プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
敵の敵は味方
2006/07/31 [Mon]05:57
category:放言
 来年一月に予定されている北九州市長選挙の様相。 内容はご賢察されたし。

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

バイアグラの功罪
2006/07/30 [Sun]06:17
category:日記
 英有力紙グァーディアンが米国駐在特派員の発信として、このほど伝えきたところによると、カリブ海に面した米東南部の保養地、マイアミ州の老人有料ホームなどで、年金生活を送っている60代以上の老人たちの間に、軽い性病(ヘルペス)が蔓延している。
 昔は茶飲みばなしや、せいぜいダンスをする程度だったのが、バイアグラのお陰で、老男老女の“肉体交渉”がお盛んになったのが原因と医師や看護士はみている。
 ヘルペスにかかった70代半ばの老人(男性)は「バイアグラが手軽にはいると、お茶のみ話だけでは、我慢ができませんネ。老ガールフレンドたちもお元気なので、結局アレをやってしまうのです。ヘルペスなんか大したことない。アッチの方が、薬や体操よりも若く健康になるし、何といっても楽しいですヨ」と語ったそうだ。
 いずれ、日本の年金生活者の間に、起こりそうなお話であるが、日本では手に入れるのに、病院の診断書がいる不便さがあるのでどうかな?

テーマ:元気になるヒント - ジャンル:心と身体

ラスベガスで乱交世界大会
2006/07/29 [Sat]07:21
category:放言
 世界的な通信社ロイターが24日、ロサンジェルス発で伝えてきたところによると、米国最大の歓楽都市ラスベガスで、19日~23日まで、一流ホテルで、世界中からスインガー(公認で夫婦以外の人とセックスを楽しむ連中)3000人を集め大乱交パーティが開かれた。
 アメリカだけでもスインガーは300万人以上いるといわれる。
このパーティの主催者は『乱交を日常生活に』(>The Lifestyles Organization)(総裁・ロバート・マックギンレー氏72才)で米国の法律には触れないらしい。スインガーは30代以上の中年男女が多く、中流階級が主。思想的には、キリスト教右派など保守派に反対するリベラル派が中心。今回は三泊四日で会費は一人700ドル。参加者はビキニやパンツだけ、あるいはアロハ姿で出席し、人目構わず、いたるところで、胸や下腹部を触りあったり、キスしたり、本番十分の雰囲気だったと伝えている。
 スインガー世界会議は肉体交渉は自由だが、一応ゼミナーや分科会に別れ“さらに深く探求”と称し「研究発表者」(プレゼンテイター)が実演混じり発表。それに刺激されて(われも我も)と、その場、で実行。
 参加者の一人オハイオ州女マッサージ師・ブェラ・ローデス(54才)さんは、“毎年参加し多くの国の多くの人と思う存分やれて楽しい”
 また、アレキサンダー夫妻(40才・39才)は“性愛は最高。ときどき夫婦別々の人とやるのは新鮮”と語っている。
 なんでもアメリカのマネをすることの得意な日本人だが、これだけは、日本では流行らないのではないか。

テーマ:熟年おやじの青春記 - ジャンル:恋愛

生前告別式『掲示板』
2006/07/28 [Fri]07:08
category:放言
 アメリカのセックス事情を書く予定だったが、私の掲示板に“怒りの助”さんからの書き込みがあったので、その往復書簡を紹介する。
 “この国を滅ぼすのは、北朝鮮でもなく、中国でもない。
 国家公務員いわゆる税金から給与を支給されている輩たちと思う。
社会保険庁の体たらく、日教組、初動捜査怠慢の警察、退職金の計算ばかりしている自治体の職員。
 彼らは、この世の中、公務員で成り立っていると錯覚しているよ。決して責任をとらない人種です。金は天下の回り者と思っていますよ。
国や県や市を訴えてもどうにもならないことばかりじゃないですか。
 俵先生どう思いますか?”


 私の返事。
 ご説ご尤も。ご指摘の通りです。「獅子身中の虫」といって国が滅びたり、衰退する原因は貴方の云われるように、国内、国民にあります。
国を守る気概、教育の荒廃、官僚・公務員の腐敗・堕落etcです。
 しかし、市民・国民も悪いのです。市長、知事の候補を安易に官僚に求めたり、選挙を棄権するからです。そのうえ、日本人の悪い習性“長いものに巻かれろ”を打破し“怒り”市民運動、国民運動を起こすべきと考えます。

テーマ:公務員を考える - ジャンル:政治・経済

政治の明暗
2006/07/27 [Thu]07:24
category:放言
 日本歯科医師政治連盟から数千万円を貰いながら、「記憶にありません」といって、“法の限界”との理由で東京第に検察審査会が、7月13日、山崎拓の再度不起訴を決定した。
 先日亡くなった橋本総理も同様の決定だった。そこで不思議に思うのは、『三権分立』とは名ばかりで、権力に結ぶ方は有利ではないか。
 考えてもご覧。こんな多額のカネを受け取りながら不起訴、反面、憂国の士西村慎吾は弁護士法違反という微罪で起訴。一方は、3、4年前その上、週刊誌でさんざん“変態山拓”と叩かれながら、現在テレビ・新聞にもてはやされ、一方、西村は常連の“たかじんのそんなに言って委員会”に閉め出されている。
 私は、西村慎吾の『海洋アジアの日出づる国』を持っているが、愛国の熱情が全ページに迸っているし、何度も書いたように政府の猛反対の中、尖閣列島に単独上陸した。
 慣用句に“悪いヤツほどよく眠る”とあるが、函館の阿部某という自民党の代議士は、橋本、山崎よりはるかに小さいカネで政界から抹殺された。
 鈴木宗男、辻元清美はカムバックを果たしたが、永田康寿は、小沢代表実現の立役者でありながら不遇のまま。“若気の至り”世間は許しててあげるべきではないか。それが武士道の神髄“惻隠の情”というものだ。  (文中敬称略)

