宣言に、北方四島は日本の固有の領土としているにも拘わらず、戦後のドサクサに紛れて、ロシアは侵略した極悪非道の国である。
 山崎・神崎・鳩山は、追悼施設をつくれと、揃って記者会見をしたが、今回の事件は頬かぶり。
 戦前ならば、戦争に発展するかもしれないのだ。
 支那事変の拡大も、上海の日本の居留民二百数十人を虐殺したことに端を発している。(ベストセラー『ワイルド・スワン』を書いた中国人ユン・チアンの『マオ』によれば、上海の事件は、コミンテルン「共産党世界組織」が中国共産党と仕組んだだ日本挑発)
 山崎・神崎・鳩山さんよ!靖国云々するまえに、『マオ』を読んで欲しい。
 台湾出兵にしても、台湾に漂着した琉球の漁民が虐殺され、岡山の船員が略奪された事件が起こったからだ。
 私自身戦災で家を焼かれ、戦争の悲惨さを身に沁みている。戦争は絶対にすべきではないが、戦争抑止力、外国の無謀な領土の蚕食、内政干渉の抑止力として、憲法九条を改正して、晴れて最小の軍隊を持つべきだと考える。

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

朝鮮半島情勢
2006/08/19 [Sat]07:08
category:放言
  “いずれも同じ秋の夕暮れ”
 隣国・韓国は世界最低の出生率で、安保上の危機だと不安が増大している。世界各地のなかで、先進国の欧米でさえ出生率が2.0なのに、際だって出生率が低いのは、東アジア諸国で、中国が1.8,日本は1.29。隣の韓国は1.08で、韓国政府は少子化対策に懸命だが、なかでも、最も深刻なのは韓国軍である。このままのスピードで進めば、徴兵対象者が激減すると、国家の危機、安保の危機と警鐘を鳴らしている。
 もともと韓国は出生率は6.0と高かったのが、日本同様、経済成長とともに下がりはじめた。
 韓国は、儒教的社会で、大家族の崩壊が大きく、結婚率も低下し、高学歴ほど、子どもを産まなかったり、独身者が多い。
 その上日本と同じく教育費がかかり、家庭にとって大変な負担になっていることも大きな原因だといわれている。(日本も、次回の調査では、間違いなく一段と低下しているだろう)

☆中国では、出生率の他に、重大な問題が派生しているが、近日中に内容を書く予定。

 AP電によれば、北朝鮮は、7月中旬から8月上旬までの数度にわたった台風による大水害に、被害は未曾有で、死者54,700人に上り、流出家屋などの被害者は250万人に達する。
 しかし政府も党も治安上の理由からか、厳重な報道管制をしき、韓国からの援助も断っているという。交通・通信・電力もマヒ状態で、怖ろしいのは、破れかぶれで暴発することである

テーマ:特定アジアと日本 - ジャンル:政治・経済

子宮頸ガンに朗報
2006/08/18 [Fri]07:06
category:日記
 昨日も少し書いたが、行き過ぎた性教育の影響で、少女の性への興味から、セックス体験の低年化が進み、中高生の援助交際が社会問題化している。
 もともと子宮頸ガンは、性交により男性から移されたヒト・パピロマ・ウイルスの感染による。男女性交渉の若年化にともない、若くて“元気な”な女性に多発し、その防止策は世界的な課題になっていた。
 子宮頸ガンは、子宮の入り口に発生するガンで放置していると、子宮本体を侵蝕し、死に至る。
 今回、カリフルニア州立大医学部婦人科教室で開発された、抑止ワクチンは「Gardanl]と命名され、このほど米食料薬品管理局から認可されて、薬品業界大手のメルク社から発売されることになった。
 同教室は、「性体験して“夢中”になりやすい9歳から20歳までの女性に、このワクチンを服用させたい。できれば、男性にも飲ませたい」と言っている。
 昔、黒崎学館という塾をしていたとき、卒館式で、早稲田の助教授をしていたK先生が格調高い挨拶をし、私は、難しい形式的な祝辞など、右から左すぐ忘れてしまうものだから「煙を吸って体に良いはずはない。“百害あって一利なし”タバコは吸うな。女生徒には、若い時のセックスはガンの元。成人になるまで清らかな体を」と祝辞を述べた。
 、

