プロフィール

tawara777

Author:tawara777
私の時事放言ブログへようこそ!

時事放言の他にも色々書きます。
「掲示板」です。どんなご意見でも投稿を是非お願いします。

最近の放言

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

リンク

リンク

【とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!】


生 前 告 別 式
お知らせ
このブログでは迷惑コメント設定により
コメントがすぐに表示されないことがあります。
日々老ゆ。
2017/08/19 [Sat]12:11
category:放言
 日に日に、年々歳々、老いを感じる今日この頃である。
起きるのも座るのも難儀なうえ、特に苦しいのは屈むことである。辛いことは、靴下はくのも家内の手を借りなけれならないことである。散歩するのも100メートルも歩けば息切れするようになった。自宅の裏にある家内の友人で、100万ドルの微笑の持ち主で美貌の未亡人N さんの家に”生前告別式”を届けるのも億劫になった。
むかしは毎日のように図書館に行っていたが、85歳になった際、家族の猛反対で自動車免許を返上してからは行けず,かてて加えて難しい本は読めなくなった。せいぜい読むのはのは月刊「文芸春秋」と「週刊新潮」と「週刊文春」ぐらいである。本屋のくせに、図書館を利用するとはと顰蹙をかっているが、コムシティが倒産以後、手元不如意につき、悲しい哉、図書館を使用せざるを得ない。
現在、河出書房新社の中村圭子編『命短し恋せよ乙女ー大正恋愛事件簿』と、講談社新書の河合雅司著『未来の年表ー人口減少 日本でこれから起こること』の二冊を頼んでいる。

 甲子園出場校のうち、公立高校は僅か8校。そのうち一回戦を突破したのは、香川県の三本松高校のみである。なかでも注目を集めたのは、天下の進学校・東筑高校である。初戦で敗れたとはいえ大善戦であった。拍手喝采を送りたい。
私立高校は、生徒数減少に備え、学校宣伝のため、授業料免除という美名のもと、全国から有名な選手を無制限に集めてきた。
都道府県・教育委員会の教育行政に猛省を促したい。
  COMMENT(0)
花の同窓会
2017/08/14 [Mon]14:44
category:放言
11日午後3時半、平河、日高両君が500万円近い英国製の車で迎えにきてくれ行った先は、芦屋町のマリンテラス芦屋であった。12日にかけて一泊で、私を囲んで黒崎学館の同窓会に招かれた。
宴会のみ出席の2名を除く全員から出迎えられた。宴会前に風呂に入ったが、足腰の悪い私を皆で湯船に誘い、背中を流し手足を洗ってくれた。心の中で、滂沱の涙が流れた。教師冥利に尽きた最高の至福のひと時だ。
今回の世話は、泉君と岡部さんがしていたが、一級上の緒方君(八幡南高ー九州工大ー新日鉄住金大分)、原田君(東筑ー慶応ーTOTO本社)の出席はおぼろげながら聞いていたが、宴会になってビックリ仰天したのは、JR九州ホテルズ社長になった中野幹子(旧姓阿部)さんである。真赤に燃える太陽が地平線に沈む100万ドルの光景を背景での宴会実に和気藹々、黒崎学館の思い出の作文の朗読を兼ねた自己紹介で聴きながら目頭が熱くなった。どれも捨て難い作文だが紙面の都合で割愛し寄せ書きだけを紹介する。
  右に幹子ちゃん、左に純子ちゃんに挟まれてご満悦、アッという間に時間が過ぎ2次会は男子の部屋で。皆な遅くまで昔話に花が咲いたようだが、私は早く寝た。翌朝ベランダで響灘の蒼穹の青空と海を眺めながら、久しぶり皆とラジオ体操をした特筆すべきは日高君、シート4の末期のガンでありながら元気になったことだ。
   寄せ書き(順不動)
俵先生 いつまでも元気でまた再会を楽しみにしていますー服部(現・岡部)
お元気そうで嬉しいです 学館時代本当に鍛えられました ありがとうくださいます これからも頑張ります 先生もいつまでもお元気で。ー阿部(現中野) 
黒崎学館では勉強よりもメンタルを鍛えて頂き非常に感謝していますー長村
俵先生の記憶力にはビックリさせられました いつまでもお元気でいて下さい 久しぶりにお会いできて良かったですー原田
いつまでもお元気でびっくりしました 私も後20年は頑張りますー緒方
同窓会を第2回、3回・・・と続けますのでので あと20年はお元気でいて下さいー泉
おかげで今の自分があります 縁 恩 感謝ー田中
2020年に病院移転します 則松は近くなりますので新病院でお会いしましょうー日高
俵先生のお元気な姿を見てパワーをもらいました これからもお元気でいちて下さいー平河  