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

正義感の強いエロ翁よ!“Sさんからのコメント”
2006/07/26 [Wed]07:12
category:放言
“SEXに冠する話題が多いーエロ翁と批判したら怒られた。
爺に言わせると、他の話ではアクセスが少ないと言う。
 北九州市民は市長選挙をいま少し考える必要がある。なぜなら末吉市政は、多大な借金を作りすぎた。北九州空港、若松のコンテナ基地、いずれも莫大な資金を要している。これで市民が少しでも良くなった、助かったと云うのなら多少納得出来るが、どう贔屓目ににみてもNOだろう。稼働率からみてこんなものを作るより先にすべき事があるはずだ。
 建設官僚出身の末吉さんの裏に興味を持たざるを得ない。
正義感の人一倍強い翁よ!今一度取り上げたら如何かな?”
    『百聞は一見にしかず』
 韓国に旅行した方が一様に驚くことは、ソウルから釜山への道路が目茶苦茶大きいことである。ガイドに尋ねたら、北朝鮮と戦争が始まった時に備え、飛行機の離着陸、戦車の通り道だという。
 実は数日前、若松小敷から脇田まで通ったときビックリ仰天。
北九州野菜の宝庫、有毛の畑のど真ん中に、韓国以上の大きな道路が通っていた。しかも韓国と異なることは、自動車がほとんど走っていないことである。足を延ばしてコンテナターミナルにいってみて、またもアット驚く為五郎!。船が一隻もいない。当然クレーンも動いていない。
場合によっては、“車の通らない道路、船の入らないコンテナ基地”として北九州の観光名所?になるかもしれない。

市民の皆さん!見学に行ってみたら。

『募集』 “セックスと健康”
の資料と体験。

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

売国奴 二階俊博 呆れた自民党議員たち
2006/07/25 [Tue]07:21
category:放言
 これはインターネットで『二階俊博』を検索した文章である。
“産経新聞一面の保守新時代という連載に、今回の訪中団の体たらくぶりの紹介の中で、中国の対日政策責任者が「7人のサムライ」と呼んで頼りにしている現役の自民党議員がいると紹介があった。
 河野洋平 Ⅱ福田康夫 Ⅲ野田毅
 Ⅳ二階俊博 Ⅴ加藤紘一Ⅵ山崎拓  Ⅶ高村正彦

で順番は親中の度合いと期待度だそうである。
筆者に言わせれば売国奴の度合い。 
Ⅳの二階俊博経産相はガス田問題でも、折角,前経産相時代に日本企業の試掘許可を与えたのに、禁止してしまったというひどいヤツ。
 更には、地元和歌山県田辺市に、反日の大巨頭・江沢民が自筆で書いた『登高望遠睦隣友好』と言う文字と、2000年の二階も参加した日中文化観光交流使節団に対して、が発表した重要講話を刻んだ日中国交正常化30周年記念碑の建立を計画し、全国にも同様の石碑を建立する心算であったが、心ある人々の反対で頓挫したことは幸いであった”
 
私は、こんな非国民を大臣に抜擢した小泉総理は万死に値すると思っている。近く公人「山崎拓」も取り上げてみたい。

 固いBlog よりエッチで色っぽいBlog の方がアクセスが遥かに多いの
で、近いうち集中的に書きたいと思っている。特にセックスと健康・若さ・美容の関連制を。何か資料や体験があったらお知らせ頂きたい。

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

新聞の偏向
2006/07/24 [Mon]06:42
category:放言
 『週刊新潮』(7月27日号)連載(209)【変見自在】より転載。
今や朝日より赤いと言われるのが西日本新聞だが、そこに載った投書が面妖だとコラム「産経抄」が指摘していた。「90才の老人」の投書は(中略)、周恩来を恩人に仕立て日本人を目一杯くさす。なかなかよく出来た投書だが、歴史をちょっと調べれば、このとき周恩来は重慶にいたし、南京周辺は蒋介石の支配下だったとコラムは検証している。
 つまり投書は粗雑なデッチ上げだったわけで、反日ものは真偽を問わない西日本新聞らしい話だ。 笑わせるのは、このインチキ投書を民主党横光代議士が調査もしないで国会で取り上げて、小泉総理の靖国参拝を非難したことだと、同コラムが付け加えている”
 詳しいことをお知りになりたい方は、同週刊誌150ページをお読み頂きたい。