テーマ:婦人病 - ジャンル:心と身体

憲法改正に進め
2006/08/17 [Thu]08:01
category:放言
 これは、ある親友からのコメント。

 老翁の卓見に賛成。米国を含め、あらゆる外国の内政干渉に反対。
「北朝鮮から発射されるミサイルが怖い」「中韓と仲が悪くなるから靖国に参るな」等の臆病な議論は、すべて憲法九条から来る。 僕は、小泉を、戦後数少ない勇気と信念をもったリーダーだったと考える。次ぎの総理の安倍は吉田松陰を崇敬しているそうだから、真のナショナリストとして、自主憲法制定の素地をつくって欲しいと考える。
 ドイツが日本と違い、米国に一線をひけるのは、徴兵を義務化した自主憲法をもっているからだ。
 アメリカ以上に国力抜群の国は、当分現れそうにないから、日米同盟を堅持、一定の米軍駐留は認めるべきだが、日本も他国にペコペコせずに、モノがいえるだけの精神的支柱を国是に明記すべきである

 はじめまして。その通りだと思います。  (おしょう)

◎お陰でアクセス数が10000になるまでの資料が硬軟交々集まっています。ボツボツ『公序良俗』すれすれのエッチな文を書こうかな。
 小学上学年から中学の保健の教科書は、大人の顔が赤くなるよう男女の性が書いてあり、山谷えり子参議院議員が「これは行き過ぎだ」と批判している。思えば、天下の名門小倉中学でさえも、二年の時ざら紙に書いてある文を回し読みして、今ではたわいもない“イクイク”“ハアハア”に興奮し、自然に性に目覚めたものだ。 
 性の低学年化の原因は、文科省の指導要領にある。

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

藪をつついて蛇を出す
2006/08/16 [Wed]07:25
category:放言
 テレビで見ると、靖国神社は空前の参拝者での賑わいは、丁度ラッシュ時の新宿駅のようだった。
 上坂冬子は、テレビでこの盛況は中韓のお陰だと語っていたが、まさにその通り。
 私は過去何回か、中韓が騒げば騒ぐほど、反中・嫌中、反韓・嫌韓の空気が高まり、日中韓の親善に悪影響を及ぼすと警告した。
 それぞれの国には、それぞれ文化、死生観、宗教心、気質がある。中華料理はコッテリした味、朝鮮料理は激カラ、日本料理は淡泊の味を好むように、中国はしつこい、韓国は激情、日本は熱しやすく冷めやすいという国民性がある。
 何度も何度も、侵略への反省の弁を述べたにも拘わらず、しつこい内政干渉に、眠れる獅子が起きつつある結果が、昨日の靖国神社参拝の盛大振りに現れた。これを称して“やぶ蛇”という。
 日本は言論の自由があるから、昨晩のNHKの討論を聞いても、百家争鳴まず意見は纏まらない。
 願わくば、国益を中心に考え、内政干渉には断固たる発言をすべきである。少なくとも外国の意見に付和雷同、便乗しないで頂きたい。
  

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

コメント二通
2006/08/15 [Tue]06:42
category:日記
 セックス人生相談開設、大歓迎。僕は八十近い老人で、前立腺を切って以来、まったくアッチはできないが、パソコンの発達のおかげで、内外のエッチ像うぃ視姦することができます。
 頭のなかで、いろいろとアッチの映像を組み立てて、ひとりで楽しんでいます。多少英語もできるので、全世界の性関係のニュース、ストーリーを性豪・黒崎のご隠居に送ります。
 百歳まで、エッチ道に励んでください。(無記名)

 エッチな翁!性に関する話もよいが、あれはどうなったんですか?
北九州市民に莫大な借金を残した現市長を、ある政治家が、通信で褒めちぎったという話、どうなったのですか。
市長選に対する翁の意見が聞きたい。  (菅 信之)

