プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
ブッシュ大統領閣下どの・その他
2004/02/06 [Fri]14:54
category:放言
貴国の要望に応え、国際貢献・日米同盟のため日本はイラク復興支援のため
自衛隊を派遣することに政府は決定しました。

 
私は、貴国が終戦のドサクサに紛れ、銃を片手に僅か一週間足らずで、ズブの素人が作った憲法を日本に押しつけてきました。
その九条「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」
②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない。
 以上はアメリカさん貴国が決めた憲法ですヨ。これは縦から読んでも横から読んでも、誰が読んでも自衛隊は違憲であり、ましてイラクに派兵することは重大な憲法違反です。これをなし崩しに拡大解釈することは、戦前の支那事変から大東亜戦争に干戈(かんか)が拡大されたことが思い出され不吉な予感がします。イラクに派兵するなら憲法を改正して堂々と行くべきと思います。
◎『文藝春秋』二月号に畏敬する京都大学教授中西輝政氏が【自民と民主は大連立せよ】“そして憲法・教育基本法を改正し、破滅寸前の財政赤字を健全化し、年金制度を抜本的に改革し、諸懸案を解決すべき”との論調には全く同感で一読に値します。現状を視ていますと戦後五十数年の矛盾と垢(あか)があらゆる面で露呈し、我が国の将来が心配で堪らないのは私だけでしょうか。

◎図書館で月に約十五冊ばかり本を借り手当たり次第乱読していますが、なかでも飛鳥、奈良、平安時代を題材にした歴史小説は興味津々です。特に驚いた事は、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)のことです。彼は和製怪僧ロシアのラスプ-チンといはれ孝謙女帝(重祚(ちょうそ)称徳)に色仕掛けでたぶらかし天皇位を狙った極悪非道の妖僧と小学生の時教わりました。ところが黒岩重吾を始め色々の本によりますと、全く逆で、梵文にわたり禅行を以て聞こえ僧侶最高位の法王となり、葛城山で修行し呪力を得て女帝の病を治し寵愛を得たのです。聖武天皇の母宮子は藤原鎌足の孫で出産すると病になり幽閉され、科学の未発達の当時の治療は、修行極めた高僧の如意輪棒?や呪詛(じゅそ)や僅かな薬草などとある本に書いてあります。 今年になって内村幹子「左遷鴎外(させんおうがい)」、小池真理子「瑠璃(るり)の海(うみ)」を読みましたが本当に楽しいです。学生時代は義務感で読むのである面では苦痛を伴いますが、責任がないと気楽です。「週刊新潮」新年号の新藤兼人(91)の座談は身につまされます。  

テーマ:社会 - ジャンル:政治・経済

賢人たちの世
2004/02/05 [Thu]14:52
category:放言
 ☆戦後で後世に残る輝かしい文学作品は、人それぞれ異なるでしょうが、私は司馬遼太郎『龍馬がゆく』『坂の上の雲』、城山三郎『落日燃ゆ』、瀬戸内寂聴『現代訳源氏物語』ではないかと思っています。
城山三郎の書いた『落日燃ゆ』は極東軍事裁判の冤(えん)罪(ざい)、誤った判決に一言も抗弁せず、従容(しょうよう)として絞首刑された福岡出身の民間人ただ一人のA級戦犯、元総理の広田弘毅の伝記です。
 ☆『賢人たちの世』は城山三郎の著で、昭和40年代から50年代半ばまで活躍した「政界の三賢人」、椎名悦三郎・前尾繁三郎・灘尾弘吉の物語です。この三人は、共に官僚出身で、主要閣僚や自民党三役を歴任し、二人は衆議院議長をつとめ、一人は副総裁の身で総理を選任する役割を果たしました。
当時マスコミの脚光を浴びたのは、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫の諸氏でしたが、その陰に隠れ日本の将来を見詰め、また自民党の近代化を図った将に縁の下の仕事に能力を発揮したのです。椎名は仙人、前尾は学者、灘尾は詩人または宗教家と言われ、身辺は清潔、高邁(こうまい)な理念を持ち、野心や邪心がなく、大変な読書家・勉強家で、今日の日本の発展に寄与した功績は大なるものがあったと書いてあり、三人の人柄に深い感銘をうけました。
 ☆それに引き替え、新聞、雑誌、週刊誌、テレビで推察する限り、現在の政治家はどうでしょう?。果たして国民に尊敬される政治家が何人いるでしょうか。政治は国民の政治意識と資質に比例するといわれ、国民が無知蒙昧(もうまい)なら、政治家もそれに準ずるでしよう。今回の総選挙の投票率の低さは、国民の政治えの閉塞感もさることながら、政党にも政治家にも魅力が欠けていたことを証明したものと思います。
 ☆私が旧制中学四年生の時、敗戦になりましたが、軍人のお先棒を担いで戦意昂揚を煽った政治家、新聞記者それに先生が一転、何の反省の弁もなく民主主義者に転向しました。しかも許せないのは、昔から平和主義者のような態度をとったことです。感受性の最も強い年頃の私たちは、敗戦以上のショックを受けました。教師の自信喪失が教育の荒廃の遠因ではないでしょうか。
 ☆これと同じことが憲法にもいえます。新憲法発布に際し、「軍隊なき、自衛権なき国家は国家でない」と猛反対した社会党(現社民党)・共産党がある日、突然「平和憲法守れ」に豹変しました。その理由を私は約三十年前、両党に質問状をだしましたが、全くナシノツブテで回答がありません。
こんな状態即ち反省がないから今回の総選挙で大惨敗を喫し、将(まさ)に風前の灯(ともしび)に晒(さら)されているのだと断言します。
 ☆憲法の前文及び第九条を何度も何度も熟読玩味し、その上で 『平和憲法守れ』と言うのなら納得しますが、【よいものは誰が作ろうがよい】の論は欺瞞に満ちた詭弁で絶対許さるべきではないと思います。
◇憲法で政界再編が望ましい理想の姿だが、自民党は自力当選派と他力当選派(公明党)、民主党は改憲派と護憲派とに分裂することも、国民に分かり易い選択肢の一つではないでしょうか。 
◎私の駄文に毎回必ず、元市長谷伍平、県知事選に惜敗した今里滋の両先生から手紙を、元大学教授の林理介氏からメ-ル を頂きます。また多くの方々から陰に陽に、物心両面にわたりご支援頂き感謝しており、この紙面で厚くお礼を申しあげます。
*五木寛之・塩野七生の写真入り対談【おとな二人の午後】は一読に値します。

テーマ:社会 - ジャンル:政治・経済


広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