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

『君が代』の由来
2006/07/23 [Sun]06:47
category:日記
 左翼は『君が代』の君は君主の君だから“天皇の歌”だと言って猛反対し、現在でも一部の地域では依然としてしている。だから若者の中には国歌を歌えない者がいる。嘆かわしい。
 「君が代」の出典は「古今和歌集」で、この歌集は914年(延喜14)に成り、この「君」は天皇を意味しておらず、現代風にいうと「敬愛するあなた」男女の間の「君と私」「愛しいあなた」という二人称の言葉であった、
 1000年もの昔、素朴な中世大和人が同胞の長寿を願っての、素晴らしい愛の詩だった。天皇を意味しない例として、東北のごぜが祝儀の縁起づけに各家の前で歌ったともいわれている。
 明治維新はご存知の通り、薩長土肥が中心の革命だが、陸軍は長州、海軍は薩摩閥で占められ、、国歌は海軍軍楽隊が中心になって作曲され、原典の「古今和歌集」にある「わが君は」が「君が代」に変わったのは、薩摩琵琶の「蓬莱山」の歌詞からとったと言われている。


テーマ:歴史 - ジャンル:政治・経済

コメントと切り抜き
2006/07/22 [Sat]06:45
category:日記
 ある友人からのコメント雑誌の切り抜き
『コメント』
 人間 誰しも?年はとりたくない。20才まではそんなこと考えない。20,30才は年のことは忘れている。40才になると、「あれ、見えていた字が見えない」と思ったりして、50,60代は年だからと考え、70才を過ぎると身体の不自由さが身に沁みてくる。
 そして年はとりたくないが実感となる。しかし、貴方はセックスをブログに言及するゆとりがあることに驚いている。羨ましい限りだ。
『切り抜き』
 英ロイター通信がローマからの報道として伝えたところによると、伊ミラン大学医学部循環器科・ピエロ・モントルシ教授らの研究チームは、300人の男性患者を診断した結果として、勃起不全(ED)が狭心症、動脈硬化症など心臓病の明らかな前触れだと発表した。
 これらの重症心臓病を患った患者の約90%が、その病の2,3年前に、勃起不全に陥っていたという診断結果が出ているそうだ。イタリアでは、40才ぐらいの男性の5%、65才ぐらいの男性の25%がEDになり、そのほとんどが、1,2年後、胸の痛みを訴え、狭心症などの病気になる可能性大だそうだ。
知らない方からの『コメント』
 初めまして、失礼いたします。
こういう素晴らしい方がいらっしゃるのですね。
(恥ずかしながら、存知上げませんでした)
なんかとても嬉しくなります。

 明日は『君が代』の由来を書く予定。


テーマ:その他 - ジャンル:その他

源氏物語
2006/07/21 [Fri]07:10
category:日記
 今朝の朗報。それは親友のパソコンが良くなり、メールの交換が頻繁に出来るようになったことである。

 日本が世界に誇る最古、最長の世紀の大ロマン・スペクタルで、光源氏は、眉目秀麗、教養があり香り漂い、権力・財力に恵まれ、世界の男性の羨望と垂涎の的だと思う。
 女性にこまめに甘い言葉で囁くと共に、強引と思われる行動力と、関係した女性は最後まで面倒をみる行為は男性の鑑である。
 瀬戸内寂聴は、『源氏物語』を全訳し数多くの随筆・評論を書いており、光源氏を忌み嫌っているが、同じ全訳した円地文子は、こんな男性に抱かれてみたいと述べている。
 源氏は12歳で加冠の儀を行い4歳年上の葵の上と結婚し、17歳のとき6歳上の東宮未亡人の六条御息所に恋し、19歳の時、亡き母親に似た、天皇の后・藤壺と不倫し子どもまで孕ませている。
紫の上との事実上の結婚生活は、谷崎潤一郎『痴人の愛』の原作ではないだろうか。40歳で15歳の女三の宮と結婚する。
 読みながら、平安朝の夢幻の世界に遊んだ思いにかられた。
女性関係は多彩で、その他、東宮妃に内定していた朧月夜、空蝉、明石の上、源典侍、末摘花、花散里及びそれぞれの女房とも関係し、その精力絶倫ぶりに、頭が下がる一方、羨ましく妬ましくもあった。
 寂聴の現代訳は、現在にも通じる男女の心理や心の機微が微妙に訳され、性の描写も、寵愛、愛撫、性愛といった淡々たる文言だけだった。

テーマ:好きな小説・文学 - ジャンル:小説・文学

風にそよぐ葦
2006/07/20 [Thu]06:54
category:放言
 胡錦涛も盧泰愚もほくそ笑んでいることだろう。
小沢一郎以外の訪中する政界、財界の連中に、「靖国参拝反対」をこれでもか、これでもかと執拗に言い続け、遂に60%前後の靖国参拝の支持が50%を割り、日本国内の世論が真っ二つに割れたことを。
 これは、人の嫌がることはしない方がよいという日本人特有の道徳律、カネに目の眩む金色夜叉と訪中で美女を抱かされたと言われるスケベー・ジジイ?によるものと思う。
 何故、日本人は節操もなく右顧左眄(うこさべん)し、“長いものには巻かれろ”するのかを、私なりに考察してみた。
 それは、日本が、世界でも自国の歴史を必修で学ばせない数少ない国であるからだ。しかも、日本史が高校3年の選択で、自虐史観・唯物史観の則った教科書で学んだ所為によるものだ。その上、高3となると、大学入試の関係で授業は1月で終わり。その間、夏休みや冬休みがあり、体育祭・文化祭の行事で、個人的に勉強した者以外は、殆ど近世・現代は勉強しないまま社会に巣立つ。

