プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
働き方改革とは
2018/02/22 [Thu]09:48
category:放言
  『働かなくなった日本人の末路』
「働き改革」とは「働かない改革」
資源のない小国のニッポン、急速な人口減が進む中、こんなに休んで大丈夫か。

「働きすぎは悪」 「仕事よりコンプライアンス」-日本全体がそんな方向に進んでいる。しかし、本当にそれでいいのか。誰も頑張らないし踏ん張らない、そんな国に未来があるのか。
世界の人は知っている「そんなに休んで、どこへ行く?」
数字で見ると、実は日本は先進国一の怠け者に。
そもそも、『働き方改革』が浮上したのは、東大卒の電通新社員・高橋まつり(24)が平成15年12月に過労による自殺に端を発したものである。敗戦後、焼け野原から今のように豊な日本なったのは、昭和2,30年台までに生まれた者たちが我武者羅に働いてきたからである。働き方とは、個人のものであり、家族のものであり、労使に関係するものである。そして多く家庭では、超過勤務手当は家のローン、子供の教育費にあてられるのである。、大変気の毒だが、数人の犠牲者が出たからといって、お上が労働時間に介入してよいものか。『角を矯めて牛を殺す』という故事があるように、労働時間を制限することは、将来に禍根を残すのではないか。
戦争を知らない戦後生まれの政治家たちに、家は焼かれ食べ物もない時代の苦労は分かっているのか。生活の豊かさに反比例し、道徳は乱れ、子が親を殺し、親が乳飲み子を殺、し少し苦しい困ったといって自殺するというひ弱な国になったものだ。安倍総理も経済政策もさることながら、精神の復興にも力を注ぐべきと思う。
この2,3日の働き方国会の討議を聞いていたが、重箱の隅をほじくるような枝葉末節な議論でウンザリした。

  COMMENT(0)
英語教育の是非。
2018/02/20 [Tue]14:44
category:放言
 元大学教授、数学者、作家で、270万部という超ベストセラーの『国家の品格』の著者・藤原正彦氏が「文芸春秋」3月号、「週刊新潮」2/8号で、小学校から英語を教えることの愚を述べていることは、このブログをお読み頂く賢明な読者にはご存知のことと思います。
では愚を冒してまで、文科省は小学生に英語を教えるように、指導要領を替えたのか。
それはネ、中学から大学まで10年間英語を学んでも、多くの学生が、話せる聞けることが出来ないから、国際的時代に役立たない、即戦力にならないとの財界からの要望に応え、小学校から英語を教えることにしたものだ。過去、文科省は”ゆとり教育”を導入して、世界のトップクラスの児童の成績を大幅に下落させた前科がある。しかし今回の小学校からの英語の導入は、国を滅ぼすか否かの取り返しの付かない悪行政である。安倍総理及び文部官僚!目を覚ませ!
確かに日本英語は、話せない聞けないという欠点があるにしても、読む書く力は抜群だ、敗戦後アジアで、日本が欧米にいち早く追いつき追い越せたものは、江戸時代の寺小屋教育の読み書きそろばんであった。戦後欧米から原書が入っても、作業職でも辞典があれば、概略でも読めるこおができたことが、今日の発展の原因といっても過言ではない。
数年間、学習塾を経営した経験からすれば、読む書くは、一朝に出来ないが、話す聴くは高校2年のとき休学して、1年間英語圏に留学すればベラベラになる。敗戦直後、アメリカ兵相手のパンパン(売春婦)がよい例だ。