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

齢(よわい)八十いまなお勉強
2006/08/14 [Mon]06:42
category:日記
 これは、1920年生まれの著名な作家、近藤啓太郎と安岡章太郎と対談集の一部である。特に近藤は美校出身の画家でもあり、彼が日経に連載した『白閃光』は、渡辺淳一の有名な『失楽園』以上に迫力満点で、読者の心をときめかせた。先月亡くなった。

近藤: ヤクザや女性問題、汚職的金銭の授受が表沙汰になった際、“記 憶にございません”と逃げる発言の方が、犯罪的行為よりはるかに情けない。
安岡: いまの政治家なんて品位も人格もあったものではない。本気で国のため、国民のために命をかける人なんていやしないからね。
近藤: それから、俺はこの頃、以前にも増してね、とくに気に入らないのは、科学者、何だって、科学、科学って持ち出すだろ、俺は科学なんて、人間を滅ぼすものだと思ってんだよ。   目の前の便利はあるよ。フロンガスとか、ダイオキシン、あれらはみんなやつらが作り出したものだよ。空をぶっ壊し、人間を壊しちゃんだよな。科学者って目先の便利なものはつくるけど、そのあと長く残る害悪については知らん顔だよ。
   俺は、だから、この世の中は長くないと思ってんだよ。
   これからの人はかわいそうだと思ってね。
安岡: アインシュタインは原爆をつくった人だ。それが1930年代には、反ナチでマスコミは神様のようにアガめていたよ。
   君の孫たちがかわいそうだよ。
近藤: そうなんだよ。だから、治ちゃんなんか結婚しなくて良かったと思うよ。
安岡: できなかったんだから、しょうがない。
近藤: こっちは、もう、死ぬのだからいいけどね、ひどい世の中にめぐり合うと思うよ、俺は。

テーマ:ぐっときた本 - ジャンル:本・雑誌

堂々と靖国神社参拝を!
2006/08/13 [Sun]06:54
category:放言
 今日の新聞によれば、中韓は“次期総理の靖国参拝は一回だけ認める”とあるが、何様と思っているのか。
 “盗っ人猛々しい”他国に対し、失礼極まりない。こんな無謀なことを言われて日本人は腹が立たないのか。それほど怒りを忘れたのか。
 アメリカの植民地になって61年、これほどまでに心が腐ってしまったのかに憤りを覚える。
 参拝を止めて喜ぶのは、カネに目が眩んだ金色夜叉の間貫一のような日経連、経済同友会の面々と、それに支援されている売国的政治家とマスコミ関係者だ。
 敗戦直前の8月8日、私の家はアメリカのB29爆撃機に焼かれた。
“食うに食なく、住むに家なく、着るに服ない”本当に貧しい生活だったが、今思うと当時の方が、血腥い犯罪は少なく、心に落ち着きとゆとりがあって楽しかった。何といっても、“欧米に追いつけ追い越せ”の夢があり希望があった。
 中国に経済的不利があつて、多少不景気になってもいいではないか。いずれそう遠くない将来、資源のない日本は中東の動乱等で、産業のコメともいうべき原油の高騰で不況が余儀なくされる日が訪れる。そのための予行練習だと思えばよい。
 『武士は食わねど高楊枝』といった日本人の気概は何処にいったのか。
 私のBlogにアクセスする方々は、内容の振幅の激しさにさぞ驚いていることと思う。まさに『ジギルとハイド』

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

インドでもテロ計画
2006/08/12 [Sat]07:28
category:放言
 昨日、ロンドンでの旅客機テロ計画を未然に阻止されたが、ニューデリーの米国大使館は「8月15日のインド独立記念日前後ににテロの可能性」と発表した。
 同大使館は、アルカエダ系イスラム過激派によるテロがあり得るとして、在印米人に対し、旅行やショッピングは避け、大衆が雲集する駅、空港、マーケット、ホテル、商店街などに出かけず、自宅で静かに過ごすようよう警告を発した。先月もムンバイ(旧ボンベイ)で通勤客ばかりをねらった列車爆破テロがあり、二百数十人が死傷したばかり。
 日本の新聞は、この記事も、先日の原油パイプ破損の記事も、ネグッて、やれ平和だ、やれ靖国参拝のノー天気な記事ばかり。誰だって平和が嫌いな人間はいない。
 