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

愛の流刑地
2006/07/19 [Wed]08:55
category:放言
 『愛の流刑(るけい)地』は渡辺淳一が日経に連載し、このほど単行本として出版された。
10年前にも同氏が同紙に連載し、現在までに300万冊売れている、話題の不倫の『失楽園』がある。前回の時はいまは亡き後輩が、今回は親しき友人が、時々電話で内容を知らしてくれたので概略は知っていた。
 読んで驚いたことは、セックス描写が臨場感に溢れ、菊治と冬香の初めて結ばれる場面は、私が投入されたような錯覚を覚え、肉体は躍動しないものの、在りし日を思い出されて、心の振動は高まり、顔が火照って困るほどの迫力があった。
最後は、エクスタシーの極地といわれる性交中、首を絞め誤って死に至らしめ、8年の刑に服する。
 『失楽園』に比べ長足の進歩を遂げ、読む者を没入させる筆力に感動を覚えた。流石、不倫性愛作家の第一人者であることを改めて思い知らしめた。然し、乃木希典(まれすけ)陸軍大将、野口英世の伝記も読むべきものがある。

 話が変わるが、今後の選挙は“市民運動”“草の根運動”が左右するだろう。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

ジキルとハイド(二重人格)
2006/07/18 [Tue]06:44
category:放言
 昨日はミサイル、今日はクリトリス。
余りににも大きい落差。これが私の実態!
 次ぎの文章はある本からの盗作。書名はアクセス5000突破したら公表の予定。
 “キスして、おっぱいなめて、クリトリスを愛撫するのが普通と思うでしょ?でもそれは違う。女性は全身が性感帯で、ゆっくりと快感のレベルを高めていけばもっともっと深く感じるようになる。
 37度の温泉なんて普通ならぬるいと思うが、北極にもっていけば熱湯のように熱く感じる。同じ温度でも状況によって感じ方は違う。それと同じです。のっけから乳首やクリトリスを刺激するのは、上品な日本食のコースの前に、キムチの山盛りを前菜に出すようなもの。そこで快感の上限が来てしまう。
 男性のセックスはせいぜいピストンの時間が違うくらいで、いく瞬間の気持ちの良さはほとんど一緒。
 それに比べて、女性百人百様、反応も感じる場所も違う。(中略)
人間の幸福を左右する大きな要素であるセックスを、ふしだらなもの、恥ずかしいものと考えてフタをするような社会は変わってほしい”
アホな共産・社民党
2006/07/17 [Mon]06:57
category:放言
 NHKの「日曜討論」『安保決議、北朝鮮ミサイル問題の行方・“敵基地攻撃”与野党討論』を聞いて。
 共産党小池、社民党辻元両氏の発言の常識の無さに、呆れ返った。というのは、“北朝鮮が日本に向かってミサイルを撃とうとして、日本人の生命・財産が危険にさらされようといる時どうするか”の質問に、それでも“話し合いで解決すべき”との能天気な答弁に呆れ返った。、話し合いで解決する国なら拉致問題も起こっていないし、大韓航空機爆破事件やラングーン事件も起こっていない。
 こんなバカな代議士がいるとは情けない。
昨日の非難決議が満場一致で決議されたのに、北朝鮮は、憤然として席を立ち、早速“ミサイル発射を続ける”と居丈高に発言したではないか。
 NHKもこんなアホな政党を登場させるなら、何故、国民新党を参加させないのか。視聴料を払わないゾ!
 もともと、共産党に入党する連中は、少しばかり、頭が良くて、少しばかり、正義感に燃える傾向があるが、アカハタを読んで分かるように自分に都合のよい情報だけを載せ、会議は総て上意下達で、次第に洗脳され、羊羹型、どこを切っても同じ味がする人間になってしまう。
 その上、国民に甘言を弄して票を集め、革命が来やすいように、国が乱れることを心に願っているオオカミのような政党であることが、昨日の討論で暴露された。

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

女がセックスに求めるもの
2006/07/16 [Sun]08:25
category:日記
 男にとって良いセックスとは、緊張が解き放されるセックスだ。
女は正反対で、注目され、言葉をかわしながら、ゆっくり時間をかけて気分を高めていくのが良いセックスだ。
 男は放出して空っぽになりたいと思い、女は満たされることを望む。
ふつう女は、前戯に最低30分はかけてもらわないと盛り上がらない。
男は30秒で臨戦態勢にはいれる。

 ことが終わったあとの女は、自分こそ世界の中心だと思っている。愛する男と触れあい、抱きしめ、話がしたい。
 ところが男は眠りこんでしまうか、そうでないと起きあがってタバコを吸うか、水を飲むか「何かしたく」なる。

射精時に一瞬でも我を忘れた男は、自己制御力を取りもどそうと焦っているのだ。何かすることで、抑制のきいたいつもの自分に戻れたと実感したいのだ。
 以上は『話を聞かない男、地図が読めない女』より。
さて、善男善女のあなたはどうですか。