  COMMENT(0)
憂国の至情
2018/02/17 [Sat]14:49
category:放言
今月13日に検査入院し、17日無事退院しました。胃カメラを除く全てのkン左はしたが、結果は、前立腺の肥大と腸に小さいポリープがあり、少し腎臓に異常があったもの、の治療する必要なしの85点の合格点であった。、88歳の高齢の私の身体には何が起こるかわからないが、これで4,5年は生きるでしょう。
入院は1週間かかるだろうと思って、月刊「文芸春秋」バックナンバー,一月号、二月号を持参した。期間中、新聞もテレビも見なかった。見ない読まないと、世間の喧噪から隔離されて実に爽やかであった。
お詫び申したいことががある、それは先のこのブログで、米100石、米沢藩と書いたが、正しくは米100俵長岡藩である。詳しくいえば、明治の初期に困窮した長岡藩に米百表が届けられた。長岡藩士小林虎三郎は「米は食べてしまったら数日でなくなる。これで将来のために学校を建てよう」と、米を売って学校設立の資金をつく、り国漢学校をd設立し多くの有為な人材を育て上げた。
このことは、小泉元総理が所信演説で演説し有名になった。文芸春秋一月号で、「特集維新百五十年の”新船中八策”小泉純一郎X笹川陽平(日本財団理事長)の対談『米百俵の精神を取り戻せ』という対談は実に読み応えがあった。先に紹介した三月号、藤原正彦>『小学生に英語教えて国滅ぶ』
と、二月号、塩野七生・小泉進次郎特別対談『進次郎は総理になれるか』を政治に少しでも関心にある方には是非お読み頂きたい。小泉、笹川対談の中で、政府は現在国債と借入金合わせて1千7百80兆円に達し、この4年間、即ち安倍内閣の期間400兆円、1年100兆円である。。国家の未来よりも己の落選が怖いからである。古代哲学者が述べたように民主主義の弊害である。藤原正彦は米英の世界のトップ・オックスオードやケンブリッジ大学で教鞭を執り、塩野七生は、名著・ローマ人物語やギリシャ人物語を著した哲学者である。小泉進次郎は堂々と論戦を挑み、その勉強ぶりに愕いた。もっと愕いたのは演説した場合い、それをテープにとってその夜聞くそうである。いずれ遠からず総理になることは間違いない問題は。早く嫁をもらうことだ。
安倍総理は、国債を含む大幅な借入金があるというのに、わが子がいないためか、”後は野となれ山となれ”とばかりに、、いい格好して予算を垂れ流し、外遊しては大判振る舞い、、いずれ近い将来大反動が来るだろう。
  COMMENT(1)
明日から入院
2018/02/12 [Mon]08:57
category:放言
北九州市
この頃、北橋市長の再選について、いろんなマスコミ及びその他から聞かれるが、どうも四回目も続投のようです、本人の公約では三期でやめる、そのようなことでしたが、政治家の公約なんていい加減な者です、県知事に転出、このような話しも噂で出ていますが、あくまでも噂です。出るとしたら、9月議会でわたしわ辞めると思いますが、皆さんの要請荷より、いろんな言い訳をして出馬濃厚です。やはり三期でやめる、これが公約ですから、やはりやめないと、これでやめないと、北橋の人間としての信用が失われるですが、彼はそのようなことは、なんとも思ってないですよ。このけんにかんし少しこれから皆さんにお話しをしましょう、マスコミも北橋の人間性について、興味をもっていますので。では後日
【2018/02/11 21:30】 URL | 原田進 #- [ 編集]

目が覚めたら一面銀世界に驚いた。約1年ぶりの選挙の神様のコメントにも愕いた。確かに、出馬した際の公約に3期と約束した。ただまだ若いし、今更衆議院も民主党にも戻れないし、かと言って適当な職もなく、本人は4期出たいだろうが、公約との整合性と市議会自民党の意向次第ではなかろうか。北橋夫人は熱心に動いているようだが、要は本人だ。いずれにしても、この1年間の発言と実積と人脈の開拓次第だ。 

明日から検査入院する。気になる点は、少し歩くと息切れすることと、秘訣気味なことだ。心は青年の気持ちだが、強いていうなら、インターネットで強烈なポルノを見ても悲しいことに、身も心も高揚しないことだ。心密かに思いを寄せるを寄せるご婦人がいるというのに、病名は死期まじかな高齢だろうが・・・。
熱血の歌人・たか たかしの作詞した文言を歌う坂本冬美に興奮するというのに・・・。

  COMMENT(2)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