 こんな血腥い記事が入る反面、中国南京では「憤怒爆発受け入れ専用ホスト・クラブ誕生」の記事が飛び込んだ。
 ホスト・クラブは、日本では、眉目秀麗な若い男性が“欲求不満”のご婦人の性を慰める所だが、ジャマイカのホテルには、ふだん“禁欲”開放に集まった欧米女性に奉仕する“売春夫”が数百人いて大繁盛している。
 南京のそれは、それに加え、怒号を浴びせ、ボトルやコップを投げ鬱憤を晴らすことができる。
 それは農村から出稼ぎにきた「民工」(ミンゴン)とよれる女性達が、毛沢東時代の「農村」と「市民」と差別された二重戸籍に怒り、不満を解消(ガス抜き)をねらい、当局も黙認している。
 中国では、農村・都市の貧富の差が激しく、昨年一年間でデモや暴動が87000件も起こっている。

 『セックス人生相談』
は日頃誰にも相談できないセックスレス・欲求不満・不感症など性のもどかしさを解消してあげたいと念じたもので、秘密厳守。


テーマ:★インド☆ - ジャンル:海外情報

開設『セックス人生相談』
2006/08/11 [Fri]07:34
category:放言
 先刻書いたことがある、女性評論家・大橋希(東大文学部卒二児の子を持つ才媛)が書いた『セックス・レスキュー(奉仕隊)』を読んで、この世に、何とセックスレス、欲求不満、不感症が多いことかと驚いた。
 この本では、在日韓国人二世、元精華短大講師、キム・ミョンガンが「性は生の根源であり、いいセックスは心と体を解放する」との信念のもとに、開設したセックスレス相談所【せい】を詳しく取材すると共に、深く静かにに追いつめられた女性達の性の現場、セックス奉仕隊を利用して性に目覚めた多くの主婦のルポルタージュでもある。
 この本によれば、【せい】に所属する奉仕隊員は、厳格な試験・面接そして、健康診断(特に性病の有無)、身体検査で選ばれた30~50才代の主に男性である。
 本にも書いてあるが、私が思うには、性への誤った知識は、学生時代の先輩の指導、1980年代に普及したアダルト・ビデオの洗礼、ソープランド、ファッションヘルスの受け身の体験と、数年前ベストセラーになった内舘牧子の「義務と演技」にあるように、快感がないのに、あるような演技に、男性が騙されたまま結婚した影響ではないか。
 そこで、キム・ミョンガンのようにはいかないが、長い人生経験と豊富な女性体験と反省を込めて、セックス回数、連続三回世界最下位の不幸な日本女性のために、精神的セックス人生相談をしたい。(但し有料)秘密厳守   カウンセラー
 俵  一彦  Email- tawara_0401@yahoo.co.jp
http//tawara777.blog48.fc2.com/
携帯090-7446-3961

テーマ:あげまん日記 - ジャンル:ビジネス

視聴者5000突破おめでとう
2006/08/10 [Thu]06:40
category:放言
 生前告別式の視聴者5000突破をお祝い申します。
次は、10000人突破を目指して下さい。
 自民党永久政権非難も結構、小沢待望も良し、ただ国じゅう二世の殿様面ばかりというのも困ります。 去る6日の長野県知事選挙の結果には失望しました。長年、エリート官僚だった村井当選にはガッカリしました。ガラス張りの知事室をブチ壊すなど、元の木阿弥ですね。ただ田中康夫もパーフォーマンスが先行して、県民からアキられたのも事実でしょう。
 政経批判、世相非難大いに結構です。時には、軟派モノも入れて、興味をツナいで下さい。 
『トルシエが中国の監督に就任か』 中国一のスポーツ新聞「網易体育」は8日、前日本サッカー・チーム監督だったフィリップ・トルシエの中国チーム監督への就任待望論を掲載した。
 7日、河北省・秦皇島で行われた21才以下(アンダー21)の対日戦で、2-0という負け方を深刻に受け止め、2年後に迫った北京オリンピックに備えようととしたものである


 [先に、5000突破したら、アッと驚くような企画をすると予告 していましたが、明日発表します。]