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

人や先、我や先
2006/07/15 [Sat]07:31
category:日記
 老いは駆け足でやってくる。まさに“邯鄲の夢”である
若いときは70のジジイなどというものは、もう女などには興味がないものと、今から考えて大変失礼なことを言ったことがある。思い出すと汗顔の至りである。それは私が40歳前後、ある会の県議あがりの70歳過ぎの役員に「貴方たちは、あちらの方は役に立たないでしょう」と。返事は「相手が変われば役に立つ」と。ところが、私がその歳をはるかに越えてしまった。
 強いて違いを言えば、若いころの異性を見る目は飢えたイヌが、食べ物を前にしたようなもので、食器がどうあろうと、多少土砂が混じろうと、ひたすらに空腹をみたすために食べた。
 中年になると、食事の雰囲気や料理の上手下手は勿論、食材の良否まで関心がでる。
 老人になっても腹ががへるから、ある程度の食べ物は必要だが軽くてよい。そして論語の“心の欲するところに従えども矩(ノリ)を踰(コ)えず”分別がでる。つまり老人になるということは、別にわびしいとは言えない。
 若いとき見えなかったものが見えて、それなりに美しい光景や美しい女性の一面が見えて楽しいものである。

テーマ:スローライフ - ジャンル:ライフ

政治は中印とも矛盾だらけ
2006/07/14 [Fri]06:14
category:放言
 私の憂鬱は、国際問題専門家の親友からのメールがパソコンの故障でこの一ヶ月間来ないことである。配線その他の工事で再開は今月20日頃の予定だそうだ。以下は一ヶ月前の情報である。

 中国は政治が一党独裁の社会主義体制、経済は原始的な資本主義体制と自己撞着も甚だしいが、この国と競争関係にあるインドも、矛盾したお国柄である。中央政治はモハン・シン首相の国民会議派がガッチリ政権を握っているが、他方、地方選挙では、去る5月11日の開票結果によると、1000万都市コルカタ(カルカッタ)をかかえる西ベンガル州と、農漁村が多い南部のケララ州では、なんと左派共産党が大勝し、政権を握ってしまった。
 インドは、英領時代から地方自治が進み、州選挙で勝った政党が州政権をつくり中央政府と異なった独自の政策を展開できる。
 いまのところ、中央国会では、左派共産党も国民会議派と与党を組み、親米政策をふくめ、モハン・シン政権を支持しているので心配はない。野党は中央右派の人民党と、より右翼的なヒンドゥ国粋主義者と、山奥深く“解放区”をつくり武装闘争を続けている自称毛沢東派共産党だけである。
 いずれにせよ中印とも経済は先進国に「追いつけ」「追い越せ」と必死だが、政治は二流・三流だ。

 アクセス数が、5000に達したら、ユニークなサイトを展開したいと思っています。

テーマ:特定アジアと日本 - ジャンル:政治・経済

滋賀県知事選の影響
2006/07/13 [Thu]06:47
category:放言
 このBlogで「滋賀県知事選について」を書いた翌日の新聞に、自民党武部幹事長の談話“今後現職優先しない”が載っていた。2、3日後、民主党の有力者に会った際、彼も“今後の首長選挙は難しくなった。
それは、政党や団体、組合、企業の影響力が落ち、「草の根運動」にみられるように市民団体の力が増大した”
と話をしていた。
 昨日、ある八幡西区の政治に明るい自民系の有力者と会った時、彼は“誰が次期市長になるにせよ、末吉市長のタレ流し赤字の尻ぬぐいは気の毒だ、またも建設官僚とは?”と。
 西日本新聞の『始動「ポスト末吉」』に、次ぎのような記事が載っていた。“末吉市長は省庁を頻繁に回って、国の新規事業の情報を検討段階から掴み、どこよりも早く手を挙げた。当時の側近はこう語る。さまざまな事業に飛びつく姿から「ダボハゼ末吉」とも呼ばれた。”
 思い出してみて下さい。昨年から開港までのキャンペーンを。
市のあらゆる車や選挙の掲示板にステッカーを貼り、各小中学校の壁に、それぞれ飛行機の絵を描き新北九州空港を宣伝した。あの燃えるようなエネルギーを、なぜ市長が先頭に立って、コムシティのテナント募集をしなかったのか。
 私はこのBlogで“人口は減り、地方分権で陳情することは少なくなり、企業も合理化でテレビ会議をする時代、空港は無用の長物になるだろう”と警告をしたが、早くも6月の搭乗率は50%を切った。
  保守系の人たちがよく口にする言葉は、「時の政権に繋がらない地方は損だ」と。果たしてそうだろうか。
 国から1億円もらえば、自治体も1億円予算を付けなければならない。だから、ムダな橋やらムダな道路を造らなければならなくなるのだと思う。ひびきコンテナ・ターミナルの利用率は、何と驚くなかれ!たった1%と言うではないか! 全部市民の税金ですぞ!