  COMMENT(0)
返礼のコメント
2017/08/13 [Sun]08:49
category:放言
お褒め頂き、後輩に替わり、厚く感謝申し上げます。
ご指摘の通り、歴史が長い学校が故に、船頭が多く、余計な苦労は多いものと存じます。しかし、平日にも関わらず、全国からアルプススタンドを埋め尽くすOB・OGが結集する力は、伝統校ならではの迫力があり、応援も決して今風ではないのですが、心温まる応援であったと存じます。
今回は2年生主体のチームで、来年の100回記念大会(福岡県は2校出場)に照準を合わせてのチーム作りをしていたと聞いています。無欲ゆえの勝利だったと存じます。甲子園もさることながら、県大会が面白かったのです。私も県大会初戦(九産大九州戦)と県大会決勝(福大大濠戦)を球場で観戦・応援しましたが、応援している我々OBも、もしかしたら戦っている野球部員も、「これが最後の戦い」という思いで、「無欲」であったと思います。あれよあれよという間に、気付けば甲子園の切符を手に入れた という感じでした。帰りの西鉄電車の車内で(大濠応援団に囲まれて)とても申し訳なく感じた次第でした。

実は、私が現役の時にも、春の選抜で甲子園応援に行っており、その時も「開幕直後第2試合目」だったのです。そして雨で2日間順延。実は「開幕直後の2試合目」は東筑にとって呪われた組み合わせだったのです。当時は応援団も夜行列車で一晩かけて現地入り、現地に入って中止決定、宿泊場所の手配・・・当時の関係者のご苦労は凄まじかったと存じます。天理教の幹部の方に「東筑OB」がいらっしゃったということで、天理教の温情で、信者様向けの宿泊施設を開放して頂き、2泊3日(試合時間1時間30分)の応援旅行でございました。
なんと、1回戦の対戦相手は「天理高校」でした。。。敵に宿を贈られたわけです。

長々と失礼しました。

  COMMENT(0)
どこの国の総理か
2017/08/10 [Thu]08:31
category:放言
「あなたはどこの国の総理ですか」。長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会議長を務める川野浩一さん(77)は被爆者団体からの要望書を安倍首相に手渡した際に迫った。「ヒバクシャの願いがようやく実り、核兵器禁止条約ができた。私たちは心から喜んでいます。私たちをあなたは見捨てるのですか」

 面談は式典後に首相らが被爆者団体から援護策などの要望を聞く場として設けられている。通常は冒頭で静かに要望書を手渡すが、川野さんは「子や孫に悲惨な体験をさせてはならないというナガサキの72年間の訴えが裏切られたという思いがあった」と異例の行動に出た理由を話す。川野さんは安倍首相に「今こそ日本が世界の先頭に立つべきだ」とも訴えたが、明確な返答はなかった。

 式典に参列した被爆者も、あいさつで条約に言及しない首相への失望を口にした。8歳の時に爆心地から約2・8キロで被爆した嶺川洸(たけし)さん(80)は「核兵器禁止条約が採択され、今が一番大事な時だ。わざわざ東京から来てあいさつするのに、なぜ被爆者に寄り添った言葉を語らないのか」と語った。【樋口岳大、加藤小夜】

  COMMENT(0)

広告エリア

企画工房 ウイング
プロバイダー7
プロバイダー
結婚
ネットプリント

国内旅行

クリック募金     

クリックで救える命がある。

  

人気ブログランキングへ





国内格安航空券を
価格比較!


国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの
決定版!Travel.jp

ブログ内検索

このブログをリンクされるときは必要であれば下記のバナーを、右クリック→名前をつけて画像を保存 で お持ち帰り、ご利用ください。 生前告別式ブログ