テーマ:アクセス数 - ジャンル:ブログ

またも原油値上げか
2006/08/09 [Wed]07:01
category:放言
 中国の報道でも、私が入手してから2,3日経って、日本のマスコミに報道されることが多々あった。次ぎの報道も、影響が余りにも大きいからか、現在のところ、報道されていない。
 米国最大の油田であるアラスカ・ノース・スロープのブルドー湾油田で、ロンドンに本社にある大石油会社所有のパイプラインに6日、大きな亀裂が入り、一日あたり40万パレルの対米供給が止まった。
 この量は米国の全消費量の8%にあたるものと見られている。
経済新興大国の中印の石油需要の激増、ロシアの価格釣り上げに加え、イラン・イラクのの政治情勢、イスラエルのレバノン侵攻など石油市場の悪材料が山積していたのに拘わらず、4日は、一パレル74~75ドルの高値安定していたが、この事件で今後、さらに一パレル10ドル前後値上げするかもしれないと商社筋は観測している。
 原油は産業のコメといわれ、資源の少ない日本にとって、これ以上の値上げは、計り知れない影響が出るだろう。

 昨日、耳よりの話を聞いた。ある政治家の通信に「末吉市長は稀にみる名市長だと絶賛した」と書いてあった。政治感覚のなさに呆れた。
 私も、このブログで“三期までの末吉市政はいくら賞めても賞めすぎる事はない”と書いた。
 問題は五期目。何度も指摘したように、若松島郷の美田に、戦闘機が離着陸できるような大きな道路を造り、売れない宅地を造成し、船の入港しないコンテナ・ターミナルを造るほか、建設官僚らしくハードの施設を、人口減少の時代に、次々に作り、多大の赤字を垂れ流したことだ。この上、また国交省官僚(元建設省)とは。 私は国民の一人として、公の人に、公の事業に対し、批判する権利と義務があると確信している。

テーマ:経済 - ジャンル:政治・経済

「遂に5000突破」と「中高年に朗報」
2006/08/08 [Tue]07:02
category:放言
 “はるばる遠くに来たもんだ”2月8日に書き始めて、151日目、昨日8月7日、このBlogが、遂に5000を突破しました。ご協力に感謝いたします。

   『中高年及び高齢者に耳よりの情報』
 勃起不能者(ED)に効く画期的なゼリーのチューブが開発される。日本では2009年に発売の予定。
 性の能力を向上させる新薬開発で有名な英フーツラ・メディカル社は、同じ英国最大の製薬会社グラクソ・スミスクライン社と協力してEDの患者の亀頭に塗るだけで勃起する薬(MED2002)の開発に成功し、一般には2009年に発売される。
 バイアグラは医師の処方箋が必要で、心臓病や糖尿病や高血圧の患者に危険な薬だが、これは総合ビタミン剤のように副作用がなく、その上、気軽に店頭で買えるとあって、爆発的に売れるだろう。
   さて!困った!相手がいない! 日本の女性は欧米の女性と異なり、生理が上がった60才代になると、“お役ご免”とばかりに、多少の例外を除いて、夫婦やパートナーとの性愛即ちセックスを忌み嫌う傾向にある。
 さりとて、ソープに行くには、年金が少ない。
 残念ながら、発売される年は、もし、私は生きていても80才。

テーマ:スローライフ - ジャンル:ライフ

世紀のビッグ対談
2006/08/07 [Mon]07:50
category:放言
 昨日の「報道2001」で、“日本を滅亡から救う憂国対談小沢一郎&稲森和夫”があり、ご覧になった方も多かったことと思います。
 親が子を虐待し、子が親を殺し、企業に使命感が薄れ、村上ファンド、福井日銀総裁事件など、日本の美しい心が失われた原因は、日本が豊かになりすぎて、真面目に働かなったからではないか。
 それを救うのは、小沢は【誠】、稲森は【三悪】をあげ、市場原理のカネ万能から、心を取り戻すことが必要だと指摘。
 また政治は、政権交代することによって、政治に刺激と緊張感と活力を与えることが、日本のために必要だと述べていた。
 以上二点は、私も“我が意を得たり”大賛成だが、「靖国問題」では、中国の影がチラチラ見えるように思えた。 昭和29年、国会で、共産党を含め満場一致で「A級戦犯を公務死」と決議した問題とどう整合性を諮るのか。