テーマ:■*福岡県 北九州市*■ - ジャンル:地域情報

邯鄲(かんたん)の夢
2006/07/12 [Wed]08:05
category:放言
 『人の世のはかなさをいう語』【語源】
 唐の玄宗の開元(713~741)年間、廬生という若者が旅の途中、趙の邯鄲(河北省)に宿った時、道士呂翁に出会った。廬生はわが身の不遇を嘆き、話し終わると眠たくなった。すると呂翁は枕を取り出し、「これで眠ると自分の思い通りになる」と言う。眠りについた廬生は、“名門の美少女を妻にし、進士の試験に合格して高官になり、異民族を討伐し宰相になるなど、栄光の人生行路を夢見た”
 目が覚めてみると、呂翁は側に座り、宿の亭主は先ほどから炊いていた飯がまだ炊きあがらず、すべてはほんの数分間の出来事であった。
 この故事は、日本でも能(謡曲)や『太平記』にも見られ、『一炊の夢』『廬生の夢』として古くからよく知られた有名な故事である。
 
 私は、自分で語るもおこがましいが、顔色も姿勢も良いし、食事も晩酌も美味しいし、本もよく読み、Blogも毎日のように書くし、元気ではあるが、“どんな死に方をするのかな”と時々『死』の面影が感じられる。

テーマ:言葉・詩・呟き - ジャンル:モブログ

岡目八目
2006/07/11 [Tue]07:01
category:放言
 “囲碁で対局している人より、横で見ている人の方がはるかによくみえる”という意味である。
あらゆる分野で、専門家よりも素人の指摘に的確なことが多い。
 今回の北朝鮮のミサイル発射の制裁措置に対し、専門家の外務官僚はいろいろ知恵を絞っているのだろうが、私が俯に落ちないのは、早くから偵察衛星で発射準備をしていることが分かりながら、何故、日本独自で対策をしなかったのか。特に、拉致家族でさえ強硬措置を望んでいるのに、甲論乙駁と議論ばかりを重ね、拱手傍観してきた結果ではないのか。
 ことここに及んで、国連決議を望んでも、中ソの反発は激しく、また靖国参拝問題同様、国外、国内に亀裂が生じるだけのように思える。
 日本人は、靖国参拝問題に見られる如く、他人の嫌がることを無理してすることではないという道徳律のある国柄と、陰に陽に、マルクスの影響の多い知識階級と言論の自由を謳歌する国民が多く、絶対に国民のコンセンサスは得られない。
それに加えて、指導者に、文部省の誤った指導要領のため、自国の特に近・現代史を学べなかったことも大きな原因である。(詳しくは後日に)
 従って指導者が勇断を振るうべきだ。
 小泉さん!プレスリーの生家を訪れ、ダンスに興じる秋(とき)ではないと思うよ。“立つ鳥跡を濁さず”“有終の美を飾る” 

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

開高健『夏の闇』
2006/07/10 [Mon]07:04
category:日記
 お陰で、たった今アクセス4000になり感涙にむせんでいます。 
本当に有り難うございました。

 病院の待合室で、古い週刊誌をめくっていたら、作家の小池真理子氏が表題の本の書評を書いていました。これは35年前の古い本です。
 読んで驚いたことは、私の読書力では、難しいとなんと歯が立たない。読んだ事のない漢字が多く、研ぎすまされた言葉で書かれ、固有名詞が全くなく、登場人物は男と女と標記され、国名も地名もありません。 内容の趣旨は、食べる、眠る、セックスするだが、文節も章もなく坦々と書かれ虚無的と思われるほど暗く、2・3ページ読んでいたら瞼が下がり眠たくなりました。 読み終わるのに大変な努力が必要でした。
 そこで、インターネットで調べてみました。
著者は、作家、詩人、俳人、エッセイストで、美食家、釣り師としても有名で、夫人は詩人の故牧羊子ですが、本人は平成元年58歳の若さで亡くなっています。
私にとって難しい本ですが、司馬遼太郎も絶賛し、現在の流行作家・村上龍、村上春樹の先駆者だといわれ、文学史的に意義のある作家です。
 インターネットは現代最高の文明の利器です。(私はそう思うのです)
 

テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学

タバコとインポ
2006/07/09 [Sun]06:52
category:日記
 地方税に多大に貢献している愛煙家に、肩身の狭い思いをさせている最近の風潮に、怒りを覚える。
 確かに煙りを吸って体に良いわけはないが、人類にとって、長い間の嗜好品ではないか。寿命が長かろうと短かろうと、持ってうまれた寿命即ちDNAである。タバコを吸って長生きした人もおれば、タバコも酒を愉しまないで早く死ぬ人もおる。
 ただ腹が立つのは、車の中に灰皿がありながらポイ捨てするマナーの悪い人間が多いことである。
「閑話休題」本論にもどって“タバコとインポ”を書く。
 英国有力紙ガーディアンがこのほど報道したところによると、喫煙回数が増えれば増えるほど、男性はインポになるそうである。同紙は、英国のタバコ・コントロール・ジャーナル誌がオーストラリアでえた資料を紹介している。

 豪州の禁煙運動団体が、16歳から59歳までの男性8000人について調べたところ、喫煙常習者は27.2%、その中で一日20本以上吸う人が6%だった。
 喫煙量と“性”との相関関係を調べたところ、十人に一人は、過去一ヶ月以上勃起不全で悩み、それでも喫煙量が20本以下ならば、非喫煙者に比べ、インポになる率が24%多い程度。しかし20本以上吸うヘビィー・スモーカーは、インポになる率が40%高まるそうだ。

 これに反し、酒のほうは、日に1~4杯程度ならば、むしろ性生活は、よりスムースにいくと同紙は伝えている。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

夫婦の性
2006/07/08 [Sat]09:21
category:日記
 東大文学部卒、既婚、二児の母、38歳。文筆活動を続けている大橋希さんの書いた『セックスレスキュー』を読んで驚いたことは、中年は言うに及ばず、若年夫婦にもセックスレスが意外と蔓延していることである。
 そこで思い出したのが、長年、マリッジ・コンサルタント、セックス・カウンセラーとして活躍し有名な故奈良林祥博士の一文である。
 『性交という行為によって女性が性欲を満たしてゆけるためには、二人の間の愛情と、信頼関係と、それプラス精神的安定の三つの条件が揃っていることが殆ど不可欠です。
 膣という女性のからだの中でも桁外れに鈍感な部分を男に提供するというマイナス条件を背負っての行為でありますから、性交という環境の中に心から埋没しないと女性の性欲が満たされるということはまず望み薄です』

 どうでしょう。私も反省しきりだが、思い当たる方も多いのではないか。
 【愛】という言葉や体感は、キリスト教がもたらしたのではないか。
 江戸時代までは、永久就職という言葉があるように食の代償として、または権力の人身御供として、また労働力としての結婚が多かったのではないか。
 従って愛による性の悦びでなく、性交を通して、夫婦に愛情が芽生え深まったたのではないかと思われる。

テーマ:エッチ - ジャンル:結婚・家庭生活

末吉市長の引退に思う
2006/07/07 [Fri]06:54
category:放言
 先のBlogで「末吉さんは四期で引退したら、名市長と言われるが、五期したばかりに野垂れ死に」、また別項で「北九州空港は無用の長物になるだろう」と書いたが、早くも警告が的中し、6月の搭乗率は50%を割った。
 末吉さんは、三期までは建設官僚らしく、素晴らしい行政手腕を見事に発揮し、北九州浮揚のきっかけを作った業績は、いくら誉めすぎても賞め過ぎることはない。
 しかし、引退し消えゆく人に鞭打つことは、惻隠の情から忍び難いが、次期市長のために、私は心を鬼にして、問題点を書く。
 人口減少の時代に、ハード即ち橋や道路や宅地造成や建物の建設が多すぎる。特に、ひびきコンテナ・ターミナルの利用率は10%を切り、ドーム、AIM、は大幅な赤字、コムシティは破産のまま。
 また、許せないのは、将来食料危機がくるかもしれないというのに、若松・島郷の美田を売れない宅地造成をし、車の通らない道路を縦横に造ったことである。 
 次期市長に誰がなるにしろ、大幅な赤字の解消、ハードからソフトへの転換と充実と、末吉市政と異なる手法による北九州の発展は重大な使命と思う。
市長候補が出そろった段階で、具体策を提案する。に 私は、官僚だけは“まっぴら”だ。 

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

うどん屋の釜
2006/07/06 [Thu]07:29
category:放言
 茶化していうと、“湯(言う)ばっかり”また別の言い方をすると、“英彦山ガラガラ口ばっかり”
 昨日の北朝鮮のミサイル発射は、偵察飛行で早くから分かりながら、日米双方とも議論するばかりで放置してきたからである。
 北朝鮮はラングウーン爆破事件、飛行機撃墜事件、日本にとっての拉致事件(人さらい)(神隠し)等“ならずものの国家”であることに、日本は経済封鎖をどうする、こうすると言うばかりでなんの対応もしてこなかった。今回の事件でも、僅か六ヶ月間という経済制裁というではないか。今回は偶々技術が未熟であったからよかったものの、もし技術力があったとしたらと思うと慄然とする。
 戦国時代の戦術“兵糧攻め”を何故早くから対応しなかったのか。   拉致問題も解決しただろうし、今回のミサイル発射もできなかったのではないか。 政府の優柔不断の結果ではないのか。
 アメリカにしたって、イラク、アフガニスタンの泥沼化で、北朝鮮まで手が回らなかったと思う。
 強烈な対策をしないと、金正日は何が起こすか分からない。差別用語でいうと“気違いに刃物”である。

 大変嬉しいことは、昨日は最高のアクセス数82名であつた。
 厚く御礼申し上げます。

テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

小沢・胡錦涛会談
2006/07/05 [Wed]07:47
category:放言
 “人を見て法を説け”中国は、実に小憎らしいほど使い分けをするものだ。
 過去、訪中する国会議員や要人に対し、悉(ことごと)く「靖国参拝」を言い続けてきた。ところが今回の会談では、一切内政干渉的問題には触れなかった。新聞報道によれば格調高いものであったようだ
 前日の「唐かせん」との会談では、過去に一度もない「領海侵犯問題」について、異例のお詫びを小沢代表に述べた。
 2日(日)のテレビ「サンデープロジェクト」でも、“そこで聞きたい”と内面に立ち入る傲慢な田原総一朗も、さすが小沢代表には、恐る恐る遠慮しながら質問していた。
 好き嫌いは人それぞれだが、私は、彼に威厳と重みを感じる。靖国分祀問題では意見が違うが、小沢時代がやってくるような気がする。
  
 昨日二人の方から“よくBlog のネタが続きますね。大変読みやすいが、それでも今の若者は読めないでしょう。漢字をできるだけ少なくしたら”とお誉めと忠告をを受けた。
 『文は人なり』