 他のテレビ局で、今回のボクシングの判定に抗議の電話が6万件かかったと報じていたが、私は一昨日、寄せられたコメントでそれを書いた。
 4日、門司のS氏、戸畑のS氏(共に古稀)と暑気払いに、初めて、小倉で飲んだ。男の集まりの通例で、“初め処女の如く、終わり脱兎の如く”格調高い話から最後は“最近小便のキレが悪くなり、起たなくなった”でチョン。話の途中で「北九州市長選」になり、末吉さんの建設省官僚の20年間の行政に、また、建設官僚とはマッピラだとの意見で一致。 また戸畑のS氏は、強烈な小沢支持者で、私も知らなかったが、彼は“小沢はブレないし、小沢親衛隊から離れた、扇千景、小池百合子、野田毅、二階俊博の悪口やグチを絶対言わない”と手放しで絶賛していた。

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

亀田興毅からチャンピオンベルトを取り上げよ。
2006/08/06 [Sun]06:31
category:放言
 最近多くのコメントや掲示板やメールを頂いています。
私はボクシングは見ませんでしたが、これはその一部です。
 “世界ボクシング・フライ級の王座決定戦は、ぼくも終始見ていましたが、亀田興毅は2ラウンドでKO同様の状態にあり、あれはあきらかな敗者。これを勝利と審判が判定したのは、なにか金か、女が動いた不正のニオイがしてきます
 四年前のソウルでのワールドカップ・サッカー戦で、イタリアに勝った韓国の「まさか勝ち」を思い出しました。
 あの時も、韓国サッカー協会長の現代グループ総帥が審判に、金か女を提供していた、という下世話なウワサが流れたものです。
 チャンピオンベルト獲得後、テレビに出どうしだった興毅の態度も最低で、僕はテレビのスイッチを消してしまいました。「です」とか「しています」とかいった言葉を使わず、乱雑な関西弁ばかり。あんなヤツを教育した親も学校もなっていない。 興毅をヒーローにしたら、国民教育を根底から壊してしまいます。
 彼にチャンピオンベルトを返上させるべきです

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

ある暑中見舞い状
2006/08/05 [Sat]09:12
category:日記
 『暑中お見舞い申し上げます。
  お葉書有り難うございました。
  ブログはますます絶好調のようで何よりです。
  “継続は力なり”ですね。
  ますますのご健筆を期待しております。
  時節柄くれぐれもご慈愛下さい』

以上はお忘れの方が多いと思いますが、畏敬する今里滋先生からの葉書です。
 先生は元九大教授・現同志社大学教授で、3年前、知事選に出馬して、無手勝流で75万票とり惜敗いたしました。
来年の知事選に再挑戦されませんかと、お願いしたら、先生は、「麻生渡知事が玄海沖に飛行場建設の企画を、断念させるために出馬したのであって、目的を達したので現在出る予定はない」とのこと。
 選挙中、ある経営者から、あるパーティで「貴方は革マル派を応援するのか」と面罵されましたが、毅然として孤軍奮闘、応援しました。
 私は今のブログの前、「私の時事放言」を書いて有志の方に配布、郵送してしていましたが、必ず礼状や感想を頂いた方は、谷伍平前市長、今里滋先生、友人の林理介氏です。それほど今里先生は、律儀で正義感が強く、勇気と決断力のある尊敬できる方です。

テーマ:ともだち・交友関係 - ジャンル:ライフ

日本は米植民地化。右翼存在せず。
2006/08/04 [Fri]06:44
category:放言
 これは、私のブログ「中韓の内政干渉に屈するな」に対するコメント。
“貴エッセイのとおり、世が世ならば右翼が大騒ぎするところですが、米軍駐留下、はや60年近く日本は植民地化し、何の反応も反発もありません。
 左翼は全く「なし」の状態。
僕の青春時代、50~60年代よりこの国の無気力はひどい。
特に、日本の将来を左右する理科系教育の超低下
 僕はその方が気になっています”

数日中、このブログのアクセスがお陰で5000突破するでしょう。
そうなれば、2月8日以来1回休んだだけで、毎日書き続けた「生前告別式」を、週1,2回は休筆しようと思っています。
また“アット驚く為五郎”新企画の想を練っています。

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

世紀の大スキャンダル
2006/08/03 [Thu]06:43
category:放言
 『綸言(りんげん)汗の如し』と言って天皇のお言葉は、出た汗が戻らないように、絶対てきなものであり、天皇に仕える宮内庁職員は死んでも口外すべきでない、黙って墓場まで持って行きべきだと言われてきた。約45年前、当時の防衛庁長官・増原惠吉が天皇の御下問“日本の防衛は大丈夫か”を公表して大政治問題化し、辞任したことがある。
 事もあろうに、宮内庁長官の未亡人がこの“富田メモ”を日経新聞に公表した背景および入手経路はどうなっているのか。
 私は、未亡人がカネか、颯爽たる社員の男ぶりの良さの色香に迷ったか、逆に、日経からみると、多額のカネで買収したか、色仕掛けではないかと想像する。
 この公表は、富田家子々孫々に至るまで重大な汚点を残したことになるし、差別用語として死語になった格言“女子と小人は養い難し”が生き返った。女性に対する最大な利敵行為と言わざるを得ない。
 この“富田メモ”の公表で、中韓は鬼の首でもとったように小躍りして喜び、国内でも、靖国参拝反対やA級戦犯分祀論の朝日新聞をはじめ売国的政治家に勢いをつかせ、政治問題化しているではないか。
 世が世なら、憂国の士の街宣車が富田家と日本経済新聞社を取り囲むところだが、最近の憂国の士は、牙を抜かれたライオンのように気骨がない。
   30年若かったらなあ。
お陰でいろんな資料が送られてくるようになった。このブログの紙上でお礼を申し上げる。謝謝。

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

中韓の内政干渉に屈するな。
2006/08/02 [Wed]07:53
category:放言
 A級戦犯、合祀、分祀の是非はともかくとして、靖国参拝云々は純然たる国内問題である。
 それをODAで援助を、低金利で多額の借款を受けながら、そのカネで軍事力を増強し、東シナ海のガス油田の開発、尖閣列島、領海侵犯をする国から「靖国参拝するな」と命令?されるや、ヘイ!領主様!と唯々諾々屈する政治家や財界人が何と多いことか。(共産・社民は別)
 その代表的な政治家が、エロ拓こと山崎拓、加藤紘一、古賀誠、財界では、同友会の北崎格太郎である。
 朝日縮刷版の数年前の記事を読むと、彼らはみな“憂国の士”であつた。どこで中国の媚薬を効かされたのか、突然変異、一転参拝反対派になった、
 思い起こすと、軍国少年の頃、東条英機大将が馬にまたがり民情視察に市場を回っている写真が、新聞に大々的に報じられ、夫人が我が母校の隣の小倉高女出身とあって親近感を覚えた。
 またヒットラー・ユーゲント(少年隊)の来日が大きく報道されると、子供心ながら胸をときめかした。
 長じて、昭和史を勉強するに及んで、東条の戦争犯罪や松岡洋右外相の犯罪を知ったが、当時は熱狂的に支持されたものだった。
 朝日新聞をはじめ当時の新聞は「見よ米反日の数々、帝国に確信あり、一億国民団結せよ」「太平洋の危機は、米国の独善的態度固執による」と報じた。
 東条を弁護するわけではないが、5.15、2.26事件のあと急激に高まった陸軍の武闘派の頂点にいただけではないか。勿論、郷土福岡の出身愛国の士中野正剛を自殺に追いやった責任だけでも重大である。
 7月30日(日)のテレビ『たかじんのそこまで言って委員会“靖国参拝・日経新聞・富田メモ”をビデオにとって、3回見た。この所感は後日認める予定。
 小泉総理!内政干渉に屈しないために、8月15日断固靖国神社に参拝してもらいたい。
 蛇足だが、昨晩のNHKのテレビであつた「日本人のモラルの低下」は飛躍するかもしれないが、政治家・財界人のモラルの低下に、原因の一端があるように思われる。

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