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

滋賀県知事選挙に思う
2006/07/04 [Tue]06:35
category:放言
 自公民推薦の現職の国松漸次氏に、社民推薦で、無名の女子大教授嘉田由紀子氏が圧勝した。
 小沢代表が自公との相乗り禁止の指示をしていたのに、滋賀県連の県議、市議が背いたことに加え、千葉の補欠選挙以来、自公の衰えを肌に感じられる。
 選挙公約が、『新幹線新駅建設などの大型公共事業は“もったいない”と凍結し、そんなカネがあつたら、自然環境保全に注ぐべき』が、県民に“草の根運動”として支持された結果と思う。
 ひるがえって、福岡県、福岡市を考えてみると、共産党以外の党や市民団体のなかから「オリンピックに使うカネがあつたら、高齢化時代、福祉に使うべきだ」という候補者が立候補すれば、麻生知事も山崎市長の再選も予断を許さないだろう。
 末吉北九州市長は、一時期、六選を目指して蠢動していたが、市民の多選化反対の声にしぶしぶ引退を決意した模様で時宜を得た対応。
 人格高潔、高邁なある老公は「末吉さんは四選で辞めれば名市長と言われるが、五選すれば野垂れ死にするだろう」と心配の葉書を頂いたことがある。
 沖縄の稲嶺知事も三期不出馬を宣言した。

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

死者に鞭打つ
2006/07/03 [Mon]06:52
category:放言
 一昨日、多臓器不全、敗血症性ショックのため元総理橋本龍太郎氏が急逝した。
 恒例によって、テレビでは、業績の功罪の功のほう即ち省庁再編、沖縄普天間基地の返還や沖縄基地負担の軽減等を、歯の浮くような言葉で褒めちぎっていた。
 私は、道徳の面で許し難い大罪を犯していたと、寧ろ弾劾したい。
その一。 男は助平とはいえ、よりによって、中国諜報部員の美人女性と関係をもったことである。彼女は寝物語で日本の機密を探りだそうと接近したのに、その罠に軽々しくのったこと。(当時週刊誌で大々的に報道され記憶力のある方は覚えているはず)
その二。 歯科医師会政治連盟から一億円という大金を貰いながら“記憶にはございません”と責任を他に転じたことに怒りを覚える。不肖私でさえ、数年前○円の浄財をカンパして頂いた方を、今でも強烈に覚えている。
その三。 このBlog「奴隷の行列」で書いたように、媚中・親中の国会議員の団長として訪中し、胡錦涛主席のご高説を、昔の教育勅語を聴くように、“ご尤も”“ごもっとも”と追随したことである。私はその売国的卑屈の態度に日本人として恥ずかしい。 昨日のテレビで、橋本元総理に優っても劣らない某政治家が出演し、胸くそが悪くなって直ぐきった。自分でいうのは烏滸(おこ)がましいが、少し潔癖過ぎるのかなあ。

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

どうしてこんな世の中になったのか
2006/07/02 [Sun]07:25
category:放言
 カラスの鳴かない日はあっても、血なまぐさい事件のない日がない。
この理由は、人それぞれだろうが、私は共産党・社民党の精神的支柱の唯物史観に、国民が騙され蔓延した結果だと思う。
 唯物史観とは、一言で言えば、物質・精算・環境によって人間は支配され、武士道の対極にあるものと考える。
 私は、戦後の混乱期に共産党にいたことがあるが、党は今では「平和」と「戦争反対」「国歌・国旗反対」を唱え、国民に甘い口当たりのよいスローガンで囁いているが、政権を取るか、革命が成就すれば(不可能だろうが)、一転して豹変し、自由を剥奪し、憲法を改定し、国民皆兵を実施し、教育を支配する。良い例が、新憲法実施に“軍隊無き国家は国家ではない”と猛反対しながら、政権の可能性がなくなると一転“平和憲法を守れ”に豹変し、共産党の敬愛する祖国、旧ソ連、中国、北朝鮮の実情をみれば一目瞭然である。 特に、拉致問題で、金正日が認めるまでは、社・共両党はデッチアゲと言って否定していたではないか。 彼らは否定するだろうが、私が共産党に入党したときの必読書の一冊に「ソ同盟共産党小史」があったくらいだから。
 本題に戻して、道徳は乱れ、人間は退廃し、教育は荒廃し、凶悪犯罪や金権汚職が多発するのは、ドグマかもしれないが、私は、国を愛する心を失い、物質万能・金権体質の謳歌にあるのだと断定する。
 共産党の戦略・戦術は、政権をとり革命を起こすには、国が乱れ衰退することを、口には出さないし文章にも書かないが、心の奥の奥にもっている。現在の日本の状態をほくそ笑んでいると思う。
 東欧や旧ソ連が崩壊した今日、昔のような学生運動や労働運動や共産党活動は影を潜めたが、その思想は、マスコミ、法曹界、教育界に、隠然たる勢力が根をはり、反日教育、ジェンダーフリー、人権擁護という形になって現れている。
 日本救国の途は、武士道か唯物史観かに政界再編するしかないと思う。 このblogをお読みの方はどう思われますか。

テーマ:愛国心 - ジャンル:政治・経済


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